searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

もとき えかさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
育児漂流2.X
ブログURL
https://ecca-moto.hatenablog.com/
ブログ紹介文
育児漂流 記憶と記録 狭い世間をあっちこっち漂流中……な二児の母のブログです。
更新頻度(1年)

2回 / 5日(平均2.8回/週)

ブログ村参加:2020/11/20

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、もとき えかさんの読者になりませんか?

ハンドル名
もとき えかさん
ブログタイトル
育児漂流2.X
更新頻度
2回 / 5日(平均2.8回/週)
読者になる
育児漂流2.X

もとき えかさんの新着記事

1件〜30件

  • 小1女子のライフハック

    うちの小1女子はこれまで宿題が面倒くさかったらしい。 今年のクリスマスには16弦ライアーを貰ってオリンポスごっこをするつもりだったり、将来の夢は紫式部だったり、昨年の就学時健診ではしんどいことになったりしたていた女の子のことだ。 話は飛ぶけれど、彼女は現在無事に兄と同じ近所の小学校に通っている。そこに至るまでのオハナシはまた別途ということになるけれど、ふたを開けてみれば、色々心配していた割に随分楽しそうにやっている。 先生が大好きで(担任は優しく素敵なお姉さま先生だ。)教室では積極的に授業に参加していると聞く。そして友達もいるようだ。充実している。 けれど彼女は、地道な漢字の書き取りや問題数多…

  • 一体どうした? お嬢さん。

    彼女=うちの小1女子。上に小4兄がいる。 前回までのお話 娘を巡る小さな冒険(ブログ内リンク) <2018.01~2018.05 「あっちこっち巡れ!」編> もう一人の不安強めな子 彼女の前歯が抜けたときのこと 外で話せなかった彼女 壁を越える 受診×2①(発達外来から眼科へ) 受診×2②(ちょっとふしぎな眼の世界 欄外を埋めていく さらに壁を越えて <2018.05 「インターバル」> <2018.06~2019.03「気が付けば前に進んでいるのかも」編> 療育って何するの? 彼女の外向けの「顔」 ゆるくてたのしいリトルバレエ とびこえる お友達と 彼女だけを見ているならば (おまけ)ブラン…

  • 友人を見送る⑥対話<Ⅰ>

    友人を見送る(2019.11~2020.1) ※湿り気多め。ご注意ください。 「呼ばれる」 「渦の入り口に立つ」 「Yちゃんのおうち」 「希望について」 「未来について」 Yちゃんが入院して、退院して、また入院して……その間も対話は続いていた。 メッセンジャーでのやりとりで。または電話で。連絡をくれる時のYちゃんはいつも雄弁だった。 Yちゃんはうちの子どもたちが家にいる時間帯に電話をくれることがあった。入院中に、子どもが騒いでいる声が聞きたいと言って。病院には生き生きとした気配がなく寂しいからとのことだった。かれらが会話に割り込んで邪魔するのを面白がるのだ。そしてついでに少しおしゃべりもする。…

  • 11月のデネブ(?)

    私がこどもの頃も、こんな時期にやった記憶がある。 息子が理科の宿題で星の観察を出された。近所の友達と一緒にやろうということになって、約束をしてきた。 秋の星空は地味だ、といわれる。いわゆる「秋の星座」といわれているものは、どれもそれほど明るくない星々で構成されている。ペガサス、アンドロメダ、ペルセウス……。有名どころのダイナミックな星座がそろっているのに、なんだかもの寂しい……。 天体観測に向いた土地に出向けば違うのかもしれないけれど、うちは都内(一応)だ。近所は住宅街で灯りが少なく薄暗いけれど、遠くの街の灯りが空を照らしている。だから本当に明るい星しか見えない。空を見上げても、星? どこにあ…

