searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
保育士のしあわせ https://hoikushinosiawase.com/

保育士の悩みが解決して、しあわせな保育士になるためのブログです。 保育士としてだけでなく、ひとりの人間として、しあわせになれる生き方を模索していきましょう!

あおかざ
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2021/09/03

1件〜100件

  • 保育士の資格を活かした仕事がしたい~保育士以外バージョン

    ・子どもは好きだけど、保育士を続けるのが疲れた… ・保育士の資格を活かして、他の仕事がしたい こんなふうに考えている人は、意外に多くいるものです。 そこで今回は、保育士の資格を活かして、保育士以外にどんな仕事があるのかをまとめてみます。 保育士以外にも、保育士の知識や技術が活かせる職場は多くあります。 今回の記事を参考に、あなたの選択肢を広げていきましょう!

  • 保育士がパワハラでやめたい時の対処法~退職前に知るべきこと

    今の保育園をやめたい…と考えている保育士さんの中には、「園長や主任のパワハラ」に深く悩む人もいるでしょう。 パワハラを受けると、毎日の仕事が苦痛になり、職場にいくのがイヤになりますよね… しかし、パワハラを受けやすい人ほど ・周りに迷惑をかけそうで、転職や退職に踏み切れない… ・自分がガマンするしかない… こんなふうに考えてしまうものです。 そこで今回は、パワハラに悩む保育士さんが、ひとりで苦しむことがないよう、パワハラの対処方法をお伝えしていきますね。

  • 「保育士・正社員・子持ち」~仕事と子育ての両立ポイント!

    保育士としての仕事も大切だけど、今しかない子どもとの時間も大切ですよね。 こんなふうに保育士として働きながら、子育てとの両立に悩む人は多くいます。 ましてや子持ちの正社員であれば、その両立は困難をきわめるでしょう。 しかし家族の協力や職場環境などにより、子育てと仕事の両立をグッと楽にすることもできます。 大切なポイントは以下の3つです。 ・子育てに適した職場(転職も検討) ・家族のサポート ・働き方の見直し(パートや派遣) ではさっそく本章の中でくわしく見ていきましょう。

  • 30代で新人保育士になるメリットとデメリット~職場選びのポイントは?

    ・30代で新人保育士になったけど職場になじめない… ・30代で保育士になったけど続けていく自信がない… こんなふうに悩む、30代の新人保育士さんは多くいるものです。 保育士は20代前半の若い人も多く、世代間のギャップも感じたりするかもしれませんね。 しかし、30代だからこその求められるコトも多くあります。 そこで今回は、30代の新人保育士が人生経験を活かし、職場で活躍するためのポイントを紹介いたします。 また、転職など保育園えらびのポイントも解説しますので、最後まで読んでみて下さいね。

  • おもちゃの多い家の問題点~与えすぎる親の特徴と改善ポイント

    「おもちゃの多い家」ってどうなんでしょう? ・収納に入らずリビングまであふれている… ・与えすぎで子どもがワガママに育ちそう ・うらやましい反面、親にも問題ありそう 適度な量ならいいのですが、おもちゃがあり過ぎると、デメリットも多そうですよね。 例えば「子どもが落ち着かない」「部屋が汚くイライラしやすくなる」などでしょう。 そこで今回の記事では、おもちゃが多すぎる家の問題点や、その親の特徴を分析していきます。 また改善ポイントも紹介していきますので、最後まで読んでみて下さいね。

  • 子どもにおもちゃを与えすぎると悪影響?~自発性が育つ与え方

    ・子どもにおもちゃを買いすぎてしまう… ・買い与えすぎると悪影響があるのでは… ・どんなおもちゃを与えて良いか分からない… 子育てをしている中で、こんなふうに悩むこともありますよね。 「おもちゃの与えすぎは子どもに悪影響」という研究結果もあるので心配です。 しかし、おもちゃ遊びは、子どもの自発性や想像力を育みます。 そのため、適切におもちゃを与えれば、子どもの心は成長していきます。 そこで今回の記事では、子どもへのおもちゃの与え方への疑問を解決していきますね。

  • 保育士に親の愛情不足はわかるのか?【あまり気にしないで】

    保育士に、子どもへの愛情不足を指摘されて、悩んでいる人は意外に多くいます。 また「保育士だからって、なにがわかるの!?」と気分を害する人もいます。 でも実際、保育園の先生は何を見て「お母さんの愛情不足です…」なんて言葉がでるのでしょうか? そこで今回は、愛情不足の子どもの特徴や、満たされている子どもの特徴を見ていきます。 そして「保育士から愛情不足なんて言われても気にする必要はない」とういう内容でお送りします。

  • 子供に関わる仕事で給料が高い職業は?【やりがいと年収を追求】

    保育士は、子供に関わる仕事の代表的な職業ですよね。 しかし給料が高いとはいえず、辞めていく人も多くいます… でも、子供に関わる仕事はやりがいがあるものですよね。 そこで今回の記事では、やりがいと年収を両立できる、子供に関わる仕事を紹介いたします。 あなたに合った働き方を見つけてみましょう!

  • 保育士が1週間で辞めたくなった場合の注意点とやるべきコト

    「新しい保育園で働いて1週間、すでに辞めたい…」「でも1週間で退職なんて良くないし…」 こんなふうに悩む保育士さんもいるでしょう。 でも、面接や見学だけでは分からないことが、実際入職すると見えてくることもありますよね。 そこで今回は、保育士が1週間で辞めたくなった場合の理由や注意点と、やるべきコトを解説いたします。

  • 保育士は引く手あまた?人生トクする転職の方法を解説!

    保育士は引く手あまた…なんて言われていますが、実際どうなんでしょうか? たしかに、人手不足に悩む保育園は多く、転職サイトにも求人があふれています。 また、仕事のブランク期間がある人や、40代以降の人でも歓迎している保育園もあります。 このような引く手あまたな状況の中、転職する時は少しでも有利な給与条件で転職したいですよね。 そこで今回は「人生トクする保育士転職の方法」を一緒に考えていきたいと思います。

  • 【見てみる!】フリー保育士が辛い…と悩む人の上手な対応方法

    フリー保育士が辛い…と悩む人は、意外にも多くいるものです。 ・なにをしていいのか分からない ・クラス担任との人間関係がツラい ・保育園での居場所がない ・子どもと関わらず雑用ばかり… このような悩みがあると「自分は必要ないのでは…」と自信を失くして「仕事辞めたい…」とも思いますよね。 しかし、フリーだからこそできることもあるし、フリーならではのメリットもあるはずです。 そこで今回は「フリー保育士が辛い…」と悩む人が、その良さに気がつき前向きになれるような記事内容です。今回の記事をよんでいただき、自信を取り戻して下さいね!

  • 【キケン】保育士で周りが見えない人の特徴と解決策とは?

