searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

tomosukeさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
マイナー病気録
ブログURL
https://toyamona.hatenadiary.jp
ブログ紹介文
残念ながらアレルギーマーチを順調に歩んで半世紀超。元気に見えて「持病その1~その3」「マイナーなその他」のバランスを取りながらの毎日です。病気のデパートの「今思えば」の反省を書きます。
ブログ村参加
2021/05/26
本日のランキング(IN)
フォロー

tomosukeさんの新着記事

1件〜100件

  • 2021振り返り②めまいコントロール

    めまい改善を「ほぼ」確信した1年 今日の昼寝は、自分的にすっかりお馴染みになったテニスボールを使って首回りと肩甲骨まわりをマッサージしながら寝たところ、短時間でぐっすり眠れてスッキリしました。 「痛気持ちいい」感触があると、脳内モルヒネでも出るんでしょうか? 鍼灸師さんに施術してもらった時のように急激に眠くなるので、寝入りばなに苦労せず、パッと眠れるようになりました。 このテニスボールマッサージ、「ふわふわめまい(PPPD)」根絶のために頸椎専門のカイロプラクティックに通い始めたのが2021年4月で、そこで教えてもらったマッサージ方法でした。 PPPDは、困ったことに回転性めまいを経験した後に…

  • 2021振り返り①私のコロナ予防

    2022年が始まりましたね 遅ればせながら、あけましておめでとうございます。このブログを読んでくださって感謝です。お気が向きましたら、どうぞ今年もお付き合いください。 何と言っても、昨年も全世界的にコロナには振り回されましたね。オリパラも吹き飛ばしそうな勢いでした。一昨年春からですから、既に2年。改めて考えて見ると、昨年は1年中がコロナ。はぁ~(ため息)。 しかし、何でもかんでももらってしまうタチの病弱体質の私が、よくぞコロナに罹患せずにここまで来たものだと、我ながら感心しないでもないです。自分なりの工夫もしてきたけれど、運が良かった、この一言でしょうね。 今回の振り返りは、コロナ予防について…

  • 喘息にはホカロン!頼りになります

    明け方にやっと眠れた 喘息で苦しんだ翌日の昨夜、(また眠れないと嫌だなあ)と思いつつ寝たのでしたが、今日はぐっすり眠れました!発作も起きず、前日の寝不足が解消できましたよ。 警戒心全開だったのは、何しろ「ぜんそく天気予報」が示していた12月29日の「喘息指数」が「スーパー警戒」だったからです。前日の28日は1段階軽い「警戒」だったのに、明け方まで咳が出て、本当に全然眠れなくて💦となると、心配だったわけです。 www.naruhodo-zensoku.com 27~28日の寝入りばなは、背中が何か薄ら寒いような感覚がありましたね。まあでも寝ちゃえば暖まるからと就寝。ところが、少しウトウト眠ったと…

  • コロナ、オミクロン株が心配で

    イベルメクチンの大村博士が本を? イベルメクチンによってノーベル賞生理学賞・医学賞を受賞されたことで知られる大村智博士が、最近本をお出しになっていたんですね。タイトルはずばり・・・ 『イベルメクチン ; 新型コロナ治療の救世主になり得るのか』 ・・・だそうです。 今日は大阪でオミクロン株の国内初の市中感染が確認されたと、NHKのニュースでも言っていました。むくむくと心配がもたげて、ググってみたら博士が本を出されたばかりだと知りました。今月1日付みたいですね。 Amazon(イベルメクチン ; 新型コロナ治療の救世主になり得るのか (河出新書) | 大村智, 大村智 |本 | 通販 | Amaz…

  • コーヒーで酔っぱらう人いますか?

    たぶん、カフェインのアレルギー 出先でごちそうされてしまった時などに地味に困る話なんですけれど、私、コーヒーが飲めないんです。 「美味しいのを淹れてあげる」と事前に言ってもらえる時は、理由を言って断れるからいいんですけれども、断りなしに出てくる場合もあるのがコーヒー。しかも、相手は他の飲み物からわざわざグレードアップしたつもりでコーヒーにしてくださっている場合も多くて、その気持ちを思うと断り切れずに口にすることもあります。 飲むと不味いことはないですよね、味は。でも、体質の問題なので、その時はガマンできたとしてもしばらくすると気持ち悪くなり、ひどいと吐くし、頭痛もするし、半日~1日ぐらいは使い…