  • 友人を見送る⑤未来について

    友人を見送る(2019.11~2020.1) ※湿り気多め。ご注意ください。 「呼ばれる」 「渦の入り口に立つ」 「Yちゃんのおうち」 「希望について」 Yちゃんの希望は年末年始を家で過ごすこと。お子さんの卒入学を見届けることだった。でも、じつはその先にも一つあった。私たちの出身校ではゴールデンウィークに学校の敷地を使ったお祭りのようなことをやる。同窓会の主催で、卒業生はチケットを買えば参加できる。庭にはバザーや露店が出て、講堂ではミニコンサート。学校にゆかりのある人を招く記念講演のようなものもあったかもしれない。とてもお行儀のいいお祭り。Yちゃんはそれに行ってみたいと話していたのだ。今まで行…

  • 友人を見送る④希望について

    友人を見送る(2019.11~2020.1) ※湿り気多め。ご注意ください。 「呼ばれる」 「渦の入り口に立つ」 「Yちゃんのおうち」 Skypeでのセッションのあと、Yちゃんは予定より早く病院に戻ることになった。 入院中の夜など、吐き出したい思いが募って眠れない時には電話をくれてもいい。話を聞くよ。とメッセージを送ったけれど、彼女がそれに甘えることはなかった。Yちゃんらしい。 結局セッションは一度きりだった。けれど私が仲間にYちゃんとビデオ通話をしたと伝えたら、Yちゃんの帰宅中に何人もがセッションを持ってくれた。 私も、仲間も皆Yちゃんを出来るだけ一人にしたくなかったのだと思う。でも一人にし…

  • まなざし。問えないもの。

    彼女=うちの小1女子。上に小4兄がいる。 前回までのお話 娘を巡る小さな冒険(ブログ内リンク) <2018.01~2018.05 「あっちこっち巡れ!」編> もう一人の不安強めな子 彼女の前歯が抜けたときのこと 外で話せなかった彼女 壁を越える 受診×2①(発達外来から眼科へ) 受診×2②(ちょっとふしぎな眼の世界 欄外を埋めていく さらに壁を越えて <2018.05 「インターバル」> <2018.06~2019.03「気が付けば前に進んでいるのかも」編> 療育って何するの? 彼女の外向けの「顔」 ゆるくてたのしいリトルバレエ とびこえる お友達と 彼女だけを見ているならば (おまけ)ブラン…

  • なりたいものになる

    彼女=うちの小1女子。上に小4兄がいる。 前回までのお話 娘を巡る小さな冒険(ブログ内リンク) <2018.01~2018.05 「あっちこっち巡れ!」編> もう一人の不安強めな子 彼女の前歯が抜けたときのこと 外で話せなかった彼女 壁を越える 受診×2①(発達外来から眼科へ) 受診×2②(ちょっとふしぎな眼の世界 欄外を埋めていく さらに壁を越えて <2018.05 「インターバル」> <2018.06~2019.03「気が付けば前に進んでいるのかも」編> 療育って何するの? 彼女の外向けの「顔」 ゆるくてたのしいリトルバレエ とびこえる お友達と 彼女だけを見ているならば (おまけ)ブラン…

  • ラララ……わたしはオルフェウス……。(えっ?)

    子どもがギリシャ神話の世界に憧れると、欲しがるようになる楽器がある。(個人調べ) それは竪琴。娘が唐突に「クリスマスプレゼントは竪琴がいい……。」と言い出した。んんん? ギリシャ神話に触れて竪琴に憧れるのはわかる。華があるものね。ギリシャ神話に出てきて、良く知られている楽器には「パンの葦笛(パンフルート)」もあったように思う。パンフルートについてはプラスチック製の非常に安価なものも売られている。手に入れやすい。でもそっちじゃなくて竪琴がいいんだよね。やっぱり。見た目の問題だろうか。あと、ギリシャ神話で竪琴を持っているキャラクターは誰も彼もスターだ。華がある。(二度目) でもそれを本当に手に入れ…

  • 侵入者(虫のはなし)

