searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
たまこのとられこblog https://tamako-torareco.hateblo.jp

本、映画、海外ドラマなどの感想ブログ!

究極のインドア派女性 アウトプットに挑戦しようと2020年からblogを開始 本、映画、海外ドラマなどの感想を書いていきます! 読者登録&フォロー等お気軽にお願いします😊

たまこ
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2021/12/05

1件〜100件

  • BULL/ブル2 法廷を操る男 第18話『法の仕事人』あらすじと感想-シルヴィア・バナー検事補はまさに法の仕事人!

    BULL/ブル 法廷を操る男 シーズン2 今回は『邦題に注目』な話! 今話の原題は『Bad medicine』だ。意味は悪い薬?悪い治療?という意味……だと思う。(一応調べましたよ?)ストーリー的に原題『Bad medicine』は、TACが弁護した医師ローラ・アレンのことを表している。 そして邦題の『法の仕事人』は、検察側のシルヴィア・バナー検事補のことを表しているのだ! 今回は弁護側と検察側の両方の立場から考えたい難しい裁判だったので、原題を邦題で補ってる感じがしていいですね。 BULL/ブル2 法廷を操る男 第18話『法の仕事人』の感想を徒然なるままに書いていく。 シーズン2 第18話『…

  • 綾辻行人『黄昏の囁き』〈新装改訂版〉 感想-ホラー無しミステリー

    戦慄・驚愕必至の綾辻マジック──「囁き」シリーズ第3弾! 『黄昏の囁き』〈新装改訂版〉 爽やかな読後感 シリーズ4作目を期待! まとめ 黄昏の囁き 〈新装改訂版〉 (講談社文庫)

  • ポアロシリーズ4作目『ビッグ4』感想-敵は国際的闇組織!

    エルキュール・ポアロ シリーズ4作目 『ビッグ4』 アクションサスペンス ビッグ4 ポアロの今後 まとめ ビッグ4 (クリスティー文庫)

  • 坂井希久子『江戸彩り見立て帖 色にいでにけり』感想-待望の文庫化!シリーズの序章!

    料理がテーマのアンソロジー『注文の多い料理小説集』に収録されていた『色にいでにけり』が文庫化! 連作短編形式で読みやすい◎ 『江戸彩り見立て帖 色にいでにけり』 色にいでにけり 色と香も 青楼の春 黒闇闇の内 紅嫌い まとめ 江戸彩り見立て帖 色にいでにけり (文春文庫 さ 59-3)

  • 今村昌弘『兇人邸の殺人』感想-ジャンルはオカルトホラーパニックサスペンスミステリーで決まり!

    シリーズ累計100万部突破! ! 『屍人荘の殺人』シリーズ第3弾! 『兇人邸の殺人』 いろいろ忘れてるシリーズ3作目 班目機関メモ オカルト×ミステリーが面白い! シリーズで一番怖かった まとめ 兇人邸の殺人 屍人荘の殺人シリーズ

  • 2022年あけおめ!

    あけましておめでとうございます(๑❛ڡ❛๑)☆ 2020年1月開設した当ブログも丸2年が経ったということに。 感覚的には1年しか経たってないんだけど、おっかしいなー。2年も経ったかなー? 2021年はブログお休み期間があったり投稿頻度落ちたりしましたが、なんとかマイペースに続けることができました。飽きっぽいたまこが続けられてることに自分で驚いてます。 それもこれもブログを見てくれている方々のおかげです。モチベ大切。 今年はブログとTwitterも頑張りたい! 2022年も『たまこのとられこblog』をよろしくおねがいします😸

  • 2021年に読んで面白かった本 BEST5

    早いもので2021年も残すところあとわずか。2022年が目前と迫ってきました! 2021年の最後のブログは、たまこが2021年に読んで面白かった本ベスト5を選んでみました! ①綾辻行人『緋色の囁き』〈新装改訂版〉 ②阿津川辰海『蒼海館の殺人』 ③宮園ありあ『ヴェルサイユ宮の聖殺人』 ④潮谷験『時空犯』 ⑤斜線堂有紀『楽園とは探偵の不在なり』 ※2021年に発売された本ではなく、あくまでたまこが2021年に読んだ本でございます

  • 有栖川有栖『孤島パズル』感想-アリスとマリアと孤島クローズドサークル

    「学生アリスシリーズ」二作目! 前作「月光ゲーム」を読んでいなくても話はわかる◎ 『孤島パズル』 マリア 孤島クローズドサークル 切ない終わり まとめ 孤島パズル 江神シリーズ (創元推理文庫)

  • 潮谷験『時空犯』感想-SF初心者にも読みやすいループものSFミステリ!

