searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

1件〜100件

  • サンゴの追加とウスコモンサンゴの株分け

    先日、大阪にあるアクアリウムショップ「Aquarium TALLMAN」で購入したサンゴたちが届いたので、海水30cmキューブ水槽に入海します。 ↓ 購入した時の記事 tomuzin.hatenablog.com 購入したサンゴは以下です。 エダコモンサンゴ(グリーン&オレンジ) スターポリプ sp.メタリック ディスクコーラル(オレンジ) いつもの「コーラルRXプロ」で薬浴させておきます。 新たにサンゴを入れる前に、大きくなりすぎて重心が傾いて転倒したりと、持て余してきたウスコモンサンゴの株分けもやっておこうと思います。 下のは以前意図せず割ってしまった欠片・・・。 立派に巻いていたので躊躇…

  • Aquarium TALLMANに行ってきた

    大阪にあるアクアリウムショップ「Aquarium TALLMAN」に行ってきました。 Aquarium TALL MAN | アクアリウムショップ 頻繁にYoutube動画を上げられていて、特にアクアリウムに関する解説動画(極意、極みシリーズ)はわかりやすく、広く深く掘り下げてくれているので必見です! 淡水と海水の両方に力を入れているのも珍しく、このYoutube動画チャンネルを見て、私は海水水槽を始めました。 つまり私はこのショップさんのファンなわけです。 しかし、ショップが大阪にあるため、今まで1度も行けずにいました。 今回はGWを利用して、ようやく行くことができました! 今年1月から新店…

  • ツツマルハナサンゴが縮んだ

    海水30cmキューブ水槽にツツマルハナサンゴが2個体いるのですが、写真手前個体の左側の株が、光を当てている状態でも開かなくなってしまいました。 落としたりはしてないのですが、思い当たる原因は・・・ キミかなぁ。。 カクレクマノミはイソギンチャクが大好きですが、無い場合はイソギンチャクに似たサンゴにすり寄ることがあります。 この子は飼い始めた当初からツツマルハナサンゴを縄張りにしているのですが、最近の寝床は決まってこの株。 スリスリされすぎたのかもしれません。。 ↓ カクレクマノミを飼い始めたときの記事 tomuzin.hatenablog.com 他の個体(株)に変化は無いので水質悪化もあまり…

  • 淡水30cmキューブ水槽のトリミング

    淡水30cmキューブ水槽の水草がボーボーになってきたので、まとめてトリミングすることにしました。 理想は一気にやらない方が良いのですが、まとまった時間が取れる時にやらないと先延ばしにしてしまうので。。 特にウォーターローンが侵食し、道が無くなっています。 しかもこのウォーターローンは、水槽左側から後ろを周り、右側まで伸びています。 後景草のパールグラスを適当にトリミング。 ウォーターローンについては先日実施した方法でトリミング。 tomuzin.hatenablog.com 中景草のウォーターフェザーや前景草のクリプトコリネのトリミングの様子はすっ飛ばして、トリミング完了! 道もちゃんと復活し…

  • メダカ水槽にハリネズミ貝を導入

    メダカ水槽について、まずは悲しいお知らせ・・・ 3匹いた東天光の1匹が飛び出し事故でお亡くなりに。。。 今はオス, メスの1匹ずつになっています。 このように今でも頻繁に抱卵している様子はあるのですが、卵はいつの間にか消えており、稚魚も未確認です。 そして、茶ゴケはまだまだ出続けており、そろそろ手作業で掃除するのがツラくなってきました。 そこで、以前コメント欄でアドバイスいただいた、コケ取り貝を導入することにしました。 ショップで何種類も並んでいる貝の中で悩んでいたのですが、大きくてパワフルすぎる貝はレイアウトを破壊するのがコワイのと、勝手に増えてほしくはないので、大きすぎず、繁殖しない貝を候…

  • 天然ライブロックと人工ライブロックの比較

    海水30cmキューブを立ち上げて2年ほどが経ち、天然ライブロックと人工ライブロックのどちらも1年程度使用した上で感じた両者の違いについて紹介します。 天然ライブロック、人工ライブロックとは サンゴの死骸などに微生物が付着したものがライブロックといいますが、自然の海から採取されたものを「天然ライブロック」、人工的にライブロックに似せて作られたものを「人工ライブロック」といいます。 人工ライブロックには生きた微生物は付着していないので厳密には”ライブ”ロックとはいえないかもしれないですね。 どちらが良いのか? 個人的には人工ライブロックを推します。 どちらにもメリットとデメリットがありますが、私は…

  • 海水水槽の硝酸塩測定

    海水30cmキューブ水槽では、外掛け式プロテインスキマー「ゼンスイ QQ1」を使用していますが、最近泡の上がりが悪くなってきました。 空気を取り込む穴が塩で詰まってしまうことが多く、その度にピンセット等で取り除いていますが、またすぐに泡が出にくくなってしまう。。。 プロテインスキマーの他に外部式フィルターも使用していますが、水質が気になったので、「レッドシー 硝酸塩/亜硝酸塩 マリンテストキット」を使ってみることにしました。 マリンアクアリストの皆さんも良く使っていますが、実はこれを使うは初めてで、以前は別の用品で測定してました。 ↓ その時の記事(「バイコム スターターテストキット」) to…

  • 30cmキューブ水槽のpH測定

    機会がないとサボってしまいがちですが、久しぶりに30cmキューブ水槽たちのpH測定をしました。 海水水槽は、以前測定したときは、若干低めのpH7.8でした。 海水だとpH8.2くらいは欲しいところなのですが、これはサンゴ砂が古くなって下がったとかではなく、リセット当初からこの辺でした。 そこでこれを使ってみました。 「デルフィス バッファーpH/alk」です。 デルフィス バッファーpH/アルカリ Amazon 楽天 Yahoo! pH値とアルカリ度調整剤ですね。 蒸発した分の水を足し水する際に、こちらを溶かして投入を3か月くらい続けていました。(週3回くらい) そして、効果のほどは・・・ p…

