chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
Atelier 0 オフィシャルブログ https://www.atelier0.jp/

建築/内装/リノベーション/プロダクト/グラフィック などのデザイン事務所、アトリゼロのブログです。 読んでくださっている方々が生きていく上での考察の一材料や、建築・デザインという世界の覗き見、ヒマつぶしにでもなりましたら。

Atelier 0
フォロー
住所
港区
出身
東京都
ブログ村参加

2021/09/04

1件〜100件

  • バズった記事を紹介します&ブログの話

    今日は高山です。 さて、このブログ、読者の方々のお陰様でそろそろ50記事目を迎えそう(コメントなどがあるともっとがんばれますので、仮にもっと読みたいという稀有な方がいらっしゃいましたら、一言の感想 くらいでも書いてもらえると嬉しく、質量共に上がる可能性はあります。)なのですが、当サイト自体にもながら、知ってる人は当然知ってる、知らない人は全然知らないであろう、Google Analyticsというどのくらいのアクセスがあったかを統計できるGoogle先生の便利ツールでアクセスの解析や統計をしており、日々どのくらい / どういうデバイスから / どういう地域から etc...を知ることができます。 (念のため、IPアドレスなどは分かりませんので高山に知られずにこっそり読みたいというエロい方は安心してこっそりご高覧ください…笑) このブログは収益化のために書いているものではありませんので、始めた当初から友人や知人、仕事に関係する方々程度の範囲で読んでもらえればいいや、と思って始めたものなので、アクセス数はほとんど気にはしていなかったのですが、突如として平均PV(ページビュー、閲覧された回数

  • バズった記事を紹介します&ブログの話

    今日は高山です。 さて、このブログ、読者の方々のお陰様でそろそろ50記事目を迎えそう(コメントなどがあるともっとがんばれますので、仮にもっと読みたいという稀有な方がいらっしゃいましたら、一言の感想 くらいでも書いてもらえると嬉しく、質量共に上がる可能性はあります。)なのですが、当サイト自体にもながら、知ってる人は当然知ってる、知らない人は全然知らないであろう、Google Analyticsというどのくらいのアクセスがあったかを統計できるGoogle先生の便利ツールでアクセスの解析や統計をしており、日々どのくらい / どういうデバイスから / どういう地域から etc...を知ることができます。 (念のため、IPアドレスなどは分かりませんので高山に知られずにこっそり読みたいというエロい方は安心してこっそりご高覧ください…笑) このブログは収益化のために書いているものではありませんので、始めた当初から友人や知人、仕事に関係する方々程度の範囲で読んでもらえればいいや、と思って始めたものなので、アクセス数はほとんど気にはしていなかったのですが、突如として平均PV(ページビュー、閲覧された回数

  • ロゴを選んで買えるオンラインショップが出来ました

    ご無沙汰しております、高山です。 かなりバタバタバタバタしており約3ヶ月もの長きに渡ってブログ更新しておりませんでした…少し落ち着いたのでぼちぼちと再開していきます。 さて、久々で宣伝になり申し訳ないのですが、この3ヶ月間何をしていたのかというと!もちろん3ヶ月間の全てを使った訳ではありませんが、表題の通り、この度、ロゴを選んで買えるECショップを作ったりなんだりしていました。 LOGO OUTLET / ロゴアウトレット https://www.atelier0.jp/lo-home Twitter等々から散々告知などを行なっていたので、既にご存知の方も多いかとは思いますが、こちら、数多ある既成のロゴの中から好きなものを選ぶ→カスタム(追加料金かかりますが)したい場合はカスタムも依頼できるというサービスです。 0というのか1というのか、しっかりヒアリング&打ち合わせをしながら制作する完全オーダーメイドのサービスも変わらず承っております(https://www.atelier0.jp/logo-guide)が、オーダーより安く/早く/気軽に オンラインで完結してロゴを手に入れられるサ

  • さようなら中銀カプセルタワービル [追悼の気持ちを込めて昔のスケッチをアップ]

    今晩は高山です。 えー、表題の件ですが、様々なメディアも取り上げているのでご存知の方も多いか思いますが、中銀カプセルタワービルの解体が決まり、今現在は解体工事中かな?というところ。 どのような建物かはググれば色々と出てくるのでここでは割愛(かなりの思想なども込められた建物なので、説明し出すと長くなりそうなので…)しますが、やたらとメディアに頻出しており、「あ、そういえば。」と思い出したことがありまして。 と、いいますのも、私がまだ建築学生だった頃、課題の建物のスケッチで中銀カプセルタワービルを確か描いたな?と思って、他の用事のついでに、実家の荷物の中からゴソゴソと掘り出してまいりました。 こちら 実物はこちら なんかパース微妙にズレてない?直線ふにゃふにゃしてない?と昔の自分にツッコミたい気もするのですが、まぁ少なくともそれなりの熱量は感じるスケッチではあるように思います。 中銀カプセルタワービルにせよ、メタボリズムにせよ、歴史的な建物の保存にせよ、色々と思うことはあるのですが、ま、それはまたにしておいて、ふぁぁぁ〜、こんな建物あるんか〜…と思わされ、ま、とにかくこのようにしてスケッチ

  • 初!メディアに掲載されました☆

    バタバタ続きでブログの更新滞っておりました、高山です。今回はいい話じゃ無いかと思うので、最後まで読んで頂けましたら幸いです。 えー、今回は表題の通り、人生初!うちの事務所の仕事がメディアに掲載されました。 わーい。tectureさんありがとうございまっす! [ 詳細ページ → https://www.tecture.jp/projects/2094/posts ] てな訳で、twitterからもご報告しましたが、先ずtectureとはなんぞや?という説明を少しばかり。 母体はTECTURE MAGという「デザインを基軸に、ビジネス・ファッション・アートなど異なるジャンルをブリッジングすることで、クリエイティブにデザインをサポートする次世代型空間デザインメディア」で、山根脩平さんという方が代表、そして建築やインテリア好きのみならず聞いた事のある人も多いであろう、大人気建築家の谷尻誠さんもその運営メンバーとなっている、今勢いのあるイケイケなメディアです。 で、tectureというのはそんなことをされている会社のサービスのうちの一つで、これはもうリンクからとんでいただければすぐ分かり

  • 2022年のプリツカー賞[建築界のノーベル賞]受賞者が決まったので軽く考察。初のfromアフリカ!

