chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
P子
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2021/09/10

arrow_drop_down
  • シーフードミックスでシチュー

    冷凍室の中で眠っていたシーフードミックスでシチュー。シーフードミックスは塩水(濃度3%)に浸けて解凍すると良いらしいのでそのように解凍したところ本当に良かったので良かった。 ちなみにホワイトソースは気力かつ牛乳が余っていないかぎり作らない、固形ルー万歳。カレーはそうでもないが、シチューはどろっどろの濃いのが好み。基本的にパンと食べるけどご飯でもいいよ。美味しければ何でもOK。

  • 牛すじ肉は大体カレー

    牛すじ肉は豚すじ肉より入手しやすい。圧力鍋が無いので地道に1~2時間煮込み、その後は普通にカレーを作ることが多い。カレーの面倒臭さの8割はタマネギを切って炒めることだと思っている。残り2割のうち1割はニンジンを擦ることで、最後の1割は鍋に残ったカレーを冷凍処理することだ。 だからカレーはその日(あるいは翌日昼まで)に食べきれる量を作るのがベストだと思っている。それなのに調子に乗って牛すじを1キロ近くも購入してしまった。カレーは食べきりがベストなのに煮込み料理はある程度量が多いほうが美味しい気がするという悩ましい問題があり、つい大量に煮込みたくなってしまう。 とりあえずカレーにする前に少し取り分…

  • 鮭のアラ汁(※)

    物臭なので画像フォルダの中から時系列順にピックアップしたりしない。とはいえ完全にランダムだと「ええとアレはなんだったかのう……」と首を傾げたり捻ったり忙しい。結局「適当に撮り溜めておき、書く気が起こったものをピックアップする」ということで落ち着いた。今の数行を一言でまとめると「気まぐれ」。じゃあ最初からそう書け。 ……などと適当なことを書きつつ「この画像、なんだっけなぁ」と考えた。思い出した、鮭のアラ汁だ。正確には 私がスーパーで鮭のアラを購入、シチューに入れるのを思いとどまる 母がネギと豆腐と鮭のアラでアラ汁を作る ダシの効いてない醤油汁と化す(味が薄くておいしくない) 仕方なく私が矯正を試…

  • 豚すじの煮込み未満

    豚すじ肉があったのでどんなもんかと手に取ってみたものの、創意工夫意欲が全く湧かず20~30分くらい茹でただけの何か。たまたまあったシシトウの煮浸しを添えて。盛り付けは例によって雑。味ぽんなりポン酢なり醤油なり好きな調味料を選ぶ。美味い。適当に茹でただけなのに美味い。 とはいえただ茹でただけなので、すじ肉特有の「手間暇を掛けて作った煮込みが美味しい」といった感動は得られない。あくまでも「新鮮な豚肉」といった美味しさであり、得られるのは「こんな簡単なのに美味しい」という感動だ。「簡単」こそが付加価値であり、美味しさを底上げしている気がする。安さも同様。シンプルに言えば、こうだ。 「安い! 簡単! …

  • 豚ハツモトを焼いただけのもの

    時々行く店にある精肉コーナーの品揃えが普通のスーパーと一線を画しており、物珍しさでついつい色々購入。その中でリピート買いするようになったものの一つが豚ハツモト。心臓あたりの大動脈だとか。 適当な大きさにカットして焼いて味付けしただけ。楽。血管に付いている肉がカリカリになるまで焼いている。コリコリしていてほんのり甘味があって美味しい。しかし、焼いていると突然「パン!」という大きな音とともに油が撥ねるので小心者にはちょっとツラい。あと噛み過ぎて顎が痛い。ネットで調べると煮込みも出てくるので、今度機会(というか気力)があれば。

