searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
わかる!?検査の項目ブログ https://wakarukensa.com/

健康診断や病院などで目にする検査の項目。見慣れない、聞きなれない言葉ばかりで、主治医に聞きたくても遠慮して聞くことができません。そんな検査項目や用語を、臨床検査技師がわかりやすく解説します。役に立つ豆知識!

ゆきだるま
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2021/12/31

1件〜100件

  • 心臓の電気を拾う心電図検査

    心臓の検査といえば心電図ですね。 英語では「electrocardiogram(エレクトロカルディオグラム)」

  • 尿検査の4つめ、尿潜血

    健康診断で必ず測る尿蛋白や尿糖に加え、けっこう調べることの多い項目です。 検査方法は蛋白や糖と同じ試験紙法。

  • 尿検査のみっつめ、尿pH

    「pH」は、「ペーハー」と読み、「酸・アルカリ・中性」を数字で区別する項目です。 血液が酸性に傾いているか、ア

  • 尿検査のふたつめ、尿糖。

    「糖」も蛋白と同様、血中にも尿中にも存在します。 「尿糖」、尿(Urine)の糖(glucose)で「U-Gl

  • 尿検査のひとつめ、尿蛋白。

    「尿蛋白」という呼び方で知られています。 血液中にも蛋白が存在していますので、ただ「蛋白」というと血液中の蛋白

  • 馴染みのありすぎる血糖

    いまさら説明するまでもない項目ですが、脳の栄養源としてとても重要な物質ですね。 血糖の評価は、空腹時血糖(FB

  • LDL-コレステロールは悪玉。

    こちらは悪玉コレステロールと呼ばれていますね。 動脈硬化の、もっとも強力な危険因子と言われている物質です。 高

  • HDLコレステロールは善玉。

    一般的に、善玉コレステロールと呼ばれます。 High density lipoprotein choleste

  • 中性脂肪(Triglyceride)、高値と溶血を合わせると…。

    一般的に中性脂肪と呼ばれます。 略語は『TG』、『トリグリセリド』とか『トリグリセライド』、さらに略して『トリ

  • γ-GTP!

    はい、この項目も肝機能の代表です。 皆さんご存じのように、お酒に深くかかわっている項目ですね。 略語で呼ぶこと

  • ASTとALTは日本語にすると、とっても名前が長い

    もう、肝機能検査の代表項目ですね。 この数値が高かったら、肝臓に何かあるなと真っ先に疑われます。 「AST」は

  • 血小板数(platelets)

    血を止める作用のある、有名な項目ですね。 そのまま『血小板』、または『プレート』と呼んでいます。 血小板は直径

  • 血小板数(platelets)

    血を止める作用のある、有名な項目ですね。 そのまま『血小板』、または『プレート』と呼んでいます。 血小板は直径

  • 採血スピッツの種類

    採血するとき、名前ラベルのついたフタつきの試験管が、近くに転がされていますね。 使用する抗凝固剤が違ったり、抗

  • ヘマトクリット(hematocrit)

    検査結果の報告書で目にしている人も多いと思いますが、略語は『Hct』もしくは『Ht』。 ヘマトクリットという項

  • 赤血球指数(MCV,MCH,MCHC)

    貧血の有無は血色素量、貧血の種類はMCVが重要! 赤血球指数という言葉はあまり聞くことがないと思いますが、

  • 血色素量(hemoglobin)

    貧血のあるなしに最重要! 『血色素量』または『ヘモグロビン量』といい、略語は『Hb』と書きます。 また、医

  • 赤血球(Erythrocytes)

    これも日常的に行う検査のひとつですね。 白血球と同じく、書くときには略語で書かれることの多い項目です。 Red blood cell(レッドブラッドセル)、略語はRBCとなります。 赤血球の代表的な役割は、酸素や二酸化炭 […]

  • 白血球(Leukocytes)

    血算の項目のひとつで、日常に行う基本的な検査項目です。 White blood cell(WBC/ホワイトブラッドセル)とも呼ばれ、書くときはWBCと略語を書くことが多い項目ですね。 感染症や炎症、ストレス、喫煙の程度、 […]

