searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

沙羅双樹さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
祈りと開運
ブログURL
https://60honeylife.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
人生を好転する「祈りと開運」の研究と実践。そして、「幸福なシニアライフの送り方」「管理人の日記」にも言及します。このブログを読んで多くの方に幸福になってほしいと願っています。
利用SNS・
コンテンツ
Twitterアイコン

Twitter

https://twitter.com/CheckmateYuka
ブログ村参加
2021/11/01
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、沙羅双樹さんをフォローしませんか?

ハンドル名
沙羅双樹さん
ブログタイトル
祈りと開運
フォロー
祈りと開運

沙羅双樹さんの新着記事

1件〜30件

  • 「かつては資産数十億円のすごい実業家だった」という気持ちで掃除のアルバイトに行く。

    私はマンション管理のアルバイトをしている。聞こえは良さそうだが実は掃除である。汚い所の汚れ落としや、ごみ箱のゴミの後片付けの専門職だ。「このあたりキレイにするように」などと指摘されると、それがとんでもない所だったりして実は泣きたくなっている。そんな時に心の支えになるのが、以前読んだ「税金を大量に取られて会社をつぶしてしまったすごい実業家たちの話」だ。もっとも脱税していたからそんなふうになったわけだ...

  • 最重要のテーマ。神仏に祈願すれば金持ちになれるのか。

    人生で極めて重要なテーマは、「お金」だ。お金が原因で、家庭不和、自殺、さらには国家間の戦争が発生する。すべてお金が原因とは言えないが、その多くはお金だ。お金さえあれば、多くの不幸や災厄が防げる。青木雄二氏の漫画にこういうシーンがあった。家庭が荒れてどうしようもない中年サラリーマンがあることでお金を得る。そうすると、奥様の愛想が良くなり、子供も勉強をするようになった。その男は、居酒屋で酒を飲みながら...

  • 奇跡の体験。某宗教団体の「病気治し」で苦しい疾患が再発しなくなった話。

    これもまた10年ほど前の話だが、私はある宗教団体を訪ねた。神道系の評判のいい宗教団体だ。ここでもその宗教団体の名前は伏せておくけれども、話を読んでいるうちに、ご存知の方は「あそこのことだな」とお分かりになるはずだ。当時、私はひどい疾患に苦しんでいた。外耳炎が何度も再発するのだ。ひどいもので、耳が巨大に腫れ、40度ほどの高熱が発する。これがぶり返す。耳鼻咽喉科へ行くと、解熱剤、抗生物質が処方される。薬の...

  • お寺で見た切実な願いこと。その願い事は私の身にも切実になって来た。

    10年前、千葉県某所に存在する不動明王を祀る寺院を訪ねた。ここには山の斜面に鹿がいた。10年も前のことなので、今も鹿がいるかどうかはわからない。私鉄の駅名にそのお寺の名前がついているのだが、駅から歩くと少々距離があった。ここではあえてその寺の名前を公開しないが、お近くにお住まいの方は言わなくても「あそこのお寺だ」とお分かりになるはずだ。広い境内に人気はなく、私はゆっくりと散策を楽しむことができた。本堂...

  • 久々に雀魂をやってみた。手ごたえは良かった。

    このブログは「祈りと開運」がテーマなんだけど、麻雀はほぼ祈り状態ですね。「こっちの牌来い」とか「通れ」とか。鷺沢萌さんが「祈れ、最後まで」という麻雀エッセー本を書いてたし。ということで、リアル麻雀はコロナが怖いので雀荘へ行ってませんから、久々に雀魂を打ってみた。2回。3位1回1位1回。4位にならなければポイントのマイナスは少ないのでそれでいいんです。もっとやってもいいのだが、疲れるし飽きる。疲れて...

  • 窓辺のガーデンシクラメン。

    今年もまた窓辺のガーデンシクラメンが咲いた。私は季節の中では一番冬が好きだ。息を吸うと肺に入ってくる空気の冷ややかさが好きだ。電車に乗っていると遠く西にはっきりと関東山地の山並みが見えるのが好きだ。猫が布団にもぐってきて一緒に寝てくれるのが好きだ。 アマゾンキンドルから本を出しました。...