  • 焦げたカボチャと夏の終わりの思い出

    中途半端に余ったので適当にスライスして電子レンジで加熱して食べてしまおうとしたら、うっかり水分が飛んでしまいガッチガチになったカボチャ。見るからに食べられそうにないのに私の中のMOTTAINAIが再び発動した。せめて食べられそうな部分だけは責任を持って食べよう。そう思い口に含んだ途端、頭の中で夏の思い出が弾けた。子供のころに見上げた打ち上げ花火。遊んだ手持ち花火。蒸し暑い夏の夜、蚊取り線香のニオイ。煙い。焦げ臭い。ああそうだ、焦げ臭いのだ。ボリボリ噛んでいると焦げ臭さは抜けていき、我に返る。 原因は水分を加えなかったこと、少量だったこと、スライスしていたことなど。煮物用にカットされているものを…

  • 甘い肉じゃが

    レシピ無しの目分量でもそれなりに料理は作れるとはいえ、気分次第で作ると味にブレが出る。手癖で作れるような料理でも「もしかしたら世間と剥離しているものを作っているのでは……」と不安になることもある。だから本当に適当な料理以外はレシピを見て作りがちだ。我が家にはそんなメモ(付箋)がキッチンの壁に貼られている。 肉じゃがも調味料の分量が書かれたメモがあった。そこには「砂糖 大さじ4 大さじ3」と書いてあり、恐らく以前作った際にどこかのレシピを見て作ったはいいが「うーん……甘い」と砂糖の分量を訂正したのだろう。味の好みには当然個人差があるので、作って食べた後にレシピの分量を訂正することはよくある話だ。…

  • カニ玉のようなニラ玉のようなオムレツのようなお好み焼きのような

    そして「芙蓉蛋(ふようたん)」という言葉を知る。ざっくり言うと中華風オムレツらしい。カニ玉は「芙蓉蟹(ふようはい)」。って、Wikipediaが言ってた。Wikipedia便利。でもたぶん明日には忘れてる。中年の記憶力、そんなもの。 で、上の画像のは何だろうかというと、何だかよく分からない。スーパーの鮮魚コーナーで売っているカニカマを買ったはいいけど使わず放置してしまい、カニ玉にでもしてしまおう思って作り始めるまではよくある話。そこに野菜室で忘れられようとしていたエノキも投入され、ついでだからとニラやらタマネギやらも加入させられ、最終的にはやたら具沢山の何だかよく分からない代物が完成。勝者はニ…

  • 茹でたモヤシに鰹節を散らしただけのやつ

    普通に「おひたし」でいいんじゃないか、それ。 モヤシは買ってきたら何も考えずに茹でて数日内に食べきるが、茹でたモヤシをそのまま食卓に出すことがほとんどだ。「茹でて和えるだけ!」と言われても和えることすら億劫な人間がここにいる。どうしようもない。各自適当に何か掛けて食べてくれ、醤油とか。 ……というのもさすがにどうかと思い、鰹節を散らしてみた。全然違った。ちゃんとした一品料理になった。これなら茹でただけのモヤシを堂々と食卓に出すことができる。あとは各自適当に何か掛けて食べてくれ、醤油でもめんつゆでも。 ちなみに、モヤシの「ひげ」は取らない派。食感はあまり気にしていない。可食部ならば普通に食べれば…

  • ミックスサラダのスープ

    食事は隙あらば手を抜きたいのでカット野菜を重宝している。というか主にミックスサラダを重宝している。しかし、時々なんとも言えない臭いを発しているものがある。先日はほぼ刺激臭に近い臭いを発していた。恐らくキャベツの臭いなのだが、どうにもそのまま食べるのは気が引ける。味見(毒味)をしても、別に危険な感じはしない。ただひたすら刺激臭のようなものがするだけ。腐敗臭ではないが、ツーンとする。 どうしようか。いや「どうしようか」って何だよ諦めて処分しろよ。 そんな警告を無視して私の「MOTTAINAI」が発動した。まずミックスサラダを洗う。炒めたベーコンとタマネギを追加してコンソメでグツグツ煮込む。ついでに…

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、P子さんをフォローしませんか?

ハンドル名
P子さん
ブログタイトル
料理嫌いの料理メモ
フォロー
料理嫌いの料理メモ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用
料理嫌いの料理メモ

フォローできる上限に達しました。

新規登録/ログインすることで
フォロー上限を増やすことができます。

フォローしました

リーダーで読む

フォロー