chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
めだまにあ https://medamania.com/

眼科専門医による目に関する総合情報ブログ。一般向けから専門眼科情報、医療ネタをお送りします。

めめ
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2021/12/05

1件〜100件

  • 白内障の進行度・分類・種類まとめ 

    白内障は目の中の水晶体というレンズが汚れた状態を指す病名です。 汚れ、濁りがあれば程度はどうであれ、一応は”白内障”ということになります。 今回はその白内障の汚れ・濁りの種類をメジャーなものからマイナーなものまで、また白内障が生じる原因別に

  • 虚血性視神経症の分類と原因・症状・診断・治療について

    虚血性視神経症(ischemic optic neuropathy: ION)について。 鑑別を行う上で、視神経炎が頻度が高く重要です。 概要 視神経を栄養する血管がつまる、攣縮するなどにより視神経が虚血となり、重篤な視力低下、視野障害を残

  • 眼科領域の麻酔薬と基礎まとめ

    主に眼科領域に関する麻酔薬をまとめました。 局所麻酔の基礎から、眼科領域の主な麻酔薬の種類、麻酔方法など、まとめて記載しています。 局所麻酔法の種類 麻酔方法は大きく3つあります。 表面麻酔浸潤麻酔伝達麻酔(神経ブロック、神経叢ブロック、硬

  • 弱視の定義・種類と治療 ロービジョンとの違い

    弱視は、”弱”い視力の”視”と書き、見え方における弱い目を意味しますが、正確には見え方の弱い強いではなく、視力の成長が止まってしまった目のことをいいます。 一般的には弱い目、弱視=低視力として、ロービジョンとほぼ同義に使われていますが、医学

  • 0.1~0.01未満の視力測定 指数弁、手動弁、光覚弁

    視力検査表の一番上のランドルト環(Cの形の図)は、0.1の視力に相当します。 視力検査は正式には5mの距離で行います。その距離で一番上の図柄の開いている方がわからなかったら0.1未満の視力となりますが、その際の0.1未満の視力の測り方につい

  • 低視力・ロービジョンの定義、視覚障害とロービジョンケア

    低視力(low vision:ロービジョン)とは、その名の通り「低い視力」のこといいます。 一部の眼科ではロービジョン外来という専門外来を設けており、ロービジョンの患者の生活面に関わる外来があります。低視力よりはロービジョンという表現のほう

  • 失明の定義と種類と視力値 医学的失明と社会的失明

    失明とは、「明るさを失う」という字から、それまで視力のあった人が何らかの理由で視力を失ったことを言います。 「元々視力があった人が、視力を失う」という点がポイントです。 視力の考え方は、 医学的(眼科的)には、最高矯正視力(一番合う度数のレ

  • メガネ・コンタクト度数換算表*20Dまで記載

    メガネだけ使っている人もいるかもしれませんが、コンタクトと使い分けている人も多々いると思います。メガネとコンタクトレンズの度数は一緒ではありません。(度数が弱いと近似的にほぼ一緒になります) 特に、度数が強い人はズレやすく、メガネとコンタク

  • 近視も遠視も緑内障のリスク つまり誰もが緑内障リスク?

    日本における視覚障害者の原因の疾患第一位は、緑内障です。 日本ではこれを元に、 「失明原因の第一位は緑内障」 と一般的に言われています。(正しくは失明ではなく視覚障害者となった人の原因疾患の順位です。緑内障の分類の記載まではないので、統計的

  • 小数視力・分数視力・logMAR視力の換算まとめ

    視力検査の換算表と換算方法をまとめました。 何かのときにパッと見ていただいたり、計算方法を忘れたらチェックしていただければ幸いです。 小数・分数・対数視力換算 logMAR-0.3~1.0まで0.1刻みでまとめました。 カラー部分は基準とな

  • ウイルス・細菌・カビに効く殺菌・消毒目薬<サンヨード>

    2022年9月1日に、参天製薬より殺菌・消毒用の点眼薬「サンヨード」が発売されました。 こちらは、ロートニッテンの「PA・ヨード点眼・洗眼液」のスイッチOTCであり 薬局でご自身で購入するタイプの点眼薬購入する上で薬剤師の対面指導が必要な目

  • 遠点と近点の求め方と明視域・調節域まとめ

    遠点、近点とは何か? それぞれ正視・近視・遠視における遠点・近点と、明視域について解説します。(長文です) 遠視における遠点が特に勘違いが起こりやすいので、細かく書いています。 正視・近視・遠視とは何か?という方はこちらから↓ 遠点・近点と