  • ココナッツオイル、その後

    今週のお題「最近あったちょっといいこと」について、もう1つ書かせて!というネタが、そういえばありました。 確か半年ぐらい前に、ココナッツオイルを恐る恐る鼻に塗り始めたんですね・・・その話を、ブログに書いていました。 toyamona.hatenadiary.jp 「しばらく続けてみたい」と書いて終わっていた話の、続きです。 結論から書きますと、ココナッツオイル、私にはドンピシャだったみたいですよ。私には、です。イチ素人の単なる感想です。今はもう手離せず、毎日使っています。 少し前に、家族に言われたんですよ。「そういえば、最近いびきが良くなったよね。ほぼ聞こえなくなったよ」って・・・ま、まじです…

  • 姉と、2年半ぶりにランチ

    今週のお題「最近あったちょっといいこと」 ・・・ということで、「お題」に寄せて書いてもいい話なのでそうしてみます。 コロナ禍のせいで、みなさんもご家族ご親族に会えない日々が続いていたかと思いますが、第6波襲来前のこの時期なら良いかなあ?と考えて、本当にしばらくぶりに姉に会ってきました。 つい先日、姉のお友達が急死したとLINEのやり取りで知ったもので・・・グタグタしゃべるだけでも、姉の気持ちが晴れたらいいなと思い、思い切って「会わない?」と誘ったのでした。 こうやって外で人と会うのは、最近では滅多に無いことでした。 最後に会ったのは2019年5月だったようで、そのままコロナに突入してしまって私…

  • ぎっくり脇腹?

    前回のブログで、ぎっくり腰になった頃の話(20代でスキー場で激突された)に少し触れたからなのか、実は書いた直後に「ぎっくり脇腹」と言いますか、「ぎっくり肋骨」と言えばいいのか、わからないんですが、とにかくそんな状態になりました。 ちょっとしっかり目のハイソックスに履き替えようとしていたんですね。「弾性ストッキング」と呼ばれるヤツです。片足を椅子に上げ、靴下を両手で「クッ」と力を入れて開きながら履こうとしたときに、力を入れた瞬間に脇腹もしくは肋骨付近で「ぶちっ」と音がする感覚があって、ズキーンと痛みが走りました。 正確には、「脇」だけではないんですよ。体側ではないんです。でも、肋骨全体に痛みが駆…

  • 祖母と同じ痛み

    腰痛は、また腹腔内の炎症??? 持病の1つ、ぎっくり腰。最初に私が腰を痛めたのは、20代の頃、スキー場で上から滑ってきたスキーヤーに激突されたからでした。それ以来、ぎっくり腰を繰り返し、少し張り切ると腰が痛くなってきます。 肩からバッグをぶら下げて歩いていると、やっぱり腰が痛くなりますし。いわゆる「腰痛持ち」だとずっと自認してきました。最近のブログでも、腰痛について少し触れていました。 toyamona.hatenadiary.jp このブログは先月書いています。ぎっくり腰系だと思っていた腰痛、それが、最近のは、ちょっと性格が違うものだったのかもしれません。 これまたもう少し前の話ですが、耳下…

  • 咳は気の緩みと共に

    ファミレスでジュースを飲んで やってしまいました。昨日、電車に乗って出かけたら咳が止まらなくなり、楽しみだった場所に行く前に、途中で帰ってくる羽目になりました。今日もまだ、少し咳が出て喉がイガイガしています。 きっかけは昼頃に飲んだ野菜ジュースみたいですね。はっきりしたことはわかりません。いい大人なんですが、毎回思うのは「もう少し注意すればよかった」です。 野菜ジュースはファミレスで飲みました。家族がドリンクバーから持ってきて飲み始めて、「健康にいいね」「そうだね、考えてるね」なんて話をしていたんです。 「飲んでみる?」と言うので「レモンが入ってるんじゃない?」と、一旦は怪しんでみたんですけれ…

  • 第6波が来るまでは

    コーラスに復活 新型コロナの患者数の発生が、最近はめっきり抑えられていますよね。 国内のワクチン接種率も順調に上がり、子どもの接種についても始まるような報道を見ると、ドクターストップでワクチン接種ができない身としては置いてきぼりのような寂しさはありつつも、やっぱり気分的にホッとするところがあります。 それで・・・みなさんウズウズしていたと思いますけれど、私も、昨春に回転性めまい発作が急激に悪化して以来、お休みせざるを得なかったコーラスにとうとう復活してしまいました。 1年半ぶりの練習参加は、温かく歓迎していただき、自分自身も長期の引きこもりの間に知らず知らず積もった鬱屈が晴れるような。うれしか…

