chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
地方公務員ブロガー 納 翔一郎~富田林INFORMATION×WORK×LIFE~ https://naya0708.hatenablog.com

大阪府富田林市の地方公務員の納(なや)です。地方公務員のことや富田林市のこと、公務員本の読書記録、行政知識などを書いています。ぜひ気軽にご覧ください!本ブログは私見ですので、ご理解願います。

納 翔一郎
フォロー
住所
大阪府
出身
大阪府
ブログ村参加

2021/04/20

1件〜100件

  • 【読書記録】『日本一バズる公務員』

    2022年5月29日に、扶桑社から『日本一バズる公務員』が出版されました。 本書は、高知県須崎市のゆるキャラ「しんじょう君」の日本一やふるさと納税寄付総額21億円達成、また、SNSなども使いこなしていた元超公務員の守時健さんの経験とノウハウが詰め込まれた1冊です。実体験ベースでまとめられてた仕事術の数々は、現役地方公務員も学べることが多くあるでしょう。特に、地方創生担当やふるさと納税担当、情報発信担当の地方公務員にとっては、実務に活かせるヒントを見つけることが出来るかもしれません。 では、本書にはどのようなことが書かれているのでしょうか?今回は、『日本一バズる公務員』の感想について、ご紹介しま…

  • 【読書記録】『後輩・部下の育て方、関わり方 公務員の新・育成術〜思考力・判断力を伸ばす7つの着眼点と実践〜』

    2022年5月18日に、公職研から『後輩・部下の育て方、関わり方 公務員の新・育成術〜思考力・判断力を伸ばす7つの着眼点と実践〜』が出版されました。 本書は、後輩・部下の育て方や関わり方に関する考え方と実践術がまとめられた、「公務員の育成」がよくわかる1冊です。後輩や部下を持つ人たちが悩む「何を育てるのか」と「望ましい関わり方」の2つの問いが、とても丁寧に解説されています。私も後輩を育てていく立場で悩むことも多くありましたが、この本を通じて、悩みが解けたように感じています。 では、本書にはどのようなことが書かれているのでしょうか?今回は、『後輩・部下の育て方、関わり方 公務員の新・育成術〜思考…

  • 【読書記録】『官僚が学んだ 究極の組織内サバイバル術』

    2022年5月13日に、朝日新書から『官僚が学んだ 究極の組織内サバイバル術』が出版されました。 本書は、組織内での仕事の進め方や職場の人間関係など、「組織人」として上手く立ち回る方法がまとめられた1冊です。著者の久保田さんの様々な実体験を基にしたお話は、多くのビジネスパーソンがヒントを得ることができるでしょう。私も地方自治体で働くうえで大切なことを、数多く学ぶことが出来ました。 では、本書にはどのようなことが書かれているのでしょうか?今回は、『官僚が学んだ 究極の組織内サバイバル術』の感想について、ご紹介します。 本書の概要と感想! 『官僚が学んだ 究極の組織内サバイバル術』(著者:久保田 …

  • 地方公務員オンラインサロン\セミナーレポート/『人事のプロがみるメルカリの人材育成とは』

    令和4年6月14日、地方公務員オンラインサロンにて、株式会社メルカリの橋本佳苗さんによるオンラインセミナー『人事のプロがみるメルカリの人材育成とは』が開催されました。 地方公務員限定のオンラインサロン「地方公務員オンラインサロン」では、月に3〜5回ほどのペースで、様々なジャンルでご活躍されている方のオンラインセミナーが開催されています。今回開催された株式会社メルカリの橋本佳苗さんによるオンラインセミナーでは、地方自治体以外の人事に関する考え方や取り組みなどを知ることができました。 では、どのような内容をお話だったのでしょうか?今回は、地方公務員オンラインサロンのセミナーレポート『人事のプロがみ…

  • 地方公務員だからこそきちんと理解しておきたい「副業」と「複業」の違いとは?

    近年、話題となっている「副業」と「複業」ですが、みなさんは言葉の違いをご存知ですか? 地方自治体の先進的な事例で言えば、生駒市や神戸市、新富町など、本業以外で収入を得ることを認めるケースが増えてきています。私は、自己実現のための記事執筆や講師・講演、地域活動などの「複業」を行っています。一人の複業実践者として、本記事を通じて「副業」との違いを、みなさんにお伝え出来ればと思います。 では、どのような違いがあるのでしょうか?今回は、地方公務員だからこそきちんと理解しておきたい「副業」と「複業」の違いについて、ご紹介します。 「副業」と「複業」を知る! まずは、「副業」と「複業」の用語の違いから整理…

  • 【読書記録】『公務員はいまスグ投資をしなさい!!』

    2021年6月1日に、プラチナ出版から『公務員はいまスグ投資をしなさい!!』が出版されました。 本書は、公務員のお金に関する現状と想定される未来、そして、お金の基礎知識を学ぶことができる1冊です。収入・支出の考え方や投資の知識から実践術まで、お金と上手に付き合う方法が整理されています。「生涯安泰」と思っている現役公務員は、特に読むべき内容だと思います。 では、本書にはどのようなことが書かれているのでしょうか?今回は、『公務員はいまスグ投資をしなさい!!』の感想について、ご紹介します。 本書の概要と感想! 『公務員はいまスグ投資をしなさい!!』(著者:脱公務員大家(土肥 孝行)氏)2021年6月…

  • 【読書記録】『ソーシャルX 企業と自治体でつくる「楽しい仕事」』

    2022年4月28日に、日経BPから『ソーシャルX 企業と自治体でつくる「楽しい仕事」』が出版されました。 本書は、官民共創の現在と未来、ポイント、実例、キーパーソンのインタビューなど、官民共創に関する様々な実践術・思考術がまとめられた1冊です。住民、自治体、企業の「三方良し」を実現するヒントや、官民共創を成功に導くための方法を見つけることができるでしょう。私も様々な官民共創を実践してきた1人の地方公務員として熟読しましたが、共感出来ることだけでなく、新しい発見や気付きも多くありました。 では、本書にはどのようなことが書かれているのでしょうか?今回は、『ソーシャルX 企業と自治体でつくる「楽し…

  • 【読書記録】『お役所仕事が最強の仕事術である』

    2022年4月27日に、星海社から『お役所仕事が最強の仕事術である』が出版されました。 本書は、お役所仕事と言われる公務員の守りの仕事術「話し方」「文章術」「交渉術」「反論術」を、一般のビジネスパーソン向けにまとめられた1冊です。世の中には「公務員にはスキルがない」と思っている人も多くいると思いますが、本書を通じて、公務員の強みを知ることができるでしょう。私も本書から様々なことを学ばせていただき、明日から実践してみたい仕事術が盛りだくさんでした。 では、本書にはどのようなことが書かれているのでしょうか?今回は、『お役所仕事が最強の仕事術である』の感想について、ご紹介します。 本書の概要と感想!…

  • 【2021年度まとめ】地方公務員オンラインサロンセミナーレポート

    みなさんは「地方公務員オンラインサロン」をご存知でしょうか? 地方公務員オンラインサロンは、地方自治体を応援するメディア「Heroes of Local Government(HOLG「ホルグ」)」を運営する株式会社ホルグが行っている月額1,800円の有料オンラインコミュニティです。私は、令和元年度から地方公務員オンラインサロンに参加しています。毎月3〜5回程度開催されているオンラインセミナーのうち、月に1本のセミナーレポートを書かせてもらっています。 では、どのような記事を執筆しているのでしょうか?今回は、私が2021年度中に執筆した地方公務員オンラインサロンのセミナーレポートのまとめについ…

  • 自治体における観光の情報発信で意識しておきたい4つのこと!

    みなさんが休みの日に観光をする時は、どのような媒体を使用して情報を収集していますか? 私は、観光振興担当に着任して、自治体の観光における情報発信で感じていることが多々あります。そもそも観光における情報発信が「既存の観光資源を発信するだけ」と捉えている担当者や管理職世代が多く、発信されている情報からでも観光の本質が見えていないことが散見されます。そこで私は、改めて自治体の観光担当へ意識してもらいたいことを考え直してみました。 では、それはどのようなことでしょうか?今回は、自治体における観光の情報発信で意識しておきたい4つのことについて、ご紹介します。 「情報発信」の基礎を理解する! まずは、一般…

  • 南河内地域での広域観光を考える!「華やいで大阪・南河内観光キャンペーン協議会」とは?

    みなさんは、「南河内」を知っていますか?「南河内」とは、大阪府南東部9つの自治体を示す地域のことです。私が所属する富田林市も、この南河内地域の一つです。 南河内地域では「華やいで大阪・南河内観光キャンペーン協議会」を平成2年に立ち上げており、広域での観光振興事業を行っています。私は、令和4年4月から観光振興担当に着任したのですが、本協議会が積極的に機能しているのかを疑問に感じる場面が多々ありました。そこで私は、本協議会の在り方や広域観光の取り組み方を考えてみることにしました。 では、どのようなことを考えたのでしょうか?今回は、「華やいで大阪・南河内観光キャンペーン協議会」の概要紹介と南河内地域…

  • 地方公務員オンラインサロン\セミナーレポート/『公務員が前例なき事業を実現するために必要なこと』

    令和4年5月18日、地方公務員オンラインサロンにて、埼玉県北本市の林博司さんによるオンラインセミナー『公務員が前例なき事業を実現するために必要なこと』が開催されました。 地方公務員限定のオンラインサロン「地方公務員オンラインサロン」では、月に3〜5回ほどのペースで、様々なジャンルでご活躍されている方のオンラインセミナーが開催されています。今回開催された埼玉県北本市の林博司さんによるオンラインセミナーでは、新しい取り組みを実現させるためのマインドや実例、ポイントなどを知ることができました。 では、どのような内容をお話だったのでしょうか?今回は、地方公務員オンラインサロンのセミナーレポート『公務員…

  • 【読書記録】『分かりやすい公用文の書き方[第2次改訂版]』

    2022年4月20日に、ぎょうせいから『分かりやすい公用文の書き方[第2次改訂版]』が出版されました。 本書は、公務員が様々な文書を作成する際に気を付けなければならない基本的ルール「公用文の書き方」を、分かりやすく解説した1冊です。平成16年に初版が発刊となった『分かりやすい公用文の書き方』が、70年ぶりに改定された「公用文作成の考え方」に準拠し全面改訂したものです。何かと文章を書く仕事が多い公務員だからこそ、本書を通じて、仕事を楽に進めるためのライティングスキルを身につけてほしい、と私は考えています。 では、本書にはどのようなことが書かれているのでしょうか?今回は、『分かりやすい公用文の書き…

  • 「公有財産」とは?「普通財産」と「行政財産」の違いを知ろう!