    『スイッチ 悪意の実験』でメフィスト賞を受賞した潮谷験の怒涛の第二作! 『時空犯』 SF初心者にもわかりやすいループもの 事件は無かった! ループを共にする戦友 まとめ 時空犯

  • アガサ・クリスティー『パディントン発4時50分』感想-敏腕家政婦の助手登場!

    ミス・マープル長編第7作目! ミス・マープルシリーズのなかでも特にオススメな読んでおくべき一冊! 『パディントン発4時50分』 ミス・マープル探偵 助手のルーシー・アイルズバロウ おすすめの一冊! まとめ パディントン発4時50分 (クリスティー文庫)

  • 斜線堂有紀『廃遊園地の殺人』感想-映像化向きなミステリー

    2021年最注目の俊英による廃墟×本格ミステリ! 新世代の旗手が紡ぐ今年度の大本命!待望の本格ミステリ長編! 『廃遊園地の殺人』 振り回される系名探偵 廃遊園地クローズドサークル 映像化向き まとめ 廃遊園地の殺人

  • 古内一絵『最高のアフタヌーンティーの作り方』感想-美味しいお菓子が人との縁を繋ぐハートウォーミングストーリー

    「マカン・マラン」シリーズが大ヒット 心に染みると評判の著者待望の新作! 『最高のアフタヌーンティーの作り方』 アフタヌーンティー 人生悩みだらけ まとめ 最高のアフタヌーンティーの作り方

  • 綾辻行人『暗闇の囁き』-ホラーサスペンス系ミステリー

    囁きシリーズ第二弾! シリーズ1作目の『緋色の囁き』とは繋がっていないので、読む順番は気にしなくて大丈夫! 『暗闇の囁き』 過去からの囁き 謎めいた美少年兄弟 ラストの展開 まとめ 暗闇の囁き 〈新装改訂版〉 (講談社文庫)

  • BULL/ブル2 法廷を操る男 第17話『消されたヘッドライン』あらすじと感想-ジャーナリスト正義のために不法侵入! 

    今回は『不法侵入』した記者の裁判。 証拠集めのため企業に侵入する記者。現代社会における不法侵入の難しさは記者ならばよく分かっているだろうに、無茶をしたもんである。しかもアプリ開発系の企業。セキュリティ固そうだし防犯カメラいたるところにありそうだし絶対無理よ。超小心者なので考えただけでハラハラしちゃう。盗んだり侵入したりの犯罪する系で安心して見ていられるはルパン三世くらいだわ。 BULL/ブル2 法廷を操る男 第17話『消されたヘッドライン』の感想を徒然なるままに書いていく。 シーズン2 第17話『消されたヘッドライン』あらすじ 今回の裁判 「シーズン2」での役のイメージ

  • 『アクロイド殺し』感想-ポアロシリーズの名作!

    ポアロシリーズ3作目 まだ未読でちょっと気になるから評判見ようかなと思って来たあなた! これは何の前知識なしに読むべき作品です! ポアロシリーズの中でもオススメの作品なので、気になったならいますぐ読んできましょう。 『アクロイド殺し』 オススメのポアロ作品 賛否両論 ポアロの老後? まとめ アクロイド殺し (クリスティー文庫)

  • 青山美智子『お探し物は図書室まで』感想-ほっこり短編集

    「2021年本屋大賞」第2位! 羽鳥コミュニティハウスの図書室では司書さんがぴったりの本をオススメしてくれる。オムニバス形式短編集。 『お探し物は図書室まで』 5篇の短編集 一章 朋香21歳 婦人服販売員 二章 諒35歳 家具メーカー経理部 三章 夏美40歳 元雑誌編集者 四章 浩弥30歳 ニート 五章 正雄65歳 定年退職 まとめ お探し物は図書室まで

  • 東野圭吾『嘘をもうひとつだけ』感想-後味悪めな短編集

    加賀恭一郎シリーズ6作目 「嘘を隠すには、もっと大きな嘘が必要になる」 『嘘をもうひとつだけ』 5編からなる短編集 嘘をもうひとつだけ 冷たい灼熱 第二の希望 狂った計算 友の助言 まとめ 嘘をもうひとつだけ (講談社文庫)

