searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

泥魚さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
旅を墨絵に〜泥魚の水墨画ギャラリー
ブログURL
http://www.yunhai.jp/tabiwosumieni/
ブログ紹介文
ごく普通の暮らし、もう無くしてしまったかも知れない原風景、どこか懐かしい、どこか哀しい、そしてどこか楽しい、そんな絵を描いていたい。
更新頻度(1年)

29回 / 61日(平均3.3回/週)

ブログ村参加:2020/11/18

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、泥魚さんの読者になりませんか?

ハンドル名
泥魚さん
ブログタイトル
旅を墨絵に〜泥魚の水墨画ギャラリー
更新頻度
29回 / 61日(平均3.3回/週)
読者になる
旅を墨絵に〜泥魚の水墨画ギャラリー

泥魚さんの新着記事

1件〜30件

  • 2020.12個展作品紹介ー36、帰去来辞/折本。

    36.帰去来辞/折本。 帰去来辞の詩句を篆刻で彫り、その詩意を絵にしたもの。 A4サイズの用紙を横にして5枚つなぎの折本にしたもの。 ユーチューブ画像で御覧ください。 ブログランキングに参加しています。もしよかったらポチンとお願い致します。

  • 2020.12個展作品紹介ー35、熊野古道、小辺路行。

    31.熊野古道、小辺路行 紙本 4尺全紙x2 屏風仕立て 690x160x2 2017年と2018年に友人たちと熊野古道小辺路を旅した。2泊3日の山歩きで猛暑の時であったんで とてもしんどかった。それでも、熊野の山の中の自然に触れて、あんま

  • 2020.12個展作品紹介ー34、鬼の舞。

    34.鬼の舞。 紙本 F20号 606×727 無事、個展は終わってしまったけど、作品の紹介がまだ少し残ってるんで続けてみたい。 九度山町に椎出というところがあって、そこは九度山と高野山の間にある。 毎年8月になると、今年はなかっ

  • 2020.12個展作品紹介ー28,エベレスト街道を行く。

    28.エベレスト街道を行く、ネパール。 F20号 606×727 2017年3月にネパールに行った。カトマンズから、ルクラという山の中の飛行場のある街に飛んで、 そこからトレッキングでヒマラヤ街道を歩いて、ナムチェバザールを通って

  • 2020.12個展作品紹介ー27,月亮湾。

    27.月亮湾。 紙本 1/2半切 675×345 2018年11月に中国の江西省、廬山から安徽省の古村を旅した。 安徽省、婺源県にある月亮湾というところに行った。 夕暮れの月亮湾で漁をする漁師の姿がとても印象的だった。 ブログラン

  • 2020.12個展作品紹介ー26,半酔半醒。

    26.半酔半醒。 紙本 1/2半切 345×675 良寛の詩の詩意を画にしたもの。 良寛詩 寒夜空斎の裡(うち) 香煙時すでに遷(うつ)る 戸外に竹 百竿 床上に書 幾篇 月出でて 半窓白く、 虫鳴いて四隣禅(しず)かなり、 箇中

  • 2020.12個展作品紹介ー25,杜牧、雨詩、詩意画。

    25.杜牧、雨詩、詩意画。 紙本 1/2半切 675×345 杜牧の雨詩の詩意を画にしたもの。 雨 杜牧 雲を連(つら)ね 塞(さい)に接して迢遞(ちょうてい)を添え 幕に灑(そそ)ぎ 燈を侵(お)かして寂寥(せきりょう)を送る

  • 2020.12個展作品紹介ー24,良寛、闘草詩意画。

    24.良寛、闘草詩意画。 紙本 1/2半切 345×675 良寛の闘草詩の詩意を画にしたもの。 闘草 良寛 また児童と百草を闘わす 闘い去り 闘い来たって うたた風流 日暮 寥々たり 人帰っての後 一輪の名月 素秋を凌ぐ ブログラ

  • 2020.12個展作品紹介ー21,白川郷、丘の上から。

    21.白川郷、丘の上から。 紙本 F10 530×455 2011年12月に雪景色を見に、白川郷に行った。雪景色を楽しむには絶好のところであった。 村を一望できる展望台のある丘の上から見下ろした風景は白川郷ならのものでとても 良か