    庁舎、消防庁舎、道路、学校、体育館、公園、観光施設、道の駅など。 みなさんの身の回りにあるこれらの行政施設は、地方自治法上で「公有財産」として扱われています。「公有財産」の区分や管理・処分についても、地方自治法上で細かく規定されています。しかし、業務として関わらない限り、「公有財産」の区分などを理解している人が少ないように感じています。 では、どのような違いがあるのでしょうか?今回は、「公有財産」の解説と「普通財産」と「行政財産」の違いについて、ご紹介します。 「公有財産」とはどのようなものか? 「公有財産」をきちんと理解するためには、「財産」の全体像と地方自治法の理解は欠かせません。最初は、…

  • 「公の施設」とは?地方自治法で示される5つの具体的な要件とは?

    みなさんは、「公の施設」がどのようなものかご存知でしょうか? 「地方公共団体が設置する全ての施設」と考えている人は、多いと思います。私も全ての施設だと思っていましたが、地方自治法やその他文献を通じて調べてみると、「公の施設」には細かい要件があることを知りました。 では、どのような要件でしょうか?今回は、地方自治法で示される「公の施設」の5つの具体的な要件について、ご紹介します。 「公の施設」とはどのようなものか? 「公の施設」をきちんと理解するためには、地方自治法の理解が欠かせません。ここでは、地方自治法や総務省通知を通じた「公の施設」の基礎をご紹介します。 地方自治法を確認する! まずは、地…

  • 【読書記録】『福祉知識ゼロからわかる! 生活保護ケースワーカーの仕事の基本』

    2022年4月15日に、学陽書房から『福祉知識ゼロからわかる! 生活保護ケースワーカーの仕事の基本』が出版されました。 本書は、生活保護の実務がよくわかる新人ケースワーカーが読むべき最初の1冊です。生活保護に関する制度や実務の基礎知識から具体的なお悩み相談室まで、生活保護実務担当者にとって役に立つ情報が細かく書かれています。私は生活保護部署への配属経験はありませんが、生活保護制度や実務がわかりやすく整理されており、とても勉強になりました。 では、本書にはどのようなことが書かれているのでしょうか?今回は、『福祉知識ゼロからわかる! 生活保護ケースワーカーの仕事の基本』の感想について、ご紹介します…

  • 「観光」とはどのようなものか?新任の観光担当者が考える地方自治体の観光担当が担うべき役割とは?

    地方自治体の観光担当と言えば、みなさんはどのような仕事を想像しますか? 令和4年4月、私は富田林市の観光振興担当に着任しました。しかし、観光の本質をあまり理解していなかったため、様々な読書やオンラインセミナーへの参加を通じて、「観光」がどのようなものかを考え直すところから始めてみました。本記事では、私がインプットしてきた「観光」に関する内容を、私なりの考えでまとめてみました。 では、そもそも「観光」とは、どのようなものなのでしょうか?今回は、「観光」の考え方と新任の観光担当者が考える地方自治体の観光担当が担うべき役割について、ご紹介します。 「観光」という言葉の意味を考える! 「観光」は当たり…

  • 全国農業新聞を購読して私に起きた3つの変化とは?

    みなさんは、全国農業新聞をご存知ですか? 全国農業新聞は、農業分野に特化した制度や取り組み、そして、全国各地の農家の事例など、まさに農業の"イマ"の全てがわかる新聞です。農業分野に係る情報収集ツールとしては、欠かせないものでしょう。私は、富田林市の主要産業である農業への理解を深めるために、2019年頃から全国農業新聞を購読しています。 では、全国農業新聞を読んで、私にどのような変化があったのでしょうか?今回は、全国農業新聞を購読して私に起きた3つの変化について、ご紹介します。 全国農業新聞とは? まずは、全国農業新聞の概要をご紹介します。そもそも全国農業新聞がどのようなものか知らない人は、ご参…

  • 越境体験の第一歩!地方公務員の繋がりづくりにおける無理をしない踏み出し方とは?

    私たち自治体職員が「繋がりづくり」を行っていくためには、どのように行動すれば良いのでしょうか? 「繋がりづくりを実践してみましょう!」といきなり言われても、ほとんどの人が「何をどのように動けば良いのか?」と漠然と受け止め、行動を起こすことができません。そのため、富田林市職員自主研究グループから富田林市職員のみなさんへ、実際に様々な繋がりをつくることができる具体的な方法と行動をご提案させていただきました。 では、どのような提案をしたのでしょうか?今回は、越境体験の第一歩として、地方公務員の繋がりづくりの無理をしない踏み出し方について、ご紹介します。 なお、本記事は、令和3年度富田林市自主研究グル…

  • 地方公務員オンラインサロン\セミナーレポート/『「自治体の人事異動の仕組み」と「働きがいを感じるキャリアデザイン」とは』

    令和4年4月12日、地方公務員オンラインサロンにて、群馬県伊勢崎市の岡田淳志さんによるオンラインセミナー『「自治体の人事異動の仕組み」と「働きがいを感じるキャリアデザイン」とは』が開催されました。 地方公務員限定のオンラインサロン「地方公務員オンラインサロン」では、月に3〜5回ほどのペースで、様々なジャンルでご活躍されている方のオンラインセミナーが開催されています。今回開催された群馬県伊勢崎市の岡田淳志さんによるオンラインセミナーでは、人事異動の仕組みや向き合い方などを知ることができました。 では、どのような内容をお話だったのでしょうか?今回は、地方公務員オンラインサロンのセミナーレポート『「…

  • 【読書記録】『公務員が人事異動に悩んだら読む本』

    2022年3月22日に、学陽書房から『公務員が人事異動に悩んだら読む本』が出版されました。 本書は、人事異動などの人事マネジメントの考え方や地方公務員としてのキャリアを前向きに捉えることが出来る方法などがまとめられた1冊です。人事異動に対する不安や悩みなどを持つ人は、必ず読むべき本でしょう。「地方自治体の人事を知る」という意味でも、私は全ての地方公務員に読んでもらいたいと感じました。 では、本書にはどのようなことが書かれているのでしょうか?今回は、『公務員が人事異動に悩んだら読む本』の感想について、ご紹介します。 本書の概要と感想! 『公務員が人事異動に悩んだら読む本』(著者:岡田 淳志 氏)…

  • 【読書記録】『時間を生み出し成果も上げる!公務員30歳からの時短仕事術』

    2022年3月22日に、学陽書房から『時間を生み出し成果も上げる!公務員30歳からの時短仕事術』が出版されました。 本書は、30代に起きる仕事の変化を楽しむ、そして、乗り越えるための時間の使い方のコツがまとめられた1冊です。仕事量の増加に対応しながら質の高い仕事もこなし、プライベートも充実させるための「時短仕事術」を身につけることができるでしょう。「時短仕事術」を身につけることで、30代公務員としての成長の実感や仕事のやりがいを見つけることができるかもしれません。 では、本書にはどのようなことが書かれているのでしょうか?今回は、『時間を生み出し成果も上げる!公務員30歳からの時短仕事術』の感想…

  • 地方公務員の繋がりの価値を考え行動する!富田林市自主研究グループ「ConnecTon」で議論した"繋がりの価値"とは?

    令和3年度、私は富田林市自主研究グループ支援制度を活用して「ConnecTon」という自主研究グループを仲間と共に立ち上げました。 今まで私は、様々なコミュニティ活動や交流会への参加を通じて、「公務員」という枠組みに縛られない多くの越境体験をしてきました。越境体験による新たな繋がりづくりを通じて、「富田林市職員に繋がりの価値をもっと知ってほしい!」という想いを持ちました。そして、私はその想いに賛同してくれた仲間と共に、富田林市自主研究グループ「ConnecTon」を立ち上げました。 では、富田林市自主研究グループ「ConnecTon」では、どのような話をしてきたのでしょうか?今回は、地方公務員…

  • "ワカモノ"とまちを動かす!私が富田林市金剛地区で立ち上げたU39若者団体「KONGO BASE」とは?

    令和4年4月1日、富田林市金剛地区で39歳以下限定の若者地域団体「KONGO BASE」を立ち上げました。 少子高齢化や団地の空き家問題、公園の利活用など課題が多く残る地域において、若者が中心となって行動を起こすためのチームです。今地域にあるコミュニティのほとんどは高齢化が進んでおり、街には若者の姿がありません。これからの街をつくる若者世代からアクションを起こすためにも、私は「KONGO BASE」を仲間と共に行動を始めたものです。 では、どのような団体なのでしょうか?今回は、"ワカモノ"とまちを動かす取り組みとして、私が富田林市金剛地区で立ち上げたU39若者団体「KONGO BASE」につい…

  • 電話応対の超基本!地方公務員1年目の新人職員が知っておきたい3つのマナーと5つのコツとは?

