searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ももさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
PAGODA’s daiary
ブログURL
https://pagoda.hateblo.jp/
ブログ紹介文
アラフォー全力疾走中です。笑ったり、泣いたり、私の心はいつもジェットコースターのようです。いつか最愛の人に出会えますように... 仕事も恋も全力疾走で生きています☻
更新頻度(1年)

14回 / 35日(平均2.8回/週)

ブログ村参加:2020/10/25

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ももさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ももさん
ブログタイトル
PAGODA’s daiary
更新頻度
14回 / 35日(平均2.8回/週)
読者になる
PAGODA’s daiary

ももさんの新着記事

1件〜30件

  • 京都のT氏③~ぐぅ〜の音~

    2日目は京都の水族館に行った。 その後、伊右衛門カフェに行ったり、京都のおすすめ眼鏡屋さんに行ったり、2人でオカリナでセッションしたり、2日目は大変楽しく 過ごさせて頂いた。 そんでもって、いよいよその日の夜… ももちゃんは、思い切って聞いた。 「再婚する考えとか、そもそも女性ときちんと付き合う気持ちはあるの?」 そうするとT氏はこう答えた。 「借金が2億あんねん。」 「...。」 「…2億円…ジャンボ宝くじのことかな?」 ※心の声 「なめんじゃねぇ~…」 ※確か、心の声 すみません乱れた言葉が…💦 女性と正式なお付き合いにもっていきたくない理由として借金を言う。 嘘だろうと、本当だろうと、自…

  • 京都のT氏②~脳内ぐるぐる~

    T氏は、実はバツイチで私の7歳年上だった。 この関係に疑問を持ちはじめる2か月目。 連休があって「京都遊びにきたら?案内すんでぇ~」とのお言葉に、 大阪の友達にも会えるし、気分転換に遊びに行くことにした。 2泊3日の真夏のプチ旅行である。 到着して、友達と軽く買い物をして、 ランチに行った。 その子にT氏とのことを話すと 「その人大丈夫?嘘だらけじゃないの? ももちゃんは、動物的だから楽しいだけじゃなくて、ちゃんと冷静に色々聞いた方が いいよ。何かあればすぐ連絡してね」 との言葉に冷静になった。 自分では冷静だと思っていたのだが、 どこか冷静になれていない自分がいて、見ないようにしている節がた…

  • 京都のT氏①

    京都のT氏は、経営者だった。 その彼と出会う直前に、ももちゃんは3年お付き合いしていた彼との大失恋を経験した。今思い出しても、泣けてくる程、良い彼氏との別れだったので、かなりやさぐれていた。 あまりに落ち込んでいる私を見かねた友人が、一緒に次探すよ!と、またもや参加した 例の真相不明の異業種交流会である。 月に3~4回は東京に来ているとのことで 頭が薄く、コロンとした体形で子熊のような見た目であったが、T氏はかなりももちゃん好みのお洒落さんだった。 更には、大阪弁である。 お馴染みですが、大阪弁にももちゃんは弱い。 私の周りにいる関西の方達は、非常に距離感の取り方が上手い方が多いと感じる。 現…

  • 魔力

    あまりパンチの効いた方との出会いを書き過ぎると、ただの変人だと思われてしまう可能性があるのでインターバルを挟みたいと思う今日この頃でごザル (また、更新を怠っていた言い訳を申しました!!!) 婚活市場において、アラフォー女性の売りはなんなのだろうか。 男性顔負けの収入を持っていること❓ それとも容姿端麗であること❓ 相手に合わせるコミュニケーション能力❓ 3歩下がって男性を立てる力❓ きっと「全部持ってる必要があるだろ~ね❗️」 と、言われることは目に見えているが、 「んなもん、分かっとるわ❗️あ〜ないね❗️あるのは根性だね❗️」と、ちょっぴりだけ開き直って、強気で返したい。。。 そんなにいっ…

  • 誰が買うねん

    若干、ブログをサボっておりました(笑) アラフォーともなると、独身とはいえ婚活・恋愛にずっこけているだけでなく 仕事やらプライベートやら、日々こなすこともございます。 (多少の言い訳も含んでおります。) (暇だけど…)暇じぁ〜ござぁせんっ! \\\٩(๑`^´๑)۶//// サボっている間に、暇だから こんなくだらないことをしておりました。 PAGODA’SSHOP|デザインTシャツ通販【Tシャツトリニティ】 誰が買うねん! 意外に高いじゃねーか! 無名のずっこけ女が考えることはいかに面白く、パワフルに楽しい日々を過ごせるか。 世の中の聞きたくない声には耳を貸さない。 でもたまに耳を貸さないと…