    ・主任から「もっと周りを見なさい」と怒られる ・1つの仕事に集中すると、子どもの対応が出来なくなる ・もっと気が利く人になりたいけど、どうすれば? 保育士で、このように周りが見えないで悩む人は、意外に多くいるものです。 そして、まったく悪気はないのに、周りが見えずに相手を不快な思いをさせてしまいます。 これでは、人間関係でも仕事でも大きな損をしてしまいますよね。 そこで今回は、周りが見えなくなる人の特徴と、「気が利く人ね」と言われるような人になるための解決策を紹介いたします。

  • 保育士で「体調を崩しやすい…」と悩む人の原因と体調管理対策!

    保育士は「体調を崩しやすい…」と悩む人が多い職業です。 その原因は、子どもからの感染や保育園内のストレスなど、さまざまですよね。 とくに新人保育士さんは、職場に慣れておらず、体調を崩す人も多いでしょう。 また、風邪ぎみで無理に出勤すれば「子どもにうつすかも…」と不安になり、欠勤すれば「職場に迷惑をかけるかも…」と悩みますよね。 そこで今回は、保育士が体調を崩しやすい原因と、体調管理の対策を紹介します。 また、体調不良になった時の連絡方法なども解説してますので、ぜひ活用してみて下さいね。

  • 「保育士を辞めたい」と悩む50代…その理由と考えるべき選択肢

    保育士も50代になると、さまざまな悩みが出て来ますよね。 50代で下記のような悩みで「保育士を辞めたい…」と考える人もいるでしょう。 ・体力がなくなり、疲れが取れない… ・親の介護をしないといけない… ・毎年のプレッシャーに疲れた ・若い先生との間にギャップを感じる! そこで今回は、このように悩みで「保育士を辞めたい…」と考える保育士が、考えておくべきことを紹介いたします。 最後まで読んでいただき、どのような選択肢がベストなのか、考えてみましょう。

  • 【例文アリ】保育士の志望動機~中途転職の書き方はどうする?

    保育士の中途採用の転職で、志望動機はとても大切なポイントですよね。 なぜなら保育園側は、あなたの志望動機を見て、合否を決めることも多いからです。 しかし、志望動機の書き方が分からずに、悩む人もたくさんいるでしょう。 そこで今回は、保育士の転職での志望動機を書くポイントを、例文とともに紹介いたします。 履歴書や面接で上手にアピールして、合格の可能性を広げていきましょう!

  • 保育士が転職で給料下がるは仕方ないの?満足いく転職方法は?

    保育士が転職で、今より給料が下がるケースがあります。 しかし、給料が下がると、生活の楽しさもダウンし、仕事のやる気もなくなりますよね… ・転職しようとしたが、今よりも低い給料を提示された… ・保育士が転職で給料下がるのは仕方ないの…? 満足いく転職をしたいのに、こんなふうに悩む保育士は、意外に多いものです。 そこで今回は、保育士が満足いく転職をするための方法を解説していきます。 自分自身の安売りはもったいないですよ! 今回の記事を参考に、ぜひ満足いく職場を見つけて下さいね。

  • 保育士にお気に入りの子がいるのはダメなの?絶対NGな行動とは

    保育士も人間ですから、お気に入りの子や苦手な子がいることもあるでしょう。 しかし、先生という立場上「どの子にも平等に」と心がけている人も多いものです。 でも、ふとした行動や態度に出てしまい、保護者からクレームになるかもしれませんね。 そこで今回は「お気に入りの子がいてもダメではないが、NGな行動」というテーマで記載いたします。 また、保育士に好かれる子どもの特徴も紹介しますので、ぜひ最後まで読んでみて下さいね。

  • 保育士の通勤や仕事中の好印象コーデ。気をつけるポイントは?

    保育士は若い女性が多く、おしゃれを楽しみたい人も多いですよね。 しかし「保育者」という立場上、子どもの見本となる服装も求められ、通勤や仕事中のコーデにも気を使うことでしょう。 オシャレし過ぎて、保護者からクレームが入ったり、先輩保育士から目を付けられたり…ということもあるでしょう。 「じゃあいったい、どういう服装ならいいの?」という疑問を、今回の記事で解消していきたいと思います。 メイクやネイルのことも解説しているので、ぜひ参考にしてみて下さいね

  • 「保育士に復帰するのが怖い…」と悩む原因。上手に復職するには?

    出産後に保育園を辞め、子どもも大きくなり、保育士に復帰しようと考える人は多くいます。 しかし下記のように「保育士に復帰するのが怖い…」とみんな悩むものです。 ・人間関係や仕事になじめるかな~ ・体力や保育の知識面でも心配だなぁ ・家庭との両立ができるのかしら… さらに、ブランクが10年や15年ともなれば、ほぼ新人保育士のような気持ちにもなりますよね。 そこで今回は、保育士に復帰するのが怖い…と悩む原因と、上手に復職するポイントを解説していきます。 ぜひ最後まで読んでいただき、あなたの職場復帰に役立てて下さいね。

  • 【例文アリ】保育士の志望動機。主婦から復帰する時の書き方

    「子どもが大きくなった」などの理由で「保育士に復帰したい」と思っている主婦の方は多くいます。 でも、いざ転職しようとなると、ブランクの大きさから、不安になることもあるでしょう。 しかし、志望動機を明確にし、経験を上手にアピール出来れば、意外にスムーズに復帰はできます。 そこで今回は、相手に届く志望動機のポイントや例文を解説していきます。 また、転職に失敗しないための上手なエージェントの利用のコツも紹介しますので、最後まで読んでいただき、あなたに合った保育園探しに役立てて下さいね!

  • 「保育士を辞めたい…」と悩む40代が考えるべき現実と選択肢

    若い時とちがい、保育士も40代になると、仕事でさまざまな悩みが出てきますよね… 以下のような状況で「保育士を辞めたい…」という人もいることでしょう。 ・40代なのに、給料が安すぎて… ・40代未経験の求人で転職できるの… ・保育園では若い先生ばかりで人間関係がツラい ・子育てと介護に追われてキツイ… 今回の記事では、このような悩みを持った40代保育士が「どのように考えて行動すべきか」という内容で進めていきます。 最後まで読んでいただき、40代の悩みを解決していきましょう!

  • 保育士の新人が職場でいじめに遭う原因と解決方法

    保育園に新人保育士が入ってくれば、園長や上司は、新人を育てる責務があります。 しかし、新人保育士をいじめ、退職に追い込むような職場もあるのが現実です。 いじめの内容も「無視」「陰口」「仕事を教えない」など、保育者とは思えないようなコトも多いかもしれません。 もしあなたが、いじめに遭っていれば、大変な苦悩の中にいることでしょう… 今回の記事では、新人保育士のいじめが起きる原因をつかむと共に、解決法も考えていきます。 ぜひ最後まで読んでいただき、少しでも心が軽くなって頂ければ幸いです。

  • 保育士のストレスの原因と発散方法➡イライラを解消しよう!

