chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
歴史愛~歴史を学び、実生活を豊かにする~ https://ameblo.jp/joshuwashiya/

「温故知新」とは言いますが、世の中を見渡すと表面的な教訓ばかりでイマイチ実生活に活かすことのできない解説ばかりです。歴史的な出来事を、具体的な行動に置き換えて実生活をより豊かにし、願望を実現する手助けになるように翻訳していきます。

鷲谷 城州
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2021/10/26

1件〜100件

arrow_drop_down
  • 『麒麟がくる』第29回―押領とは何か

    Kohji AsakawaによるPixabayからの画像※こちらの記事は、令和2年12月6日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回は今年の大河ドラマ『麒麟…

  • 『麒麟がくる』第9~10回―土岐一族とは/織田家の血縁関係

    ※こちらの記事は、令和2年4月14日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回は今年の大河ドラマ『麒麟がくる』第9~10回)に関しての楽しみ方を解説したいと思…

  • 烏森神社

    ※こちらの記事は、平成20年6月12日に書かれたものです。烏森神社(からすがもりじんじゃ)都内にも同名の神社がありますが、僕が行ったのは那須塩原(なすしおばら…

  • 小豆坂の合戦-つべこべ言わず決断せよ

    ※こちらの記事は、令和元年10月13日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回は「ビジネスに活かす戦国合戦術」第4弾として「小豆坂(あずきざか)の合戦」につ…

  • 三増峠の合戦―撤退は計画的に

    ※こちらの記事は、平成31年2月27日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回は「合戦における戦術について」シリーズの第8弾ということで「三増峠の合戦」につ…

  • 『真田丸』、面白くなってきたか?(16~17回)

    Sangyeon YuによるPixabayからの画像※こちらの記事は、平成28年5月22日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回は大人気大河ドラマ『真田丸…

  • 『麒麟がくる』第38回―斎藤内蔵助について

    ※こちらの記事は、令和3年2月20日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回は令和2年の大河ドラマ『麒麟がくる』第38回に関しての楽しみ方を解説したいと思い…

  • 言葉と人間の本質を見極めた「人間学」―山岡荘八『徳川家康』第3巻

    ※こちらの記事は、令和2年7月23日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回は山岡荘八氏の大作『徳川家康』(全26巻)の草創期である第3巻「朝露の巻」のご紹…

  • 大航海時代に日本が侵略されなかった理由(1)―ヨーロッパと日本の距離について

    ※こちらの記事は、平成29年3月13日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回は『哲学ニュース』というブログの「大航海時代に日本が侵略されなかった理由www…

  • 武家や公家の名前について

    ※こちらの記事は、平成29年2月1日に書かれたものです。皆さんこんばんは。この記事を書いている1月3日現在では、幕末北越戦争で活躍した河井継之助が話題になって…

  • 『真田丸』、幸村が信繁なら勝永は吉政では?(第41回)

    Y HOSOKAWAによるPixabayからの画像※こちらの記事は、平成29年4月18日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回は半年前に放送されたNHK大…

  • 林陸朗『古代末期の反乱』

    ※こちらの記事は、平成20年11月15日に書かれたものです。こんばんは。今回はまた教育者歴史新書なんですが、林陸朗氏著の『古代末期の反乱』について。古代とはつ…

  • 「摂政」の歴史

    ※こちらの記事は、平成28年9月26日に書かれたものです。みなさん、こんばんは。近ごろ(8月中旬)、天皇陛下のご譲位(じょうい)の件で「摂政(せっしょう)」と…

  • 『いだてん』、前半戦終了!(第23~24回)

    ※こちらの記事は、令和元年7月17日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回は今年の大河ドラマ『いだてん』第23~24回の感想です。まずはあらすじ。金栗四三…

  • 『西郷どん』、まだ面白い!(第6~10回)

    ※こちらの記事は、平成30年5月19日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回は平成30年の大河ドラマ『西郷どん』第6~10回の感想です。※記事下部に武家や…