  • 木下さん③〜木下技法〜

    木下さんは、社内の50代のおじ様世代には人気があったが、同世代の男性には嫌われていた。 いい歳してあんな恰好して、あざとさが鼻につく、酒におぼれているなど... でも彼女はそんなこと一つも気にしていなかった。あんな四台目なんとかのようなイケメンが自宅にいれば、そらぁ~社内男性の悪口などくだらん戯言であろう。 私は木下さんが好きになった。 彼女は個性的で、確かにぶっ飛んでいる所もあるが、話すと理論的で男っぽく、何より自分をよく分かっていた。 木下さんに聞いてみた。 「どんな技法をお使いで❓私には、全くもって武器がありません…(ノД`)」 木下さんは言った。 「ももちゃん。今、気になる人はいるの❓…

  • 木下さん②〜おったまげ〜

    木下さんとの時間は、「メンズについて」というお題目が多く、とても面白かった。 毎日飲みに出ていて娘さんは大丈夫なのかな…と思ったが、私が心配することでもないので、聞かなかった。 会話の途中で娘さんのバイト先に飲みに行くという話が出ていたからだ。 彼女が男性に求めるもの。 それはただ一つ。 顔だ。 収入は自分が稼げば良い、身長はたいてい自分より高い、やさしさなんて最初だけ、 イケメンとの恋愛は楽しくて、心を大いに満たしてくれる。 それさえあれば、十分なのだと。 彼女は中古マンションを購入し、お洒落にリノベーションして住んでいた。 そして今現在、そんな彼女の自宅に住み着くマイハニーの写真を見せてく…

  • 木下さん①〜ダイナマイトメロン〜

    私は人間味のある面白い人が好きである。 昔、半年ほど派遣社員をしたことがあり、そこで一緒に働いていた木下さん(仮称・女性)は記憶に残る、ダイナマイトな女性だった。 SEをしている彼女は私と同い年で、20歳の時に結婚、26歳で離婚、高校生の娘さんがいた。 彼女は身長が145㎝と小柄ながら、コロンとしたふくよかな体系に ダイナマイト級のHカップという大玉メロンを2つもっている。 斜め前に座っていたももちゃんは、話しなんてそっちらけで いつもメロンが逃げ出すのではないかと 釘付けだった。 彼女はお酒が好きで、毎晩のように仕事後、 飲みに出ているらしい。 そして、タイプと思える男性を逆ナンし、 持ち帰…

  • 根性論

    H氏は何故、尻を叩き名前を呼ぶ相手として私を選んだのか... 確かに、イケメンとかタイプとかそんなものどうでもよくて、 ほんのちょっとだけ心のどこかで「私の彼、皮膚科の先生なの~」とか。 更には! 「え~、わたくし、皮膚科医の嫁にいきました」とか。 もしかしたらを想像しちゃったりして、 私の皮膚は一生安泰になるかもしれない。。。 とかまで考えちゃってる自分はいました!! 誠に申し訳ございません。 神様。。。 分かっている。 私は、お医者様というハイレベルなご職業の方に見初められる美貌だの、上品なお育ちだの、奥ゆかしさだのはない。(H氏の趣味をもってハイレベルかは不明だが...) ただそこにある…

  • H氏とのこと⑤〜脱出〜

    皮膚科の先生を足で踏んでいるカオスな光景に、何故かとてつもなく現実に引き戻されていた。 「何やってんだろ、こんな所で。 何故ご飯を食べて、皮膚科の先生を踏んでいるんだろう?」 するとH氏は、「そこにある眼鏡をかけて踏んでみて。」 ・・・眼鏡と踏み絵の因果関係を考える私。 とりあえずかけてみた👓 度数がきつくてくらくらしたが、眼鏡をかけて先生を踏む。 ここから更にH氏の要求はエスカレート! お尻を叩いてほしい。 お尻を・・・叩いて・・・名前を・・・呼んで・・・ください。 尻をたたく・・・名前を呼ぶ・・・ んんん~~~~~~~~ はーい!目が覚めたー!!!!! 危ないかもしんなーい! 先生、なんか…