  • メダカの成長具合

    今のメダカ水槽はこんな感じです。 1週間前に再び抱卵しているのを見かけたので産卵藻を投入しましたが、今のところ卵は見つけられずです。 まだまだ茶ゴケは発生しており、毎週できる限り掃除していますが、石垣を崩せないのと砂と砂利の境目をまぜないようにしないといけないのが大変ですね。 水槽には東天光というメダカが3匹いて、オス2匹 メス1匹です。 どうやらこの2匹がカップルのようで、寄り添ってますし、もう1匹のオスが近づくと、追い払う仕草をしてます。 お迎えして2か月ほどになりますが、成長具合を比較してみましょう。 ↓ お迎え当初 ↓ 現在(2か月後) 同じ個体か不明ですが、こんなに大きくなりました!…

  • メダカの卵のその後

    メダカの卵のその後についてです。 ↓ 前回の記事 tomuzin.hatenablog.com メダカの抱卵を確認してから、卵がどこに行ったのか分からない状態になっていましたが、カボンバに付いていました。 なので、当初の予定通りネットで隔離しておきました。 カボンバを移動した際に卵が落ちてしまったようです。 モスのところにも見つけました。 ネット内がダメになった時のリスク分散のために、これはこのままにしておきます。 抱卵を確認してから5日後・・・ まだ卵確認。 抱卵を確認してから2週間後・・・ 稚魚は確認できず、孵化にかかる時間は10日と言われている所、卵も濁っていて、目玉なども確認できないの…

  • メダカが抱卵!?

    メダカをお迎えしてから5週間ほどが経過しました。 コケとの格闘は続いていますが、メダカは順調に育っています。 ふとメダカを観察していると、お尻のところにいくつか丸い物体がありました。 これは卵なのでは!? 私はメダカ初心者で、正直なところ繁殖をあまり意識してませんでした。 ネットで調べると「大人のメダカが卵や稚魚を食べてしまうことがある」とあるので、すぐに隔離する準備が必要です。 そして、よく考えると産卵に適した場所が無さそうだなと思い、急いで隔離場所と産卵床を買いに行きました。 買ってきたのがこちら「スドー メダカの稚魚育成セット」です。 浮く産卵藻と浮くネットがセットになっています。 さっ…

  • メダカ水槽に茶ゴケ発生

    メダカ水槽を立ち上げてメダカをお迎えしてから、さらに2週間が経過しました。 水槽を新規立ち上げしたとき、(大抵は)避けては通れない厄介者、茶ゴケが発生しました。 ↓ 出始め ↓ さらに1週間後 茶ゴケはちょっと拭けば簡単に取れますが、光が当たっている所ならどこでも発生するので厄介です。 特にレイアウト水槽だと、如何にしてレイアウトを崩さずに掃除するかが悩ましいところ。 これらで掃除してみました。 ガラス面:コケクロス ミクロソリウムの葉:指 小石:100均の小型ブラシ(可能なら取り出してから) 化粧砂:プロホースエクストラS まあまあ落とせたと思います。 しかし、白い化粧砂と黒い砂利の境目はプ…

  • 清流レイアウトにメダカをお迎え

    前回で清流レイアウトの作成が完了したので、2週間ほど置いた後、主役のメダカをお迎えしました。 ↓ 前回の記事 tomuzin.hatenablog.com お迎えしたのは、東天光という種類のメダカ3匹です。 私はメダカの品種は全然詳しくないのですが、ショップで選んでいるときに多種いるメダカの中でなんか良いなと思ったんですよね。 オレンジ系のメダカは楊貴妃が一番有名だと思いますが、その派生で生まれた品種のようです。 楊貴妃との違いとしては 背中に少しラメが入る 尾びれがひし形で、背びれが尻びれと同じ形をしている(ヒカリ体型) 派手過ぎず、なかなか面白いメダカだなと思いました。 毎度お決まりの水合…

  • メダカ清流レイアウトの作成③ ~追加アクセント編~

    前回でほぼ完成したメダカ水槽に追加アクセントとして、モスを配置します。 ↓ 前回の記事 tomuzin.hatenablog.com 使用するのは組織培養のフレイムモスです。 横ではなく上に伸びて欲しかったのでこのチョイス。 これもcharmで購入しましたが、状態がかなり良さそうです。 レイアウトにも使った渓流石に巻き付けようと思います。 フレイムモスを使う分だけ小分けにカットします。 渓流石に散りばめたフレイムモスをテグスで巻き付けて、モスボール完成! テグスで巻くのは結構大変ですね。 モスボールを4個作りました。 これらを適当に配置して、メダカ清流レイアウト完成! 「charmのメダカ清流…

  • メダカ清流レイアウトの作成② ~レイアウト作成編~

    前回に続いてメダカ水槽のレイアウト作成をしていきます。 ↓ 前回の記事 tomuzin.hatenablog.com コンセプトは「charmのメダカ清流レイアウトを30cm水槽で可能な限り再現」です。 (水草)メダカの清流 レイアウト素材セット(底床+水草) メダカ飼育説明書付き 本州四国限定 charm レイアウトの構想と下準備は完了したので、実際に素材を配置していきます。 レイアウト作成 「ダイソー キューブケース1マス」をまず右奥に2個配置します。(この写真では奥の大きさが違いますが後で置き換えてます。) ここがミクロソリウムエリアになります。 ケースの周囲に「渓流石 No.7 粒径1…