  • 昭和50年代の喫茶店やスナックがひどく懐かしい。ただのレトロ趣味というのではなく。

    写真はナオちゃん。顔を洗っています。昭和50年代にはあちこちに個人経営の喫茶店やスナックがあった。こじんまりとして、家庭的でどこかおちつく店。それが今はあまりない。ネットで喫茶店で検索すると浅草界隈には時々存在する。すべて私が一度は入った店ばかりで、多くの人が高評価をつけている。誰もがそういう店は好きなのだ。ママの手作りのちょっとした料理がうまい。先日も千葉県我孫子市のある喫茶店に久々に入ったら、...

  • 感謝日記① 2021.12.04

    感謝日記をやるといいらしいというのはもう何十年も前から言われている。実行している人は少ないと思う。日記自体を実行できないのだ。最初の二、三日はやる。手ごたえがないからばかばかしくなってつまらなくなってやめてしまう。しかし、続けている人もいる。ネット上で日記を公開している人たちだ。この人たちの日記が続いている。なぜ続くのか。ある人に聞いてみた。こういう答えが返ってきた。「アンネの日記もそうなのだが、...

  • 釣りの話。朝マヅメ、夕マヅメ(ゆうまづめ)。

    一時釣りに凝ったことがあった。あの頃は、公私ともに厳しい状況にあった。苦しくなればなるほど、釣りに気持ちが向いた。逃避だったのだろう。釣りがあったからこそ、あの頃の厳しい状況を乗り越えられたとも言えなくもない。書店では釣りの本を買った。勤めの帰りには、大型釣具店へ寄った。休日は、淡水、海水、どちらかの釣り場へ行った。釣りをしていて、朝マヅメ、夕マヅメ(ゆうまづめ)という言葉を知った。朝マヅメ夜明け...

  • 神様仏様に願いを叶えてもらう方法① 複数の神様仏様に願い事をしてもいいか? 

    私は、神様仏様といった「目に見えない世界にお住まいになる聖なる方たち」がたいへんに好きで、よく神社仏閣へ行ったり、時には新興宗教の方にもお話を伺ったりして、見識を広げているのですけれども、こんな私にいつもついて回る思いは、「複数の神様仏様に願い事をしてもいいのだろうか」ということです。私の現在の結論は、「願い事は、自分と気の合う神様ないし仏様、おひとりだけにした方がいい」これです。いろいろなご説は...

  • 冬の就寝時に気をつけたいこと

    冬の就寝時には、寝ている間に体温が低下するのを防ぐのが肝要です。寝ている間に体温が低下してしまうと、翌朝、起床した時に脳の血管が破裂してくも膜下出血を起こしかねないからです。就寝時には次のものを身につけてお休みください。① ネックウォーマー首を暖めるだけでかなり体温を保持できます。マフラーよりもネックウォーマーの方が就寝に楽です。② ニットの帽子大きめのものにして、寝ている間に脱げてしまわないように...

  • 199式侮りがたし。今さらながら199式の魅力に触れる。「なぜかお金が入ってくる」

    実は昨夜は、いろいろと心に去来するものがあってなかなか眠れなかった。去来するものもあるうえに、午前二時ごろにはまた地震も来たのでなおさら眠れなくなった。眠れないのでさらに良くないことにあれこれとネットを見ていたが、これでますますブルーライトで眠れなくなったのだが、199式について語っているHP、ブログ、youtubeに多く触れることができて、特に、youtube音声を聞きながら、手帳にその言葉をメモして、書いた言...

  • 胃カメラは麻酔派? 麻酔しない派? どっちの胃カメラが好き?

    あなたは、胃カメラ、麻酔派ですか? 麻酔しない派ですか?私は、大きな病院で全身麻酔(?)、なんか軽く一瞬無になってしまう麻酔、をやって胃カメラしてもらいます。あの、無になる瞬間が好きです。目が覚めた時には胃カメラは終わっています。終わっても、しばらくは台の上にいます。台を移動してもらって別室に行って、様子を見て起き上がります。しかし、「うちは麻酔しません」という大病院もあります。個人医院だとなおさ...

  • 東京の人って丈夫ですよね。どうしてあんなに足腰丈夫かね。

    たまに東京へ行くとですね、驚いちゃうんですよ。まだ浅草あたりの方はいいとしてですね、渋谷とか新宿の方ですよ。特に渋谷かな。銀座あたりもそうなんだけどね。座って休む所がないんだよ。トイレも見つかりにくいよね。トイレ発見アプリなんてあるけどさ、それだけ発見しにくいってことだよね。立って歩いてなくちゃなんない。駅も混んでてわかりにくいしさあ、休むのは喫茶店で、喫茶店も高いじゃないの。しかも、混んでるんだ...

