searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

千葉哲也さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
弁理士 千葉哲也 の部屋
ブログURL
https://benrishit.hatenablog.com/
ブログ紹介文
RPA - Runner Patent Attorney ランニング好きの弁理士の千葉哲也です。 知的財産に関する様々な話題を提供していきます。 よろしくお願いいたします。
更新頻度(1年)

33回 / 154日(平均1.5回/週)

ブログ村参加:2021/01/21

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、千葉哲也さんをフォローしませんか?

ハンドル名
千葉哲也さん
ブログタイトル
弁理士 千葉哲也 の部屋
更新頻度
33回 / 154日(平均1.5回/週)
フォロー
弁理士 千葉哲也 の部屋

千葉哲也さんの新着記事

1件〜30件

  • 令和3年度(2021年度)特許法等の改正

    特許法などを改正する法律が成立、2021年5月21日に公布されました。 今回の改正は、 新型コロナウイルスの感染拡大により、「非接触」の生活様式が浸透。 また、 電子商取引の急伸に伴う模倣品の流入や、情報通信分野等における特許ライセンスの大規模化及び複雑化等、消費行動や企業活動も変化。 これらの生活様式及び経済活動の変化に対応した策を講じるとともに、知的財産制度を安定的に支える基盤を構築することが必要。 よって、 (1)新型コロナウイルスの感染拡大に対応したデジタル化等の手続の整備、 (2)デジタル化等の進展に伴う企業行動の変化に対応した権利保護の見直し、 (3)訴訟手続や料金体系の見直し等の…

  • 米国の世界に名だたる15大学が設立した特許管理会社 University Technology Licensing Program LLC(UTLP)はパテントトロールなのか?

    このような記事が出ていました。 www.eff.org gigazine.net 2021年1月に、世界に名だたる15大学が共同で、特許管理会社 University Technology Licensing Program LLC(UTLP)という民間企業を設立しました。 www.utlp.net 名を連ねた大学は以下です。 Brown University California Institute of Technology (Caltech) Columbia University Cornell University Harvard University Northwestern Un…

  • 著作権法改正 - 放送番組のインターネット同時配信等が迅速・円滑に実施可能に

    2021年5月26日に、放送番組のインターネット同時配信等が迅速・円滑に実施されるようになる著作権法の改正について、参議院本会議にて可決、成立しました。 法改正の内容については、文化庁のサイトに詳しい説明があります。 www.bunka.go.jp 著作権法の一部を改正する法律案 御説明資料(条文入り) https://www.mext.go.jp/content/20210305-mxt_000013222_2.pdf Source: 上記文化庁「著作権法の一部を改正する法律案 御説明資料(条文入り)」 昨今、動画コンテンツを視聴する手段は、TV以外にもインターネットを通じて、パソコンやタブ…

  • 標準化教育テキストはとても参考になるので是非読んでいただければ!

    www.ttc.or.jp TTC(一般社団法人情報通信技術委員会)から、情報通信分野における標準化活動のための標準化教育テキストの入門編及び実践編の改版が公開されました。 このテキストでは、ITUや、IETF、W3C、3GPPなどのグローバルな標準化団体におけるお作法などがとても詳しくわかりやすく整理されています。 標準化の意義や、標準化団体の概要、標準化の事例など、標準化活動にとても役立つ内容ばかりです。 グローバルな標準化活動で使用される英語の解説などはとても重宝すると思います。 分量は多いですが、辞書的・参考書的に、少しずつ、つまみ食いしながらでも読んでいただければ、標準化活動への理解…

  • シャネルとHuaweiのロゴは似ていない!

    www.recordchina.co.jp hypebeast.com 中国のIT大手のHuaweiと、フランスの高級ブランドであるシャネルとの間のロゴの商標権に関する訴訟で、Huaweiが勝訴したとのことです。 2017年9月に、HuaweiがEUの知的財産庁にロゴの商標登録申請を行いましたが、同年11月に、シャネルが、そのロゴがシャネルのロゴと似ているとして、EU知的財産庁に異議申し立てを行っていました。 2019年11月に、EU知的財産庁は、両者のロゴは似ていないとして、シャネルの申し立てを却下しました。 これを不服として、シャネルは訴えたところ、EUの一般裁判所にて、類似点はいくつかあ…

