searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

多田野凡平さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
未来への運転
ブログURL
https://miraihe.blog.jp/
ブログ紹介文
良い時代を未来へつなげるため みんなで上手な運転を考えていきたい
ブログ村参加
2021/11/24
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、多田野凡平さんをフォローしませんか?

ハンドル名
多田野凡平さん
ブログタイトル
未来への運転
フォロー
未来への運転

多田野凡平さんの新着記事

1件〜30件

  • レジ袋有料化の撤回を

    ■ニュースから:20210312社会学者で作家の古市憲寿氏が、ツイッターでレジ袋有料化政策の撤回を求めた、とのことです。■古市憲寿氏のものの見方に賛成です。その一方で、このバカげたやり方を考えた政治家・役人は、今後さらにコンビニのプラスチックのフォークやスプーン

  • 森林を減らさない(環境の運転2)

    ■真の経済成長の要因のそのひとつ、国土開発は、線路拡張・道路敷設・工業団地・住宅地開発など自然破壊を伴うことが。宿命です。二酸化炭素を吸収し、酸素を作り出している森林の減少は自然環境を悪化させます。■いま皆さんの目の前では、リニア新幹線敷設のためにあたり

  • 原発ゼロへ(環境の運転1)

    ■ニュースから:20210313小泉純一郎、鳩山由紀夫、菅(かん)直人各元首相は東日本大震災、東京電力福島第1原子力発電所事故から10年となった11日、東京都内で開かれた脱原発集会に参加した。小泉氏は事故後原発について学び、国内の全原発が停止していた期間があった

  • 世界平和の仕組みを考えよう

    ■日本国憲法9条の戦争放棄は、どんな歴史的経緯で誰が作ったにせよ、この地球上では奇跡の憲法と思います。ですから北方領土・竹島・拉致問題等々を解決するにはあらゆる国際機関に対して協力を強く要請し、国際機関にその力がないなら、やむを得ず日本は奇跡の憲法を捨て、

  • コロナによる人口減の衝撃

    ■ニュースから:20210315コロナによる人口減の衝撃、米国は成長モデル失う米国は人口に関してはまだまだ増加の傾向にありましたが、コロナでなくとも人口減はやってきます。■良い時代の資本主義経済であっても、真の経済成長は次の三つの要素でしか実現しません。(305に記

  • 防衛とか自衛という名の戦争

    ■「集団的自衛権」という文言の実現・実行をめぐって、いろいろな分野・いろいろな立場のみなさんの論議をマスコミが伝えています。いつだれがこんな言葉を発明したのかはその筋の学者さんにお任せしますが、そもそも自国ではない他国の戦争への協力なのに自衛権ってあり得

  • 妻が稼ぐと家庭崩壊

    ■女性の社会進出という名文句ずいぶん昔のことになりましたが、多くの妻は趣味や子供のお稽古ごとの足しにとパートで働きはじめました。さらに女性の社会進出という名文句に乗って出産後も正社員として働きはじめました。ウーマンリブとかで女性自身も喜んで、労働組合も女

  • たとえば富岡製糸場の赤字

    税金の上手な使い方(運転)が出来ていない一例ですが、、、、、ニュースから:世界遺産「富岡製糸場」の2020年度の入場者数が、前年度比約63%減の16万人台にとどまる見通しになった。新型コロナウイルスの感染拡大で4、5月に休館したほか、年明けから首都圏など

  • 未来への運転:目次

    以下の記事名をクリックしてください309 たとえば富岡製糸場の赤字308 税金の運転・予算配分307 浪費政治の財務体質306 経済政策なんてさ305 真の経済成長を考える304 規制緩和は格差を増大する303 持続可能な資本主義の第一歩302 むかし読んだユートピアは301 良い

  • 税金の運転・予算配分

    以前、経済成長は次の三要素でできていたと述べました。1人口の増加2国土の開発(自然破壊)3自動車・家電製品・ネットなど基本的な生活行動の革命的道具の開発この三要素がそろって経済が高度成長していた頃、その良い時代の牽引車であった自然科学至上主義と経済至上主

  • 浪費政治の財務体質

    国の予算編成は、亭主の稼ぎが年収600万しかないのに出来の悪い女房が年間1000万の家計支出をしているようなものです。その間も刻々と赤字分の利息が増加を続けています。このような浪費政治によって残された財務体質とは、赤字国債が年々増加の一途です。マスコミなどがこれ

  • 経済政策なんてさ

    いまの経済政策なんて、貧乏な庶民が収めた税金で、お役人が予算の取り合い。建物や道路や線路を作ったり、諸制度を縦割りのまま馬鹿なシステム化をしたり・・・関連業界とその周辺が短期的に賑わう事業投資がありますが、その効果と言えば、成長の3要素がまだ働いている最中

  • 真の経済成長を考える

    真の経済成長は次の三つの要素でしか実現しないような気がします。1人口の増加 2国土の開発(自然破壊) 3 自動車・家電製品など基本的な生活行動の革命的道具の開発  この三つがピークを過ぎると経済が自然に停滞していませんか?ゲルマン民族が地中海沿岸に南下して

  • 規制緩和は格差を増大する

    瞬間的にその分野の資本が潤うだけの公共事業につぎこむ税金が乏しくなってきたら、K内閣のときのどこかのT先生が得意満面で規制緩和という経済政策の方向を提唱した。税金をあまり投入しない見事な政策によってマルクスが予言した資本の横暴を許し、弱肉強食を推進させ、あ

  • 持続可能な資本主義の第一歩

    資本主義の上手な運転の第一歩は、適切な資本規制だと考えられませんか?良い時代の要素であるはずの資本民主主義であっても、過度の規制緩和をやりすぎると、弱肉強食の独占資本を許してしまい、所得格差が異常に拡大して人間性を損ないます。なので持続可能な資本主義経済

  • むかし読んだユートピアは

    ■むかし家にあった大思想全集のユートピア文学を読みました。モアのユートピア・無何有郷通信、カンパネラの太陽の都などの理想郷文学。ほとんどが共産国家と感じました。その共産国家では私有財産観念をすべて否定しなければ制度相互に大矛盾が起きると思いました。お腹を

  • 良い時代から未来への運転を

    ぼくらはほんとうに良い時代に生まれたなぁと思っています。どうして良い時代と思うのか考えてみると、次の三つでした。(1)戦争のない日本(2)民主主義という国家の体制(3)資本主義という経済の制度人類は獣を追い、魚介を漁り、木の実をもぎ、農耕を会得し、手工業から

カテゴリー一覧
商用