  • 脚が疲れちゃって困っています。

    脚が痛い。たまに外出すると、脚が痛くなる。日頃寝ているから、筋肉が落ちたのか、骨が弱くなったのか。かつて入院した時に、退院したらこんな感じだった。すると、現在は、健康だが自宅入院状態か。外出したくないしね。危険なこと多いし。電車で刺されるんだろ?コロナ移るんだろ?寝てた方がいいよ。どっか行っても金かかるだけだ。まずね、こんな俺が外出すると、呼吸が苦しくなるところから始まる。肺に空気が入る感じで、肺...

  • 週刊新潮を買って、「だんだん蜜味」を読んだ。

    マンション管理のアルバイトの後でコンビニに寄って週刊新潮を買った。目論見は、「壇蜜のだんだん蜜味を読んで、文章修行をすること」。文章修行と言うと、明治時代の文学青年のようではあるが、そろそろ私のブログも多くの人に読まれるようになってきたので、少し文章に磨きをかけて、見栄を張ろうと思ったのだ。それには、誰かうまい人の文章を模倣しようと。真っ先に浮かぶのが、壇蜜。この人の文章はうまい。繊細さ、色香、文...

  • ブログ二か月目に入りました。ネット上に「知の資産」を築いています。

    ある女性アフィリエイターがおもしろいことを言っている。「ブログを書き続けることは、ネット上に資産を築いていくこと。twitterなどのSNSは古いものは読まれないので価値がなくなっていくが、ブログは古いものでも読まれるので、資産としての価値がある」この言葉の意味するところは、「ブログに書いた記事は古いものでも読まれるから、アフィリをやって紹介したものが売れてお金になる。ブログを書き続けることは、いつまでもお...

  • 人の本心が見える三つの瞬間。ここを観察して敵の腹を探る。

    うわべだけ取り繕っていても、その人の本心が垣間見える瞬間が3回ある。① こちらが寝たふりをしている時。これは、漫画家の青木雄二がエッセーに書いていたテクニックだ。「タクシーで酒に寄って寝たふりをする。同乗の人たちがどういうことを言うか耳をそばだてて聞く。彼らの本心が見える」こういうものだ。私はタクシーで人と同乗することはあまりないが、別の時に寝たふりをしているといろいろと面白いことを言っているのが...

  • 今日の日記。土砂降りの朝から快晴に。

    午前五時に目が覚めた。土砂降り。猫がどうしても外に出るというので出したら、10分くらいしてずぶ濡れで帰ってきた。タオルで拭いてやったらかなり喜んだ。何かの警報、たぶん大雨洪水、が出たようだがまったく影響なし。お昼ごろ、隣の駅まで歩いて行って、県民手帳を買った。そんなものは買わないのだが、数年前に税理士が言った「県民手帳を使っている。県民手帳を見れば何でもわかる」その言葉が引っ掛かっていた。ネットで見...

  • 麻雀必勝法。フリー雀荘と「健康麻雀やネット麻雀」は違う。

    私は大の麻雀マニアだ。将棋も好きだが、麻雀も好きだ。ずいぶん麻雀はやった。頭に「狂」がつくほどの麻雀マニアだ。このブログで、現在の私流「麻雀必勝法」を書いておきます。全国8000万人の麻雀ファンの皆様の参考になるかと思います。①・フリー雀荘と「健康麻雀やネット麻雀」は違うことを認識しておくフリー雀荘は、皆、打牌がからい。甘い牌など誰も1枚も打ってこない。点数がへこんでいても、無謀な打牌をしてくる人など一...

  • 将棋ウォーズ2級。最近の必勝法。

    将棋ウォーズをずいぶんやっている。2級で停滞している。10分切れ負けと10秒将棋で2級で1級に昇級できない。もうすぐ1級になれるという勝率80パーセントあたりから、2段とかの人が出てきて負けてしまう。勉強もかなりした。・次の一手問題集を繰り返し解く。・将棋ソフトの導入。・将棋雑誌の購読。・棋譜並べ。・定跡書を読む。・詰将棋だが、1級になれない。壁がある。しかし、このところ調子がいい。見えてきたもの...

