searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

だいみにさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
海外での子育てfor real。
ブログURL
https://daimini.hatenablog.com/
ブログ紹介文
インターナショナルスクールに通う長男16歳と、ドイツの小学校に通う次男10歳のお母さん&保育士です。海外生活で起こる(かもしれない)ことや海外での子育ての(非)日常をサクッと読める記事にしています。
更新頻度(1年)

40回 / 46日(平均6.1回/週)

ブログ村参加:2020/12/03

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、だいみにさんの読者になりませんか?

ハンドル名
だいみにさん
ブログタイトル
海外での子育てfor real。
更新頻度
40回 / 46日(平均6.1回/週)
読者になる
海外での子育てfor real。

だいみにさんの新着記事

1件〜30件

  • 子供が園で”楽しく”過ごすためには?

    こんにちは。だいみにです。 ドイツで暮らしている保育士ママです。 保育士をしていると親御さんに相談されることがあります。 「子供が家ではやりたい放題で困ります」 「子供が家では全然私の話を聞いてくれないんです」 「子供が家ではマイペースで私だけがいつも焦っています」 親御さんの心配とは裏腹に、こういう家庭は親子関係がうまくいっていると感じます。それは園での子供の様子でわかます。家できちんとリラックスできている子供は、園でうまく過ごすことができています。逆に家で我慢ばかり強いられている子供は、園生活でトラブルを起こすことが多いです。 「保育園なんて楽しいところじゃないわ」0歳から保育園に通った小…

  • 「お月さま、いつもついてくる」子供との思い出に癒される

    こんにちは。だいみにです。 10歳と16歳の男の子をもつ保育士ママです。 次男がすてきなことを思い出してくれました。 次男が2歳ぐらいだったと思います。いっしょによく長男の空手のお迎えに行っていました。道場は家から5分ぐらいのところ。冬はもう薄暗かったので、次男をおんぶして歩いていました。 次男 「お月さま、いつもついてくる 」 角を曲がると、 次男「お月さま、まだついてくる」 次の角を曲がると、 次男 「お月さま、まだついてくるよ」 「なんでついてくるの」 私 「お月さま、mnちゃんが好きだからついてくるんよ。きっと」 今日テレビを見ていた次男が突然、 次男 「おかーさーん、この人お母さんと…

  • 【ミニマリスト】の私と【マキシマリスト】の主人

    こんにちは。だいみにです。 ドイツで暮らしている10歳と16歳の男の子のお母さんです。 今日は私と主人について書きたいと思います。 うちの夫婦は仲良しではありません。なぜなら私は「ミ二マリスト」で、主人は「マキシマリスト」だからです。 私は買い物が好きじゃないんです。できることなら毎日の夕飯さえも家にあるもので作りたいと思っています。私はほんとお金がかからない人です。特に何もほしいものがないんです。生活用品以外の自分のものといえば、厳選した子供の昔の作品と親と友達からの手紙と保育の仕事で必要な道具だけ。イケアボックス3枠だけです。 一方主人は買い物が大好き。週末ごとに何かを買ってきます。出張に…

  • ドイツで料理の手抜きをしたいのに それが叶わない夢なワケ

    こんにちは。だいみにです。 現在ドイツはロックダウンで学校は閉鎖となり、子供たちは自宅学習になっています。 「おかーさーん、おなかすいたー」私はふたりの子供にかわるがわる食べ物を要求されます。 ドイツは日本にくらべて自炊率が高いと思います。 その理由は1. コンビニがないスーパーは夜8時で閉店、日曜日は定休日です。「めんどくさいからコンビニでちょっと弁当でも」ってことができず、私は毎日メシのことを考え四苦八苦しています。 2. レストランが高いコロナ禍でないときは時々外食もしていましたが、お水も有料で税金も高いです。100€しか入っていない財布を持って家族で外食すると、ドキドキして注文ができま…

  • ドイツのインターナショナルスクールの英語(国語)の授業って?