    地方公務員1年目の新人職員のみなさん、電話応対に不安はありませんか? 電話応対は、新人職員が最初に苦労する仕事の一つです。社会人にとって当たり前とも言えるスキルですが、最近は自宅に固定電話がない家庭も増えているため、初めて電話応対をする新人職員も増えています。 一見、「電話をかける」と「電話に出る」だけのシンプルな仕事に思えますが、電話を通じて職場の代表として受け答えをするため、非常に重要な仕事と言えるでしょう。私も最初は電話応対が非常に苦手で、慣れるまでにかなりの時間を要しました。その中で、私は電話応対のマナーとコツを先輩職員から教えてもらったことで、克服に繋げることができました。 では、そ…

  • 【読書記録】『SDGs×公民連携 先進地域に学ぶ課題解決のデザイン』

    2022年3月9日に、学芸出版社から『SDGs×公民連携 先進地域に学ぶ課題解決のデザイン』が出版されました。 本書は、SDGsを公民連携に活かす方法と実践している自治体の実例そして、SDGs×公民連携を加速させるためのポイントがまとめられた1冊です。「SDGs」という共通言語と「公民連携」という手法を知ることで、あなたが今抱えている悩みや地域課題・社会課題の解決に一歩でも繋がるでしょう。私は令和3年度末まで、まさに一人の実践者として「SDGs×公民連携」の様々な可能性と価値を感じてきましたが、本書はとても実務に活かせる内容ばかりでした。 では、本書にはどのようなことが書かれているのでしょうか…

  • 【読書記録】『例規でわかる!1年目のための公務員六法』

    2022年3月8日に、学陽書房から『例規でわかる!1年目のための公務員六法』が出版されました。 本書は、自治体業務や働き方における条例や規則などの例規の基本的な読み方が、とてもわかりやすく解説された1冊です。イラストやQ&A、用語解説も優しい言葉でまとめられているため、新人・若手地方公務員でも読みやすいでしょう。地方公務員として業務上・身分上で必要最低限なルールばかりなので、これから地方公務員になる人にもおすすめです。 では、本書にはどのようなことが書かれているのでしょうか?今回は、『例規でわかる!1年目のための公務員六法』の感想について、ご紹介します。 本書の概要と感想! 『例規でわかる!1…

  • 地方公務員オンラインサロン\セミナーレポート/『SIMULATION熊本2030が拓く「自治体経営」と「若者の政治参加」の未来』

    令和4年3月17日、地方公務員オンラインサロンにて、熊本県の和田大志さんによるオンラインセミナー『SIMULATION熊本2030が拓く「自治体経営」と「若者の政治参加」の未来』が開催されました。 地方公務員限定のオンラインサロン「地方公務員オンラインサロン」では、月に3〜5回ほどのペースで、様々なジャンルでご活躍されている方のオンラインセミナーが開催されています。今回開催された熊本県の和田大志さんによるオンラインセミナーでは、「SIMULATION熊本2030」の概要や想いなどを知ることができました。 では、どのような内容をお話だったのでしょうか?今回は、地方公務員オンラインサロンのセミナー…

  • なぜ人事異動は不満だらけになるのか?自治体の現場職員と人事担当部局にある3つのギャップを考える!

    全ての地方公務員のみなさんに伺います。今年の人事異動は、納得できるものでしたか? 様々な地方公務員の声やSNSの投稿より、人事異動は不満が多い話題だと私は感じています。そして先日、ジチタイワークスWEBにて、全国各地の公務員の声と自治体人事担当者の声がまとめられた記事が出されており、多くの意見が掲載されていました。どの意見もリアルな現場の声であり、とても納得できる内容もありました。 てば、そもそも、なぜ人事異動は不満が多い話題になるのでしょうか?今回は、自治体の現場職員と人事担当部局での3つのギャップについて、ご紹介します。 現場職員と人事担当部局のそれぞれの声を確認する! ジチタイワークスさ…

  • 【完全版】地方公務員の副業関連法令まとめ!どこまで副業ができるかの根拠を知ろう!

    地方公務員のみなさん、副業に関する根拠法令や通知を見たことはありますか? 実は、地方公務員の副業は「完全禁止」ではなく、一定の条件を満たすことにより認められており、報酬を得ることも出来ます。そして、近年は「副業解禁」という言葉も出てきており、社会貢献活動に寄与する副業を推進する自治体も出てきました。いずれにおいても、国家公務員法や人事院規則、地方公務員法などの法令の理解ができたうえで副業は成り立ちます。 では、副業に関しては、どのような法令があるのでしょうか?今回は、地方公務員がどこまで副業ができるかの根拠となる副業関連法令について、ご紹介します。なお、本記事は、2022年3月末時点の情報でま…

  • 地方公務員が「学生からの人気職業」として選ばれている理由を考えてみた!

    みなさん、地方公務員が学生から選ばれる人気職業だと知っていましたか?様々な機関により「将来なりたい職業」に関するアンケート調査が行われていますが、いずれのアンケート調査でも地方公務員は上位にランクインしています。 地方公務員は、少しずつ職業としての人気は下がっているものだと私は感じていました。コロナ禍前に「公務員離れ」という言葉が出ていたので、将来の住民サービスを考えると私は危機感すら覚えていました。 では、なぜ人気があるのでしょうか?今回は、地方公務員が「学生からの人気職業」として選ばれている理由を考えてみました。 地方公務員が「学生からの人気職業」である5つの理由とは? 早速ですが、地方公…

  • 【読書記録】『自治体職員のための市民参加の進め方』

    2022年2月18日に、学陽書房から『自治体職員のための市民参加の進め方』が出版されました。 本書は、市民参加型の事業を進める手順とコツ、そして、地方公務員として大切な市民との関係構築の方法などがまとめられた1冊です。特に近年は、様々な分野において「市民参加」や「市民協働」が大切と言われているため、全ての地方公務員に役立つでしょう。私も市民参加に係る業務を行った経験がありますが、本書は共感と納得ばかりでとても勉強になりました。 では、本書にはどのようなことが書かれているのでしょうか?今回は、『自治体職員のための市民参加の進め方』の感想について、ご紹介します。 本書の概要と感想! 『自治体職員の…

  • 【読書記録】『やさしくわかる!公務員のためのSNS活用の教科書』

    2022年2月18日に、学陽書房から『やさしくわかる!公務員のためのSNS活用の教科書』が出版されました。 本書は、SNSを自治体で効果的に活用するための基礎と実践術が詰め込まれた全地方公務員必携の1冊です。各種SNSの特徴や自治体でのSNS運用、そして、効果を出すためのポイントが網羅されています。これからの時代に欠かせない自治体のSNS活用について、あなたの所属する部署でも考えるきっかけになるのではないでしょうか? では、本書にはどのようなことが書かれているのでしょうか?今回は、『やさしくわかる!公務員のためのSNS活用の教科書』の感想について、ご紹介します。 本書の概要と感想! 『やさしく…

  • 【読書記録】『ゼロからわかる!公務員のためのデータ分析』

    2022年2月1日に、学陽書房から『ゼロからわかる!公務員のためのデータ分析』が出版されました。 本書は、データを活用するための考え方や分析方法、アイデアなどがまとめられた1冊です。アンケートや行政評価などをより正確で効率的に行うための実践事例も紹介されており、明日から実務に活かせるスキルが身につくでしょう。私も業務の中でアンケート調査を行うことがあるのですが、調査方法から分析方法まで役に立つものばかりで感動しました。 では、本書にはどのようなことが書かれているのでしょうか?今回は、『ゼロからわかる!公務員のためのデータ分析』の感想について、ご紹介します。 本書の概要と感想! 『ゼロからわかる…

  • 地方公務員が情報発信力を向上させる4つのメリットとは?

    地方公務員のみなさん、情報発信力の向上に取り組んでいますか? 情報が溢れる社会で相手に正確な情報を届けるためには、情報発信力の向上が欠かせません。インターネット・SNSでの情報発信術やチラシ・ポスターのデザイン力など、日々スキルアップのために努力をしている地方公務員も多いでしょう。 しかし、情報発信力を向上させることで、情報発信スキルの向上以外にも様々なメリットがあることを感じているでしょうか?今回は、地方公務員が情報発信力を向上させる4つのメリットについて、ご紹介します。 情報発信力とは? まずは、そもそも「情報発信力」がどのようなものかを考えてみましょう。本件に関する解釈は様々あるため、あ…

  • 大阪府内でも地盤が強い地域!?富田林市の地震に対する安全性を調べてみた!

    大阪府に住む人は、南海トラフ地震や上町断層地震が頭の中をよぎることはないでしょうか?特に南海トラフ地震は震度6強や震度7が予想されるだけでなく、大きな津波が襲来するとも想定されています。 そこで、私が住む富田林市の土地の特徴を調べてみました。その結果、大阪府内でも地盤の強いエリアとのニュース記事が見つかっただけでなく、標高の高さや液状化のしにくさもあるとわかりました。 では、どのような内容でしょうか?今回は、大阪府内でも「地盤が強い地域!?」と言われている富田林市の地震に対する安全性を調べてみました。 大阪府で震度4以上観測された近年の地震を知る! まずは、大阪府で観測された近年の震度4以上の…

  • 地方自治体のイベント担当者必見!講義型オンラインセミナー主催者として準備すべきこととは?

    「オンラインセミナーって、どのように開催すればいいの?」「セミナー講師とは、どのような調整が必要なの?」 私は、コロナ禍以前より、数多くのオンラインセミナー・勉強会の主催をしています。過去に主催したオンラインセミナー・勉強会の回数を数えると、2020年1月から2021年12月末までの2年ほどで合計100回を超えていました。この100を超える私の経験ベースではありますが、講義型オンラインセミナーの主催におけるノウハウを簡潔にまとめてみました。 では、どのようなノウハウなのでしょうか?今回は、地方自治体のイベント担当者が「講義型オンラインセミナー主催者」になる時に準備すべきことについて、ご紹介しま…

  • 地方公務員オンラインサロン\セミナーレポート/『自治体の財政診断入門:「損益計算書」を作れば稼ぐ力がわかる』

    令和4年2月8日、地方公務員オンラインサロンにて、大和総研の鈴木文彦さんによるオンラインセミナー『自治体の財政診断入門:「損益計算書」を作れば稼ぐ力がわかる』が開催されました。 地方公務員限定のオンラインサロン「地方公務員オンラインサロン」では、月に3〜5回ほどのペースで、様々なジャンルでご活躍されている方のオンラインセミナーが開催されています。今回開催された大和総研の鈴木文彦さんによるオンラインセミナーでは、地方自治体財政の見方を学ぶことができました。 では、どのような内容をお話だったのでしょうか?今回は、地方公務員オンラインサロンのセミナーレポート『自治体の財政診断入門:「損益計算書」を作…

  • なぜ若者は地域活動に参加しないのか?4つの視点から原因を考えてみよう!