  • ブログを一ヶ月続けて、100記事以上書いてわかったこと。

    11月1日からブログを始めて、ちょうど一か月たった。いろいろと見えてきたことがあるのでここにそのいくつかを書いておきたい。① 好きなものを書けばいいランキングなどに気を使いながら、「こういう記事なら読まれるだろう」と考えて書いた記事ほど読まれない。また、自分で書いていてもつまらない。好きなものを好きなように書いていった方が、自分でも楽しいし人にも好感を持ってもらえる。「自分と相性のいい人だけが来てもら...

  • この子を守らなくてはならない。

    6年前に公園で拾ってきたこの子。たぶん、野生の猫。拾ってきた時は、暴れて、どう猛で仕方なかった。今はこうやって私と一緒に布団で寝る。起きている時は、いつも私の足元にいる。離れない。この子を守らなくては。なにがなんでもこの子を守らなくては。私自身、ガードを堅くして、コロナに感染しないで、お金も守って、そうしないとこの子を守れないから。この子が亡くなるまで10年くらいか。長生きすれば15年。私も健康とお金...

  • 寄るな触るな手を出すな、俺の老後に口出すな。

    どうもこう今までの人生を振り返ってみますと、親や他人にあおられて無理をして生活してきたような気がしてならないのです。・学生の頃勉強しろ、勉強しろ。クラスで何番にならなくちゃダメだ。・学校を卒業してしっかり勤めに行け。辞めるなんて思うな。・結婚して家庭を大切にしろ。だからと言って仕事をさぼるな。むだ使いしないで仕事をしろ。・子供ができていい父親になれ。遊んでばかりいるな。・子供が成長して現実を見ろ。...

  • 不幸な人ほど人の悪口を言う傾向にあるようです。

    私は60年以上生きてきましたが、その中でわかったことは、「不幸な人ほど人の悪口を言う傾向にあるようだ」ということです。しょっちゅう悪口ばかり言っていて、体の一部を針で刺せば、悪口がぷしゅーっと漏れてくるんじゃないかというような人もいます。男女限らずです。若い人でも年配の人でもいます。だいたいそういう人は、不幸で恵まれない日々を送っています。一時的には、勢力を持つことはあるのですが、長く続きません。家...

  • ガーデンシクラメン。冬の楽しみ。

    寒くなってきました。冬の楽しみは、ガーデンシクラメンの開花です。窓辺に置いて、新しいつぼみが首をもたげてくると嬉しくなります。強い植物なので、何年もそばにいてくれます。美しい生命に感謝しています。...

  • サンスベリアの場所を変える。

    午後は、西側の窓辺に置く。寝る時は、寝室で一緒に寝た。これで、一緒に寝るものは二つとなった。布団の中で一緒に寝る猫と、枕元に置くサンスベリアだ。こうやって大切にしていれば、猫もサンスベリアも長く生きることだろう。...

  • デンタルクリニックの治療椅子に座ると、「あまり長く生きられないな」って思ってしまう。

    私は60代になっているが、かなり若々しいのだ。人から、「いつも元気そうですね」って言われる。そのたびに、「絶好調です」なんて答えて、「いいなあ」って言われる。でも、「あと少ししか生きられないんじゃないかなあ」って悲観的になることもあって。それは、歯科医院、デンタルクリニックの治療用の椅子に座った時だ。まず、レントゲンが画面に映し出される。レントゲン写真には、治療の跡だらけの私の口の中が映し出されてい...

  • ブログのタイトルを変えた。「猫とカフェオレ」

    ブログのタイトルを変えた。「猫とカフェオレ」って、写真は、クリームソーダなんだけど。前のタイトル「シニアのなんたらかんたら」では、あまりに黄昏て、余命数年みたいな感じがして、それに、読者も増えないような気がして、だいたい、そんなに年配の人がブログ見るかね、いや、パソコン自体、そんな気がして、タイトルを変えたのでした。 この写真は、少し前に行った足立区の西新井大師。「あまり広くなくておちつく」そう教...

  • 愛すべき我が雀友たち。麻雀の友が真の友。

    こんな諺があるね。  「その人を知りたければ、その人の友人を見よ」 こんなことも言われるね。 「貴方の年収は、貴方の友人たちの年収を平均した額」  じゃあ、なにかねえ。 麻雀卓を囲んでいる人たちと、自分は同じようなものなのかねえ。 人間的にも、経済的にもさ。 そうかもしれないなあ。 私の雀友はこういう人たちなんだよね。 ・うだつが上がらないヨレヨレのサラ...

カテゴリー一覧
商用