  • メダカ清流レイアウトの作成① ~準備編~

    突然ですが、メダカ水槽を立ち上げることになりました。 水槽は横30cm×奥行20cm×高25cmの「GEX グラステリア300」。 使用するフィルターは外掛けの「GEX スリムフィルターM」です。 レイアウト構想 使う機材までは決まっているものの、どんなレイアウトにするかなかなか決まりません。 手持ちの風山石を使ってアクアテラリウムも考えてみましたが、なかなかしっくり来ない・・・。 そこで「メダカ水槽 レイアウト」とネット画像検索をして物色していたところ、目に止まったのが、 ↓ のcharmのメダカ水槽レイアウト素材セットの写真でした。 (水草)メダカの清流 レイアウト素材セット(底床+水草)…

  • ウスコモンサンゴが割れた

    この季節、空気が乾燥して水槽内の水がすぐに蒸発してしまいます。 海水水槽の場合、蒸発したままにしていると塩分濃度が上がってしまうので、定期的に真水を追加する必要があります。 水道水をプラケースに入れる→カルキ抜きを入れる→大き目のピンセットでかき混ぜる→水を注ぐ をしていた時、水槽内にピンセットを落としてしまいました。 ヤベッと思い水槽を見ると・・・ それはもう、見事にウスコモンサンゴがパッキリと割れており、ショックのあまり10秒間停止しておりました・・・。 しかも、ミドリイシの白化に直面している最中だったので、サンゴに関するダブルショック!! 起きてしまったことはしょうがないので、ひとまず割…

  • 30cmキューブ水槽でミドリイシ飼育 ~白化しました~

    今回は、30cmキューブ水槽でミドリイシ飼育の経過報告です。 ↓ 前回(飼育1ヶ月後)の記事 tomuzin.hatenablog.com タイトルでネタバレしてますが、白化しました・・・。(泣) ミドリイシの様子 事の発端は、前回の記事(1ヶ月後)の様子から4日後の朝 下の方が薄皮を剥がしたように白くなっており、 もしかして・・・と戦々恐々としておりました。 そして、その日の夜 明らかに、白化が広がっています。。。 エメラルドグリーンクラブが削ったのでは? と少し疑いましたが、褐虫藻を食べる習性は無いのと、その後の様子を見るに冤罪でした。 1日後の朝 みるみる白化が広がっていきます。 2日後…

  • エメラルドグリーンクラブの脱皮

    エメラルドグリーンクラブを飼い始めて1ヶ月以上が経過しました。 その後の様子についての報告です。 エメラルドグリーンクラブの冒険 ライブロックの目立つ茶ゴケはあらかた食べつくしてしまったため、新たなコケ群生地を求めて、いろんな場所を冒険するようになりました。 (餌として乾燥ワカメあげてるんですけどね) 外掛けフィルターの吐水口 ヒーターから伝って登ったようです。中々の執念。。 外掛けフィルターの吸水口 ミドリイシを伝って到達。最近お気に入りの場所かも。 外部式フィルターフローパイプ ここまでたどり着くために ウスコモンサンゴ → 回転式ディフレクター → 水流ポンプ → フローパイプ とSAS…

  • 30cmキューブ水槽でミドリイシ飼育 ~1ヶ月後~

    あけましておめでとうございます! 今年もどうぞよろしくお願いします。 今回は、30cmキューブ水槽でミドリイシ飼育の経過報告です。 ミドリイシ飼育を始めて、1ヶ月が経過しました。 ↓ 前回(1週間後)の記事 tomuzin.hatenablog.com まだ維持できています! ほぼ変化なく飼育できてますが、もう少し青味が強いライトの方が蛍光色が綺麗に見えるのだろうか? ただちょっとトラブルがありまして 位置がずれたウスコモンサンゴに当たってしまっていたところが一部白化してしまいました。。 ウスコモンサンゴは毒性ほぼ無いと思っていたのですが、やはり接触は完全にNGなようです。 今は接触しないよう…

  • 過去に作成した水槽の推移 ~2017年編~

    アクアリウムを始めてから作成した過去の水槽の推移について、第2弾です。 ↓ 前回の記事 tomuzin.hatenablog.com 2017年からが、本格的に水草レイアウトを始めた時期です。 機材も一新しました。 水槽: KOTOBUKI クリスタルキューブ30 (30x30x30cm) ライト: KOTOBUKI フラットLEDツイン 3040 フィルター: エーハイム クラシック2213 CO2添加: スドー CO2レギュレータ RG-S タイプBキット そして作成したのが、キューバパールグラスを使った山岳レイアウトです。 土台に100均の人工芝を使って、ソイルを盛りながら棚田のように積…

  • 過去に作成した水槽の推移 ~2016年編~

    アクアリウムを始めてから作成した過去の水槽の推移について、第1弾です。 といっても何も知識がなかった私が手探りで水槽をいじくり回している様子が続きます。 アクアリウムを始めたのが5年前(2016年)で、初めに買った水槽は「コトブキ レグラスR-350」に外掛けフィルター、LEDライトがセットになったものでした。 サイズは横35×奥行22×高28で、正面の角が曲げガラス仕様です。 「○○を飼いたい」ではなく「水草でレイアウトしてみたい」という思いから始めたのですが、知識と経験がなく初めに作った水槽はこんな感じでした。 奥行き感を出したい努力はみえますが、う〜ん未熟。。。 流木と溶岩石を使って、森…

  • ウォーターローンのトリミング

    最近は海水水槽の話が続いてましたが、淡水30cmキューブ水槽についてです。 前景草として植えていたウォーターローンが横に広がり続けて、砂で作った道が無くなってしまったので、トリミングすることにしました。 後景草のパールグラスは先週トリミングしました。 取り除きたい境界線を縦に切り込みを入れていきます。 使用しているハサミは、短めストレートなDo!aquaの「DoシザースS」(廃版)です。 これだけではまだ根っこ部分が切れてないので、さらに深くカットします。 しかし、底砂を巻き込むとハサミがダメになる可能性があるので、100均の眉毛カット用のハサミに切り替えます。 ウォーターローンを残したい部分…

