searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
電車でキャンプ△|車がなくても、 子どもとゆるキャン! https://www.casual-camp-style.com

日々の生活から癒しを求め、アウトドアに興味を持ったものの、車がない。。でも、家族でキャンプしたい!!そんな葛藤から、電車+αで行けるキャンプ場を事前に徹底調査して楽しむ、独自のスタイルを確立しました。

電車キャンプ歴5年、行ったキャンプは20回程。ブログで電車キャンプの楽しさやノウハウを発信します!

Nむら
フォロー
住所
未設定
出身
関東地方
ブログ村参加

2021/09/10

1件〜100件

  • ブリーズ ファミリー キャンプ(千葉県館山市)|海まで3分のお手軽南国キャンプ場

    車がないけどキャンプに行きたい。そんな方には千葉県館山市のアクセス良好な海沿いキャンプ場である、ブリーズファミリーキャンプ(BREEZE Family Camp)をお勧めします。 場内の遊具も非常に充実していますし、海まで徒歩3分なので子ども達は大喜びで遊び倒します。キャンプ場や遊具・海遊びの楽しさを、ファミリー電車キャンパー視点でブログで紹介します。

  • DODポップアップランタン レビュー|エネループ利用で電池切れ対策も

    このブログ記事ではDODのランタン「ソーラーポップアップランタン」を約1年半、キャンプやアウトドアシーンでフル活用したNむらが、実際に利用した写真などとともにレビューしていきます。軽量・コンパクト、さらにかわいい見た目ながらも、サブランタンとして非常に優秀で、様々なシーンで活躍してくれます。

  • ジェントスおすすめランタンEX-136Sをレビュー|EX-236D(新型)との違いも解説

    このブログ記事ではジェントスのランタン「EX-136S」を約2年半、キャンプやアウトドアシーンでフル活用したNむらが、後継機「EX-236D」との機能比較も含めてレビューしていきます。結論としては、マイナーアップデートなので性能に大差なく、EX-136DとEX-236Dはどちらもお勧めできるランタンです。メイン・サブランタンとして非常に優秀、様々なシーンで活躍してくれます。

  • 長瀞オートキャンプ場でグランピング!電車ならコテージ・バンガロー泊がおすすめ

    車がないけどキャンプに行きたい。そんな方には埼玉県長瀞町にあるリバーサイドキャンプ場、長瀞オートキャンプ場をお勧めします。 長瀞エリアは荒川の豊富な水量の恩恵を受け、リバーアクティビティが楽しめます。また、キャンプ場内では川遊びもできますので小さなお子さんも喜びます。 キャンプ場や周辺アクティビティを含めて、ファミリー電車キャンパー視点で全力レポートします。

  • 【埼玉長瀞編】電車で行けるおすすめのキャンプ場|コテージ宿泊やグランピングも

    長瀞にあるおすすめのキャンプ場と子どもと一緒に遊べるレジャー施設をブログでご紹介します。長瀞は手軽にリバーアクティビティを楽しめるので、我が家でも何度も行っている初心者おススメエリアです。車がなくても電車・バス・近距離のタクシーを駆使してキャンプ場に出かけましょう!

  • googleフォトとamazonフォトがおすすめ|キャンプ写真の共有・バックアップ

    キャンプで撮影した大量の写真、どうやって保管していますか?パソコンに保存するだけだと、故障や買い替えの際に手間だし、かといって他にどうすればいいのかわからない。そんな方には是非今回のブログで紹介しているGoogleフォトとAmazonフォトをお勧めします。どちらも手軽にバックアップが取れ、さらには共有が簡単なので、家族キャンパーの強い味方となってくれます。

  • リキャンプおだわら(神奈川県小田原市)|こどもの森わんぱくらんど隣の穴場的キャンプ場

    車がないけどキャンプに行きたい。そんな方には神奈川県小田原市のアクセス良好な林間キャンプ場である、リキャンプおだわら(Recamp小田原)をお勧めします。 アスレチックが思いっきり楽しめるいこいの森わんぱくらんどが徒歩圏内なのでアクティブに遊べますよ。キャンプ場やアスレチックの楽しさをファミリー電車キャンパー視点で全力レポートします。

  • 【保存版】電車キャンプの持ち物リスト|グランピングやコテージ等シーンに合わせて解説

    この記事では家族で電車キャンプをするにあたって、必要なキャンプ道具たちをすべてご紹介します。 宿泊スタイルによってはキャンプ場のプランに含まれていたり、レンタルできることも多数あります。 グランピング・コテージ・常設テントなど、初心者向けプランがあるキャンプ場に行くシーンを想定して、荷物の準備を解説していきます。記事の後半では我が家で普段利用している持ち物リストも紹介しますので、是非ご確認ください。

