searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

yabuphotoさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

2021年9月にブログを始めたばかりで毎日、試行錯誤しています。 おかげで早寝早起きが習慣になり、頭の体操に役立っています。 私の写真へのこだわりの第一は、何よりも精緻なこと、シャープであること。 そのため大きな写真でアップしています。 ランキングの上昇は、人間の心をくすぐるものだと分かりました。 いいなと思われた写真があったら、スルーしないでその気持ちをクリックで私に伝えてくださいネ。

ブログタイトル
yabuphoto福島
ブログURL
https://yabuphoto.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
福島県の只見線・裏磐梯・花見山などをメインとして、東京夜景・北海道(美瑛・富良野)・東北などの風景を大きくシャープな写真でご紹介します。
ブログ村参加
2021/10/21
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、yabuphotoさんをフォローしませんか?

ハンドル名
yabuphotoさん
ブログタイトル
yabuphoto福島
フォロー
yabuphoto福島

yabuphotoさんの新着記事

1件〜30件

  • 雪の第三只見川橋梁

    2020年2月9日 10時30分ここは第三只見川橋梁を撮影できるスノーシェッドの中。午前の列車は通り過ぎたので、周りに人はいません。雪の只見川もなかなかいいものです。風が吹いているので、川面の模様の変化が面白くて1時間以上撮影しました。...

  • 12月の朝の横浜港

    2014年12月 朝の6時過ぎ。ホテルの窓から撮影ここは、首都圏の玄関口である横浜港。白い船が見える場所は、2002年にリニューアルした大さん橋国際客船ターミナル。...

  • 永代橋の夜景

    2014年9月 隅田川に架かる橋の中で私が最も好きな橋は「永代橋」。昼間はほとんど目立たないものの、夜は水色がくっきりと浮かび上がります。背景の高層マンションとコラボしたこの構図は、とても絵になります。...

  • 水原川の白鳥

    2019年3月初旬福島市の水原川の白鳥たちが飛び立つ瞬間。今年は何羽くらい飛来しているのでしょうか。そろそろ、撮影に行ってみます。...

  • 福島の青い池

    これは福島県の裏磐梯にある「るり沼」。美瑛の青い池ではありません。1888年(明治21年)に磐梯山の爆発によってできたのが「五色沼湖沼群」。五色沼とは、毘沙門沼・赤沼・みどろ沼・竜沼・弁天沼・るり沼・青沼・柳沼などの湖沼の総称で、様々な色彩が見られることから、こう呼ばれています。私は色としては、弁天沼が好きですが、ここぞという撮影スポットがないのが残念。ドローンで見たら一番きれいだと思います。一番青い色...

  • 斜光差す美瑛の夕景

    20年前の春の美瑛。中判フィルムで撮影。 これまで20回ほど美瑛を訪れた中で、春は一度しかありません。 夕方、車を走らせていると、雲のすき間から斜光が差して美瑛の大地を照らし出したことがあります。 それまでの曇り空が一転、急に目の前が明るくなり、すごい風景が広がりました。 慌てて撮影しました。 作物のない大地の色が、赤茶色に変化した瞬間。 私がこれまで出会った美瑛のすごい風景のベスト10に入ります。...

  • 麦稈ロールだらけ

    2017年7月上旬麦稈ロール第3弾。時刻は19時過ぎ。右側から夕陽。ロールの影が長く伸びています。ロールの後ろに見えるのは、通称:パフィーの木。いかにも美瑛らしい。私の大好きな風景です。...

  • 麦稈ロールを作って運ぶ作業

    2017年7月上旬 前の写真の、麦稈(ばっかん)ロールにつられて、ロールを作る夏の写真が登場します。(2017年は夏も秋も撮影に行きました)どうやってロールを運ぶのかですが、下の写真のように突き刺して運びます。重さは300㎏くらいあるとか・・・面白いので、この場所で2時間くらい撮影していました。撮影時刻は18時50分。もうすぐ日が沈みます。2個で600㎏ほどあるのでしょうか。...

