searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
ひろ
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2020/11/29

1件〜100件

  • 法定相続だと、なぜ争いが起こりやすいのか?【遺産分割協議の回避】

    「法定相続で十分。遺言書なんて作成しなくていい」と考えている方も少なくないと思います。しかし法定相続だと、争いが起こりやすいと言われています。法定相続だと、なぜ争いが起こりやすいのか?本記事では、法定相続で争いが起こる理由のほか、争いを起こさないためにはどうすればいいのかをお話していきます。

  • 【遺言の目的】なぜ遺言が必要なのか?無いとどんな問題が起こるのか?

    「なぜ遺言が必要なのか?」「遺言がないと、どんな問題が起こるのか?」という疑問に答えていきます。遺言を作成するにあたり、上記の質問の答えを知っておくことは、とても重要です。このページを読むと、どうして遺言が必要なのかを納得してもらえると思います。

  • 法定相続分が嫌なら、遺言で違う割合を指定しましょう【遺言を作成するメリット】

    法定相続分は民法で定められています。ですが、人によっては「長男にこの割合で相続させたくない」などの理由で、法定相続分とは違う割合で相続分を決めたいという方もいると思います。そんな時、どうすれば良いのかを書いていきます。

  • 登記事項証明書を取得する方法【窓口・オンライン・郵送】

    今回は、登記事項証明書を取得する方法について説明します。「何処で取得できるのか?」「どういった方法で取得できるのか?」「手数料はどうすればいいのか?」などの疑問に答えていきます。登記事項証明書を持って来るように言われたけど、どうやって取得して良いのか分からないという人向けの記事です。参考になれば幸いです。

  • 【不動産】登記をしないとどうなるのか?【表示登記の罰則・権利登記の対抗力】

    不動産の取引などがあると「登記」が必要になると聞きますよね。今回は「その登記をしないとどうなるのか?」についてお話していきます。表示に関する登記(表示登記)と権利に関する登記(権利登記)では申請義務に違いがあります。登記に関する悩みがある場合、どの専門家へ相談したら良いかかもご紹介しています。

  • 【行政書士/相続業務】不動産登記とは?「表示に関する登記」と「権利に関する登記」について分かりやすく解説

    行政書士として相続業務をやるなら「不動産登記」に関する知識は不可欠です。不動産登記を正しく読めないと、依頼人の財産を把握することができないですからね。今回は、不動産登記についてです。不動産登記とは?表示に関する登記とは?権利に関する登記とは?といった具合に、不動産登記に関する基礎の基礎を説明していきます。

  • 【行政書士業/トラブル防止】依頼人への進捗状況の報告はしっかりと!【重要】

    行政書士の業務は完遂するまでに、数日又は数週間、長いものだと数ヶ月かかることもあります。期間に合わせてちゃんと依頼人へ進捗状況を報告していますか?何週間も報告なしで、依頼人を放置しているなんてことないですか?本記事では「報告の重要性」について解説します。依頼人への報告を適当にしている人は損をしているかも。

  • 【行政書士・成約率アップ】依頼を完遂するまでのロードマップを提示し説明する

    行政書士業務の成約率を上げる方法のひとつをご紹介します。それは相談者に依頼を完遂するまでのロードマップを提示し説明するということです。「どんな効果が期待できるのか?」「どうやって作れば良いか?」など、体験をもとに詳しく説明していきます。相談件数は多いものの、なかなか成約に結びつかない行政書士向けの記事です。

  • 【遺言にまつわる疑問を解説】遺言書に書いた後も財産は自由に処分できるのか?

    遺言書に書いた後も財産は自由に処分できるのか?こういった疑問を持たれる方も少なくないと思います。実際に私も行政書士として遺言の相談を受けた時に、上記のような質問をされることがあります。今回は、遺言にまつわる疑問について答えていきます。同じような疑問を持たれている方はぜひ読んでみてください。

  • 【行政書士/仕事の効率化】書類作成に必要な資料の取集は依頼人に任せない

    行政書士の業務である書類作成には、多くの資料が必要になります。戸籍や住民票、登記簿謄本、固定資産税評価証明書などなど。どれも役所等で簡単に取得することができるものですが、これらの資料は誰が取得したほうが良いのか?行政書士?依頼人?この疑問は新人行政書士の先生からたまに聞かれます。現役行政書士が答えます。

  • 【行政書士】遺言作成に乗り気じゃない相談者に依頼をしてもらうには?

