searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

KIRAさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
コガネムシの関節に神様がいる
ブログURL
https://koganemushinokanse.seesaa.net/
ブログ紹介文
前ブログに引き続き、日々気が付いたことや感じたことを綴ります。
更新頻度(1年)

50回 / 121日(平均2.9回/週)

ブログ村参加:2021/02/18

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、KIRAさんをフォローしませんか?

ハンドル名
KIRAさん
ブログタイトル
コガネムシの関節に神様がいる
更新頻度
50回 / 121日(平均2.9回/週)
フォロー
コガネムシの関節に神様がいる

KIRAさんの新着記事

1件〜30件

  • 関わってはいけない定型発達人

    https://youtu.be/Sn56PyLNZhk この動画も、共感満載でした~。 ちなみに私は、「発達障害」の検査結果は出ませんでした。 環境が変わったり、ストレスが多くなると、 睡眠障害や感覚過敏に悩まされるのですが、 元気な時は割と働けたりするので、一応は「障害ではない」のでしょう。 しかし、「発達障害」って言う言葉、不名誉ですよね。 この方は、わかりやすい言葉なので、あえてこの言葉を使って発…

  • 脳疲労が全ての根本

    https://youtu.be/WMvPlEDpRMg (コロナ後、スターチルドレンの才能は覚醒する) ちょっとスピ寄りのタイトルの動画ですが、 言ってることはとても的確ですので貼らせてもらいます。 何て的確なんだ~、それって私だ~。 そうそう、職場が異常に疲れるって、人間関係なんだよね。 異常にそこで消耗しちゃう。 あと環境。 窓のないオフィスとか、 年中人がやってきて、話しかけられて、電話が来て、…

  • 出産しない女たち

    BSドキュメンタリー・出産しない女たち 偶然つけたテレビで、こんな番組やってました~。 まさに頭の中で考えてたことそのままで、びっくりしました。 そうそう、 「だって、産んでみなきゃわからないじゃない」 って無責任に周りは言う。 だけど、言うだけ言って、絶対にそういう人達は責任取らない。 …

  • 遺伝子治療の恐ろしさ

    今回のコロナウイルスの為のワクチンは、 正確に言うと遺伝子治療と言っても良いものだ。 今回のものは、ウイルスの遺伝子を人の細胞に直接送り込むものであって、 従来の鶏卵を使って培養し、弱毒化させたウイルスを注射する生ワクチンとは違う。 遺伝子を細胞に直接送り込むなんて、あっていいものだろうか。 素人の私は、直感的に怖さを感じる。

  • 月星座≪占星術≫

    私の月星座はさそり座だ。 マドモアゼル愛先生の動画↓ https://youtu.be/chZViuLVROg さそり座は、粘り強く物事に取り組む、秘めた強い意志、内なる強い情熱。 月星座と言うのは、愛先生の解釈では、『欠損』だ。 そういわれると、私には全てかけた要素だと思う。 気まぐれで、飽きっぽいし、 一つのことをずっと続けるのが苦痛だ。 途中で違うことがしたくなる。 当たってる。 もっと当たって…

  • 肉体年齢、精神年齢のズレ・親への抗体の有無

    今から30年くらい前の時代の成人式の映像をテレビで見た。 『社会人として恥じないような大人になりたいです』 とインタビューに答える女性の姿は、もうすっかり成熟した≪大人≫だった。 あの頃…大人は大人らしかった。 子供と大人の境界が厳然としてあった。 20歳は、もう立派な大人だった。 だから、この位の年齢で結婚して、子供を産んで… というと、体力的にも、精神面でも、無理なくピッタリ合…

  • なんで?って言われても

    いない理由? …そもそも、そういう運命かなぁ。 子供が生まれたら、社会やら世間やらの矢面に立たされて、 自分はひき肉マシンに巻き込まれるように、 バラバラに壊れてしまう。 そういう、漠然とした嫌な感じがずっとしてた。 アンタ母親だろ? とか、 しっかり見とけよ! とか。 色んな嫌なこと言われるのかな、 姑もガチ介入してくるかな、 だいたい、自分でコントロールできない存在…

  • NOと言えない代わりに

    ネット上で、よく見かけられる声だが、 『飲み会が無くなったのが嬉しい』 というもの。 あまりに実感たっぷりに、開放感に溢れてるものだから、 私もつい(そうだよね~)って思ってみたのだけど、 よく考えたら社会人になってから飲み会が嫌だと感じたことは あまり無かったように思う。 仕事の一環だから、出るものだと思っていたのかもしれない。 それが、今の時代ではそういう風に思われなくなってき…

  • 5月のセレナード

    5月って一番好きだ。 特に今年は。 3,4月は天気が安定しなくて、 いきなり暑くなったり寒くなったりを繰り返して落ち着かなかった。 やっと最近、安定して晴れるようになって、 人の気持ちにもかなり影響してるなと思う。 女性は敏感だから、天候にも左右されやすいように思う。 重くてどんよりした日が続くと気分も塞いで、嫌な事ばっかり思い出したり、 寒いと家から出たくなくなる。 や…