    ちょりっす高山です。木下さんがなんかがんばってますね。 さておき、表題の通り、建築界のノーベル賞と言われる、毎年一名(一組)のみ選ばれる、サッカーでいうところのバロンドール、アートでいうところのターナー賞、ジャーナリズムでいうところのピューリッツァー賞、パパとママでいうところの子供が描いてくれた似顔絵であるとか(笑)etc...みたいなものが選出されたので、考察というほどか、まぁ思ったことを書いておきます。 因むと歴代の受賞を国籍別でいうと日本からは8回 / 44回 受賞と世界最多で、日の出づるこの国は建築大国です。よく言えばone of a 建築の本場、やってる身からすれば、ド・レッドオーシャンでもある訳で、なんでそんなところに飛び込んだのよ俺。と思わなくもないのですが、ま、ガウディが悪い。 さておきさておき、今回はブルキナファソ出身の建築家、ディエベド・フランシス・ケレという方が受賞されました。おめでとうございます。 ざっくりアフリカは分かるけど、ブルキナファソってどこ?と思ったので、こちら もうちょっと北に行くと砂漠だらけ、南に行くと緑。という絶妙なところにあるようです。南ア

  • コンペに負けたので公開反省

    怒涛のようにブログを更新しようと思っていたのですが、ウクライナ情勢、、、。 というところで少し手を緩めておりました。社会情勢や政治、それに関するアクションやコメントなどどの程度まで?というのは各人各様に考えものかと思います。 個人的には、今現在は世の中に対する影響力が大きい訳でない、こじんまりとした事務所なので、テレ東かのごとく世の中にネガティブな何が起きてもうちなりのコンテンツを流し続けるのみ(職責に徹するという意味で)。というところなのですが、国外で起きていることとはいえ非常にシリアスな状況の始まりでしたので 更新を控える くらいにしておきました。決してめでたくない心境や状況の方もいるかと思いますが、前を向いて進んでいきましょう。戦争は、大反対です。 さてコンテンツ。表題の通り、以前ここに書きました、ロゴのコンペ(コンテストのようなもの)に負けてしまいました。あー、悔しい!! これまで学生時代からアート・建築(アイディア / 実施 問わず)・インテリアと多岐に渡り個人でもチームでもそれなりの数のコンペに応募してきたのですが、コンペ、勝てない。。かなりの募集数あるものがほとんどとい

  • 3Dプリンター② 新3Dプリンターをゲットしたので公開[ANYCUBIC Chiron]

    タイトルの通り、ひょんなことから新たなる3Dプリンターをゲットしました! こちら ANYCUBIC社製の[Chiron]というモデルです。真っ黒だけど、シロンと読むっぽいので命名、シロちゃんです。感想はというと、えー、で、でかい。。 これまで使っていたのはCREALITY社製の[Ender 3-pro]というモデルでこちら。 ラップトップPC程度のサイズ感でまだ可愛かったのですが、今回手に入れたシロちゃんは作業スペースをガツンと埋めてくる、畳半畳くらいはあろうかという代物に。 これらを 購入した ではなく ゲットした と表現しておりますのは、このどちらもモノ好きな知人(片方はプロダクトを一緒に進めている人で、もう片方はロゴのご依頼も頂いた知人かつクライアント)がおり、「家に置いておけなさそう」「買ったはいいけど使ってない」という理由から、うちで使う&引き取ることになったものたちという。うーん、ラッキー。 ただこのシロちゃん、運ぶにあたりあまりの大きさに車のトランクに載らなかったので、後部座席に一緒に乗り込み倒れないように抑えつつ、自分もろとも運ばれるというプチイベントなどを挟みつつ、昨

  • ブログ久々更新〜

    おはようございます。 えー、最近ブログの更新が滞っておりましたが ・ロゴのコンペ負けましたorz ので公開反省その他 ・わりと好評なシリーズになっているような、ナイスデザインのネタが沢山。 ・建築をやっていてこんな人に出会って嬉しかった〜 ということ ・つ、ついに来た…という面白い仕事(ロゴ)のご依頼をいただいたこと ・最近気が付いた、川久保玲さんの言葉の再解釈 ・ややゲリラor実験的な広告をしてみていること ・3Dプリンターの2号機をゲット(まだ未使用) ・パトロンを得られないか本気で考え&行動し始めてみた etc.... などなど、ブログに書きたいと思っている内容が大渋滞中なのですが、いかんせん、時間又は体力が足りていない昨今です。。なぜかというと、掛け合い中のド本職の案件たちがわさわさしていることや、単純に、上記のように(一部ですが)ウルトラマルチタスクでバタバタしておりましたがゆえ…。 ただ、せっかく様々色々な経験をしているので、そんなこんなを自分や関係者の中だけでなく、広く一般の方々にも面白がってもらえたら相互に有益になるに違いない(何にせよ情報の共有って大切かと。)と思っ

  • デザインクイズ!

    先週くらいにとあるロゴデザインのコンペに参加しました。After Surgery Fun Run協会という、「心臓手術をした事のある方々と医療関係者、更には地域の方々も含めてジョギングやウォーキングをして楽しく健康維持&交流しましょ〜」という会のロゴ。 ふわりとした(プロアマ不問)コンペに参加してる余裕がある訳でもなかったのですが、コンペ応募サイトを見てしまい、これならわりとサクっと参加できる!etc... と思って仕事の合間合間にチョコチョコ進めていき…時間を空けておいた提出日に予定が入ってしまったので、結局前日の夜明け手前くらいまでやるハメにはなりつつ、結果はどうあれしっかり詰められたので自己としては満足なものに。 さて、ここで問題!間違い探しターイム☆ 画像の左と右を見比べてもらい、異なるところはどこでしょう[正解は文章の一番下に] で、なぜ間違い探しを?というところではありますが、果たしてパッとでもじっくりでも、見て違い分かんのかなコレ??という部分にもこだわれはしたもので、いつもロゴを作ってて、誰が気づくんだろう…というレベルのデザインがどの程度の作用をもたらしているのやら

  • 仕事術⑤ これなら叶う◎目標設定の仕方

    今日は高山です。 習慣とは良くも悪くも恐ろしいもので、土曜日にブログ更新せなば!という慣性の法則に従い、少し時間が空いたので前もってなんか書いとこ~というところから、わりとすぐ書き終えて金曜に更新☆何はともあれ最低週一くらいは書けたらと存じます。 さておき!今回は新年2発目と言う事で、タイトルにある通り目標設定の仕方についてです。新年明けてすぐとはいかずやや遅にはなってしまいましたが、まだ1月ですので 今年の画策やゴールのあるちょっとした努力をしてみようという方はご参考ください。 えー、経営や営業の数字でもオーロラ見たいでもイルカと泳ぎたいでもいつまでに結婚したいなんでも、人は多かれ少なかれ目標というものを定めて、その通りに行くように「目処」を立てる訳です。訳ですが、これまで目標を立てて全部うまくいったり巻き、それらを上回って成功した人、いるでしょうか? はい、茶番もいいところ、いませんね。 さて、自分もこれまでかつて長期~短期問わず、様々色々な目標を立ててきたのですが、予想を超えてうまくいったこともあればそうでないこともあったりと、それはもう様々でした。 で。やっとこれならうまく行く

  • 明けましておめでとうございます!!

