searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

寝坊ちこくさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
にこちゃんでんでん
ブログURL
https://nikoden.site
ブログ紹介文
2016年夏に息子誕生。ASD傾向のある息子(と私)の成長を漫画形式で描いています。
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2021/07/03

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、寝坊ちこくさんをフォローしませんか?

ハンドル名
寝坊ちこくさん
ブログタイトル
にこちゃんでんでん
更新頻度
集計中
フォロー
にこちゃんでんでん

寝坊ちこくさんの新着記事

1件〜30件

  • NICUの息子と初対面(保育器越し)

    ご機嫌いかがでしょうか。 息子は体重1500g以下の極低出生体重児として、NICU(新生児集中治療室)に入院となりました。 まだ名前も決まっていないし、保育器の札には私達の苗字で「〇〇ベビー」と書かれていました(産科あるあるですよね)。 まだ呼吸が止まります とても小さくて、色々なチューブが繋がれていて、まだ呼吸も安定していない赤ちゃん。 実際、夫が面会に行った時に呼吸を管理しているモニターのアラームが鳴り、看護師さんが落ち着いた様子で「時々止まっちゃうんですよ」とサッと対応されていた、なんて事もあったとか…。 本当に、24時間管理して頂かないとまだ生きられない状態だったんですね。現場の先生や…

  • 出産 4(完結)

    ご機嫌いかがでしょうか。 私は諸事情で予定帝王切開での出産が決まっていました。 「出産」というイベントに向けて色々準備をしたり…といった事はまだ始めておらず、また自分で産む、と言う気構えもしていない状態。なので、通常分娩のつもりだった場合よりもショックは少ないと思います。 何度か全身麻酔での手術を受けた事もあったので、 「自分では”今から”の感覚だけど、気付けば全て終わっている」 と言う状態も複数回経験していました。 呼吸が止まったり痙攣したり…と言う話は後から聞いて流石に驚きましたが、こんな事になった割には落ち着いていた気がします。 産婦人科の先生は、救急車に一緒に乗って総合病院まで来て下さ…

  • 出産 3

    ご機嫌いかがでしょうか。 今回は2ページです。リニューアル後、1ページの記事を2回書きました。でもやはり1ページ毎の更新ではなかなかお話が進まないなぁと思い、なんとか2ページです。 とは言え、漫画の作成スピードが急激に上がる筈も無く、こまめに上げるかまとめて上げるかの違いで、全体のスピードとしてはほぼ同じ…。もっと早く描けるよう、頑張りますね。 「妊婦訪問」と言う制度がありますね。妊娠中の方の健康状態の確認と、妊娠中の生活・出産についての保健指導、その他相談等の為に、保健師さんや助産師さんが家に来て下さる制度です。 25週くらいの頃だったと思います。 この妊婦訪問で、私は「少し血圧が高い」と指…

  • 出産 2

    ご機嫌いかがでしょうか。 以前、「このブログでは不穏な続き方はしたくない」的な事を書きましたが…いやぁ…不穏ですねぇ…。 とは言え、私もお腹の赤ちゃんも現在元気にしている事はこのブログが示している訳で、あまり不安にならずに読んで頂けているのではないかな、と思っています。 前回も書きましたが、いやもう…本当に本当に痛かったんですよ……。 世の中には自宅でノーパンで過ごす方もいらっしゃる様ですが、私はお風呂からあがったらすぐに履く派です(いきなり何の話だ)。この時、ワンピースタイプの部屋着を出していたので辛うじて着る事が出来ましたが、さらにパンツを履くと言う、あともうひと動作がどうしても出来ません…