    行政書士として開業すると、いろいろな方が悩みをもって相談に来ます。私の場合、相続や遺言に関する相談が多いわけですが、中には遺言の相談に来ているのに、遺言作成をする本人が乗り気でない時があります。今回は、遺言作成に乗り気ではない相談者に、依頼をしてもらうにはどうすれば良いのかを話していきたいと思います。

  • 【行政書士】遺言の相談業務で重要な3つのポイント【成約率アップ】

    相談者とただ楽しく話をするだけでは、なかなか成約に結びつきません。遺言の相談業務で重要な3つのポイントをご紹介します。遺言の相談はよくされるのに「依頼されない」「成約に結びつかない」という行政書士向けの記事です。本記事に書かれていることを意識して相談業務にあたれば、成約する可能性が高くなります。

  • 【行政書士】相続業務で食べていくなら絶対に注意すべきこと【業際】

    相続・遺言を専門分野に行政書士業を営んで行こうと思っている人は多いと思います。本記事では、その相続分野で絶対に注意すべき「業際」について話していきます。業務を遂行している時に、判断に悩む時もあると思います。そういった時どうすれば良いのか?など、経験をもとに書いていきます。

  • 【行政書士】相続業務:依頼者の話は鵜呑みにしないほうがいい【理由】

    相続業務で依頼人の話をすべて鵜呑みにするのは危険です。経験が浅い行政書士が、失敗しがちなケースのひとつをご紹介します。開業して間もない先生は注意です。依頼人からの話を鵜呑みにした結果、どんなトラブルになるのか?そうならない為には、どうすれば良いか?などを説明していきます。

  • 【行政書士開業】初めての仕事の話【実務経験なしで依頼を受任した体験談】

    行政書士は、登録すれば仕事をすることができます。そこで不安になってくるのが「初めての仕事」だと思います。初めての仕事はどこから来るのか?実務経験なしで依頼に対応できるのか?本記事では、私が初めて受けた仕事の体験談のほか、他の先生方の初めての仕事についてもご紹介していきます。

  • 行政書士の資格で大手企業へ就職・転職することはできるのか?

    行政書士という資格は独立開業型の資格ですが就職や転職にも活かすことができます。先日、知り合いから「行政書士の資格を取得して大手企業に就職・転職することができるのか」という質問をされました。私は普段、行政書士として活動しているので、いろいろな情報が入ってきます。その立場から、大手企業への就職についてお話します。

  • 「行政書士はやめとけ」と言われました【実際のところ…どうなのか?】

    「親や友達に話したら行政書士はやめとけと言われました。実際のところ、どうなのでしょうか?」といった質問に答えます。実は、私も行政書士の受験を決めた時に、友人から同じようなことを言われました。行政書士の資格で開業して6年目。実際のところ、どうなのかを話していきたいと思います。

  • 【行政書士開業】実務経験なしで仕事をしていくには【体験談】

    「実務経験なしで行政書士の仕事ができるのか?」という疑問に答えます。私も、実務経験なしで開業だったので同じように悩み、ネットや書籍、知り合いに聞いたりしていろいろ調べました。本記事では、実務経験なしでの開業について、どうやって仕事をしていったら良いのかなど体験談をもとにお話していきたいと思います。

  • コンサルティング能力の高い行政書士が評価される話【時代の変化】

    書類作成のプロである行政書士にも、コンサルティング能力は必要です。行政書士が「代書屋」と言われていた時代には、それほどコンサルティング能力は必要なかったのかもしれませんが、現在ではコンサルティング能力で行政書士が評価される時代になっています。本記事では、行政書士のコンサルティング能力について必要性などを説明しています。

  • 【収入UP】行政書士の稼げる業務【ネットで稼げないと言われている理由】

    行政書士として開業するにあたって、どの業務を専門にやっていくか悩んでいませんか?行政書士の業務範囲は広いですが、稼げる業務はそれほど多くはありません。今回は、稼げる業務についてご紹介します。私がこれまで知り合った「稼いでいる行政書士」が、実際にどの分野をメイン業務にしていたかです。

  • 【行政書士】提携する他士業の探し方・付き合い方【協力が必要な業務】

    行政書士として開業すると、他士業の協力が必要な依頼がよくあります。開業したばかりだと、そういった他士業の知り合いがいない。もしくは少ないですよね。提携する他士業をどうやって探せば良いのか?また、そのような他士業とどのようにして付き合っていけば良いのか?経験談を含めてお話していきます。

  • 行政書士の悩みや疑問を解消するには【開業後の体験談から解説】

    行政書士として開業をすると悩みや疑問がいろいろと出てきます。「実務に関すること」や「事務所運営に関すること」など。今回は、そういった悩みや疑問をどのようにして解消したら良いのかについてお話していきたいと思います。実際に私が開業してから現在までで、悩みや疑問を解消してきた体験談でもあります。

  • 【重要】行政書士として独立開業する心構え【プロ意識と責任を持つ】

    『行政書士として開業する予定です。心構えなどがあれば教えてください』という質問に答えます。開業にあたり心構えをもつことは大切なことです。実は何の心構えがないままに開業する人が結構います。行政書士はひと昔前と違い資格を取得しただけでは食べていけません。今回は、行政書士として独立開業する心構えについてお話したいと思います。

  • 行政書士試験の勉強で、心が折れたときの対処法【体験談】

    行政書士試験の勉強で心が折れた時の対処法です。行政書士試験に合格するには、600~1,000時間の勉強が必要だと言われています。なので、けっこう長い期間、勉強することになります。最初はやる気がみなぎっていた人も、途中でダメになったりと、そんなケースも珍しくありません。行政書士を目指す方の参考になれば幸いです。

