searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

天空の相場師さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

FXで勝つ為には相場を意図的に操作するヘッジファンドの攻略法が有効です。幅広い視野と様々な角度から値動きを特殊な方法で分析しトレードに生かす「ハイパー・テクニカル・アナリスト」によるブログです。世界最高峰の特殊な視点と攻略技術によりプロトレーダーを多数輩出中!リーマンショックや新型コロナウィルスなど数々の大暴落を、事前分析法からピンポイント価格で事前公開した世界で唯一のプロトレーダーです!

ブログタイトル
天空の相場師:ヘッジファンド攻略法でFXトレードに勝つ!テクニカル分析、ファンダメンタルズ分析、センチメント分析の融合
ブログURL
https://gaitame.fc2.net/
ブログ紹介文
特殊な視点と分析技術によってFXトレードに生かす「ハイパー・テクニカル・アナリスト」によるブログ。リーマンショックや新型コロナウィルスなど数々の大暴落を、事前分析法によってピンポイント価格で公開した世界唯一のプロトレーダー!
更新頻度(1年)

10回 / 38日(平均1.8回/週)

ブログ村参加:2021/05/29

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、天空の相場師さんをフォローしませんか?

ハンドル名
天空の相場師さん
ブログタイトル
天空の相場師:ヘッジファンド攻略法でFXトレードに勝つ!テクニカル分析、ファンダメンタルズ分析、センチメント分析の融合
更新頻度
10回 / 38日(平均1.8回/週)
フォロー
天空の相場師:ヘッジファンド攻略法でFXトレードに勝つ!テクニカル分析、ファンダメンタルズ分析、センチメント分析の融合

天空の相場師さんの新着記事

1件〜30件

  • テクニカル分析:確実に稼ぐネコの耳:下落トレンドにダブルトップ発生!テクニカルアナリストのお墨付きなので間違いない!??

    ちまたの個人投資家達のトレード状況です。このような声が聞かれています。”下落トレンドにダブルトップ!これは売り間違いなし!学習しているとここまで下がるとどこでも解説されている!!同じ量の下落を見せると証券会社のテクニカルアナリストのお墨付きなので間違いない!!!”そこで、”ダブルトップを確認しB矢印の部分で売りを入れました。セオリー通りに利食い設定は同量となるCの価格です!必ず勝てる勝負ポイントと教...

  • 教材最新情報!2022年度最新版の事前予約は、来週から受け付け開始となります!

    最新版が発売される時期に近づいてきました。毎年発売している訳では無いのですが、昨年から年度を付けた2021年版の翌年と言うこともあり、少しずつお問い合わせが増えてきたので公開しておきます。今年は昨年に引き続き最新版の教材が発売されます。発売予定は9月~10月頃を目処として進めており限定数となります。一昨年は5年ぶりの発売となりました。事前予約だけで予定数完売となり大勢の方が入手出来ませんでした。昨年版は...

  • 教材や講習のお問い合わせのご回答:教材購入や講習受講によって、どの程度収益が上げられますか?

    教材や講習のお問い合わせが毎日来ています。同様な内容の質問に関しては今後も同様にお問い合わせが多くなるので、個別のメール送信では無くブログ上で同じご返事を公開しておきます。内容についてのご回答なので、個人情報などは一切公開しないのでご心配ありません。今回のお問い合わせは「教材購入や講習の受講によって、どの程度収益が上げられますか」このような内容に関するご質問がいくつか寄せられています。ご回答は以下...

  • 天空の相場師の見通し:テーパリングによるマーケットの動向

    今年初めからマーケットでは既にテーパリングに向け織込み入っています。莫大な公的資金を投入し緩和策を行っているので、ワクチン接種後の労働力回復による巻き戻しの物価上昇を見込んでのことです。重要な半導体部門においては新型コロナウィルスによる減産を行った結果、現在では未だ供給不足を引きずっており価格上昇が著しく安定した価格と供給体制が整っていません。全ての分野でインフレ圧力が高まっているのでは無いのです...

  • プロからのご回答★質問:トレードする際に精神的不安の発生や影響はありますか?

    夕方から早朝までは天空の相場師の活発な時間帯です。欧州時間~ニューヨーク時間になると、生き生きとして目が輝く本物の投資家の時間帯となります。オセアニア時間や東京時間で寝ている訳ではありませんが、24時間相場に接しているので睡眠はほとんど取っていません。ロンドFIXを経て余韻が消えるまでは、重要トレードの時間帯なので特に神経が張り詰めています。天空の相場師では本格的講習も行っている事から常時相場をチ...

  • 非常分かりやすく逆張りで稼げる値動き:FOMC急騰を巻き戻すチャンスが狙い目の週末

    週末大引けのドル円チャートです。一時、欧州開始時間にはFOMC急騰を巻き戻してしまいました。急騰、急落ともに非常分かりやすい値動きとなっているのが分かります。日内デイトレード事前分析になるので大きく稼げる訳ではありませんが、枚数を増やし事前に逆張りで仕掛けておけば結構稼げる値動きです。...