  • 30cmキューブ水槽でミドリイシ飼育 ~1週間後~

    今回は、30cmキューブ水槽でミドリイシ飼育の経過報告です。 ミドリイシを飼育するための一般的な条件を全て満足しているとは言えない環境で、ミドリイシを飼育し始めました。 ↓ ミドリイシ導入時の記事 tomuzin.hatenablog.com 飼育開始から一週間経ちましたが、経過は ・ ・ ・ ・ ・ まだ維持できています! 導入時と1週間後の状態比較です。 ミドリイシの成長点が正面を向いていなかったので、この間に向きを整えて接着し直しました。 それにより影の映り方が変わりましたが、概ね大きな変化はないと思います。 横から見たところでも、特に異常は無し。 導入から一週間維持できたので、とりあえ…

  • 30cmキューブ水槽でミドリイシ飼育 ~導入~

    ついに買ってしまった・・・ミドリイシを! 海水30cmキューブ水槽にミドリイシをお迎えしました。 ミドリイシとは ハードコーラルに分類されるサンゴで、その中でさらにSPS(Small Polyp Stony)に分類さされます。 ほぼ全体が固い骨格に覆われていて、今飼育しているウスコモンサンゴもこのSPSです。 ミドリイシは、多くの人がサンゴと聞いて真っ先にイメージする種類だと思いますし、マリンアクアリスト誰もが憧れるサンゴではないでしょうか。 飼育難易度について ミドリイシは一般的に飼育難易度が高いとされています。 我ながら身の程知らずなことをしていることは重々承知しています。。 というのも、…

  • エメラルドグリーンクラブの餌

    前回、海水30cmキューブ水槽のコケ対策にエメラルドグリーンクラブをお迎えしたわけですが、ここにきて新たな問題が発生しました。 それは「コケを駆逐しすぎてエメラルドグリーンクラブの餌がなくなったのではないか」ことです。 正確には目に見えない生え始めのコケを食べているのかもしれませんが、それで足りているのかは、魚と違ってお腹の膨れ具合で見えるものでもないのでわかりません。 このまま餓死したり、サンゴや他の生体に手を出したりするのもマズイので、餌を与えることにしました。 ↓ お迎え時の記事 tomuzin.hatenablog.com 餌付けの問題 ここで問題になるのが、先住民のカクレクマノミとホ…

  • 海水コケ対策⑤ ~エメラルドグリーンクラブを入れてみた~

    海水30cmキューブ水槽のコケ対策の第5弾です。 ライブロックのライトが当たる箇所でモサモサした茶ゴケが目立つようになってきました。 水換え時にブラシで擦っていますが、ほとんど落ちず、これ以上力を入れるとライブロックの方がずれてしまいそう、という状況。 珪酸塩吸着剤を使用することで、増殖スピードを多少抑えることができてますが、時間が経過するとどうしても増えていってしまいますね。 ↓ 珪酸塩吸着剤を使用し始めたときの記事 tomuzin.hatenablog.com これは道具で除去するより、コケ取り生体の力を借りようと思い立ちました。 お店でどの生体が良いか相談したところ 「貝では表面を舐め取…

  • NATURE AQUARIUM EXHIBITION 2021 TOKYOに行ってきた

    NATURE AQUARIUM EXHIBITION 2021 TOKYOに行ってきました。 その様子を軽くレポートします。 イベント概要 NATURE AQUARIUM EXHIBITION 2021 TOKYOは東京ドームシティのギャラリーアーモで開催されているアクアデザインアマノ(ADA)のネイチャーアクアリウム展示会です。 開催期間は2021年9月17日(金)~11月14日(日)です。 NATURE AQUARIUM EXHIBITION 2021 TOKYO | Gallery AaMo | 東京ドームシティ 数年前に開催していた天野尚 NATURE AQUARIUM展にも行ったこと…

  • ホワイトソックスをお迎え

    海水30cmキューブ水槽にホワイトソックスをお迎えしました! 初心者でも飼いやすい海水のエビです。 白い靴下を履いているかのような色合いからホワイトソックスと呼ばれています。 経緯 実は以前にも飼っていて、海水水槽を立ち上げて一番最初にお迎えしたのがホワイトソックスでした。 しかし、ライブロックに潜んでいたシャコ(推定)にやられて星に・・・。(泣) 人が近づくと餌をねだりに寄ってくる可愛いやつで、お気に入りでした。 そんな経緯もあり、天然から人工ライブロックに変えて水槽リセットを実施したわけです。 そして今、環境も整ったので待望のホワイトソックスを同じお店さんで購入してきた次第です。 ↓ アイ…

  • 海水30cmキューブ水槽の「水流ポンプ選び」について

    サンゴを飼育する上で、水流ポンプは必須と言っていいほどのアイテムです。 小型水槽において、「水流ポンプ選び」は頭を悩ませる問題の上位に来ると(勝手に)思っています。 その理由は、以下の条件を同時に満たせる水流ポンプが少ないからです。 (1) 強すぎず弱すぎず丁度いい水流の強さ ➡ サンゴによって適正の水流は違いますが、小型水槽では水流ポンプの位置調整によってサンゴに当たる水流の調整がしづらいです。 (2) ランダムな水流が出せる ➡ サンゴ飼育では一定の強さと向きで水流を当て続けることはあまり良く無いとされていますが、小型水槽用の水流ポンプで強さや向きを時間で変えられるものは少ないです。 (3…

  • 「バイコム スターターテストキット」で硝酸塩測定

    海水30cmキューブ水槽に、新たに生体やサンゴをお迎えしたいと思い、水質検査をしてみました。 「テトラ テスト 5 in 1 マリン試験紙」で大まかには把握していましたが、高精度の硝酸塩測定が目的です。 今回使用したのは「バイコム スターターテストキット」です。 バイコム スターターテストキット 淡水・海水用 Amazon 楽天 Yahoo! 水質測定 アンモニア、亜硝酸、硝酸塩の各3回分のテスターが入っていて、海水水槽を一番最初に立ち上げたときに1度使用しているので、残り2回分。 まず、検査する飼育水を取っておきます。(水槽そのままでも良さそうですが) テスターについてる糸を引っ張り、その穴…