  • 【行政書士試験】一般知識問題『IT用語』の勉強方法【足切り対策】

    行政書士試験では一般知識の科目があります。その中でIT用語に関する問題は、毎年のように出題されます。今回は、私が実践していたIT用語の勉強方法について解説します。一般知識問題には足切りがあります。いくら法令科目で満点をとったとしても、一般知識問題で足切りに引っかかれば不合格です。油断しないようにしましょう。

  • 【悩み相談】行政書士との面談を有意義なものにする為に【事前準備/注意点】

    何らかの悩みがあって行政書士に相談がしたいという方へ。今回は、面談による相談の注意点をまとめました。初めて相談に行くという方は、行政書士との面談を有意義なものにする為に、参考にしてみてください。実際に私の事務所へ相談に来ていただく際に、事前にお客さんに伝えている内容も紹介しています。

  • 【行政書士の集客方法4選】開業したばかりの新人必見!失敗しないための注意点

    行政書士として開業したものの、具体的にどのように集客してよいか悩んでいませんか?私も開業したばかりの頃、とてつもなく悩んでいました。本記事では、開業6年目の行政書士が、これまでの経験をもとに「集客方法」について解説します。具体的にどう集客すれば良いか。集客する前に準備しておくことなど。

  • 行政書士は「先生」と呼ばれます【さん付けでも失礼ではありません】

    「行政書士さんと知り合いました。何て呼んだら失礼になりませんか?〇〇先生?〇〇さん?呼び方を教えてください。」という質問に答えます。今回の呼び方については、行政書士だけでなく他の8士業にも共通しています。士業を営んでいる人と関わる機会があったら、本記事に書かれている呼び方を自信をもって実践してください。

  • 【稼ぐ】行政書士とマンション管理士の相性は良いのか【ダブルライセンス】

    行政書士の資格だけで開業するのが不安。と悩んで、他資格の取得を考えている方は少なくないと思います。今回は、その候補のひとつである「マンション管理士」について解説します。行政書士とマンション管理士の相性はどうなのか?マンション管理士の資格を取得を検討している方の判断材料になると思います。

  • 行政書士試験合格は「すごいこと」なのか?【取得した経験から解説】

    「行政書士試験に合格することはすごいことなのか?」この質問に答えます。私は2016年に登録・開業し現在まで行政書士業を続けています。私が行政書士試験に合格した時、まわりがどんな反応だったのかなど、体験談についても話していきたいと思います。

  • 行政書士試験に2回落ちました。もう諦めたほうが良いのでしょうか?【経験からアドバイス】

    「行政書士試験に2回落ちました。もう諦めたほうが良いのでしょうか?」といった質問に答えます。「自分には法的センスがないのかも…。」「このまま勉強を続けても合格できる気がしない…。」不合格が続いて、こんな悩みを持っている人向けの記事です。3回目の受験で合格した管理人の経験に基づいて説明します。

  • 行政書士事務所の営業時間と残業【勤務日・休日労働】

    「行政書士の資格で開業予定だけど、事務所の営業時間や休日はどのように決めたら良いのかな?」「資格を活かして行政書士事務所に就職したいけど、残業や休日労働はあるのかな?」この記事では、行政書士事務所の営業時間や残業、休日などについて、行政書士の資格で開業している私の経験から具体的に説明していきます。

  • 不動産業界での経験は行政書士業に活かせるのか?【取扱業務】

    不動産業界から行政書士になろうという方も少なくないと思います。実は私も、不動産業界にいました。「不動産業界での経験は行政書士業に活かせるのか?」経験をもとに具体的に解説していきたいと思います。不動産業界から行政書士業界へ行くか悩んでいる方の参考になれば幸いです

  • 行政書士からのステップアップ【開業した私が思う相性が良い資格と注意点】

    行政書士資格が取得できた場合の進路について。「資格を活かして就職や開業をするか?」「ステップアップして他の資格に挑戦するか?」今回は「行政書士からのステップアップ」について、開業6年目の立場から行政書士と相性が良い資格や、他の資格に挑戦する際の注意などをお話していきいたいと思います。

  • 【行政書士になる!】法学部の大学生が資格試験に挑戦【注意点】

    知り合いの大学生が行政書士試験に挑戦しました。そこで今回は、学部についてのことや資格試験、行政書士登録、開業などについてお話したいと思います「合格するには法学部が有利なのか?」「大学生で行政書士資格を取得するメリットとは?」こういった疑問についてお答えします。その他、勉強法や開業資金についても話を広げていきます。

  • 行政書士資格を活かして就職する【履歴書と面接の注意点】

    行政書士という資格は、基本的には「独立開業型」の資格ですが、就職の際の自己アピールとしても使うことができます。今回は、行政書士資格を活かせる就職先や、職場を選ぶ際のポイント、履歴書や面接の注意点などについてお話したいと思います。私の体験談などもご紹介します。