  • 新井城の戦いから学ぶ―慎重に準備し、且つ大胆に行動すべし

    ※こちらの記事は、令和2年9月1日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回は「ビジネスに活かす戦国合戦術」第27弾として、以前言及した「新井(あらい)城の戦…

  • 第二次高天神城の合戦-勝者の戦法を徹底的にトレースせよ

    ※こちらの記事は、令和2年6月9日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回は「ビジネスに活かす戦国合戦術」第19弾として「第二次高天神(たかてんじん)城の合…

  • 司馬遼太郎『関ヶ原』中

    ※こちらの記事は、令和元年6月3日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回は3年ぶりのブックレビューでして、しかも3年前に読み終わって返してしまった本につい…

  • 『青天を衝け』第5回―藤田家について

    ※こちらの記事は、令和3年5月3日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回は令和3年の大河ドラマ『青天を衝け』第5回に関しての楽しみ方を解説したいと思います…

  • なぜ漢文を習うのか?

    ※こちらの記事は平成29年12月10日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回は「日本では当たり前の『漢文』に中国人驚愕『要求高すぎでしょ』」という記事を読…

  • 『西郷どん』、不覚にも感動しました(第46~47回)

    ※こちらの記事は、平成31年1月18日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回は平成30年の大河ドラマ『西郷(せご)どん』第46~47回の感想です。※記事下…

  • 鶴岡八幡宮を味わう(3)―源平池とゆかりの人物

    ※こちらの記事は、令和2年8月8日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回は断続的に続いている「鎌倉(かまくら)旅行シリーズ」の第7弾で、「鶴岡八幡宮(つる…

  • 鎌倉ですごい神社を見つけた!(甘縄神明神社)

    ※こちらの記事は、平成28年6月1日に書かれたものです。この間の連休で鎌倉(かまくら)に行ってきました。僕は歴史が好きなので、神社仏閣、城郭が好きなのですが、…

  • 耳川の合戦ー諍臣を愛せ

    Alek AuddyによるPixabayからの画像※こちらの記事は、令和元年9月11日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回は新シリーズ「ビジネスに活かす…

  • 笠谷和比古『関ヶ原合戦―家康の戦略と幕藩体制―』

    ※こちらの記事は、平成19年6月26日に書かれたものです。まぁこの本は一般書とかではなく、普通に学術論文なので歴史史料の引用があって当たり前なのだが(ないと説…

  • 『青天を衝け』第14回―島津家について

    ※こちらの記事は令和3年7月6日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回は令和3年の大河ドラマ『青天を衝け』第14回に関しての楽しみ方を解説したいと思います…

  • 桜木町

    ※こちらの記事は、平成20年12月20日に書かれたものです。こんにちは。今回は横浜(よこはま)の「桜木町(さくらぎちょう)」についてです。ランドマークタワーな…

  • 第一次高天神城の合戦-場を俯瞰する

    ※こちらの記事は、令和2年5月8日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回は「ビジネスに活かす戦国合戦術」第17弾として「第一次高天神(たかてんじん)城の合…

  • 姉川の合戦-即座に方針転換する

    ※こちらの記事は、令和2年1月1日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回は「ビジネスに活かす戦国合戦術」第9弾として「姉川(あねがわ)の合戦」について書き…

  • 『真田丸』、今回は悪くない(第40回)

    ※こちらの記事は、平成29年4月6日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回は平成28年の大人気大河ドラマ『真田丸(さなだまる)』の第40回「幸村」について…

  • 『関八州古戦録』

    ※こちらの記事は、平成20年10月15日に書かれたものです。こんばんは。今回は『関八州古戦録(かんはっしゅうこせんろく)』という本についてです。これは、享保(…

  • 穴八幡宮

    ※こちらの記事は、平成29年1月24日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回は東京都新宿区早稲田(とうきょうと・しんじゅくく・わせだ)にある「穴八幡宮(あ…

  • 今山の合戦―意識を向ければ情報が入る

    ※こちらの記事は、令和元年8月26日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回は新シリーズということで「ビジネスに活かす戦国合戦術」第1弾として「今山(いまや…

