chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
0歳〜18歳の英才教育論『ワンチーム』 https://ameblo.jp/1tmjp/

大富豪一族ヒロさんから「帝王学」に基づく「子どもの英才教育論」教わり始めた後、 「将来」から逆算する形で「必要パーツ」を揃えるべく、大学受験を目標とした学校の勉強の取り組み開始。

oneteam
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2021/06/14

1件〜100件

  • 「英語社内公用語化」が進む日本社会

    将来、グローバル社会へ飛び出し、有能な外国人たちに対等に渡り合える子どもたちを、私たち両親はどのように敎育して行けば良いのでしょうか日本でも多くの企業で、グロ…

  • 「無敗」の経営者・投資家への近道

    「継承論」こと、「帝王学」に基づく「0歳〜18歳の英才教育論」に真剣に学び取り組むと自分が株主兼社長でもあるれども、労働者でもあり続ける「労働経営者」と呼ばれ…

  • 金持ちは3代で終わる貧乏は7代続く

    自分は成功する方法は分かるビジネス、会社法人の経営、銀行融資、株式投資、不動産投資、自分が初代経営者として取り組むのなら、何をやっても必ず成功できる状態になり…

  • 次世代への継承

    元々どうしてマスターヒロさんが、無敗の考え方『成功シンドロームOS』をこれほどまでの精度に至るまで完全に体系化させたのかなぜ「0歳〜18歳の英才教育論」を学ぶ…

  • 「継承」の礎

    「継承論」の中に、「帝王学」の本質があります「経営者」として、複数の会社法人を経営する方法「投資家」として、無敗の株式・不動産投資家になる方法何をやっても無敗…

  • 一般人が立ち入れない「コミュニティ」

    「情報化社会」において、常に高い水準での結果を出し続けている方々の大多数はそれぞれが属す「コミュニティ」を通して、特別な「情報」を獲得し続けていることが分かり…

  • 差を生む情報はどこで入手できるのか?