  • 眼科 抗VEGF薬一覧・比較<費用・効果・副作用> 

    眼科において使われる抗VEGF薬のまとめ記事を作りました。 眼科診療において抗VEGF薬は必須のものとなっています。 糖尿病黄斑浮腫、加齢黄斑変性、網膜静脈分枝閉塞症、などかなり一般的な病気に対して、今はなきマクジェンから、眼科疾患に承認疾

  • 眼光学 レンズの調節と水晶体・毛様体・チン小帯の役割

    老眼になると近くが見にくくなります。老眼は目の調節力が落ちることで生じます。 調節力とは何か? 今回、ヒトの目における調節について解説します。 簡潔に言うと調節とは、遠くを見ている状態から近くを見るときのピント合わせのことをいいます。 調節

  • 凸レンズと凹レンズの違いと性質 メガネでの光の進み方

    自分が使っているメガネやコンタクトレンズが、凸レンズなのか凹レンズなのか、どっちなのか知っていますか? 知らなくても困ることはあまりないですが、自分が何を使っているのか把握しておきたいという人には、今回の記事でわかるように解説いたします。

  • 視力の定義と、20種類の視力について

    「視力がよい」「視力が悪くなった」など、視力という言葉は見え方の質に関して一般的に使われていると思います。 ですが、その視力も実はたくさんの種類があります。 一般的に使われる意味での視力は 静的視力遠見視力中心視力字づまり視力小数視力裸眼視

  • 眼科を考えている初期研修医向け 眼科の仕事の特徴

    初期研修医を終えたあとに何科に進もうか考えている皆さん もし眼科が頭の片隅にでも少しでも浮かぶようであれば、この記事を読んでおきましょう。 まったく興味ない方は、読まなくても良いです☆ 今回は眼科の特徴として、良いところ悪いところ踏まえお伝

  • 急性緑内障発作の起こりやすい年齢、性別、時間について

    急性緑内障発作は、眼科の中では重症で緊急性の高い、また本人も非常に辛い代表的な疾患の一つです。 頭痛・吐き気・嘔吐などの辛い症状の中、放置すると失明するという恐ろしい病気ですが、世の中にはなりやすい人が非常に多くいます。 今回は急性緑内障発

  • ピンホールメガネによる視力改善効果はあるのか?

    ピンホールメガネによる視力改善効果は、 ない です。 ないのですが、ピンホールメガネを掛けると見やすくはなるのは事実です。 掛けている間は見やすいですが、外したら元に戻る、外しても視力がよくなっているわけではない、とうことです。 何が起こっ

  • 身体障害者手帳と障害年金の違い*認定、申請基準、サービス

    患者さんの身体に障害が残ったときに、障害者手帳と障害年金の2つの申請手続きを考えなくてはいけません。 2つの違いは サービスなのか年金なのか が大きくことなりますが 今回、それぞれの概要と2つを比較して記載しました。 障害年金はいろいろと条

  • 上下斜視の麻痺筋同定法 Parksの3段階法について

    上下斜視、慣れないと麻痺筋はどれだ?となりますよね。外斜視、内斜視はそのままだから簡単なのに・・・。 でも大丈夫!この記事ともう一つの記事を読めば(読んで実践すれば)、答えにたどり着けます。 9方向眼位を測っている場合(大型弱視鏡などで度数

  • 要注意!アトロピン点眼の濃度は全身用より断然濃い超劇物

    アトロピンは救急、麻酔でも使うので医療者はたいてい知っていると思います。 効果は抗コリン作用、具体的には抗ムスカリン作用にて副交感神経の作用を抑制し、胃腸運動の抑制、心拍数増大などの効果があります。具体的には徐脈時に救急や、麻酔で使われるよ

  • 目薬点眼後に味がするのはなぜ?目と鼻はつながっている

    目薬をしたあとに、なんとな~く苦い味がすることを経験したことはありませんか? なぜ味がするのでしょうか。 答えは簡単で、目と鼻がつながっているからです。 目と鼻はどのようにつながっていて何のためにつながっているのか目薬をする際に気をつけるべ

  • メガネとコンタクト、どっち派?見え方や費用負担を比較!