  • 『麒麟がくる』第40回―松永弾正の茶器

    ※こちらの記事は、令和3年3月4日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回は令和2年の大河ドラマ『麒麟(きりん)がくる』第40回に関しての楽しみ方を解説した…

  • 『真田丸』、木村重成に注目すべし!(第43回)

    ※こちらの記事は、平成29年5月28日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回は去年のNHK大河ドラマ『真田丸(さなだまる)』第43回「軍議」についての感想…

  • 『麒麟がくる』第5~6回―当時の京都の情勢

    ※こちらの記事は、令和2年3月13日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回は今年の大河ドラマ『麒麟がくる』第5~6回)に関しての楽しみ方を解説したいと思い…

  • 各合戦の動員人数について(6)第二次国府台の合戦

    ※こちらの記事は、平成30年4月9日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回は「各合戦の動員人数について」シリーズの6回目で「第二次国府台(こうのだい)の合…

  • 佐伯有清『古代の東アジアと日本』

    ※こちらの記事は、平成20年10月21日に書かれたものです。こんばんは。今回は教育社歴史新書の第1弾である佐伯有清氏著の『古代の東アジアと日本』という本につい…

  • 『麒麟がくるまでお待ちください』第4回―羽柴藤吉郎の名称

    ※こちらの記事は、令和2年8月20日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今年の大河ドラマ『麒麟がくる』に関しての楽しみ方を解説していたこのシリーズですが、ド…

  • 安本美典『卑弥呼の謎』

    ※こちらの記事は平成19年6月7日に書かれたものです。これも高校生くらいのときに読んだ本。偉大なる歴史学者安本美典氏が書名の通り「卑弥呼の謎」に挑戦した名著。…

  • 『いだてん』、さらに感動した(第9~11回)

    ※こちらの記事は、平成31年4月8日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回は今年の大河ドラマ『いだてん』第9~11回の感想です。まずはあらすじ。新橋(しん…

  • 円覚寺(1)―元寇が生んだ禅寺

    ※こちらの記事は、令和2年11月28日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回は断続的に続いている「平成28年 鎌倉(かまくら)旅行シリーズ」の第8弾で、「…

  • 石山合戦から学ぶ―「理念」のもつパワー

    ※こちらの記事は、令和2年8月28日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回は「ビジネスに活かす戦国合戦術」第26弾として、「石山合戦(いしやまがっせん)」…

  • 『麒麟がくる』第36回―足利家について(1)

    ※こちらの記事は、令和3年2月4日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回は令和2年の大河ドラマ『麒麟がくる』第36回に関しての楽しみ方を解説したいと思いま…

  • 本能寺の変に学ぶ―覚悟を決める

    ※こちらの記事は、令和2年12月2日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回は「ビジネスに活かす戦国合戦術」第35弾として、「本能寺(ほんのうじ)の変」につ…

  • 鳥取城の戦いに学ぶ―長期戦を避けるべし

    ※こちらの記事は、令和2年10月31日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回は「ビジネスに活かす戦国合戦術」第33弾として、「鳥取(とっとり)城の戦い」に…

  • 『青天を衝け』第3回―平岡家について

    ※こちらの記事は、令和3年4月21日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回は令和3年の大河ドラマ『青天を衝け』第3回に関しての楽しみ方を解説したいと思いま…

  • 歴女にクローズアップしてほしい武将

    ※こちら記事は、平成21年7月8日に書かれたものです。ここ1、2年(※)の「歴女ブーム」に乗っかって、「歴女にクローズアップしてほしい武将」を5人くらい挙げて…

  • 『麒麟がくる』第7~8回ー尾張国内の政治情勢/当時の三河情勢

    ※こちらの記事は、令和2年3月29日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回は今年の大河ドラマ『麒麟がくる』第7~8回)に関しての楽しみ方を解説したいと思い…

  • 四万十川の合戦―戦う前に勝つ

    ※こちらの記事は、令和元年7月25日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回は「合戦における戦術について」シリーズの第17弾ということで「四万十川(しまんと…