    こんにちは。だいみにです。ドイツで暮らしています。 今日はインターナショナルスクールに通う16歳の長男の英語(国語)の授業について書きます。 私たちはドイツに住んでいますが、長男はインターナショナルスクールに通っているので英語は外国語ではなく国語として勉強します。学年が上がってくると、日本の国語と同じように倒置や比喩などの表現技法を習得し、その応用編として小説を書く授業があります。自分の英語力をひけらかすために書く英検やIELTSのエッセイとは違い、小説の最重要ポイントは隠喩だそうです。 ミステリーに挑戦している長男。 長男「昔殺し屋やったけど、心入れ替えた人の顔ってどんな感じかな?」 私「ど…

  • 電子レンジのタイマーが壊れると何が起こるか!?

    こんにちは。だいみにです。ドイツで暮らしています。 人はいかに機械に頼っているかということを自らをもって検証してしまいました。 ある日マクドナルドの冷え冷えになったポテトを、少しだけ温めようと袋に入れたまま電子レンジにかけました。夕飯の準備でバタバタしている時間でした。しばらくしてなんとなく焦げ臭く感じたので、コンロ周りをチェックしたが問題なし。あたりを見回すと煙がもくもく立ち込めて、その先で電子レンジが回っていました。慌てて電子レンジを開けると黒い物体が。 火災探知機が鳴ると厄介なので大急ぎで窓を全開にし、家の中に充満している焦げ臭い匂いをを出すため、窓を開けたまま長時間寒さに耐えながら過ご…

  • 「なぜ勉強をしないといけないのか」思春期の子供をもつ親の心得とは

    今週のお題「大人になったなと感じるとき」 こんにちは。だいみにです。 大人なんだから「大人の対応をしないと」と思うあまり失敗したことがあります。 子供から投げかけられる質問は、時には難問中の難問だったりします。「なんで勉強しないといけないの?」という質問は、私にとっては「どうして海は青いの?」と同じくらい難問でした。 ドイツのインターナショナルスクールに通う16歳の長男は、勉強が難しくなってきた上、英語の弱さもあり壁にぶつかっていました。 「なんで勉強しないといけないの? こんな大変なことして意味あるのかな。」と言われた私は、大人として明確な答えをしないといけないと思い意気込みました。しかし、…

  • 【子供の想像力】「おててえほん」がイチオシ

    こんにちは。だいみにです。 ドイツで暮らしている10歳と16歳の男の子のお母さん&保育士です。 今日は子供の「想像力」について書きたいと思います。 私は補習校の年長さんクラスの担任をしています。私のクラスでは「おててえほん」を保育に取り入れています。 「おててえほん」は、両手を本のように開いて、子供が頭の中で描いたお話を自分の言葉で話す遊びです。HNK教育テレビの子ども番組 「みいつけた!」でも放映されていました。 自宅で遊んだ「おててえほん」を、お家の人に文で記録してもらい、子供がその情景を絵で描いて提出してもらいます。なんだか難しくかんじるかもしれませんが、自由な発話や描画は子供にとっては…

  • 次男の「なんか変な日本語」にびっくり事実が

    こんにちは。だいみにです。 ドイツで暮らしている10歳と16歳の男の子のお母さんです。 今日は次男から日常的に発せられる「なんか変な日本語」について書きたいと思います。 こちらもぜひ。 daimini.hatenablog.com 次男は日本で生まれ、4、5、6歳はカナダでカナダの学校に通っていました。そして8、9、10歳の現在はドイツでドイツの学校に通っています。人生の半分以上を外国で暮らしている次男の日本語は「なんか変」なことが多くてびっくりします。でも今日のびっくりはいつも以上でした。 次男の発言「こっとり忘れとったわ」 「すっかり」を勝手に「こっとり」にしちゃっているようです。 ところ…