    「情報化社会」は、子どもの敎育活動に、格差を生み続けています当然、今日時点でも、両親が子どもたちにあまり関心が無くて、ただ、学校や習い事に預け入れているだけ自…

  • 繰り広げられる「熾烈な情報戦」

    子どものことは、子どもの人生だから、子どもたちに任せておけば・・・。などと昭和・平成のノリで言っていたら、子どもたちが良いものを何も獲得できなくなる時代が到来…

  • 「ググって」出てくる情報に価値は無い

    0歳〜18歳の子どもの敎育に関する情報も「ググって」出てくる類のモノに優位性のあるモノが無くなってしまっている現状があります「Windows95」がキッカケと…

  • 子どもたちとの接触時間の激減

    核家族化と、女性の社会での活躍の促進の社会の中で結果として、最近大きく伸びてしまっているのが「子育てについての悩みや不安」です令和2年度の文部科学省の報告書に…

  • 子どもたちとの接触時間の激減

    「教育方針」や「教育体制」は、家族チームによって様々ですその中でも、「自由な敎育」を掲げられる家族チームが多いので、背景を調べてみました昭和の時代から、平成、…

  • 多様性の時代なのだから・・・

    実は我が家の場合も、「多様性求められる時代、競争なんて意味がない。子どもたちには自由を」と何の悪びれも無く掲げていました。まさに「これからは、I.T.を使いこ…

  • 自由の先にある不自由

    0歳〜18歳の子どもを持つ両親と個別面談などで対話する中で、よく出てくる話題が「うちの教育方針は「自由」です」ということ。しかし、お話をもう一歩だけ踏み込んで…

  • 世界で活躍「次世代リーダー」

    私たちにはもう一つ俯瞰レベルを上げた目標がありますそれは、今から10年後、20年後・・・日本人として、世界の修羅として対等に渡り合える次世代の修羅を沢山排出し…

  • 短期間に凝縮

    我が家の場合、長女15歳、次女13歳という後発スタートでしたので、本来なら18年かけてゆっくりと進められる子どもの敎育を、短期間に凝縮させて取り組む必要があり…

  • 高学歴程先にスタート

    マスターヒロさんの「プラチナ人生設計プラン」に選考の結果、見事合格されたのは「5組」という非常に限られた人数ではありますが結果として「高学歴」の方々ばかりが合…

  • 「5組」の家族チームが選考に合格

    世界で活躍し得る「次世代リーダー」を育むプロジェクトがスタートしましたもしも子育てに取り組む時に、こんな会があったとしてら、どんなに素晴らしいか正直、ナビゲー…

  • 2歳〜6歳のパーツ

    「250分の1」基準の子どもの敎育における、「2歳〜6歳」の必要パーツを丁寧に揃えることができるのならば必ず同年代で10%未満のゾーンに入れる「10%≒偏差値…

  • 「学歴フィルター」の正体

    運や偶然のラッキーは、子どもたちに引き継ぐことはできないので「子どもはメチャクチャに・・・」という状態に陥ってしまうのですこれが「金持ち三代で潰れる」の根本的…

  • 「波乱万丈」ジグザグ人生の正体

    「6歳児キッズにも負けてる・・・」正直に告白すると、はじめは受け入れ難い事実でしたでも致し方ありません私たち両親が変わらなければ、子どもたちは絶対に変わらない…

  • 6歳児に負けてる(涙)

    子どもたちが22歳を迎えて社会に出た時に「250分の1」の「競争力」を持っている状態私たち『ワンチーム』に参加している両親は、ここから逆算して敎育活動を取り組…

  • 「子どもの敎育」に魔法は存在しない

    「子どもの敎育」に魔法は存在しません あるのは「現実」だけです親子共に全くダメダメな状態スタートで、魔法の呪文を唱えてあっという間に激変などというものは期待す…

  • 戻ってこれない「失敗」の代表格

    もしも子どもの「成功=シアワセ」を本気で願うのであれば、後であの時取組んでおけば・・・と後悔しないためにも、後で取り組もう・・・と後回しにするのではなく、今日…

  • 両親の価値観

    子どもたちが将来、誰も見向きもしない、欲しがらない類のコト・モノを選んで行く人生を送るのならば言葉の通り、誰も見向きもしないので、そのままでも、取れるものも沢…

  • この世で一番難易度が高い

    両親として取り組めることは、実質12歳までにその大多数の勝負が決まります本来そこから先は両親としては、見守ることが中心となりますつまり、12歳から上の年齢で取…

  • 重課金で最強キャラに!?

    「オンラインゲーム」であれば、「重課金」をすれば、単純に強くなれますゲームの中で、最強になりたいと思えばゲームによって、重課金者のレベルは異なりますが、単純に…

  • 大学の学費

    そして大卒の方々にとって「最終学歴」となる「大学」は・・・『大学』4年間総額国立大学:242万5,200円私立文系:407万9,015円私立理系:551万1,…

  • 公立786万・私立2,376万

    教育費にどれだけ費やせるのか上限部分にはルールが存在しないのを良いことに「我が子だけには・・・」と、血眼になって課金を惜しまない世の中で最も壮絶な、重課金競争…

  • 小学校の学校教育費に14.3倍の格差

    もしも子どもを持つ両親全員が、口裏合わせるなりしてムダにお金と時間と労力がかかるので、お互いに、競争は絶対に辞めましょうね法律に基づき、義務教育だけを全うしま…

  • 最低限の義務で118.8万

    「子どもたちの教育」の中で、絶対に避けて通れないのが学費問題です一体いくら学費に「課金」すれば、子どもたちが最強修羅になれるのでしょうか本来、日本の社会に生き…

  • 継承サイクルに一石を投じる

     既に「250分の1」で活躍している方の考え方を模倣しようとしても一体どの部分を採用して、どういう手順で考え方が変えて行けるのかその方法もなかなか自分で見分け…

  • 私のどこがおかしいの?

    最初に東証一部上場企業に就職してから、途中で起業・独立する方もいる就職せずに、イキナリ起業・独立する方もいる両親が営む事業を継いで営む人もいる結婚して、配偶者…

  • 「自己PR」に違和感を感じましたか?

