chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
葉之和 駆刃
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2021/06/16

1件〜100件

  • 『I Wanna Write Novel』

    「I Wanna Write Novel」小説を書く時に考えてることわかりやすく かっこよく 欲張り過ぎかなぁ小難しい言い回しをして それっぽく書いてみたいけ…

  • 『DON'T TALK』

    「DON’T TALK」休み時間 教室の片隅の自席で 自分の世界に浸って妄想中次の小説のネタ考えてたら 隣から女子共の金切り声誰か何か言う度にみんなで爆笑 何…

  • 『左利きの歌』

    「左利きの歌」Ah クラスに必ず一人はいる左利きみんなから注目される左利きクラスに大概一人はいる左利き字が汚い人が多い気がするけどクラスに大概一人はいる左利き…

  • 現実主義者という人は二度と来ないでください。

    こんにちは。訪問ありがとうございます☆はい、タイトルの通りでございます。 数ヶ月に一回程度何の前触れもなくふらりと現れ、特定の記事にコメントしていく。とても迷…

  • 『バズりたい』

    「バズりたい」BA☆ZU☆RI☆TA☆I政治ネタ 職場での体験 家庭の事情いっぱいあるけど 僕もバズりたい1時間に1万リツイートされたいだけど、どうやったらバ…

  • 『字数制限ふやして』

    「字数制限ふやして」「RTした人の小説を読みにいく」条件指定 字数指定 他にも色々書きたいなだけど すぐ字数オーバー間近の黄色い文字字数制限ふやして 字数制限…

  • 『京産大に行きたかった』

    「京産大に行きたかった」今日も南草津から琵琶湖線乗って 山科で降車してバスに乗り換えでも妄想の中では 今日も最寄駅から国際会館行き山科なんて交通便以外で便利な…

  • 『たのしいプールそうじ』

    「たのしいプールそうじ」プール!プール!プール!白い光が降り注ぐ 水色の世界今年もこの季節が僕らを焦らせるよ日射し照りつけるpool side 水をぶちまけて…

  • 『新人賞最強ミュージック』

    「新人賞最強ミュージック」最近ネットで小説の投稿を始めた色々な小説読み漁って流行りを分析作者に高校生多い 中学生も多いそのくせ主人公が成人済み まだ経験してな…

  • 『が っ ぺ い し な い で』

    「が っ ぺ い し な い で」中二の終わり頃から登美ケ丘目指してた五教科100点位足りんかったけど目指してた結局 高円までランク落としてそれでも足りんくて…

  • 『が っ ぺ い し な い で』

    「が っ ぺ い し な い で」中二の終わり頃から登美ケ丘目指してた五教科100点位足りんかったけど目指してた結局 高円までランク落としてそれでも足りんくて…

  • 『ネット小説における個人的なイメージ』

    「ネット小説における個人的なイメージ」文章みたいなタイトル 句点読点普通についてる短いやつは基本的に読まれへん一人称かと思って読んでたら 急に三人称出てくるか…

  • 『純文学lovers』

    「純文学lovers」何の変哲もない日常を読みたくて純文学に手を出した難しい表現が出てくる度読むスピード落ちるけど何故か衝動的に読みたくなるラノベより文量多い…

  • 『大切なひとへ』

    「大切なひとへ」某サイトでブログを書いていた時の話小説や日記 作詞もしていたそれがある日突然消えた何の前触れもなく消えた 高校一年生の夏休み直前頭の中が真っ白…

  • 復活してほしいグループ

    GARNET CROW、また聴きたい。      

  • 『I WANNA VOCABULARY』

    「I WANNA VOCABULARY」  偏差値平均以下だって 読んでもらえる小説書きたい偏差値平均以下だって 読む人を感動させたい 偏差値平均以下だって …

  • 【お知らせ】2作目の電子出版について

    今春あたりからじわじわと再編集してきた作品が、先日、ついに刊行するに至りました。この作品は昨年の某新人大賞への応募作なわけですが、2つの賞に応募し、両方とも一…

  • DAIWA戦争〜異世界古事記〜「総集編(第一章)」(4/4)

     雪太は、外で朝陽を迎えた。目を開けていられないくらいの眩しい光が、雪太の瞳孔を貫いた。スノーは、「お前は弱いから、おいらの練習相手になれ」という理由で、雪太…

  • 小説「桃子さん日記」(番外編・その4)

