searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
静寂
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2021/01/02

1件〜100件

  • メンタルの安定に必要なものってどんなこと?

    メンタルに必要なものを三つ挙げました。どれもがメンタルを保つために必要不可欠のものと思われます。しかしメンタル持ちには獲得したり維持したりするのが難しいものもあります。個人差もありますが今の世の中メンタル持ちにはなかなか生きづらいのかもしれません。メンタルにいいのはお金と健康と……

  • CBDグミってうまいの? でどんな感じなの?

    CBDグミを購入したのでレビューを書いてみました。CBDグミの安全性や効能、法律ではどうなっているのか、違法なのかそうではないのかを解説しております。まずCBDは合法でありTHCというハイになる成分は入っておりません。そのこと踏まえた上でCBDに興味ある方に読んでいただきたい記事です。

  • 草間彌生さんってすごくね?

    草間彌生さんについて書いてみました。彼女の生き方は本当にすごいもので、その一部をご紹介しています。これほどまでに幻聴や幻覚と向き合っている人というのは、私は見たことがありません。私なりの言葉で草間彌生さんを紹介していますので、ぜひ見てみてくださいな。

  • 無敵の人の心理を体験 本当に恐ろしい躁状態とは

    私は何度か躁状態を経験しています。躁状態とはどんなものか、また何がいけないのかなどをまとめてみました。無敵の人の心理って躁状態あると思うんです。躁状態だと本当に何も怖くなくなるし、なんでもできる気がするのです。それが悲劇の始まりであることを語っていきたいと思います。

  • CBDオイルで統合失調症は良くなるのか?〈追記あり〉

    統合失調症を治したいと思い、CBDオイルに手を出しました。最初は逆効果でしたが、使用方法のコツをつかんで使っていくといい感じになっていきました。ただ、使用方法を間違えるととんでもないことになるので気をつけてほしいです。最終的に私は使わなくなりました。理由は追記してあります。

  • タイトル未定の連載小説10

    最終話です。

  • タイトル未定の連載小説9

    第九話です。

  • タイトル未定の連載小説8

    第八話です。

  • タイトル未定の連載小説7

    第七話です。

  • タイトル未定の連載小説6

    第六話です。

  • タイトル未定の連載小説5

    第五話です。

  • タイトル未定の連載小説4

    第四話です。

  • タイトル未定の連載小説3

    第三話です。

  • タイトル未定の連載小説2

    第二話です。

  • タイトル未定の連載小説1

    タイトル未定の連載小説始めました。30回くらいを目処に書いていきます。

  • 【6年後編】ひきこもりだった私が禅寺へぶち込まれた話(7)

    最終章になります。前回から6年後の話です。

  • 【出戻り編】ひきこもりだった私が禅寺へぶち込まれた話(6)

    この時はもう生き地獄でした。振り返るのも辛いです。

  • 【ログハウス建設編】ひきこもりだった私が禅寺へぶち込まれた話(5)

    ログハウスの建設は大変なものでした。一日中土方仕事をしていたらヘトヘトになります。そんな中ログハウス班を外されてしまった私は新たな任務と共に、躁状態が止まらなくなりなんでもできると勘違いしてしまい変な行動を起こしてしまうのでした。

  • 【弟弟子編】ひきこもりだった私が禅寺へぶち込まれた話(4)

    私にも弟弟子ができます。今となっては私のずいぶん先を走っているようですが。それでも当時の彼は私を慕ってくれました。当時の彼との思い出話にお付き合いくださいな。

  • 【和尚編】ひきこもりだった私が禅寺へぶち込まれた話(3)

    ここでは和尚さんと初対面した時のことと、深く思い出に残っていることを書きました。とても不思議な和尚さんで一般的な偉い人というよりすごい人というイメージを私は持っています。

  • 【入山編】ひきこもりだった私が禅寺へぶち込まれた話(2)

