searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

amemaさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

海外の科学やおもしろいニュースを紹介しています。

ブログタイトル
科学 NA NEWS
ブログURL
https://amerikamura.tv/
ブログ紹介文
海外の科学やおもしろいニュースを紹介しています。
更新頻度(1年)

237回 / 33日(平均50.3回/週)

ブログ村参加:2021/08/23

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、amemaさんをフォローしませんか?

ハンドル名
amemaさん
ブログタイトル
科学 NA NEWS
更新頻度
237回 / 33日(平均50.3回/週)
フォロー
科学 NA NEWS

amemaさんの新着記事

1件〜30件

  • 放射線を利用して有機廃棄物を再生可能なバイオ燃料用添加剤に変える方法を発見

    ランカスター大学のエンジニアは、放射性廃棄物を利用して再生可能なバイオ燃料用添加剤を生成する方法を発見しました。ガソリンに占める再生可能エネルギーの割合は、今後数年間で20%にまで増加すると予想されており、この添加剤の新たな製造経路の発見は

  • 翼のあるマイクロチップは人類史上最小の飛行構造物

    砂粒ほどの大きさのマイクロフライヤーを拡散させることで、大気汚染、空気感染症、環境汚染のモニタリングが可能になるノースウェスタン大学のエンジニアは、電子マイクロチップに飛行という新しい機能を加えました。砂粒ほどの大きさのこの新しい飛行マイク

  • 空飛ぶ自動車はもうすぐ離陸できるかもしれない

    鳥だ!飛行機だ!いや、空飛ぶ車だ!空中に浮かぶ自動車というアイデアは、かつては突飛なものと思われていたかもしれませんが、今日では決してそうではありません。世界中の企業が空飛ぶ自動車の開発に取り組んでおり、通勤やレジャーのために長距離を飛行す

  • 気泡と超音波で駆動するマイクロロボット

    ある技術者は、鳥の飛翔の仕組みや蜂の巣の構造からインスピレーションを得ています。しかし、それよりもはるかに小さいものを考えるエンジニアもいます。農学生命科学部のMingming Wu教授(生物・環境工学)率いるチームは、超音波で動力を与え、

  • 水と風が複雑な形状を作り出す様子を模倣する研究

    手を使わなくても、エネルギーフィールドとスマートアルゴリズムを使って、粒子を望みの形に誘導できることが、新しい研究で明らかになりました。星型の砂丘や円弧状の岩など、自然界の複雑な形状は、誰かにデザインされたのではないかと思うほど、意図的に作

  • 風力発電で地球の気候変動を吹き飛ばす

    8月28日付の学術誌「Climate」に掲載された研究結果によると、気候変動に対する答え、あるいは少なくともその一部は、風に吹かれていることがわかりました。「早めの対策が功を奏す」と語るのは、コーネル大学工学部シブリー校機械・航空宇宙工学科

  • 耳のない虫は、皮膚を通して耳を傾ける

    耳がなくても音波を感じることができる一般的なモデル種は、聴覚を研究するための新しいツールとなる。ミシガン大学生命科学研究所が発表した新しい研究によると、生物学研究に広く用いられている回虫の一種は、耳のような器官がないにもかかわらず、音を感知

  • 暴動を予測する:社会的不平等が破壊行為につながるという実験結果

    社会的不平等は、実験的に集団的暴力を誘発する可能性があることが、UCLの研究者による新しい研究で明らかになりました。このプロジェクトは、2011年のロンドン暴動を受けて、反社会的な集団行動の起源を理解しようと、ナフィールド財団の助成を受けて

  • ナッツ類は体重増加とは無縁:トロント大学

    トロント大学の研究者らは、ナッツ類が体重増加に影響しないことを明らかにしました。この研究は、ナッツ類、脂肪の消費と体重との関連性に関する質の高い研究をまとめたもので、雑誌「Obesity Reviews」に掲載され、これまでで最も包括的なも