    番外編「自分で言いなさんな」 桃子さんの家に、いつものごとく熊が遊びに来ました。遊びに来たと言ってもピョンチュウが目当てだということは明白なので、桃子さんや他…

  • 桃子さん日記「年末スペシャル」

    年末スペシャル「桃子さんたちの大掃除」  桃子さんの家でも、年末の大掃除が始まっていました。しかし、ピョンチュウは寝ていました。熊が来て温泉に誘うので、ピョン…

  • Yahoo!ブログ歴10周年企画第一弾「桃子さん日記スペシャル」

    桃子さん日記スペシャル「ミュータントの生活」 桃子さんは今日、家の片付けをしていました。そこへ、熊が来て「こんにちは」と言いました。「また勝手に入ってきて!!…

  • 小説「桃子さん日記」(番外編・その3)

    番外編「ピョンチュウのプロポーズ」 これは、まだピョンチュウが進化前で、毛が黄色かった頃の話です。ピョンチュウは飼い主の桃子さんからのお使いに出かけ、帰ってく…

  • 小説「桃子さん日記」(番外編・その2)

    番外編「ピョンチュウとUSJ」 未来未来、あるところに桃子さんという人が住んでいました。桃子さんはピョンチュウという電気ネズミを飼っていました。ある日、ピョン…

  • 小説「桃子さん日記」(番外編)

    番外編 ピョンチュウの子供たち 桃子さんの飼っているピョンチュウというペットには、六匹の子どもたちがいました。長男はケンチュウで、よく食べました。長女は六匹兄…

  • 桃子さん日記〜春の特別編〜

    ※これまでのシリーズを読んでくださってる方はわかるかもしれませんが、時系列が若干食い違っております。ですので、ご了承くださいませ。春の特別編「ピョンチュウの時…

  • 小説「桃子さん日記」(新春スペシャル)

    新春スペシャル「桃子さんのお正月」 新年が明け、桃子さんは正月休暇を取っていました。「年間チャート、意外な結果だったわね」「そうね。まさか、K-POP勢があん…

  • 小説「桃子さん日記リターンズ」(その24)

    第24話(番外編) お早いメリークリスマス もうすぐクリスマスという季節になり、桃子さんはクリスマスツリーを飾っていました。「何年か前にも、こんなことしてたわ…

  • 小説「桃子さん日記リターンズ」(その23)

    第23話(最終話) 桃子さんたちのやきいもパーティー 桃子さんはある日、秋も深まってきたので皆にやきいもパーティーを提案しました。皆、賛成しました。ピョンチュ…

  • 小説「桃子さん日記リターンズ」(その22)

    第22話 ピョンチュウと熊とパンダでキャンプ ある日、熊がピョンチュウをキャンプに誘いました。ピョンチュウは喜んで頷きました。桃子さんも賛成し、認めてくれたの…

  • 小説「桃子さん日記リターンズ」(その21)

    第21話 秋の訪れ ピョンチュウは、熊の背中に乗って温泉に行きました。今回は、少し遠くに行きました。熊が近くに紅葉の見える温泉を、インターネットで探してきたの…

  • 小説「桃子さん日記リターンズ」(その20)

    第20話 毒舌対決、再戦 ピョンチュウは、ハロウィンのためのお菓子を買いにある店にやってきました。その店は木造で、お菓子から日用品まで何でも揃っていました。店…

  • 小説「桃子さん日記リターンズ」(その19)

    第19話 桃子さんの夢遊病 ある日のこと、桃子さんは夢遊病になりました。夜中に眠ったまま起き上がり、家の外へ出るようになったのです。そのまま、熊が住んでいるマ…

  • 小説「桃子さん日記リターンズ」(その18)

    第18話 ピョンチュウの耳型 これは、まだピョンチュウが進化する前の話です。ピョンチュウは昔、自分の体型を気にしていました。みんなからは、「デブチュウ」と呼ば…

  • 小説「桃子さん日記リターンズ」(その17)

    第17話 ピョンチュウの運動会 これは、ピョンチュウがまだ進化前で、妖精養成学校に通っていた時の話です。妖精学校でも、運動会が行われていました。ピョンチュウは…

  • DAIWA戦争〜異世界古事記〜「総集編(第一章)」(3/4)