  • 出産 1

    ご機嫌いかがでしょうか。寝坊ちこくです。 1ページだけですが出産編、始まりました! 頭痛と胃の辺りが熱い、と言う症状。 2日前にもなった、と書いていますが、その日はかかりつけの産婦人科で母親教室の日でした。 私は妊娠中の体の浮腫みには無頓着と言うか、それほど浮腫みが強く出なかった方なのでしょう。手をグーパーするとちょっと握りにくいな、浮腫んでるんだな…と思うくらいでした。 でも母親教室の日の朝、足が明らかに浮腫んでいたんです。それで母親教室で質問してみましたが、「妊娠中の浮腫みは誰でもある事なので、顔が変わるくらいパンパン、とかじゃなければそれ程気にしなくて大丈夫」とのこと。 それで安心して帰…

  • 成長しました

    ご機嫌いかがでしょうか。 せっかくのゴールデンウィークですが、コロナでなかなかお出掛けもままならず…大変ですよね。 我が家も以前は、お休みにはイオン等のショッピングモールに行く事が多かったのですが、最近は行けなくなり…。 ああいう所にある、プレイルームの様な場所ありますよね。屋内型遊具施設、とでも言うのかな? よちよち歩きの頃に比べて、興味の幅も広がり活発になり、ああいった場所で思い切り楽しめる様になってきたのになぁ…。 息子は運動能力の発達が遅めで、筋力も弱い所があります。だからこそ、めいっぱい体を動かして楽しめる遊びを沢山させてあげたいなぁ…。 まぁ今は仕方が無いです。とは言え息子にとって…

  • 言語聴覚士の先生に診て頂きました

    こんにちは。いやー…前回からとんでもなく期間が空きましたね…。毎日作業時間を確保するのがなかなか難しかったのですが、最近作業時間を朝に持ってきてみたり、なんとか定期的に更新出来るように試行錯誤中です…いやはや。 さて最後のコマの先生のセリフですが、解りやすいようにこう描きましたが、実際は「まぁ特別遅れていると言う程ではない」というニュアンスでした。 たいして違わない感じですが…「ゆっくりめではあるけど、個別に訓練等の支援が必要な様子ではないですよ」と言う意味で話されていたと記憶しています。 前回も同じような事を書きましたが、園の先生や専門の先生の話を聞くと、思っていたより発達の個人差の幅はずっ…

  • 幼児食!(字が多いので拡大して読んで欲しい…)

    こんにちは、お久しぶりです。 …いや2ヶ月て。前回の更新からめっっっちゃ間あきましたね…。まぁもともと遅いのですが。 今回、字が…字が多い……。読んで頂けているのでしょうか。 離乳食終了後に関する今回のお話は、共感して頂けるかどうかは差がありそうですね。 特に、お子さんの成長が早かったり、離乳食後期には自分で上手に食べたり大人や上の子の食べ物を欲しがったり、「そこまできっちりと大人と分けてられない、て言うか分けなくても大丈夫だった」という方には「え、細か過ぎない……?」と感じる内容かもしれませんね。 この頃、もう離乳食って訳でもないし、大人と同じものを食べたがるし、行ってから何食べるか考えよう…

  • お座りしてる…か?

    ショッピングカートに子供を乗せるかどうかの判断は、対象年齢もありますが子供の状態を見極める事も大切ですね。 早産だったので「修正月齢で考える」という事は解っていたものの、発達に遅れがあるとは思っていない頃です。育児書やネット等、自分なりに調べながらだったのですが、どれだけ調べても見聞きした情報が「つまりこう言う事」と理解出来ているとは限らないし、息子に当てはまる内容とも限らない訳で。 首据わりについても、赤ちゃんが仰向けに寝ている状態からゆっくり腕を引いて起こしてあげて、頭がだらんと後ろに下がらずついてこれたら首が据わっている、とよく聞きます。実際健診なんかでも先生がこの方法で確認されますね。…