  • アクアリウムの地震対策

    アクアリウムを始めてからというもの、地震がある度に「水槽は大丈夫かな?」と思ってしまいます。 今回はうちの水槽で実施している地震対策についてです。 とは言っても特に目新しい物は無いです。 ①L字金具 うちはテレビを挟んで、淡水30cmキューブ水槽と海水30cmキューブ水槽を置いています。 そもそも電化製品の近くに水槽置かない方が良いのですが…。 水槽台の倒壊を防ぐため、水槽台とテレビ台をL字金具で止めています。 水槽台は「KOTOBUKI プロスタイル300/350SQ」、テレビ台はカラーボックスを使用しているので、ドリルで穴あけ加工がしやすいです。 コトブキ工芸 プロスタイル 300/350…

  • ツツマルハナサンゴの落下対策

    海水30cmキューブ水槽では、ツツマルハナサンゴを飼育しています。 右手前のサンゴですね。 イソギンチャクに似ているため、カクレクマノミが共生しやすいサンゴで、実際にウチのカクレクマノミもツツマルハナサンゴを住処にしています。 また、水流でゆらゆら揺れて動きがあるので、私が好きなサンゴです。 下に固い骨格があり、そこから触手のように柔らかいポリプが伸びるサンゴですが、その筒状の形状ゆえに設置場所に少し苦労します。 そのまま置いても倒れてしまうので、ライブロックの窪みに差し込むのが一番簡単な方法ですが、うまい具合に窪みがあるとは限りません。 少し触れたくらいでは落ちないと思い、こんな感じではめて…

  • 30cmキューブ用の自作ライトスクリーンの作り方

    今回は30cmキューブ用の自作ライトスクリーンの作り方について紹介します。 私の淡水30cmキューブ水槽で使用していて、作成してから2年以上になります。 ライトスクリーンは60cm用や90cm用は良く見るのですが、未だに30cmキューブ水槽用を売っているのを見ないですよね。 そこで、先人の知恵を参考に自作してみました。 材料 作成時の写真が撮れてないので、拙いですが図で説明します。 ① 乳白色のアクリル板(縦300mm×横300mm×厚2mm) ×1② 透明のアクリル四角棒(縦10mm×横10mm×長300m) ×4③ ミラーのアクリル板(縦300mm×横300mm×厚2mm) ×1④ 白色の…

  • 海水コケ対策④ ~「マグネットクリーナー ナノマグ」を使ってみた~

    海水30cmキューブ水槽のコケ対策の第4弾です。 今回は水槽のガラス面についたコケ対策についてです。 水槽をリセットした時から使用し始めた、「マグネットクリーナー ナノマグ」について紹介します。 ↓ 前回のコケ対策 tomuzin.hatenablog.com マグネットクリーナー ナノマグ Amazon charm 楽天 Yahoo! マグネットクリーナーの立ち位置 ガラス面についたコケ掃除の方法は色々ありますが、適材適所で使用していくものだと思っています。 ↓ 私流の考え方 マグネットクリーナー:基本的にはこれを使い、コケが薄い内に除去する。 スクレーパー:固くなってしまったコケや底砂との…

  • 海水コケ対策③ ~「カミハタ シリケイトリムーバー」を使ってみた~

    海水30cmキューブ水槽のコケ対策の第3弾です。 前回までの対策(殺菌灯+マガキガイ)で、底砂のコケはほぼ抑制できるようになりましたが、ライブロック等はまだ茶ゴケに覆われています。 今回は珪酸塩吸着剤の「カミハタ シリケイトリムーバー」を使ってみました。 ↓ 前回のコケ対策 tomuzin.hatenablog.com カミハタ 珪酸塩吸着ろ材 シリケイトリムーバー (海水専用500cc) Amazon charm 楽天 Yahoo! なぜ珪酸塩吸着剤なのか 茶コケの原因の一つに水道水に含まれる珪酸塩があります。 珪酸塩が入らないために一番確実なのは、RO水(純水)を使うことです。 通常は専用…

  • ベンケイガニのアクアテラリウム作成

    知り合いから「ベンケイガニを2匹買ってきたからアクアテラリウム作って!」とお願いされました。 アクアテラリウムの作成も、依頼されてレイアウトを作成するのも初めてでしたが、レイアウトを作ること自体が好きなので、引き受けてみました。 レイアウト構想 水槽を依頼主から受け取って、自宅で構想を練ることにしました。 (何せ現地で即興レイアウトするほどのスキルは無いので。。) サイズは幅28cm×奥20cm×高33cmという特殊な寸法です。 今回は底面フィルターを使うことにしました。 以前にアクアテラリウムを作ろうと構想だけしたことがあって、その時購入してお蔵入りになった「ニッソー ハイドロテラリウム テ…

  • 海水コケ対策② ~マガキガイを入れてみた~

    海水30cmキューブ水槽のコケ対策の第2弾です。 今回はコケ取り生体として有名なマガキガイを2匹お迎えしました。 小型水槽なので3cm程の小さめの個体を選びました。 ↓ 前回のコケ対策 tomuzin.hatenablog.com マガキガイの様子 お迎えしてすぐはあまり動かなかったマガキガイたちですが、1日すれば、象の鼻のような口でコケをついばみ始めました。 さらに数日経つと底砂のコケだけでは物足りなくなったのか、ライブロックをよじ登り始めます。 お願いだからサンゴを落とさないでくれよ・・・。 どんどんアグレッシブになり、壁面登りにエスカレート。 最終的には力尽きて落っこちます。 ひっくり返…