  • 猫は子育て 2

    先日の連休で、私と母は連れ立って叔父夫婦の家にお邪魔した。 あの猫に会えるのが楽しみだった。 子猫の頃は、いつもコタツにいて、自由に触ったり、抱いたりしても大人しかった。 ところが今回は、玄関で私たちの姿を見るなり、 叔父に抱かれていた猫が急に逃げ出して、 家の階段を駆け上がると、2階に隠れてしまった。 「ああ、びっくりしたんだね、自然にしてれば来るでしょう。」 母がそう言って、叔…

  • 猫は子育て

    今年2月ごろから、叔父夫婦の家で猫を飼うことになった。 その猫はもともと、私の実家の縁の下にいた猫で、 どこからやってきたのかわからない子だった。 可愛い声で助けを求めるように鳴いて、 母が外に出るとトコトコついてきて、 たいそう愛らしかったという。 真冬の雪が降る氷点下のさなか、外で鳴く猫が余りに可哀想で、 父と母は話し合って、冬の間猫に最低限の餌や寝床を用意して、 縁の下…

  • 満月の影響?〓

    4月17日㈯に書いた『重い』という記事から2週間が経とうとしています。 あの時はPMSがやたら長く続き、やっと今症状から解放されつつあります。 何だかこの期間ずっと、マイナス感情が出まくって大変でした。 こちらの西田普さんの…

  • 本の世界に戻ったこと

    小学生の頃、図書室で本を読みながら (あ~、今の生活自分に合ってるな~)と、 しみじみ感じるものだった。 もともと図書室が好きで、様々な本を手に取っては読んで、 借りまくっては読んでいた。 静かな雰囲気が好きだった。 授業が終わって、1日の締めに図書室で過ごすのが好きだった。 好きなだけ本を読み、本の世界を楽しんでから帰った。 (ずっとこういう生活がしたいな) と思っていた。 …

  • がんー4000年の歴史ー を読んで

    がんー4000年の歴史ー シッダールタ・ムカジー著。 以前感想を書いた「遺伝子・親密なる人類史」と同じ著者だ。 面白いなぁと思ったのは、この著者自身がインド出身であることだ。 何だか、インド人と聞くと急に親しみが増してくる。 人種偏見ではないが、いわゆる白人人種の書いた文章とは違って、 どこかフィーイングが近いというか、 情緒面でスッと入りやすいというか、 読んでいて“馴染む”ものが…

  • 全ては水ダウのせい

    全ては「水曜日のダウンタウン」のせいだ。 あれを22時台に旦那がリビングで見てるせいで、 私は煩いのが嫌で寝室に避難、 本を読んでたが眠くなってきて… 眠れるかなと思い、 ベッドに潜ってはみたものの眠れなかった。 23時過ぎに旦那が「寝る。」と言い、 私も寝ようとしたが、もう眠れず。 22時台、あのままリビングにいられたら、 適切な時間に私も寝れたかも、 なんて思う。 全…

  • 狂四郎2030

    遺伝子の本の上巻も半分以上読んだ。 RNAだのDNAだのヌクレオチドだの、難しい言葉ばかり出てくるから この辺りはすっかり1回目の時は読み飛ばした箇所だったが、 時間を掛けて少しずつ挑むように読んでいくと面白かった。 若い2人の研究者がDNAのらせん状の模型を作るのに四苦八苦したり、 若い女性の科学者がらせん構造の写真を撮るのに頑張ったり、 人間関係のドラマあり、発見ありの面白みがあった。 …

  • 書店での葛藤と喜び

    以前本を買った書店にまた行ったら、 この前私が買った本がすっかり再入荷されてた。 「遺伝子・親密なる人類史」上・下 「樹木たちの知られざる生活」 どっちもマニアックな本なのに、素早く再入荷されるって素晴らしい。 私以外の、この街で一体どういう人が次は買うのだろう? 大学生かな? 学校の先生とかかな。 私は、子供の頃からこういう、理科系が好きだった。 実家にあった「医療の本…

  • 重い

    PMS症状が重い。 今週頭あたりから、腹痛が続いてる。 日中は痛み止めを飲んで、夜は飲まずに寝てしまう、 ということをしていたら、一昨日の夜もやもやして眠れず、 結局夜中に薬を飲んで寝た。 昨日は服用して寝たので、すぐ眠りにつけた。 先月はPMSがなくて、いいなぁと思っていたら今月これだ。 今頃本当は実家に帰りたかったのに。 猫を膝にのせて撫でたかった。

  • 薔薇の木 枇杷の木 檸檬の木

    江國香織の小説。 2000年に刊行されたものだけど、何度読んでも古びない。 結局、「現代の小説」だからか、人の心や営みは あまり変わりないのだと感じる。 登場人物が多くて、 場面もコロコロ変わるので、 最初は何が起こってるのか、 誰がどうで何をしてるのか、 把握するのに戸惑った。 何回も読んでいるうちに整理がついてきて、好きになってきた。 インテリの夫に庇護されながらも、 野…