  • 麦稈ロールのある庭

    2017年10月ここは美瑛のとてもおしゃれなレストラン「フェルム ラ・テール 美瑛」の庭。フランス語で「大地の農場」の意味。右側にわずかに見える建物です。写真の中に見えるのは、麦稈ロール。麦の刈り取り後の麦わらで作ったもの。出来上がった麦稈ロールは牛のベッドとして使用されるとか。さらにその左側には、写真では見えませんが、赤い屋根の家があります。2015年に公開された美瑛町を舞台にした映画「愛を積むひと」のロケ...

  • 羊たちがいる風景

    2017年10月 大雪山系を背景に羊たちは気持ちよさそうに食事をしてました。...

  • キハ40形が渡る第四只見川橋梁

    2020年2月7日 7時57分撮影早朝、橋の後方の山が薄茶色に染まってから1時間後。キハ40形の列車が橋を渡った。すでに朝の薄茶色は消えて橋全体まで陽が差している。これはこれで悪くはないが、薄茶色の山を背景に列車を入れて撮ってみたい。...

  • 第四只見川橋梁の後方の山がパッと明るくなった

    2020年2月初旬 朝7時頃コロナ騒動が始まる前なので第一只見川橋梁の駐車場には車が一杯。そこで目的地を変更して第四只見川橋梁へ。第四を水沼橋からじっくり撮影するのはこれが初めて。到着時は周りが暗かったが突然、橋の後方の山が明るくなった。雪山なのに、こんな色になるのかと思ったほどの美しさ。列車は写っていないが、その瞬間を撮影した。...

  • 秋の大志集落を別の角度から俯瞰

    2020年11月初旬 15時頃個人住宅を撮影して申し訳ないが、午後の陽が差した集落がとても美しい。赤、橙色、青などの急角度の屋根の構造も変化があって面白い。ここは福島県金山町の大志集落。いつもは「かねやまふれあい広場」から撮影するが、手前の木々が邪魔に感じることがある。ここは、広場から100mほど離れた地点で広く見渡せる。午後3時過ぎには左側から斜光が入るため立体感のある絵となる。山の凹凸と秋の紅葉と屋根の色...

  • 上富良野で私が最も好きな光景

    2017年10月上富良野のジェットコースターの路から見える光景。広角レンズで広い範囲を撮影してみた。...

  • 夜明け前の「哲学の木」と月を撮りたかった

    2015年10月 朝7時撮影哲学の木は2016年2月に切り倒されたので、これは私が撮った最後の写真。夜明け前に哲学の木まで来たとき、写真の左方向に満月が出ていた。早速、撮影しようと準備していたら、月は山に隠れてしまった。と、残念な思いがある。また次の機会に撮れるよと思っていると、撮れなくなることも・・・明日は撮影に行くと決めるが、翌朝、何となく気が進まないことがある。それでも、撮影してから家に帰ると、行ってよ...

  • もうこの場所から「哲学の木」の姿は見えない

    2017年10月中旬 ここは拓真館の近く。 この辺りは丘の起伏が大きく絵になる構図が多い。 実は、2016年2月まで、写真中央の山の左側には「哲学の木」が見えていた。 その後、この木は切り倒され姿を消した。 「哲学の木」はこの場所から見えるほど大きな木であり、同時の美瑛のシンボルでもあった。哲学の木の上の部分が見えていた頃...

  • 黄葉に包まれた美馬牛小学校の塔

    2017年10月撮影昔は人が写ってない風景写真の何がいいのか全く分からなかった私だが、たまたま書店で見た前田真三氏の写真集を見て、その考えは一変。1ページめくるごとに「うわー」と声が出るほどの感動があった。それから主に夏と秋、20回ほど美瑛の撮影を楽しんできた。前田氏の写真に多く登場する美馬牛小学校の塔。 色々な地点から見え、この塔があるだけで写真を引き締める効果がある。きれいに色付いた黄葉と塔、これが空...

  • 東京汐留の高層ビル群が輝く瞬間

    2016年1月撮影1872年に横浜と新橋間に鉄道開設。新橋駅はここ汐留にあった。今もその跡地はあるが高層ビルの間であまり目立たない。やがて1914年に東京駅が完成し、新橋駅は貨物ターミナルとなった。 そして国鉄が民営化された後、この広大な敷地に超高層ビルが建ち並ぶこととなる。 この写真は約6年前、たまたま撮影できる機会があって撮った写真。 1月の平日、午後6時で、殆どのビルには明かりがついている。 遠くにオレンジ...