    みなさんは、若者の地域活動への参加をどのように考えていますか?若者は、これからの地域の未来を担う貴重な存在です。しかし、「地域に若者がいない」や「若者が地域活動に参加しない」などが、全国共通の課題になっています。 このような現状の中で、私は地域活動をする団体から「どのようにして若者を呼ぶことが出来るのか?」と相談を受けることが多々あります。様々な地域の若者と日頃から交流があるため、地域活動に参加しない原因を聞いてみました。 では、その内容は、どのようなことでしょうか?今回は、なぜ若者は地域活動に参加しないのかを、4つの視点から原因を考えてみます。 若者が地域活動に参加しない原因を4つの視点から…

  • 「競争」ではなく「共創」!地方公務員が横軸で広く繋がることが大切な3つの理由とは?

    「競争」から「共創」を意識することで、世の中はもっとよくなる。 地方公務員は、全国に約275万人います。所属する自治体は違うとしても、仕事の内容やそれぞれの地域を想う気持ちは同じです。「自治体間競争」という言葉が広く言われていますが、地方公務員同士が全国的に横軸で広く繋がることによる「共創」を実現することで、私は世の中がもっとよくなると考えています。私は様々な公務員コミュニティ活動を進める中で、このように考えている理由があります。 では、それはどのような理由なのでしょうか?今回は、「競争」ではなく「共創」の力で、地方公務員が横軸で広く繋がることが大切な3つの理由について、ご紹介します。 「競争…

  • 私が仕事で壁にぶつかった時の5つの乗り越え方とは?

    「私は今、壁にぶつかっている!」「仕事を進めたいけれど、邪魔が多くて全然進まない!」 みなさんは、仕事の中でぶつかる「壁」とどのように向き合っていますか?もしかしたら、「壁」に心を折られたり、向き合うことをやめた人もいるかもしれません。 私も今まで、仕事を進める中で様々な「壁」にぶつかってきました。最初は、何度も「壁」に押し潰されそうになりながら仕事を進めていました。その中で、自分なりの「壁」との向き合い方や乗り越え方を見つけることが出来ました。 では、それはどのような方法でしょうか?今回は、私が仕事で壁にぶつかった時の5つの乗り越え方について、ご紹介します。 「壁」をどのように考えるか? ま…

    地域タグ:富田林市

  • 地方公務員試験の面接対策!人物・人柄重視の面接試験で生き残るために意識してほしい4つのこととは?

    「面接対策で気をつけた方が良いことはありますか?」「面接試験の時に気をつけていたことは何ですか?」 地方公務員志望の学生から、一番よく聞かれる質問の一つです。私は地方公務員になる前に公務員試験専門学校へ通い、また、現役の地方公務員との対話を通じて、面接対策として意識しておきたいことを教えてもらいました。その内容は、今でも変わらず面接試験の大切なポイントです。 では、どのようなことでしょうか?今回は、地方公務員試験の面接対策で意識してほしい4つのことについて、ご紹介します。 これからの地方公務員試験は、より面接対策が重要になる! 地方公務員試験は、年々、面接試験による人物・人柄重視となってきてい…

    地域タグ:富田林市

  • 地方公務員志望の学生必見!地方公務員の仕事に運転免許は必要なのか?

    「地方公務員は、運転免許が必要ですか?」「運転免許は持っているけれど、ペーパードライバーです。」「公用車で事故を起こしたら、どうしよう。」 地方公務員志望の学生からよく聞かれる質問の一つに、運転免許の必要性があります。結論としては、所属する自治体の交通の利便性や業務上の必要性を考慮した上で、ご自身で運転免許取得の判断となります。私は、都道府県と市町村の仕事を通じて、様々な自治体の現場を見てきました。 では、実際はどうなのでしょうか?今回は、地方公務員の仕事に運転免許は必要なのかについて、ご紹介します。 地方公務員が仕事上で運転する「公用車」を知る! まずは、地方公務員が仕事で運転する「公用車」…

    地域タグ:富田林市

  • 地方公務員オンラインサロン\セミナーレポート/『自主研運営の秘訣〜立ち上げから継続まで』

    令和4年1月28日、地方公務員オンラインサロンにて、神奈川県大和市の坂本勝敏さんによるオンラインセミナー『自主研運営の秘訣〜立ち上げから継続まで』が開催されました。 地方公務員限定のオンラインサロン「地方公務員オンラインサロン」では、月に3〜5回ほどのペースで、様々なジャンルでご活躍されている方のオンラインセミナーが開催されています。今回開催された神奈川県大和市の坂本勝敏さんによるオンラインセミナーでは、自主研運営のノウハウやリアルのお話を聞くことができました。 では、どのような内容をお話だったのでしょうか?今回は、地方公務員オンラインサロンのセミナーレポート『自主研運営の秘訣〜立ち上げから継…

  • 効果的に行政の情報発信を行うために!広報担当部署に頼らない情報発信の仕組みを考えよう!

    「どのようにすれば、効果的に行政の情報発信をできるのだろうか?」 私は、広報担当部署に在籍していた頃から、ずっとこの課題を考えてきました。ターゲットの設定やSNSなどのツールの活用などの勉強や実践もしてきましたが、「もっと"組織の情報発信"という目線で、根本的な改善策はないか?」と自問自答し続けてきました。 その結果、「情報発信の仕組みの改革」が一つの答えなのかなと、私は考えています。全国各地の地方公務員仲間にも同様の質問をしたところ、同じような悩みや課題を抱えている広報担当部署の地方公務員は多くいました。その意見交換内容を整理したものを、今回は記事として書かせていただきました。 では、どのよ…

  • 学びと出会いの地域共創コミュニティ「LOCAL LETTER MEMBERSHIP」とは?私が参加して感じている地方公務員が参加するメリットとは?

    地方公務員のみなさんは、地方公務員以外のプレイヤーと繋がる場を持っていますか? 私は、2021年の夏より、学びと出会いの地域共創コミュニティ「LOCAL LETTER MEMBERSHIP」に参加しています。様々な想いを持った多様な業種の人が集まっているだけでなく、とても温かい気持ちになれるアットホームなコミュニティです。私は「LOCAL LETTER MEMBERSHIP」に参加することで、地方公務員だからこそ参加するメリットがあると感じています。 では、どのようなことでしょうか?今回は、学びと出会いの地域共創コミュニティ「LOCAL LETTER MEMBERSHIP」に私が参加して感じて…

  • ジチタイワークスと私。2021年の出来事を振り返る!

    全国の地方公務員のみなさん、行政マガジン『ジチタイワークス』を読んでいますか? 私は、日頃からジチタイワークスを読むと共に、ジチタイワークスWEBやメルマガ、Twitterなどにより、地方公務員や自治体関連の情報収集源として活用しています。また、2021年は、インタビュー記事を掲載してもらうきっかけもあり、何かとご縁が深かった1年のようにも感じています。私にとって財産となる記事も生まれ、本当にジチタイワークスのおかげで充実した1年を過ごすことができました。 では、どのようなことがあったのでしょうか?今回は、ジチタイワークスと私の2021年の出来事を振り返ります。 ジチタイワークスとは? ジチタ…

  • Word・Excel・PowerPointで活用できる地方公務員の仕事術!文字入力に便利なファンクションキーの使い方とは?

    「カタカナ変換がめんどくさい!」「アルファベットの先頭だけを簡単に大文字にしたい!」 みなさんは、WordやExcel、PowerPointの文字入力において、ファンクションキーを使って簡単に文字変換を出来ることを知っていますか?実は、「かなモード」から入力モードを切り替えることなく、とても簡単に文字変換が出来るのです。 文書や資料の作成が多い地方公務員だからこそ、この機能を知っておくだけでも文字入力の効率化が見込めるでしょう。私の周りでは、この便利なファンクションキーを知らない人も意外と多くいました。些細な効率化かもしれませんが、身につけることで文字入力のスピードは格段に早くなります。 では…

  • 【読書記録】『「義理チョコ」はセーフですよね?こんなときどうする?地方公務員のコンプライアンス』

    2021年6月30日に、ぎょうせいから『「義理チョコ」はセーフですよね?こんなときどうする?地方公務員のコンプライアンス』が出版されました。 本書は、公務員倫理上判断の難しい事例について、基礎知識から具体的な事例まで、Q&A形式で丁寧にまとめられた1冊です。私たち地方公務員が自分で自分の身を守るためにも、必ず読んでおきたい内容となっています。私も「これっていいのかな?」という疑問を解消し、公務員倫理について考え直す良い機会にもなりました。 では、本書にはどのようなことが書かれているのでしょうか?今回は、『「義理チョコ」はセーフですよね?こんなときどうする?地方公務員のコンプライアンス』の感想に…

  • 【読書記録】『業務の「ヒヤリ!」を解消する!公務員の法的トラブル予防&対応BOOK』

    2021年12月11日に、学陽書房から『業務の「ヒヤリ!」を解消する!公務員の法的トラブル予防&対応BOOK』が出版されました。 本書は、自治体や職員個人が巻き込まれがちな法的トラブルの種類や構造、原因、対処法について書かれた1冊です。公務員の「やってはいけないこと」がわかりやすくまとめられており、本書で正しい知識を習得することで、これからの公務員人生への予防と対応に役立つでしょう。また、本書の最後には、心構えや法律の勉強法だけでなく日頃からの法的トラブルへの克服法も整理されていて、とても勉強になりました。 では、本書にはどのようなことが書かれているのでしょうか?今回は、『業務の「ヒヤリ!」を…

  • 【読書記録】『公務員のための情報発信戦略』

    2021年11月1日に、CAPエンタテインメントから『公務員のための情報発信戦略』が出版されました。 本書は、広島県福山市の取り組み内容と成果を軸に、地方自治体の情報発信戦略の手法について書かれた1冊です。実例の具体的なプロセスや考え方が丁寧にまとめられているため、情報発信担当部局にとっては、実務に役立つ内容となるでしょう。私もシティプロモーション担当を5年経験してきましたが、私が実践してきた方法とはまた違う視点だったので、読んでいてとても良い気付きと学びをいただきました。 では、本書にはどのようなことが書かれているのでしょうか?今回は、『公務員のための情報発信戦略』の感想について、ご紹介しま…

  • 【エピソード】"ヨソモノ"を地域の活力へ!イラストレーターのコジマユイを富田林市に巻き込むことで起きたこととは?

