searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

chiyさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
これからも、これまでも。
ブログURL
https://chiypiano.fc2.net/
ブログ紹介文
下手の横好きの趣味のピアノ(大人からの再開組)を中心に、好奇心の赴くまでに好きなこと、気になったことについて書き綴っています。 ピアノは誰からも褒められもせず、ゆる〜く、なが〜く、続けております。
更新頻度(1年)

10回 / 13日(平均5.4回/週)

ブログ村参加:2021/06/06

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、chiyさんをフォローしませんか?

ハンドル名
chiyさん
ブログタイトル
これからも、これまでも。
更新頻度
10回 / 13日(平均5.4回/週)
フォロー
これからも、これまでも。

chiyさんの新着記事

1件〜30件

  • 本末転倒

    基礎練としてバッハの作品に取り掛かってから、3週目の後半に差し掛かろうとしております。おさらい曲の追加進捗具合は残す所あと1曲となり、ここに来て“基礎練”の意味を改めて考えてみました。…と言うのも、練習時間の割合がインヴェンションが大部分を占めている状態だからです。こうなる事はある程度は予想が着いていましたが。まだ勘が戻って来ていない曲もあるので、慣れれば今よりもスムーズに弾けるとは思うのですが、当初...

  • ダイナミクスレンジの限界

    現在レッスン中の曲を今月いっぱいで終了する予定なので、その次にレッスンして頂こうと思っている曲も並行して練習しております。その当該曲ですが、強弱指示が主にf(フォルテ)に終始しておりまして…。だいたいがf、で、それからクレッシェンド〜のffで、そこからfff、pもほんの一瞬だけ出てきますが、そこからクレッシェンド→デクレッシェンドしてもf、最後はsfffで締めると言う構成の曲です。途中、“strepitoso”なる演奏指示...

  • 装飾音が苦手

    基礎練としてバッハの作品に取り掛かってから早くも3週目に突入致しました。おさらい曲の追加進捗具合は順調ですが、ここ数年、近現代曲を練習のメインとしていた私にとって、久し振りに装飾音に悩まされております。(なんか、他にも悩まされてばかりだわ…)それでも数年前よりはだいぶはマシになりましたが、やはり事前に多少力んでしまうのは今も変わらず。そもそも装飾音とは、バッハの時代では今のように、演奏家と作曲家は別...

  • 緩徐楽章が好み (・∀・)♪

    “ 緩徐楽章とは”西洋音楽の、交響曲、協奏曲、器楽曲などで、ひとつの楽曲の中がさらにいくつかに分かれていて、それらがあたかも別の楽曲であるかのようにある程度の独立性を持っているとき、それらを楽章と呼びます。そしてそれぞれの楽章を特徴づけているもののうち、テンポに関して、遅いものが緩徐楽章。 バロック前期における、例えばコレルリが確立したと言われる教会ソナタは通常4楽章で、緩、急、緩、急という構成が多く...

  • 古典ソナタの難しさ

    次の次くらいのレッスンで見て頂こうと計画中のモーツァルトのピアノ・ソナタ。子供時代に一度レッスンで習ったらしいですが、全く記憶にございません。選曲の理由はコチラなのですが、そのメロディの美しさに堪らなく、音取り始めました。久々の古典ソナタ。思い返せば、ピアノ再開後まもなく師事した先生から“印象派や近現代の曲は音取りは大変だけれど、そこから先は意外に楽だけど、古典はその逆”と言うセリフが、その後、その...

  • 戒めの為の、up ´д` ;

    気付けば5ヶ月以上も共にしているラフマニノフのエチュードタブローOp.39-8。そんなに長き間、取り組んでいると言う事は明らかに身の丈以上の曲と言うのは百も承知。今まで3度に亘り、自身の音源チェックをして来ましたが、今回が(確認の意味では)最後の戒めとなります。いつも通りの一発録音ゆえ、心臓の悪い方は試聴を控えて頂いた方がベターです。*夜間の作業ゆえにデジピで音量も控え気味での録音条件の為、ボイスメモの感...

