searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

Yさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

繊細だわ…と思っていたが、まさかうつになるとはね。 完治するのか? それとも一生つきあっていくのか?うつと。

ブログタイトル
母と息子のうつ日記
ブログURL
https://kumorinochiseiten.muragon.com/
ブログ紹介文
中学生でうつになるなんて。 なんてこったパンナコッタ。
ブログ村参加
2021/11/01
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、Yさんをフォローしませんか?

ハンドル名
Yさん
ブログタイトル
母と息子のうつ日記
フォロー
母と息子のうつ日記

Yさんの新着記事

1件〜30件

  • 親には話したくないこと

    ついに病院に連れていくことになるのだが、どうしてこんなになるまで放っておいたのか、と自分でも思う。 放っておいたわけではない。 ただ、本人が病院に行きたがらないのを説得するのはすごく難しい。 小さい子どもではないから素直に言うことを聞かないというのもある。 病院に行く前、息...

  • 夜間休日診療

    次の日、わたしは出張の予定だった。 しかし、息子の様子がおかしく、ギリギリまで迷ったが事情を話して仕事を休むことにした。 出張先の店長も親身になってくれて、思わず泣きそうになる。 わたしが仕事を休んで家にいても解決するわけではないけど。 目を離してはいけない。 どうなるかわ...

  • 身体中の痛み

    疲れきったのか、寝ていた息子。 声を掛けたら「しんどい。動けやん。」と泣く。 「身体中が痛くて動けやん。」と泣く。 「病院に行く?」と聞いても「行きたくない」と。 病院に行きたくないと言われると、わたしより身体の大きい息子を無理やり連れていくこともできず…。 もう、どうしよ...

  • がんばりすぎた結果

    先生に話したことですっきりしたのか、明るくなった息子。 ある朝、「オンライン授業に出てみようかな?」と言い出した。 「いいんじゃない?」と、気が変わらないうちに急いでタブレットでオンライン授業に参加させる。 はじめは少し緊張していたが、すぐに慣れて楽しそうに授業を受けていた...

  • 親にできること

    先生に話を聞いてもらい、その日は見違えるように元気になった。 夕方、「きれいな景色が見たい」と言われ、山の頂上まで車で登った。 途中、すき家の牛丼を買って車で食べた。 山の空気は澄み渡り気持ちがよく、心も晴れやかに。 親としてできることって何だろう。 親に話したくないことで...

  • 先生へのSOS

    9月のある日、仕事から帰ったら、息子が布団で泣きじゃくっていた。 生きているのがつらい、と言う。 「何でも聞くから話して」と言っても話さない。 「誰か話を聞いて欲しい人はいる?」と聞いたら、学校の先生の名前を口にした。 担任の先生ではなかった。担任の先生のことは「何か言って...

  • 中学生なのに薬漬け

    息子がうつになって… やはり、うつ関係の本をよく読むようになった。 うつにならない、またはうつを脱出する為にある程度有効だと思う。 まぁ、どん底までおちてる時は本を読む元気もないだろうけど。 今日、メルカリで買った本が届いた。 薬に頼らず心身ともに元気を取り戻すために…って...

  • それって、思い込みです

    うつ、と診断される前くらいから、息子の性格がそれまでと違ってきたように感じた。 何だろう、、思い込みが激しいというか。 「友だちに嫌われた」 「友だちが冷たくなった」 「仲間はずれにされてる」 「無視される」 「それって、いじめなのでは?」と言うと、「もしかして自分に悪いと...

  • 死ぬ勇気

    「もしかして、死のうとした?」 「うん。でも、怖くてどうしてもできなかった。」 「それでいいんやよ。そんな勇気はなくてもいいから。」 夏休みは終わりに近づいていたが、「もう無理!新学期になっても学校に行きたくない!」と言い出した。 「そこまで嫌なら行かなくていいよ。」と言う...