  • 行政書士資格の使い道~独立開業という選択肢について

    行政書士の資格を取得したものの、その使い道に悩んでいませんか?試験に挑戦する前から、しっかりと使い道を決めていた人は問題ないと思いますが、ざっくりとした合格のイメージだけで試験に挑戦したという人も少なくないと思います。今回は、「独立開業」について、私の開業した経験を元にあれこれ話していきたいと思います。

  • 「行政書士は仕事がない?」開業してみて分かった真実について

    今回は「行政書士は仕事がない?」という噂について、実際に私が開業してみて分かった真実について書きたいと思います。「行政書士の資格には興味があるけど、取得しても仕事がなくて食べていけないのでは…」と悩んでいる方はぜひ読んでみてください。

  • 小遣い稼ぎで行政書士業を始める【注意点を解説】

    社員の副業を認める会社が増えてきました。休日や勤務時間外を利用して、収入を得ることができれば、今よりも生活に余裕のある暮らしができます。今回は、行政書士の資格を使って、本業以外の収入を得たり小遣い稼ぎをしたりする場合のメリットやデメリットなどを説明していきます。

  • 行政書士の資格で開業「食える?」「食えない?」現役行政書士が説明

    昔から言われている「行政書士の資格で食えるのか?食えないのか?」という疑問について、行政書士生活6年目の立場から語ってみたいと思います。ネット上での評価を見ると、「食えない資格」と思っている人が多いように感じます。実際のところはどうなのか?

  • 【行政書士・開業】事務所用のクレジットカードを作った方が良い理由

    「開業する際に、事務所用のクレジットカードを作ったほうがいいのか?」私も行政書士として開業する際に悩みました。私の経験なども含めてお話します。今回の記事を読んでいただければ、事務所用のクレジットカードが必要かどうか判断できると思います。

  • 行政書士の実務は、行政書士会が実施する研修だけで覚えられるのか?

    「行政書士の実務は、行政書士会が実施する研修だけで覚えられるのか?」実務経験なしで開業する場合、この点を気にする人が多いと思います。私は実務経験なしで開業しました。その経験から、実際のところどうなのか?について話したいと思います。

  • 【行政書士試験】一発で受かるには?合格した経験から解説

    行政書士試験で一発で合格するためにはどうすればいいのか?勉強のコツを、管理人の合格体験記からご紹介します。私が受験生だった頃、この記事にかかれている内容はすべて実践しました。短期間での合格を目指している方の参考になれば幸いです。

  • 行政書士の資格は取得しても意味がないのか?【開業した経験から話します】

    「行政書士の資格を取得しても意味がない」ネットで、こんな言葉を目にしたことがあります。行政書士の資格は取得しても意味がないものなのか?行政書士歴5年の管理人が、実際のところどうなのかを話していきたいと思います。

  • 行政書士は、どのくらいの年収なのか?【平均年収/差が出る理由】

    行政書士になったら、どのくらいの年収になるのか?平均年収は?年収に差がでる理由とは?今回は、こんな疑問について答えていきます。行政書士になって、もうすぐで6年目。 私の経験も含めて書いていきたいと思います。

  • 【独立開業可能な資格】行政書士試験の難易度について【合格体験】

    コロナの影響で、独立開業できる資格が注目されています。行政書士も独立開業できる資格なので、受験者数が増えています。今回は、行政書士試験の難易度についてです。行政書士試験に独学合格した経験をもとに、私なりに行政書士試験の難易度を解説していきたいと思います。

  • 「行政書士試験は簡単」ネットの情報を信じて受験を決めないほうが良い

    ネットで検索すると「行政書士試験は簡単」なんて書かれていることがあります。「本当に簡単な試験なのか?」ネットの情報を鵜呑みにして、行動を起こすと痛い目にあうことがあります。行政書士試験に合格した経験をもとに、実際のところどうなのかを説明していきます。行政書士試験への挑戦を悩んでいる人向けの記事です。

  • 仕事しながら行政書士試験に独学合格するコツ【勉強の習慣化】

    「働きながら」「仕事をしながら」行政書士試験に合格するコツを、筆者の経験からご紹介します。行政書士試験は、弁護士や司法書士、税理士などの資格と比較すると難易度は低めですが十分に難しい資格です。正社員やアルバイト、パートなど雇用形態に関係なく、初学者にとって仕事しながらの勉強はかなり大変です。

  • 【注意】行政書士とサラリーマンの兼業【簡単には稼げません】

    行政書士とサラリーマンの兼業についての記事です。「行政書士との兼業は認められるのか?」「副業で行政書士業をやるメリットは?」「兼業で注意すべきことは?」などの疑問について解説していきます。これまで行政書士として活動していく中で、様々な職業と兼業している先生を見てきました。そんな経験から語ります。

  • 行政書士の資格が役に立つ理由【現役の行政書士が説明します】

    私は行政書士として開業5年目なので、行政書士の資格が役に立たないなんて思ったこともないですが、世間では役に立たない資格だと思っている方も少なくないようです。ネットでは「取得しても役に立たない」「勉強するだけ無駄」なんて意見もよく見られます。こういった意見についてコメントしていきたいと思います。