  • 雪が降りました。

    こんにちは。だいみにです。 ドイツで暮らしている、10歳と16歳の男の子のお母さんです。 朝起きると、いきなり雪景色になっていました。 雪が降ると、朝早くからHausmeister (管理人) が歩くところの雪かきをしてくれます。窓の外を見なくても、雪かきの車の音で雪がたくさん降ったことがわかります。雪が降り続いた時は、毎日早朝から雪かき作業をしなければなりません。本当に大変な仕事だと思います。 そんなHausmeisterを尊敬しつつも、我が家はHausmeisterが誰よりも苦手です。私は「子供がうるさい」と玄関まで来られ怒られたことがあります。次男は外で遊んでいるとき、入ってはいけないと…

  • 汚い話から大発見が!(注:ちょっと不潔な部分があります)

    こんにちは。だいみにです。 ドイツで暮らしている10歳と16歳の男の子のお母さんです。 今日は次男の漢字練習に付き合っていたときのことを書きます。 私達はおそらく2年後、日本に帰国すると思われます。ドイツの学校に行っている次男が、急いで漢字の練習を始めました。日本の塾の先生に、毎週漢字の宿題を出してもらって練習しています。(←私が言ってもやる気ナシなので...)次男は現在4年生ですが、今まで漢字の練習をサボりにサボっていたので、毛、服、鼻などまだ3年生の漢字練習をやっています。 一通り練習が終ると、 「おかーさん、今日の漢字の問題出してー。」と次男。 練習したノートを見ながら、私は勝手に熟語を…

  • 【ドラえもん】「カタカナ+ひらがな」はイカしたナウい言葉

    こんにちは。だいみにです。 ドイツで暮らしている10歳と16歳の男の子のお母さんです。 次男に質問されました。 「ドラえもん ってなんで『カタカナ+ひらがな』なの?」 そう言われれば、タイプするとき私も毎回そう感じていたのを思い出しました。早速調べてみると、こちらのブログが教えてくれました。 doraemon555.hatenablog.com 理由がドラえもんのただの物忘れだと知った次男は一言。 次男「なんかダサい」 私「ダサい? ダサいも『カタカナ+ひらがな』やで」 次男「なんで?ダサはカタカナなん?」 なるほど。言われてみれば変だな。新たな疑問が。 もう完全に死語になっていますが「ナウい…

  • 子供の頃にもらった「お年玉」の行方

    こんにちは。だいみにです。10歳と16歳の男の子のお母さんです。 今日は新年にちなんだお題「お年玉」について書きたいと思います。 日本の子供たちのお正月の楽しみといえば「お年玉」ですよね。私たちは今年のお正月は日本に帰省できなかったので、子供たちはおばあちゃんやおじさん、成人している姪たちから「お年玉」がもらえなくてがっかりしています。次回の帰省のときまでちゃんと置いておいてくれると思いますが。 私の子供の頃も「お年玉」には特別な期待感がありました。父も母も兄弟が多かったので結構がっぽりいただけた記憶があります。私はセコい子供だったので、「お年玉」はほとんど何も買わず、母にお願いして銀行に預金…

  • 紙芝居が子供たちに大人気

    あけましておめでとうございます。 だいみにです。ドイツで暮らしている保育士ママです。 今日は子供たちに大人気の紙芝居について書きたいと思います。 私は補習校の幼稚部で担任をしています。ドイツに住む年長の子供たちに、遊びを通して日本文化や日本語を教えています。今期はコロナの影響で、教室で授業ができたのはたった1回だけ。4月からいきなりオンラインでの授業の始まりとなりました。もしかして3月まで状況がよくならなければ、このままオンラインで終わりになってしまうかもしれません。 私が勤務している補習校は、100巻以上の紙芝居を保有しています。かなり古いものもありますが、状態もよく毎週の授業で本当によく重…

  • 【ドラえもん】次男のほしいひみつ道具

    こんにちは。だいみにです。 ドイツで暮らしている、10歳と16歳の男の子のお母さんです。 今日は次男にほしいドラえもんのひみつ道具を聞いてみました。 1、ハツメイカー ほしい道具を注文するとその作り方を教えてくれる。 次男の意見「これがあれば何でも自分で作れる。軽いパソコンや、自分が操縦できる2階ぐらいの大きなロボットや、ドラえもんみたいなロボットを作ってみたい。でも自分一人で作るのは大変だし時間がかかるから、『エイコウノトビラ』(次段参照↓)で先生と一緒に『ハツメイカー』をやってみたい。」 2、エイコーノトビラ 扉の中に入り、目標に向かって先生と特訓する。目標を達成するまで扉の外には出られな…

  • なんとグラム300円以下のステーキ肉がサイコー!