    うちの近所は都内で住宅街(一応……)であるにも関わらず「自然の王国」的な面があり、虫が沢山いる。近くに学校があるせいかもしれない。チョウ・ガ・トンボ・カマキリ・カミキリムシ・コガネムシ・カメムシ・アブ・スズメバチ……。 特にアブはうちの縁側の下に巣を作っているようで、彼(彼女かもしれない)との攻防は夏を通して続く。ここ数年。毎年である。 庭にアブが現れたら、ドラッグストアで「アブやハチに巣を作らせない」スプレーを買ってきて縁側の下に噴霧する。するとしばらくは姿を見せなくなる。けれどひと夏は保たない。忌避効果は大体ひと月。アブは忘れたころに庭に戻ってくる。 アブが姿を見せると子どもたちが怯えて庭…

  • 外へ出る

    彼女=うちの小1女子。上に小4兄がいる。 前回までのお話 娘を巡る小さな冒険(ブログ内リンク) <2018.01~2018.05 「あっちこっち巡れ!」編> もう一人の不安強めな子 彼女の前歯が抜けたときのこと 外で話せなかった彼女 壁を越える 受診×2①(発達外来から眼科へ) 受診×2②(ちょっとふしぎな眼の世界 欄外を埋めていく さらに壁を越えて <2018.05 「インターバル」> <2018.06~2019.03「気が付けば前に進んでいるのかも」編> 療育って何するの? 彼女の外向けの「顔」 ゆるくてたのしいリトルバレエ とびこえる お友達と 彼女だけを見ているならば (おまけ)ブラン…

  • 彼女の外向けの「顔」Ⅱ

    彼女=うちの小1女子。上に小4兄がいる。 前回までのお話 娘を巡る小さな冒険(ブログ内リンク) <2018.01~2018.05 「あっちこっち巡れ!」編> もう一人の不安強めな子 彼女の前歯が抜けたときのこと 外で話せなかった彼女 壁を越える 受診×2①(発達外来から眼科へ) 受診×2②(ちょっとふしぎな眼の世界 欄外を埋めていく さらに壁を越えて <2018.05 「インターバル」> <2018.06~2019.03「気が付けば前に進んでいるのかも」編> 療育って何するの? 彼女の外向けの「顔」 ゆるくてたのしいリトルバレエ とびこえる お友達と 彼女だけを見ているならば (おまけ)ブラン…

  • 十五夜 としまえん 夕暮れ

    きのうは都民の日で、子どもらが終日家にいた。(うるさい)どこにも行かない都民の日だ。(退屈) 十五夜だったので買い物のついでに月見団子だけは買った。そしてお月見のモチーフの型押し干菓子も開けた。 お菓子で遊ぶ 子どもらは色のついた団子には甘い味がついていると思っていたみたいです。 和菓子屋さんで月見団子を買うのは、実は初めてだった。 「月見団子には甘い味がついていない」んですよね。 団子に添えてあったリーフレットにはこんな説明があった。 団子を食べよい大きさに切り、網で炙り、または蒸すなど(電子レンジも可)してください。やわらかくなった団子にきな粉をまぶしたり、醤油や砂糖をつけてお召し上がりく…

  • 面の皮

    彼女=うちの小1女子。上に小4兄がいる。 前回までのお話 娘を巡る小さな冒険(ブログ内リンク) <2018.01~2018.05 「あっちこっち巡れ!」編> もう一人の不安強めな子 彼女の前歯が抜けたときのこと 外で話せなかった彼女 壁を越える 受診×2①(発達外来から眼科へ) 受診×2②(ちょっとふしぎな眼の世界 欄外を埋めていく さらに壁を越えて <2018.05 「インターバル」> <2018.06~2019.03「気が付けば前に進んでいるのかも」編> 療育って何するの? 彼女の外向けの「顔」 ゆるくてたのしいリトルバレエ とびこえる お友達と 彼女だけを見ているならば (おまけ)ブラン…