  • 海水コケ対策① ~「カミハタ ターボツイストZ 9W」を使ってみた~

    海水30cmキューブ水槽をリセットしてから少し経って、どうなったかというと・・・ 茶ゴケパラダイスです。 底砂やライブロックが茶ゴケの膜に覆われ、光合成による気泡が膜の中に溜まっている始末。 逆に一足早く発生してくれれば、ヤエヤマギンポが☆になることは無かったでしょう。。 対策が必要と考え、殺菌灯を導入してみることにしました。 今回導入したのは「カミハタ ターボツイストZ 9W」です。 殺菌灯とは 強力な紫外線を海水に照射することで、病原菌を殺菌して病気を抑制したり、コケの胞子を殺してコケを抑制するための装置です。 一般的な使い方は、直接水流ポンプに接続したり、フィルター(ろ過層)の出水口側に…

  • 「カミハタ 海道河童(大)」と「ゼンスイ QQ1」の比較

    海水30cmキューブのリセットを機にプロテインスキマーを「カミハタ 海道河童(大)」から「ゼンスイ QQ1」に買い替えたので、使用感を紹介します。 プロテインスキマーとは? 水中で細かな泡を発生させることで、フンや食べ残しなどのたんぱく質(プロテイン)汚れを浮かせて除去(スキミング)する装置です。 海水でのみ使用できます。(淡水だと粘度がなく、泡がすぐはじけて使えない) また、海水は淡水に比べて溶存酸素量が少ないので、魚やバクテリアのためのエアレーションの役割もあります。 プロテインスキマーには主に2種類あって エアーリフト式 ベンチュリ―式 エアーリフト式の方が安価だが、ベンチュリ―式の方が…

  • ヤエヤマギンポの魅力, 特徴

    海水30cmキューブ水槽をリセットしてから数日後、ヤエヤマギンポが☆になってしまいました。。(泣) 原因は餓死だと思います。 今までは大量に生えていたコケを食べて生活していましたが、水槽リセットによりコケが無くなってしまったためでしょう。 ある程度その事態は想定していて、「Hikari 海藻70」を目の前に置いていたのですが、全く食べてくれませんでした。 人工餌を与えても臆病なところがあり、なかなか餌付けできていなかったのが悔やまれます。。 かなりお気に入りの魚だったので、今回はヤエヤマギンポの魅力, 特徴について紹介します。 ①コケ取り生体である ライブロックやガラス面に付いた茶コケをよく食…

  • 海水30cmキューブ水槽のリセット

    海水30cmキューブ水槽のリセットを行いました。 その過程を紹介します。 ↓ リセットするに至った理由と準備 tomuzin.hatenablog.com ①サンゴ砂の準備 今回は「ばくとサンド スモール 1リットル」を使用しました。 charmさんで販売されている最初からバクテリアが定着しているライブサンドです。 これを選択したポイントとしては ライブサンドでリセット時の減ったバクテリアを補う パウダーは見た目はカッコいいが水流で舞いやすいため、スモールサイズを選択 30cmキューブで厚さ1cm敷く場合、1リットルがちょうど良い レビューでは、”ビニール片が混入していることがある”と書き込み…

  • 追加購入したベタ用品

    久しぶりにベタについてです。 飼育を始めて、追加購入したベタ用品について紹介です。 仕切り板 ベタ水槽を隣り合わせる場合、お互いに見える状態にしておくとフレアリングを常時行ってしまい、ベタが疲れてしまうので、水槽の間に挟んでおきます。 初めは、家にある黒いファイルを切り取って自作しました。 しかし、実際に使ってみると仕切り板に向かってフレアリングを始めたのです。 そう、黒だと自分の姿が反射して自分に威嚇しているのでありました。。。 そんなに高い物でもないし、売っている物の方が確実かなと思い、仕切り板を購入。 使っている水槽は「水作 ショーベタ コレクションケース M」なので、ぴったりサイズの「…

  • ウォーターローンが浮いた

    朝起きて淡水30cmキューブ水槽を見ると こんな感じでウォーターローンがめくれ上がって浮いてました。 ライトを変えてから成長が早くなり密集度が上がっていたので、浮力が上がっていたのでしょう。 ↓ ライト買い替え tomuzin.hatenablog.com 切り取り マット状のまま浮き上がっているので、そのまま植え直すことはできません。 一旦浮き上がった部分を切り取ります。 このまま売れそうなウォーターローンマットですね。 株分け 植えやすくするため、株分けしていきます。 どうしてもカットした時のカスが出てしまうので水中で行います。 植栽 一株ずつ適当に植え直していきます。 全て植えてしまうと…

  • 人工ライブロックのレイアウト仮組み

    海水30cmキューブ水槽は立ち上げから1年以上が経過し、いくつか問題点が見えてきたため、水槽をリセットすることを決意しました。 問題点 有害生物の増殖 デトリタス(有機物)などの汚れが蓄積 主に天然ライブロックによる生物の持ち込みと、水流不足が原因だと思います。 毒性の強いツツマルハナサンゴと他のサンゴが接触してしまうレイアウトだったため、途中から水流ポンプを外してしまっていました。(フィルターの水流のみ) よって、現在の天然ライブロックと底砂を全て撤去し、人工ライブロックを使って新たなレイアウトを作成することにしました。 ↓ 天然ライブロックによって持ち込まれた生物たち tomuzin.ha…

  • ライブロックに付いてきた生き物たち

    海水30cmキューブ水槽を立ち上げてから1年以上が経過しました。 立ち上げ当初から天然のライブロックを入れていますが、海にいる有益な微生物による水の浄化を期待してのことです。 しかし、海から採取された物なので他に様々な生き物も付着しています。 実際にうちの海水30cmキューブ水槽に付いてきた生き物たちを紹介します。 ↓ 海水30cmキューブ水槽立ち上げ時の様子はこちら tomuzin.hatenablog.com ①海藻類 厄介度:★★★☆☆ 立ち上げから10か月を過ぎたあたりから、急激に繁茂し始めました。 上へと延びる細いひげ状の藻はハネモ、太いツタに円い葉が付いているのはタカツキヅタだと思…