    みなさんは"ヨソモノ"に対して、どのような印象を持っていますか? 私は、身近な"ヨソモノ"であるコジマユイさんを富田林市に巻き込んだことにより、様々な出来事が身の回りで起きました。約1年半という短い期間の出来事ではありますが、富田林市内でここまでコジマユイさんが広がり、反響や変化があるとは思いませんでした。まさに私は、"ヨソモノ"を呼び込み、地域に変化を生んだ経験をしたのです。 では、"ヨソモノ"を呼び込んだことで、どのようなことが起きたのでしょうか?今回は、イラストレーターのコジマユイを富田林市に巻き込むことで起きたことと"ヨソモノ"を地域に巻き込むことで感じた可能性について、ご紹介します。…

  • 謹賀新年!地方公務員として働く私の2022年の目標設定とは?

    あけましておめでとうございます。昨年は本当に多くの方にお世話になり、誠にありがとうございました。本年もどうぞよろしくお願いします。 みなさんは、毎年の目標設定をしていますか?私は毎年目標設定をしているのですが、「振り返り」と「目標設定」を年末年始の恒例としてから、1年間の充実度が大きく変わっているような気がします。そして私は、2022年も充実した1年とするための目標設定を行いました。 では、どのような目標設定でしょうか?今回は、私の2022年の目標設定について、ご紹介します。 2021年の目標設定と達成度! まずは、私の2021年の目標設定を確認します。 2021年、私は「実績」にこだわった目…

  • 2021年を振り返る!私の当初の目標と達成状況とは?

    まもなく2021年が終わりを迎えようとしています。みなさんは、2021年の当初に設定した目標を達成できましたか? 2021年を振り返ると、昨年同様、新型コロナウイルス感染症に振り回された1年でした。なかなか思うような自己実現が出来ずに、苦しい想いをした地方公務員も全国各地に多くいたのではないかと推察します。苦しい1年ではありましたが、私は年の初めに設定した目標を達成するために、日々活動を続けてきました。 では、私の目標達成は、どのような状況なのでしょうか?今回は、私の2021年当初の目標と達成状況などについて、振り返りながらご紹介します。 2021年の目標達成状況を確認する! まずは、2021…

  • 【2021年版】地方公務員ブロガーのブログで読まれた記事ベスト5!

    2021年も、本ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。本ブログは、週2回程度の更新頻度で、2021年は、約100記事をアップしております。1日の平均ビュー数は約1,000程であり、月間では約30,000程の閲覧数があります。その中でも、2021年に、特によく読まれた記事が多数あります。 では、それはどのような記事でしょうか?今回は、2021年に私のブログで読まれた記事ベスト5について、ご紹介します。 2021年ベスト5記事発表! 2021年も、本当に多くの方にブログを見ていただきました。この1年で読まれた記事の共通の特徴は、検索順位が上位にあることです。早速ではありますが、ベスト5の…

  • 地方公務員オンラインサロン\セミナーレポート/『若手中堅向け「政策提案のコツと実現への近道」を考える』

    令和3年12月8日、地方公務員オンラインサロンにて、西東京市の海老澤功さんによるオンラインセミナー『若手中堅向け「政策提案のコツと実現への近道」を考える』が開催されました。 地方公務員限定のオンラインサロン「地方公務員オンラインサロン」では、月に3〜5回ほどのペースで、様々なジャンルでご活躍されている方のオンラインセミナーが開催されています。今回開催された西東京市の海老澤功さんによるオンラインセミナーでは、主に、若手中堅地方公務員のための政策提案のコツなどのお話を聞くことができました。 では、どのような内容をお話だったのでしょうか?今回は、地方公務員オンラインサロンのセミナーレポート『若手中堅…

  • コミュニティリーダーとして失敗した経験から学んだコミュニティを継続させるためのリーダーの7つの心構えとは?

    みなさんが失敗した"経験"をシェアしませんか? 偶然参加したオンラインイベントで、このような問いかけがありました。問いかけの趣旨は、「失敗は"成功"の過程であり、一人ではなかなか振り返ることがないので、みんなで振り返りをしてみましょう」というものでした。 私は、今まで様々な失敗経験を積んできました。その中でも、このイベントの場では、コミュニティリーダーとしての失敗を中心に振り返りました。そして、コミュニティリーダーとして失敗した経験を通じて、コミュニティを継続させていくための大切なことに気付くことができました。その結果、現在は、10のコミュニティに所属し、そのうち5つのコミュニティリーダーを務…

  • 地方公務員必読!「仕事の役に立つ」と好評をいただいた人気の仕事術記事10選

    会議術や議事録、文書作成、資料作成、情報発信、時間管理、整理整頓などの仕事術やイベントレポート、読書記録など、本ブログでは様々な記事を書かせてもらっています。令和3年12月現在、約240の記事を書いている中で、読者の方から以下の言葉をいただいております。 「あの記事、仕事の役に立ちました!」「仕事で抱えていた課題の解決に繋がりました!」「視野が広がるきっかけになりました!」 このような温かいお言葉をいただき、この場を借りて御礼申し上げます。みなさま、本当にいつもありがとうございます。日頃から一つひとつの記事は、「どこかの誰かの役に立つと嬉しいな」と思いながら時間をかけて書かせてもらっています。…

  • 地方公務員には欠かせないスキル!?みんなが実践する法律を調べる方法と条文を楽に読む方法とは?

    地方公務員のみなさんは、仕事をする中で法律を調べたり条文を読むことに苦労していませんか? 法律を調べる方法や条文を読む方法は、誰かから教えてもらえるものではありません。業務などを通じて、自分で身につけていくことが多いです。しかし、私たち地方公務員は、法律や条文の"職人"でもあります。書かれていることにきちんと向き合い、解釈し、住民に伝える必要もあります。 私も法規担当を経験しましたが、とても苦労したことを今でも覚えています。何度も頭を抱えて、法律や条文に向き合えない日々が続いていました。しかし、法規担当や他部署の先輩職員の方々の実践していた方法を知ることで、今では法律や条文に対して、何の抵抗も…

  • 地方自治体の事務の種類を知る!「自治事務」と「法定受託事務」の違いとは?

    地方公務員のみなさんは、普段行なっている事務の根拠はご存知でしょうか?実は、私たち地方公務員が行う事務は、地方自治法の中で「自治事務」と「法定受託事務」に整理されています。 日々自分の目の前の仕事を片付けることが精一杯で、行なっている事務の根拠を知らない人が多いかもしれません。しかし、「なぜこの事務をしているのか?」の根拠を法律から押さえることで、事務全体のイメージや理解の向上や、モチベーションにも繋がることもあります。私は、新しい事務を行う時には、事務の種類を明確に理解して行うことで、仕事の充実度が変わったような気がしています。 では、地方自治体の事務には、どのような種類と違いがあるのでしょ…

  • 【読書記録】『飛び出す!公務員 時代を切り拓く98人の実践』

    2021年11月15日に、学芸出版社から『飛び出す!公務員 時代を切り拓く98人の実践』が出版されました。 本書は、職場から飛び出して様々な形で活躍する98人の生き方がギュッと詰まった1冊です。地域活動やNPO法人に参加するなどの活動や職場を飛び出すことによって得たものなど、幅広い公務員の想いと物語を知ることが出来る内容となっています。私は本書を読んで、職場を飛び出して活動する方法や身の回りに起きた変化など、地方公務員としての学びと気付きを多く見つけることが出来ました。 では、本書にはどのようなことが書かれているのでしょうか?今回は、『飛び出す!公務員 時代を切り拓く98人の実践』の感想につい…

  • 【読書記録】『公務員男性の服 普通の服で好印象・信頼・清潔感は出せる』

    2021年11月13日に、ぎょうせいから『公務員男性の服 普通の服で好印象・信頼・清潔感は出せる』が出版されました。 本書は、公務員分野で初となる、公務員の男性向けの服装に関することが丁寧にまとめられた1冊です。様々な人と関わる地方公務員だからこそ、仕事のためにも自分のためにも読んでおきたい内容となっています。 今まで私は、仕事での服装を強く意識したことがありませんでした。しかし、本書を読むことで、服装による印象の違いや自治体職員としての心構えを学び直しました。 では、本書にはどのようなことが書かれているのでしょうか?今回は、『公務員男性の服 普通の服で好印象・信頼・清潔感は出せる』の感想につ…

  • 地方公務員オンラインサロン\セミナーレポート/『イケてる人事は、人事部がいらない。』

    令和3年11月5日、地方公務員オンラインサロンにて、大分大学経済学部講師の碇邦生さんによるオンラインセミナー『イケてる人事は、人事部がいらない。』が開催されました。 地方公務員限定のオンラインサロン「地方公務員オンラインサロン」では、月に3〜5回ほどのペースで、様々なジャンルでご活躍されている方のオンラインセミナーが開催されています。今回開催された大分大学経済学部講師の碇邦生さんによるオンラインセミナーでは、主に、人事の歴史や役割、仕事に対する考え方などのお話を聞くことができました。 では、どのような内容をお話だったのでしょうか?今回は、地方公務員オンラインサロンのセミナーレポート『イケてる人…