  • 干菓子礼賛

    今週のお題「好きなおやつ」 *** あられ糖。というお菓子がある。製菓材料のワッフルシュガーもあられ糖と呼ぶようだけれど、それとは別のもの。和三盆糖を使ったお干菓子にも、あられ糖という名のものがある。 形はまんまる。アクセサリーに使うコットンパールのような見た目とサイズ。色は白~ベージュ。一粒ずつ和紙に包まれている。両脇を絞ったキャンディーのような包み方が可愛い。包みを開ければ表面はキメが細かくてさらさら。パウダーシュガーを丸くまとめたような感じ。口に入れるとみるみるうちにほどけて溶ける。甘い。美味しい。幸せ。 このお干菓子は香川県に工場が(←投稿後追記しました)ある「ばいこう堂」さんという会…

  • 小4とあらしとPythonデビュー

    うちの小4息子はステイホーム中に 「ゲームセンターあらしと学ぶ プログラミング入門 まんが版 こんにちはPython」 という本を読んだ。 これはPythonを使ったプログラミング入門の本だ。全編が漫画でとっつきやすい。この本がきっかけでプログラミングに興味を持ったお子さんは彼だけではないかもしれない。もちろん「ゲームセンターあらし」は80年代の漫画なので、お子さんが自らコレ! と手に取ることはなさそうかも?うちのように親世代が「あらしがPython……!? どういうこと……!? 懐かしい……!?」という感じで入手したものが、お子さんの眼に触れるのではないかと思う。 それから数か月、最近ようや…

  • 白くてやわらかくておいしいものなーんだ

    「白くてやわらかくておいしいものなーんだ?」 この謎かけのようなものがずーっとずーっと記憶に残っていた。 確か子どもの頃に目にした気がするのだけれど、詳しいことはまるで思い出せない。出どころは、一体どこの何だろうか? 何かの本で読んだのは間違いない、と思う。 ちなみにこの謎かけの「答え」はよく覚えている。 それは、 「に ん げ ん の こ ど も」 だったはず。怖い問答だ。 だからグリム童話か何かに出てくる「悪い魔女」のようなもののセリフではないかとアタリを付け、そのセンで探し続けていた。けれどなかなか見つからない。 はて、アレは一体なんだったんだろうなァ……と半ば諦めていたら、唐突に娘が学…

  • 賽を振る

    彼女=うちの小1女子。上に小4兄がいる。 前回までのお話 娘を巡る小さな冒険(ブログ内リンク) <2018.01~2018.05 「あっちこっち巡れ!」編> もう一人の不安強めな子 彼女の前歯が抜けたときのこと 外で話せなかった彼女 壁を越える 受診×2①(発達外来から眼科へ) 受診×2②(ちょっとふしぎな眼の世界 欄外を埋めていく さらに壁を越えて <2018.05 「インターバル」> <2018.06~2019.03「気が付けば前に進んでいるのかも」編> 療育って何するの? 彼女の外向けの「顔」 ゆるくてたのしいリトルバレエ とびこえる お友達と 彼女だけを見ているならば (おまけ)ブラン…

  • うつくしい会話

    昨日のこと。 娘(小1)が休み時間に外で遊ぼうと下駄箱で靴を履き替えていたら、クラスメイトのSちゃんから声を掛けられた。 「***(娘)ちゃんって、おもしろいね。」 そしてSちゃんと娘は、一緒に遊んだのだそうだ。 これから遊びに行こうというときにそんな風に声を掛けてくるというのは、 「一緒に遊ぼう。」 と誘うのと同じだ。 無駄なところが何一つとしてない。子ども同士のうつくしい会話。

  • 藪から棒

    彼女=うちの小1女子。上に小4兄がいる。 前回までのお話 娘を巡る小さな冒険(ブログ内リンク) <2018.01~2018.05 「あっちこっち巡れ!」編> もう一人の不安強めな子 彼女の前歯が抜けたときのこと 外で話せなかった彼女 壁を越える 受診×2①(発達外来から眼科へ) 受診×2②(ちょっとふしぎな眼の世界 欄外を埋めていく さらに壁を越えて <2018.05 「インターバル」> <2018.06~2019.03「気が付けば前に進んでいるのかも」編> 療育って何するの? 彼女の外向けの「顔」 ゆるくてたのしいリトルバレエ とびこえる お友達と 彼女だけを見ているならば (おまけ)ブラン…