  • 速報!午前3時:FOMC(米国連邦市場委員会)政策金利の結果:マーケットでは物価上昇の最中、テーパリングを重要視

    【FOMC(米国連邦市場委員会)の市場コンセンサス】前回: 0.00% - 0.25%市場コンセンサス: 0.00 - 0.25%結果: 0.00% - 0.25%(据え置き:市場コンセンサスと一致)※30分後の午前3時30分に 「パウエルFRB(米連邦準備理事会)議長の定例記者会見」が発表されます。...

  • 午前3時00分にFOMC(米国連邦市場委員会)政策金利発表:マーケットでは物価上昇の最中、テーパリングを問題視

    【FOMC(米国連邦市場委員会)の市場コンセンサス】前回: 0.00% - 0.25%市場コンセンサス: 0.00 - 0.25%※午前2時15分現在、ドル円は109円87銭を推移中。※30分後の午前3時30分に 「パウエルFRB(米連邦準備理事会)議長の定例記者会見」が発表されます。参考:今回のFOMC定例記者会見においてテーパリングに深く言及されなくても、「7月のジャクソンホール」で深く言及される可能性があります。...

  • 本日の東京市場の天井値は事前分析可能。ですが...

    本日の東京市場の天井値は事前分析可能。ですが... トレードとしては難しくない推移状況ですが、急騰後なので効率の悪い状況での逆張りは勇気がいるもの。高値圏で底堅く推移しているからです。よって、東京市場での天井値買いポジションの利食い設定ポイントとして参考にするのは良いでしょう。...

  • 長期間の急騰継続のドル円:実は投資家たちは稼げる所か損切りばかりの謎

    長期間急騰を継続していたドル円ですが、実は投資家たちは稼げる所か損切りばかり発生しているのです。絶えきれず手を出すと高値買いを掴んでしまうのですが、そんな事はいざ知らずさらなる期待からポジションを維持します。トレンドは反転し損切りとなってしまうのです。これとは逆に「もう下落するだろう!」こんな憶測から度重なる逆張りを入れ失敗してしまいます。せっかくのチャンスであるはずなのに、個人投資家たちの謎のト...

  • 「アルゴリズム相場」に振り回され「安値売り」をする投資家たち

    投資家たちが振り回される典型的な値動きです。トレンドが再び下落を見せ始め、投資家たちは遅らばせながらも慌てて売り入れる投資家たちが急増。天空の相場師では事前に「アルゴリズム相場」の警告を流しました。その後に発表された米国CPIで市場コンセンサスより強い結果が発表され、トレンドは下落するどころか一気に反転し高値越えとなりました。相場を支配するのはプロ集団なので、特に個人投資家たちは損切りとなり全滅で...

  • 「アルゴリズム相場」に振り回され「高値買い」をする投資家たち

    投資家たちが振り回される典型的な値動きです。昨日の米国CPIが市場コンセンサスを上回り、トレンドが反転し一気に急騰しました。翌日の東京市場では流れを引き継ぎ、昨日の東京市場寄付き早々急騰の兆しが見られ、投資家たちは買いに飛びつきました。所がすぐに急落し損切りとなり全滅です。 これは一例ですが、「アルゴリズム相場」の仕組みです。...

  • 米国3月雇用統計:労働市場は7ヶ月ぶり91.6万人増の大幅改善-主要株式市場は米国市場を含め短縮・休場

    米国3月雇用統計の結果は、非農業部門雇用者数が91万6000人増(前月比)となりました。市場コンセンサス64万7000人を上回り、昨年8月以来となる7ヶ月ぶりの大幅増加です。多くのセクターで改善が見られていることから、新型コロナウィルスによるワクチン接種が普及し、規制緩和によって労働市場の急速な回復が要因となっています。ただし、当日はグッドフライデーに当たり、主要株式市場が短縮や休場となっておりマ...

  • 米国雇用統計:週末大引けは小動きながら巻き戻し

    週末大引け終値:110円63銭高値:110円74銭安値:110円37銭日動値幅:37銭米国雇用統計発表時の乱高下値幅:21銭...

  • ドル円:1年ぶりの大きな節目となる110円台に回復-オプションストライクは見られず、マーケットやアナリストからは調整による伸び悩みの声が

    東京株式市場(後場)において、ドル円は1年ぶりの110円台に回復。米国金利上昇やワクチン普及から経済回復期待を背景として堅調に推移しています。昨年3月26日以来の1年ぶりのドル高水準となりました。110円台の大きな節目に突入しているが、オプションストライクによる急落も現在の所見られていません。さらに堅調に110円26銭まで伸びが見られています。「大きな節目となる110円に達すれば、到達感からそろそ...

カテゴリー一覧
商用