  • 寒冷前線が通過して

    こんばんは。またずいぶんと間が空いてしまいました。書くことが無いわけではなかったのですけれど、全体的に好調だったので「病気録」ブログがお留守になってしまいましたね。 さて、ここ数日間、日本列島を横断している寒冷前線。きれいに一本、南北に伸びた線が移動していくものだなとニュースを見ていて思いました。これが通過していくと、秋も深まり、寒さも増してくるんでしょうね。 そんなことをのんびりと考えていたんですけどね・・・9日朝、起床時にすごい耳鳴りが生じていて、飛び起きました。 他に理由が思いつかないので、どうやら前線の通過が引き金になっているのかな? 今もまだ、うっすらと左耳が鳴っています。めまいにつ…

  • イベルメクチン、私の素人判断

    え?もしかしたら効いたのかな? 急に寒くなりましたね。ここ1~2週間は、朝方だけでなく、ちょっとしたことで咳が出ることが増えているような気がします。コロナ禍がまだ収まっていない訳ですから、咳をすると周りをギョッとさせてしまいますよねえ・・・困ったことです。 先週、喘息の主治医を受診した時にも、発作が出ている人が増えている話を聞きました。それとともに、コロナの話も。 再度確認してみましたが、やはりコロナのワクチン接種は、今年は見送ろうとの結論でした。むむむ・・・残念の一言です。 そして、コロナ治療の新しい飲み薬が出てくるようですが、流行りの言葉で言えば「薬物ガチャ」的な傾向が私の場合大きいので、…

  • ノドが変な時はお風呂

    今週のお題「お風呂での過ごし方」 初めて、「はてなブログ」に参加している意義のある記事になりそうですが、「今週のお題」というものにトライしてみようと思います。 今まで「お題」の使い方がよくわからなくて(汗)、目に留まっても「何だろう・・・」と思うだけでスルーしていました。でも、今週はお題になっているのが「お風呂で温まっていますか?」「お風呂での過ごし方」なので、私の病気ブログにも当てはまりそうです。 お風呂、いやもう、温まってますよ~もちろんです。病気のデパートが曲がりなりにもここまで生きてこられた陰には、お風呂の力ってすごくあるんじゃないかなと思ってます。ちょっとオーバー? でも、ヒートプロ…

  • 初骨折だそうです

    土曜日、家族が車椅子バスケットボールのボランティアに元気に出かけて行ったと思ったら、左手小指を骨折して帰ってきました。 あんなに張り切って行ったのに、あからさまにしょぼくれて。それはもう、あーあ、ですよね。 駅に迎えに来てと言うので慌てて行ったら、想像通りの包帯姿です。荷物を持ってあげようとしたら、ウエストバッグ程度しかなかったのでちょっと拍子抜けしましたが、その小さなバッグさえ、持っていると響いて痛かったらしいです。 まあ、そうですよね。痛いですよね。骨が折れたんですから。 最初は「あれ?」と思う程度だったのが、ボランティアを終えて仕事場に行った時点で徐々に痛みが増して腫れてきたので、土曜日…

  • イレウス気味でした💦

    このブログのスタートでも書いたのでしたが、しっかり眠るって大切なことですよね。睡眠不足になると、やっぱりアチコチ不調が出るような気がします。それがわかっているけれど、文章を書くには夜中が私は集中できて書きやすいので、寝るか、書くかで迷います。 ちょっと記事が前後してしまうのですが、先月の前半は寝不足がたたり、不調でした。 締め切りの迫っていた仕事が2本あり、1本目を集中して書き終えたところでハッと気づいたら、夜中にお腹がかちんこちんに固まっていました。ああ、まずい、やっちゃったかな・・・後悔先に立たず、腸閉塞(イレウス)気味になってしまっていました。 もう20年ぐらい前、お腹の手術を2度やった…

  • 喘息患者は人から見えない?