  • 【読書記録】『地域づくりのヒント 地域創生を進めるためのガイドブック』

    2021年9月10日に、学校法人先端教育機構社会情報大学院大学出版部から『地域づくりのヒント 地域創生を進めるためのガイドブック』が出版されました。 本書は、地域づくりを具体的に進めるためのヒントが多く書かれた「地域創生」についてまとめられた1冊です。地方公務員はもちろん、地域に関わる全ての人の役に立つ必読書と言えるでしょう。私は本書を読んで、今まで知っているようで知らなかったことや、改めて考えさせられたことが多々ありました。 では、本書にはどのようなことが書かれているのでしょうか?今回は、『地域づくりのヒント 地域創生を進めるためのガイドブック』の感想について、ご紹介します。 本書の概要と感…

  • 【読書記録】『現場のリアルな悩みを解決する!職員減少時代の自治体人事戦略』

    2021年10月20日に、ぎょうせいから『現場のリアルな悩みを解決する!職員減少時代の自治体人事戦略』が出版されました。 本書は、職員数が減少する中で考える「これからの自治体の人事戦略」について、丁寧にまとめられた1冊です。現場の人事担当者が抱える悩みや課題だけでなく、未来の自治体の人事戦略についても深く考察されており、人事担当者は必読となるでしょう。私自身も、これからの人事とキャリアについて、改めて考える良い機会になりました。 では、本書にはどのようなことが書かれているのでしょうか?今回は、『現場のリアルな悩みを解決する!職員減少時代の自治体人事戦略』の感想について、ご紹介します。 本書の概…

  • 自費での名刺作成卒業!地方公務員が無料で名刺を作ることができる「ジチタイワークス無料名刺」を活用してみた!

    地方公務員のみなさんは、名刺を自費で作っていませんか? 私は、近所の印刷会社に自前で発注するなどにより自費で作っています。人によっては、デザインも自分で作成しているため、名刺にかなりの労力とお金をかけていると聞いたこともあります。 しかし、令和3年8月末より、地方公務員は無料で名刺を作ってもらえる「ジチタイワークス無料名刺」が始まりました。年間で100枚までではありますが、十分過ぎるありがたいサービスです。私も早速、発注してみました。 では、どのようなものでしょうか?今回は、地方公務員が無料で名刺を作ることができる「ジチタイワークス無料名刺」について、ご紹介します。 無料で名刺が作れる「ジチタ…

  • 地方公務員志望の学生が事前に調べておきたい5つの自治体情報とは?

    地方公務員志望の学生のみなさんは、目指している自治体のことをどれだけご存知ですか? 地方公務員志望の学生が入庁を目指している自治体情報を調べることは、面接対策などを含めて欠かせないものだと、私は考えています。しかし、いざ自治体情報を調べるとなると、何を調べたら良いのかわからない人も多いのではないでしょうか?私はこの数年間、数多くの地方公務員志望の学生との対話や就職後のコミュニケーションを通じて、地方公務員志望の学生が本当に知っておくべき自治体情報を整理しました。 では、それはどのような情報なのでしょうか?今回は、地方公務員志望の学生が事前に調べておきたい5つの自治体情報について、ご紹介します。…

  • 文章に悩む地方公務員必読!地方公務員ブロガーがおすすめする10冊のライティング本とは?

    私が地方公務員ブロガーとして活動を始めてから、早くも2年以上が経ちました。最初は「苦手な文章を克服したい」という想いから始まったのですが、2年以上書き続けた今となっては、「次は何を書こう?」「この内容は、どのように表現しよう?」など、書くことに抵抗がなくなり、楽しいものとなっています。 私が「文章を楽しい」と思える様になった要因としては、書く習慣が身についたことが大きいと考えています。しかし、それと同じくらい、ライティング本との出会いも大きかったです。文章に関する知識を少し入れるだけで、これほど文章が楽しくなるとは思いませんでした。今となっては、何度も辞書的に読み直す本が数冊あります。 では、…

  • 誰でも簡単にできる!地方公務員が「書く習慣」を身につける7つの方法とは?

    「書く習慣」って、どのようにすれば身につきますか? 書く習慣を身につけることは、自分に様々な成長や可能性を生みます。私も最初は「書く習慣」を身につけるために、様々な方法で挑戦をしました。しかし、何度も挫折を繰り返し、今のようなブログやSNSを書く習慣が身につきました。 要因を振り返ると、そこには様々な「書く習慣」を身につけるための実践術がありました。そして、その実践術を共有することで、みなさんの「書く習慣」を身につけるお役に立てるのではないかと思いました。 では、どのような実践術なのでしょうか?今回は、地方公務員が「書く習慣」を身につける7つの方法について、私の実践術をベースにご紹介します。 …

  • 紅葉特集!大阪府富田林市の紅葉スポット5選

    11月下旬から12月上旬にかけて、関西方面では紅葉が鮮やかに彩る季節となります。仲の良い友人・知人と一緒に、紅葉狩りや写真を撮りにお出かけをする人も多いのではないでしょうか? しかし、紅葉の観光名所と言われるような場所は、どこも非常に人が多いです。落ち着いて紅葉を楽しみたい人やゆっくりと写真を撮りたい人にとっては、「人混みを避けたい!」という人も多くいるでしょう。 人混みなく楽しめる場所に行きたい! ゆっくり紅葉が見たい! このような人たちにおススメしたい場所が、大阪府富田林市の紅葉スポットです。人混みがとても少なく、大阪市内から車や電車で約30分で訪れることができます。私は、富田林市の紅葉ス…

  • 地域を深く知る4つのコツとは?地域活動を通じて富田林愛を深めた女子大学生と語る「地域」と「若者」

    令和3年9月、富田林愛が強い現役女子大学生の槇野 天音さんと、「地域」と「若者」について、熱く語り合う機会がありました。 槇野さんは、高校1年生の頃から地域活動へ積極的に参加しています。その経験を経て気付いたことや最近感じていることなどを、お話していただきました。お話の中には、地域活動に参加してみたい人に対するアドバイスや私たち地方公務員に必要な視点、そして、反省すべき内容も多々あり、私自身、とても良い気付きと刺激を得た時間となりました。 では、どのようなことをお話したのでしょうか?今回は、地域を深く知る4つのコツを含め、地域活動を通じて富田林愛を深めた女子大学生と語る「地域」と「若者」につい…

  • 地方公務員オンラインサロン\セミナーレポート/『PowerPointからPR動画まで! 公務員の動画作成術』

    令和3年10月13日、地方公務員オンラインサロンにて、PRDESIGN JAPAN株式会社の佐久間智之さんによるオンラインセミナー『PowerPointからPR動画まで! 公務員の動画作成術』が開催されました。 地方公務員限定のオンラインサロン「地方公務員オンラインサロン」では、月に3〜5回ほどのペースで、様々なジャンルでご活躍されている方のオンラインセミナーが開催されています。今回開催されたPRDESIGN JAPAN株式会社の佐久間智之さんによるオンラインセミナーでは、主に、公務員の動画作成におけるノウハウのお話を聞くことができました。 では、どのような内容をお話だったのでしょうか?今回は…

  • 【読書記録】『DXで変える・変わる 自治体の「新しい仕事の仕方」』

    2021年9月14日に、第一法規から『DXで変える・変わる 自治体の「新しい仕事の仕方」』が出版されました。 本書は、自治体DXの推進による業務改善の考え方や効果、事例などを解説と「新しい仕事の仕方」が提示された1冊です。自治体DXの基礎知識やICTツールの導入方法、情報セキュリティポリシーなど、「自治体DXのことを全く知らない」という人でも、DXのポイントや効果がわかりやすく丁寧にまとめられています。 私は、あまりDXのことをきちんと理解していないまま、言葉だけ漠然と知っている状態でした。しかし、本書を読み終えて、これからの働き方に様々な可能性を感じました。 では、本書にはどのようなことが書…

  • 【読書記録】『ライク・ア・ローリング公務員 まち思う 故に我あり』

    2021年9月16日に、木楽舎から『ライク・ア・ローリング公務員 まち思う 故に我あり』が出版されました。 本書は、元奈良県職員の福野さんのエピソードと仕事に対する考え方、地域づくりのヒントが詰まった1冊です。著者である福野さんのリアルなエピソードを基に、地方公務員として働く楽しさに気付かせてもらうことができるでしょう。 私は、本書を読み終えて、改めて地方公務員として働くことの意味や楽しさを感じました。特に、今の仕事に悩む地方公務員や地域で活動をする・したい地方公務員へ、私はおすすめしたいです。 では、本書にはどのようなことが書かれているのでしょうか?今回は、『ライク・ア・ローリング公務員 ま…

  • 【読書記録】『市民がつくる、わがまちの誇り シビック・プライド政策の理論と実際』

    2021年7月21日に、水曜社から『市民がつくる、わがまちの誇り シビック・プライド政策の理論と実際』が出版されました。 本書は、これからの地域づくりに欠かせないシビック・プライドについて解説された1冊です。シビック・プライドの理論と政策に関することが、多くの事例と共に丁寧にまとめられています。特に、シビック・プライドの目的や目指す姿、そして、育み方などは、これから魅力ある地域づくりを進めていくうえで欠かせないことだと、私は強く感じました。 では、本書にはどのようなことが書かれているのでしょうか?今回は、『市民がつくる、わがまちの誇り シビック・プライド政策の理論と実際』の感想について、ご紹介…

  • 高齢者への情報の届け方とは?私が実践している10の発信方法!