  • ファミリーキャンプのスケジュールの立て方|電車派×初心者向け1泊2日の事例を紹介

    キャンプ場で何をしてよいかわからない、他の家族キャンパーが何をしているか気になる、キャンプ設営や料理にどの程度時間がかかるかわからないから、計画が立てにくい。。など悩みはありませんか?このブログ記事では家族で電車キャンプに行く際の、予約~当日の過ごし方などのスケジュールを事例付きで解説します。

  • ぽんぽこの森ファミリーキャンプ場(栃木県那須郡)|南ヶ丘牧場と合わせて牧場キャンプを楽しもう

    車がないけどキャンプに行きたい。そんな方には栃木県那須郡のアクセス良好な林間キャンプ場である、「ぽんぽこの森ファミリーキャンプ場」をお勧めします。 南ヶ丘牧場まで徒歩10分という好立地なので、キャンプと牧場が同時に楽しめます。このブログでは11月中旬に我が家がぽんぽこの森ファミリーキャンプ場に行った時のレポートをしています。電車とバスと徒歩で行けます。

  • キャンプに持っていきたい調味料4選|ほりにし(ノーマル/辛口)・喜(よろこび)・岩塩がおすすめ

    キャンプといえばBBQ、味付けはタレor塩のみという方も多いのではないでしょうか。せっかくのキャンプなので、BBQもいつもよりおいしく味わいたいし、+1品でサラダやアヒージョなんかも作りたかったりします。でも、やっぱり荷物は減らしたいですよね。今回の記事ではキャンプに持っていくおすすめの調味料について解説していきます。食事を楽しめればキャンプ全体の楽しさは大幅アップですよ!ぜひお気に入りの調味料を見つけてみてくださいね。

  • ハウザースリースライド(KEEN)をレビュー|温かいサンダルは冬キャンプでも便利か検証【PR】

    最近はキャンプの注目度も高まり、ガチ勢だけではなく、「リラックスするために行く!ゆるーくキャンプしたい!」という方が増えているかと思います。 テントやコテージ内から外に出るシーンも増えるので、脱ぎ履きが簡単にできて、なおかつリラックスムードにも浸れる、そんな靴が欲しくなってきます。 今回はリラックスシューズとして名高いKEENのハウザースリースライドを普段使い+キャンプでの体験レビューを紹介します。

  • 昭和の森フォレストビレッジ(千葉県千葉市)|アスレチックが最高に楽しい家族向けキャンプ場

    車がないけどキャンプに行きたい。そんな方には千葉県千葉市のアクセス良好な林間キャンプ場である、「昭和の森フォレストビレッジ」をお勧めします。 アスレチックが思いっきり楽しめる昭和の森公園が徒歩圏内なのでアクティブに遊べますよ。キャンプ場やアスレチックの楽しさをファミリー電車キャンパー視点で全力レポートします。

  • 電車キャンプにはスーツケースがおすすめ|選び方やバックパックとの比較あり

    皆さんはキャンプ場には荷物をどうやって持っていきますか?私は周りの目を気にせずに、普通の旅行用スーツケースをキャンプ場に持っていっています!電車キャンパーで、かつ、スーツケースキャンパーのNむらが家族で電車キャンプするのにおすすめのスーツケースについて紹介します。バックパック、スーツケース、その他のタイプなど特徴を整理していきます。

  • BBQや焚火の火起こし方法|キャンプ初心者に便利なチートアイテムも紹介

    焚火やBBQの際の火起こしって、慣れるまではなかなか苦戦してしまうこともありますよね。 使用する薪・炭の状態や、着火剤や道具の質によって火起こしのしやすさが左右されますが、火が付くための流れや原理原則を理解しておくこともとても重要です。 今回の記事では火起こしに苦戦しないために、便利な道具と火起こしの流れを説明します。

  • 軽量コンパクトな焚火台|メッシュファイヤーピット(ロゴス)が家族キャンプに最適

    キャンプの醍醐味と言えば焚火ですが、焚火台を毎回レンタルすると1000~1500円程度と地味に高いとは思いませんか?今回は家族で電車キャンプするのに最適な焚火台をご紹介します。選定ポイントも説明するので、ご自身のキャンプスタイルや目的に合わせて最適な焚火台を見つけてくださいね。