  • 【行政書士試験】独学での合格が無理ではない理由【合格率と試験内容から理由を説明】

    行政書士試験に独学で合格するのは無理ではないです。正しい勉強方法をとれば働きながらでも合格できます。本記事では、行政書士試験の独学での合格が無理ではない理由について、「合格率」と「試験内容」という2つの視点から説明していきたいと思います。独学で挑戦するか悩んでいる方は、ぜひ読んでみてください。挑戦する気になれます。

  • 行政書士試験に半年で合格する勉強方法【学習計画の立て方/効率的に勉強をするコツ】

    行政書士試験は「簡単だ」など言われることがありますが実際は難しいです。「そんな試験に半年で合格するにはどうしたらいいのか?」現役行政書士が勉強方法を教えます。「学習計画の立て方」や「勉強のコツ」など解説しているほか、独自のモチベーション維持の方法も紹介しています。

  • 【行政書士試験】おすすめの基本テキスト3選【合格体験記より】

    行政書士の試験勉強で使用する「基本テキスト」を決めるのは、合否を左右する重要な作業です。ここを間違うと勉強の効率が下がりますからね。今回は、行政書士試験で強力な武器になる「おすすめの基本テキスト3選」と「基本テキストの選び方」についてご紹介します。

  • 「遺贈の放棄」は遺言者が生きているうちはできない【特定遺贈と包括遺贈の違い】

    遺贈の放棄についての記事です。「遺贈の放棄はいつできるのか?放棄した財産はどこへ行くのか?」「特定遺贈と包括遺贈の放棄の違いは?」「受遺者が遺言者よりも先に亡くなった場合どうなるのか?」などの疑問に答えます。遺贈について、最低限知っておいたほうが良いこと分かりやすく解説しています。

  • 「贈与と遺贈の違い」と「遺言書に書いた財産を生前に処分できるのか?」について

    「贈与」と「遺贈」について、意味や行為、課税される税金、権利移転の時期などの違いを行政書士が分かりやすく解説します。そのほか「遺贈する」と遺言書に書いた財産を生前に処分できるのか?についても説明します。相続や贈与、遺贈との違いが分からないという方の参考になれば幸いです。

  • 【相続とは?】どの時点から相続は開始されるのか?【失踪宣告】

    「相続とは?」「どの時点から相続は開始されるのか?」など疑問に答えます。本記事では相続の基本となる知識について行政書士が解説しています。失踪宣告や、相続できる財産についても分かりやすく説明しています。初心者向けの記事です。

  • 遺言執行者の指定と認められている権利【家庭裁判所への選任の申し立て】

    「遺言執行者を指定する方法」や「認められている権利」、「家庭裁判所への遺言執行者選任の申し立て」などについて解説します。行政書士として、顧客から「遺言執行者を指定したほうが良いのか?」という質問を受けます。そういった時、私は指定するようにすすめています。その理由についても説明します。

  • 【遺言書の保管】公正証書遺言以外の遺言書を発見した際の注意点

    「遺言書の保管についての注意点」や「おすすめの遺言保管場所」、「公正証書遺言以外の遺言書を発見した際の注意点」など行政書士が解説しています。遺言書に関係する権利や義務についてなど、細かい疑問が解消されると思います。

  • 作成した遺言書の内容を「撤回」または「一部変更」する方法【注意点】

    遺言は、遺言者の意志を尊重するものです。なので、遺言者はいつでも遺言内容について撤回や変更をすることができます。本記事では、遺言の撤回や一部変更について、具体的な方法や注意点などを説明しています。行政書士として相談業務をするにあたり、よく質問される内容を書きました。読んだ方の疑問が解消されれば幸いです。

  • 【一般危急時遺言とは?】作成方法と注意点~家庭裁判所の確認・検認

    法律(民法)で定められている特別方式は、危急時遺言と隔絶地遺言に分けれていて、さらに危急時遺言は、一般危急時遺言と難船危急時遺言に分かれています。本記事では、「一般危急時遺言」について、作成方法や注意点、家庭裁判所での確認や検認、無効になってしまうケースなどを行政書士が分かりやすく解説しています。

  • 【秘密証書遺言】検認は必要なのか?手数料や保管場所について解説

    先日に引き続き「秘密証書遺言」についてです。「検認が必要なのか?」「作成するための費用・手数料はどのくらいかかるのか?」「作成した遺言はどこで保管するのか?」などの疑問に現役行政書士が答えます。秘密証書遺言の封筒の中に、自筆証書遺言を入れた場合どういった扱いになるのかについても説明します。

  • 【秘密証書遺言とは?】代筆やパソコンでの作成も可能【メリット・デメリット】

    遺言の作成する場合、ほとんどの方が自筆証書遺言または公正証書遺言を選択されますが、民法で定める遺言の方式には「秘密証書遺言」というものもあります。本記事では「どいういった遺言なのか?(作成の流れ)」「代筆やパソコンでの作成も可能なのか?」「この方式で遺言を作成するメリット・デメリットは?」などの疑問に答えています。

  • 【遺言】録音・録画は認められるのか?封筒に入れて封印としないと無効なのか?