  • 新事業創造に資する知財戦略事例集 & IPランドスケープ

    新事業創造に資する知財戦略事例集 IPランドスケープ 特許庁から2件、有意義な情報が提供されていますので、ご紹介いたします。 新事業創造に資する知財戦略事例集 www.jpo.go.jp 技術革新が激しい中、知財戦略のあり方も時代に対応した変革が求められています。 そのヒントになるような、様々な事例が集められた知財戦略事例集がまとめられ、2021年4月に公開されました。 ぜひ、ダウンロードしてご覧いただき、今後の知財戦略策定の参考にしていただければと思います。 IPランドスケープ www.jpo.go.jp IPランドスケープを導入し始めている企業も増えつつある中、経営戦略に資する知財情報分析…

  • 同姓同名の漫画家ちばてつや氏からの呼びかけ 海賊版マンガ撲滅

    ameblo.jp www.nikkansports.com 私、千葉哲也と同姓同名の漫画家ちばてつや氏からの呼びかけを共有します。 ネットで海賊版マンガに出会っても、読まないようにお願いします! これからも良いマンガが読めるようになるためにも!

  • 特許料が値上げされる!

    newswitch.jp これまでは特許を長く維持してもらうために、以下表のように、特許権の存続期間の1〜3年、4〜6年の特許料がかなり安くなっています。 2004年以降の審査請求をした出願だと、4〜6年の特許料は、7〜9年に比べて約1/3未満ですね。 こうすることで、少なくとも6年間は維持してもらおうという狙いですね。 産業財産権関係料金一覧 | 経済産業省 特許庁 ところが、時代はどんどん進歩していて、現在のIoT時代になると、次々と新たな技術が生まれ、そして、新たな特許権が発生し、内容的に陳腐化してしまった特許権は早々と捨てられることが多くなってきました。 そのため、特許庁では、有識者の…

  • 知財高裁大合議判決 H30.4.3(H28(行ケ)10182・10184) ピリミジン誘導体事件

    はじめに 知財高裁大合議判決 H30.4.3(H28(行ケ)10182・10184) ピリミジン誘導体事件 訴えの利益について 進歩性について おわりに はじめに 本件の争点は、訴えの利益と、進歩性の有無の2点になります。 特に進歩性の判断は注目すべきポイントです。 知財高裁大合議判決 H30.4.3(H28(行ケ)10182・10184) ピリミジン誘導体事件 訴えの利益について ア 本件審判請求が行われたのは平成27年3月31日であるから,審判請求に関しては同日当時の特許法(平成26年法律第36号による改正前の特許法)が適用される。 平成26年法律第36号による改正前の特許法の下において,…

  • サイバー創研による5G標準必須特許の分析結果(docomoが3位)

    www.cybersoken.com これによれば、docomoの5Gに関するSEPの保有数は世界3位になったとのことです。 ※関連するdocomoのプレスリリース: https://www.nttdocomo.co.jp/binary/pdf/info/news_release/topics_210408_00.pdf ドコモの 5G 必須特許保有数は世界第 3 位、通信事業者として世界首位~5G 規格の標準化活動を牽引し、Beyond5G における日本の国際競争力強化に貢献~ 2020年10月時点については、以下のサイトに記載があり、世界で6位だったので、そこから順位をあげたことになります…

  • Google vs OracleのJavaコード著作権に関する訴訟は米国最高裁にてGoogle勝訴

    www.cnbc.com 2021年4月5日に、米国の最高裁は、10年に渡って闘ってきた、Google vs Oracleの訴訟に、Google勝訴の決着を付けました。 Oracleが買収したサン・マイクロシステムズが開発したJava関連のAPIを、GoogleがAndroid OSで使用するAPIの一部として利用しました。 この訴訟が起こされる前までは、一般的に、APIは著作権で保護されない、という見方が強かったため、Googleはサン・マイクロシステムズに無断でこのAPIを利用しました。 この訴訟でのポイントは、以下の2点。 APIに著作権が認められるのかどうか。 Java関連のAPIの利…

  • Honda独自技術の社外活用を加速するため、技術ライセンスWebサイトを公開

    www.honda.co.jp Hondaは、バイクや車だけでなく、航空機など様々な分野に事業展開していて、研究開発も幅広く行ってきています。 それらに関する現在の保有特許はグローバルで5万件以上とのこと。 このような技術は業種や製品の種類を超えて、幅広い分野で活用できる可能性があるため、技術ライセンスを促進させるためのWebサイトを公開しました。 これら特許技術が様々な分野で有効活用され、我々の生活がもっと便利にもっと豊かになることを願います。