    明けまして、おはようございます。 さて、年末年始のドタバタ(個人的にかなりドタバタしてました。)で松の内が過ぎてしまいましたが、旧年中はお世話になりました&ありがとうございました。2022年、本年も宜しくお願いいたします。 1985年に生まれたので2022年ってとんでもない未来に生きている気がしなくもありませんが、人類はどこまで進化したのやら。さておき。 年頭所感!でも書こうかと思ったのですが、ここはそこまでビジビジした場でもなければあまり時間もないもので、今回はこのブログの今後の運用方針に関してのみお伝えしておきます。 このブログですがもちろん視聴率のデータの分析はできるのですが、うっすらと把握はしてたものの数字を正確には捉えておらず、昨日色々と精査したところ、直近のものはあまり読まれてはいないようなのですが、昨日よく見てみたところ、「累積だと思っていた以上に読まれている記事もあった。」というところでした。 文章を発信していくにあたってnote、アメブロなどのサービスの方が良い点も多いかな?というところだったのですが、ま、読んでくれている人がそこそこでもいるならひとまずはこのまま続け

  • 2021年の振り返り&1年間ありがとうございました。

    今晩は高山です。 クリスマスですね。何をしたかというと、あまりうちらしからぬ(?)とあるキャンペーンをし、広告でいうところの「クリエイティブ」を作ったので一部アップ。 読者の方々へも Merry Christmas & Happy New Year です。 こちら元ネタもあればクリスマスに関してはもう終わりかけなので以上(笑)、さて、今回で今年のブログは最後になりますので何を書こうかというところで、今年一年間事務所として何をしたか(どうだったか)&建築設計界の動向も併せて振り返りつつご報告です。 結果だけ見ると振り返りずに進みたい…ような状況と言えなくもないのですが…前向きに。 まずネガティブな側面から書きますと、今年はと言えば成果らしい成果はこのWEBSITEに挙げておりますのである程度一目瞭然かと思うのですが、いい案件が無事竣工したので、わるくはないけど全体的にはかなり微妙、大きく前進したとは言えない結果となりました…。 何故か。去年は、一昨年から話が始まっていた案件などもあり結果としては実績らしい実績も増え始め、多くの事務所がかなり伸びる時期に差し掛かっていたようでもあったのであ

  • プチ改革

    プチ改革 今晩は高山です。 最近寒い!ですね。 そろそろ年末&仕事の話がワサワサ、かつ事務所としてちょっとした動きを計画しておりました等々重なりかなりバタバタしており、ブログを書けておりませんでした。毎週orたまにでも読んでくれている方には申し訳ありませんでした、この通りm(_ _)m 今年も残すところあと2週間。 今回はタイトルの通り…といつものように何かしらのトピックをお送りしたいところなのですが、弊事務所毎として、さまざま色々と今のままの運営の方法をしていて…も、続くは続きそうなのですが、なんか、このままやっていても埒が開かなそう…。 というところがありまして、これまで通り続けることは続けつつ(止めることは止めて)、プチ改革すべきことはしていこう、というかしている。という段です。 この二年間でコロナ禍で半矯正的に始めたり力を入れたことでいい機会になったり、或いは控えざるを得なくなった事も多々あり、それはもうてんやわんや、一言で言うと【これぞ大変(ほとんどの人がそうだったかと思いますが)】だった訳ですが、成果を期待できることもあれば、このままやってても空回りかもなぁ…ということなど

  • 事務所の鬼掃除をしました

    今晩は高山です。 えー、今回は、事務所を鬼のように掃除したので、めっちゃ掃除したら、めっちゃ気持ちよくなった! という話です(笑)早速、どのくらい掃除したかと言えば、 劇落ちくんのスポンジ A4位サイズ ×1つ タオル2枚  =  雑巾 × 10枚 相当 マイクロファイバー布巾     ×3枚 黒カビ落とし          × 2ボトル お分かりいただけるだろうか?上記を使い切るほどの掃除、それはつまり、【大掃除】、つまり、大掃除レベルの掃除をしました。 なぜかと言うと、何を隠そう今現在仕事がヒマめ(瞬時に忙しくなることもあるのでこれを書いた時点ではと認識して頂ければですが)で調子が上がらーん!というところだったので、計1日分くらいの時間をかけて、鬼掃除。 これを読んでるみなさんは掃除は好きでしょうか?私は掃除は、「かなり好きな方」に分類されるのではないかと思っていて、昔から割と綺麗好きなほうではないかと思ってます。 玄関とトイレはほとんど毎日掃除をし、今年はコロナのバタバタもありすっかり忘れていたものの、6月頃に大掃除ならぬ中掃除(一年分溜まった汚

  • 3Dプリンター② プロダクトの試作を先行公開+一点モノと量産品の違いについて

    今晩は高山です。 1日送れてしまいましたが今回は、今続々とモックアップが出来てきており、日々ちょっとした研究開発…みたいなことになっていると言っても過言ではない、3Dプリンターのプロダクトの試作たちを販売開始前にちょろっとお披露目してみます。 ざっくりと、こんな感じです 何が何だか分からないような、そうでもないようなというところでしょうか(笑) 弊事務所WEBSITEの onlinestore から 完成品[products]・そろそろ出来ます[Inventing]・考え中[and more...] まで載せており、お!あれね!と興味を持ってくれている方や方々も少しはいるようで大変ありがたいのですが、ざっくりと、アロマボトル(液体タイプのお香立て) / 地球儀 / 一輪挿し / 貯金箱(のフタ)/ コースター / 指輪などです。 比較的すぐ出来た しおり(『SHI′ORI』) のみは現在販売中ではあるのですが、今現在リリースにまで至ったのはそちらの一品止まりになっており、、多数のアイディアや具体的な造形などまでは固まってきても、3Dプリンターの扱いがまだ完全ではない部分もあり、コツコ

  • 仕事術④ すごい人と比べない・見すぎない

    こんにちは高山です。 さてはて今回は久々の仕事術、④はタイトルの通り「すごい人と比べない・見すぎない」です。 これは仕事以外のことにも通じる部分がある話かとは思いますが、人間って、ついつい自分と他者を比較して優れている・劣っていると比較してしまうものではないでしょうか? かくいう自分もあー、俺って、、、っとしょんぼりしてしまう…くらい、裏を返せばこの世の中には素晴らしい人やモノゴトに溢れている訳ですが、何においても上(先と考えるようにしつつ)を見ればキリがなく、いや、どうあがいてももはや追いつけないんじゃないか?と途方もなく、やるせない気持ちになってしまったりもするものです。 そんな時にはどうすべきか。自分はシンプルに、「あまりにすごすぎるものはあまり見ないようにする」というやや逃げのような対策をとっています笑 ただ、これは自分程度の人間が言っても説得力に欠けると思うので、存命でレジェンドクラスの建築家の方にほんの少し登場していただきますと、レンゾ・ピアノというイタリア人の建築家の方がいます。 どのくらいレジェンドかというと、毎年一名(一組)しか選ばれない、建築界のノーベル賞と言われる

