searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

木之内マモル・るふらんさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
木之内マモルの本棚
ブログURL
https://kinouchi935.fc2.net/
ブログ紹介文
自分が書いた本の紹介。 読んだ本の感想。 日記。
更新頻度(1年)

7回 / 5日(平均9.8回/週)

ブログ村参加:2020/11/22

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、木之内マモル・るふらんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
木之内マモル・るふらんさん
ブログタイトル
木之内マモルの本棚
更新頻度
7回 / 5日(平均9.8回/週)
読者になる
木之内マモルの本棚

木之内マモル・るふらんさんの新着記事

1件〜30件

  • ストレス解消費

    昨日、マンション管理のアルバイトに行った。誰とも会う必要がないし、適当に手を抜けばいいのだが、これが実はかなりストレスのたまる仕事だ。一日中黙っているというのもつらいものなのだ。もともと人とはあまりつきあいたくない性分だが、誰も周りにいないというのも苦痛なものだ。そのせいか、アルバイトが終わると街へ出て、何かを買ってしまう。それで無意識に人との交流を求めているのだ。ストレス解消費は必要で、そのため...

  • いくつになっても心労は絶えない。

    齢を取ってくるといろいろなことが起きてくる。相続もその一つだ。何代も前からの物件が片付いていないことが判明することもあって大変だ。よく相続の本が出ているがあんなものは入門書の類で、実際はなかなかに難しい。何代も前の家系図を眺めて悩んでしまったりすることも多い。江戸時代からの家系図を見ていると、日本史の教科書が嘘でなかったことがわかる。歴史の流れの中に人は生きている。...

  • 麻雀が上達する本

    この本は麻雀が上達する本であって、必ず勝つ本ではないのだ。上達はするが必勝はあり得ない。偶然の要素が大きいし、店ぐるみでインチキをやられたら勝てるわけがない。麻雀は、とにかく傾国の遊戯と言って、やっていると夢中になって時間をつぶし財産も使い果たしてしまい、いいことのないゲームなのだ。やらないに越したことはない。麻雀は覚えないのが一番だ。楽しいものではない。...

  • もう麻雀も将棋もやめました

    こういうものはストレスが余計溜まりますね。むだな行為です。本職のようにうまくはならないのです。ネットゲームもずいぶんやりましたがやらない方がいいですね。目が疲労して肩や首筋が痛んで。電気代もバカにならないし。ストレッチをしたり、本を読んだり書いたりした方がいいですね。こういうお酒でも飲んだ方が、安く楽しくひと時を過ごせますね。今、お酒は安いですから、何本か買ってきて自分でカクテルを作ればOK....

  • 何度も死にかけた

    振り返ると何度も死にかけたことがあった。トレーラーに追突された。山で滑落した。勤め先で何度もひどくいじめられた。熱中症で倒れた。原因不明の発熱と下痢をくりかえした。外耳炎が何度もできて39度以上の熱が出た。これらはもう死ぬところなのではなかったのだろうか。家事の問題でも何度も苦しい思いをした。良く自分で今まで生きてこれたものだと思う。気楽なのか能天気なのか。同じか。三食きちんととって、睡眠をきちんと...

  • 木之内マモルの断捨離の本

    3種類のペンネームをキンドル本を書くのに使っている。ライフスタイルの本はるふらん。麻雀の本は木之内マモル。少し学術的な本は寺島武彦。ライフスタイルの本は長く少しずつ読まれる。麻雀の本は出すとすぐに読まれるがすぐに読まれなくなる。学術的な本はまったく読まれない。断捨離の本は私のロングセラーである。...

  • いまだにわからない現代アメリカ文学

     私は大学の英文学科を卒業している。大学の4年生の時に卒業論文に選んだのがこの本だった。内容がまったくわからなかった。なぜ選んでしまったのか、そもそもそこが失敗だった。適当な英語で提出前夜に英語を大学ノートに書きなぐって提出したような気がする。たまに当時のことが懐かしくなって、この本を読みなおすことがある。ますますわからない。だいたいライ麦そのものを見たことが、いまだにないのである。アメリカの青春...

  • キンドル本50冊出版計画進行中。

    私はキンドル本50冊出版計画を今年の8月から初めて11月中旬の現在41冊を出版している。読んでもらえている本もあるし、まったく1ページも読まれない本もある。何が売れ行きに関係しているのか不明。時間をかけて作り自信を持って発行した本が1ページも読まれないということもあるし、簡単に作った短い本が読まれたりもする。この本は爆発的ではないがちらほら多くの人に読んでもらえている。短くて、地味な内容なのがいいのかもし...

  • 今日からまたブログ始めます。

     このブログは、私、木之内マモル(またの名をるふらん)の読書記録と、自分の書籍の広告です。時々日記に使います。...

カテゴリー一覧
商用