  • 津本陽『椿と花水木』

    Gerhard BögnerによるPixabayからの画像※こちらの記事は、平成18年10月19日に書かれたものです。歴史小説の大家、津本陽先生の作品である。…

  • 一宮城の戦いに学ぶ―キレた勢いで行動してはいけない

    ※こちらの記事は、令和3年2月16日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回は「ビジネスに活かす戦国合戦術」第39弾として、「一宮(いちのみや)城の戦い」に…

  • 小田原征伐に学ぶ―相手に口実を与えない

    ※こちらの記事は、令和3年5月7日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回は「ビジネスに活かす戦国合戦術」第43弾として、「小田原征伐(おだわらせいばつ)」…

  • 小谷城の合戦―「言葉」ではなく「行動」を注視せよ

    ※こちらの記事は、令和2年4月22日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回は「ビジネスに活かす戦国合戦術」第16弾として「小谷(おだに)城の合戦」について…

  • 『麒麟がくる』第34回―松永弾正の出自

    ※こちらの記事は、令和3年1月19日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回は令和2年の大河ドラマ『麒麟がくる』第34回に関しての楽しみ方を解説したいと思い…

  • 『麒麟がくる』第43回―波多野家について

    ※こちらの記事は、令和3年3月24日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回は令和2年の大河ドラマ『麒麟がくる』第43回に関しての楽しみ方を解説したいと思い…

  • 『麒麟がくる』第33回―延暦寺の歴史

    ※こちらの記事は令和3年1月15日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回は令和2年の大河ドラマ『麒麟がくる』第33回に関しての楽しみ方を解説したいと思いま…

  • 上杉和彦『源頼朝と鎌倉幕府』

    ※こちらの記事は、平成19年12月26日に書かれたものです。歴史学者上杉和彦氏による、源頼朝の鎌倉開府についての再考察の本である。源頼朝関連の記事を読みたい方…

  • 花園神社

    ※こちらの記事は、平成20年11月3日に書かれたものです。こんにちは。今回は、新宿の靖国通りと明治通りの交差する辺りにある「花園神社」についてです。裏は新宿ゴ…

  • 厳島の合戦―相手の心理を読み、周到に準備する

    ※こちらの記事は、令和元年5月18日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回は「合戦における戦術について」シリーズの第13弾ということで「厳島(いつくしま)…

  • 新宿

    ※こちらの記事は、平成20年10月13日に書かれたものです。こんばんは。今回は新宿についてのあらましを調べて書いてみようかと思います。今でこそ世界で一番乗降者…

  • 桶狭間の合戦―不利な状況を受け止める

    ※こちらの記事は、令和元年11月14日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回は「ビジネスに活かす戦国合戦術」第6弾として「桶狭間(おけはざま)の合戦」につ…

  • 中川収『奈良朝政争史』

    ※こちらの記事は、平成21年10月11日に書かれたものです。皆さん、こんばんは。今日は教育社歴史新書<日本史>の14、中川収氏の『奈良朝政争史』についてです。…

  • 『麒麟がくる』第17~18回―斎藤家の血族関係と永禄元年までの織田家

    ※こちらの記事は、令和2年6月17日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回は今年の大河ドラマ『麒麟がくる』第17~18回)に関しての楽しみ方を解説したいと…

  • 徳川家康の生涯を貫く思想―山岡荘八『徳川家康』第4巻

    ※こちら記事は、令和2年10月11日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回は山岡荘八氏の大作『徳川家康』(全26巻)の草創期である第4巻「葦かびの巻」のご…

  • 『西郷どん』、奄美編、面白いじゃないか!(第18~20回)

    ※こちらの記事は、平成30年7月26日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回は今年の大河ドラマ『西郷どん』第18~20回の感想です。※記事下部に武家や公家…