  • 貧血は、赤血球数と血色素量から

    貧血検査を説明するには、まず『血算』という項目を説明しなければなりません。 『末梢血液一般検査』と呼ばれるこの検査は、医師や検査技師などの医療関係者には『血算』で通じていて、血球計算やCBCとも言いますが、ほとんど『血算 […]

  • 抗原検査が陰性でも、コロナに感染していないという証明にはならないのはなぜ?検査法の違い。

    『抗原検査で陽性ならコロナ感染は間違いないが、抗原検査で陰性だとしても、感染していないという証明にはならない』と、夕方の某番組がコメントしていましたね。 PCR検査で陰性ならば、確かにコロナウイルスに感染していません。 […]

  • 血液検査(blood test)は採血検査(blood sampling test)。ゴハンを抜くワケと、血管が見えにくい場合の対処法

    はい、多くの人が嫌がる血を採る検査ですね。 検査の基準値は、静脈血が基準になっています。 たまに毛細血管とか、耳の血管で採取した血液で基準値が決められている項目もありますが、基本は『早朝、空腹時の静脈採血』です。 入院し […]

  • 採血その① 血液検査(blood test)は採血検査(blood sampling test)、ゴハンを抜くワケ

    はい、多くの人が嫌がる血を採る検査ですね。 検査の基準値は、静脈血が基準になっています。 たまに毛細血管とか、耳の血管で採取した血液で基準値が決められている項目もありますが、基本は『早朝、空腹時の静脈採血』です。 入院し […]

  • 血圧は常に変動している(blood pressure)

    血圧は誰もが知る馴染みのある検査のひとつですが、生活の中で当たり前に馴染みすぎて、血圧とは何ぞやと説明できる方の方が少ないのではないでしょうか。 心臓から送り出された血液は、血管の中を通って全身をめぐります。 この血液が […]

  • 血圧は常に変動している(blood pressure)

    血圧は誰もが知る馴染みのある検査のひとつですが、生活の中で当たり前に馴染みすぎて、血圧とは何ぞやと説明できる方の方が少ないのではないでしょうか。 心臓から送り出された血液は、血管の中を通って全身をめぐります。 この血液が […]

  • 胸部レントゲン検査(X-ray test)

    レントゲン検査は放射線技師が行うので管轄外ですが、わかる範囲で説明しますね。 胸部にエックス線を照射し、主として肺の病変を見つける検査になります。 健康診断では正面から1枚撮影し、その画像を読影医に診てもらって異常のある […]

  • 余談 ~ 甘く見ていた新型コロナワクチン3回目 副作用?体験記

    先日、3回目の新型コロナワクチンを接種してまいりました。 ロット番号こそ違えど、1回目、2回目と同じくファイザー社製のワクチンです。 コロナワクチンを含め、記憶に残るワクチン接種で副作用と呼べるような症状が出たことは、今 […]

  • 余談 ~ 甘く見ていたワクチン3回目 副作用?体験記

    先日、3回目の新型コロナワクチンを接種してまいりました。 ロット番号こそ違えど、1回目、2回目と同じくファイザー社製のワクチンです。 コロナワクチンを含め、記憶に残るワクチン接種で副作用と呼べるような症状が出たことは、今 […]

  • 聴力検査(hearing test)、会話法聴力、気道聴力、骨導聴力

    目次 聴力、簡易聴力、オージオメーター会話法聴力気道聴力・骨導聴力 聴力、簡易聴力、オージオメーター 健診では、左右の耳それぞれに、低い音と高い音の2音を聞いてもらい、聞こえているか聞こえていないかを判定します。 簡易聴 […]

  • 視力検査(eye test,vision test,visual acuity test)

    『目で物体を識別できる能力』を視力といいます。 子供のころ、学校で壁に貼られた一覧表を見て、片目をつぶって(隠して)検査した覚えのある方が多いのではないでしょうか。 視力検査で学校にお邪魔する機会がないのでわかりませんが […]