    見学を終えた私はお寺へ行く覚悟と決めていざ入山。最初はお客さん扱いでしばらく過ごしました。最初の二、三日はまさに観光気分で、その時の様子を思い出しながら書きました。

  • 【見学編】ひきこもりだった私が禅寺へぶち込まれた話(1)

    ひきこもりだった私に対して親はいつまでも黙ってはいませんでした。私はお寺へ行くようへうながされ、拒否権のない私はとりあえず見学に行くことになりました。しかしそこには現実離れした世界が広がっていたのです。私はどんどん知らない世界に引き込まれていき……

  • 被害妄想が酷くなり仕事が続けられなくなる状態に

    被害妄想が悪化するとこんな状態になりますよということを書きました。被害妄想は常につきまとう亡霊のように私の人生を蝕んでいきます。それでも被害妄想と戦い、受け入れ、理解して前に進むしかありません。なので今回私の中で起きた被害妄想の全てを記することにしました。

  • 仕事が続かないのは被害妄想のせい?

    仕事が続かない原因のひとつに被害妄想があるのではないか。被害妄想をなめていたら本当に痛い目に遭います。何気ない会話で人知れず傷ついてしまう自分。そんなことを繰り返していたら精神的にボロボロになってしまいます。今回はそんな被害妄想について考えてみました。

  • 社会が統合失調症を理解する、ための小説を書く!

    統合失調症があまりにもイメージが悪いので、統合失調症のイメージアップはできないものかと考えていくと、私にできることは小説の中で統合失調症患者を出演させて、統合失調症とは怖いものではなくて、実際はこんな症状があるんだよと伝えていきたいと考えました。オープンで生きれる社会になってほしい。

  • 病気のことを隠すためについた嘘がやがて……

    嘘を嘘で塗り固めていく生き方は側から見ていたらバカにしか見えないが、本人はバレないよう必死である。しかしそういう嘘は周りにはバレていて、バレていないと思っているのは本人だけであることはよくあることだ。今回はそんな虚言癖な人を取り上げてみた。また私の虚言癖についても取り上げてみた。

  • 【エッセイ】在宅ワークとメンタル持ち

    しばらく更新していなかったのでエッセイで再開することにしました。等身大の自分で伝えていけたらいいな。たまに熱くなったりしますがもう歳なのでエネルギーがありません。たまに思い出して読んでいただけたら嬉しいです。エッセイは気軽にかけていいねえ。今回はメンタル持ちの在宅ワークについてです。

  • アロマオイルで自分を癒してみませんか?

    精神的にきつい時に自分が好きな香りで癒されることがあれば、メンタルは安定しやすいのではないかと考え、アロマオイルについての記事を書きました。嗅覚はいち早く脳に刺激を伝えるので、すぐにリラックスできるので気持ちが落ち込んでいる時に素早く使えるメンタルを良くするアイテムです。

  • 病気のせい? 個人の責任? 仕事が続かない理由6つ

    精神を病んで仕事が続かない人が多いと聞きます。本当にそれは病気のせいなのでしょうか。私自身を分析して仕事が続かないのはどうしてか、を検証してみます。精神を病んでいると仕事を見つけるだけでも大変なのにすぐ辞めてしまっては生活もできませんし、できることなら続けたいと思いますものね。

  • 【私の今】個人で稼ぐために取り組んでいること

    メンタルを病んでいて個人で稼ぎたい方ってたくさんおられると思います。個人で稼ぐことができたら会社に行く必要もないし、煩わしい人間関係に縛られることもありません。でもそんなことができるのでしょうか? まず絶対にやるんだという気持ちを持って取り組む必要があります。私がしていることは……

  • 陰性症状が強い方にデイケアのすすめ

    デイケアは投薬治療と共に行うことでとても効果があります。陰性症状で働けない人は投薬だけでなくデイケアに通うことも検討されてみてはどうでしょうか。本当に将来のことを考えるなら、擬似社会経験は必要で、デイケアはその役割をきっちり果たしてくれるでしょう。デイケアの良さを伝えたいと思います。