  • 特許庁の「漫画審査基準~AI・IoT編~」

    www.jpo.go.jp 特許庁が、「漫画審査基準 ~AI・IoT編~」を作成し、2021年4月5日に公開を開始しました。 特許の専門家でない方も特許審査に親しんでいただきたい、より多くの方に審査基準に興味を持っていただきたい、審査基準を理解していただくためのハードルを下げたい、そんな思いから、世界でも類を見ない新たな試みとして、特許の審査基準の基本的な考え方を漫画化いたしました。 というものです。 漫画になっているので、一見すると易しく見えるのですが、使われている言葉はまだ専門用語が多いので、さっと読んだだけではわかりにくいかもしれません。 ただ、これをきっかけに、読まれ方がわからないとこ…

  • プロフィール

    プロフィール RPA - Runner Patent Attorney 特許(発明者) 講演、講師、執筆、取材対応 プロフィール RPA - Runner Patent Attorney ランニング好きの弁理士の千葉哲也です。 知的財産に関する様々な話題を提供していきます。 よろしくお願いします。 1994年 京都大学工学部電気工学科卒業 2009年 弁理士登録(登録番号16266) 2011年 特定侵害訴訟 代理業務の付記登録 その他の資格:一級知的財産管理技能士(特許専門業務)、電気通信主任技術者(第一種伝送交換)(専門科目:データ通信) サービス・事業企画、技術戦略企画、国際標準化活動(…

  • Appleの特許、チーズ削り器のようなデザインのiPhoneが出るのか!?

    9to5mac.com Appleは以前、斬新的なデザインのMac Proを発売し、チーズおろし器と呼ばれていました。 www.apple.com 2021年3月30日に、Appleは、米国において、合計77件の新たな特許を取得したのですが、その中に、今回の特許が含まれていました。 US 10,966,343 http://patft.uspto.gov/netacgi/nph-Parser?Sect1=PTO1&Sect2=HITOFF&d=PALL&p=1&u=%2Fnetahtml%2FPTO%2Fsrchnum.htm&r=1&f=G&l=50&s1=10,966,343.PN.&OS…

  • キャッシュバック提供機能に関する特許などで、IBMが楽天を訴える!

    lawstreetmedia.com 2021年3月29日に、IBM(International Business Machines Corporation)は、楽天株式会社、楽天USA株式会社、楽天コマースLLC、およびEbates Inc.が特許侵害をしているとして、その使用差止請求と損害賠償請求に関して、米国デラウェア州ウィルミントンの連邦地裁において提訴しました。 IBMは、楽天グループに対して、約6年前からライセンス契約の交渉を続けていましたが、楽天側が真面に対応せず、遅延戦略を取っていたため、訴訟に踏み切ったようです。 本件特許に関しては、IBMは、Amazon、Apple、Goo…

  • LGEの通信関連特許がパテントトロールに渡ってほしくない

    www.lg.com 通信における4G, 5G関連の特許数において世界第4位を誇るLGエレクトロニクスですが、以下のような記事が出ていました。 japanese.joins.com スマホ事業から撤退するが、特許については手元に残すかもしれないとのことです。 過去には、Nokiaがこの戦略を取り、一時は瀕死状態であったところから、今や大復活を遂げています。 LGEがもし、同様の戦略を選択するのであれば、部分的に外部に放出されてパテントトロールに渡る特許の行方が気になります。 それらの基づく損害賠償請求や差止請求などの紛争・訴訟が起こる可能性があるからです。 この辺り含め、この動きについては今後…

  • トヨタCEOの素晴らしいスピーチ

    www.youtube.com たまたま、YouTubeを見ていて見つけたのですが、このスピーチを観て、感動しました。 なので、弁理士業とは全く関係ないのですが、皆さんにもぜひ観ていただきたいと思い、共有します。 文化も世代も違う、多種な聴衆の心を鷲掴みにして、ユーモアで笑わせながら、わかりやすい言葉でしっかりと大切なメッセージを伝えています。 ほんとにすごい。 発音のレベルどうこうではなく、聴衆の人たちにきちんと伝わる最高のスピーチです。 以下にこのスピーチを解説した記事も参考まで掲載します。 www.businessinsider.jp gendai.ismedia.jp kotokake…