  • 阿津川辰海『蒼海館の殺人』感想-水×クローズドサークルの超大作

    高校生探偵葛城・助手田所 シリーズ第2弾! これは前作『紅蓮館の殺人』を先に読んでおくべき! どっぷりのめり込める本格ミステリー 『蒼海館の殺人』 『紅蓮館の殺人』から二ヶ月後の話 災害×クローズドサークル 600ページ越えでも足りない! まとめ 蒼海館の殺人 (講談社タイガ)

  • アガサ・クリスティー『ゴルフ場殺人事件』感想-ヘイスティングズの恋物語事件!

    エルキュール・ポアロシリーズ第2作品目 『ゴルフ場殺人事件』 名探偵ポアロvsパリ警察のジロー刑事 どんでん返しッ……? ヘイスティングズという助手 まとめ ゴルフ場殺人事件 ポアロシリーズ (クリスティー文庫)

  • 映画『死霊館のシスター』あらすじと感想-王道悪魔ホラー!死霊館シリーズはここから始まった!

    死霊館シリーズのスピンオフ作品シリーズ時系列では最も古く、悪魔ヴァラクのルーツが明らかに! 『死霊館のシスター』 シリーズ分類、順番 ネタバレ無し感想 ネタバレ有り感想 危機感! 悪魔 シスターアイリーン フレンチー(超ネタバレ有り!注意!) まとめ 死霊館のシスター(字幕版)

  • 高野結史『臨床法医学者・真壁天 秘密基地の首吊り死体』感想-このミス大賞·隠し玉作品!人間嫌いの法医学者が虐待鑑定!

    第19回『このミステリーがすごい! 』大賞・隠し玉作品! 『臨床法医学者・真壁天 秘密基地の首吊り死体』 臨床法医学者・真壁天 個性的な登場人物たち まとめ

  • 綾辻行人『緋色の囁き』<新装改訂版>感想-囁きシリーズ1作目!ホラーテイストなミステリー

    綾辻行人『緋色の囁き』<新装改訂版> 囁きシリーズ1作目!閉鎖的な環境で過ごす女子高生たちの価値観は偏り狂っていく。リアリティーあるホラー寄りミステリー 『緋色の囁き』<新装改訂版> 舞台は全寮制の女子高生 ホラー寄りなミステリー 魔女 まとめ 緋色の囁き 〈新装改訂版〉 (講談社文庫)

  • アガサ・クリスティ『ポケットにライ麦を』感想-ミス・マープル憤怒する

    ミス・マープルシリーズ長編第6作品目! 2020年はアガサ・クリスティー生誕130周年、デビュー100周年!アニバーサリーイヤー企画として『ポケットにライ麦を』の新訳版が刊行されました。 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a; b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript ||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[]).push(arguments)}; c.getElementById(a)||…

  • 宇佐美りん『推し、燃ゆ』-推し活にスポ根なみの情熱を感じた!

    第164回芥川賞受賞! 2021年本屋大賞ノミネート作品! 近年は“推し”を持つ人も増えてきたため、主人公に共感できる部分がある人も多いと思う。 あらすじ 普通が出来ない女子高生 “推し”は生き甲斐 まとめ 推し、燃ゆ

  • BULL/ブル2 法廷を操る男 第16話『無実の囚人』あらすじと感想-チャンクはお父さん!?

    BULL/ブル 法廷を操る男 シーズン2 今回は『歯形が証拠にならなくなった!?』話。 近年、歯形は絶対的な証拠にならないらしい。歯列矯正や整形技術の向上したからかな。それだけじゃないっぽいけど、ドラマ内ではその理由について具体的な説明はなかったから気になる。 被害者の歯形が犯人についているなら証拠にはなりそうだけど、被害者に歯形がついていても、歯形をつけた=殺人犯とは断定できないよね。歯形をつけたことで傷害罪にはなりそうだけど。 BULL/ブル2 法廷を操る男 第16話『無実の囚人』の感想を徒然なるままに書いていく。 シーズン2 第16話『無実の囚人』あらすじ 今回の裁判 「シーズン2」での…

  • 『魔術の殺人』アガサ・クリスティ-魔術とは奇術!