  • Twitterフォロワー500!有り難うございます&裏ワザ的な増やし方

    おはようございます高山です。 今回はタイトルの通り、Twitterのフォロワーが祝500アカウント☆を超えて、今書いてる時点では656アカウントになっています。フォローや何かしらのアクションをしてくださっている方々本当に有難うございます。運用している励みになります。 ここから先はTwitterをやっていて、どうしたらフォロワーが増えるかなー?と試行錯誤している方々に向けた内容になります。 フォロワーの増やし方に関してはググれば多すぎるくらいに情報があるので自分が書いたところで?というところもありますが、どこにも書いていないっぽい、独自の方法で増やしましたので(企業秘密的な部分もあるのでそこまで詳述はしませんが)ざっくりこの方法が出来るor合う方がいればと思い。 てな訳で、弊事務所の運用歴などを軽くさらしますと、今年の年初から始めて10ヶ月くらいで500フォロワーになりました(開設は2012年になってますがその後は完全に放置)。 「10ヶ月」と「500フォロワー」が早いのか、また、多いのかというと、これだけではもう、大したことはありません。 ただ、注目して頂きたいのはFF比(=フォロー/

  • コロナから希望を見出してみる

    バタバタしていて土曜日更新出来ず、時間差でお送りします! 建築やデザインからは離れたような話にはなりますが、ぼんやりと考えていた事を。 えー、コロナウイルスって、目に見えないくらいめちゃくちゃ小さい。 でも、そんな小さなウイルスが、世界中(人間レベルだけれども)をかなり滅茶苦茶にしました。 で、ネガティブな方向で稼いだり、人や人々をネガティブな方向にさせるのはおそらく割と容易い事(どうせ続かないけど)なのではないかとは思うので、あくまでポジティブな方向でというのはイージーではないとは思いつつ。 弊事務所は世の中的には取るに足りないくらいとても小さいです。まずもって、まだ会社ですらない…日本で言えばトヨタの何万分の一にも満たない、GAFA(facebookが社名変更したら何て呼ぶようになるのだろう。)からしたら見えないくらいウルトラスモールな存在です。 ただ、コロナがとんでもなく繁栄しちゃったように、あくまで人間にとってプラスの方向でという事ではありつつ、かつ、うちがということではありませんが、どんなに小さくとも世界中の人間に響いて伝染するような何かを生み出すってことも可能性はゼロではな

  • ナイスデザイン③

    こんばんは高山です。 表題の通り、たまたま出くわしたナイスなデザインをお送りするシリーズ第三弾。まだそこまでの記事数がないので判然とはしませんが、割と人気かな?というところもありヘビロテ気味でお送りします。ではいってみましょう!レッツ!ナイス!(書いてみて恐ろしく正しくない英語でおもしろかったのでそのまま掲載。) はい、今回は自宅の近所にあったアパートです。 黄色い。一重に黄色い。うーん黄色い。のですが、この黄色、なんかベタっとした色ではなくて白味がかってるというか、やや蛍光色っぽくていいなと。 極稀に、風水にハマりにハマりました!みたいな真っ黄色の建物ってあるにはあるのですが、大抵、………と絶句するような雰囲気ではありますが、この色はデザイン的に許容なのではないかと。 さらに、ポジな点とネガな点を指摘するならば、外壁のみならず配管まで塗装してあるところはGOODながらも、そこまでやるならサッシや通気のカバー、ベランダの底部もやってしまってえばいいのにな…というところ。 ま、こちらはおそらく特にデザイナーが設計した建物ではなく、ただ後から外壁塗装で思いっきり黄色!としたようなもの(写真

  • 個展に行ってきました① ドローンアート!

    こんにちは高山です。 少し前の日曜日、新宿は新宿眼科画廊というギャラリーでやっていたとある個展に行ってきました。面白かったので少しばかりレビューをば。メモ&感想程度の内容にはなりますので気になった人は作家さんを追ってみてください。 タイトル『ドローンが来ると、風が吹く』 はい、ドローンと言って今日本人がすぐに思い浮かぶのはオリンピック開会式のアレですね。今現在ドローンって、極一般的な個々人レベルで言えば宙に浮かぶラジコン、ラジコン+α程度のものではありますが、最近医療の現場で食事を運ぶのに成功したであるとかなんとか、その実用的な様々な運用も期待されているものなのではないかと思います。 いつの日かASUKULやUber Eats等々の代わりにドローンが何でも運んできてくれる未来は、色々な弊害と共にわりとすぐそこにあってほしいと思います。職人たちに代わり要請しますと、クソほど重い現場の資材もいつしかお願いしたいところです。 さておき、ドローンっていうと科学の最先端というイメージがあるのでさてはてどう実用?という事を考えがちになる類のものなのではないかと思うのですが、こちらの個展は、行ってす

  • クリエイター必見!モノづくりの神様がいる神社。

    今日は高山です。 タイトルの通り、今回はモノづくりの神様がいる神社の紹介です。 人間って、苦しい時に神頼みしたりするじゃーないですか?どんなに科学を信仰する人も、 なぜ初詣などには行って、エビデンスはどこにあるんですかー?というツッコミにはあまり耐えられそうにはない、謎な存在を信じるのか…長くなりそうなのでさておき。 ご多分に漏れず、仕事がうまくいかないこと続きだった時期だったか、はーもう建築の神ー!建築の神様はおらんのかー!と、天を仰いでいた事がありました。その際に、建築の神様ー!!建築の神様ー?!…建築の神様?…てことはコルビュジエ?…と一瞬思いつつ、いやいやいやいやそういうことではない。神様。人間ではない建築の神様は?と思い立ち、確かその時に調べたように思うのですが、建築特化でこそないものの、それ以上とも言えるモノづくりの神様が祀られている神社が、あるんです。 その時にすぐにそこへ行ってなんとかしようとした訳ではなかったかとは思いますが、数年前に実際に行ったことがあり、クリエイター必見とは称しつつどんな人が行っても気持ちのいいところでもあると思うので、”THE 人には教えたくない