    お題「#買って良かった2020」 こんにちは。だいみにです。 ドイツで暮らしている16歳と10歳の男の子のお母さんです。 今日は今年買ってよかったものについて書いてみたいと思います。 ドイツは、只今2回目のロックダウンの最中です。レストランもヘアサロンもボーリング場もスケート場もプールも閉鎖しています。2家族以上、そして5人以上は集まってはいけないので、子供のサッカーの練習もお休みになっています。でもありがたいことに、子供は時々外で友達と遊べています。 3月の1回目のロックダウンは、もっと厳しいものでした。出歩くのは基本的に1人。(同伴が必要な場合のみ、家族か家族以外の1名は認められる)2人以…

  • 【ドラえもん】次男のほしいひみつ道具

    こんにちは。だいみにです。 ドイツで暮らしている、10歳と16歳の男の子のお母さんです。 今日は次男にほしいドラえもんのひみつ道具を聞いてみました。 1、ハツメイカーほしい道具を注文するとその作り方を教えてくれる。 次男の意見「これがあれば何でも自分で作れる。軽いパソコンや、自分が操縦できる2階ぐらいの大きなロボットや、ドラえもんみたいなロボットを作ってみたい。でも自分一人で作るのは大変だし時間がかかるから、『エイコウノトビラ』(次段参照↓)で先生と一緒に『ハツメイカー』をやってみたい。」 2、エイコーノトビラ 扉の中に入り、目標に向かって先生と特訓する。目標を達成するまで扉の外には出られない…

  • 【大掃除】冷蔵庫の「霜取り」が過酷すぎる

    こんにちは。だいみにです。ドイツで暮らしている、10歳と16歳の男の子のお母さんです。 今日は大掃除の締め、冷凍庫の「霜取り」について書きたいと思います。 こちらもあわせてぜひ。 daimini.hatenablog.com daimini.hatenablog.com 数か月、ほったらかしにしていた冷凍庫が大変なことになってしまいました。霜がどんどん増殖してきて、引き出しが霜に引っかかるように。それでもなんとか強引に使い続けていたのですがもう限界。しかたなくこの「霜取り」でもって大掃除を締めくくる決心をしました。 まず引き出し部分を取り外して状況を確認。あー...もう一度引き出しを戻してしま…

  • Lebkuchen ドイツのクリスマスのスイーツ 

    こんにちは。だいみにです。 ドイツで暮らしている、10歳と16歳の男の子のお母さんです。 今日はドイツのシュトレンと同じくらい一般的なクリスマスのお菓子Lebkuchenについて書きたいと思います。 クリスマスに、次男の友達がクリスマスプレゼントを持って来てくれました。クルミ割り人形の缶にLebkuchenが入っていました。 Lebkuchenは香辛料入りの固いケーキです。私はカナダで食べたジンジャークッキーに似た、甘苦い味に感じます。日本のスイーツの感覚で食べると、あまりの違いにちょっとビックリします。 Lebkuchenはオクトーバーフェストやクリスマスマーケットでよく売られています。(今…