     あれから数日が経ち、基本的な演習が終わった。後は皆、それぞれ自主練習に励んだ。雪太もまた、適当な場所を見つけて弓を引いていた。 数メートル先の木を的代わりに…

  • 小説「桃子さん日記リターンズ」(その16)

    第16話 熊とピョンチュウの温泉旅行 夏が終わり、ようやく涼しくなってきた頃の話です。桃子さんは、「やっと涼しくなってきたわね」と言って、部屋で寛いでいました…

  • 小説「桃子さん日記リターンズ」(その15)

    第15話 桃子さんVSウサギ 桃子さんは、中学校の教師をやっていました。夏休みの宿題の採点をしている時、「何を考えとるんや」と呟いていると、他の先生に見られた…

  • 小説「桃子さん日記リターンズ」(その14)

    第14話 忘れた頃にやって来る怪盗ウサギ 今日も桃子さんは平和に暮らして……いるはずでした。しかし、泥棒に入られてピョンチュウを盗まれてしまったのです。桃子さ…

  • 小説「桃子さん日記リターンズ」(その13)

    第13話 桃子さんと台風 ある日、桃子さんの街には台風が上陸しました。天気予報でも、そのことを伝えていました。桃子さんは、家の周りにバリアーを張ろうと壁につい…

  • 小説「桃子さん日記リターンズ」(その12)

    第12話 モグラの技 桃子さんの学校でも今日から新学期が始まり、桃子さんは出勤していきました。ピョンチュウは、玄関に出て見送りました。鹿はいつも通り、家の掃除…

  • 小説「桃子さん日記リターンズ」(その11)

    第11話 桃子さんと夏祭り ピョンチュウはある日、桃子さんに「夏祭りに行きたい」という意味を込めて「ピョンチュウ」と鳴きました。桃子さんはピョンチュウの話を聞…

  • 小説「桃子さん日記リターンズ」(その10)

    第10話 お盆休み お盆休みは、桃子さんの家に親戚が集まっていました。妹の凛子さんや母親の梨子さん、娘と婿、息子と嫁も来ました。嫁は赤ちゃんを抱いていました。…

  • 小説「桃子さん日記リターンズ」(その9)

    第9話 猛暑で情緒不安定 桃子さんの勤めている中学校は夏休みに入り、桃子さんは家にいました。しかし、クーラーの具合が悪く、朝からリビングは蒸し蒸ししていました…

  • 小説「桃子さん日記リターンズ」(その8)

    第8話 ピョンチュウの妻と嫁 この日、ピョンチュウは一匹で留守番をしていました。桃子さんは出勤し、鹿は奈良公園へ同窓会に行っていました。ピョンチュウは寂しくな…

  • 小説「桃子さん日記リターンズ」(その7)

    第7話 猛暑の日には 桃子さんは家のクーラのきいた部屋でソファーに座り、膝に本を載せて読んでいました。「猛暑の日は、家から一歩も出ないのが一番よね!」そんな独…

  • 小説「桃子さん日記リターンズ」(その6)

    第6話 怪力リスと石頭モグラ 桃子さんは、庭でラジオ体操をしていました。桃子さんはその日、足まであるロングスカートを穿いていました。桃子さんが体を動かしている…

  • 小説「桃子さん日記リターンズ」(その5)

    第5話 七夕のパンダ事件 桃子(ももこ)さんの家では、短冊の飾り付けが行われていました。今日は七月七日。桃子さんは昨日の夕方、竹林に行って家に飾れるだけの笹を…

  • 小説「桃子さん日記リターンズ」(その4)

    第4話 復活の怪盗ウサギ 桃子(ももこ)さんの住んでいる街には、ウサギがいました。そのウサギは宇宙人で、いつか地球を我がものにしようとしていたのです。しかし、…

  • 個人的面白動画

    ↓↓いとうあさこのCMを逆再生したものです。久々に笑い転げましたw     オリジナル版です↓ ぜひ、比較してみてください。(笑)       Twitter…

  • 小説「桃子さん日記リターンズ」(その3)

    第3話 エスパー金魚の日常 あるところに、桃子さんという人が住んでいました。「今日はいい天気ね」桃子さんはそう言いながら、布団を干していました。その日は日曜日…

  • 小説「桃子さん日記リターンズ」(その2)