  • 私たち人間が生きる意味とは

    生きる意味を考えたことがない人はいないと思います。でも深く掘り下げても底が見えなくて、余計に苦しくなったりしたことはないでしょうか。そんな時は他の人の価値観を覗いてみてはどうでしょうか。このページには私なりに生きる意味について書いて今すんでぜひ一読してみてください。

  • 芸術分野での統合失調症という名の才能

    統合失調症のいいとこ探ししてみました。芸術の分野で活躍されている方が多いような気がしたので、統合失調症で絵画や文章などで活躍された偉人たちを紹介します。意外な方が統合失調症の病魔と共に芸術活動されているのでびっくりする人もいるかもしれませんね。

  • 【体験談あり】わかっていても止まらない被害妄想

    被害妄想の辛さはなった人にしかわかりません。健常者には理解すらできないものだと思います。今回は被害妄想について体験談を交えて考えていこうという主旨で書きました。被害妄想がある本人にしかわからない辛さを共有して、辛さを分かち合っていけたらいいし、また目にした人の理解を得られればと。

  • 17〜26歳の10年間ひきこもりだった頃を振り返る

    私が10年ひきこもった過去を振り返りながら、今もひきこもりの状態にある人がどうしていけばいいのかを記事にしました。ひきこもりの期間が長くなると、もう一般社会には戻れない気持ちでいっぱいになるかと思います。このページはそれでも諦めない方へ向けたエールになればいいなと思い書きました。

  • メンタル病んだときに付ける薬は、ずばり猫!

    メンタルを病んでいる人には猫を飼うことをお勧めします。猫でメンタル急上昇間違いなし。ペットの中でも猫を飼うメリットを箇条書きで書き出しております。もし自分がメンタル弱くて困ってるって人がいたら、猫を飼うことを検討されてみては? 猫がいる世界は本当に素敵ですよ。

  • 「死」とはそれほど悪いことなのか

    死について書きました。私は死についてネガティブな感情があまりありません。それどころかポジティブなイメージが強いです。どんな考えを持ったら死をポジティブに捉えられるか、記事全般を通して詳しく書きました。この記事を読んで、死のイメージを変えてみませんか?

  • 会社に行けない人こそ個人で稼ぐ力を付けよう

    ここ数年、個人で稼ぐということがフォーカスされています。メンタルを病んでいる人は個人で稼ぐことに向いているのではないかと常日頃思っていたので思い切って記事にしてみました。会社行きたくない人は一読してもらえると嬉しいです。この記事を読んで新しい人生が開けることを祈っています。

  • 競馬と私 〜ギャンブル依存症の恐ろしさ〜

    私はギャンブル依存症です。競馬しかやらないのですが、明らかに生活に支障をきたしていて、それでもってやめられない状態です。そんな私がどのようにしてギャンブル依存症と付き合っていくか、対策をいくつか記事にしてみました。赤裸々な告白もありますのでよかったら読んでみてください。

  • 多岐にわたる依存症の種類をまとめてみた

    依存症についてまとめてみました。依存症は本当に怖いものばかりです。家族との絆を壊すきっかけになることが非常に多く、厄介なものであります。依存症はドラマや映画などでも悪い意味で取り上げられることが多く、現在社会の最大の敵のひとつなのではないかと考えています。

  • 家族は精神病患者とどのように接すればいいのか?

    精神疾患のある患者の家族は患者に対してどのように接していけばいいのでしょうか? 今回は精神疾患にまつわる様々な問題を示すと共に、常に家族はどうすればいいのかというのは病人である私の経験の中から導き出した答えを述べていこうと思います。私の経験が誰かのためになれば幸いです。

  • 統合失調症由来の病的疲労とうまく付き合う方法

    統合失調症からくる病的疲労について考えてみました。一番社会に理解してもらえない、怠けだと言われる部分だと思います。私の体験談などを交えてお話しします。ここでは統合失調症からくる病的疲労を取り上げていますのでご了承ください。

  • 【病気の当事者が語る】双極性障害の躁状態とはどんなものか?