  • V2X(Vehicle to Everything)通信技術の特許、標準化動向

    xtech.nikkei.com 近年、自動車技術において、コネクテッドカーやコネクテッドカーの機能を利用した自動運転技術が注目されており、自動車とあらゆるモノを繋げる無線通信技術であるV2X(Vehicle to Everything)通信技術の研究開発や標準化が進められている。V2X通信技術には、一般的な無線通信技術の延長という側面と、自動車という特有の環境、特有のサービスへの適応が求められる技術という2つの側面がある。このため、一般的な無線通信システムにおいて挙げられる技術課題だけではなく、自動車が介在する無線通信システム特有の様々な技術課題を解決するための研究開発が必要となる。本調査で…

  • AppleはDRM特許に対して3億850万ドルのロイヤルティを支払うよう命じられる!

    arstechnica.com 米テキサス州東部の連邦地方裁判所は、特許侵害訴訟において権利者側(パテントトロールであっても)に優しいと言われる裁判所ですが、その陪審員は、PMC(Personalized Media Communications)の所有するDRM(デジタル著作権管理)に関連する特許を侵害しているとして、3億850万ドル(約335億円)の支払いをAppleに命じました。 元々、原告であるPMCは、2億4000万ドルと見積もっていたのですが、Apple製品の販売や使用の状況を考慮し、陪審員の判断により増額されました。 このPMCのDRM特許は、iTunes Music Store…

  • 将来、ガンダムは作れるのか

    www.nikkei.com 本物サイズのガンダムが動く! ガンダム世代の私にとってはとても夢のある話し。 ただ、「アニメ作中の設定どおり18メートルもの大きさで自立し二足歩行するロボットを開発するのは、現時点で極めて難しい。」とのことです。 しかし、「「最大の可動型ヒューマノイドロボット」とギネス世界記録に認定された横浜のガンダム」は、自立歩行は無理だが、非常に滑らかに動く姿を我々に魅せました。 これは、「実物大ガンダムを動かすプロジェクト「GUNDAM GLOBAL CHALLENGE(ガンダムグローバルチャレンジ、GGC)」」の成果で、上記のように、多数の日本の実力ある企業が参加して取り…

  • Huawei、5G通信技術関連特許のライセンス料をSamsung、Appleに要求開始

    www.chosunonline.com Huaweiは先日、「5G規格に関する特許出願数で世界最大規模のHuaweiは、マルチモード5Gスマートフォンの端末あたりの販売ロイヤルティを低く押さえ、1台あたり2.5米ドルとする」と公表していました。 なお、この水準はライバル他社のQualcommに比較してもかなり低い水準です(AppleはQualcommにスマートフォン1台あたり7.5米ドルを支払っているとされています)。 また、Huaweiは全世界で5G関連特許を最も多く出願していて、全世界の5G標準特許の15.4%を保有しているとのことです。 Huaweiはこの多数の保有特許に基づくライセン…

  • Huawei、5Gの標準必須特許に関するライセンス料について、1台あたり2.5米ドルと低く押さえることを発表

    www.huawei.com 2021年3月16日に、Huaweiは、「2021年以降のイノベーションと知的財産の見通し」と題するフォーラムで、イノベーションと知的財産に関する2020年白書を発表しました。 この白書には、Huaweiのこれまでのイノベーション、投資、研究開発、知的財産管理の歴史の内容が含まれており、この白書によれば、2020年末には、40,000件以上のファミリー特許、100,000件以上の有効特許を保有する、世界最大規模の特許保有企業になったとのことです。 ファーウェイの知的財産権部門長である丁建新(ジェイソン・ディン)は、「創業以来、イノベーションはファーウェイの事業の核…

  • PCT国際特許の2020年の出願件数をWIPOが発表

    2021年3月2日に、WIPO(世界知的所有権機関)が、PCT(特許協力条約)に基づく国際特許の2020年の出願件数を発表しました。 www.wipo.int コロナ禍にもかかわらず、2020年は前年比で約4%増加し、275,900件となりました。 国別では、中国(68,720件、前年比+ 16.1%の成長)が1位 、次に米国(59,230件、+ 3%)、日本(50,520件、-4.1%)、韓国(20,060件、+ 5.2%)、ドイツ(18,643件、-3.7%)が続いています。 スイスは九州とほぼ同じぐらいの面積で、人口(約860万人)の割には出願件数が多く、8位にランクインしています。 A…