    遺言に関する疑問についての記事です。「録音・録画は遺言として認めらるのか?」「自筆証書遺言は、封筒に入れて封印としないと無効なのか?」「遺言者の住所は、自筆証書遺言に書かなければいけないのか?」という疑問に、現役の行政書士が答えています。

  • 【遺贈とは?】自分が亡くなった後「相続権のない人」や「会社」などに財産を譲る方法

    自分が亡くなった後、相続権のない人や法人に財産を譲りたいという方もいると思います。本記事では、そういった方々に財産を譲る方法のひとつとして「遺贈」について説明しています。関連する情報として、特定遺贈や包括遺贈、負担付遺贈などの説明もしています。遺贈を考えている方の参考になれば幸いです。

  • 寄与分を認めてもらうには「客観的な証拠」が必要【話し合いがまとまらない時の対処法】

    遺産分割をするにあたりトラブルになりがちな寄与分ですが、本当の意味で「公平」に遺産分割をするには必要不可欠なものです。2018年の民法改正で創設された「特別寄与料の制度」の紹介も含めて説明していきます。被相続人の財産の維持や増加、介護等に貢献していた方向けの記事です。

  • 【重要】行政書士の資格を目指す前に活用方法を考える【失敗しない開業】

    「行政書士の資格を目指す前に活用方法を考える」ということの重要性について説明しています。意外と考えていない方が多いです。資格取得が目標で、資格取得後のこと考えていない。本記事では廃業した先生の話や、成功しやすい行政書士の資格の活用方法などについてもご紹介しています。

  • 空き家は定期的にメンテナンスしないと後悔することに…放置厳禁

    空き家は誰も住んでいません。だからといって放置していると大変なことになります。必ず後悔することになるので、現地に行って定期的にメンテナンスをしましょう。本記事では問題となるポイントとして「湿気やカビなどによる建物の劣化」と「害虫や臭いの発生」の2点をあげて対策などを説明しています。

  • 【解説】配偶者に生前贈与・遺贈された居住用建物は遺産分割の対象外になる【条件】

    2018年の民法改正により「配偶者に生前贈与、遺贈された居住用建物は遺産分割の対象外になる」という制度が創設されました。この制度により、夫婦のどちらかの死亡で残されることになった配偶者の不安が軽減されます。本記事では、創設された制度についての条件など、できる限り分かりやすく説明しています。

  • 「配偶者居住権」と「配偶者短期居住権」【どのような権利なのか解説】

    2020年4月よりスタートした「配偶者居住権」と「配偶者短期居住権」について、どのような権利なのかを解説。夫婦の一方が死亡した時に、残された配偶者が自宅に住み続けられない、または直ちに退去しなければならないとなると、配偶者の負担は大きなものになってしまいます。相続が発生した際のひとつの選択肢としてご覧ください。

  • 【生前贈与と相続財産】特別受益の持ち戻しについて解説

    「相続人が、被相続人から生前に特別な贈与を受けていた場合、遺産分割はどのようになるのか?」という疑問に答えます。本記事では、生前贈与と相続財産の関係、特別受益の持ち戻しについて解説しています。突然発生する相続。知っているのと知らないのでは「気持ちの余裕」が全然違います。該当する可能性のある方は読んでみてください。

  • 【相続】事実婚(内縁)の妻と子に財産を譲る方法【重婚的内縁・特別縁故者】

    「自分が亡くなった時、事実婚(内縁)の妻と子に財産を譲りたい」そういった思いの方もいますよね。何らかの事情があって婚姻届は提出していないけど、正式な夫婦、家族と変わらない生活を送ってきたので財産を残してあげたい。本記事では、事実婚(内縁)の妻と子に財産を譲る方法や、重婚的内縁、特別縁故者などの説明もしています。

  • 【相続・遺言】遺留分とは?遺留分を侵害した内容の遺言は有効なのか?

    相続や遺言の際に「遺留分」という言葉がよく出てきます。本記事では「遺留分とはどういったものなのか?」、「遺留分を侵害した内容の遺言は有効なのか?」という質問について、現役の行政書士が答えています。

  • 【相続・遺言の疑問】相続人がいない遺産はどこへ?遺言で認知できるって本当?