    仮に僕たちの子どもたちが「250分の249」の方の考え方を持ったまま、22歳を迎えてしまったとしたら、「子どもの敎育」としては、「250分の1」基準において失…

  • 求められるのは学歴だけではない

    今回のケースの場合、日東駒専大学が悪いと言っているわけではありません日東駒専大学は、学歴フィルターとしては、かなり微妙なラインにいることは確かですがエントリー…

  • 社会でイキナリ詰んでしまう

    この「自己PR」のどこがおかしいか根拠と共に分かりますか「私はかねてから憧れ、第一志望としていた、日東駒専大学の合格を通して、狙った成功を勝ち取る経験をしまし…

  • なんでもやります!

    両親と子どもたちを中心に家族ワンチームで、どんな「ルーツ」で、どんな教育活動にお金、時間、労力をかけて全力で取り組むのか「子どもの教育」の根幹部分を抑えたもの…

  • 重課金で最強になれるわけではない

    上位陣は青天井「おとなの重課金ゲーム」という生々しい面を持っているのが「子どもの教育」です両親たちの子どもたちに「成功=シアワセ」になってもらいたいという願い…

  • 上を見れば「青天井」

    「年収」は研究を重ねれば重ねる程、それぞれの「競争力」が数値化されたものになっています「宝くじ」や「仮想通貨」が一発偶然のラッキーで当たっちゃった的なお話もあ…

  • 「250分の1」を育む教育方針

    「子どもの教育」に関する方針というものは、家庭によって様々子どもには自由をと考えている方もいるし学歴さえ取れれば良いと考えている方もいるどの家族がどんな方針で…

  • 「目的地」があるから「基準」が生まれる

    勘違いしないで下さい全て「日本一」基準や「プロ基準」でないと、取組んではダメなのかそういうことを言っているわけではありませんあくまでも、それぞれの「家族チーム…

  • 本当に「得意」と言えますか?

    仮に私が7年間の育会部活動「アメフト部」生活を経て、日本で「アメフト一番得意」になれていたとしても 「プロ」として活躍出来るかの「基準」から見るとどうなのか本…

  • 本当に「得意」と言えますか?

    本来、大人から子どもまで全部一緒ですがどんな事柄でも、必ず「得意」と言っても、同じようにそれを「得意」と言えるような方々は、世の中五万といます例えば、私もアニ…

  • 明確な「基準」はありますか?