    気づいたときには遅かった 昨日はブログを書こうと思ったのに、久しぶりに喘息の発作に見舞われて叶いませんでした。 ホントに最近はめまいからも解放されて元気いっぱい、喘息なんて普段は忘れているんですけれどもね・・・いったん咳が出始めたら止まらずゼーゼーが始まり、「喘息持ちだったんだ」と思い知らされます。 今はもう咳は止まりましたし、今日も、幸いにも明け方にちょっと出た程度でしたが、喉にはまだ少し違和感がありますね。 発作が起きたのは、昨日の午前中。パソコンに向かって作業をしていて段々と咳が出て、同時に気づいたのが窓の外からのブーンという何かの機械音。結構な爆音でした。 たぶん、マンション中庭の植栽…

  • 今更ながら…あれは帯状疱疹だったのかも

    仕事が立て込んだりして、なかなかブログ更新ができませんでした。でも「読んでくださっている方なんて、いるのかな?」と疑った頃に、コメントを頂戴したりして。継続は力なりと言いますが、不継続は読者への不義理、なのでしょうね。気をつけます。 さて、何やら忙しくなると睡眠不足になり、それが「持病転がし」の始まりになるわけですが、今回も忙しくなった頃に耳の裏あたりに例の耳の帯状疱疹の湿疹が出始めて、慌てて抗ウイルス剤の「アラセナA軟膏」をヌリヌリしてやり過ごしていました。抗ウイルス薬も、残っていたのを飲みました。 おかげで湿疹だけで、今回はめまいが発現するには至らず。はー、良かった。 その軟膏のせいで、気…

  • 餅は餅屋、頼りになる専門医

    ドクターストップは気楽? 昨日、懐かしい人と電話でお話する機会があり、その方も私と同様、ドクターストップでコロナワクチンが接種できないと知りました。 その方の場合、ワクチン成分の1つであるPEGアレルギーなのだそう。そのものずばりなので、「お医者さんからお知らせいただかなかったら、ワクチンを打ってしまって死ぬところだった」と話していました。 ご自身の信念で接種しない方、これまでの体質を振り返ると不安でできないと判断される方・・・その方々は、外野に色々と接種の効能を言われて諭されたり、受けなさいと言われて悩みも深いようですが、私たちのように「医者に止められた」となると、悩む隙間もないですね。 ワ…

  • 共生社会のために、ちょっとした気遣い

    パラリンピックが終わりましたね。今夜、閉会式の途中まで見ました。 その中で、また表示されているなと思ったのが、15%という数字。たぶん、パラリンピックの対象とされる障碍者の、各国の平均値なのか、全人口におけるパーセンテージなのか、どちらかなんだろうなと思います。 そんなにも多く存在しているのに、100人のうち15人というほど、そこまで姿を見ない気がします。それだけ、社会から目の届かない存在にされてきたということかなと思います。 特に、日本では。 アメリカに留学した時に、日本よりも障碍のある人たちは身近にたくさんいるような感覚がありました。学校でも街でもどこでも見かけるなって。例えば、車いすの方…

  • まさかの自衛

    少し間が空いてしまいました。ということで、あっという間に2週間に1回、1錠飲んでいるイベルメクチンの日がやってきてしまいました。 また、サイドエフェクトが出て参ってしまわないように、夜寝る前に、十分空腹になってから飲むつもりです。 いつになったらコロナ禍が終わるのか・・・また強力そうな変異株が出ていますよね、ミューでしたか。ワクチンを打てない身としては、やはり今はイベルメクチン服用でやり過ごすしかなさそうです。 昨日のNHKニュースでは、50代のお父さんが、10代の子を残して亡くなったとか。子どもから家族全員感染したこのご家族のお母さん(40代だったか)も現在呼吸器につながれて、生死の境で戦っ…

  • めまいにはテニスボール?

    最近、どうしてもコロナ関係が気になって書きそびれていましたが、先月末にまた頸椎のカイロプラクティックに行ってきました。 PPPDというか、フワフワめまい根絶のために行き始めたカイロプラクティック。もう調子を整えるだけになり、1か月に1回のペースで通っていたのが、次はもう2か月後でいいでしょう、という話になりました。順調でうれしいです。 フワフワめまいに悩んでいる人は、1度はトライしてもらいたい・・・別に親戚がカイロやってるとかそんなんじゃないですが、明らかに血流が違う、しっかり流れてる感覚があるんですよね。 あくまで感覚のお話なんですけれど。でも、患者の自覚症状ってそれこそ大切じゃないですか。…