  • STAP細胞はありますか

    https://youtu.be/K--T6z-CauQ 武田邦彦先生が、理研で起きたSTAP細胞の件について、語って下さっています。 そもそも、STAP細胞自体、小保方さんの“錯覚”であり、 もともと≪無いもの≫だったようですね。 小保方さんと若山さんの論文では通らなかった。 だから理研は笹井さんをチームに入れて、論文を書かせて通した。 ところが、思っていたよりも早くバレてしまった。 理研は、小保方さんに罪をなす…

  • 武田邦彦先生&神谷宗幣さん

    https://youtu.be/PtvsFEuRu0w 新型コロナワクチンは本当にワクチン? 久しぶりに武田邦彦先生の動画を見てました。 武田先生は、舌鋒鋭く、複雑な事象をまるで日本刀のように、 スパスパ斬っていくから好きです。 神谷さんとのこのコンビも好きです。 武田先生お一人だと、時にキツイ理論になることがあると思うのですが、 神谷さんが柔らかい笑顔で上手く良い流れを作ってくれています。 さて本題で…

  • 遺伝子ー親密なる人類史ー

    自然科学の分野が好きで、時々本を買って読みます。 蜂はなぜ大量死したのか、 沈黙の春、 どちらも何だか人間の所業が自然を傷付けているように感じました。 …

  • 命の樹

    公園で見た桜は6分咲きくらいだった。 隣の町なのに、咲き方に微妙に差がある。 私の住む街は、場所によっては、もう満開で、 隣の市となると、散りそうな満開。 今、日本中に生えているほとんどの桜の木=ソメイヨシノは、 実はクローンで、同じ遺伝子を持ってるので、 だから一斉に開花するんだ、と聞いたことがある。 でも地域によって蕾だったり、満開だったり、 面白いなと思う。 ↓マドモアゼ…

  • さそり座の月

    よく、恋愛は似た者同士が惹かれ合う、っていう。 だから、どこか欠けたもの同士とか、 余分に持ってるもの同士だから衝突したりとか、 上手く行くかいかないか、は別にして、 惹かれ合うもの同士は似てるんだな、と感じる。 私のかつての未熟な恋… 他の人からは、 「何だか、不思議ね?本当に好きなの?」 って、よく言われていた。 私も、自分の恋には、何か深い感情が欠けている、 という自…

  • 風邪?!なのか…

    朝起きた時に、鼻がグズグズいうので、 てっきり、(風邪を引いた?!)って思いました。 昨晩、冷え込みが結構あったし、 昨日はいつもより寒かった。 風邪をひいても、おかしくはない。 でもこのご時世、うっかり風邪をひいただけで、 PCR検査受けなくてはいけないのか…。 そういう危惧を感じながらも、 いつも通り、鼻炎の薬も飲んでみた。 本当の風邪だったら鼻炎薬は効かない。 経験上、そう…

  • 占星術

    YouTubeでマドモアゼル愛先生の動画をよく見るようになってから、 今まで(星占いなんて‥)と思っていたのですが、 もう少し詳しく知りたいと思い、 色々調べていました。 中でも、月星座に興味が出てきて、 自分の出生時間を母から聞いて、 より正確な“ホロスコープ”を作って見てみました。 (こちらのサイトを参考にしました。) …

  • クラスター

    両隣の市に緊急事態宣言が出されてしまいました。 一方の市は、県の中心で人口も多いので、 致し方ない面もあるのですが、 もう一方の市は、そんなに規模も大きくなく、 今まで安全だとばかり考えていたので、 結構ショックです。 私が先月、健康診断でお世話になった医療機関からも、 クラスターが発生したとか…。 あんなに消毒や、感染予防対策をしっかりやってたのを見たのに、 あれでも罹って…

  • 転んだ時に起きるのがめんどくさかったら、そのまま寝ればいい

    転んだ時に起きるのがめんどくさかったら、そのまま寝ればいい たまたま見た猫のブログに、面白いことが書かれてて、 ますますこのブログが好きになりました。 今まさに私はそんな感じです。 1回転んでしまったら、起きるのがエライ大変で、 寝てる日々です。 今日はあまり花粉も飛んでないし、 (体…

  • 海洋深層水の神秘

    海洋深層水を使ったドリンク ダイドードリンコさんのサイト というものが20年ぐらい前に出て、 けっこう流行っていた印象がある。 (今でもメジャーなんですね) 当時の私は海の深い所からくみ出すというその水にロマンを感じていたし、 なぜ海の底に真水に近い水が蓄えられてるのか? 混ざったりしないのか? と、稚拙ながらも考え、不思議…

  • 奇跡が起きる時

    母が、雷に打たれたように閃いて、 芸術的な作品を書いた。 先々週、電話をしてきた彼女は興奮状態で、 すっかり作品の世界の人になり切ってたから、 聴いててちょっと疲れた。 その作品が、結構よくかけたようなので、 あるコンテストに提出すると言っていた。 先々週位に、私が帰省した時見せてもらったら、 これが、なかなかいいなぁ!! と、本当に声が出る位の中身だった。 昔から、母に…

カテゴリー一覧
商用