    皆さんはコンタクトとメガネ、どっち派ですか? コンタクトは見た目が変わらず楽、スポーツのときに便利メガネはかけるだけで装着が楽、目への負担が少ない など、それぞれにメリットはあります。 最終的にどちらをメインに使うかは、見た目、見え方、手間

  • 網膜10層構造の覚え方、語呂まとめ

    網膜は目の内側に裏打ちされている膜であり、光を受け取る神経細胞でできています。 その情報が神経を通して脳へ伝わり、「見る」ことができます。 言ってしまえば脳と同じ<神経細胞>でできており、障害されると後遺症を残すことがあります。 ものが見え

  • 「メガネをかけると目が悪くなる」のウソ・ホント

    「眼鏡をかけると目が悪くなる、視力が悪くなる」と思っている方、結構いると思います。 結論から言うと、 度数の合っているメガネをかけることで目が悪くなることは基本的にはありませんただし「目が悪くなる」の意味によっては悪くなっているように感じる

  • ブルーライトカットメガネは医学的根拠のもと、効果はない

    しばらく前からブルーライトカットは話題になり、たいていのメガネ屋でブルーライトカットレンズのメガネが販売されていますね。 あなたはブルーライトをカットしますか?結論としては、 ブルーライトはカットしなくてもよいです。(してもよいです) 本記

  • 妊娠中の視力低下 屈折変化でメガネの度数がずれる?

    「妊娠 視力低下」と検索するとだいたい「ホルモンバランスが原因で~、…時間が経つと治ることが多いです」 となんだかはっきりしない感じで書いてあることが多く、医学的な見解として書いてあるものは多くありません。 なので今回は 論文ベースに妊娠と

  • バビースモ「バイスペシフィック抗体」薬価、特徴、分子量

    2022年5月25日発売となったバビースモ(一般名:ファシリマブ)ですが、その特徴についてまとめます。 眼科初の! バイスペシフィック抗体! が宣伝文句です。(利益相反はありません) バビースモの特徴 大きく言うと、バビースモの特徴は以下の

  • 分子量〇〇kDa(キロダルトン)の表記は間違い?

    とある薬剤関連を調べていて(眼科関係者はわかるかもしれません) 分子量の比較などいろんな比較を書いていこうと思ったらぶち当たったので紹介します。 kはキロ(×1000)Daはダルトン です。 分子量に単位はない これ、化学を習うと学ぶはずな

  • ブルーライトカット率の意味 高いから良いわけではない

    PC用メガネや、普段使いのメガネにもブルーライトカットレンズが使われることが多くなってきています。 また、スマホなどの液晶にも保護フィルムとして使われていますね。 ブルーライトカットの効果に関しては、 「効果はあまりない」 というのが現在の

  • 内障とは 白内障・緑内障・黒内障・肘内障・膝内障

    病名で「〇〇症」という「しょう」を「症」と書くものは非常にたくさんあります。 高血圧症脂質異常症感染症糖尿病網膜症...など 一方、「しょう」を「障」と書く疾患は少ないです。 有名なのは、眼科領域の白内障と緑内障。 他に関節の病気として、肘

  • 高血圧性眼底の評価基準と意義

    高血圧性眼底の分類、所見まとめと 網膜血管を観察することの意義について説明します。 Keith-Wagener慶大変法分類 KW分類(変法ではない)ではⅡ群はa,b分かれないようです。 分類眼底所見眼底病名0群所見なし正常眼底Ⅰ群網膜動脈の

  • 筋トレ中にいきむと生じる眼底出血 バルサルバ網膜症

    いきみ過ぎると眼底出血を起こすことがある!? バルサルバ網膜症(Valsalva retinopathy)についてです。 筋トレ時の息止め、息こらえはなるべくしないようにしましょう。 ※めったに起こらないので心配しすぎる必要はありません 概

  • 瞳孔ブロックと相対的瞳孔ブロックと逆瞳孔ブロック

    瞳孔ブロック関連をまとめました。 タイトルの用語以外にも、関連する用語をイラストを交えて解説していきます。 正常の生理 瞳孔ブロックは水晶体前面と虹彩後面との間の関係で生じる用語です。 正常でも虹彩瞳孔縁と水晶体前面はほとんど接触するように

  • ジクアス点眼6回→3回へ 長時間効果のあるジクアスLX

    宣伝ではありませんが(COIはありません)、期待している点眼の一つとして紹介します。 ドライアイ治療は主に 人口涙液(ソフトサンティア®など)ヒアルロン酸ナトリウム(ヒアレイン®など)ジクアホソルナトリウム(ジクアス®)レバミピド点眼(ムコ

  • ヒアルロン酸点眼まとめ 濃度が濃くても効果に差はない

    ドライアイ点眼の有名薬剤として、ヒアルロン酸ナトリウム点眼液があります。(ヒアレイン®など) 害が少なく気軽に処方しやすく、他科でも処方されていることも多々見受けられます。 今回ヒアルロン酸ナトリウム点眼液について、ドライアイ診療ガイドライ