  • 信長の野望 嵐世記

    ※こちらの記事は、平成18年11月29日に書かれたものです。以前友人から借りて、返す機会を失って現在に至っています><※令和3年11月22日注:この記事を書い…

  • 大航海時代に日本が侵略されなかった理由(3)―日本の産業について

    ※こちらの記事は、平成29年4月26日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回は『哲学ニュース』というブログの記事「大航海時代に日本が侵略されなかった理由w…

  • 稲葉山城の合戦―人に好かれる人が勝つ

    ※この記事は令和元年11月30日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回は「実生活に活かす戦国合戦術」第7弾として「稲葉山(いなばやま)城の合戦」について書…

  • 各合戦の動員人数について(18)総評

    ※こちらの記事は平成30年10月22日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回は「各合戦の動員人数について」シリーズの18回目で最終回の総評となります。今ま…

  • 大航海時代に日本が侵略されなかった理由(9)―豊臣秀吉の天下統一時の様子と総括

    Travel SourcedによるPixabayからの画像※この記事は平成29年8月12日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回はまた『哲学ニュース』の記…

  • 『麒麟がくる』第24回ー剣豪の系譜

    ※こちらの記事は令和2年10月19日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回は今年の大河ドラマ『麒麟がくる』第23回に関しての楽しみ方を解説したいと思います…

  • これぞ徳川家の柱石・三河武士の死にざまだ!!(山岡荘八『徳川家康』第2巻)

    ※この記事は令和2年5月4日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回は山岡荘八氏の大作『徳川家康』(全26巻)の草創期である第2巻「獅子の座の巻」のご紹介で…

  • 硫黄島からの手紙

    ※こちらの記事は、平成19年4月9日に書かれたものです。「オリンピックの馬術競技で金メダルを獲った西中佐」この映画を見て僕の心にいちばん引っかかったのはこのひ…

  • 大航海時代に日本が侵略されなかった理由(15)―マレーシアの歴史について

    ※この記事は平成29年11月20日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回はまた『哲学ニュース』の記事「大航海時代に日本が侵略されなかった理由wwwww」に…

  • 庄司浩『辺境の争乱』

    ※こちらの記事は平成21年5月19日に書かれたものです。こんばんは。というわけで、今回は庄司浩先生が平安末期の「前九年(ぜんくねん)の役」、「後三年(ごさんね…

  • 長森原の合戦―負け上手は合戦上手

    ※この記事は平成30年12月9日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回は「合戦における戦術について」シリーズの第3弾ということで「長森原(ながもりはら)の…

  • 大航海時代に日本が侵略されなかった理由(4)―日本とヨーロッパの戦力差(前編)

    ※この記事は平成29年5月12日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回はまた『哲学ニュース』の記事「大航海時代に日本が侵略されなかった理由wwwww」につ…

  • 人取橋の戦いに学ぶ―最悪の想定を受け入れる

    ※こちらの記事は令和3年3月28日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回は「ビジネスに活かす戦国合戦術」第41弾として、「人取橋(ひととりばし)の戦い」に…

  • 『西郷どん』、大久保利通の悪役っぷりがいい!(第42回)

    ※この記事は平成30年12月1日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回は今年の大河ドラマ『西郷どん』第42回の感想です。※記事下部に武家や公家の人物名の読…

  • 各合戦の動員人数について(7)ワイアットの乱

    Adam DereweckiによるPixabayからの画像※この記事は平成30年4月25日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回は「各合戦の動員人数につい…

  • 『真田丸』、織田有楽斎がいい!(第42回)

    ※この記事は平成29年5月4日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回は去年の大人気大河ドラマ『真田丸(さなだまる)』の第42回「味方」についての感想。※記…

  • 戸石城の合戦―相手の心理を推し量る

    ※この記事は平成30年11月23日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回は「合戦における戦術について」シリーズの第2弾ということで「戸石(といし)城の合戦…

  • 武士道を追究したい人はコレ!!津本陽『名臣伝』

    ※この記事は、令和元年11月10日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回は歴史小説の大家津本陽氏の名作『名臣伝』のご紹介です。※記事下部に武家や公家の人物…