  • BMI(Body Mass Index)ていう略語はよく目にする

    必ずと言っていいほど、健康診断書に項目がありますね。 BMI(ビーエムアイ)です。 Body Mass Index(ボディマスインデックス)の略語で、日本語にすると肥満指数。厚生労働省のHPには『肥満度を表す指標として、 […]

  • 腹囲はメタボ(メタボリックシンドローム)の判断要素のひとつである

    体重に続いて気になるおなか周りですが、世間一般で言うくびれ、すなわちウエストをはかっている訳ではありません。 一番、脂肪がついているだろうヘソの周囲をはかったものが、健康診断でいう腹囲です。 2008年より健診での測定が […]

  • 身長・体重は説明するまでもないですが

    身長と体重は、本当に説明がいらないと思いますが…。 目次 身長(height)体重(body weight)、標準体重(standard weight) 身長(height) 身長は『ヒトが直立した時の、地面または床面か […]

  • 定性検査、半定性検査、定量検査の違い

    尿検査のページで『定性』という単語が出てきましたので、ちょっと解説。 尿検査や血液検査などの区別なく、『定性検査』は(+)や(-)で結果が出ているもので、その物質があるかないかを調べる。 『定量検査』は、数字で結果が出て […]

  • 尿検査と一口に言っても尿蛋白とか尿潜血とか色々ある

    健康診断で実施する『尿検査』は、尿蛋白と尿糖が多いです。 時々、pHや尿潜血が項目欄にあったりしますが、たいていはこの2項目ですね。 病院で実施する『尿検査』はもう少し項目数が多くて、「尿蛋白」、「尿糖」の他に、 ・尿潜 […]

  • 自覚症状・他覚症状

    分かりやすい項目だと思いますが、自分で感じている症状や、他人から見てあれ?って思われる症状のことですよね。 定義は、 『健康でいた者が身体的・精神的に異常を感じて病的な状態になること』 だそうですが、この病的な状態を、 […]

  • 現病歴(current medical history)

    既往歴のページにもありますが、『現病歴』は現在進行形でかかっている病気のことです。 治っていない病気です。 ある病気で通院・内服または経過観察をしている時など、現病歴にこの病気の名前を書いてください。 健康診断書の判定に […]

  • 既往歴(medical history)

    『既往』は過去や済んでしまったことを意味しますので、『既往歴』は過去の病気をさします。 過去にかかったけど、今は治療をしていない病気のことです。 既往歴を聞かれたら、生まれてから今までの間にかかって治った病気を伝えてくだ […]

  • 業務歴(work history)

    まず1つめ。業務歴。業務歴の調査。 その名の通り、アルバイトもふくめて今までに就いていた業務を書くところです。 『健康に悪影響のある業務をしていたかどうか』を調べることが目的ですが、悪影響がある業務かどうか判断するのは医 […]

  • 健康診断の項目から始めたい

    皆さんに馴染みのある(のかな?)健康診断の項目から書いていきます。 〔雇用時健診〕 1.業務歴および既往歴の調査 7.肝機能検査 2.自覚症状および他覚症状の有無 8.血中脂質検査 3 […]

  • 〇〇機能とは(肝機能、脂質、腎機能、糖代謝など)

    ホームページ作りが進まず苦労してますが、やっぱり自分好みのページにしたいので頑張ってます。 健康診断の指示書……っていうんですかね。 会社などから渡される、この項目で健康診断を受けてきてくださいっていう用紙のことです。 […]

  • はじめまして!

    臨床検査技師として20年以上、現場に立っております。 いろいろな検査を担当してきましたが、よく聞かれるんですよね『これ(項目や用語)ってなんですか?』と。 確かに聞きなれない専門用語ばっかりですよね。 検査結果を説明して […]

ブログリーダー」を活用して、ゆきだるまさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ゆきだるまさん
ブログタイトル
わかる!?検査の項目ブログ
フォロー
わかる!?検査の項目ブログ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用