  • 2020.12個展作品紹介ー20,白川郷。

    20.白川郷。 紙本 F10 455×530 2011年12月に雪景色を見に、白川郷に行った。雪景色を楽しむには絶好のところであった。 雪に埋もれた村の中が印象的だったのを描いたもの。 これも前に描いているけど、今回の個展のために

  • 2020.12個展作品紹介ー19,雪見風呂、秋田、乳頭温泉露天風呂。

    19.雪見風呂、秋田、乳頭温泉露天風呂。 紙本 F10 455×530 2016年1月に雪景色を見に、青森、秋田方面にでかけた。 津軽鉄道に乗って、金木の太宰治の旧家を訪ねたり、酸ヶ湯温泉に行ったりしたあと、 秋田に回って、角館を

  • 2020.12個展作品紹介ー18,ネパール、山村、ネパール、ポカラの裏山。

    18.ネパール、山村、ネパール、ポカラの裏山。 紙本 F10 455×530 2015年4月に一度目のネパールに行った。 カトマンズからポカラに回った。日本の上高地みたいな高原に湖がある素敵なところだった。 山からヒマラヤ連邦を見

  • 2020.12個展作品紹介ー17,ミャンマー水村、ミャンマー、パアン。

    17.ミャンマー水村、ミャンマー、パアン。 紙本 F10 455×530 2016年1月にミャンマーに行った。 タイとの国境近く、パアンの街、自然が一杯、仏教遺跡が一杯で、まるで日本の 昔の原風景を見てるような風景も沢山みられた。

  • 2020.12個展作品紹介ー16,古村黄昏、夕暮れの李坑古村、安徽省、婺源県。

    16.古村黄昏、夕暮れの李坑古村、安徽省、婺源県。 紙本 F10 530×455 2018年11月に中国の江西省、廬山から安徽省の古村を旅した。 その時に、夕暮れ深く、小雨が降る中、訪れた鄙びた田舎の村がとても 印象的だった。 ブ

  • 2020.12個展作品紹介ー15,仏像、アユタヤ遺跡、タイ。

    15.仏像、アユタヤ遺跡、タイ。 紙本 F10 530×455 昨年5月にラオスのルアンパバーンに行った。その後、ビエンチャンまで行って、 そこから深夜特急に乗って、タイ、バンコクに朝早く着いた。 そこから、アユタヤに行った。 昔

  • 2020.12個展作品紹介ー14,流れ竹橋、雨季には流れてしまう竹橋、ルアンパバーン。

    14.流れ竹橋、雨季には流れてしまう竹橋、ルアンパバーン。 昨年5月にラオスのルアンパバーンに行った。2度目の旅だった。 前に行った時の印象がとても良かったんでいつか又行こうとチャンスを狙っていたのだ。 ルアンパバーンの街の中でとても印象的

  • 2020.12個展作品紹介ー13,托鉢行、朝の少年托鉢僧の行列。

    13.托鉢行、朝の少年托鉢僧の行列、ルアンパバーン。 紙本 F10 530×455 昨年5月にラオスのルアンパバーンに行った。2度目の旅だった。 前に行った時の印象がとても良かったんでいつか又行こうとチャンスを狙っていたのだ。 ル

  • 2020.12個展作品紹介ー12,上越、村上、朝市。

    12.上越、村上、朝市 紙本 F10 530×455 今年の2月に雪の秋山郷に旅行に行った。 その後、新潟に行って、泊まったあと笹川流れを見るために村上に寄った。 待ち時間の間に旧市街を見学する機会があった。 名物の鮭も堪能した。

  • 2020.12個展作品紹介ー11、雪の秋山郷、屋敷温泉あたり。

    11.雪の秋山郷、屋敷温泉あたり。 紙本 F10 530×455 今年の2月に雪の秋山郷に旅行に行った。 異様に雪の少ない年であったようやけど、たまたま行った日の2、3日前からそれなりに 降ったらしく、とても良い雪景色を見ることが

