searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

M子さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
自閉症、発達障害 Diary
ブログURL
https://emukomama.hatenablog.com/
ブログ紹介文
小学1年、支援級に入学しました! 移動支援の資格取得中☆障害系の本のまとめもしてます!
更新頻度(1年)

12回 / 11日(平均7.6回/週)

ブログ村参加:2020/11/21

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、M子さんの読者になりませんか?

ハンドル名
M子さん
ブログタイトル
自閉症、発達障害 Diary
更新頻度
12回 / 11日(平均7.6回/週)
読者になる
自閉症、発達障害 Diary

M子さんの新着記事

1件〜30件

  • 子どもの友達、遊びに来た【夜日記】支援級生と。

    親として知識の幅を広げたいね 今日はけっこう強烈な本(ケーキの切れない非行少年たち)の概要を 書いてみましたが いかがだったでしょうか? 読み返してみて、けっこう怖いはなしだなぁと 自分でも複雑な気持ちですが、 とても良い本だったので、また明日まとめてみようと 思います。 主人が言うには、もしこうなったら(自分の子が犯罪に)どうしよう…? という怯えた気持ちで本から学ぶのは良くない、 と言われましたが、どうでしょうか? けど、わたしは こんな風にならないように育てよう、というネガティブな気持ちではなくて わたし自身の知識の幅を広げるために読んだつもりです。 真意を夫に伝えるのは難しいけれど い…

  • 少年院に知的障害の割合は多い『ケーキの切れない非行少年たち』①宮口幸治さん

    少年院・発達障害・犯罪…という文字で即買い 『ケーキの切れない非行少年たち』 という 興味深いタイトルを目にし 一度、本屋でパラパラとめくってみたことがあります。 先日、本屋さんでうろうろしていると どうしても又、気になり、本を手に取ることにしました。 最初はパラパラと立ち読みしていたのですが 立ち読みしているうちに、どんどん引き込まれ 気が付いたらカゴに入れていました。 なぜかと言うと、立ち読みしてる途中で 「発達障害や軽度知的障害を持った子供たちが少年院の半数以上いる」 という部分を目にし これは、買っておかねば!と思ったからです。 というのは、このままのらりくらりと 子どもを育てていて …

  • 悲観、楽観、そして…【自閉症育児ブログ】

    まだ始めたばかりですが ご訪問が徐々に増えてきて こうして繋がれたことに感謝いたします。 発達障がい児を抱えたお母さん、お父さん 御兄弟の方なら なにかしら 日々 モヤっと思うところがあると思います。 わたしも、もちろんそうです。 将来のこと、現在のこと、過去の後悔… 自分を責める気持ち、若かりし頃の不摂生 妊娠中のこと。。 やっぱり、一番 気持ちが引っ張られるのは 過去。 自分を責める 自分が障がいに関する何か原因を作ったのではないか? という 考えてもどうしようもないことを 考えてしまいます (´;ω;`)ウゥゥ 論理的に物事を捉える夫に こんなことを言っったとしたら きっとこう言われます…

  • 支援級でイヤだったこと…デメリットではないが個人的にちょっと…

    支援級に通っていて やだなって思ったことが2つ3つあります。 でも、そんなことって どんな環境だって完璧な所なんてないことは解っています。 ただの愚痴みたいなもんです(笑) いや、健常児(第一子のほう)の普通級でもいろいろありますから、 どこでもいろんなことがあるのは前提です。 ただ、 現在、これからの就学先に悩んでいるかたにとって 何か一ミリでも役に立つものになればいいなと思って記しておきます。 毎日の先生とのやりとり ちょっと前にあったことなのですが、 夏ぐらいだったんですけど。 先生と家庭では毎日連絡ノートでメモを見せ合うことになります。 家庭から見て、その子に対して 「今日調子が良い/…

  • 反復行動を減らすには【自閉症特徴】きっかけをとり除く

    これまで、社会的な生きづらさや 限局的反復行動についてまとめてみました。 反復行動は「きっかけ」から始まる では、反復行動を変えるにはどうしたらいいでしょうか? 応用行動分析においては 「トリガーとなるもの」いわゆる「きっかけ」となるものを取り除くことで 行動を変えることはできるそうです。 これってよく一般の人にも言えますよね。 もし、ダイエットのためにおやつを食べるのをやめられない人は そもそもおやつを家の中から、一切置くことをやめるとか。 自閉症の場合は本人自身の応用が利かないので 「あぁ、このことを繰り返しているな」という自覚がないのです。 なので、自動的に繰り返し行動してしまいます。 …

  • わたしってダメな母親なんじゃないか?の妄想

    たまに襲う虚無感 もともと落ち込みやすいわたし。 子どもが知的障害だ ということに関しては もう受容の段階を経て 今後のことを考えられるようになっているのですが。 でも、たまに襲う 「わたしってダメな母親なんじゃないか?」という悪のループ。。 今日もそうでした。 いつものごとく、息子を小学校まで迎えに行ったのですが 他のママさんと談話していて… 「〇〇くんのお母さんは、療育へ2つも行っていて さらに自閉症用の塾へも行かせているんだって。 すごいね~」 という なんてことない話を聞いていました。 そんな時、私の脳をを過るのが 「わたしって全然こども第一に思ってあげられてないのではないか?」 とい…