  • もしかして……

    洋服をかけるラックに、フェイスタオル2枚を輪のように結んで掛けてあるのを見つけた。 まだまだ暑い日が続いていたので、汗を拭いたタオルを掛けたのか?と思い、深く考えずに洗濯機に放りこむ。   何日かして、今度は同じように輪になったタオルがカーテンレールに引っ掛けてあるのを見つ...

  • リストカット

    夏休みのある日、息子のいる部屋を覗いてみると、布団の中で泣いていた。 そばに、Aちゃんのだと思われるカッターナイフが落ちていて、手首には薄い線のような傷があった。 とりあえずカッターナイフを取り上げて隠す。 友だちのカッターナイフで、何故…。 その日から、何度も「病院に行こ...

  • 住めば都

    病院の食事の管理は徹底している。 食堂があり、そこで食事を取るらしい。 入院した当初、お菓子を差し入れしたら、食べないからと返された。 差し入れしたお菓子は詰め所預かりになり、3時のおやつの時間にだけ食べられるそう。 食べるのも部屋ではなく食堂。 食事の管理がきちんとされて...

  • 食の大切さ。

    旭川でいじめにあった女の子が自殺した事件があった。 もしいじめにあって、辛い思いをしたら…話してね。 学校なんていかなくていいから。 学校より命が大切だから。 そう、息子に話した。 息子は「自殺するって、別に死にたいんじゃないんやと思う。ただ、生きていくのが辛いんやよ。生き...

  • 入院費用

    今現在の息子の状況。 精神科に入院して2ヶ月。 先生から見た息子の様子も知りたいし、退院に向けての話もしたい。 受験もあり、息子は1日も早く退院したいと言うので、先生と話したいと病棟に伝えた。 先生と話す為には外来の予約を取らなければいけないと言われ、やっとのことで予約が取...

  • 夏休み

    夏休みに入ったが、宿題はほとんどしていないように見えた。 学校での自由参加の補習授業に参加の予定も入れていたのだが、初日しか参加できなかった。 「頭が痛い」「体がだるい」そう言って、どこにも行かずに一日中家にいた。 友だちと遊ぶとか、一緒に勉強するということもなく…日々が過...

  • 自分よりも他人が主体

    「通話するのはやめることにした。勉強もしたいし…。もう通話をやめようって言ったら泣かれてしまった。」 息子は息子なりに色々考えたのかも知れない。 それとも、Aちゃんと仲が良すぎる、好きなのかなと思ったのはわたしの勘違いだったのか? でも結局、やめたのは1週間くらいで、また通...

  • 素人は所詮素人

    誰かを元気づけたいという気持ちはわかる。 でも、病んでいる人を元気にするのは素人には難しい。 息子がうつになって、心からそう思った。 少しくらいの気持ちの落ち込みと、病的なものとの見極めも難しい。 精神科医やカウンセラーとかなら… 大丈夫かもしれないけれど。 素人が下手に慰...

  • 不思議な関係

    はじめは息子とAちゃんとNちゃん…の3人だったのが… 段々、息子とAちゃんの2人で話したりしていることが多くなる。 Aちゃんの親は何も言わないのかな? 遅い時間でも平気で話しているので、やんわりと注意してやめさせたりしていた。 わたしは仕事から帰ってくる時間が遅いので、晩ご...

  • Aちゃん

    中3になった息子。 行きたい高校があるので、勉強はがんばっていた。 成績は中の上。 クラスはいまいち…といった感じだったが、仲の良い子もいた。 ここでまた女の子登場。 その子には彼氏がいた。 彼氏は、息子の小さい頃からの幼なじみ。 女の子、Aちゃんは、ちょっとメンタルが弱い...

  • 自己肯定感って

    2021年、息子は中学3年生になった。 2年生の時、仲良かった友だちと離れて残念がっていた。 クラスは違っても、変わらずに仲良くしたらいい。 しかし、性格上押しが弱い息子。 仲良くしてた子が、他の子と仲良くしているとその中に自分から入っていけない。 向こうが気づいてくれて、...