    保育士の仕事は、ストレスがたまる場面が多いですよね… ・職場のイヤな人間関係 ・残業が多い毎日… ・ワガママな保護者の対応… ・言うことを聞かない子ども… このようにストレスを溜めやすいため、上手なストレス発散方法を持つことが大切です。 ストレスを上手に解消できなければ、毎日がツラいだけの仕事になってしまうからです。 どうしても合わない場合は、転職という手段も考えなくてはいけません。 そこで今回は、保育士のストレスの原因と上手な発散方法を紹介いたします。 今回の記事を読めば、ストレスを上手にコントロールでき、心が軽く仕事ができますよ。 ぜひ最後まで読んで下さいね。

  • 保育士5年目「向いてないから辞めたい」と悩む人のキャリア選択

    保育士5年目といえば25~28歳くらいで、これからの人生の方向を決める大切な時期ですよね。 保育士として充実してる人がいる一方、「向いてないから辞めたい…」と悩む人もいるでしょう。 悩む理由は「人間関係のストレス」「上がらない給料」「保育園からのプレッシャー」などさまざまかもしれません。 「別の保育園に転職しようか…」「子どもは好きだけど、異業種に転職しようか…」など悩む人もいるかもしれません。 そこで今回の記事では、保育士5年目が悩む理由を明確にし、今後どのようなキャリア選択していくべきかを考えていきます。 20代後半の大切な時期、あなたにとって良い選択ができるよう、考えていきましょう!

  • 保育園で育てやすい野菜~子どもと簡単に栽培してみよう!

    食育の一環として、プランターで野菜を育てている保育園も多くありますよね。 しかし、いざ栽培すると、途中で枯れたり収穫できなかったり…など、意外に難しいこともあるでしょう。 そのような悩みを解決するには、トマト・きゅうり・ナスなど、保育で簡単に育てやすい野菜を選ぶことが大切です。 また、元気な苗や土を選ぶことも、ポイントになってきます。 今回の記事では、子どもと野菜を育てる時のポイントや、収穫まで元気な野菜を育てるコツを紹介いたします。 また、適切な種まきと収穫の時期も解説しますので、あなたの保育園でも役立ててみて下さいね。

  • 保育士5年目の給料を調査!あなたは平均より高い?低い?

    保育士も5年目になると、多くの経験を積んで、周りも見れるようになりますよね。 そんな中、ふと我に返った時「保育士5年目として、私の給料は高いの?低いの?」と思う人もいるでしょう。 さらに「5年目でも全然年収が上がらない!」と、保育園に不満を持つ人もいるでしょう。 そこで今回は、下記の内容で記事を紹介していきます。 ・保育士5年目の平均給料 ・保育士の給料で差がつくポイントは? ・あと3万円でも…給料を上げる方法は? ぜひ最後まで読んでいただき、給料アップのヒントをつかんで下さいね。

  • 保育士のイメージは男ウケが抜群!もっとモテる方法は?

    保育士は「男ウケ」が良くモテる職業です。 合コンなどの男女の出会いの場で「仕事は保育士です」と答えると、男性のテンションは上がります。 さらに、男性が結婚したい職業ランキングでも、保育士と看護師は必ず上位に入りますよね。 しかし「保育士だけど実感ないな~」という人も多いかもしれません。 そこで今回は、保育士が男性からのイメージが良い理由と、その強みを活かしたモテる方法を紹介いたします。 最後まで読んで、素敵な出会いにつなげて下さいね。

  • 保育士の服装はユニクロが最高!その理由と必須アイテムとは?

    たくさんおしゃれはしたいけど、保育士の服装には、いろいろな制約がありますよね。 子どもの安全・衛生が大切なので、制約があるのは仕方のないことですが、少しでもおしゃれをしてテンションも上げたいものです。 そんな中、保育士の服装には、ユニクロが最高のブランドの1つです。 なぜなら、ユニクロの製品は、品質と価格のバランスが最適で、エプロンとの相性も良いからです。 ユニクロ以外にも、しまむら・GUなども人気ですが、今回の記事では、それぞれのブランドの特徴と比較しながら、ユニクロのアイテムを中心に紹介していきます。 あなたに合ったブランドとアイテムを見つけて、仕事に活かして下さいね。

  • どうにかしたい保育士の最悪な人間関係…人生変わる考え方のコツは?

    保育園での人間関係が上手くいかなと、本当にツラいですよね… プライベートの人間関係とちがい、職場の人間関係は自分で選ぶことは出来ません。 合わない人との話しは疲れるし、めんどくさい…と思うのも当然です。 最悪、パワハラなどで、心身の不調がある人もいるでしょう。 そこで今回は、保育士が職場で人間関係に悩んだ時の考え方や、ストレスをためないコツを紹介していきます。 人間関係が変われば、人生も生活も良くなります。ぜひさいごまで読んでみて下さいね。

  • 保育士が奨学金を返せない時のリスクと対処方法。返済の実態は?

    学生時代に借りた奨学金…下記のような事情で返せないと悩む保育士さんは多いものです。 ・毎月の給料が安く返済が厳しい ・妊娠で働けないから返済なんてムリ… ・家族や旦那に頼れないし… ずっと返済が滞れば「ブラックリスト入り」や「連帯保証人に矛先が向く」などのリスクも発生します。 そんなことにならないように「保育士修学資金貸付制度」や「救済制度」などでの対処も可能です。 また根本的の解決策としては「転職」や「副業」で、あなた自身の収入をアップさせる必要もあります。 そこで今回の記事では、奨学金が返せない保育士が、どのように対処すべきかを学んでいきますよ。

  • 【安全策】保育士で手取り15万円の人が、18万円にする方法

    保育士で手取り15万円というのは、ごく平均的な給料でしょう。 しかし、手取り15万円だと、家賃や光熱費などの固定費を支払うと、手残りは寂しいものです… そのため、友だちと遊びに行くのを控えたり、買いたい服を我慢したりしないといけません。 さらに、保育士は給料が上がりにくいため、将来的なビジョンも見えず、不安になるものです… ただ、毎月の手取りが18万円くらいになれば、あなたの生活もだいぶん余裕が出てきますよね。 そこで今回は、手取り15万からどのように増やすことが出来るのか、ということに焦点を当てていきます。 あなたに合った方法を取り入れて、仕事のやりがいと、生活のうるおいを手に入れましょう!

  • 「もう学童支援員を辞めたい…」と悩んだ時、考えるべきこと

    学童支援員は、見た目以上に大変で、もう辞めたい…と悩む人も多いでしょう。 ・保護者対応がツラい… ・給料が安い… ・職場の人間関係がキツイ… 当然ですが、辞めたいと思って、すぐに辞めるわけにもいかず、毎日ストレスを感じながら働いている人もたくさんいるはずです。 そこで今回は、学童を辞めたいと悩んだ時に考えるべきことと、もし辞めるあとはどうするか、ということを解説していきます。 辞めたいという気持ちは、自分が成長できるチャンスでもあります。 ぜひ最後まで読んで、ヒントをつかんで下さいね。

  • あなたは学童指導員に向いている人?向いていない人?