  • 偏平足:インソールと「動きの見た目」

    彼女=うちの小1女子。上に小4兄がいる。 前回までのお話 娘を巡る小さな冒険(ブログ内リンク) <2018.01~2018.05 「あっちこっち巡れ!」編> もう一人の不安強めな子 彼女の前歯が抜けたときのこと 外で話せなかった彼女 壁を越える 受診×2①(発達外来から眼科へ) 受診×2②(ちょっとふしぎな眼の世界 欄外を埋めていく さらに壁を越えて <2018.05 「インターバル」> <2018.06~2019.03「気が付けば前に進んでいるのかも」編> 療育って何するの? 彼女の外向けの「顔」 ゆるくてたのしいリトルバレエ とびこえる お友達と 彼女だけを見ているならば (おまけ)ブラン…

  • のんびりとした春

    彼女=うちの小1女子。上に小4兄がいる。 前回までのお話 娘を巡る小さな冒険(ブログ内リンク) <2018.01~2018.05 「あっちこっち巡れ!」編> もう一人の不安強めな子 彼女の前歯が抜けたときのこと 外で話せなかった彼女 壁を越える 受診×2①(発達外来から眼科へ) 受診×2②(ちょっとふしぎな眼の世界) 欄外を埋めていく さらに壁を越えて <2018.05 「インターバル」> <2018.06~2019.03「気が付けば前に進んでいるのかも」編> 療育って何するの? 彼女の外向けの「顔」 ゆるくてたのしいリトルバレエ とびこえる お友達と 彼女だけを見ているならば (おまけ)ブラ…

  • ギリシャVSトロイア

    娘は夏休み中に何冊か本を読んだのだけれど、その中に「ギリシャ神話」(石井桃子さんの編訳によるもの)があった。 Amazonで中古を入手した。古本との距離をぐっと近くしてくれるマケプレ万歳! (相変わらずの適当な写真ですみません)石井桃子さんのギリシャ神話。子ども向けの名著ですね。 対象年齢が彼女(小1)よりもちょっと上……だったので、最初は「難しそう……」と手を出そうとしなかったのだけれど、一週間経つ頃には見事にハマった。実はハマることはわかっていたのだ。彼女は星座のおはなし本が好きで、これまで図書室やら図書館やらで良く借りてきていたのだから。ハマらないわけがない。星座のおはなしと言ったらギリ…

  • 夏休み明けの世界線

    夏休みの終わりに近づくにつれ、息子がナーバスになっていった。 今年の夏休みは学校プールがなかったし、とんでもなく暑かったので公園に行っても誰もいない。友人とは誰とも会わずに過ごした。公園については、うちの近所はどこを覗いても夏休み中はほぼ無人だった。倒れる人が次々出るほどの暑さだったのだから。たまに気合の入った高学年から中学生くらいのグループが、人がいないのをいいことに野球やサッカーの練習をしているくらいだった。つまり、夏休み中三週間、友達やクラスメートと全く会わずに過ごした。 それで学校に戻るのが怖くなったということだ。 この感覚は私にもわかる。私も子どものころは良く想像したものだ。 夏休み…

  • 柔らかな側面

    (思い出語り) 「女の子は抱っこするとお人形のようにフワッとしているのよ。」 もう7年近く前のことだ。 下の子を産んだ時、バセドウでお世話になっていたお医者様がそうおっしゃった。 現在の娘はもう抱っこというような歳ではないけれど、未だにそういう感じがある。正常の域ではあるけれど、筋力が弱いのだと思う。"正常域の集団にいるけれどはっきりと弱い子"はいる。具体的にはあれだ。学校のスポーツテストで結果がボロボロの子。まずうちの上の子がそれだ。そして娘もきっとそうだ。 暑い夜にエアコンを付けて雑魚寝していると、娘が私の上に転がってくる。もうさすがに重いのだけれど、そういう理由からだろうか。何となくフワ…