    双極性障害の躁状態について、実体験をもとに解説していきます。

  • 【私は統合失調症です】仲がいい人や友達に病気の告白はするべきか?

    統合失調症の差別は根強く、仲が良かった人でも本当のことを知るとそっぽを向くことが多々あります。事例とともに見ていきましょう。

  • 【病気の当事者が語る】誰にも理解されない統合失調症の陰性症状たち

    統合失調症の陰性症状をまとめました。本当に辛い陰性症状たちは誰にも理解してもらえないものばかりです。もしこのような症状が身近な人にあれば、手を差し伸べてあげてください。

  • 【病気の当事者が語る】誰にも理解されない統合失調症の陰性症状たち

    統合失調症の陰性症状をまとめました。本当に辛い陰性症状たちは誰にも理解してもらえないものばかりです。もしこのような症状が身近な人にあれば、手を差し伸べてあげてください。

  • 【読書感想文】ハウス加賀谷さんの「統合失調症がやってきた」を読みました

    ハウス加賀谷さんの統合失調症がやってきたを読みました。さわりだけですが感想を書きました。

  • 心が病むことは人間らしさ、将来的にメンヘラはスタンダートになる!

    人は病む。それがスタンダートになっていくのではないかという記事です。「病むことこそが人間らしさ」の世界がすぐそこまで近づいてきていると感じているのは私だけではないはずです。

  • 統合失調症って何? 病気になった本人が病人側から考察します

    統合失調症とは何かを、統合失調症の本人が考えて書いてみました。考えれば考えるほどよくわからない病気だと心底思います。ただ一般に思われているイメージと、実際の病気の症状の差はかなりある気がします。

  • 私が精神病院に医療保護入院したときの話 〜退院〜

    2ヶ月の閉鎖病棟も退院することになった。その時に出会った人たちから勇気をもらいながらも、辛く悲しい現実を突きつけられることにもなる。今思い出しても恐ろしく思います。

  • 私が精神病院に医療保護入院したときの話 〜衝撃のリストカット痕〜

    今回はC子とのリストカットエピソードを中心に書きました。リストカットって本当にする人っているんだ、というところから始まり、本当に死に繋がるんだと恐怖を覚えました。

  • 私が精神病院に医療保護入院したときの話 〜入院中の様々な出会い〜

    精神科の閉鎖病棟へ入院していろんな方と話しました。その中で印象に残っている話をしていきます。患者さんも看護師さんもみんな大変そうでした。みんな未来が見えていないようでした。私も含めて。

  • 私が精神病院に医療保護入院したときの話 〜大部屋移動してからのこと〜

    精神病院の閉鎖病棟の保護室から出たあと、私は大部屋へ移り、他の患者さんと過ごします。トラブルあり恋愛ありの閉鎖病棟生活を余すことなく紹介しています。プライバシーへの配慮はしっかりとしております。

  • 私が精神病院に医療保護入院したときの話 〜保護室編〜

    私が精神病院へ入院したときのお話です。保護室という閉鎖病棟の一番深部へ入れられて過ごした時期がありました。絶え間なく謎の叫び声が聞こえてくる不思議な場所でした。

  • 不登校になった過去の自分に贈る言葉

    高校2年生17歳のときに私は突然学校へ行けなくなりました。不登校が始まりです。今回は不登校になった過去の自分へ送る言葉と題して、原因をはっきりとさせ、どうすれば不登校を避けることができたのか、今同じような精神状態の人へのエールなどを綴っております。

ブログリーダー」を活用して、静寂さんをフォローしませんか?

ハンドル名
静寂さん
ブログタイトル
メンヘラの生きる道
フォロー
メンヘラの生きる道

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用

フォローできる上限に達しました。

新規登録/ログインすることで
フォロー上限を増やすことができます。

フォローしました

リーダーで読む

フォロー