    「相続人がいない場合、遺産はどうなるの?」「遺言で認知できるって聞いたけど、本当?」こうした疑問を持たれている方向けの記事です。行政書士をしていると聞かれることがあります。同じような疑問を持たれて、この記事にたどり着いた方のお役に立てれば幸いです。

  • 【子がいない夫婦】配偶者に多くの財産を相続させるには【遺言のすすめ】

    子供のいない夫婦で、自分が亡くなった時に配偶者に多くの財産を残したいという方は多いと思います。本記事では「どうすれば、配偶者に多くの財産を相続させることができるのか?」という質問に行政書士が答えています。

  • 法定相続とは違った相続にしたい場合→遺言書を作成する【遺産分割】

    「法定相続とは違った相続にするにはどうすればいいのか?」、「法定相続でいいなら、遺言をする必要がないのか?」という疑問に行政書士が答えます。相続について考え始めた方の参考になれば幸いです。

  • 【相続】遺言者の意思が尊重されない?【遺留分・遺言の方式】

    遺言は、被相続人(亡くなった人)の最後の意思ではありますが、遺言すれば何でも認められ実現されるわけではありません。本記事では、遺言者の意思が尊重されないケースについて現役の行政書士が解説しています。遺言書の作成を考えている方の参考になれば幸いです。

  • 空き家を活用するための補助金・助成金制度【申請する価値あり】

    空き家に関して費用面での悩みを持っている方は、市区町村役場へ相談に行くことをおすすめします。自治体が、空き家に対して「補助金」や「助成金」などの制度を設けていることがあるからです。本記事では、補助金・助成金制度や便利なサイトなどをご紹介しています。

  • 【相続】不動産を売却する際にかかる税金について【譲渡所得】

    不動産を売却する際にかかる税金について。建物を相続した場合、自分で使用する予定がなければ「売却」という選択肢をとる方も多いと思います。相続であっても、不動産を売却した際には税金がかかります。本記事では譲渡所得について分かりやすく説明しています。

  • 空き家バンクとは?利用する際の注意点【全国版空き家・空き地バンク】

    空き家の活用法を探していると「空き家バンク」という言葉を目にすると思います。本記事では、その空き家バングがどういったものなのか?利用する際の注意点などをご紹介します。空き家の売却や賃貸を考えている方向けの記事です。参考になれば幸いです。

  • 空き家が増加している原因【相続問題・固定資産税の住宅用地特例】

    近年問題となっている空き家について「なぜ増えているのか?」原因について解説しています。本記事では代表的な原因である「相続問題」や「固定資産税の住宅用地特例」などの問題を取り上げてコメントしています。

  • 自筆証書遺言は発見されなければ意味がない【遺言書の保管】

    自筆証書遺言は、公正証書遺言などと違い、一人で有効な遺言書を作成することができます。そのため遺言書の存在を本人しか知らないこともあるので、遺言者の死後に見つからないこともあります。どんなにしっかりと作成したものでも、発見されなければ意味がありません。

  • 自筆証書遺言は「縦書き」「横書き」どちらで作成したほうがいいのか?【専門家紹介】

    自筆証書遺言を作成する場合「縦書き」と「横書き」のどちらで作成すれば良いのか?という疑問に答えます。本記事では、自筆証書遺言を作成する際の注意点や、遺言の専門家に相談・依頼した場合の費用などについてご紹介しています。

  • 【行政書士試験】六法への書き込みの仕方について【合格体験記より】

    行政書士の試験勉強で使う「六法」についての記事です。効率的に六法を使って勉強するには、六法に「書き込み」をしていくことが必要です。本記事では、筆者の合格体験記より、六法への書き込みの仕方について説明しています。

  • 【行政書士開業】報酬額はどうやって決めたらいいのか?【3つの方法】

    支部に入会した新人行政書士から「報酬額」についての相談を受けました。「報酬額はどうやって決めたらいいのでしょうか?」私も新人の頃に、まったく同じ質問を支部の先輩行政書士にしたことがあります。本記事では、3つの報酬額の決め方を紹介します。

  • 仕事で分からないことを先輩行政書士に相談する【注意点】

    行政書士は、試験に合格するための知識が実務で使えないため、開業して間もないころは仕事上の疑問が絶えません。法律上どのような扱いになるか知っていても、実務でどのように処理すればいいかは経験がないと分かりませんからね。本記事では、仕事で分からないことを先輩行政書士に相談する際の「注意点」についてお話します。

  • 行政書士開業【売上目標の立て方】欲しい金額と取扱業務の単価

    「売上目標は、どうやって立てたらいいのか?」という疑問に、現役行政書士が答えます。「毎月いくら欲しいか?」この金額は人によって様々です。自分が欲しいと思う金額と、取扱業務の単価から売上目標を立てていきましょう。立て方を具体的に説明していきます。開業して間もない方の参考になれば幸いです。

  • 自分で自分を管理できない人は行政書士に向いていない【廃業】

    行政書士として開業して5年目。これまで、数多くの行政書士の先生と知り合ってきました。本記事は、そんななかで私が行政書士に向いていないと思った人の特徴のひとつご紹介します。それは、「自分で自分を管理できない人」です。改善策を提案します。これから行政書士業を始める予定の方は注意です。

  • 【注意】自筆証書遺言が無効になる場合【必要事項・加除訂正・文章】

    自筆証書遺言は、時間や場所に関係なく、遺言者の好きなときに作成できるというメリットがあります。しかし、自筆証書遺言は、せっかく作成しても無効になる場合があります。実際に無効になった例も多く、遺言の有効性について裁判になることも珍しくないです。遺言書が無効にならないためには、どうすればいいのか?注意点を説明していきます。

  • 自筆証書遺言で使用する「用紙・筆記具・印鑑」に法律上の規定はあるのか?