  • 近視の度数による分類 強度近視・病的近視

    日本における近視の屈折値による分類のまとめ記事です。 また、病気を引き起こす病的近視についても、度数の目安や、引き起こす合併症について記載しました。 現代社会では近視のほうがメジャーになってきています。あなたの近視はどれくらい??? 近視と

  • コンタクトレンズは何歳から使用してよいか 目安と基準

    メガネと同様に、コンタクトレンズも見やすくするために使う医療機器です。 コンタクトレンズは人工呼吸器や心臓ペースメーカーなどと同レベルに適切な管理が必要な、「高度管理医療機器」として分類されます。 それだけ取り扱い方に注意が必要なコンタクト

  • 急性前部ぶどう膜炎(AAU)まとめ HLAと全身疾患

    非感染性ぶどう膜炎、片眼性の非肉芽腫性、線維素性虹彩毛様体炎の発作を、急性前部ぶどう膜炎(acute anterior uveitis:AAU)という。 ある程度調べましたが、明確な診断基準は見当たりませんでした。 疫学 中年男性に多い年間

  • CNV、MNV、PNVについて<新生血管まとめ>

    AMD関連の黄斑疾患領域は、最近呼び方が変わったり、新たな概念が出てきており、アップデートしないと取り残されますので、アップデート用にまとめました。 CNV:脈絡膜新生血管MNV:黄斑部新生血管PNV:パキコロイド新生血管 の3つの概念につ

  • メガネが必要な視力はいくつか 学校健診・運転免許視力

    視力検査で視力結果が低いと眼科受診を勧められます。 では一体、視力がいくらだったら眼科受診したほうがよいのか。 また、裸眼視力がいくらだったら眼鏡をしたほうがよいのか。 答えは、 日常生活に必要な視力がどれくらい必要なのかによって、一人ひと

  • ベオビュ(ブロルシズマブ)の糖尿病黄斑浮腫への適応拡大

    ベオビュが2022年6月20日に、加齢黄斑変性だけから糖尿病黄斑浮腫への適応拡大となりました。 患者数が多く、難治性のものもしばしばあるDMEですが、ベオビュの適応拡大、他にも最近はバビースモの登場など、治療の選択肢がどんどん増えてきていま

  • AZOOR(急性帯状潜在性網膜外層症)概要・診断・予後・治療

    急性帯状潜在性網膜外層症(acute zonal occult outer retinopathy: AZOOR) 通称「アズール」は類縁疾患が多く、類縁疾患も含めた”AZOOR complex”という疾患群・概念があります。 これらの疾患

  • 癌関連網膜症 疫学・原因抗体・症状・検査・診断・治療

    癌関連網膜症:cancer-associated retionopathy(もしくはcarcinoma-associated )についてまとめました。 全身性の癌の存在下で、網膜蛋白質に対する自己抗体による自己免疫性機序によって、両眼性の視

  • 帯状疱疹 眼合併症の頻度・発症率と考察

    帯状疱疹のメインは皮膚科ですが、顔面に出現するタイプすなわち三叉神経が原因の場合は、顔面の皮膚だけでなく、眼球にも症状が出現することがあります。 したがって眼科医も帯状疱疹の患者はしばしば診ます。 また帯状疱疹ウイルスが原因の眼科超重症疾患

  • 三叉神経まとめ<主に目・眼科領域について>

    三叉神経のまとめです。 主に眼科に関係する眼神経(V1)メインに書いています。 上顎神経(V2)の大部分と下顎神経(V3)は目に関与しないので、簡潔に書いています。 三叉神経 三叉神経:第5脳神経(V) 顔面や口腔の触覚、温感覚、冷感覚、痛

  • 手術の成功・失敗、合併症・手術ミスの認識の違いと信頼関係

    手術における成功、失敗とは何なのか。 患者が言う「手術は成功しましたか?」とは何を指して言っているのか。 患者が言う「手術ミスがあった」と、医者が言う「それは合併症です」 などなど、いろいろ綴っていきます。 わかりやすい成功・失敗の例 「入

  • コンタクトレンズは医療機器 危険性と安全に使う上での注意点

    とあるコンタクト会社のホームページのQ&Aみたいなところを見てみたら 「コンタクトレンズは安全」「毎日使用しても安全」「目に傷をつける心配はあまりない」 というような記載があったので、この辺りに関してコンタクト使用者向けに書いていき

  • コンタクトによる酸素不足で黒目に血管が生える<角膜新生血管>

    コンタクトレンズを長期間、高頻度で使う人は、角膜(黒目)に血管がニョキニョキ生えていることがあります。 本来角膜は透き通っている、透明な構造物です。 そこに周囲の結膜(白目)から、血管がニョキニョキと生えてくる(角膜新生血管・角膜パンヌス)