  • STRON750

    コーヒーサーバーを買った。 これまでは長いことZERO JAPANのティーポット(シンプルで美しい)に各種ドリッパーを載せて抽出していたのだけれど、この組み合わせだとドリッパーの形状によっては安定せずにぐらつく……。湯を投入する方の口が狭いのだ。仕方がないので手を添えてドリッパーを支えながら使っていた。これで十分ではあったけれど、不便でもあった。しかも、抽出量を把握するために、デジタルスケールをポットの下に置いていた。ティーポットは透明ではないし、目盛りもついていない。 やっぱりティーポットはティーポットなのだと思う。 で、今回買ったのがこれ。 曙産業のSTRON750というコーヒーサーバー。…

  • 夏休みのヤマ

    遠出の予定のない夏休み。第2週目。 遠出の予定はないけれど、地元の体育館の夏休み水泳教室に申し込んでいたので、今週からそれに参加している。(無事開催されました。) その水泳教室なのだけれど、開始時刻がなんと朝8時……。うわぁ……学校より早いではないの。子ども以上に親が早起きをしなければならない。この時間がネックになって昨年度までは申し込んでいなかった。けれど流石に今夏はこれを逃せばプールに入る機会が全くなくなる(いや、個人でどこかのプールに遊びに行けばいいのだけれど。)ので、ちょっと頑張ることにした。 そういうわけでこの水泳教室が今年の夏休みのヤマだ。 うちは兄弟揃って体育は全部駄目系の子たち…

  • (おまけ)ブランコの漕ぎ方

    彼女=うちの小1女子。上に小4兄がいる。 前回までのお話 娘を巡る小さな冒険(ブログ内リンク) <2018.01~2018.05 「あっちこっち巡れ!」編> もう一人の不安強めな子 彼女の前歯が抜けたときのこと 外で話せなかった彼女 壁を越える 受診×2①(発達外来から眼科へ) 受診×2②(ちょっとふしぎな眼の世界) 欄外を埋めていく さらに壁を越えて <2018.05 「インターバル」> <2018.06~2019.03「気が付けば前に進んでいるのかも」編> 療育って何するの? 彼女の外向けの「顔」 ゆるくてたのしいリトルバレエ とびこえる お友達と 彼女だけを見ているならば うちの子どもた…

  • とうとうハンディファン

    週末にほぼほぼ1年ぶりにニトリに行った。 今、小4息子の子供部屋を少しずつ作っている最中なのでカラーボックスを買いに。あとはこまごましたものをいくつか見繕った。 それでとうとうハンディファンを入手した。ニトリか自社ブランドで売っているUSB充電式のファン。持ち歩いてもいいし、充電台に置いて机で使ってもいいのもの。 わずかだけれどディスカウントしていた。このタイプにはサイズが二種類あって、小さい方は小さなハンドバッグに入るくらいにコンパクト。私が買ったのは少し大きい方で、これだとハンドバッグで持ち歩くのはキツイかもしれない。他には何も入らなくなる。けれど卓上使いをするならば優秀そう。店頭には使用…

  • 彼女だけを見ているならば

    彼女=うちの小1女子。上に小4兄がいる。 前回までのお話 娘を巡る小さな冒険(ブログ内リンク) <2018.01~2018.05 「あっちこっち巡れ!」編> もう一人の不安強めな子 彼女の前歯が抜けたときのこと 外で話せなかった彼女 壁を越える 受診×2①(発達外来から眼科へ) 受診×2②(ちょっとふしぎな眼の世界) 欄外を埋めていく さらに壁を越えて <2018.05 「インターバル」> <2018.06~2019.03「気が付けば前に進んでいるのかも」編> 療育って何するの? 彼女の外向けの「顔」 ゆるくてたのしいリトルバレエ とびこえる お友達と 療育に通い出して以降、彼女の生活は安定し…

カテゴリー一覧
商用