  • またイベルメクチンを飲みました

    病人への、素人クソバイス 東京2020大会の前半、オリンピックが終わりましたね。この間、コロナ感染者の数はあれよあれよと首都圏で増えてしまって、五輪は中止しないのかしら、と冷や冷やしていました。 「ワクチンも接種できない体質の人間には、国は何も防御策を用意してくれないんだ」と見捨てられた感が私にはあって、患者数が急増して医療のひっ迫をテレビで訴えるお医者さんの目の周りのクマが気の毒なくらいになっているなと思い、開催されている「平和の祭典」に怒りに近い抵抗感が確かにありつつも・・・ 一方で、頑張っている選手の姿を見ると、全力とはいかないまでも、やっぱり応援してしまうミーハーな私なんですよねぇ。 …

  • 幸運にも、治るタイプのめまいだったかな?

    今日も夏真っ盛り、暑かったですね。 朝、目覚めた時にめまいが無いのは、本当にうれしいですね。瞼を開ける瞬間に「目が回っていたらどうしよう」と、めまい持ちの方々はご心配じゃないですか? 私も、未だにこわごわ、ちょっと覚悟を決めて目を開けるようなところがあります。 そう思うと、1年前は大変だったな・・・回転性めまいが治まらないさなか、遠方の専門外来に通っていた日々。コロナ流行もあったから遠慮がちに。嘔吐が続いて体力的にもフラフラだし、熱中症寸前の状態で、外出先で倒れてご迷惑を周囲にかけたらどうしよう・・・なんて心配をしていました。 まあ、到着すれば点滴して、ちゃんと帰れるようにしてもらえるんですけ…

  • 医者に行こうか、迷うレベル・・・

    暑くて、オリンピックもあって眠れない オリンピックが始まりましたね。ステイホームでの観戦を求められているわけですが、なるべく誘惑に負けずに睡眠をきちんと取りたいものです。 でも、アスリートに比べたら、恥ずかしすぎるくらい意志が弱い私。結局色々と見ちゃうんだろうなあ、俄かファン丸出しで。その姿がすぐに脳裏に浮かびます。 さて、前回22日の失敗を経て、またグズグズと体調が悪かったです。マイナーな病気のデパートの面目躍如といったところでしょうか。 本当にもう、マイナーながらあちこちが休みなく悪くなるんですよ。モグラたたきのよう。シャキッとすっきりした1日が送れたら、どんなにいい事かと思います。 でも…

  • 薬は「毒にも薬にもなる」話(また失敗談)

    乳製品と相性悪いイベルメクチン 今日は、せっかくの連休の初日だというのに、半日潰れてしまいました。薬の副作用にドーンとやられました・・・と言っても、添付文書のインストラクションをいい加減に解釈してしまったせいなので、自業自得なのでした。 ここからは、完全なる失敗談です。良い子はマネしないでください。他山の石にしてね。 飲んだのは、イベルメクチンです・・・新型コロナのワクチン接種がドクター・ストップとなり、とうとう自費で購入して、予防として飲み始めました。 えええええ!いいのそれ?って思いますよね・・・はい・・・。 先月23日の「ワクチン接種、ドクターストップ(泣) - マイナー病気録 (hat…

  • 回転性めまいとサヨナラ?私の場合

    個人的経験です。慎重に書きます 前々回にPPPD(ふわふわめまい)を頸椎専門のカイロプラクティックに診ていただいて改善してきている話を書いた中にちょっと触れたのですが、昨年春に回転性めまいが誤魔化せないほどに悪化して、世の中のコロナそっちのけで「私はもう一生寝たきりなのか」と泣いていた時期がありました。 それが、今はもう回転性めまいの心配を全くと言っていいほどせずに、日常を送れるようになっています。 いや、でも、毎年の鬼門である8月を経過してみないとなかなか「私、回転性めまいは治ったよ♪」と断言しにくい気分も、まだ自分の中にはあります。真夏から秋、さらに大寒から春にかけての時期が、いつも悩まし…

  • 医者選びの紆余曲折(ダラダラ書いてます)