    ミス・マープル シリーズ長編第5作品目 『魔術の殺人』 人間関係が複雑すぎる! 理想主義者キャリイ・ルイズ 魔術とは奇術! まとめ 魔術の殺人 (クリスティー文庫)

  • 阿津川辰海『紅蓮館の殺人』-館もの×山火事のクローズドサークル!盛り沢山なミステリー 

    2020年本格ミステリ・ベスト10原書房 国内ランキング第3位 ミステリが読みたい! 2020年版ハヤカワミステリマガジン 国内篇第5位 このミステリーがすごい! 2020年版宝島社 国内編第6位 『紅蓮館の殺人』 館ものクローズドサークル! ちょっと気になるところ 「探偵とは」 まとめ 紅蓮館の殺人 (講談社タイガ)

  • BULL/ブル2 法廷を操る男 第15話『検察側の証人』あらすじと感想-心理学者として詐病を見破る!

    BULL/ブル 法廷を操る男 シーズン2 今回は『詐病』を見破る! 詐病とは、経済的または社会的な利益の享受などを目的として病気であるかのように偽る詐偽行為である。Wikipediaより 罪に問われないように長年にわたり病気のフリをしていた犯人の女性。人の目があるところでは精神疾患のあるフリをする生活を続けるのってかなり大変だと思う。妙に感心してしまった。 ちなみに誰もが一度や二度や三度以上したことがある“仮病”は詐病とは違う。その場しのぎのウソが仮病。子供のころ仮病でお休みして「笑っていいとも」をちょっと罪悪感を持ちつつ見ている時間が好きだったな。 BULL/ブル2 法廷を操る男 第15話『…

  • 青柳碧人『霊視刑事夕雨子2 雨空の鎮魂歌』-息の合ってきた女性バディ!因縁の事件についても進展か

    シリーズ第2弾! 霊が“見える”刑事の大崎夕雨子と警視庁から異動してきた訳あり刑事の野島友梨香。 未練を晴らす手伝いをさせられたり、ほろりとさせられたり、一筋縄ではいかない個性的な幽霊たち。 中野署捜査一課の女性バディが幽霊の証言と鋭い観察眼で事件を解決していく! 『霊視刑事夕雨子2 雨空の鎮魂歌』 第一話『アリガトウという言葉』 第二話『涙目さよなリーヌ』 第三話『俺の名は。』 第四話『ハチミツの雨は流してくれない』 まとめ // リンク

  • 太田忠司『和菓子迷宮をぐるぐると』-和菓子職人を目指す理系男子の青春物語!

    和菓子職人を目指す涼太が製菓専門学校で友人たちと切磋琢磨する青春物語!小学生から読めそうな若者向けなストーリー 『和菓子迷宮をぐるぐると』 理系男子、和菓子職人を目指す! 理系は和菓子に向いてる? 「和菓子迷宮をぐるぐると」は青春物語! まとめ // リンク

  • 宮園ありあ『ヴェルサイユ宮の聖殺人』-ミステリーでありフランス歴史小説

    宗教画に残された血文字、握られた聖書の切れ端戦場帰りの青年士官とマリー=アントワネットの総女官長が挑む神すらあざむく殺人劇の謎 帯より引用 第10回アガサ・クリスティー賞優秀賞受賞作品 『ヴェルサイユ宮の聖殺人』 装丁が綺麗で一目惚れ! フランスを楽しめ! 続編はどうなる? まとめ // リンク

  • 斜線堂有紀『楽園とは探偵の不在なり』-館クローズドサークル×特殊設定ミステリー

    2020年ミステリランキング続々ランクインこのミステリーがすごい!2021年版宝島社国内編第6位 2021本格ミステリ・ベスト10原書房国内ランキング第4位 2020年週刊文春ミステリーベスト10国内部門第3位 ミステリが読みたい!2021年版国内編第2位 帯より引用 『楽園とは探偵の不在なり』 天使がいる世界 クローズドサークル 名探偵・青岸焦 まとめ // リンク

  • BULL/ブル2 法廷を操る男 第14話『迷えるハッカー』あらすじと感想-ケイブル解雇の危機!? 