  • 外部フィルターの異音対処

    うちの淡水/海水30cmキューブ水槽では、どちらも外部フィルター「エーハイム クラシック2213」を使っているのですが、最近海水30cmキューブの方の異音が大きくなってきました。 原因予測 「ジーーー」という低い音がするので調べてみると、目詰まりにより水流が阻害されている可能性があるということです。 ゴミが詰まってきたということもあるでしょうが、ろ材を詰めすぎてしまったかもしれないという心当たりが・・・。 tomuzin.hatenablog.com 対処 外部フィルターの掃除と同時にろ材の見直しをしました。 あるプロショップさんを参考に極力目詰まりしないようにしました。 ろ材構成は上から エ…

  • ウスコモンサンゴのフラグ化

    海水30cmキューブ水槽では、ウスコモンサンゴを飼育しています。 サンゴといえば多くの人が思い浮かべるミドリイシと同じSPSの仲間で、ミドリイシよりも飼いやすく、テーブル上に広がったり、渦を巻いて成長していきます。 ショップで良い形の物を見つけて衝動買いしました。 こんな形をしているので、ちょうどいいとばかりにヤエヤマギンポがよく休みに来るのですが、フンや砂も置いていきます。。 定期的に掃除をするため、ウスコモンサンゴを持ち上げた時・・・ パキッ 先の小さい出っ張り部分が折れてしまいました。。。 あまり目立たない場所で良かったけど、意外ともろいのね。 捨ててしまうのも忍びないので、初のフラグ化…

  • 「マルチカラーLED 300」の使用感

    ベタ水槽のライトとして「ゼンスイ マルチカラーLED 300」を付けてみたので使用感を紹介します。 ライトスタンド 「ゼンスイ マルチカラーLED 300」は30cm水槽用のLEDライトです。(他にも45cm~150cm用まであります) うちのベタ水槽は「水作 ショーベタ コレクションケース M」を縦向きに3つ並べていて、その横幅の合計は 8cm×3=24cm なので、LEDライトを水槽に直接設置するには横幅が足りないです。 そこでライトスタンドを用意することにします。 使ったのはダイソーの収納棚です。(大きさは約31cm×18cm×15cm) 金網部分を(強力な)ニッパーで切り落として、ひっ…

  • 「デジタル比重・塩分濃度計 MS-31」の使用感

    うちの海水30cmキューブ水槽は、週一のペースで水替えをしています。 人工海水用の塩を使って海水を作りますが、海水魚やサンゴに適した比重(塩分濃度)にする必要がありますので、そのとき必要になるのが比重計です。 今まで浮力で測るタイプの安価な比重計を使っていましたが、同じ海水でも測る度に値がずれることがよくありました。 正しく測れているか不安になり、奮発して「AQUA GEEK デジタル比重・塩分濃度計 MS-31」を購入してみたので使用感を紹介します。 AQUAGEEK デジタル比重・塩分濃度計 MS-31 charm 楽天 Yahoo! 使い方 真ん中のボタンを押して、先端のセンサー部を海水…

  • ヤマトヌマエビ追加

    最近ヤマトヌマエビがぽつぽつと☆になってしまいました。。。 6匹一緒に購入してから4年近く経過しているのでおそらく寿命だと思われます。 今までありがとうと惜しみつつも、ヤマトヌマエビを3匹追加しました。 温度合わせと点滴法で水合わせした後、30cmキューブ水槽へ投入。 左が古参ヤマト、右が新入りヤマト。 購入時は気にしなかったのですが、新入りヤマトの方が一回り大きいみたいです。 それと新入りの方が模様がはっきりしてますね。(若いからかもしれませんが) 次の日の朝、新入り3匹が寄り添ってヒーターの裏で休憩してました。 数日様子を見ましたが、コケも食べてるし、古参とのトラブルも無さそうなので一安心…

  • ベタの紹介

    今回は飼育しているベタについて紹介します。 最近飼育を始め、3匹になりました。 1匹目:青ベタ 最初に購入したハーフムーンのブルーです。(2021年2月) 照明にうまく当てるとシックな輝きを見せてくれます。 最近ヒレ欠けが起きてしまったり、調子を崩し気味。。 ↓導入時の様子 tomuzin.hatenablog.com 2匹目:赤ベタ 2番目に購入したクラウンテールのレッドです。(2021年2月) よく見る他のクラウンテールよりも、ヒレ先がカールしていて髪の毛のようです。あと目玉が大きい。 3匹の中で一番元気が良く、鏡を見せた瞬間からフレアリングを開始します。 3匹目:白ベタ 3番目に購入した…

  • カクレクマノミはツツマルハナサンゴに入るのか

    今回は海水30cmキューブ水槽で飼育している「カクレクマノミ」についてです。 カクレクマノミは、映画「ファインディング・ニモ」で有名になった海水魚です。 鮮やかなオレンジ色でくねくね泳ぐ可愛らしい姿や、丈夫で飼いやすいという理由の他に、イソギンチャクに身を寄せる姿が、人気の要因ではないでしょうか。 イソギンチャクとの共生が見たい 私も海水魚飼育を始めようと思った際に、カクレクマノミとイソギンチャクの共生が見たいと思っていましたが、最終的にイソギンチャク飼育は断念しました。 その理由は、30cmキューブ水槽という小さめの環境ではイソギンチャク飼育が難しいと判断したからです。 強めの毒を持っている…