    知人が言うには、私は医者に恵まれているそうです。うーん、そうでしょうか? 思い返せば、ひどい目に遭ったことも結構あるんですけれど。 もし恵まれているとしても、最初からそうだということではなくて、紆余曲折あっての今だと思うんですけれどもね・・・つらつらダラダラ振り返ってみました。 親が選んだ医者は 幼少期は、もちろん私には選択肢なんかなく、親が見つけた医師にかかっていたわけです。一番最初に記憶のあるクリニックの「前田先生」は、前にも書きましたけれど、保育園の先生かと思いこむほど懐いていたらしいです。 大きな注射を打たれて泣いていたそうですが、そこまで保育園児が懐くとは、優しい先生だったのでしょう…

  • めまい回復の仕上げ、カイロプラクティックを体験

    「万能」テニスボールでマッサージ ここ1、2か月はまっているのが「テニスボールでマッサージ」です。頸椎専門のカイロプラクティックで教えてもらいました。 これが万能で・・・本来の使い方じゃなくてテニスボールには悪いんですけれど、私も家族もはまって、ボールの取り合いを避けるために名前をマジックで書いてます。 ダンロップ DUNLOP テニスボール DUNLOP FORT(ダンロップ・フォート) 2球入 1缶 DFEYL2TIN価格: 540 円楽天で詳細を見る 寝る前に横になったら、体の下にボールを入れて、ちょっとゴロゴロするだけ。凝っているところにピンポイントでちょうどいい刺激になってくれます。…

  • じんましん、長ーいつきあい

    じんましんを「無視」する毎日 鼻うがいの後に、ココナッツオイルを鼻の中に塗る方法。前回書いてから、続いています。なかなか良いんです、ホントに。これは私にとっては当たりなのかもしれません。うれしい。 何かとお医者さんにかかってばかりなのも気が引けるので、その前の「自分なりの対処法」を何とか見つけて日常生活を送ってきたわけですが・・・どうしようもないまま付き合いが続いているのが、慢性じんましんだと思います。 物心ついた頃には、既にじんましんと共にあった私。まさに半世紀。堂々たる慢性ぶりです。 とはいえ、皮膚疾患としてはさらに厄介だった、全身いぼが学齢期途中で消えたので、じんましんについては痒くて厄…

  • 鼻うがい→ココナッツオイル、始めました

    先日、「Bスポット療法」について書きました。30代で発症した「アスピリン喘息」があまりに華々しく(?)て、その陰に隠れていた小さい頃からの、喉がなんとなくイガイガヒリヒリ常時痛いとか、すぐ扁桃腺が腫れたり、鼻炎や後鼻漏、ちょっとした微量の鼻血などの、上気道のマイナー慢性諸症状。改めて振り返ると、Bスポット療法で対処できるというか、つまりは慢性上咽頭炎に端を発する症状をたくさん抱えてきたのだなあと、今更ながら思います。 それで、あまりに痛かったBスポット療法を、2度と受けたくないので続けている「鼻うがい」のことも書いたのですけれども・・・最近、鼻うがいの後にやっていることがあるんです。 鼻の中に…

  • ワクチン接種、ドクターストップ(泣)

    先週、20年以上もお世話になって、私のことをよくよくわかっている主治医を受診してきました。ちょっとがっかりしています・・・。タイトルにも書いたように、新型コロナのゲームチェンジャーと期待されるワクチン接種について、「今は待とう、止めておこう」が主治医の判断でした。 基礎疾患アリだと先行して接種券がもらえるというので(といっても私が住んでる自治体の場合は1週間早いだけみたいですが)、期日までに申請して、ちょうど昨日、接種券は届いたんですけれどもね・・・出番なしで終わりそうです。 まあ、そうなんじゃないかなと薄々は思ってました。でも、五分五分で期待もしていたんです。引きこもり生活に別れを告げて色々…

  • Bスポット療法、半端ない痛さです

    コロナ後遺症に「Bスポット療法」が効くとか 先週、6月17日木曜のNHK「あさイチ」で、「新型コロナ後遺症 最新研究&治療法」という、メインの「シェア旅」前の軽いコーナーがありました。そこで、コロナ後遺症の専門外来を設けて多くの患者さんを診てきた医師(平畑光一さん)が、「Bスポット療法」という耳鼻科的な治療法を、倦怠感、発熱、咳、頭痛、嗅覚や味覚障害、などなどのコロナ後遺症に悩む患者さんにお勧めしているとの話が出てきました。 「後遺症の原因となる炎症を抑える効果が期待できる」「ものすごくよく効くとわかったので、ほとんどの患者さんにお勧めしている」とおっしゃっていたと思います。すごいですね。 ま…

  • 水泳のデメリット・・・冷えました!