  • 超簡単な上下斜視の麻痺筋の同定方法とParksの3段階法

    麻痺性斜視における内斜視、外斜視の麻痺筋は左右いずれかの外直筋・内直筋でありシンプルですが、上下斜視の麻痺筋を同定するには慣れと考察が必要です。 その理由は、眼球運動における上・下方向の運動は 上直筋下直筋上斜筋下斜筋 の4筋が関与しており

  • 眼球運動と斜視 筋肉(外眼筋)の作用方向と解剖の基礎

    眼球運動障害、斜視を考える上で必須であると同時に、バックルなどの斜視手術以外の手術でも外眼筋の付着部位は知っておく必要がある解剖の基礎知識です。 本記事では眼球運動の基礎知識、解剖に関して記載します。 眼球運動は左右の目が同時に動く「共同運

  • 裸眼視力、日常生活視力の重要性 最高矯正視力だけでは不十分な理由

    眼科では初診から再診を含め、多くの場合で視力検査をしますが、その視力検査に関してです。 視力は大きく、裸眼視力、(現在の)矯正視力、最高矯正視力の3つがあります。 裸眼視力:眼鏡やコンタクトをしていない状態での視力(現在の)矯正視力:現在使

  • 医療のたらい回しという表現 語源・意味・実態・体験談

    救急患者の受け入れを拒否している救急病院と困っている救急車のイラストです。いらすとや このイラストはたらい回しの実態とはかけ離れているので、よくありません(と言いつつ画像を使わせていただいております) 医療のたらい回しに関して、 参考文献は

  • ドルーゼンの種類まとめ 硬性・軟性・癒合・パキ・偽ドルーゼン

    ドルーゼンの種類についてまとめます。 そもそもは加齢黄斑変性の前駆病変として大事なドルーゼンでしたが 現在はパキコロイドという概念からパキドルーゼンというものも出現し 昔からありましたが、reticular pseudo drusenという

  • 知っておくとよいパキコロイド関連疾患まとめ CSC、PCV、PNV、他

    黄斑診療を行っている人ではお馴染みのパキコロイドですが、よくわからないなという印象が強い分野だと思うのでまとめました。 パキコロイド関連疾患(pachychoroid spectrum diseases :PSD もしくはpachychor

  • 中心性漿液性脈絡網膜症とパキコロイド 分類・治療・診断

    中心性漿液性脈絡網膜症(網脈絡膜症)CSC: central serous chorioretinopathyについてです。 読みは「ちゅうしんせいしょうえきせいみゃくらくもうまくしょう」です。 現在はパキコロイド(pachychoroid

  • 医学的根拠があれば正しい?研究デザインとエビデンスレベルについて

    「医学的根拠はあるのか」 そんな言葉がコロナ禍以降、より使われるようになってきた気がします。 「根拠」があれば、一見正しい情報のようにも思えます。しかしその「根拠」の程度によって、それっぽいだけで全然正しいか不明な情報もいっぱいあるのが現実

  • 急性網膜壊死(ARN)最近のレビューを踏まえた疫学や治療戦略

    急性網膜壊死(acute retinal necrosis:ARN)は、約半数の人が網膜剥離(しかも重症な)になるウイルス性網膜感染症です。 ARNはもともと1971年に日本においての浦山らにより報告された疾患で「桐沢型ぶどう膜炎」とも呼ば

  • コンタクトレンズをしながら目薬(点眼)をしてよいのか?まとめ

    コンタクトレンズを普段使っている方は大勢いらっしゃると思います。 昨年の消費者庁のデータによると、日本でのコンタクトユーザーは1500-1800万人程度で、人口の10分の1以上にもなります。(コンタクトレンズによる眼障害について|消費者庁,

  • 黄斑と中心窩の違い 視力と中心視野に関わる網膜の中心部

    「網膜の中心である黄斑・中心窩を中心に眼科網膜治療は回っている」 網膜の中の一部の範囲を「黄斑(おうはん、英語でmacular)」といったり、「中心窩(ちゅうしんか、英語でfovea)」といったりします。 どちらも物を見ているときの中心に位

  • 網膜剥離ってどんな病気?原因・治療について 放置すると失明します

    網膜剥離ってどんな病気か知っていますか? なんとなく聞いたことがあるという方も多いかもしれません。 網膜剥離は、目の病気のなかでもかなり重要でメジャーな病気でありながら 放置しておくと最悪失明するという、重症な病気でもあります。 しかもその