  • 今週はブログ一回お休みいただきます

    業務連絡業務連絡。 えーブログ、ややダレた前回から、今週のは!と思い、割としっかりかつクリエイティブに関連する内容の文章を、打ち合わせの合間なども使って綴っていたのですが、仕上げようという段で、メモから消えました…。 心折れ、かつ今日は土曜日ということもあり、前回で25記事ほどは書いておりましたもので一回お休みさせて頂きます。 メモのどこを見ても、削除した項目とやらを見てもなくなってしまっており、とある神社に関する内容だったので神隠しです…。 ま、このところバタバタしていたのと、思えばペースアップこそすれ一回も休んでなかったので、一回くらいは休めとGODが仰っているという事にして、次回、神隠されなければ同じ内容にトライしたいと思います。 みなみな様も良き週末をお過ごしください。 Thank you for reading. アトリエゼロ代表 高山

  • 今週はブログ一回お休みいただきます

    業務連絡業務連絡。 えーブログ、ややダレた前回から、今週のは!と思い、割としっかりかつクリエイティブに関連する内容の文章を、打ち合わせの合間なども使って綴っていたのですが、仕上げようという段で、メモから消えました…。 心折れ、かつ今日は土曜日ということもあり、前回で25記事ほどは書いておりましたもので一回お休みさせて頂きます。 メモのどこを見ても、削除した項目とやらを見てもなくなってしまっており、とある神社に関する内容だったので神隠しです…。 ま、このところバタバタしていたのと、思えばペースアップこそすれ一回も休んでなかったので、一回くらいは休めとGODが仰っているという事にして、次回、神隠されなければ同じ内容にトライしたいと思います。 みなみな様も良き週末をお過ごしください。 Thank you for reading. アトリエゼロ代表 高山

  • ナイスデザイン②

    こんばんは高山です。 たまたま出会ったいいデザイン紹介、第二弾! こちら 一瞬、?と思うかもしれませんが、都内某所のドトールです。 このところなかなか膨大の量の事務作業をすることになり、もう自宅とか事務所とかイヤだ…どこか外で淡々と事務作業できそうなところ…というところで入ったドトール。 見上げた瞬間に???と思ったのですが、コーヒーカップのカタチが天井にダイナミックに反映されています。ちゃんと照明も仕込まれていて手の込んだものに。 いい場所ということもあるのかとは思いますが、天井ってあまりわざわざ見る事もないので、こんなところに予算をかけたお客様も、こんなことを提案したデザイナーなり設計事務所なりもがんばったものだなぁ…と感心しました。 こうやって何かのカタチを平面に!みたいな、これがそのまま建物のカタチだと直裁すぎてまともなデザイナーであれば忌避するところではありますが、商業店舗でかつ天井の一部だと、おぉこだわってるなぁ。と思いました。 更に、よく見ていただけますと分かりますが、柱の部分に額が飾ってあって、これ、トイレにもあったのですが、コーヒー豆をモチーフにしたシンプルなアートワ

  • ナイスデザイン②

    こんばんは高山です。 たまたま出会ったいいデザイン紹介、第二弾! こちら 一瞬、?と思うかもしれませんが、都内某所のドトールです。 このところなかなか膨大の量の事務作業をすることになり、もう自宅とか事務所とかイヤだ…どこか外で淡々と事務作業できそうなところ…というところで入ったドトール。 見上げた瞬間に???と思ったのですが、コーヒーカップのカタチが天井にダイナミックに反映されています。ちゃんと照明も仕込まれていて手の込んだものに。 いい場所ということもあるのかとは思いますが、天井ってあまりわざわざ見る事もないので、こんなところに予算をかけたお客様も、こんなことを提案したデザイナーなり設計事務所なりもがんばったものだなぁ…と感心しました。 こうやって何かのカタチを平面に!みたいな、これがそのまま建物のカタチだと直裁すぎてまともなデザイナーであれば忌避するところではありますが、商業店舗でかつ天井の一部だと、おぉこだわってるなぁ。と思いました。 更に、よく見ていただけますと分かりますが、柱の部分に額が飾ってあって、これ、トイレにもあったのですが、コーヒー豆をモチーフにしたシンプルなアートワ

  • 貯金箱を作って、ます

    こんばんは高山です。 自宅&制作部的なマンションの前にキンモクセイがあるのですが、なぜかいい香りがしているので何だろう??と思っていたので秋…かと思いきやセミがまたうるさくなってきた…晩夏ですね。 今回は制作の裏側〜をお届けしてみようかと思います。叙情的に入ってはみましたが、季節もさることながら567で世の中ワッサワサだし、個人的にもワタワタしておりますもので、今回は1時間以内に書く!と決めてサクッといかしていただきますが〜 じゃん そこそこの数の成功の元たちです。平たくいうと失敗作の山。こちら、やってることがミクロにもマクロにもジワジワと知られてきた3Dプリンターのプロダクト作りの「貯金箱」vol.1の試作たちなのですが、たまに言われる桜(ほど綺麗かどうかはさておき)の下の死体たちみたいなところ…。 コンセプトや完成予定の(というか元のデータ)CGは当ウェブサイトのインデックス Online Store→Inventing からご高覧くださいというところですが、 なかなかどうして、デザインというものは出来たものだけ見ればよく言っていただけるような部分もありつつ、それなり〜かなりの試行

  • 思ってない事は書くな

    おはようございます高山です。 さて今回は、タイトルにあります「思ってない事を書くな」という言葉についてです。 こちらは自分が直接知っている友人や知人に言われたことではなく、とある建築の雑誌かWEBかで、誰だったか忘れてしまった(確か内藤廣さん?)のですが著名な建築家が述べてたことで、文章を書いている時に心がけて…いや、書くという段になると「西遊記の孫悟空の頭の輪のように締め付けてくるくらいの訓戒」のようなものとしてある言葉だとか。 で、そもそもはその建築家の方より更に前年代の、これまた誰か忘れてしまったのですが…確か故人で殿堂入りレジェンド級の建築家が、その方に伝えた内容とのこと。 直接の師にあたるような人でもなければ直接伝えられたでもないながら、わりと古から伝わっていてかつ成功されている方が実践されていることなので、その記事を読んでからというもの単純も単純に、よしやってみよ。と思ったことです。 ただ、そこにはその理由までは詳述されていなかったかと思うので個人的になぜ 「思ってないことは書かない」ほうがいいのかな?というところではありますが、メリットとしては考察してみるに 「言うな」で