  • 『西郷どん』、悪くはないんだけど…(第39~41回)

    ※こちらの記事は、平成30年11月15日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回は今年の大河ドラマ『西郷どん』第39~41回の感想です。※記事下部に武家や公…

  • 松本清張『邪馬台国』

    ※この記事は平成20年9月21日に書かれたものです。こんにちは。今回は松本清張の「清張通史」シリーズの1『邪馬台国』についてです。推理小説作家で、史学の造詣も…

  • 御館の乱―勝つためにはこだわりをすべて捨てる

    ※この記事は平成31年3月31日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回は「合戦における戦術について」シリーズの第10弾ということで「御館(おだて)の乱」に…

  • 長篠の合戦―プライドよりも信頼関係を重視せよ

    ※この記事は令和2年5月24日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回は「実生活に活かす戦国合戦術」第18弾として「長篠(ながしの)の合戦」について書きます…

  • 京都旅行/清水寺

    ※この記事は平成18年11月28日に書かれたものです。観光地としてあまりにも有名な清水寺。京都に行ったら必ず行ってしまうところですw清水寺付近が登場する記事を…

  • 大河ドラマを楽しむ方法(12)(『麒麟がくるまでお待ちください』第2~3回)

    ※この記事は令和2年8月4日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今年の大河ドラマ『麒麟がくる』に関しての楽しみ方を解説していたこのシリーズですが、ドラマの放…

  • 歴史ってなんだろう?

    ※この記事は平成17年6月2日に書かれたものです。今日は四年生演習でした。日本中世史です。僕は元をたどれば小学六年生頃から歴史の魅力にとりつかれ始めたんだけど…

  • 『青天を衝け』第12回―一橋徳川家について

    ※この記事は令和3年6月24日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回は令和3年の大河ドラマ『青天を衝け』第12回に関しての楽しみ方を解説したいと思います。…

  • 大航海時代に日本が侵略されなかった理由(11)―室町時代までの武士の主従関係について

    ※こちらの記事は平成29年9月13日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回はまた『哲学ニュース』の記事「大航海時代に日本が侵略されなかった理由wwwww」…

  • 『青天を衝け』第1回―渋沢家について

    ※こちらの記事は令和3年4月5日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回は令和3年の大河ドラマ『青天を衝け』第1回に関しての楽しみ方を解説したいと思います。…

  • 長浜城の合戦―敵の防衛網を攪乱

    ※この記事は令和元年6月23日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回は「合戦における戦術について」シリーズの第15弾ということで「長浜(ながはま)城の合戦…

  • 一乗谷城の合戦に学ぶ―決断しないことで状況は悪化する

    ※この記事は令和2年4月6日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回は「実生活に活かす戦国合戦術」第15弾として「一乗谷(いちじょうだに)城の合戦」について…

  • 大坂夏の陣に学ぶ―覚悟して手放す

    皆さんこんばんは。今回は「実生活に活かす戦国合戦術」第52弾として、「大坂夏の陣(おおさかなつのじん)」について、実用的視点で学んでいこうと思います。※記事下…

  • 『おんな城主直虎』、終盤でやっと面白くなってきた(第41~45回)

    ※この記事は平成30年4月1日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回は去年の大河ドラマ『おんな城主直虎』の感想シリーズということで、第41~45回までの感…

  • 『青天を衝け』第31回―井上家について

    ※この記事は令和3年10月30日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回は令和3年の大河ドラマ『青天を衝け』第31回に関しての楽しむためのヒントを解説したい…

  • 『青天を衝け』第16回―池田屋事件について

    ※こちらの記事は令和3年7月18日に書かれたものです。皆さんこんばんは。今回は令和3年の大河ドラマ『青天を衝け』第16回に関しての楽しみ方を解説したいと思いま…

1件〜100件

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、鷲谷 城州さんをフォローしませんか?

ハンドル名
鷲谷 城州さん
ブログタイトル
歴史愛~歴史を学び、実生活を豊かにする~
フォロー
歴史愛~歴史を学び、実生活を豊かにする~

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用