    学童で働くなかで「自分は指導員に向いてないかも…」と悩む人もいるでしょう。 実際、学童指導員に向いている人、向いていない人というのは、1つの傾向としてはあります。 しかし「向いてないかも…」と悩む原因の中で、学童施設自体があなたに合っていないケースも多いものです。 そのため「職場を変えたら、個性を活かして楽しく働けるようになった」という人はたくさんいます。 そこで今回は、学童指導員に向いている人、向いていない人の特徴を紹介し「向いていない…」と悩む人のために、転職する際のポイントを解説いたします。 ぜひ最後まで読んでみて下さいね。

  • 保育士が3ヵ月で辞める場合どうすればよい?再転職も不安…

    希望をもって入職したものの、入職後のギャップに悩まされる保育士は多いものです。 実際、3ヵ月ほどの早期タイミングで辞めるケースも少なくありません。 しかし、3か月ほどの早期で退職する場合、以下のような不安もあるでしょう。 ・こんなに早く辞めて大丈夫なの? ・もう少し我慢して続けるべきか… ・早期で退職したあと再転職が不安。 そこで今回、3ヵ月ほどで保育園を辞めるときに、考えるべきことと、早期退職する場合の注意点をみていきます。

  • 【これならできる】保育士からの転職先ランキング~異業種への転職~

    保育士から転職して「別の業界で仕事をしたい」と思ったことはありますか? ・給料が安い… ・将来が見えない… ・人間関係が悪い… このような理由で、異業種への転職を考えている保育士は、意外にもたくさんいるのです。 しかし、未経験の業界に転職するのは、とても不安なことですよね。 そこで今回は、保育士からの転職がしやすい仕事のランキングを紹介します。 また、保育士が転職を考える時の3つの進路と、転職時の注意ポイントも解説します。 あなたが目指す生活を実現するため、どの道に進むのがベストなのか、一緒に考えてみましょう! なお、ランキングの基準は、収入面と労働環境面を総合的にみて、順位をつけています。 ただし、一般的な傾向をランキング化しており、すべての企業には当てはまらないことを、ご理解下さい。

  • 保育士が副業のハンドメイドで、毎月いくら稼げるのか?

    保育士の給料は安く、手取り15万円以下なんて人も多いでしょう。 30代以降になっても、あまり収入のアップは期待できません。 そんな中、保育士の稼げる副業として、ハンドメイドは最適です。 手作りおもちゃやパネルシアターの作品は人気で、ネット上では数多く出品されています。 また、忙しい保育士でも、時間にしばられることなく、マイペースでできるのも良いですね。 そこで今回は、いろいろなメリットがある、保育士のハンドメイド副業について紹介します。 「毎月いくら稼げるのか?」「何が売れるのか?」「どのように始めるのか?」「保育園に副業がバレないのか?」なども解説していきますので、ぜひ最後まで読んで下さいね。

  • 保育士が仕事をズル休みしたい時に使える理由&ダメな行動

    保育士だけでなく、だれでも、ズル休みしたい時はありますよね。 でも、休みたくても「保育園に行かないと、他の先生に迷惑かかるし…」と思って、なんとか出勤してる人も多いはず…。 ただ「今日はどうしても仕事に行きたくない…」という時は、休むことも大切です。 しかし、突然休むには上手な理由が必要ですよね。 もし上手にズル休みできなければ、休み明けの仕事に影響してしまいますから。 そこで今回は、以下の内容で記載させていただきます。 ・上手にズル休みしたい時に使える理由 ・ズル休みした時のダメな行動 ・なぜあなたはズル休みしたくなるのか 保育士としての社会人生活は長いもの。ときに上手に休んで、乗り切っていきましょう!

  • 【まとめ】玩具の取り合いが起きる理由と保育士の対応方法

    子どもの玩具の取り合いは、保育士の頭を悩まさるトラブルのひとつですよね… 子どもの個性や毎回の状況も違うので、対応が難しい場面もあるでしょう。 絶対正解の対応方法はありませんが、その原因と基本的な対応方法を理解しておけば、心に余裕をもって保育ができるでしょう。 そこで今回は、おもちゃの取り合いが起きる理由と、その対応方法を紹介していきます。 おもちゃの取り合いは、子どもも大人も、成長できるチャンスです。 それでは一緒に学んで、実践に活かしていきましょう!

  • 「先輩保育士が怖い」と悩む人の解決方法&やってはダメな行動

    「先輩保育士が怖い…」と悩む人は、毎日保育園に行くのも憂鬱でしょう。 いつも上から目線で、すぐに感情的になり攻撃してくる… そんな先輩先生が職場いたら、仕事にも集中できません。 私も2回ほど、以前の職場で怖い嫌味な先輩に悩みました。 本当にストレスでしたが、2つの方法で解決することが出来ました。 1つめは、先輩の指示プラスαの仕事をすること。 2つめは、人間関係を重視した職場に転職することです。 そこで今回は、怖い先輩に悩む保育士の解決方法と、やってはダメな行動を解説します。 あなたにはあなたに合った解決方法があるはずです。 今回の記事を読んで、あなたが一番幸せになれる方法を見つけていきましょう!

  • 保育士は言い方きつい人が多い?保護者や先生が取るべき対応方法

    「保育士って、言い方がきつい人が多い気がする…」 そんな言葉を耳にするケースがたまにあります。 もちろん、保育士の全員がきついワケではありませんが、中にはきつい保育士がいるのも事実でしょう。 そして、そんなキツイ保育士の言葉に、傷ついている保護者や同僚の先生も多いはずです。 そこで今回は、言い方のきつい保育士の事例と対応方法を紹介いたします。 保護者の立場からと、保育園の先生の立場から見ていきますので、ぜひ参考にして下さいね。

  • 保育士のネイルは苦情の原因?NGな理由とネイルを楽しむ方法

    保育士だって、おしゃれにネイルを楽しみたいですよね? でも、こんな悩みを持っている保育士の先生も多くいます。 ・保育士のネイルは苦情の原因になるの…? ・クリアネイルでも、保護者から苦情がきた… ・どこまでがOKなのか分からない… 実際に、保育士のネイルが苦情になるケースもあり、ネイルNGの保育園が多いものです。 そこで今回は、ネイルがNGな保育園が多い理由と、保育士がネイルを楽しむ方法を紹介いたします。 子どもの安全安心が一番ですが、できる範囲でおしゃれを楽しんでいきましょう!

  • 「保育士は頭悪い」と言われる理由と「できる先生」になるポイント

    「保育士は頭悪い…」なんて意見を聞くと、腹立たしいですよね。 保育士の全員が頭悪いわけではないのに、一部のおバカな保育士がいるため「保育士=頭悪い」みたいになってしまいます。 あまり周りの雑音を気にしすぎる必要はないでしょう。 しかし、保育士は頭が悪いと言われる理由を知り、あなたは「できる先生」になる必要があります。 なぜなら、頭の悪い保育士は、不幸になっていくからです。 そこで今回は、頭の悪い保育士の特徴や「できる先生」になるポイントを紹介いたします。 今回の記事を読んで、あなたが活躍するヒントをつかんで下さいね!

  • 【3分で分かる】保育士を独占する子ども~その理由と対応方法は?