  • 2020.12個展作品紹介ー10、マイチャウ、田植風景、ベトナム。

    10.マイチャウ、田植風景、ベトナム。 絹本、F3 273×220 2年前にベトナムのハノイから西の方、ラオス国境近いマイチャウ、モックチャウという ところに旅行に行った。 マイチャウからモックチャウに移動する途中の山の中の田園で

  • 2020.12個展作品紹介ー09、小さき者、ムオン族の村、ベトナム。

    09.小さき者、ムオン族の村、ベトナム 絹本、F3 273×220 2年前にベトナムのハノイから西の方、ラオス国境近いマイチャウ、モックチャウという ところに旅行に行った。その時に、ムオン族という少数民族の村を訪れて、その暮らしぶ

  • 2020.12個展作品紹介ー08、古都ホアルー、牛も居る街角、ベトナム。

    08.古都ホアルー、牛も居る街角、ベトナム 絹本、F3 273×220 2年前にベトナムのハノイ方面に行った時、近郊にある古都、ホアルーというところに 行った。 その周辺を牛車に載せられて移動したときの印象を描いたもの。 前にも描

  • 2020.12個展作品紹介ー07、ヴァンロン自然保護区、ベトナム。

    07.ヴァンロン自然保護区、ベトナム。 絹本、F3 273×220 2年前にベトナムのハノイ方面に行った時、有名なハロン湾の近くにあるヴァンロン自然保護区 というところに行った時のスケッチを元に描いたもの。 手漕ぎの竹の舟に乗って

  • 2020.12個展作品紹介ー06、王翰、涼州詞詩意画。

    06.王翰、涼州詞詩意画 紙本、F3 273×220 涼州詞、王翰 葡萄の美酒 夜光杯 飮まんと欲して琵琶 馬上に催す 醉ひて沙場に臥す 君笑ふ莫れ 古來 征戰 幾人か回る この詩の意を墨絵にしてみた。 大連の街角で見かけた路上の

  • 2020.12個展作品紹介ー05、李白、将進酒詩意画。

    05.李白、将進酒詩意画。 紙本、F3 273×220 將進酒、李白 君見ずや 黄河の天上より來たるを 奔流海に到りて復(ま)た 回(かへ)らず 君見ずや 高堂の明鏡、白髮を悲しむを 朝には 青絲の如きも暮には雪と成る 人生意を得

  • 2020.12個展作品紹介ー04、陸游、西村詩意画。

    04.陸游、西村詩意画。 紙本、F3 273×220 西村、陸游 乱山深き処に 小桃源あり 往歳(おうさい) 漿(しょう)を求めて 門を叩きしを憶う 高柳 橋に簇(むらが)れるに 初めて馬を転ずれば 数家 水に臨んで 自ずから村を

  • 2020.12個展作品紹介03、王杜甫、旅夜書懐詩意画。

    03.杜甫、旅夜書懐詩意画。 旅夜 懷を書す、杜甫 細草(さいそう)微風の岸 危檣(きしゃう)獨夜の舟 星垂れて平野闊(ひろ)く 月湧きて大江(たいこう)流る 名は豈(あに)文章もて著(あらは)れんや 官は應(まさ)に老病にて休(や)むべし

  • 2020.12個展作品紹介ー02、王維、竹里館詩意画

    02.王維、竹里館詩意画 紙本、F3 273×220 王維の詩、「竹里館」(輞川二十景より) 獨り坐す 幽篁の裏 琴を彈き 復た張嘯(ちょうしょう) 深林 人知らず 明月 來たりて相照らす この詩の意を墨絵にしてみた。 ブログラン

  • 久しぶりに個展をやります。

    久しぶりに個展をやります。是非、来て頂ければうれしいです。 実は今年6月にと準備してたんですがコロナで延期しました。12月なら大丈夫と思ったんですが、まだ油断ならないですね。 というよりは、最近はますますえらいことになりつつもあるようです。

  • 2019.5ルアンパバーン、ビエンチャン、バンコクの旅

    2019.5ルアンパバーン、ビエンチャン、バンコクの旅 旅行記を絵にしました。 2019.5.19-5.29 5.20-5.24 ルアンパバーン 一箇所滞在を楽しむ 5.25-5.26 ルアンパバーンからビエンチャンに移動。市内ミニツアー。

カテゴリー一覧
商用