  • 光学式と超音波式眼軸長測定(Aモード)の測定誤差、違い 

    白内障手術の術前検査に行うIOL度数の設定ですが、光学式と超音波式に大きく分かれます。 二つの違いについて書いていきます。 光学式では涙液表面~網膜色素上皮超音波式では角膜表面~網膜の内境界膜両者では測定誤差が出ることが多い 光学式眼軸長測

  • 腹臥位手術での急性緑内障発作のリスク うつむき試験とは

    整形外科の中で、脊椎手術では腹臥位(うつ伏せ)で手術が行われます。 他にも腹臥位での手術はあると思われますが、腹臥位手術では急性緑内障発作を起こすリスクがあるという話をします。 意外と知られていないのか、報告が少ないからなのか?原理的にはハ

  • 「目が悪い・乱視がある」の認識の違い 一般の方と眼科医

    医者と一般の方との認識の違いはたくさんありますが、今回は眼科でよくある「目が悪い」と「乱視」についてです。 一般の方の「目が悪い」 主に「裸眼で遠くがぼやけて見にくくなった」ことを、「目が悪くなった」と表現します。 「目が悪い」は「裸眼視力

  • 運転免許で必要な視力数値、視野、立体視まとめ

    運転免許における必要な視機能のまとめです。 第一種普通免許、第二種、原付で変わってきます。 普通第一種運転免許 いわゆる一般的な運転免許です。 両眼で0.7以上かつ片眼それぞれで0.3以上片眼が0.3以下の場合は、もう片眼が0.7以上かつ視

  • 硝子体注射の通院・注射回数 PRN、TAE、固定投与について

    主に加齢黄斑変性などに対する硝子体注射の、投与間隔についての基本的内容です。 PRN、TAEなどは眼科においてはほぼ硝子体注射の投与間隔を表す言葉として使われます。 基本事項なので若手専修医向けです。 治療における基本的戦略 何でこんないろ

  • TASSと術後感染性眼内炎の発症時期、鑑別、治療

    術後眼内炎は発症頻度は低いものの、術後合併症における重篤な合併症であり、非常に重要です。 また中毒性前眼部症候群(toxic anterior segment syndrome: TASS)という病態があり、白内障手術などの術後感染性眼内炎

  • 不同視とは?モノビジョンとの違いと、弱視・眼鏡・トレーニングについて

    不同視と不同視弱視、モノビジョンに関して説明します。 不同視とは 左右の屈折値の違いにより、右眼と左眼で見やすい奥行の位置が異なる状態で、多くは2D(ジオプトリー)以上の左右差がある場合を言います。 不同視のことは、「ガチャ目」ともいいます

  • 網膜分離症の種類 若年性/近視性と遺伝の有無、治療まとめ

    網膜分離症(retinoschisis)についての記事です。網膜分離症は大きく、若年性・先天性(遺伝性)と近視性の2種類に分けられ、病態が異なります。 先天性網膜分離症(X-linked juvenile retinoschisis: XL

  • ブログ100記事到達*アクセス数・広告収入・振り返り・今後の目標

    2021年12月頃から開始した当ブログですが、公開して4か月程度で100記事を迎えることができました。いつも見て頂いている方、ありがとうございます。(いるのか!?) 振り返りと今後の方針などについて、ブログに関するブログ記事を書きます。(※

  • 白内障手術に超重要 チン小帯の役割・解剖・断裂・調節について

    チン小帯(×こたい、〇しょうたい)の話。チン小帯とはZinnさんにちなんで名づけられた目の構造物で、毛様体小帯(もうようたいしょうたい)とも言います。ZinnZinn言っている記事ですが、最後までお付き合いください。 チン小帯とは チン小帯

  • 網膜硝子体界面疾患まとめ ERM, MH, pMH, LMH, VMTS

    黄斑前膜、黄斑円孔、偽黄斑円孔、分層黄斑円孔、硝子体網膜牽引症候群について、これらはすべて後部硝子体皮質と黄斑部の網膜との接着面が発症に関与する病気です。イラスト交えて記載しました。 網膜硝子体界面疾患 この部分の病気たち この疾患群は、後

  • 硝子体黄斑牽引症候群 症状・原因・治療・手術について

    硝子体黄斑牽引症候群(VMTS: vitreomacular traction syndrome)について。 概要・病態 中心窩または黄斑に硝子体が接着したまま周囲の後部硝子体剥離が生じることで、黄斑に慢性的な牽引がかかり網膜剥離や嚢胞性変

  • 視神経炎 症状・原因・鑑別・MRI・後遺症などについて

    視神経炎(optic neuritis)について。今回は典型視神経炎(特発性視神経炎)についての内容です。小児視神経炎、MS/NMO関連、抗AQP4抗体、抗MOG抗体陽性例などに関しては別記事で。 概要・病態 視神経における炎症性疾患で、髄