    ・いつも抱っこをせがむ ・ひざの上に乗って離れない ・独り占めできないと泣き叫ぶ このように、保育士の先生を独占する(したがる)子どもは多くいます。 子どもたちの「安心したい」「自分に注目してほしい」など気持ちを、行動で表わしているのです 独占したい気持ちは、子どもだけに限らず、大人にもある自然な欲求です。 しかし、独占欲が強すぎ、その欲求が満たされないと、暴れたり、ひっついて離さないなど困った行動を引き起こしますよね… そこで今回は、そんな独占したがる子どもの理由と対応方法について紹介いたします。 今回の記事を読んで、子どもの心を理解するヒントをつかんで下さいね。

  • 「保育士に向いてない」と言われたら…自分を守るために考えること

    園長や主任の先生から「あなたは保育士に向いてない!」と言われた… そんなことを言われて、深く傷つき、悩んでいる人もいるでしょう。 子どもは好きだけど、保育士を辞めたいと思う人もいるでしょう… でも「保育士に向いてない」なんていう言葉は、無責任な人が発する言葉です。 あなたのことを1ミリも想ってない人の言葉に、あなたは振り回される必要はありません。 そこで今回は「保育士に向いてない!」などの無責任な言葉から、自分を守るための方法を考えていきたいと思います。 今回の記事を読んで、あなたが自信を持って保育園ではたらくヒントをつかんで下さいね。

  • 院内保育士はきついのか?仕事の特徴と転職ポイントをチェックしよう

    院内保育所は「夜勤できついけど、ゆっくり保育ができて、お給料もまあまあ高い…」 そんなことを聞いて、転職を考えている保育士さんもいるでしょう。 しかし実際、どんな仕事内容で、一般保育園とどんな違いがあるのか、気になる人も多いかもしれません。 そこで今回は、院内保育所の特徴や、勤務するメリットデメリットを紹介し、転職する場合の成功のポイントを紹介いたします。 今回の記事を読んでいただき、あなたが活躍するための参考にして下さいね!

  • 【3分で分かる】保育士の話し方のコツ。子どもを惹きつけるポイントは?

    ・子どもが言うことを聞いてくれない… ・周りの先生の話しは聞いるのに、私の言葉は子どもに届かない… とくに経験の浅い保育士さんで、こんな悩みを抱えている人は多いものです。 しかし、ちょっとした話し方のコツをつかめば、あなたの言葉で子どもたちを惹き付けることができます。 そこで今回の記事では、子どもの興味を惹き付け、話しを聞く雰囲気を作るコツを紹介いたします。 あなたに合う方法を取り入れて、レベルアップしてみましょう!

  • 保育士として大切な心構えとは?仕事でおさえたいポイント

    保育士として働くうえで「大切な心構えは何だろう…」と、悩んでいる人もいるでしょう。 また、就職や転職の面接作文で、答えを求められる場面もあるかもしれません。 しかし「保育士として大切な心構え」を考えることは、新人さんだけでなく、あなたが保育士として活躍するうえで、基礎をつくる重要な作業です。 子どもや保護者の対応をする時の態度や、仕事の姿勢としても現れてきます。 そこで今回は、保育士として大切な心構えを一緒に考えていこうと思います。

  • 保育士の悩み~パワハラ主任の特徴と上手な対処法

    ・いつも主任の顔色を伺っている ・少しでもミスをすると主任に怒鳴られる こんなパワハラ主任のもとで働く保育士は、毎日が憂鬱ですよね… 保育園という小さなコミュニティの中で、パワハラ被害を受けると、逃げ場もなくツラい日々になります。 だからこそ、パワハラ主任の特徴をつかみ、対処法を理解し、自分自身を守ることが大切です。 今回の3分ほどの記事を読めば、パワハラ主任への上手な対応方法が分かるようになりますよ。 実際にどんな行為がパワハラになるのか、事例も紹介してますので、最後まで読んでみて下さいね。

  • 保育士の妊娠は迷惑なのか?職場への報告や妊娠中の注意点

    上下関係の厳しい保育園では、妊娠の順番が決まっていたり、妊娠に予約が必要などのケースもあるとか… 順番は決まっていなくても、先輩より先に妊娠すると「迷惑だ」など、肩身が狭い思いをすることもあるでしょう。 本来、妊娠は喜ばしいことですが、そのことが原因で職場トラブルは避けたいですよね。 そこで今回は、妊娠した保育士が、職場や仕事で気をつけるポイントを解説します。 また、産休明け後、どのように働くのが良いのかも紹介しますので、ぜひ参考にして下さいね。

  • 保育士が「もう頑張れない…」と悩む理由&解決策のまとめ

    保育士で「もう頑張れない…」と思い悩んでいる人もいるでしょう。 子どもは可愛いのですが、保育の仕事は、実にストレスがたくさんですよね。 ・保育園での人間関係 ・子どもの命を守る緊張感 ・保護者対応のストレス ・給料が低く将来が不安 もちろん、どんな職場にも悩みやストレスはありますが、保育士ならではの悩みも多いものです。 そこで今回は、「もう頑張れない…」と悩む原因と、転職を含めた解決策をまとめていきます。 今回の3分ほどの記事を読めば、心のモヤモヤが晴れて、前向きな気持ちになれますよ!

  • 小規模保育園で働いて後悔したこと、良かったこと

    「小規模保育園と大規模保育園、どちらが自分に合っているのか…」」 こんなふうに悩む保育士さんもいるでしょう。 自分に合った保育園で働くことは、人生においてとても大切ですから、後悔のない選択をしたいですよね。 また、子どもや他の先生との人間関係も気になるところです。 ということで、今回の記事では「小規模保育園で働き後悔したこと&良かったこと」という内容です。 今回の3分ほどの記事を読めば、小規模保育園の特徴を理解し、あなたに合った保育園えらびの参考にすることが出来ますよ。

  • 保育士転職の決め手とは?後悔しないための保育園の選び方

    今の保育園に不満があり、転職を考えている… 保育士の求人情報をいろいろ集めているけど、保育園えらびの決め手がよく分からない… このように悩む保育士さんも多いことでしょう。 転職先を決めることは、今後の人生を大きく左右するため、後悔しない選択をしたいものです。 そこで今回は、転職を考える保育士が、後悔しないための保育園えらびの決め手を紹介していきます。 あなたが幸せになるための選択に役立てて下さいね。

  • 保育士が仕事で工夫していること~大変な仕事を効率アップさせる方法

    「仕事がなかなか終わらない!」「一生懸命にやっているのに仕事が進んでない…」と悩むことはありませんか? その悩みは、仕事の工夫の仕方に原因があるかもしれません。 もちろん、どの保育士さんも業務量が多く、そもそも人手不足の場合もあるでしょう。 しかし、もっと効率よく仕事できれば、余裕をもって子どもの保育ができ、自分の時間も増えるはずですよね。 そこで今回は「保育士が仕事で工夫していること」について紹介させて頂きます。 仕事の効率化は、特別な才能は必要ありません。ちょっとした工夫と、少しのコツをつかめば、誰でも出来るようになります。 今回の記事を読んでいただき、仕事の工夫のヒントをつかんで下さいね!