    みなさんの自治体では、高齢者に対して、どのように情報を届ける工夫をしていますか? 高齢者への情報発信は、明確な正解がありません。その理由は、一人ひとりの状況は等しく同じではないためです。情報発信の工夫は高齢者だけに限った話ではありませんが、高齢者に対しては、特に強く意識した情報発信をする必要があると、私は感じています。 私はここ数年の間、様々な事業を展開する中で、高齢者への情報発信について考える機会が多々ありました。その中で、実際にいくつかの実践を行い、比較的効果があると感じたことがありました。 では、それはどのような方法なのでしょうか?今回は、高齢者への情報の届け方として、私が実践している1…

  • 約450年間残る町並み!映画のロケ地にもなった「富田林寺内町」とは?

    大阪府内で唯一、「重要伝統的建造物群保存地区」という国の指定地区に指定されている富田林寺内町(とんだばやしじないまち)をご存知でしょうか? 富田林寺内町は、大阪市内から約30分の場所に位置しています。古い町並みが残っているだけではなく、古民家カフェや雑貨屋なども多く営業しています。私もよく訪れますが、まるで江戸時代にタイムスリップしたような体験をすることができる自慢の地区です。 では、どのような場所なのでしょうか?今回は、約450年間残る町並みで、映画のロケ地にもなった「富田林寺内町」について、ご紹介します。 富田林寺内町とは? まずは、富田林寺内町のことを知らない人のために、概要をご紹介しま…

  • 今注目のエリア!私が感じる富田林市金剛地区の様々な魅力と5つのおすすめスポットとは?

    ー富田林市金剛地区歴31年 富田林市の金剛地区は、街が開発されて40年以上経つニュータウンです。急行電車が発着する南海高野線金剛駅が近くにあるため、大阪市内で働く人が多いベッドタウンです。そして今、様々な課題が浮き彫りになっているエリアでもあります。 しかし、多くの課題が見つかる中でも、金剛地区にはたくさんの魅力があります。そして、行政も地区の再生に向けて、真剣に力を入れ始めている今注目のエリアです。 私は、祖父と祖母が富田林市金剛地区に住んでいたこともあるため、幼少期からの思い出がたくさん詰まっている思い入れの強いエリアです。そして今では、私自身が金剛地区のまちづくりに業務外で関わっています…

  • PowerPointで大活躍!私がおすすめする4つのイラスト・写真フリー素材サイトとは?

    みなさんは、PowerPointでスライドを作成する時に、どのようなイラストや写真を使用していますか? 実は、インターネットでいろいろと調べると、無料でクレジット明記が不要なイラスト・写真のフリー素材サイトが増えています。その中でも、私が高頻度で使用しているフリー素材サイトが複数あります。その素材のおかげで、多くの人から「PowerPointのスライドが見やすいですね!」と言われる機会が増えています。 では、どのようなサイトでしょうか?今回は、PowerPointで大活躍する私がおすすめの4つのイラスト・写真フリー素材サイトについて、ご紹介します。 PowerPointのスライド作成は、ワンポ…

  • 地方公務員オンラインサロン\セミナーレポート/『デジタルマーケティング概要/使いこなすために必要なこと』

    令和3年9月21日、地方公務員オンラインサロンにて、株式会社LIFULLの菅野勇太さんによるオンラインセミナー『デジタルマーケティング概要/使いこなすために必要なこと』が開催されました。 地方公務員限定のオンラインサロン「地方公務員オンラインサロン」では、月に3〜5回ほどのペースで、様々なジャンルでご活躍されている方のオンラインセミナーが開催されています。今回開催された株式会社LIFULLの菅野勇太さんによるオンラインセミナーでは、デジタルマーケティングの概要と活用方法について、わかりやすく丁寧なお話を聞くことができました。 では、どのような内容をお話だったのでしょうか?今回は、地方公務員オン…

  • 地方公務員が個人アカウントでSNSを運用するときに気をつけたい5つのこととは?

    「地方公務員が、個人アカウントのSNSを運用しても良いのですか?」「所属の自治体には、どのように伝えているのですか?」 Facebook、Twitter、Instagramなど、私は様々なSNSを実名で運用しています。現代の情報化社会において情報収集及び情報発信をするためには、SNSの運用が欠かせないものとなってきました。しかし、地方公務員の中には、個人アカウントのSNSを運用してはいけないと思っている人も多く存在します。 地方公務員の個人アカウントでのSNSの運用に関しては、各自治体において「ソーシャルメディアガイドライン」が策定されていることが多いです。私は、自分の所属する自治体だけでなく…

  • 地方公務員は労働組合に加入するべきなのか?私が組合に加入して感じている3つのメリットと2つのデメリットとは?

    地方公務員のみなさん、労働組合に加入していますか?ほとんどの自治体において、新規採用職員として働き始めてすぐに労働組合からの勧誘があったと思います。 私は、富田林市で労働組合に加入しています。名ばかりの加入のため活動はしていませんが、役職をもらった経験もあります。日々多くの人から、「労働組合って、入るべきなの?」と聞かれるので、今回はその疑問に私の主観で答えていきたいと思います。 では、労働組合には、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?今回は、私が労働組合に加入して感じている3つのメリットと2つのデメリットについて、ご紹介します。 地方公務員における「労働組合」とは? まずは、私…

  • 奈良県三宅町に学ぶ!地方自治体における「ビジョン・ミッション・バリュー」とは?

    令和3年8月19日、奈良県三宅町の職員採用応援イベントで登壇の声がかかり、奈良県三宅町の森田町長と元つくば市副市長の毛塚さんと「ビジョン・ミッション・バリュー」について語り合う機会がありました。 「ビジョン・ミッション・バリュー」は、民間企業ではよく聞く言葉です。しかし、地方自治体では、ほとんど聞くことがありません。本イベントを通じて、私は地方自治体における「ビジョン・ミッション・バリュー」の価値と今後の可能性を感じることができました。そして、これからの未来がワクワクするような時間となりました。 では、「ビジョン・ミッション・バリュー」とは、どのようなものなのでしょうか?今回は、奈良県三宅町に…

  • 【読書記録】『PowerPointからPR動画まで!公務員の動画作成術』

    2021年8月20日に、学陽書房から『PowerPointからPR動画まで!公務員の動画作成術』が出版されました。 本書は、自治体の伝わる動画の作り方について書かれた1冊です。デザインや情報発信に関する公務員スキルアップ本を多く手がけている佐久間智之さんにより、動画に関するノウハウや実践術が全て詰め込まれた本となっています。 これからの住民への情報発信において、動画という手段は欠かせません。しかし、動画の作り方やツールがわからない地方公務員は、まだまだ多くいるでしょう。私も曖昧な知識のままで動画を作っていましたが、本書を一通り読むことで、動画作りに更なる意欲が湧き、次のステップに進む気持ちにな…

  • 【読書記録】『自分らしさを見つけて伸ばす 公務員の「強み」の活かし方』

    2021年8月20日に、学陽書房から『自分らしさを見つけて伸ばす 公務員の「強み」の活かし方』が出版されました。 本書は、公務員一人ひとりが持つ「自分の強み」を見つけ方、育て方、活かし方について書かれた1冊です。公務員は、人事異動などを通じて幅広い様々な経験をしますが、「自分には実績も強みもない」と悩み、次の行動を起こせない人も多く存在しています。しかし、自分の中にある「強み」を見つけることで、新しいキャリアを築くきっかけになるかもしれません。私も本書を通じて、自分の強みの再発見と育て方、そして、地域の現場での活かし方を学ぶことができました。 では、本書にはどのようなことが書かれているのでしょ…

  • 他薦で10名の地方公務員が受賞!『地方公務員が本当にすごい!と思う地方公務員アワード2021』

    先日『地方公務員が本当にすごい!と思う地方公務員アワード2021』(以下、「地方公務員アワード2021」)の結果発表がありました。今回もとても素敵な地方公務員10名が受賞されました。受賞者の皆さん、おめでとうございます。 いずれ私も受賞を目指したいと思っている地方公務員アワードですが、今回は、私が推薦した3人のうちの1人である「公務員Youtuberはらしょ」さんが受賞しました。私自身が受賞したわけではないのですが、自分ごとのようにとても嬉しかったです。 では、地方公務員アワード2021の受賞概要と私が推薦文を書いた想いとは、どのようなものだったのでしょうか?今回は、他薦で10名の地方公務員が…

  • 有意義な会議にするために!私が実践している5ステップの会議準備術と4つの会議進行術とは?

    「会議をしたのに成果はなかった!」「意味のない会議だと言われた!」「無駄な会議を減らしたい!」 みなさんは、どのように会議を行なっていますか?会議は、主催者も参加者も、忙しい中で時間を割いてわざわざ集まっています。その会議でうまくいかないと、「わざわざ集まったのに」など、参加者から主催者に対する評価が下がってしまう可能性もあります。 私自身も、今でも「何のための会議だったのか?」と思う会議が多々あります。そこで、それらの会議をどのようにすれば良くなるのか分析をして、自分なりの会議の実践術を見出しました。 では、それはどのような方法でしょうか?今回は、有意義な会議にするために、私が実践している5…

  • ポジティブ思考を保つために私が意識している4つのこととは?

    「納さんって、いつもポジティブですよね!」「ネガティブな気持ちにならないんですか?」 私は、多くの友人や知人から、このようなことを多々言われます。もちろん、私も一人のヒトなので、ポジティブにもネガティブにもなります。しかし、基本的な姿勢として、ポジティブ思考を意識的に保つようにしています。 では、どのようにしてポジティブ思考を保つようにしているのでしょうか?今回は、ポジティブ思考を保つために私が意識している4つのことについて、ご紹介します。 ポジティブ思考を保つために私が意識的に取り組んでいる4つのこと! 早速ですが、ポジティブ思考を保つために私が意識的に取り組んでいる4つのことをご紹介します…

  • 内定取消にならないために!地方公務員内定者が意識的に気をつけたい3つのこととは?