    先日のブログで水泳を絶賛しましたが、そういえばデメリットもありましたね・・・体が冷えるんですよ。冷えても当時はケアもしていなかったので、生理痛がきつかったのも、もしかしたら影響があったかな?と今更ながら考えます。 高校の部活で水泳を始めてびっくりしたのは、男の部長がどこで調べたのか誰かに聞いてきたのか「水の中では括約筋が閉まるから、生理中でも大丈夫」と主張して、女子部員に泳がせようと促したことでした。いや、ダメですから。タンポンを使っても、全力で泳いでしまうと生理のことなんかに意識が行かないからダメですから。 部長自体は怖かったけれど、その発言については大して強制力がなかったので、確か生理中は…

  • 体質マイノリティ、ワクチンどうする?

    すぐに風邪をひいたり熱を出したり、アレルギーも、と暇なく悩んで半世紀。そんな中で、自分の抗体システムは、残念ながら、けっこうイカレちゃってるんじゃないかなーとずっと思ってきたんですよね。 これだけ医療のお世話になってきた人生なんだから、NHKの朝ドラの主人公だったら、きっと目覚めて「看護師さんになりたい!」とか「薬剤師さんになりたい!」と心に決めるとか、もっと優秀だったらお医者さんを目指す人生になって、自分のイカレ具合もきちんと解明していたかなと思うんですけれども、「理系無理だ」と早い段階で諦めたので、今になっても判然とはしないんですけれども。 でも、自家中毒で長く入院して以来、これまでの主治…

  • ベストチョイスは水泳だった?

    アレルギーマーチを残念ながら順調に歩んできてしまった半世紀。今思えば、の反省は多いけれど、良かったチョイスも時々あったように思います。 今、とってもアレルギーのお子さんが多いですよね。それだけ悩んでいる親御さんも多いでしょうね。私が子どもの頃だと、あまり食物アレルギーで悩んでいる人は周りを見回しても見当たらなかったので、母は「育て方が悪い」と責められたりしたんだろうなと思います。 もちろん、育て方が悪かったわけではなくて、今思えば、本人としては抗生剤の使い過ぎが発端だったと思っているんですけれども、「気のせいなんじゃないか」「気にしすぎ」と思いたかった親も本人も、たまに禁忌の食べ物を食べ→盛大…

  • こんな病歴をたどりました

    こども時代 2歳 風邪→肺炎。はしか 3歳 おたふくかぜ(耳下腺炎)。頻繁な発熱、風邪 4歳 自家中毒→長期入院。全身のいぼ。右股関節脱臼 小学生全般 いぼ。食物アレルギー→じんましん。慢性扁桃腺炎・鼻炎。コーヒーで体調悪化。インフルエンザの予防接種は問診でいつも不可判定。減感作療法?(毎週両肩に交互に注射)を高学年で開始 10歳 給食のエビフライ→全身腫れるじんましんと呼吸困難(アナフィラキシー①)。両足甲を骨折 11歳 風疹 中学生全般 いぼ完治。じんましん減少。背中の発疹は残る。頻繁に起立性貧血 15歳 エビ類のアレルギー寛解 高校生全般 体質改善のため水泳開始。年に数回の風邪やアレルギ…

  • 不健康人生、ベースにあるのは寝不足

    記念すべき初投稿です。 先日、健康について友人ふたりとオンラインでおしゃべりしていて、おふたりは健康保険を使い倒してこなかったどころか、「今まで病気なんかにそんなにかかってない」とのことでした。 ・・・ちょっと驚いてしまって。おふたりとも私よりもお年上、そろそろ病気自慢に花が咲く年齢だと思っていたのに?それが普通でしょ、と言われてしまい、逆に、延々と病歴を語る私がおふたりにびっくりされてしまいました。 そんなに?えー、みなさん言わないだけで、アチコチ悪いものなんじゃ??? 改めて「今に至るマイナー病歴」のタイトルの別ページで、ざっと振り返ってみました。確かにお医者さんと完全に縁のなかった時期っ…

ブログリーダー」を活用して、tomosukeさんをフォローしませんか?

ハンドル名
tomosukeさん
ブログタイトル
マイナー病気録
フォロー
マイナー病気録
カテゴリー一覧
商用