    第2話 熊とパンダとモグラ 桃子さんという人の家に、ピョンチュウという電気ネズミが住んでいました。ある日、熊がその家に遊びに来ました。窓を開けて中に入ってくる…

  • 小説「桃子さん日記リターンズ」(その1)

    第1話 帰ってきた桃子さん これは、未来のお話です。大阪のあるところに、桃子さんという人が住んでいました。桃子さんは、ミュータントでした。宇宙から来たインコが…

  • 小説「桃子さん日記」(北海道編)

    熊はある日、実家へ帰ろうと思いました。熊の実家は北海道で、子供の時、捕獲されて熊本の動物園に連れて行かれたのです。そこで、日本語を勉強しました。そして見に来た…

  • 小説「桃子さん日記」(その40)

    第40話(OVA)ある日、桃子さんは脂肪が気になりだしました。「ダイエットしなくっちゃ。」桃子さんはそう誓うと、みんなに言いました。「私、今日からダイエットす…

  • 近況について+最近やらかしたこと

    こんにちは。 今日は、近況について報告したいと思います。一つずつ記事にしても良かったのですが、面倒なので1つにまとめた感じです。そんな感じで、ネタを4つほどご…

  • 2022/02/27

    【】内は先週の順位、()内はチャート数です。 2022年2月27日付邦楽おすすめチャート 1 【1】 (12) 残響散歌/Aimer2 【3】 (7) Ana…

  • 小説「桃子さん日記」(その39)

    番外編(第39話) 潮干狩り桃子さん達は、海に行きました。桃子さんとピョンチュウと鹿と凛子さんとミズチュウとポンチュウとタヌチュウとコンチュウと金魚と熊とパン…

  • DAIWA戦争〜異世界古事記〜「総集編(第一章)」(2/4)

     訓練初日。雪太達は、建物裏の広場に集められた。 訓練では、部隊ごとにメニュー分けされており、また時間も異なる。まるで学校の授業のようだ。その日、第六線の訓練…

  • 小説「桃子さん日記」(その38)

    第38話(最終話) 桃子さんと鍋パーティ今日は、鹿が鍋料理を作ってくれました。桃子さんは、親戚を呼びました。まず、凛子さんが来ました。「久しぶり、お姉ちゃん。…

  • 2022/02/20

    【】内は先週の順位、()内はチャート数です。 2022年2月20日付邦楽おすすめチャート 1 【2】 (11) 残響散歌/Aimer2 【3】 (5) Lan…

  • 小説「桃子さん日記」(その37)

    第37話 ピョンチュウの巣立ちピョンチュウは、今日も桃子さんの家で寝ていました。それを見て桃子さんは、「また寝てる。他にすることないの?」と言いました。すると…

  • 小説「桃子さん日記」(その36)

    第36話 ゴールデンウィーク、キター!!(後編)ピョンチュウと熊とパンダは、無人島にやってきました。早速熊は、ボートを島につなぐと、森に入っていって木を切り始…

  • 2022/02/13

    【】内は先週の順位、()内はチャート数です。 2022年2月13日付邦楽おすすめチャート 1 【3】 (5) Anarchy/Official髭男dism2 …

  • !お知らせ!

    毎週更新している「J-MC TOP20」ですが、突然で申し訳ないですが、3月から別ブログに移行しようと思います。サブブログを作って、そこに毎週更新していく感じ…

  • 小説「桃子さん日記」(その35)

    第35話 ゴールデンウィーク、キター!!(前編)ピョンチュウは、熊と散歩に行きました。熊は歩きながら、こう言いました。「もうすぐ、ゴールデンウィークですね。」…

  • DAIWA戦争〜異世界古事記〜「総集編(第一章)」(1/4)

     古風な、日本式の家々が立ち並ぶ小さな村。そこで、首がいくつもある蛇のような怪物が暴れ回っている。逃げ惑う子供、女達。鎧を身に着けた男達も必死に戦おうとするが…

  • 小説「桃子さん日記」(その34)

    第34話 不倫疑惑 ある日、ランチュウがいました。ランチュウは、ピョンチュウの末の子でした。ランチュウは、アイドルのキョンチュウと結婚していました。でも、彼女…

  • 2022/02/06

    【】内は先週の順位、()内はチャート数です。 2022年2月6日付邦楽おすすめチャート 1 【1】 (9) 残響散歌/Aimer2 【3】 (6) まっさら/…

  • 小説「桃子さん日記」(その33)