  • 番外編、「読者登録」

    こんにちは。 ちょっと番外編です。 こちらのブログは、書くのを専門にしたいので、コメント欄も閉じてます。 読者登録もしないつもりです。 ただ、公開で読者登録してくださった方のブログや、その他、うつに関する興味深いブログは、もうひとつのブログのほうで読者登録させていただきます...

  • 他人事。

    我が家は長男も不登校児であった。 朝になると微熱が出て、休ませて。 中2から3年間は引きこもった。 同級生より1年遅れて夜間の定時制高校に4年間通った。 職は転々として、再び引きこもった時期もあったが、職業訓練校に通い、資格を取り、今は落ち着いている。 次男は普通(?)に中...

  • 誰もが通る道

    プチ不登校からは、ほぼ脱出した。 ……と、その時は思った。 普通に学校に行けるようになると、行けなかった時の、あの憂鬱で重苦しい気持ちは忘れてしまう。 喉元過ぎれば…ってやつだ。 「1年生の時、どうして学校に行けなかったの?」と聞いたら「よくわからないけど、クラスが嫌だった...

  • 充実していた2年生の頃

    コロナの休校も終わり、2年生になった。 2年生になったら、朝も起きられるようになり睡眠導入剤なしでも眠れるようになった。 学校に行けなかったのが1年生の時でよかった。 これからがんばれぱ、受験も大丈夫。 元々、勉強はできたほうなので、休みがちで遅れていた勉強もすぐ取り戻した...

  • 人を好きになりすぎる

    ネットで付き合ってる女の子。 ご両親共に夜遅くまで働いているらしく、息子と長い時間、チャットのアプリで話していた。 コロナで休校になり、話す時間も長くなった。 女の子は、母親に、テストの結果が悪かったからしばらくスマホやゲームを禁止されていたらしい。 でも、親に隠れて息子と...

  • 留守番

    息子には小さい頃から1人で留守番をさせていた。 小学校低学年の時は、放課後は学童保育。 土曜日は月に2回だけ学童保育があり、日曜日は学童なし。 学童がない日は、車で往復1時間のところに住む、わたしの母の所へ預けていた。 母は、実の母ではなくて父が再婚した後妻。 父は何年も前...

  • 胸の痛み

    息子がよく言っていたのが「胸が痛い、心臓が痛い。」 それも精神的なものだろうなというのは見ていてわかった。 学校の健康診断にも引っかからなかったし、病院でも特に何も言われなかった。 タイミングが良かったのか悪かったのか、コロナで学校が休校になる。 息子はオンラインゲームで知...

  • 中学生に睡眠導入剤

    おねしょをしたのは1日だけだった。 それにしても…びっくりした。 部活のトラウマかも…と思った。 その日から徐々に睡眠がおかしくなる。 「昨日の夜眠れなくて…頭が痛い。」と言うので学校を休ませる。 学校に行ける日もあったが、帰宅して夕方眠くなり寝てしまう。 夜遅い時間に起き...

  • 部活での出来事

    肝心な事は言わない。 これは昔見てもらった霊能者さんに言われたこと。 「あなたは肝心な事を言わない人だね。」と。 「息子さんもそう。肝心な事は言わない子だね。」 人が心配するような事は言わない。 自分のことは自分で解決しないと。 いつもそうやって生きてきた。 どうやら息子は...

  • 繊細すぎる息子

    中学1年生の時の息子。 部活の朝練で体操服で登校。 学生服を持っていくのを忘れた。 その日は全校集会があり、学生服を忘れたことで生徒指導の先生にかなり厳しく叱責された。 職場に担任の先生から電話があり、「すみませんが、学生服を届けてもらえますか?」と。 確かに忘れたことは不...

カテゴリー一覧
商用