  • 白内障手術の単焦点、多焦点レンズの比較 眼鏡使用、金額などを力説

    白内障手術を受ける人、そのご家族、単に興味がある人に向けて、多焦点とはなんぞや、単焦点とはなんぞやという疑問にお答えします。どっちがおすすめかはその人の生活環境が大きく関わりますが、現時点で自分なら単焦点+眼鏡でよいと思っています。記憶が定

  • コンタクトレンズをしている人の目はあまり綺麗ではないという事実

    コンタクトレンズ、ちゃんと適切に使っていますか? 適切に、品質の良いコンタクトレンズを使っている人はよいですが、そうでない人は要注意です。仮に適切に品質の良いコンタクトをしていたとしても、コンタクトをすることで、していない状態と比べると目へ

  • 緑内障禁忌薬の種類と原理と実際 既往を本人に聞く必要は少ない

    緑内障の種類と原理と、緑内障禁忌薬の原理と、実際の臨床でのパターンを理解すればタイトルで伝えたい意味がわかると思います。 臨床の本質的な話 基本的に、緑内障と診断が付いている場合(眼科通院歴がある場合)の緑内障は、だいたいは禁忌に当てはまり

  • うっ血乳頭 症状・原因・対光反射・髄液検査などについて

    うっ血乳頭(papilledema)について。 概要・病態 頭蓋内圧亢進により生じる両側性の視神経乳頭腫脹 脳脊髄圧が眼内圧よりも高くなることで、クモ膜下腔を介して視神経が圧迫され、軸索流が篩状板で途絶えることで軸索が腫脹し、軸索の内容物が

  • 子供の眼鏡の保険適用について 小児弱視治療用眼鏡等とは

    子供に眼鏡を作るとき、それが保険適用として眼鏡の購入代の7~8割が保険給付されることがあります。 要点は以下の通りになります。 9歳未満の子供であり5歳以上~9歳未満は2年に1回5歳未満は年1回小児治療用眼鏡指示書を発行することで、眼鏡、コ

  • 飛蚊症は動くし目を閉じれば消える!原因と治療は放置?

    眼科では飛蚊症の患者は非常にたくさんいらっしゃいます。飛蚊症とは何か、原因や治療などについてイラストを織り交ぜて書いていきます。 飛蚊症とは 飛蚊症とは病気ではなく、病気を含めて何らかの影響で、「蚊が飛んでいるように見える」という症状です。

  • 分層黄斑円孔 原因・症状・診断・治療について

    分層黄斑円孔(lamellar macular hole: LMH)について。 黄斑円孔、分層黄斑円孔などと紛らわしい。 概要・病態 黄斑部に非全層性の組織間隙や組織消失、網膜分離などを生じた状態。PVDが生じる際に非全層性の円孔があくと分

  • 偽黄斑円孔/黄斑偽円孔 原因・症状・診断・治療について

    偽黄斑円孔/黄斑偽円孔(pseudo macular hole: pMH)について。 黄斑円孔、分層黄斑円孔などと検眼鏡的には紛らわしい。 中心窩の黄斑前膜が収縮することで中心窩縁がせり上がり、中心窩の陥凹が急峻になった ...

  • 眼科専攻医1年目向け 眼科診療/疾患/対応マニュアル

    4月の新規眼科専攻医向けの内容です。施設ごとに慣習的な対応もあると思うので、細かいことは適宜それぞれの病院のオーベンに確認しましょう。 まず最初に残念なことに、眼科はかなり専門的な分野であり、初期研修医のときに学んできた ...

  • 瞼裂班 原因・症状・診断・治療について

    瞼裂班(pinguecula)について。 翼状片と関連のある疾患なのか?

  • 点眼薬(目薬)の1滴は何ml?1本で何日間使えるか

    点眼薬(目薬)についての豆知識と、どれくらいで点眼薬を使い切るかの目安を簡易計算して記載しました。 目薬1滴の滴下量は、40〜50μl(0.04〜0.05ml)と言われています。目薬のボトルは多くは5ml分入っています。 ...

  • 黄斑円孔(MH) 原因・症状・診断・治療について

    黄斑円孔(macular hole: MH)について。 黄斑の中心窩に孔が開き、中心暗点、視力低下などを自覚する。特発性、近視性、外傷性、続発性などがあるが、多くは特発性である。特発性黄斑円孔は、生理的な加齢現象である後 ...