    第33話 何でもない話2ピョンチュウは、また熊と一緒に温泉旅館に行きました。熊が先に入って、ピョンチュウも男湯に入ろうとすると、女性観光客の波に飲み込まれまし…

  • 【あんスタ】自分のプレイデータに基づいてESアイドル総選挙開催してみた。

    今回、今更ながら誕生日企画として、これまでにない試みとして、この記事を投稿してみました。アプリゲーム『あんさんぶるスターズ!!Basic&Music』の個人的…

  • 19th single収録曲「カシオぺア」

    フォルダの中に眠ってました。高2の時に書いたようです。    カシオペア作詞/作曲 葉之和 天どこまでも 続いてく 夢があるなら僕は 君を 連れ去っていくよ誰…

  • 配信シングル「I NEED YOU」

      I NEED YOU作詞/作曲 葉之和 天“虚しい時に声が聞けたら”そんなこと願ってもないのに君のいない夜 不意に訪れる不安に怯え続けてた過去にばかり思い…

  • 2022/01/30

    【】内は先週の順位、()内はチャート数です。 2022年1月30日付邦楽おすすめチャート 1 【2】 (8) 残響散歌/Aimer2 【1】 (14) ハート…

  • 1月29日(土) 26歳の誕生日を迎えました。

    今日で26歳になりました。あっという間の一年でしたね。、昨夜は、LEGENDSをやったりしながら過ごしました。 今日は今日で、大阪の転職博というものに行ってき…

  • 小説「桃子さん日記」(その32)

    第32話 ピョンチュウの離婚ピョンチュウの奥さんは、ハンチュウという名前でした。ハンチュウは元暴力団の娘で、子供ができた後も、ピョンチュウに暴力をふるっていま…

  • DAIWA戦争〜異世界古事記〜「第五十話」

     ハードなスケジュールで組まれたトーナメント戦も、二回戦が終盤に差し掛かっていた。  四日目の午後は、まず一回戦を逆転で勝ち上がった生駒恵美と、シードで第五線…

  • ベストアルバム収録曲「TEENAGE ROCK」

     TEENAGE ROCK作詞/作曲 葉之和 天ローイン ゴーイン 見透かされてく有象無象に金輪際の悩みぶちまけて笑い飛ばしたいサシで乾杯したらガラスに浮く灯…

  • ベストアルバム収録曲「強く 〜After 14 years〜」

    妄想の中では私はミュージシャンなので、歌詞もその体で書いています。
強く ~After 14 years~ 作詞/作曲 葉之和 天  和をもって尊しとなせば …

  • ベストアルバム収録曲「明日に輝く光」

    インディーズ時代の楽曲を、歌詞を一部そのままにして改変したという体で書きました。   明日に輝く光 作詞/作曲 葉之和 天「ずいぶん遠くまで来たな」 苦しまぎ…

  • ベストアルバム収録曲「あかいきせつ」

      あかいきせつ作詞/作曲 葉之和 天人恋しくて 手がかかる愛情ほど 可愛いものはないでもそれが時に 誰かを傷つけてしまうんだ苦労も知らない時代に馴れすぎてい…

  • 2022/01/23

    最近知ったんですが、LiSAさんって岐阜県出身らしいですね。   【】内は先週の順位、()内はチャート数です。 2022年1月23日付邦楽おすすめチャート 1…

  • 小説「桃子さん日記」(その31)