  • 初めて撮った大志集落には雪が降っていた

    2020年1月13日 朝7時2年前、コロナ報道が始まった頃になるが、初めて大志集落を撮影した。撮影場所は、福島県金山町の「かねやまふれあい広場」。暖冬でほとんど雪は降らない中、この日は雪が降ってくれた。山に雲がかかり何やら幻想的な雰囲気。その後、春も秋も撮影したが、私には白い世界がとても魅力がある。この日は大志集落を俯瞰できる「尻吹峠」、日没時の大志集落撮影まで、なんと10時間。年の割には精力的に撮影したの...

  • 只見線開通50周年記念「風っこ号」が第一只見川橋梁を渡った

    2021年11月14日 午後只見線の全線開通50周年を記念して色々なイベントが開催されている。この日も写真の列車「風っこ号」の特別運行。私は直前まで運行の情報は知らなかったが、現地で知って運よく撮影できた。来月の4日(土)と5日(日)にも「風っこ号」が運行する予定だとか。10年前の新潟福島豪雨で流失した第5、第6、第7只見川橋梁も来年は復旧する。福島県のコロナ新規感染者もゼロの日が増え、少し安心感も広がってきた。来年...

  • 第一只見川橋梁を渡る列車の速度が超スロー

    2021年11月14日 午後旧喰丸小学校の撮影後に向かったのは展望台の反対側から見る第一只見川橋梁。少し波が立って水鏡が消されたが、この様子も悪くはない。この日は、橋を渡る列車の速度がいつもより超スロー。乗車する人、カメラマンにとっても粋な計らいでした。...

  • 尻吹峠から俯瞰する幻想的な大志集落

    2020年3月暖冬のこの年、尻吹峠に雪はあるものの大志集落の雪は解けていた。午後2時。午後になってから霧が出た珍しい光景。実際には、この後、一面の霧に覆われて撮影はできなかった。...

  • ライトアップされた長床の大イチョウは圧巻だった

    2021年11月18日 18時30分撮影昨日、長床(ながとこ)の大イチョウが見頃との報道を見て、初めて訪れた。ここは福島県喜多方市にある新宮熊野神社の境内。長床とは、本殿の前方にたつ細長い建物で熊野系の神社に多くみられるとのこと。長床に座ることは自由、長床の中から撮影もできる。大イチョウは樹齢800年以上、樹高は37m。遠くからでも一際黄色が目立っており、これだけ巨大なイチョウは見たことがない。ライトアップは17時30分...

  • 丘の農作業

    2017年10月下旬右上に見えるのは「四季彩の丘」。丘が連なる風景。この中での農作業の様子がいかにも美瑛らしい。...

  • 雪が降った夜の美瑛町

    2016年11月3日 18時30分この日は夕方5時からライトアップされて青い池を撮影。かなり寒かったので早めに退散し美瑛駅前に戻った。とんがり防止の建物が整然と並ぶ美瑛市街。改めてみると、雪に包まれた夜の美瑛町もなかなか美しい。...

  • 東京駅とJPタワーの夜景

    2014年9月撮影左が東京駅。右が2012年に竣工したJP(Japan Post)タワー。旧東京中央郵便局敷地に建設されたビル。右下の白い建物は6階の低層棟で商業施設「KITTE」(キッテ)。「KITTE」ガーデンから東京駅を見ることができる。...

  • 冬の第一只見川橋梁

    2020年2月1日 9時撮影 今年の福島の紅葉もほぼ終わり、もうすぐ冬シーズンが到来する。この写真は、コロナ騒動が始まる2年前の冬に撮影したもの。 暖冬のため、2月になっても積雪が少なかった。昨年の冬は、逆に雪は多かったが、コロナ自粛のため撮影していない。 今年こそは、白銀の第一只見川橋梁が撮れると思う。...

  • マジックアワーのレインボーブリッジ

    2016年12月 17時10分頃撮影12月の土日になると、お台場では10分ほど花火が打ち上げられた。花火を見る前に、レインボーブリッジの撮影をするのがお決まりのコース。この日のマジックアワー。オレンジ色がとても綺麗だった。...

カテゴリー一覧
商用