  • 保育士の笑顔の大切さ~自分と周りを幸せにする笑顔の効果~

    あなたは、いつも笑顔で過ごすことができてますか? いつも笑顔の保育士さんは、安心感があり素敵だなと思うけれど、自然に笑顔が出ないときもありますよね… ・仕事が忙しくイライラしがち ・子どもが言うことを聞かず感情的になる ・保育園内の人間関係で憂鬱になる こんな悩みを抱えていると、笑顔でいるのも難しいものです。 そこで今回は、保育士として笑顔でいる大切さと、ずっと笑顔で過ごすための方法を紹介します。 この3分ほどの記事を読めば、あなたも笑顔あふれる保育士になっていることでしょう!

  • 素敵な保育士が心がけていることは?【ポイント解説】

    優しく明るい笑顔にあふれ、子どもにも保護者にも大人気! そんな素敵な保育士の先生は、あなたの保育園にいますか? このような素敵な人は、いったい何を心がけているのでしょう… 今回の記事では、素敵な保育士が心がけていることを知り、あなたも素敵な保育士になるためのポイントを解説いたします。 今回の3分ほどの記事を読むだけで、素敵な保育士になるためのヒントがつかめますよ。 それでは内容に進んで行きましょう!

  • 保育士が重大なミスをした時…対処方法と原因を学び立ち直ろう!

    どんな仕事もですが、重大なミスをした時は、焦りと不安でいっぱいになりますよね… とくに保育士が重大なミスをすると、子どもの命にも関わりますから、なおさら不安は大きいでしょう。 保育で大きな失敗をして「もう立ち直れない…」という人もいるかもしれませんね。 しかし、失敗から立ち直らなければ、またミスをたて続けに起こし、負の連鎖にハマってしまいます。 そこで今回は、保育士が重大なミスをした時の対処方法と、根本原因を考えていきたいと思います。 今回の3分ほどの記事を読めば、心が軽くなり、前向きになれる内容になっていますので、ぜひ最後まで読んでみて下さいね。

  • 保育士の仕事がしんどい時~ストレス状況別の対応方法

    「保育士の仕事がしんどい…」と悩む人は多いものです。 しかし「しんどいから、すぐに辞める!」という訳にもいきませんよね。 そして、心がモヤモヤした状態で、保育園に通うことになるはめに… 今回は、このように「保育士はしんどい…」と悩みながらも、どう行動して良いか分からない人のための記事です。 この3分ほどの記事を読むことで、今のあなたの状況と、どのように対処したら良いかが、分かるようになります。 今の悩みを乗り越えて、幸せ保育士のヒントをつかんでいきましょう!

  • 保育士が面接で「何歳児を担当したいか」質問された時の理由回答

    保育士の転職面接や、勤務先の保育園にて「何歳児を担当したいか?」と質問された時、どのように回答するのが良いのでしょうか? なんとなく、自分の好みだけの理由だと「わがまま」と思われそうだし… 経験が浅いと、どの年齢のクラスを希望したら良いかも分からないし… ということで今回は、何歳児を担当したいかを問われた時の回答方法を紹介いたします。 ぜひ最後まで読んでいただき、参考にしてみて下さいね。

  • 保育士がやってはいけないこと。子どもや保護者へのNG行動

    「保育士が子どもや保護者に、絶対やってはいけないコト…」気になりますよね。 自分でも知らずに、子どもや保護者にNG言動をしてしまい、信頼関係を失くしてしまうと、お互いにツラい思いをしてしまいます。 反対に、やってはいけないことを理解しておくだけで、お互いの信頼関係が高まり、幸福度がUPしていくものです。 そこで今回は、保育士が子どもや保護者にやってはいけないことを具体的に紹介いたします。 今回の記事を読めば、毎日の保育や保護者対応が、やりやすくなりますよ。

  • 保育園のブラック診断リスト…保育士が絶対に避けたい保育園とは?

    保育園に勤めていて、息をするのもツラい…なんてことはありますか? そんな苦しむ人が勤める保育園は、まちがえなくブラック保育園でしょう。 ブラック保育園は、あなたの全部を吸い取ります。 お金も、時間も、健康な肉体も…すべてブラック園に吸い込まれるのです。 今回の記事では、あなたの保育園のブラック診断リストと、ブラック保育園を避ける方法を紹介いたします。 ブラック保育園だけは、絶対に避けなければなりません。 今回の記事を読んで、いっしょに幸せな保育士になっていきましょう!

  • 保育士が「子どもをまとめられない…」と悩む原因と解決方法

    「子どもをまとめられなくて…」という悩みは、保育士なら誰でもありますよね。 しっかりしてほしい場面ほど、子どもが言うことを聞かないと、焦ってしまうものです。 また「他の先生なら上手くまとめられるのに…」と自信を失くしてしまうかもしれません。 今回は、そんな悩みを解決できるよう、子どもの心理面などから原因をさぐり、子どもをまとめる解決方法を紹介いたします。 大切なことは、子どもと信頼を築き、好奇心をひきつけること。 では、さっそく内容を見ていきましょう!

  • 保育士一年目の離職率➡一年目で辞める時、知っておきたいコト

    希望をもって保育士になったのに、今は辞めることばかり考えている…。 こんなふうに悩む一年目の保育士さんも多いことでしょう。 保育士一年目の離職率は約15%です。 しかし、辞めたいけど辞める勇気も出ない…そんな人が多くいるのが現実でしょう。 そして、1年という短い期間で辞めてしまと、今後の人生で何か影響が出てしまうのでは…と、心配になりますよね? そこで今回は「保育士を一年目で辞める時、知っておきたいコト」を解説いたします。 今回の記事を読んでいただき、あなたのベストな選択のヒントにしてい下さいね。

  • 保育士が転職するか悩む時…知っておくべき重要なポイント

    「転職するべきかどうか…」 ・職場での人間関係がイヤすぎる… ・今の保育園は、給料が安すぎて… ・仕事が多すぎて、自分の時間がない こんなふうに悩む保育士さんは多いものです。 しかし、転職に成功すれば、悩みを解決できます。 でも…転職失敗の可能性を考えたり、いまいち勇気が出なかったりと、悩むだけで時間がどんどん過ぎていく…というパターンにもなりがちですよね。 そこで今回は、転職すべきかどうか悩む保育士さんが、後悔しないためのポイントを解説致します。 転職は、あなたの人生を左右する大きな分かれ道です。 今回の記事を読んで、あなたの進むべき道を一緒に考えていきましょう!