    第31話 みんなのお花見桃子さんの地域でも、桜が満開でした。ピョンチュウは、桃子さんにお花見に行きたいと言いました。桃子さんも、「いいわね!」と言って、賛成し…

  • DAIWA戦争〜異世界古事記〜「第四十九話」

    「カンパ~イ!」  男女の明るい声が、高らかに天井に響き渡った。 第六線の部屋で、五人が車座になり、容器いっぱいに満たした茶を啜っていた。 「それでは、改めて…

  • ベストアルバム収録曲「星に祈りを捧げましょう -Indies lyrics version-」

    星に祈りを捧げましょう -Indies lyrics version-作詞/作曲    葉之和 天星に祈りを捧げましょう 僕らの夢を今叶えるために信念(あい)…

  • ベストアルバム収録曲「夜桜 -Indies lyrics version-」

    中学に上がる前に書いたという体で書いています。 夜桜 -Indies lyrics version-作詞/作曲 葉之和 天恋した 季節に たたずむ光と影彼方に…

  • ベストアルバム収録曲「タイムアップメロディー」

    タイムアップメロディー 作詞/作曲 葉之和 天 愛・罠・無敵 すべてカミングアウト吐いたら捨てて 蓋開けたら無情いつから残虐な愛は生まれた?一緒にいたい それ…

  • 33rd single収録曲「I'm breaking out!」

     I’m breaking out! 作詞/作曲 葉之和 天 Why 一瞬だけ切り取って 今宵のストーリーに叶わぬ恋で泣いちまった 無慈悲さ奈落の快楽 驕れる…

  • 2022/01/16

    【】内は先週の順位、()内はチャート数です。 2022年1月16日付邦楽おすすめチャート 1 【1】 (12) ハート/あいみょん2 【2】 (6) 残響散歌…

  • 小説「桃子さん日記」(その30)

    第30話 何でもない話ピョンチュウは、いつもみたいに熊と散歩に行きました。その日は、多くの電気鼠とすれ違いました。向こうから、電気鼠の親子が歩いてきました。子…

  • DAIWA戦争〜異世界古事記〜「第四十八話」

    全部隊合同トーナメント 三日目(二回戦)組合せ (一試合目)五條勇太 対 登美紗矢香 (二試合目)西京子 対 広陵崇 (三試合目)朱雀あかね 対 法隆寺大志 …

  • 33rd single曲「僕らがいた世界」

    妄想の世界では、Nコンの課題曲のために書き下ろしたんですよ。合唱曲を意識してみました。   僕らがいた世界 作詞/作曲 葉之和 天  遠く夢見た場所へと向かう…

  • 32nd single曲「あたしの神様」(2曲目)

    今回のは、小説チックな歌詞にしてみました。   あたしの神様 作詞/作曲 葉之和 天 生きる意味を見失ってしまいそうな 男女が出会ってしまって微かに香る幸福の…

  • 32nd single曲「スペリオル・エクステント」(1曲目)

    スペリオル・エクステント 作詞/作曲 葉之和 天 交差していく美しい記憶と 新しい時代を告げる合図何もかもを捨ててまた手にして 朝焼けに染まる海を眺めた 難し…

  • 8th album収録曲「Dream × Dream」

      Dream × Dream 作詞/作曲 葉之和 天 いつかこの列車が走り出す時 僕は何色の夢を見ているんだろうもしも君が立ち止まってしまっても そっとその…

  • 2022/01/09

    【】内は先週の順位、()内はチャート数です。 2022年1月9日付邦楽おすすめチャート 1 【1】 (11) ハート/あいみょん2 【4】 (5) 残響散歌/…

  • 小説「桃子さん日記」(その29)

    第29話 パンダと熊のバイトピョンチュウが、いつものように家にいました。そして、熊が遊びに来ました。「おはこんばんちわ。」熊が言いました。桃子さんが、「何よ、…

  • DAIWA戦争〜異世界古事記〜「第四十七話」

     場内の観衆達は皆、鳩が豆鉄砲を食ったように固まった。 大宇陀の意想外の猛攻を跳ね返し、初戦を突破した恵美に徐々に称賛の声が上がる。言わば「格の違いを見せつけ…

  • 8th album収録曲「三条河原町」

       三条河原町 作詞/作曲 葉之和 天 眠らぬこの街の中で 君が流した涙の意味をずっと いつでも 考えてる 暮れていく街に灯る明かりが 君の肌を照らしている…

  • 8th album収録曲「リライト!」

       リライト! 作詞/作曲 葉之和 天 風が吹かないこの街で 空気だけを吸い込んでいたんだ交錯する悲喜劇の中に 立ち止まって変化を待ってばっか 暮れゆく静止…

  • 8th album収録曲「妄想ラブレター」

      妄想ラブレター 作詞/作曲 葉之和 天 春の陽射しが舞い込む教室で 初めて声をかけてくれたこと私は今でも憶えているよ 忘れようとするたび思い出すんだ 何気…

ブログリーダー」を活用して、葉之和 駆刃さんをフォローしませんか?

ハンドル名
葉之和 駆刃さん
ブログタイトル
小説の楽園
フォロー
小説の楽園

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用