    何を「基準」に子どもの教育に取り組むのか「基準」ってめちゃくちゃ大事です「基準」が無かったり「基準」を持っているつもりになっていても目指すところとの「基準」そ…

  • 海外留学無しで「英語ベラベラ」に

    「英語ベラベラ」は普通と言っても、大多数の両親は、子どもたちを年間学費350万〜400万程度のインターナショナルスクールに通わせたり 親子で長期の海外留学した…

  • 「英語ベラベラ」は「特別」ではない

    「英語ベラベラとは?」この根幹的な部分が分かっていなければ、「英語を活用してワールドワイドに活躍!」と両親が子どもたちに夢を託し妄想にふけったところで現実とし…

  • 日本語ネイティブでも活躍できない

    「英語ペラペラ」になるだけでは社会で全く活躍できない・・・というのはどういうことなのか僕たちの母国語である「日本語」で例えてみましょう よく考えてみて下さい僕…

  • 英語ベラベラ

    我が子が「英語ベラベラ」になる「プラチナ設計図」僕たちのメンターである大富豪一族ヒロさんが両親と一緒に構築される0歳〜18歳の「プラチナ設計図」には、共通して…

  • 「我慢」はしなくていい

    打ち破っておきたい常識の一つを紹介しますあなたは、子どもの頃によく「我慢しなさい」と言われたことはないでしょうか何か欲しいものがあったら「我慢しなさい」、休み…

  • 常識を疑う

    クリティカルシンキングにおいて、もう一つ重要になってくるのが、常識を疑うということです常識を疑うことについては、この考え方は狙ったものを確実に手に入れるために…

  • クリティカルシンキング

    うまくいっているときこそ、本当に大丈夫か疑ってみる『成功シンドローム』を身につけるために必要になってくるのが、物事を一度疑ってみる力、クリティカルシンキングで…

  • 勇気・実行・行動力

    何をするにもそうですが、行動を起こすためにはそのためのエネルギーと決心が必要ですそしてそれは、狙ったものを手に入れようとしたり、何か新しいことを始めようとした…

  • コミュニケーション能力

    ある程度の稼ぎがあって、豊かな生活を送っていくためには、何が必要でしょうか統計的には、学歴が高ければ高いほど、平均年収も高くなっているという事実がありますとは…

  • 素直さ・謙虚さ

     目標を立てて設計図を作り、その通りに行動を始めたとしても、途中では思いもよらなかったような壁にぶち当たることもあるでしょう場合によっては、せっかく立てた目標…

  • 設計図を見える化する

    設計図を見える化する「3ヶ月カレンダー」というものがあります見開きで1ヶ月を見ることができる普通のカレンダーを使ってもいいのですが、おすすめは「3ヶ月カレンダ…

  • 毎日出来ることには限りがある

    目標の明確化と設計図の作成を一つずつ丁寧にやっていくと、だんだんとわかってくることがありますそれは、どんなに合理的な生活を送って、目標達成のための時間を確保し…

  • 設計図の作り方

     設計図の作り方は、目標からの逆算であるとなると、自ずと明らかになってくるのが、目標をできる限り具体的かつ明確にすることの必要性です子どもの教育の設計図を作る…

  • がむしゃらに頑張っても目標は達成できない

    目標を設定して、その達成を目指すためのモチベーションも十分にあるとなったら、目標達成のための行動を起こしていきましょうとはいっても、なんの計画もないまま、ただ…

  • 目標達成の充足感

    目標を立ててその達成を一つひとつ目指していくというのは、物質的にも感情的にも豊かな人生を送っていくために、大切なことなのです例として、過去にヒロさんがコンサル…

  • 強い意志

    目標を立てたら、それを達成するための強い意志が次に必要になってきますどんな目標でも、それを達成するためには時間がかかりますし、場合によっては他の人との競争にも…

  • 明確な目標

    目標を立てる際には、一点注意しておきたい点がありますそれは、「明確な」目標であることです具体的ではっきりとしている必要があるということです目標が曖昧だったり、…

  • 狙ったものを必ず手に入れる

    これから紹介する成功論は「成功シンドローム」とメンターである大富豪一族ヒロさんは呼んでいます「成功シンドローム」とは何かというと、同時多発的に、どんなことをや…

  • 250分の1の基準

    「就労人口の上位10%(約年収700万〜800万)では、人生の選択肢が十分とは言えない子どもたちには、なんとしても「250分の1」、年収2,000万を取れるよ…

  • 英検1級は得意?

     「得意」を口に出してしまうと失敗につながるケースが多々あります例えば「英語」でも「私は英語が得意です英検1級です」と言語化しても面接官「英検1級は毎年2,5…

  • 得意の基準

    高校・大学と7年間体育会でアメフトに勤しんできた当時の私は、本当に「アメフトが得意」と言えたのでしょうか実際は、私が7年間「アメフト」に取組んできた中でただの…

  • どの位得意なのですか?

    両親「うちの子◯◯は得意なんです」これに対して、「4人家族の中で一番得意ということでしょうか」「クラスで一番基準の得意ということでしょうか」「学年で一番基準の…

  • その得意に基準はありますか?