  • 筋力トレーニングは脂肪も燃焼させることができる。神話を覆す研究結果が発表されました。

    ランニングをするのが嫌いですか?脂肪を減らすことが目的であれば、その必要はないかもしれないことが、UNSW(ニューサウスウェールズ大学)が主導する新しい研究で明らかになりました。筋力トレーニングは脂肪も燃焼させることができるという研究結果が

  • インターミッテントファスティング(断続的な断食)はメタボリックシンドロームの管理に役立つ

    この人気の高いダイエット方法は、糖尿病や心臓病のリスクを低減する可能性があります。内分泌学会誌「Endocrine Reviews」に掲載された新しい原稿によると、1日のカロリーを8〜10時間の一貫した枠内で食べることは、糖尿病や心臓病など

  • マイクロバイオーム:「善玉」腸内細菌は本当にダイエットに役立つのか – 新研究

    著者情報:Ana Valdes氏, ノッティンガム大学 分子・遺伝学的疫学教授, Amrita Vijay氏, ノッティンガム大学 腸内細菌叢とメタボリックヘルス研究室 リサーチアソシエイト腸内にいる何兆個もの微生物は、私たちの体の中で非常

  • 巨大な小惑星が中東の古代都市を破壊した:聖書のソドムの物語に影響を与えたかもしれない

    著者情報:Christopher R. Moore, サウスカロライナ大学サバンナリバー考古学研究プログラムおよびサウスカロライナ考古学・人類学研究所の考古学者兼特別プロジェクト・ディレクター今から約3,600年前のある日、中東の古代都市ト

  • 犬の寄生虫(鉤虫)が多剤耐性を持っていたことを発見

    鉤虫は、FDA(米国食品医薬品局)が認可した獣医師が使用するすべての薬を回避するように進化しています。鉤虫は、コンパニオンアニマルを悩ませる最も一般的な寄生虫のひとつです。鉤状の口を使って動物の腸にとまり、組織液や血液を食べます。感染した動

  • サメからの攻撃の可能性を3分の2に低減する抑止装置

    サーフボードに取り付けられたサメ抑止装置は、西オーストラリア沖で行われたテストで、噛まれる可能性を66%減少させることがわかりました。また、オーストラリアで開発された「Rpela V2」は、サメとのやりとり(ナッジ)を38%減少させ、サーフ

  • 虫を食べる人が増えていますが、昆虫を養殖して食用にすることは倫理的に問題ないのでしょうか?

    ※食用昆虫の話です。気分が悪くなる方もいらっしゃるかもしれません。著者情報:Matan Shelomi氏, 国立台湾大学 昆虫学准教授コオロギの命の価値とは?昆虫の養殖は急速に成長している産業で、世界中の何百もの企業が工業的規模で昆虫を飼育

  • 月のティコ・クレーターの詳細が明らかに:画像

    強力な新レーダー技術が太陽系の秘密を解き明かす米国国立科学財団のグリーンバンク天文台(GBO)およびアメリカ国立電波天文台(NRAO)とレイセオン・インテリジェンス&スペース社(RI&S)は、グリーンバンク望遠鏡(GBT)の新しいレ

  • 蛾は音響デコイを使ってコウモリの攻撃をかわす:新研究

    著者情報:Marc Holderied氏, ブリストル大学 感覚生物学教授、 Thomas R Neil氏, ブリストル大学 生物科学部 博士研究員世界各地の暗い空では、コウモリと彼らの餌となる夜行性の昆虫との間で毎晩のように戦いが繰り広げ

  • 初期の長距離交易がシベリアの犬を形作る:古生物学

    古代のイヌのDNAを解析した結果、北極圏シベリアの住民が約2000年前にユーラシア大陸からイヌを輸入していたことが明らかになった。北西シベリアの北極圏に住む人々は、約2000年前にはすでにユーラシア大陸の人々と長距離交易関係を築いていたこと

  • 太陽電池による推進力でNASAのサイキ宇宙船を走らせる

    涼しげな青い光を放つ未来的な電気スラスターが、深宇宙にある金属豊富な小惑星へとサイキ(ラテン語でプシケ)宇宙船を導く。NASAのサイキ宇宙船が深宇宙で自らの力を発揮するとき、それは腕力よりも頭脳に頼ることになるでしょう。かつてはSFの世界の

  • 指向性エネルギー兵器は、痛みを伴うが死に至らないビームを発射する。ハバナ症候群の背景には同様の兵器がある?