  • 初めての発達検査

    ちょっと楽観的な話をします。 この時の検査結果は「偏りは無く全体的に少しの遅れがある」と言う事でした。 「偏り」と言うのは、例えば運動面は年齢並だけど言語面は遅れがある、等の状態です。 新版K式発達検査では、「姿勢・運動」「認知・適応」「言語・社会」の3領域に分けて評価をされます。 その後成長に合わせて何度か検査を受け、偏りも出てきましたが、その内容は一定ではありませんでした。「姿勢・運動」が一番遅れがあると言う時もあり、「言語・社会性」が特に遅れていると言う結果の時もありました。 成長過程で、どんどん変化していったのですね。 このブログを読んで下さっている方の中には、今まさにお子さんの発達の…

  • いつか、にこちゃんに伝えたい話

    前回、専門の病院を紹介して頂き、「脳性麻痺ではなさそう」と診断して頂いた話を描かせて頂きました。 今回は出産した総合病院で、「専門の病院での診断結果」を報告した時の話です。 つまり…… 出産した総合病院で脳性麻痺の可能性に先生が気付き、専門の病院を紹介される ↓ 専門の病院で診察を受け脳性麻痺ではないと言われる ↓ 出産した総合病院に報告(←イマココ) 病院の方々が息子の成長を喜んで下さり、本気で息子の体の状態を案じて下さった。本当に有難く、またこの日の事を息子が覚えていないのは勿体ないな…と思いました。 子供が色々な人に関わって頂き、助けて頂きながら育つと言う事は、こども園に通っている今も毎…

  • きっかけは反り返りでした

    最初の頃、病院の書類に書いてある診断名は「脳性運動障害」でした。 病院の方の説明では、「書類上の診断名が必要なだけですので、現段階では気にしないで下さい」とのこと。 この病院ではこの後も発達を診ていただく事になるのですが、診断名は「精神発達遅滞」に変わり、現在は「発達障害」となっています。 子供が小さいうちはまだ解らない事が多く、成長とともに色々変化するのだな…と実感する出来事だったと思います。 自分で調べて脳性麻痺の可能性を知った時は驚き、不安にもなりました。でも息子が生まれた時は、救急搬送され緊急帝王切開、胎盤も剥がれかけていたと聞いています。私も息子も命そのものが危ない状態だったんですよ…

  • にこちゃんとの楽しい日々。

    テレビ等で見たセリフや音楽をマネするのはよくある事ですよね。 息子は録画やDVDを何度も見て覚える事が特に好きな様で、まだ普段の会話は二語文がちょこちょこ出始めたな…くらいの頃、一人で登場人物それぞれを(発音はあやふやながら)演じていて、記憶力や再現度の高さに驚いたものです。 このEテレの番組、タイトルに「発達障害」とあったので録画しておいたのですが、息子はその番組内に出てくるフレーズも何度か見ると覚えて歌っていました。気に入ったみたいです(笑) ところで療育を勧めて下さっている先生が登場していますね。その後も長く発達を診て頂くことになる先生なのですが、実はこの病院には最初は別の理由で訪れまし…

  • はじめまして。

    Twitterの最初のつぶやきみたいに、まずは「よろしくお願いします」で始めたかったのですが、内容の薄い投稿になってしまいましたね…。 2コマ目のアングル、私が福満しげゆき先生のファンなので、オマージュ…いやまぁ、マネさせて頂きました。 このブログは、息子にこちゃんの成長を漫画形式で綴っていけたらいいな…というものです。 息子は発達障害の傾向があり、私なりに調べた事や取り組んだ事も記録することで、もしも誰かが共感してくれたりしたら、なおいいな…とも僭越ながら思ったり。 ここを見付けて下さったあなた、ありがとうございます。 どうぞよろしくお願いします。 …とりあえず、まだ慣れないブログの設定や画…

カテゴリー一覧
商用

フォローできる上限に達しました。

新規登録/ログインすることで
フォロー上限を増やすことができます。

フォローしました

リーダーで読む

フォロー
clear この画面を閉じる

フォローしてブログ村リーダーで
このブログをチェック!

にこちゃんでんでん

2016年夏に息子誕生。ASD傾向のある息子(と私)の成長を漫画形式で描いています。

フォロー