    何を「基準」に子どもの教育に取り組むのか「基準」ってめちゃくちゃ大事です「基準」が無かったり「基準」を持っているつもりになっていても目指すところとの「基準」そ…

  • 普通の学校通学で英語ベラベラ

    「英語ベラベラ」は普通と言っても、大多数の両親は子どもたちを年間学費350万〜400万程度のインターナショナルスクールに通わせたり親子で長期の海外留学したりし…

  • ベラベラは特別ではなく普通

    私たち日本人が、高い学費をかけて、幼い頃から幼児教室やインターナショナルスクールに通わせて、子どもたちが「R」の使い方が上手な「英語ベラベラ」状態になれたとし…

  • 日本語ネイティブでも活躍できない

    「え?英語ベラベラだけではダメって、どういうこと」と思われる場合もあるかと思います「英語ペラペタ」になるだけでは社会で全く活躍できない・・・というのはどういう…

  • 白熱する早期英語教育

    私たちのメンターである大富豪一族ヒロさんが両親と一緒に構築される0歳〜18歳の「プラチナ設計図」には、共通して「英語ベラベラ」というものも入って来ますこれは単…

  • 「自由競争」の世の中

    「知らなかった・・・」「子どもたちが既に大きくなってしまい間に合わなかった・・・」「なんでもっと早く知ることができなかったのか・・・」と、ダメダメな状態で、親…

  • 「知らなかった」を言い訳できない・・・

     物事を成し遂げるために強い思いや願いは必ず必要になりますが具体的な方法を知らなければ、物事を成し遂げることはできません特に「子どもの教育」は、「金持ちは3代…

  • どんな人が年収2,000万?

    実際に就労人口の「250分の1(0.4%)」年収2,000万を取ることができている方々とは分かりやすいのは、東証一部上場企業の中でも優良企業と言われる会社に勤…

  • 人生の選択肢を得られる年収

    決して目を背けることができない事実。私たち日本人が、社会に出て、結婚、子育て、自宅、車、服飾、食事・・・選択肢のある人生を送ろうと考えた場合日本の平均年収40…

  • 「子どもの教育」の基準は「250分の1」

    「金持ちは3代で没落する」と言われているように、両親がビジネス・投資の世界で活躍する「修羅」だからと言って、必ずしも「子どもの教育」が、ちゃんとできているか・…

  • 本質な根幹と「設計図」

    「こうして東大合格本」を頼りに、「子どもの教育」を行おうとしたとしてもそもそも論で、果たしてそれが、適切な経路であるのか本来分からないはずなのです「私はこうし…

  • 競争の発生する目的地

    価値あるモノを獲得するための座席数が決まっている世界もしも「Google Map」のような検索結果が経路・距離・時間・費用もろもろが算出されたとしても、出発し…

  • 武蔵小杉〜東京までの最短・最速経路

    例えば、武蔵小杉のとある地点にいる状態で明日最も早い時間、東京駅に到達するにはどうすれば良いのか「Google Map」に現在地と目的地「東京」を入れるだけで…

  • Google Mapも教えてくれない

    スマホアプリなどで「Google Map」を使ったことがあるでしょうか今いる地点から、到達したい目的地を入れると、経路と到達時間、費用などを瞬時に算出してくれ…

  • ヒロさんと対面で行う設計

    「成功=シアワセ」の基準が「0.4%=250人に1人」の位置にあるものだとした場合子どもたちが、浮き輪に浮かんでプカプカ流れ着く先は、間違いなく「0.4%=2…

  • 「思春期」で手遅れに

    なぜ「12歳で手遅れになってしまう場合が多いのか」全員が12歳で「もう遅い」という状態になるわけではないのでそれこそ、個別面談などを通して、両親の状態、子ども…

  • 子どもが何歳で「手遅れ」になる?

    「0歳〜18歳の英才教育は何歳までなら間に合いますか」と聞かれることがありますが子どもたちが自力で「250分の1」の難易度のことを成し遂げられるようになる目的…

  • あっという間に18を迎える

    私たち人間の寿命が1,000年位あるのなら・・・「人生、まだ後954年もあるのだから、色々後回しにして、ノンビリと行こうよ」というお話も、成立してしまうのかも…

  • 250分の1を手に入れる設計図

    ヒロさんの「考え方(脳OS)」に基づいて構築する「プラチナ人生設計図」の秘密は、ありとあらゆる分野のことで「0.4%=250人に1人」の高い価値のモノを、子ど…

  • 1億かけて学んだ「設計図」

    40代?50代?一体何歳になったら、年収2,000万を獲得できる職位まで昇りつめることができるのでしょうか具体的に言うと上場企業の「役員」の職位そう考えてみる…

  • 将来の平均年収2,000万

    両親から与えてもらった1億円は、子どもたちが自力で稼げる実力を伴わなければシアワセをもたらすどころか地獄のような人生を送らせることになってしまいます一方で子ど…

  • 子どもたちにいくら相続する?