  • 薬価からみた緑内障点眼比較 価格ランキング

    緑内障点眼は点眼薬のなかでも薬価=薬剤価格(値段)が高いほうです。それぞれ最終的に眼圧を下げることを目的としていますが、その作用機序は異なります。(作用などに関しては下記記事を参照。) 治療薬は効果、効能、副作用を加味し ...

  • 結膜乳頭腫 原因・症状・診断・治療について

    眼瞼結膜、球結膜にできる乳頭腫(conjunctival concretion)について。 重層扁平上皮が乳頭状に増殖した良性腫瘍。球結膜、瞼結膜どちらにもできる。他、皮膚、口腔内、喉頭、外陰部粘膜などに発生する。 幅広 ...

  • 眼科抗生剤点眼 細菌性結膜炎、感受性スペクトラムまとめ

    現在主に使われているであろう眼科抗生剤点眼の種類・特徴、結膜常在菌と主に結膜炎を起こす細菌の感受性、抗菌スペクトラムを記載しています。「この菌にはこの点眼」という形で記載し、他の教科書にはあまり載っていない切り口だと思い ...

  • 結膜嚢胞 原因・症状・診断・治療・手術について

    結膜嚢胞(conjunctival cyst)について。 結膜嚢胞は、病的に形成された液体成分の周囲を固有の上皮が覆っている(=「嚢胞」の定義)状態で、それが結膜化に存在している状態。多くは隆起している。 上記3つの内容 ...

  • 詐病(詐盲)と心因性視覚障害の違いと診察の注意

    詐病と心因性視力障害の違いについて。どちらも器質的な異常がなく、視力障害・視野障害をきたします。大きな違いとして、詐病の人は、必ず診断書を欲しがります。(病院書式、保険会社書式など) 保険会社から保険金を受け取ったり、何 ...

  • 眼窩脂肪ヘルニア 原因・症状・診断・治療・手術について

    眼窩脂肪ヘルニア(orbital fat prolapse)について。 眼窩筋円錐内の眼窩脂肪組織が、テノン嚢の脆弱部位から結膜下に脱出した病態。耳上側に好発する。片眼性、両眼性どちらもありうる。 多くは加齢に伴うテノン ...

  • 運転免許の更新忘れで失効、病気の場合は?再取得できる期間

    有効期限切れで失効した運転免許は、どのような理由でも失効後半年以内なら何とかなります。ただし、手続きによって「復活」できるのであって、期限を過ぎたらその間は「失効」しています(運転してはいけない)ので間違えないように。 ...

  • 緑内障の本質と正しい治療の仕方<治療をすぐ開始するな>

    緑内障という病気の根本と定義から、緑内障の治療の本来あるべき治療に関して考察します。タイトルの<治療をすぐ開始するな>は、進行が初期でリスクの低い人のことです。かなり進行していて中心視野がギリギリのような人にはすぐに開始 ...

  • 翼状片 原因・症状・診断・治療・手術について 

    翼状片(pterygium)について。pは発音せず、「テリジウム」みたいな発音になります。 結膜下の線維組織が異常増生して角膜上に侵入した病態をいう。鼻側結膜に生じることが多く、発症原因は不明だが日光(紫外線)や慢性刺激 ...

  • ものが二重に見える状態(複視)と、目のぼやけ・かすみの違い

    一般向け内容です。「目が見えにくい」となったとき、どのように見えにくいのかをはっきりさせ理解しておくことで、診断がスムーズになり、治療もスムーズになるので、眼科を受診する前にぜひご確認ください。 ポイントは、「片目を隠し ...

  • 水晶体の発生、解剖、機能・生理・代謝について

    水晶体の発生、解剖、機能・生理・代謝などについて。 水晶体は低酸素の環境により酸化ストレスの影響が少ないとされる。高濃度酸素療法や、硝子体術後などに、硝子体や房水内の酸素分圧が上昇することにより、核白内障が進行するとされ ...

  • 角膜の発生と解剖と機能 

    角膜の発生と解剖、機能について。

  • 医学と医療と民間療法、一般の人が知っておくべきこと

    医学と医療と民間療法、それぞれの特徴や注意点などに関して。 現代医学は西洋医学をもとにして成り立っています。現代医学は、体の構造、体の機能、生じた病気に対してその原因を究明し、診断法や治療法、予防法などを探求する学問です ...

ブログリーダー」を活用して、めめさんをフォローしませんか?

ハンドル名
めめさん
ブログタイトル
めだまにあ
フォロー
めだまにあ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用

フォローできる上限に達しました。

新規登録/ログインすることで
フォロー上限を増やすことができます。

フォローしました

リーダーで読む

フォロー