  • 2020年 欧州特許出願レポート SONYがトップ8にランクイン

    2021年3月16日に、欧州特許庁(EPO)は、EPOへの特許出願動向をまとめたレポートを公開しました。 www.epo.org www.epo.org コロナ禍にもかかわらず、ヨーロッパの特許出願の総数は、180,250件(2019年は181,532件)と前年比で0.7%減少に留まりました。 主要技術分野別では、医療技術がトップで、5Gを含むデジタル通信、AI関連発明を含むコンピュータテクノロジーが2位、3位となり、これらが総数を牽引しています。 伸び率では、医薬品(+ 10.2%)とバイオテクノロジー(+ 6.3%)の増加が大きく、逆に、航空および航空宇宙の分野(-24.7%)、輸送(-5…

  • 【均等】知財高裁大合議判決 H28.3.25(H27(ネ)10014)/最高裁判決 H29.3.24(H28(受)1242)マキサカルシトール事件

    はじめに 知財高裁大合議判決 H28.3.25 H27(ネ)10014 マキサカルシトール事件 最高裁判決 H29.3.24 H28(受)1242 マキサカルシトール事件 おわりに はじめに ボールスプライン事件最高裁判決によって示された均等の5要件の主張立証責任の分配については従来の下級審では、特許権者は、第1要件ないし第3要件(相違点が本質的部分でない、置換可能性、容易想到性)を立証すればよく、第4要件および第5要件(出願前公知・容易推考でない、禁反言(意識的に除外されたもの等の特段の事情がない))について立証する必要はない、とされていたが、今回の事件の判決により知財高裁がこれを認めるかた…

  • 多数の特許を申請・保持している日本はもっと知財で収入を獲得する必要あり

    www.nikkei.com 海外からの受取額から支払いを差し引いた収支は1月、約4年ぶりに赤字になった。知財の海外収入は自動車メーカーの現地子会社から本社に支払われる分が大きく、新型コロナウイルスによる生産台数減の影響を受けている。企業グループ外で稼ぐ競争力が十分に育っていなかったとの指摘がある。 知財の国際収支が赤字に転落した要因は、海外からの受け取りが急減したためだ。1月は2365億円と前年同月比2割減り、海外への支払額の3040億円を下回った。 日本は現在は米国、中国に負けているものの、特許申請数・保持数では、世界でトップを走っているにもかかわらず、特許をうまく活用できていないため、上…

  • キッザニア東京に弁理士の仕事が初登場!

    www.kidzania.jp キッザニア東京にて、期間限定で、「弁理士ウィーク」が開催され、特許事務所が登場し、弁理士に関する体験にチャレンジすることができます。

  • 【権利存続期間の延長制度】知財高裁大合議 H29.1.20(H28(ネ)10046) オキサリプラティヌムの医薬的に安定な製剤事件

    はじめに 知財高裁大合議 H29.1.20 H28(ネ)10046 オキサリプラティヌムの医薬的に安定な製剤事件 おわりに はじめに 医薬品については安全性確保のための審査が行われますが、その期間は長期になることが多いです。 この安全審査が完了しない限り、この医薬品に関する発明について、たとえ特許権が成立していても特許発明を実施できないことになります。 そうすると、実質上、特許権の存続期間が短縮されてしまうことになるため、特許法では、5年を限度に、特許権の存続期間を延長する制度が導入されています。 本件判決については、存続期間延長の対象となった特許発明に関する医薬品と異なる部分が存する物が実質…

  • 【発明】最高裁判決 S52.10.13(S49(行ツ)107) 獣医用組成物事件 /最高裁判決 H12.2.29(H10(行ツ)19) 黄桃の育種増殖法事件

    はじめに 最高裁判決 S52.10.13 S49(行ツ)107 獣医用組成物事件 最高裁判決 H12.2.29 H10(行ツ)19 黄桃の育種増殖法事件 おわりに はじめに 特許法2条1項は、「この法律で『発明』とは、自然法則を利用した技術的思想の創作のうち高度のものをいう。」と定め、「発明」は技術的思想、すなわち技術に関する思想でなければならないとされています。 そして、以下の最高裁判決においては、この「発明」についてもう少し深い説明を行っています。 最高裁判決 S52.10.13 S49(行ツ)107 獣医用組成物事件 特許法(以下「法」という。)二条一項は、「この法律で『発明』とは、自然…

カテゴリー一覧
商用

フォローできる上限に達しました。

新規登録/ログインすることで
フォロー上限を増やすことができます。

フォローしました

リーダーで読む

フォロー