    自筆証書遺言は、紙と筆記具と印鑑さえあれば、遺言者の好きな時に作成することができます。この自筆証書遺言で使用する用紙や筆記具、印鑑には、「これを使わないといけない」という法律上の規定があるのか?注意点なども含めて説明していきます。自筆証書遺言の作成を考えている方の参考になれば幸いです。

  • 行政書士試験に落ちたら【来年度の合格に向けて必ずやること】

    行政書士試験は合格率が10%前後なので、ほとんどの人が不合格となります。中には落ちたことがショックで、来年度に向けて何をしていいのか分からないという方もいると思います。私は、2回の不合格を経験しています。その時の経験から、来年度の合格に向けて必ずやったほうがいいことをご紹介します。

  • 【行政書士】イレギュラーな案件を処理する方法【依頼を受ける前にやること】

    行政書士として慣れた業務であっても「イレギュラーな案件」というのは必ず出てきます。そういった時「どのように対応をすればいいのか?」を現役行政書士が答えます。本記事では情報収集のやり方や、お客さんへの説明の仕方についても書いています。

  • 相続した「空き家」を賃貸に出すメリット・デメリット【家賃収入とリスク】

    相続した建物のコンディションが良いなら、誰かに貸すという活用方法もあります。本記事では、空き家を賃貸するメリット・デメリットについて解説します。不動産の賃貸は、様々なリスクがあります。家賃収入などのメリットだけで判断すると後悔します。

  • 使用する予定のない「相続した空き家」は早めに売却したほうがいい【理由】

    建物を相続したら、その使い道に困ると思います。相続開始の時点で別に住居があると、引っ越しでもして自分で使う以外は、売買するか、誰かに貸すかしか活用法がないですからね。今回は、その相続した空き家の売却についてです。早めに売却したほうがいい理由や、売却の流れを説明します。

  • 【行政書士試験・勉強方法】ボイスレコーダーで録音・繰り返し聞いて覚える

    ボイスレコーダーを使った行政書士試験の勉強方法をご紹介します。私が実践した方法を具体的に解説していきます。「現在の勉強方法に飽きた」「勉強していても、すぐに忘れてしまう」という方は、本記事のポイントや注意点を参考にぜひ試してみてください。

  • 空き家を放置することで起こる問題とは?【空き家対策特別措置法】

    空き家を放置することで起こる問題について「老朽化など建物に起こる問題」と、「法律的な問題」に分けて説明しています。平成27年に施行された空き家対策特別措置法(空き家等対策の推進に関する特別措置法)の「特定空き家等」に認定されてしまった場合どうなるのか?空き家を放置してしまっている所有者向けの記事です。

  • 【重要】自筆証書遺言に不動産や預貯金などの財産を書く際の注意点

    「遺言書を書きたいんだけど、不動産や預貯金はどんな感じで書けばいいの?」という疑問に答えます。自筆証書遺言は、間違った書き方をすると無効になります。せっかく作成したのに無効になっては意味がありません。自筆証書遺言に不動産や預貯金などの財産を書く際の注意点について現役行政書士が分かりやすく解説します。

  • 「資格業で生活していけるものなの?」と聞かれたので答えます

    先日、友人から「資格業で生活していけるものなの?」と聞かれました。失礼な感じで聞かれたのではなく、この不景気に資格業&個人事業主で、生活できるほどのお金を稼ぐことができるのか純粋に疑問に思ったようです。そこで、今回はこの質問に答えます。この記事を書いているのは、開業5年目の行政書士です。

  • 遺言書を作成するメリット【自分の好きなよう遺産を渡したい】

    私は行政書士をしているわけですが、相続関連の相談を受けると「遺言書って書いておいたほうがいいの?」なんて聞かれることがあります。そこで、今回は「遺言書を作成するメリット」について話したいと思います。

  • 【解説】遺言書と遺書の違いとは?【法的効果を伴うのはどちらか】

    先日、顧客からこんな質問をされました。「遺言書と遺書は違うものなんですか?」遺言書と似た感じの言葉に「遺書」というものがあります。どちらも死後に残すものではありますが、この2つは違うものです。どう違うのか説明していきます。

  • 【遺言の方式】自筆証書遺言のメリット・デメリットを分かりやすく解説

    遺言の方式には普通方式と特別方式があり、一般的に遺言は普通方式で作成されます。そして、その普通方式は「自筆証書遺言」「公正証書遺言」「秘密証書遺言」の3種類があります。本記事では、その3種類のなかの一つである「自筆証書遺言」のメリットやデメリットなど、特徴について分かりやすく解説しています。

ブログリーダー」を活用して、ひろさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ひろさん
ブログタイトル
ひろらんぷ
フォロー
ひろらんぷ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用