  • 【大掃除】いつも捨てるもの

    こんにちは。だいみにです。ドイツで暮らしている、10歳と16歳の男の子のお母さんです。 今日は我が家の大掃除でいつも大量に捨てるものについて書きたいと思います。 手抜きそうじのポジティブな考え方についてはこちらdaimini.hatenablog.com 今日は冬の大掃除でした。我が家は普段手抜き掃除ですませているので、年に4回だけ家族全員で大掃除をします。大掃除は1シーズンの集大成なので、本当にやりがいがあります。 今回もキッチンの大掃除で、いつものように大量にあるものを捨てました。それはケチャップ、お好み焼きソース、マヨネーズ、食器洗い洗剤のわずかに残った容器です。私は最後まで使いきるのが…

  • 【校則】ドイツでは「買い食い」は日常茶飯事 

    こんにちは。だいみにです。ドイツで暮らしている10歳と16歳の男の子のお母さんです。 ドイツと日本の学校の校則には大きな違いがあります。 今日はドイツの学校の通学時の「買い食い」のきまりについて書いてみたいと思います。 身なりに関する【校則】の違いはこちら daimini.hatenablog.com まず小学校についてです。ドイツの小学校は1年生から4年生までです。現在4年生の次男の小学校では通学途中の「買い食い」に関するきまりはありません。 学校のキオスクでモーニングティー(朝のおやつ)のパンが買えるので、時々お金を持たせます。次男はモーニングティーのお金が余ると、帰り道にあるお店で10セ…

  • 海外の学校の【校則】

    こんにちは。だいみにです。ドイツで暮らしています。 16歳の長男はインターナショナルスクール、10歳の次男はドイツの学校に通っています。4年前、2人はカナダの小学校に通っていました。 今日は校則について書いてみたいと思います。 通学時の「買い食い」についてはこちら daimini.hatenablog.com 日本の校則が厳しすぎると話題になっていますね。同感です! 私も子供の頃、指定の運動靴でないからといって校長室の窓ふきをしたことがあります。今では学校によっては、もっと細かい規則があるようですね。 信じられないかもしれませんが、ドイツでは学校での身なりに関するきまりはありません。公立の学校…

  • 「なんか変な日本語」長男編

    こんにちは。だいみにです。今日はインターナショナルスクールに通う16歳の長男の「なんか変な日本語」について書きたいと思います。 次男の「なんか変な日本語」はこちらです。 daimini.hatenablog.com 長男は日本で生まれ3、4歳をオーストラリア、10、11、12歳をカナダ、14、15、16歳の現在はドイツで暮らしています。家では日本語で話していても学校の時間が長くなり、日本語で書いたり読んだりする時間が少なくなると、日本語がだんだん弱くなってきています。長男の日本語がおかしいときは、すぐその場で間違いを正すようにしていますが、時にはどう訂正すればいいのかわからないものもあります。…

  • 手抜きそうじの考え方の極意

    こんにちは。だいみにです。10歳と16歳の男の子のお母さんです。 今日はお掃除に対する考え方について述べさせていただきます。 昔は私もきれい好きでした。子供がまだねんねのときは、玄関の置物の角度まで気にしながら過ごしていました。ところが子供が意思を持ち始めると、片付けても片付けても散らかる毎日となりました。 そこで、ある時もう一生懸命掃除するのを辞めることにしました。もちろん掃除機や皿洗いなど最低限の基準は守っています。家の中を素敵に見えるようにすることを諦めたのです。棚やソファーの上に何があっても気にしません。同時に我が家に人を呼ぶことも最低限となりました。それからは仕事や好きなことに以前よ…

  • 「なんか変な日本語」オンパレード

    こんにちは。だいみにです。ドイツに住んでいます。 ドイツの学校に通う10歳の次男。散髪しただけなのに「なんか変な日本語」オンパレードでした。 予約していた次男の美容院が、ロックダウンで突然お休みになってしまいました。現在営業しているのは食料品店だけです。前髪が目にかかってうっとおしそうな次男。家の中では私のピン留めをしていたのですが、美容院にいつ行けるかわからないので、ここは一丁お母さんが散髪することになりました。 散髪前。次男「はがさないでよー」 意味不明なお願いされても...。よくよく聞いてみると「はげにしないでよ」という意味でした。「はがさないで」って何を?と後で考えると笑っちゃいました…