  • 記憶の落とし穴

    先日、やっとの思いで暗譜する事を決断した、まだまだしぶとくレッスン中のラフマニノフOp.39-8。暗譜する事によってメリットもデメリットもあり、色々と試行錯誤中ではありますが、ここ数日で自分的に大変興味深い事が(今更ながら)ありました。両手で、暗譜はまあまあ、ぼちぼち。では片手ずつの暗譜がどれ位なものなのか検証したところ、右手は意外にも普段(両手では)はすんなりと弾けている箇所でホワイトアウトしましたで...

  • レッスン:6月①

    ■エチュードタブローOp.39-8(ラフマニノフ)今日のピアノはカワイ❷(←詳細な説明はコチラ)の部屋。いつも通り、最後まで弾く。相も変わらず鍵盤が重いけれど、ダイナミクスレンジはさすが、グランドピアノ。f(フォルテ)の幅は大きく、p(ピアノ)の表現もし易い。途中、「ん?」となったところもあったけれど、今までのレッスンの中では弾けた部類に入るかも?先生「前回は最後から見て行ったんですよね?では今日は最初から(...

  • 演奏動画(音源)を参考にするタイミング

    掲題の件、私の場合は一つの曲に対して大きく分けて3回のタイミングがあります。まずは曲との出会い。「あ、この曲いいなあ」と思う場合は、大体と言うか殆ど耳からの情報によります。専門的な知識や 特殊な 類い稀な能力を何も持ち合わせていない私は、譜面を見て頭の中で音が鳴り出す事はまずありません。曲を聴いて、琴線に触れるものに出会えた場合、次に目的の曲の楽譜を探したり、取り寄せたり(購入なりDLする)します。そ...

  • 暗譜に挑戦

    目下、鋭意?練習中であるレッスン曲のラフマニノフOp.39-8。しぶとくまだ取り組んでおります。本宅/別棟の今年の目標にも書き記したように、出来る限り暗譜を心掛けるというのもありまして、ここに来てやっとこの曲を暗譜しよう!と決心致しました。えぇ、“挑戦”と言っているくらいなので、やっとの事なのです。いや、この曲、変則的な和音が多く、暗譜は出来ないだろうと思っており、今の今迄逡巡しておりましたが、漸く心が決ま...

  • 分かってはいたけれど、難しい。

    基礎練としてバッハの作品に取り掛かっている今日この頃ですが、以前書き記したように週毎に5曲追加し、最終的には15曲を基礎練&ウォーミングアップとする予定です。が、若干先行して取り組んでます。自身の記憶からすると恐らく5度目のおさらいになるこの行為ですが、早くも掲題の件の所感となるなどバッハの曲の奥深さに畏怖の念を抱いております。特に(今の所では)No.6が難しい。16分&32分音符が転ばないようにとは散々指摘...

  • 夜明けの音楽会

    我(われ)が一番の歌声と言わんばかりに競い合う。カッコウ、鳩、ウグイスの鳥たちによる三重奏+α。カッコウは一定のリズムでまるで伴奏を奏でるかの様だ。一方ウグイスは不規則な旋律を奏でている。鳩は気紛れ過ぎるくらいの即興演奏。それに伴い、人間の営みの音も折々に入って来る。時折り、風の音だったり、雨音だったりの自然界の装飾音も流れる。朝はもう間近。...

  • 下半期に向けて

    今の自分に合った尺の曲としては、1曲につき2〜4分、長くても5分台位がベストだと思う。曲にもよるが、8分超えるとキツいかも。10分以上とか15分近くの大曲レベルは到底無理。なので、曲のカテゴリとすれば、プレリュードやモーメントミュージカルやインテルメッツォ、カプリッチョなどの小品が合っていると思う。早い話が大曲など長い尺の曲をまとめる事や、弾き切る技術・体力が無いに等しいなどのレベルの未熟さが故の事である...

  • アンティークの域

    調律してもらいました。家のアップライトピアノはだいぶご高齢の為、調律したとは言え、音のバラつきもあるらしく整音も必要になってくるのでご検討願いますとの事でした。半世紀近くも前のピアノなので、もうアンティークの部類だと。その当時はピアノも丁寧に作られていた時代なので、いい木材で作られた、いいピアノだと調律師さんが何度も仰ってました。今は亡き社長のセレクトでもあるし。また最近のヤマハの響きではない、ま...

カテゴリー一覧
商用