    // BULL/ブル 心を操る天才 シーズン2 今回は『ケイブル主役』の回! 航空管制システムがハッカーから攻撃された。ハッカーにはハッカーということでケイブルがメインのお話でしたね。 アメリカドラマ、特に捜査系ものに欠かせないのがハッカーという存在。ハッカーというかデジタル担当なんだけど、まぁだいたい元ハッカーが捕まらずに政府に取り込まれた人物というイメージだ。派手で奇抜な格好をして、オタク趣味(趣味に入れ込んでる)、独特の価値観を持っているキャラクター設定にされていたりね。そう考えるとBULLのハッカー担当ケイブルは可愛らしい女性ではあるが“普通”だ。『BULL』は始まってまだ数年だから、…

  • 櫛木理宇『殺人依存症』-グロい、鬼畜、イヤミスで最悪の読後感!

    イヤミス注意!子供が酷い目に合う話。とにかく残虐、エロ、グロ、鬼畜、凄惨な事件ばかりで読後感も最悪! ある程度平気だという人もきっとショックを受けるストーリー。苦手な人にはオススメできない。 『殺人依存症』 胸糞が悪い 主人公も好きになれない 最悪の読後感 まとめ // リンク

  • BULL/ブル2 法廷を操る男 第13話『名家の秘密』あらすじと感想-傲慢セレブの悪評が裁判を不利にする

    BULL/ブル 心を操る天才 シーズン2 今回は『破産寸前の名家』で起こった事件! 名家の主人が殺され、傲慢セレブ妻と評判の悪い容疑者の弁護を手伝う。 理想の陪審は明快で単純な考え方を好む人 ここで出てきた“オッカムの剃刀“という初めて聞く言葉。 オッカムの剃刀とは「ある事柄を説明するためには、必要以上に多くを仮定するべきでない」とする指針。思考節約の原理や思考節約の法則、思考経済の法則、またケチの原理と呼ばれることもある。Wikipediaより ブルはもっと実用的な説明をしていた “オッカムの剃刀“ ある事柄に二通りの説明がつく時、単純な説明の方が大抵正しい。言い換えると、仮定が多すぎる説は…

  • 東野圭吾『回廊亭殺人事件』新装版-誰もが見抜ける叙述トリックは嘘!

    // リンク 『回廊亭殺人事件』新装版 誰でも見抜ける叙述トリック 女の復讐劇 まさかの実写化!? まとめ

  • 映画『デス・レター 呪いの手紙』あらすじと感想-世にも奇妙な物語のようなサスペンス映画

    あなたの身の上にも起こりうる、背筋も凍る身近な恐怖……。ロシア映画界が放つ、身の毛もよだつ戦慄のホラー映画!(Amazon prime video) デス・レター 呪いの手紙(字幕版) 『デス・レター 呪いの手紙』 ネタバレ無し感想 ネタバレ有り感想 配達人 ロシア 金髪美女の刑事マリーナ まとめ

  • BULL/ブル2 法廷を操る男 第12話『罪深き心理学者』あらすじと感想-依頼人が悪人!?

    BULL/ブル 心を操る天才 シーズン2 今回は『カウンセラーの通報義務』に関する話! カウンセリングを受けに来た人物が犯罪を仄めかした際にどこまで通報義務が生じるのか。 通報義務の三つの要件が①被害者の名指し②具体的な犯行計画③手段。これはドラマにでてきたアメリカの決まり。けっこう重度の妄想抱くタイプの人もいそうだから判断が難しそうだな。頭の中だけで考えることは罪ではないし、他人に話したら罪になるのは当然なんだけどね。それが分かってるのにヤバイことを頭の中だけの空想で思い止まれないのは危険な兆候なのかもしれない。 BULL/ブル2 法廷を操る男 第12話『罪深き心理学者』の感想を徒然なるまま…

  • 映画『クロール-凶暴領域-』感想-巨大ハリケーンとワニの恐怖!グロさ少なめワニのアニマルパニックホラー 

    ワニのアニマルパニックホラー!巨大ハリケーン×ワニの設定が秀逸で恐ろしさにリアリティーがあり面白かった。グロさは少なめ。 『クロール-凶暴領域-』 ネタバレ無し感想 ネタバレ有り感想 大型ハリケーン ワニ 家族の話 クロール ー凶暴領域ー (字幕版)

ブログリーダー」を活用して、たまこさんをフォローしませんか?

ハンドル名
たまこさん
ブログタイトル
たまこのとられこblog
フォロー
たまこのとられこblog

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用

フォローできる上限に達しました。

新規登録/ログインすることで
フォロー上限を増やすことができます。

フォローしました

リーダーで読む

フォロー