  • オノマトペ200

    今晩は高山です。 さて今回は、コツコツやっておりますプロダクト制作&製作の企画から発生している、おもしろいんじゃないかな?という国語的なお話を一つ。 2回ほどささやかな内容続きだったので、一度だけ行ったことのある、特にクリエイターにオススメの千葉県のとあるすごーくいい場所の紹介を。と思っていたのですが、事態は緊急どころか危険な昨今、人流促そうとしてどうするor少なくとも今じゃない…というところでしたので、今回は楽しい国語の時間だよ☆(笑) てなわけでタイトルの通り、オノマトペを200コほどただただ羅列します。まずもってオノマトペって何?という方へ1分くらいで自分なりに説明しますと、 キラキラ フワフワ シトシト などといったよく聞く「音(語感)を使った形容詞」のことで、こういったオノマトペというのは日本語に固有の表現、或いは日本語が最も優れている。というのをかつて何かの本で読んだ覚えがあります。 筆者は日常会話程度なら英語を話せ、仕事ではイマイチだったながら多少使ってた時期もあるのですが、確かに英語でこれらを表現しようとしても、キラキラ=shining(輝いてる)、ピカピカ=brill

  • ナイスデザイン①

    おはようございます高山です。 先日、コンタクトレンズが切れたので以前住んでいた三軒茶屋へ行きました。眼科を換えればいいのですがその眼科とコンタクトレンズショップがキャロットタワー内にあって綺麗なのと、なんとなくの習性etc.で。 で、いつもこの空間っていいよな?と思いつつその事を誰とも共有してない場所があったので、お。ブログのネタ発見。と思ってすかさず写真に納めました。こちら 田園都市線⇄キャロットタワーの間のトンネルになっている通路です。 えー、この空間の何がいいかといいますと、天井。天井です。 この天井なんですが、「この部分をどの事務所が・誰々が」というような特に気合の入ったデザインではなく、「キャロットタワーらへんを含む総合的な開発の一環」で手がけた設計事務所がそこまで何を考えるでもなく設計したものだとは思います。おそらく"匿名的にできたもの"というくらい。 ながらも。 蛍光灯が人の導線方向に一直線に並んでいる天井に、クロスする方向でルーバー状のペラペラのサンのようなものが据えられております。 なんか、このやんわりとした光の濃淡がかなりミニマルでややアーティスティックだなぁと毎度

  • 名刺リニューアル

    マンション共用部にセミが転がっていて夏の盛りは過ぎてきたかな?というところですが、みなみな様いかがお過ごしでしょうか。自分はと言えば世相や様々な都合でほとんど自宅でおとなしく過ごしています。 世間は(うちも一応)お盆休みだしブログ一回休みくらいはいっか。と思いつつ、暇っちゃ暇なので、他愛もない内容をお送りします。 というわけで、名刺が切れてしまったのでリニューアルしました こちら、自分で作ったものです。ロゴのデザインを承っていて(かなりしっかり作ったページがあるので興味のある方はご覧くださいませ https://www.atelier0.jp/logo-guide)、かつ職業柄たまに名刺作ってくれません?となるのですが、これは承っておりません。 様々なテンプレートにあるような、だ…せぇ…というものなら秒で作成はできるものの、これまでかつて人に依頼されて一から制作をしたこともなく、かつ、名刺って基本的には文字情報をベースに配置するものということもあり、簡単そうでいてデザインするのがかなり難しい。 もちろんデコデコしたものも世の中にはありますが、基本的には既成のフォントという小さな文字

  • 歴史の勉強始めました

    はい、という訳で(前回から続く)、思い立ったら即行動!というほどいつもいつもは出来ておりませんが、Kindleで500円くらいだったので、ポチってしまいました。 歴史能力検定と地理能力検定もあるので、人間どっかで試されないことには何事も身につかない気もするのでいつかは受けてみるかもしれません。検定の事を調べていたらまずはサラッと日本の歴史を把握できそうだったので、かつKindleにあったのがこれだったので、入門中の入門から。 現在第一章の旧石器時代〜弥生時代までを駆け抜けましたが、「かんのなのわのこくおう」という小学校か中学校ぶりに聞いたワードが出てきて、懐かしすぎる。受動的に学ぶ事って暗記してからは記憶から抜けてたりするものだけど、こうやって興味を持って臨むとあぁそういう意味かと思ったり、ちゃんと理解すると長期記憶に刻まれるように思います。 地理と歴史は全くレベルで分かってないと思っていたけど、義務教育の範囲でくらいはうっすら記憶に残っていることはそれなりにあるようです。もう数十年も前のことなので記憶から薄れてることも多々あるし、歴史認識や研究も日々変化・進化をしているだろうとは思う

  • 世界の国旗デザイン BEST5

    はー、夏だけどコロナ。コロナだけど夏。高山です。 前回そこまでポジティブとは言えない話題になりましたので、オリンピックに絡めて明るいor面白いネタないかなーと思って探していたところ。発見。 こちら、世界中の国々の国旗が書かれている下敷きです。これを購入したのは今年に入ってから。PUBGというオンラインバトルロワイヤルゲームに年初からハマっている事は一度当ブログに書いてしまいましたが、このゲームのすごいところは、世界中の人たちと対戦できるところにあります。基本は100人のプレイヤーが8km×8kmほどの島に降りたって武器や防具などを拾ってそれぞれにやっつけ合うのですが、4人1組×25のチーム戦も出来て、その際に、プレイヤーそれぞれにどこの国かの国旗が示されます(個々に選択できるので、国旗=その国のプレイヤーとは限らないものの、割とその国の人っぽく、かつプレイに国民性も表れてたりする気がします。)。 で、お受験で歴史と地理の勉強は通過してこなかった身…ではなくても、世界約200カ国の国旗と国名全てを判別できる人はそういないとは思うものの、表示される国旗がどこの国か分からんもの多い…と思い、

  • オリンピック開会式の感想

    タイトル通り、オリンピックの開会式について一クリエイターからの感想です。 一言で言うと、40点くらいかなと。様々なニュースを見ていて思ったのですが、有識者やモノづくりに携わってる方々の方が厳しい感想や意見が多いように思うのでかなり優しい方なのではないかと思うのですが、良くてもそのくらいかなと。 世界や日本の情勢が情勢なので、フルパワーで行けなかったという部分はあるでしょう。あったにせよ、反対の意見も多い中オリンピックを開催するという決断を下したからにはイクスキューズは許されないハズな訳で、民間企業や一般人が自費でやるならまだしも、税金で行われている国家の祭典としては…もっと低いのではないかと。 個人的にミーシャさんの国歌斉唱は素晴らしいなと思ったのと、ドローンを使ったものは2021年なんだなぁと思いました。 ただ、海外の方々にウケたらしいのでまぁいいんですが、ピクトグラム体操…みたいなものは某仮装大賞みたいで世界に発信するほどのものなのかなと疑問に思ってしまいましたし、何より、なんでプロジェクションマッピングないの?????と。 プロジェクションマッピング自体の発祥は不明というか、「誰