    地方公務員に内定された方、この度は、おめでとうございます。これから地方公務員として一緒に働けることを、とても嬉しく思います。 さて、地方公務員として内定された後から入庁まで、かなりの時間が空きます。その期間でいろいろとやりたいことがあると思いますが、意識的に気をつけてもらいたいことがいくつかあります。本記事でご紹介することは、この社会に生きる人として当たり前のことでもあります。しかし、意外と意識されていない人も多いようなので、改めて本記事を通じて、気持ちを引き締めてもらえたらと思います。 では、どのようなことでしょうか?今回は、内定取消にならないためにも、地方公務員内定者が意識的に気をつけたい…

  • 地方公務員オンラインサロン\セミナーレポート/『3つの視点から進めた市役所改革』『市長退職後の人生で目指すもの』

    令和3年8月5日、地方公務員オンラインサロンにて、前日南市長の﨑田恭平さんによるオンラインセミナー『3つの視点から進めた市役所改革』『市長退職後の人生で目指すもの』が開催されました。 地方公務員限定のオンラインサロン「地方公務員オンラインサロン」では、月に2、3回ほどのペースで、様々なジャンルでご活躍されている方のオンラインセミナーが開催されています。今回開催された前日南市長の﨑田恭平さんによるオンラインセミナーでは、日南市の事例紹介や市役所改革、そして、これからのキャリアのお話を聞くことができました。特に、市役所改革のお話で聞いたマインドセットについては、とてもワクワクするものがありました。…

  • 【読書記録】『地方公務員の新しいキャリアデザイン〜ワーク、ライフ、コミュニティ、セルフのブレンド〜』

    2021年8月2日に、実務教育出版から『地方公務員の新しいキャリアデザイン〜ワーク、ライフ、コミュニティ、セルフのブレンド〜』が出版されました。 本書は、若手地方公務員をメインターゲットに、「キャリア」と「働き方」について書かれた1冊です。地方公務員の常識が変わる「変化」の時代を生き抜き、地方公務員として更に大きく飛躍するためのヒントがたくさん詰まっています。そのため、世代を問わず、多くの地方公務員にとって有意義な1冊でしょう。 私自身、一人の若手地方公務員として、これからの時代のキャリア形成にまだまだ悩むことがあります。しかし、本書を通じて、どこか私の心のモヤモヤが晴れていくような気持ちにな…

  • 【読書記録】『根拠が示せる!上司も納得!公務員のかんたんデータ活用術』

    2021年7月21日に、学陽書房から『根拠が示せる!上司も納得!公務員のかんたんデータ活用術』が出版されました。 本書は、自治体の業務には欠かせない「データ活用」について書かれた1冊です。私たち地方公務員の仕事において、住民に納得する説明をすることはもちろん、事業企画や改善策の模索などの様々な場面で「データ」を活用します。しかし、どうしても「数字が苦手」という意識を持ち、うまく活用できていない人は多くいます。本書は、数字が苦手な人でも、わかりやすく「データ活用」について丁寧に書かれているので、とてもおすすめです。 では、本書にはどのようなことが書かれているのでしょうか?今回は、『根拠が示せる!…

  • 【読書記録】『コミュニティ自治の未来図 共創に向けた地域人財づくりへ』

    2021年7月30日に、ぎょうせいから『コミュニティ自治の未来図 共創に向けた地域人財づくりへ』が出版されました。 本書は、地方自治の観点から「地域コミュニティ」のあり方について、考察された1冊です。私たち地方公務員にとって、これからの「地域コミュニティ」や「地域づくり」のことを一歩深く考えるきっかけになるでしょう。私自身、公私ともに地域コミュニティに関わる地方公務員として、非常に多くの学びと気付きをいただきました。 では、本書にはどのようなことが書かれているのでしょうか?今回は、『コミュニティ自治の未来図 共創に向けた地域人財づくりへ』の感想について、ご紹介します。 本書の概要と感想! 『コ…

  • 富田林市職員の5つのめざすべき職員像を基に考える「理想の公務員像」とは?

    みなさんは、自分が考える「理想の公務員像」を持っていますか? そもそも「理想の公務員像」は、自治体により異なるものです。求められている人材や成長曲線など、自治体事情によって大なり小なり差があります。そのため、まずは自分が所属又は目指す自治体の「理想の公務員像」を知り、それを自分なりに解釈して実践することが大切だと、私は考えています。 私が所属する富田林市では、「理想の公務員像」のことを「5つのめざすべき職員像」として、人事課のホームページで紹介されています。私は何度も「5つのめざすべき職員像」を読み、その実践を意識するようにしています。 では、改めて「理想の公務員像」は、どのようなものなのでし…

  • 現役地方公務員必見!令和3年度人事院勧告まとめ

    令和3年8月10日、令和3年度の人事院勧告が発表されました。令和3年度の人事院勧告は、昨年に続き「期末手当の減額勧告」です。 人事院勧告は、本来は国家公務員の給与やボーナスなどに影響するものです。しかし、実は私たち地方公務員の給与やボーナスにも大きく影響するものであり、基本的に各自治体で人事院勧告と同様の給与・ボーナスの反映が行われています。そのため、私たち地方公務員においても、人事院勧告に対して興味を示すことは大切です。 では、今回の人事院勧告はどのような内容だったでしょうか?今回は、令和3年度人事院勧告のまとめについて、ご紹介します。 人事院勧告とは? (引用:人事院公式ウェブサイト) ま…

  • 地方公務員オンラインサロン\セミナーレポート/『小さなチームで大きな成果を目指す広報・情報発信戦略』『役所に飛び込んで思うこと』

    令和3年7月20日、地方公務員オンラインサロンにて、文部科学省と東京都港区で働く加藤健さんによるオンラインセミナー『小さなチームで大きな成果を目指す広報・情報発信戦略』『役所に飛び込んで思うこと』が開催されました。 地方公務員限定のオンラインサロン「地方公務員オンラインサロン」では、月に2、3回ほどのペースで、様々なジャンルでご活躍されている方のオンラインセミナーが開催されています。今回開催された文部科学省と東京都港区で働く加藤健さんによるオンラインセミナーでは、「広報・情報発信」の考え方や戦略、実践方法などのお話を聞くことができました。「広報・情報発信」は、全自治体の全部署で共通する大切なス…

  • 地方公務員オンラインサロン\セミナーレポート/『公務員が知っておくべきクレーム対応のコツ』

    令和3年6月7日、地方公務員オンラインサロンにて、TCマネジメント代表取締役社長 山下 由美さんによるオンラインセミナー『公務員が知っておくべきクレーム対応のコツ』が開催されました。 地方公務員限定のオンラインサロン「地方公務員オンラインサロン」では、月に2、3回ほどのペースで、様々なジャンルでご活躍されている方のオンラインセミナーが開催されています。TCマネジメント代表取締役社長の山下さんによるオンラインセミナーでは、私たち地方公務員に欠かせない「クレーム対応のコツ」のお話を聞くことができました。私としては税務部署所属時代に聞きたかったお話でしたが、本セミナーで学んだ「クレーム対応のコツ」は…

  • 地方公務員オンラインサロン\セミナーレポート/『副市長の思考法-副市長の役割と行政経営の可能性』

    令和3年5月13日、地方公務員オンラインサロンにて、前つくば市副市長の毛塚幹人さんによるオンラインセミナー『副市長の思考法-副市長の役割と行政経営の可能性』が開催されました。 地方公務員限定のオンラインサロン「地方公務員オンラインサロン」では、月に2、3回ほどのペースで、様々なジャンルでご活躍されている方のオンラインセミナーが開催されています。前つくば市副市長の毛塚幹人さんによるオンラインセミナーでは、「副市長」の考え方や役割、接し方などのお話を聞くことができました。管理職以外の地方公務員は、「副市長」となかなか接することはありません。そのため、私にとっても「副市長」の存在を改めて強く意識する…

  • 自治体の情報発信は少しの知識で変わる!地方公務員だからこそ知っておきたい「SEO」とは?

    「なぜ情報が届かないのだろうか?」「ホームページの情報が読まれないのは、なぜだろうか?」 もしかしたら、このような課題は「SEO」の知識を少し身につけることで解決できるかもしれません。「SEO」はとても奥が深いもので、なおかつ、効果が出るまで時間もかかるものではありますが、根気よく一つずつ確実に成果を出していくことが大切だと私は考えています。私もブログ運営のために独学で勉強をしながら、日頃の業務でも意識するようにしています。 では、そもそも「SEO」とは、どのようなものでしょうか?今回は、自治体の情報発信を変えるために、地方公務員だからこそ知っておきたい「SEO」について、ご紹介します。 まず…

  • 【読書記録】『本気で、地域を変える 地域づくり3.0の発想とマネジメント』

    2021年2月10日に、晃洋書房から『本気で、地域を変える 地域づくり3.0の発想とマネジメント』が出版されました。 本書は、「地域づくり」をキーワードに地域の魅力を最大限引き出すための新たな資源整理のフレームを提示し、実践的な「地域づくり」を提案する1冊です。地域の変え方や資源の可視化、地域事例、マインドセットなど、私たち地方公務員にとって、これからの「地域づくり」を考える貴重な実践書となるでしょう。私も本書を読み終えて、早速実践してみたいことがいくつか生まれました。 では、本書にはどのようなことが書かれているのでしょうか?今回は、『本気で、地域を変える 地域づくり3.0の発想とマネジメント…

ブログリーダー」を活用して、納 翔一郎さんをフォローしませんか?

ハンドル名
納 翔一郎さん
ブログタイトル
地方公務員ブロガー 納 翔一郎~富田林INFORMATION×WORK×LIFE~
フォロー
地方公務員ブロガー 納 翔一郎~富田林INFORMATION×WORK×LIFE~

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用

フォローできる上限に達しました。

新規登録/ログインすることで
フォロー上限を増やすことができます。

フォローしました

リーダーで読む

フォロー