  • 「育ちがよい」は ”正しい” という意味ではない

    こんにちは。だいみにです。ドイツで暮らしている、10歳と16歳の男の子のお母さんです。ネットサーフィンでたまたま見つけた言葉「育ちのよさ」。私には大嫌いな言葉の1、2位を争うほど不気味な言葉です。今日は「育ちのよさ」についての持論を書かせてください。 「育ちがよい人」というのは、一般的にはいいところのお嬢さんやお金持ちの御曹司で、品のある環境で育った上流階級の人たちのことです。だからといってその人たちがしていることが ”正しい”かどうかはわかりません。 世の中には大人の「育ち」をよくしてくれる先生がいらっしゃるようです。私はそんな勉強ありえないと思います。そんなの無理でしょう。だってその生徒た…

  • ドイツの子供用歯ブラシがすばらしい

    こんにちは。だいみにです。ドイツで暮らしています。 今日はドイツにきて大ファンになった子供用歯ブラシの話をします。 日本とドイツのお水は全然違います。日本は軟水でドイツは硬水です。硬水に含まれている石灰のせいで、水がたまるところはヌルヌルになって、乾燥すると白いカスになってこびりついてお掃除が大変になります。洗面台も台所のシンクまわりもヤカンまでも石灰のせいでヌルヌル→白いカス状態で気持ち悪いです。(←毎日きちんとそうじしているとそんなことはありません) ということで歯ブラシ置場に苦労しているというわけです。歯ブラシを歯ブラシ立てやコップに入れていると、下に水がたまってヌルヌル→白いカスになっ…

  • ドイツの学校給食 勝手にランキング

    こんにちは。だいみにです。ドイツに住んでいます。 今日はドイツの小学校に行っている10歳の次男が教えてくれた、給食頻出ランキングをしたいと思います。 次男の学校は午前中なので、学童で給食を食べます。(地域や学校によって違うと思います)次男によるとだいたいは美味しくておかわりをするらしいです。 それでは次男の学童の給食でよくあるメニューをご紹介します! (これも地域や学校によって違うと思います) 1、トマトパスタ&フレンチサラダパスタメニューの8割はトマトソースで、野菜サラダのドレッシングは酸っぱいフレンチです。 2、シュニッツェル(豚カツみたいなもの)&マッシュポテトと人参みじん切りのグレイビ…

  • こんなところにもコロナの影響が

    こんにちは。だいみにです。ドイツで暮らしています。 10歳と16歳の男の子のお母さんです。 長引くコロナの影響で子供たちにもしわ寄せがいっているなと感じています。 今日からまたもやロックダウンとなり、とうとう学校までも休みになってしまいました。ロックダウン中は2家族しか接触できないので、大勢で遊べないのは仕方ありません。しかしロックダウンでなくても、子どもの外遊びに対する大人からの圧力が子供の自由を奪っているように感じてなりません。 わが家があるアパートは遊び場に囲まれていて、いつも子供の声が聞こえるようなところです。子育て中の家族にとっては、子供がいつでも近所の友達と遊べるありがたい環境です…

  • 次男の危機管理能力が長男の3倍以上でおもしろい

    こんにちは。だいみにです。 16歳と10歳の男の子のお母さんです。 今日は兄弟あるあるについて書きたいと思います。 子供には何回同じことを注意しても右から左で疲れます。これは長男も次男もどちらも同じなのですが、時に次男のすばらしく納得させられるパフォーマンスにびっくりさせられます。 学校から帰ってきてばらまかれた次男の鞄の中身。何かを探していたよう。「片付けてよー」といい続けて3時間。鞄はまだそのまま。 今度は「ごはんよー」と何回呼んでも来ない長男。とうとう噴火し始める私。「こっちは揚げ物の途中にわざわざ呼びに来とるねん! 寝ころんでるだけなんやったらはよ来んかいな!!!」 長男の部屋から戻っ…

カテゴリー一覧
商用