  • 仕事術③ ちゃんと休む

    昨日、平日だと思って諸々活動していたころ、平素からお世話になっている近所の愉快な経営者の方との日常会話LINE、「今日平日だよ」の一言で我に返ったというか、あぁ…世の中がおかしくなったわけではなかった…と安心しました。 弊事務所、土日・祝祭日は暦通り休みなのですが、そういう時にも所内業務やら趣味に近いような部分のことはしている(ストイックな訳でもがんばっていますアピールでもなくて、時間が余るとする事が特に無くなるだけです…)もので、土日を間違えるということはさすがにないものの、イレギュラーに訪れる連休というものはこれまでかつて何度平日と間違えて空回ったことか…。 これを防止するべく祝祭日が分かる卓上カレンダーを設置するようになってからこの空転はなくなったのですが、今年、卓上カレンダー買うの忘れてました。今現在某ショッピングセンターから書いているので帰りに探してゆくとします。 さて無駄に長いイントロからでは本題、仕事術③は「ちゃんと休む」です。こちら上記イントロから繋げて、自分みたいになっちゃダメですよ〜なんていうライトなミスからの経験則から物は申しません。 何故なら!「ちゃんと休む」の

  • 去年買ってよかったモノ②  メジャー[MAGUNESIUM by HARA]

    ん夏が来たー!!ということで、外を歩いてるとめちゃめちゃ暑いですが皆様いかがお過ごしでしょうか。個人的には夏生まれなので、様々な問題や課題は抱えつつ、私はとても元気です。シリーズ化してみたものの初続編、買って良かったモノの紹介②です。 ②は!なんと!メジャー メジャーです。それ以上でもそれ以下でもない、メジャーです。で、正直なところ①で紹介したiPadほど素晴らしすぎる!というほどではないのですが…一応5〜10種類くらいは吟味した上でポチッとした、割と気に入っているものなので軽くご紹介。 建築の現場というものはみなみなさまそうそう立ち入ることがないのではないかと思うのでちょっと寄り道して現代の現場事情をお話ししますと〜「昔よりかはハイテク化されている」部分があります。 ITだAIだというこの時代において、建築界もご多分に洩れずBIMだとかSIMだとか、その作業工程をITで管理しよ〜 という流れはもちろんあるのですが、何が悲しい、と同時に愛しいかって、建物って、どこまでいってもとは言わないものの、リアル(実物)というものが原則としてあるわけで…設計レベルで言えば、ウェブを通してのみで素材

  • 3Dプリンター① 現在の3Dプリンター事情と実際の使用感

    以前書こうとして、違う話題にしてしまったこのお題、いってみます。 そう、3Dプリンター!何年か前までは、3Dプリンター?!?!?!何それ夢?ドラえもんの道具?という世界だったかと思いますが、今や3Dプリンターを使った家までできていてちらほらニュースにもなっていますので、その何たるかの説明までは必要ないかというところでしょうか。 ただ①とありますように、先ずは触りとして一通りのことを紹介しておきますと、その名の通り3Dのデータを入れるとボタン一つで(実際使ってみるとこれがなかなかどうして、Oh, my god ‼︎‼︎‼︎ みたいな事も多々あり日々格闘…いや戯れ戯れ…しているような部分もある代物なのですが)立体の造形物ができる最先端っぽい、電化製品です。 電化製品?と言いますのは、この3Dプリンター、弊事務所に一台置いてありまして、知っている方もわりといるかというところですが、何を隠そうこれを使ったプロダクト作り&販売にもトライしております。 [ 実際に出来たモノに興味のある方は PC環境 そこらへん↗︎ MOBILE環境 ↖︎ 開いて そこらへん↙︎ にも表示しております shop

  • 用の美

    閑話休題。でもありませんが、 月末だ、いろいろと振り込みせにゃー、全部タダだったらいいのになぁ…んなわけないよなぁな…と思いつつ(笑) つい先日近所の銀行ATMまで歩いていた時に発見した、ハシゴ。 何をしているのかは一目瞭然、植木屋さんが木を剪定しているわけですが、ん?なんか綺麗だぞ?と思って隠し撮りさせて頂きました。 ただこれ、自分は初めて見たのですがよくあるものなのでしょうか?or最近生まれたもの?植木屋さんが剪定をしている風景はたまには見かけますが、こんな形のものは見たことなかったので、植木業界に割と最近生まれた梯子なのではないか??と思っているのですが、この梯子、全体的にかなり綺麗だと思います。いや、もはや美しいんじゃないかと。 で、その時にパッと浮かんだワードが「用の美」というやつで、デザインに携わっている人間であれば聞いたことはない、日本を代表するプロダクトデザイン界のレジェンドであるデザイナー、故柳宗理氏の作風というか思想として(正確にはその父の柳宗悦氏の運動から提唱されたもの。)有名な概念なのですが、言葉じりだけ捉えれば意味は簡単、「機能から生まれる美しいデザイン」とい

  • Sigur Rós

  • 仕事術②

    3Dプリンターのことを…と思いつつ時間がなかったのでネタのストックの中からひとまずこちらを。変わらず多用な人〜そうでもない人までいてなんとも捉えづらい世の中ですが、どうぞ。これまで全てやたらと長文だったので手短にいってみます。 仕事術②、 【時計の針を5分早めておく】 これだけで、電車で急行逃したー!や、たったの5分とはいえ(特に)クライアントミーティング遅れる気まずい↓という時などに、結構救われます。 ただこれにはほんの少々デメリットがあって、自分はと言えばとんでもなく忙しい時や、緩めの待ち合わせの際以外は皆無…とまではいかないかもしれませんが、皆無級で遅刻をせず、かなり早めに待ち合わせ場所に行く方だと思うのですが、その際に待ちくたびれる・勝手に少しイライラする(笑) という現象が発生します。 まぁ、以前書いたiPad様がいればどこでもなんかしらの仕事は出来るものの、10〜20分程度のカフェ入るにはやや短く・外をほっつき歩くには長いような、びみょ〜に時間が空いた時って何が出来るかって、あんまり集中もできなければto doがあっても何故か意識に上がらなかったり、ということはあるもので