  • 家族をキャンプに誘う方法4選!車もテントも不要、ゆるくて自由なキャンプを始めよう

    初心者が家族キャンプを始めるまでにはいくつかの心理的ハードルがあります。でも、ちょっとした方法で、パートナーや子どものテンションを上げ、家族みんなでキャンプに行きたい!ってなったら良いですよね。今回の記事では電車キャンプ5年のNむらが、家族をキャンプに誘うために実際に行った方法をお伝えします。

  • 電車で行けるキャンプ場【埼玉秩父編】家族キャンプにおすすめな周辺レジャー情報も

    秩父にあるおすすめのキャンプ場と子どもと一緒に遊べるレジャー施設をご紹介します。秩父は手軽にアウトドアを楽しめるので、我が家でも何度も行っている初心者おススメエリアです。車がなくても電車・バス・近距離のタクシーを駆使してキャンプ場に出かけましょう!

  • キャンプ用ライトの選び方|コンパクトで使いやすいLEDランタンが初心者・家族キャンパーにおすすめ

    日常生活やホテル泊旅行の場合、灯りの重要さは感じにくいので、「たかがライト」と感じる方も多いかもしれませんが、夜の闇を楽しめるキャンプでは重要な要素です。子連れの電車キャンプにベストなアウトドア用ライトについてご紹介します。明るさ、サイズ、性能、そして雰囲気等、こだわるべきポイントを紹介します。

  • DIE WITH ZERO|タイムバケットを作って後悔ない人生をデザインする

    人生で一番大切な仕事は、思い出を作ること。老後の備えは必要だが、老後で何より価値が高まるのは思い出。(お金ではない) これらは最近読んだDIE WITH ZERO(ダイウィズゼロ)から学んだことです。今しかできない×やりたいことを再考することで、あらためてキャンプって最高だなと実感しました。

  • 子連れの電車キャンプに最適なコンロ:スノーピークヤエンストーブ ナギ&レギ

    キャンプなどのアウトドア料理用に、シングルバーナーを持参すればキャンプの楽しさがまた一段上がります。電車キャンパーなら「軽量・コンパクトさ」「安定性」「高出力・防風性」を重視し、自分にあったモデルを選びましょう。お気に入りの道具を持っていき、キャンプ場で作る料理は最高です!

  • キャンプ場の探し方|電車キャンプの事前調査にはGoogleマップをフル活用しよう

    家族でキャンプに行きたいけど、なかなか良いキャンプ場が見つからない。そんな悩みを抱えていませんか?この記事ではGoogleマップ検索を中心に自分の要望にあったキャンプ場の探し方をお伝えします。電車で行けるキャンプ場を効率的に探し、実際に予約する一連の流れを見ていきましょう。

  • PICAリゾートはキャンプ初心者に最適|電車で行けるおすすめのキャンプ場を紹介

    「電車キャンプ歴5年」のNむらが、PICAリゾートの魅力についてお伝えします。我が家ではPICA(ピカ)のキャンプ場10か所のうち5か所、計7回行っています!PICAは初心者や電車キャンパーにも優しいので、とってもおすすですよ!

  • 電車キャンプに最適なクッカー:モンベルアルパインクッカー 14+16 パンセット

    キャンプ料理の王道といえばBBQですが、時々プラス一品が欲しくなりませんか?そんなときにしっかりと料理を作れるフライパンや鍋セットがあると、とっても便利です。一押しはモンベルアルパインクッカー14+16 パンセットです。この記事ではクッカーの基本から選定のポイントまでを初心者にもわかりやすく解説していきます。

  • 伊香保グリーン牧場でキャンプ|牧場×ハロウィン×キャンプを家族で楽しむ

    今回は伊香保グリーン牧場のハロウィンキャンプイベントに参加してきた体験レポートです。ハロウィン×牧場×キャンプのコラボ、最高でしたよ!個人ではジャック・オー・ランタン作りはなかなか難しいのですが、とても楽しく良い経験ができました。是非参加してみてください!

  • 初めてのレンタルテント設営|キャンプ初心者が事前に確認しておきたいこと6選

    キャンプを何度か経験してくると、自分達でテントの設営をやってみたくなりませんか?テントを購入したくないけどテント泊を体験してみたい、テント泊をしたいが設営に不安がある。そんな方は是非こちらの記事で事前準備をして、万全な体制でキャンプに臨んでください。

ブログリーダー」を活用して、Nむらさんをフォローしませんか?

ハンドル名
Nむらさん
ブログタイトル
電車でキャンプ△|車がなくても、 子どもとゆるキャン!
フォロー
電車でキャンプ△|車がなくても、 子どもとゆるキャン!

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用