    同じ年月を過ごし、同じ教育費用にも関わらず、年収格差10倍以上子どもたちが22歳を迎えて社会に出た後60歳まで働いたとしたら、累計38年間38年間の平均年収が…

  • ヒロさんのプロデュースプラン

    完成された「プラチナ人生設計図」を手に、迷うこと無く、子どもの教育に全力で取り組みませんか無敗の人生設計士マスターヒロさんが直接講義を通してプロデュース子ども…

  • プラチナ「人生設計図」

    「学歴」は東大・京大・早慶をという最高峰の価値ある合格を獲得できたのに就職活動の際、東証一部上場企業や外資系企業などの有名企業を渡り歩いたけど全滅だった・・・…

  • 「学歴以外の何か」も求められる

    「社会で活躍」という視点で見た時「学歴だけ」では無いことも確かです学生を採用する企業側も、「学歴だけ高くても使えない人材とは」このデータベースを既に持っていま…

  • 学歴フィルター

    私も東証一部上場企業に新卒から12年間勤務していたのでよく分かりますがたったの数十名の採用枠に毎年3万〜5万名の就活エントリーがありました企業側としても物理的…

  • より激しい学歴社会

    元号が昭和から平成、平成から令和へと変わる中で、採用で「学歴不問」をうたう企業が増えて来たと言われていますが正直それは単なる企業側の「建前」でしかありません昭…

  • 設計図の中身は人それぞれ

    やりたい仕事に就くためには何かしらの資格を取らなきゃいけないということになると、学校に入ったり参考書を買ったりという勉強のための費用が必要になりますそしてそれ…

  • 失敗は未然に防ぐ

    「都内でゴールデンレトリーバーを飼う」ために例えば、目標として、家族4人で都内の一戸建ての住宅で暮らすということを設定しますそして、そのためには年収にして少な…

  • 都内でゴールデンリトリバー

    「都内でゴールデンリトリバーを飼いたい」大型犬も一緒にのびのびと暮らせるようにするにはどうすればいいかを具体的に考えていくと、何歳までにどれくらい大きな家に住…

  • がむしゃらに頑張っても目標達成できない

    目標を設定して、その達成を目指すためのモチベーションも十分にあるとなったら、目標達成のための行動を起こしていきましょうとはいっても、なんの計画もないまま、ただ…

  • 大変だから逃げる人生

    目標を立てたり、それを達成したりするのは、なんだか数字ベースで、とても無機質かつ感情が入る余地がない行為なのではないかと思われるかもしれませんしかし、表向きに…

  • 大変か?大変じゃないか?

    目標達成に向かって動き始めた時、予想外の困難に出会ったとしますそのときに、その困難に立ち向かえるのか、それとも逃げてしまうのかしかし、それ以前に目標を達成する…

  • 目標を持つために

     大人も子どもも成功するためには、明確な目標を持つということは欠かせないことですしかし、そうは言ってもなかなかしっかりとした目標を持つことができないという方も…

  • 成功の大前提

    成功は目標を持つことが大前提です まず、何かしらの成功、つまり狙ったものを手に入れるためには、明確な目標が必要ですこれは当たり前のことですし、難しいことではな…

ブログリーダー」を活用して、oneteamさんをフォローしませんか?

ハンドル名
oneteamさん
ブログタイトル
0歳〜18歳の英才教育論『ワンチーム』
フォロー
0歳〜18歳の英才教育論『ワンチーム』

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用