  • 【すぐ分かる】保育者としてふさわしくない言葉遣いと気をつけるポイント

    子どもや保護者への言葉遣い、難しいですよね。 何気なく発した言葉が「保育者としてふさわしくない言葉遣い」と非難されたりします。 また。言葉遣いひとつで、子どもや保護者と信頼関係を深くすることもできます。 そこで今回は、保育者としてふさわしくない言葉遣いと、気をつけるべきポイントを解説していきます。 この3分ほどの記事を読めば、保育士として適切な言葉かけが出来るようになりますよ。

  • 保育士の給料が安いのは当たり前なのか?給料UPの具体的な方法

    「保育士の給料が安いのは当たり前だよ」なんて言われてお悩みですか? ・保育士は誰でもできる ・子どもと遊ぶだけ ・利益を生まない仕事 こんなコトを言われて腹を立てているのは、あなただけではありません。 保育士の仕事は、子どもの命を預かり成長に携わる、社会的に有意義な仕事なのですが、実際のお給料は手取り14万円…なんて人も多く、年収は高いとはいえません。 仕事にやりがいはあっても、給料が低すぎて、保育士を続けるのが難しいと思う人も多いでしょう。 そこで今回は、自信を持って生活ができるよう、保育士として年収UPする方法を解説していきます。 この3分ほどの記事を読んでいただくだけで、将来に希望がもてる内容になってますよ。

  • 【セルフチェック】最低な保育士の特徴…あなたは大丈夫なのか?

    あなたの保育園に最低な保育士はいますか? ・あいさつも出来ない ・子どもの保育より自分が中心 ・保護者に媚びを売る ・仕事を押しつけてくる こんな先生がいると、保育園に行くのが憂鬱になりますよね…。 でも、もしかすると、自分でも知らないうちに、あなた自身が「最低な保育士」になっているかもしれないのです。 他人のことはよく分かっても、自分のことは意外とよく分からないものですから。 そんな最低な保育士にならないよう、今回の記事では、その特徴や良い保育士になるためのポイントを紹介します。 あなたに当てはまる点があれば、すぐに改善してみましょう。

  • 【効果アリ】子どもに届く言葉かけ。保育士が気をつけるポイント

    保育活動の場面の中で、子どもへの言葉かけは、とても大切ですよね。 保育士の言葉ひとつで、子どもの心を伸ばしたり、信頼関係も築けます。 しかし、子どもに届く言葉かけが出来ず悩んでいる保育士さんも多いでしょう。 そこで今回は、子どもの心に届く言葉かけのポイントをみていきます。 最後まで読んで、ヒントを見つけて下さいね。

  • 保育士が「主任使えない…」と悩んだ時。解決のための対応策とは?

    「主任が使えない…」とお悩みの保育士さんですか? ・仕事をしないで押し付けてくる ・気分の波が激しく疲れる… ・まったく責任感がない 園長や保護者との関係と同じく、主任との関係は、保育士の大きな悩みの1つです。 主任が使えないと、保育園を辞めたくなるほどでしょう… そこで、今回の記事では、そんな主任との悩みを軽くできる方法を紹介いたします。 最後まで読めば、悩み解決のヒントをつかめますよ!

  • 【例文アリ】40代保育士の志望動機とアピールするポイント

    40代で保育士の転職にお悩みですか? 保育士は、40代でも転職は一般的です。 志望動機を明確にし、これまでの経験を上手にアピール出来れば、希望する保育園に転職も可能です。 でも、どうやって履歴書や面接でアピールするのか…不安もありますよね。 そこで今回は、40代保育士の志望動機やアピールポイントを分かりやすくまとめました。 最後まで読んで、転職活動のヒントをつかんで下さいね!

  • 【残念】ダメな保育士の特徴…良い保育士になるポイントは?

    あなたはダメな保育士ですか? そんなことを言われると、不安になりますよね… ダメな保育士は、子どもや保護者との関係が悪くなり、仕事が上手くいきません。 保育園の先生との間にも、トラブルが多くなります… そんなことにならないよう、すぐに改善が必要です。 そこで今回の記事では、ダメな保育士の特徴と、良い保育士になるポイントを解説していきます。 ダメな保育士に心あたりのある方、今日からでも改善していきましょうね!

  • 「保育士は精神的にきつい」と悩む人こそ転職で人生変わる理由

    ・保育士は精神的にきつい… ・仕事のストレスが限界で退職したい… ・辛すぎて良い職場に転職したい… このような悩みを抱えていると、毎日が憂鬱ですよね… このような悩みは、転職で解決するのがベストです。 なぜなら転職は、人間関係だけでなく、すべての問題をイッキに解決できる方法だからです。 しかし、あなたに合った保育園でなければ、なんの解決にもなりません。 そこで今回の記事は「精神的にきつい」悩みの理由を明確にし、あなたに合った保育園に転職する方法を記載します。 子どもは可愛いけど精神的にきついと悩む保育士さんは、最後まで読んでヒントをつかんで下さいね。

  • 【3歳児担任】どんなクラスにしたいか。保育士が知っておきたいこと

    3歳児の担任になって「どんなクラスにしたいか…」とお悩みですか? 3歳児になると、保育士ひとりが見る子どもの人数も多くなります。 また、運動能力や言葉の発達も大きく、子どもたちの個性も現れ、気苦労も多いですよね… そこで今回は、3歳児の担任の先生が知っておきたいことや、クラスを運営するポイントを解説いたします。 さいごまで読んでいただき、笑顔あふれるクラスをつくっていきましょう。

  • 加配保育士の仕事が辛いと悩む人がラクに解決する方法

    ・障害児対応が難しすぎ… ・どうして私が加配担当なの! ・ストレスで保育園行きたくない ・子どもといるのが楽しくない… このように、加配保育士の仕事が辛いとお悩みですか? 今回の記事では、加配保育士が辛い理由と、その解決方法を紹介いたします。 また、転職でスッキリ解決する方法も記載しますので、さいごまで読んでみて下さいね。

  • 保育士の複数担任制が嫌いな人が安全に悩みを解決するコツ

    保育士の複数担任制が嫌いでお悩みですか? ・クラスの担任の先生と性格が合わない… ・複数担任制がストレス過ぎて、保育園に行きたくない… 今回は、こんな悩みを抱えた保育士さんが、ストレスなく保育の仕事をこなすコツを紹介します。 また、「どうしても無理な場合は、転職した方がよい」という内容も記載してます。 今回の記事で、苦手な人間関係がスムーズになるとともに、あなたに合った保育園で働くことが、いかに大切かが分かるようになりますよ。 子どもの笑顔のためにも、さっそく読みすすめてみましょう!

  • 【3分で分かる】保育士が主任になりたくない理由と対応方法

    ・園長に「主任にならないか」と言われた… ・主任になってしまい、毎日泣きそう… こんな悩みを抱えていませんか? 今回は「主任になりたくない!」という、保育士の悩みの理由と解決方法の紹介です。 「主任をやりたくない」と思うのは、直感的に身の危機を感じているのでしょう。 解決のポイントは、あなたに合った保育園で働けるかどうかです。 本文で詳しく内容を見ていきますので、最後まで読んでみて下さいね。

  • HSP保育士が仕事を続けていくためのポイント5つ

    ・HSP気質だけど、保育士続けていけるかな? ・頑張ったけど、保育士続けるのが疲れた… こんな悩みを抱えていませんか? 今回の記事では、HSP保育士が仕事を続けていくための大切なポイントを紹介します。 あなたに合った保育園えらびや人間関係のコツまで、より快適に仕事を続けるポイントが分かるようになりますので、ぜひ参考にして下さいね。

  • 主任保育士の深い悩み…ツラい役割りをラクにする方法

    主任保育士になって、大きな壁にぶつかってませんか? 主任保育士は、保育園の中で大切な役割ですが、孤独を感じやすくツラい役回りですよね… 今回は、そんな主任保育士の深い悩みを、ラクに解決する方法をまとめみます。

  • 【お悩み解決】保育士が仕事に行けなくなったらどうする?