  • LEDライト「nano LeviL 300」の使用感

    今回は淡水30cmキューブ水槽のLEDライトを「ゼンスイ nano LeviL 300 WHITE」に買い替えたので、今まで使用していた「ADA アクアスカイG301」と比較しつつ、使用感を紹介します。 買い替えた理由 もちろん「ADA アクアスカイG301」もかなり良いライトなのですが、発売してから4年経過しているため、より高いスペックのライトも出てきていて、試してみたかったこと。 それと、最近パールグラスの葉先が白化してきてしまい、現在使用している「ライトの劣化」が原因か切り分けたかった、ということもあります。 スペック比較 ルーメン(lm) ルーメン(lm) ADA アクアスカイG301…

  • ベタ飼育はじめます (ベタお迎え編)

    前回からの続きです。 色々準備してきましたが、ついにベタを買ってきました!(2021年2月) ↓前回の記事 tomuzin.hatenablog.com ベタお迎え ハーフムーンのターコイズブルー(っていうのかな?)です。 派手さはないですが、シックに光る渋さに惹かれました。 用品追加 100均(Seria)で餌やり用にマドレースプーンとフレアリング用に鏡を購入。 ベタは定期的にわざとフレアリング(威嚇行動)をさせて、運動不足解消やヒレの固着防止する必要があります。 本来はオス同士で向い合せるのが良いのですが、まだ1匹しかいないので、鏡を見せることで自分を他のオスだと思わせ、フレアリングさせま…

  • ベタ飼育はじめます (用品準備編)

    前回からの続きです。 ベタ飼育を始めるにあたって必要な用品を準備します。(2021年2月) ↓前回の記事 tomuzin.hatenablog.com 購入した物 水作 ショーベタ コレクションケース M 水作 アクアパネルヒーター 12W 水作 ベタの塩タブレット ミニ キョーリン ひかりべた アドバンス キョーリン プロテクトX エヴァリス きっちり計れる水温計 水槽のサイズに対して、ヒーターが大きいのは理由があります。 私がベタを飼い始めてしまったら 1匹で済むはずがないからです。 必ずバリエーションが異なるベタを飼いたくなります。 このように配置すれば、コレクションケースMを3つ並べる…

  • ベタ飼育はじめます (コンセント延長編)

    バケツなどアクアリウム用品を収納している棚があるのですが、その上が空いているので、「このスペースでベタを飼おう!」と唐突に思い付きました。(2021年2月) ベタであれば広いスペースを必要とせずに飼育できるかなと思っていたのですが、ひとつ問題がありました。 近くの壁にコンセントがない 窓に近いのでライトは無くても良いかとあきらめもつきますが、この時は2月でヒーターは必須です。 向かい側の壁にはコンセントがありますが、床や天井経由でケーブルを延長してくるのは見た目上不格好であまりやりたくありません。 そこで、すぐ左にあるトイレのドアからコンセントを延長してくることにしました。 使用した電源タップ…

  • 海水水槽のpH低下改善

    海水水槽で久しぶりにphを測定したら、pH 7.5になっていました。 海水の適正pHは7.8~8.4位なので、ちょっと低めです。 ろ材にサンゴ砂追加 pHは安定期でも高くはなかったのですが、今回さらに低くなっており、ちょうど外部フィルター掃除の時期でもあったので、ろ材としてサンゴ砂を追加してみることにしました。 粗目のサンゴ砂をバケツに入れて、米研ぎの要領で10回くらい洗います。 それでも水が濁りはするのですが、多少は大丈夫でしょう。 使用したサンゴ砂は「SDシンセー コーラルサンド 中目(10番)」です。 ストーンディーラーシンセー コーラルサンド 中目(10番) 5kg 楽天 外部フィルタ…

  • CO2ボンベの減りが早い

    淡水水槽では、小型CO2ボンベとレギュレータ―を使ってCO2を添加しています。 しかし、この頃やけにCO2ボンベの減りが早い。。 今まで同じ74gボンベを使い続け、1本1か月程度はもっていたはずなのに、1週間程度で無くなってしまう。 1本500円として、1か月500円程度で済んでいたものを2000円以上かかってしまうのでは堪ったものではない。 ということで、調査を開始しました。 使用しているCO2レギュレータ―は「スドー CO2レギュレータ― RG-S タイプB」です。 ※今は廃版になっているようで、下のリンクは新しいバージョンです。 スドー CO2レギュレーター RG-S タイプB2 コンプ…

  • 30cmキューブ水槽のススメ

    今回は熱帯魚飼育をしていて感じた30cmキューブ水槽の魅力についてです。 アクアリウムの水槽サイズに迷ってる方の参考になればと思います。 30cmキューブ水槽とは 言葉の通り、幅30cm×奥行30cm×高さ30cmのサイコロ型の水槽です。 一般的には、初心者は60cm水槽(幅60cm×奥行30cm×高さ36cm)から始めるのが良いと言われることが多いのですが、個人的には30cmキューブ水槽から始めることをお勧めしたいです。 気軽に始める場合にも、本格的にレイアウトする場合にも、どちらにも対応できるバランスの良いサイズだと思うからです。 30cmキューブ水槽のメリット ■スペースを取らない 新た…

  • アクアリウム東京に行ってきました

    本日、アクアリウム東京に行ってきました。 その様子を軽くレポートします。 イベント概要 アクアリウム東京は、新宿で2日間に渡り開催している熱帯魚関連の即売会です。 プロショップやメーカー、個人出展で生体やグッズを販売していて、ベタコンテストや即興レイアウトコンテストなどのイベントも開催しています。 「アクアリウム東京」公式サイト|2021年3/27.28開催!国内最大級の熱帯魚と生き物マーケットイベント (aquariumtokyo.jp) そして、今回は記念すべき第一回になります。 到着 会場は新宿住友ビル1階の三角広場。 どのくらいの混み具合になるか分からなかったので、開始45分前に到着。…

ブログリーダー」を活用して、トムジンさんをフォローしませんか?

ハンドル名
トムジンさん
ブログタイトル
淡水海水30cm生活
フォロー
淡水海水30cm生活

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用