  • 会話が成り立たない( ノД`)けど、がんばるよ。

    空想上の世界にいる 幼稚園の頃と打って変わって 途端にベラベラとしゃべりだすようになった息子。 割と意味のある文章になってきたと思います。 2歳3歳ぐらいまでは本当に一言も喋らず、 喋ったとしても単語だけだった… 「本当にこの子は将来意味のある言葉を喋るのだろうか?」 という不安に駆られていました。 幼稚園に入る前 「幼稚園行かせてもいいか」ということを口の医師に相談したところ 二語が出てきたということはすぐ文章になるから大丈夫!自信持って幼稚園行かせて! と言ってくれました。 なので、比較的のびのび系の幼稚園に入れることができました。 幼稚園で学んだあきらめない気持ち 幼稚園は本当に良かった…

  • 自閉症の特徴~繰り返しまくるのはなぜ?の回答『自閉症スペクトラム症』岡田先生③

    今日は昨日お知らせしたとおり 限局された反復的行動 について調べたことをまとめたいと 思います。 今日参考にさせてて頂いた本もこちらの方になります。 こちらは自閉症に関する 2020年7月30日が第1刷発行、ということで 自閉症に関する書籍としては最新版に近いのでは…?と思っております。 夫が買ってきてくれたので 夫の次に私が読んでいるという次第です。。 今日は、限局的な行動について調べたことを発信したいと思います。 同じ行動パターンを繰り返す(常同行動) 自閉症の子は同じ同じ決まった行動を繰り返すと落ち着くのです。 親を困らせたくてやっているというよりかは そうすることで自分が落ち着くのです…

  • 支援級と支援学校選び~経験からその②後悔?

    スクリーニング まず前提として 小さい頃から何らかの発達の遅れがあり 療育へ行っている親御さんならほとんどが就学前相談を受けると思います。 私の場合 のはなしになりますが 初回の説明会ではうちの自治体(東京都某区)ではすごくたくさんの方がいました。 およそ、100から150人くらいいたかな?と言っても過言ではないぐらい 集まっていたと思います。 「もしかして、この子何かが遅れているのかも?」 「普通の子よりちょっと言葉や勉強面で遅れをとっていそうな気がする」 そんなグレーゾーンを含めたお子さんは年々増えている、ということは よく聞く話題です。 なので未就園児の発達支援センターへ行き、その流れで…

  • 自閉症の特徴・対処法まとめ~その②本『自閉症スペクトラム症』岡田尊司先生

    障害どうかがかわかる指標~DSM-5 私はこのDSM-5のことを、とある本を読んで知ったのですが もしかしたらあまり知られていないのかもしれません。 なんのことかというと、 DSM-5とは、 アメリカ精神医学会の最新の診断基準 という意味です。 自閉症スペクトラムの診断は主に症状と経過によって変わりますが 大きく2つの判断指標があります。 社会的コミュニケーションの障害 と 限局された反復的行動 です。 基準としては、次の4つの症状のうち、少なくとも2つの症状が 当てはまっていることが診断には必要です。 社会的コミュニケーションの障害とは 1、同じ行動パターンを繰り返す 2、決まった行動や考え…

  • 自閉症の特徴・対処法まとめ~その①本『自閉症スペクトラム症』岡田先生

    ASDと診断される人たち 自閉症スペクトラムの子が近年増えている とどの本やサイトにも書かれています。 特徴としては、 自分から話しかけたり、雑談を交わすのが苦手。 音や光、匂いなどに敏感で 生きづらさを感じている、という特徴があります。 自分の決まったやり方などにルールを守っていて なかなかそれは曲げられない といった特性も併せ持っている人が多いです 自閉症スペクトラムをお持ちのお母さん達なら 度々そういった大変さに 遭遇していると思います。 本から学ぶ~子どものために知っていきたい うちの子は、軽度の知的障害と自閉症スペクトラムと診断されています。 我が家の場合、夫がかなりいろいろな本を買…

  • 支援級生活~7か月☆勉強は何より大事だと決意した

    一人一人に合わせたプリントを解く 支援級は、学習指導要領に沿わないので 一人一人がプリント学習になります。 あ、もちろん、そろって習うのが基本です。 例えば、ひらがなの「あ から ん」までは 皆、そろって習っていきます。 でも、習熟度がその子それぞれ違うので その子に合わせたプリントが配られて 担任の先生&介添えさんが 丸付け→直しをしてくださいます。 うちは、 勉強自体は嫌いじゃないので、ありがたいのですが あまりストレスがかかると体に現れてきます。 どんなことかと言うと…? なぜだか、足をバタバタ動かす癖がついてしまいました。。 無理やりやらせるとそうなります。 特に、叱りながらやると逆効…

  • 支援級と支援学校選び~経験からその①

    支援級と支援学校…普通級。迷いますよね ※以下の記事は、あくまでもうちの自治体(東京都内某区・限定)のみの はなしなので、鵜呑みにされないことを願います。 詳しくはお住まいの区役所の教育課にお問い合わせいただくのが 一番だと思っています。 もちろん、うちも進学先はとことん悩みました。 けど、結論から言いますと

  • 自己紹介~自分を好きで在りたい

    初めまして。 私はアラフォーの 在宅で仕事をしている、主婦であり母親です。 東京住みで 子ども達は小1と小4。 娘は普通級。息子は支援級に通っています。 夫は3つ年上の団体職員。 どうぞ、よろしくお願いいたします!! 穏やかな決断。ずっとここで育児をする 地方都市出身のわたしは、大学卒業の22歳までを地元で過ごし その後 大阪に4年住んでいました。 本当に楽しい日々で 地元とは全く違った空気や人と触れて まさに青春時代、独身貴族を味わい尽くしたと思います(笑) 地元へ帰り そこで2~3年。 浮かない人生が始まりました。 そのころの恋人とも別れ 仕事もやめることになり なんにもない自分に向き合っ…

カテゴリー一覧
商用