    日曜日の夜「明日から仕事に行きたくない」とため息をつきいていませんか? そして翌日の朝、ふとんから出られず、仕事に行けなくなった保育士さんも多いでしょう。 また「他の先生の目もあるし…」「休んだら気まずいし…」とガマンして仕事に行く人がほとんどでしょう。 しかし、自分に無理をしてガマンし続けると、体調に支障をきたし、うつ病や適応障害に至ります。 そこまで耐える意味はありますか? そこで今回は、仕事に行けなくなるほどストレスを抱えた保育士さんに注意して欲しい点をお伝えします。

  • 【例文アリ】面接で「私の目指す保育士像」を伝えるポイント

    保育士の転職や就活の面接で「理想の保育士像」の質問はよく有りますよね。 ぼんやりと頭の中のイメージはあっても、いざ言葉にしようとすると難しいものです。 何も準備ができてなければ、何も相手に伝わらないでしょう。 そこで今回は、転職や就活面接を有利に進めるために「私の目指す保育士像」に焦点をあてていきます。 例文とNG回答もありますので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

  • 保育士が仕事で失敗をやらかしたら…自信を取り戻す3つの方法!

    保育士に限らず、仕事で大失敗をやらかした時、落ち込んでしまいますよね… 言いわけもできないような、不注意のミスをしてしまうと、なおさら焦るでしょう。 しかし、もう立ち直ることが出来ない…と思うようなミスは、みんなしているものです。 今回の記事では、ミスした時の正しい対応方法と、失敗の落ち込みから自信を取り戻す方法を紹介します。 この記事を読んで、自信と笑顔を取り戻されることを、心より願っております。

  • 保育士40代の転職はきつい?40代が失敗しない転職のポイント

    保育士でも40代になると、これまでにない悩みも色々と出てきますよね… ・体力のきつさを実感する… ・自分より若い保育士ばかりで人間関係がキツイ ・安月給で家計がピンチ! ・子育てと介護のWパンチなど… さまざまな悩みを抱え、転職を考えることもあるでしょうが、40代ということで、転職に不安を抱えている人も多いでしょう。 実際、若ければ若いほど、転職に有利な面はありますが、40代での転職は遅くありません。 あなたに合った保育園をえらび、柔軟に対応していく姿勢が大切です。 そこで今回は、40代の保育士が転職に失敗しないポイントを解説していきます。 あなたに合った保育園をえらび、幸せな毎日を送れるようにしていきましょう!

  • 優しい保育士はダメでないが、優し過ぎると自分がツラくなる理由

    優しい保育士さんは、人の気持ちに敏感です。 子どもや保護者、周囲の先生のちょっとした言動を読み取り、サポートができます。 しかし「優しいだけではダメかも…」と考えたり、周囲から「子どもに舐められる」と言われたりして悩むこともあるでしょう。 たしかに、優し過ぎる性格は、自分自身が苦しむケースもあります。 そこで今回は、優しい保育士さんの心理と「もっと自分を大切にしてもよい」というコトをメインに書いていこうと思います。 記事を読み終えるころには、気持ちも軽くなっていることでしょう。

  • 【保育士面接落ちた】不採用になる理由と合否のポイント

    保育士不足といえども、だれでも面接に合格するわけではありません。 「面接落ちた…」というケースもよくあることです。 保育園により「今年は若い新人が欲しい」とか「今年はベテランの保育士が欲しい」など、年度により欲しい人材も違うでしょう。 このように、面接で不採用の理由は、保育園側のニーズとあなたの状況がマッチしなかったこともあるので、極度に落ち込む必要はありません。 面接に落ちたとしても、対策を立てて、次のチャンスのために準備をしていくことが大切なのです。 今回の記事では、保育士が面接で採用されるためのポイントを紹介しています。 ぜひ最後まで読んでいただき、チャンスをつかんでいきましょう!

  • 【ただ1つ】保育士として自分に自信がない人がやるべきこと

    ・何年やっても保育士として自信がもてない ・自分と他人を比べて落ち込む ・保育士に向いてないとネガティブになる こんなように、自分に自信を持てない保育士さんは多くいます。 自分に自信が持てない原因は、性格的なものや育った環境もあり、自分ではどうにも出来ない高い壁に感じることもあるでしょう。 しかし、この高い壁を乗りこえる方法は存在します。 それは「ありのままのあなたを肯定してくれる環境」に身を置くことです。 今回は、その詳細を考察していこうと思います。 最後まで読んでいただき、あなたらしく自信に満ちた保育士になっていかれることを願います!

  • 保育士で年収600万円は達成可能なのか?難しいが達成方法を考えてみる

    保育士の年収は低いと言われていますが、給料が低いままで良いと思っている人はいないですよね。 もちろん年収500万、年収600万と稼いでいきたいと思うでしょう。 ご存じのように、保育士で年収600万円は難しいことです。 しかし、達成方法を考えてみると、不可能な数字ではありません。 そこで今回は、保育士が年収600万円を達成する方法を考えると同時に、年収だけではないトータルで幸せになることが大切というコトを記載してみようよと思います。 今回の記事を参考に、年収と職場環境のトータルで満足度を高めていきましょう!

  • 保育士いじめのターゲットになったら、いじめる人と縁を切ろう!

    保育園でいじめのターゲットになり、毎日苦しんでいる保育士さんも多いでしょう。 女性社会の保育園では、ドロドロした人間関係で悩む人が多く、一番の退職原因になってます。 今回の記事は、そんないじめの苦しみを抱える保育士さんが、スッキリ悩みが解決できる内容です。 いじめは、いじめをする方が100%悪いです。 しかし、いじめる側が良い人に変わるのを期待してはいけません。 あなたの方から、いじめる人との縁を切っていくことが大切です。 それと同時に、あなたも自身も自分と向き合ってみることです。 ではさっそく、具体的に内容を深掘りしていきましょう!

  • 保育士がレクリエーションインストラクターの資格を取得するメリット

    レクリエーションインストラクターとは、レクリエーションを企画・実践する専門家です。 保育士としても、子どもの遊びの提供に役立つ資格です。 でも実際「どんなスキルが身につくの?」「本当に役立つの?」「転職などで有利なの?」などの疑問もあるでしょう。 今回の記事では、レクリエーションインストラクターについての詳細を紹介していきます。 興味のある方は、ぜひ参考にしてみて下さいね。

ブログリーダー」を活用して、あおかざさんをフォローしませんか?

ハンドル名
あおかざさん
ブログタイトル
保育士のしあわせ
フォロー
保育士のしあわせ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用