  • 「クリエイターだね。」

    最近仕事をしていたり人に会ったりする中でよく「クリエイターだね。」と言われたりそういった類の人間として扱われるのですが、確かにまぁ、分かりやすく形になっていますしいわゆるクリエイターだとは思います。 だがしかし、クリエイター=創造主 なので、そんなものは天地創造をした、神道で言えば天御中主様(詳述はしませんがメジャーな天照大御神様は神様会の社長であって、会長はこの人です。)やその他宗教で言えばその他宗教の大元とされているサムシンググレートクラスの方々で、われわれは様々な要素を煮たり焼いたりしているだけで、その様々な要素の一通過点のようなもの、すなわち媒介者=メディウムでしかありません。突き詰めて考えた場合はそんなもの。 あ〜作る〜ことは〜難しい事じゃない〜 ただ〜手〜に身を任せ〜 頭の中を 空っぽにするだけ〜 (『歌うたいのバラッド』風でどうぞ) 実際には、は〜面倒だなぁという超リアル&煩雑な業務も毎日毎日毎週毎週毎月毎年修行僧かのように行っていたり、etc...な訳ではありますが、総体としてやっていることは ‘ 空っぽ ’ のひとつのバイパスみたいなものでしかありません。 と、人との

  • 去年買ってよかったモノ① iPad

    少々youtuber達に習って(笑)去年買ってよかったなぁと思うモノを紹介してみようと思います。ただ、仕事に関係するモノに限られますのでシリーズ化するほど何かあったっけ??というところではありますがさておき、①、 iPad あーiPadか。うん。便利だよね、便利そうだよね。何を今更。ずっと欲しいと思ってる。なんかカッコいいっぽいよね。意識高い風ウザい。 いろいろな声が聞こえてきそうですが、iPadです。 世のデジタル化が促進されているのでその風潮に合わせて。という訳でもなく、ズームでの打ち合わせも今年になってやっと導入か?というくらいコツコツと実物のモノとも付き合いまくらにゃならん仕事をしている私やその関係者の皆様方に塗れている中にあって、iPadです。 建築×ITでのパラダイムシフトはなぜおこらない?なんなら起こしたいとずっと想いを馳せていて(機会のあるプロジェクトにはぶっ込んでみたいと時折画策もしていますので、クライアントの皆様方においては要警戒されてください笑)…という話は長くなりそうかつやんわり企業秘密なのでここではさておき、『IT導入による仕事効率化』としてiPadがいかに素

  • プチ企業努力

    誰もハッキリと認識してはいないのではないかと思いますが、弊事務所ウェブサイトには各プロジェクト紹介の最後に関係各位のクレジットとWEBSITEがある場合にはそのURLリンク載せています。 この 〜 いいな!と思った方はそこへ飛べる仕組みで、SEO(=検索エンジン最適化 といってウェブで検索した時の引っかかりやすさ)的にも被リンクというのは大切な要素なので、微力ながらもお力添えをしている次第です。 と、ここまではSNSのリンク付けなども含めてやっている会社や事務所、或いは個人というのはあると思いますが、このリンクの色(+メールフォーム)。今これを書いている時点ではピンク色です。 夏は青、冬はオレンジにしていたのですが気が付いた方はいましたでしょうか??いましたら設計料を割引いたしますので是非ともご連絡ください(笑) 夏って、暑いじゃないですか。なので涼しげに青。冬って、寒いじゃないですか。なので暖かそうにオレンジに。そして、もう終わりかというところではありますが、春は桜の季節なのでピンク色に。これからの季節は…緑ですかね? つまり!と、何が言いたいでもないんですか、まぁ、感じたことのあ

  • 仕事術① 優先すべきは 【スピード】or 【正確性】

    [偉そうに仕事術などとありますが、優秀な同年代や年上の人が読んだところでなんだそんなこと。という人も多分にいるような気がするので…自分より若かったりコロナ禍の世の中にダイブしてゆく新社会人の方々が読んだらほんの一助くらいにはなるかもしれません。] さて、大詰めの案件があったもので少し間が空いてしまいましたが、今回は前回からうってかわって実務的なレベルの内容です。仕事って、世のほとんどの人がしているけれど「業務をこなす」にあたって優先的に求められるのは【スピード】なのか【正確性】なのか?です。 これは職種やその内容によって異なるところも多分にあるわけで、例えばオペをするお医者さんが、とにかくスピードだ!正確性はどうでもいい!などと言っていたら命はもとより小指一本も預けたくないし、反対に、絶対に枠に入るシュートしか打たないサッカーのFWがいたらそこらへんの草サッカーチームのベンチですら戦力外通告確定です。 なのでここでは「一般的なデスクワークに近い業務をこなす」という意味合いにて。 で、これはもうどちらかと言えば自分が優先させるのは【スピード】です。設計の一つの案件でもM&Aの一つの案件で

  • 建築の未来予想 vol.1

    ブログはvol.5。前回書きあげようと思っていたなんてことのない内容をアップするかな。というところから、ん?待てよ?と。 一建築デザイナーが書いているブログなのに建築やデザインの事をほとんど書いてない。このままでは完全なる個人的な日記になってしまう…そんなもの誰一人として読まないに違いない。というところで、表題の通り、未来の建築ってどんなものになるのだろう?というテーマです。 学生時代から延々とプロアマ問わず"建築や建物の話"というものはしては来ましたが、それらは考えてみると筆者と直接ご縁のある方々という範囲にとどまっていたし、実務という現実の範疇でモノを考えて「創造」するのは公人としてのある種の義務とか責務のようなものもの(好きでやっているだけながら)なわけではありますが、「想像」した事・している事を発信してみる、サッカーで言えばずっとドリブルばかりしていても拉致があかないモノゴトというのは存在するので、多種多様な友人や知人、仕事上での関係者各位、自分も知らない誰かという不特定多数の方々にパスをしてみることで、それがどこであれ新しい何かが生まれたらいいな。と。 たしか、コルビュジェの

  • omg

    "omg"とは、「oh,my god=おお神よ」の略語です。似た表現に"orz"というのがあり、これは人が何かに挫折し両手を地面に付け跪いた姿に見えるので使われるタイミングは近い。 と、ネットスラングのようなものの説明をしたかったわけではなく、ブログを始めてまだ3回(これで4回め)しか書いてないわけですが、ここまではわりと長文ということもありいずれも文をしたためるのに最低一時間以上はかかっています。 で、なんてことは内容ではありつつ、先週vol.4のおおよその骨格を書き終えたのでTo doはいくらでもありつつ、週末で世の中もふんわりしているし仕上げてアップしてしまおう。というところで、ない。iphoneのメモにしたためたその内容が。ない。はい、omgです。 誰が見ているのか定かではないものの、始めてすぐに書く頻度がだだ下がりという訳にはなぁ、というところで最低の最低2週に一回くらいは書こうかという自分ルールが出来つつあり、わりといいペースでの更新になるかというところでのomgでした。 こんな文章をここにアップする理由は特にないのだけど、BLOGというものは「web +log=ウェブに記

ブログリーダー」を活用して、Atelier 0さんをフォローしませんか?

ハンドル名
Atelier 0さん
ブログタイトル
Atelier 0 オフィシャルブログ
フォロー
Atelier 0  オフィシャルブログ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用