  • H氏とのこと④~自宅訪問〜

    H氏の自宅訪問日。 友人との安否確認型暗号通信の打ち合わせは万全だった。 「あ=安全」「か=怪しい」「さ=危険」「た=脱走」「な=ヘルプミー」 一文字で状況がわかる暗号通信。 居場所も伝えておいた。 夕方に駅で待ち合わせをして、 自宅へ到着。 少し広めの一般的な部屋だが、新しいマンションで立地が良く、シンプルな部屋だった。 そして、何だったか忘れたが、 おしゃれ系の軽い手料理を並べてくれた。 軽くお酒を飲みながらくだらない話をしたり、 学生時代のアルバムを見せてくれたり… 実は、本当にお医者様なのか?!と疑っているのが本音だったが、勤務している病院のHPや お医者様に合格した時の証書的なものや…

  • H氏とのこと③~顎~

    H氏とはそれからもラインでくだらない会話が続いていた。 そして数日後のお休みの日。 H氏から「近くの駅にいるからお茶でもしよう」とお声がけがあり、会うこことなった。 彼の「顎変化予定」をすっかり忘れていたが、見て~と言わんばかりに 顎を見せてきたので、横から、前からと観察したが、あまり変化を感じることができなかった。 私は、そもそも人の顎をまじまじと見ることがないので分からなかったが せっかくなので「変わったね。」とだけお伝えした。 そしてその日は、美容室に行く予定があったので解散をしたが、 H氏との話はここからである。 料理が好きなH氏は、自分の料理を食べてもらいたいとのことでご自宅にお誘い…

  • H氏とのこと②~ヒアルロン酸~

    H氏とは、連休に入る前の仕事終わりにご飯に行った。 私の周りには、お医者様という職業の方はいなかった為、会話が合うかとても緊張して会ったが、H氏とは笑いのセンスが合って、 すぐにくだらない話で大笑いしていた。 そして、シワについて何が良いのか、美肌のコツ、東京でおすすめの皮膚科、 お医者様になろうと思ったきっかけ、学生時代の苦労話しなどなど 初めて聞く話も新鮮で面白く、真剣モードで聞いていた。 彼は親や周囲の圧力もあり、真剣に婚活をしていた。お医者様という職業柄、お見合いなどのイメージがあったが、それだけでなく、結婚相談所にも登録して相手を探していた。 彼の脱毛を始めているという話に加えて 「…

  • H氏とのこと①〜出会い〜

    婚活を始めたばかりの頃、何をしたら良いのか分からず、参加できそうなイベントを探してみた。 その時にみつけた「異業種交流会」という名の真相不明な交流会に参加をしてみた。 その頃ももちゃんは、「東京さすげぇ~所だ~」と、怖いもの知らずで、参加できそうなイベントを探していた そこで出会ったのは3個上の皮膚科の先生、 H氏である。 「友達と来てるんですか?」と声をかけられて、「あ...💦そうです」という 会話でスタートした。 H氏はくるくるパーマで、腕の毛が濃く、 決してイケメンという風貌ではなかったが、 この頃はまだ婚活初期だったこともあり、 まずは友達になれるか、そして美容について聞いてみようとい…

  • イケ女のスタンス

    私の実家には、お手本とすべく大人のイケ女が2人(正確には2匹)いる 1人は、美髪をなびかせ相手を魅了するゴールデン・レトリバーのキャサリン(仮称) もう1人はいつも強気なクール女子、亀のヴィクトリアだ(仮称) 彼女達のスタンスはまるで真逆だ。 キャサリンの風になびく美しい髪の毛、シャンプーの香り、 更なる飛び切りの笑顔には、世の男性だけでなく女性さえもイチコロだ。 そして彼女は、いつも変わらぬ愛情と寛大な心で相手を受け入れる。 時には、真っ直ぐな熱い眼差しで相手を説得する。 そんな彼女には誰も嘘がつけない上に、頭が上がらない。 一方、いつも強気でクールなヴィクトリアは決して弱みを見せない。 時…