    著者情報:Iain Boyd氏, コロラド大学ボルダー校 航空宇宙工学科学科教授米国やカナダの外交官やスパイが原因不明の病気にかかる、いわゆるハバナ症候群の最新のエピソードが世界各地で起こっています。2021年8月にはベトナムのハノイで2人

  • 氷河の生態系サービスを定量化することで、人類にとっての氷河の重要性が浮き彫りになる

    世界中の氷河が消滅する中、ある科学者グループは、氷河が消滅する前に人間に与える影響を理解しようとしています。2021年8月にEcosystem Services誌に掲載された論文の著者らは、生態系サービスの枠組みを氷河に適用することで、氷河

  • 地球の周りを回っている人工衛星の数はいくつ?

    著者情報:Supriya Chakrabarti, マサチューセッツ大学ローウェル校 物理学教授毎週のように、火星探査機や観光客を乗せたロケットが宇宙に打ち上げられていますが、一番多いのは人工衛星です。「宇宙が混雑している」というのは数年前

  • 浄化槽からサステイナブルへ。新たな肥料源としての可能性

    最近発表された研究では、家庭の浄化システムから出る屎尿を、リンを豊富に含む肥料に変換する新しいプロセスに注目しています。生物医学・化学工学・科学のToufiq Reza教授は、フロリダ工科大学の元研究者Nepu Saha、Kyle McGa

  • 超大型望遠鏡をLEGO®で再現。レーザー干渉計も付いています

    干渉計は、人類が生み出した最も高度なセンサー機器の一つです。天文学から量子力学まで、あらゆる分野で使用されており、私たちの科学への理解に大きな影響を与えています。しかし、すべての干渉計が機能的である必要はありません。オランダの天文学者である

  • 妊娠したオスのタツノオトシゴは、胎盤を形成して1,000匹もの成長中の赤ちゃんを支えている

    著者情報:Jessica Suzanne Dudley氏, マッコーリー大学博士研究員, Camilla Whittington氏, シドニー大学上級講師妊娠中の動物にとって、成長する子孫に酸素を供給し、二酸化炭素を排出することは大きな課題

  • 妊娠中の喫煙の危険性を再認識する

    喫煙している母親は、臨月の妊娠でも小さい赤ちゃんを出産する可能性が高く、後々、先天性欠損症や神経障害のリスクが高まると、McGill大学の研究者が発表しました。マギル大学ヘルスケアセンターのMichael Dahan助教授とIdo Fefe

  • パンプキンスパイスの魅力を科学的に解き明かす

    秋の到来はまだ数日先ですが、コーヒーショップや食料品店ではすでに秋のピークを迎えています。なぜなら、あるフレーバーの登場が、この季節の非公式な始まりを告げるものだからです。誰もが知っている、パンプキンスパイスの季節です。でも、なぜ?ジョンズ

  • 癌細胞への栄養供給ラインを制御する一対のタンパク質が発見される

    ジョンズ・ホプキンス大学医学部の研究者らは、ヒトのがん細胞およびマウスを用いた研究で、あるタンパク質が連携して、腫瘍に酸素と栄養を供給する供給ラインを構築し、腫瘍の生存と成長を可能にしていることを明らかにしました。PADI4とHIF-1とい

  • 化学物質の影響で母乳の栄養価が低くなる可能性

    PFAS化学物質への曝露が母乳の栄養価低下に関連しているという新しい研究結果が発表されました。「このような有害な化学物質を避けることは、ほとんど不可能です。だからこそ、化学物質がどのような影響を及ぼすかを示し、禁止させなければなりません。」

カテゴリー一覧
商用