  • 忍法・七変化ドロンパ術

    恋愛は、過去の経験は参考にならないという。 毎回違う人間を相手にするのだから、 過去の経験は通用しない。 全くその通りだ。 ならば、好きな相手によって自分を七変化させるのか⁉️ それとも、自分らしさ全開で果たして 愛を得られるのか⁉️ 賢い女とは⁉️自分らしさとは⁉️ 少なくとも今の私は「忍法・七変化ドロンパ術」を使える 器用な女ではないことだけは承知の助である。 これ以上は、私の頭では訳わからんちんになるのでやめておこうと思う。 ただの遊び人に引っかかったばかな女の話ではあるが、M氏は面白い人間だと思った。 それは今も変わらない。 過去の出来事が彼をそうさせたのかは不明だが、自分の感情に素直…

  • M氏とのこと⑥~別れ~

    M氏は東京から帰宅したその日も、その次の日も、私を無視していた。 静かな空間で、私は起き上がると眩暈に襲われ、 気づくと夕方近くまで寝たり起きたりを繰り返していた。 最悪な重い空気が流れていた。途中で起きて、さすがに「こんな顔では戦に勝てぬ」とお化粧をしたが、M氏の無視は絶賛継続中。 私は夕方になってご飯を作り、二人で食べた。 そしてその後、彼に思い切って聞いた。 できるだけ静かなトーンで冷静に。 「別れたいと思っているの?」 M氏は答えた 「お前といてもおもんないし、別れたいわ。」 「お・も・ん・な・い」 付き合った相手にアラフォーにして初めて言われたその言葉は、別れたいの言葉よりも アッパ…

  • M氏とのこと⑤~決意~

    この頃から、なぜか私は激しい眩暈に襲われた。 仕事もハードになっていた。寝れば治るものかと思い込んでいたが、 それが1週間以上続く。 YouTubeで調べて、ベッドに寝ころびながら頭を逆さまにし、 耳石を元の位置に戻す体操を繰り返すが、何度やっても世界がぐるぐる回りだす🌍 「おぇぇぇ~っ」と吐き気に襲われている私に、「明日絶対病院に行きいよ」と とっても優しい言葉をくれるM氏ではあったが、 「優しいのね...でも…もしや殺られるのではないか!」と、吐き気で涙目になりながら、 限界が迫ってきているのを感じていた 彼との別れはとてもあっけなかった。 彼が、数か月ごとに子供に会いに東京に行っており、…

  • M氏とのこと④~不穏~

    仲良しこよしで1か月が過ぎた🗓 この頃から、不意に出てくる言葉に耳を疑うことが増えてきた。 何気なく「連休があるから旅行に行きたいね!早めにとった方が飛行機安いよね!」 と言った私に「いつ別れるか分からへんし、あまり先の予定は立てないでおこう。俺のこと嫌いになるかもしれへんし...」というM氏。 まぁ確かにそれは誰にも分からないが、2度の離婚経験から、そう思ってしまうのかな? 彼の傷ついた心がまだ完全に癒えてはいないのかな...と、 あまり気にせずに聞き流していた。 「終わりなんて考えずに、楽しい思い出をたくさん作っていこうよ!」 そう答えるしかなかった。 更にはお酒が入ると耳を疑うような電話…

  • M氏とのこと③〜お付き合い〜

    1週間後、初めて2人でご飯に行った。 緊張していた為、何を話したかほぼ覚えていない 会った瞬間分かった。恐らく彼はモテ族の一員だ!こんな私で良いのだろうか…何故か強敵に見えてきた… そして、モーレツに気になっている質問をどのタイミングでぶつけるか、 私は、獲物を狙う狩人のような顔になっていたはずだ。 「何故、バツ2なのか。。。」 しかし、あっさり向こうからバツ2の理由を教えてくれた。 彼の言葉にどこまで真実が隠れているのか、それは言葉だけでは分からない。 私の周りを飛ぶエンジェルももこが「落ち着きなさい!もっと慎重に。時間をかけて!後悔なんてしてる年齢じゃないのよ!彼は詐欺師じゃないかしら?」…

  • M氏とのこと②〜出会い〜

    M氏との出会いは、友人と一緒に過去の失敗談を話しながら登録してみた 流行りの婚活サイトからだった。 この年齢になると、なかなか簡単に心を動かす出会いなんて、 そうそう転がっているものではない M氏は単純に婚活迷子に陥った私の心を動かす男性だった。 同級生というだけの安心感、笑うと可愛い甘いマスク、結婚歴のある人間だけが持つ 妙な落ち着きとコミュニケーション力、彼の声ときつ過ぎない大阪弁が好きだった。 メールのやり取りの段階で、きっと私は彼にハマるという直感、嫌、 私のダメ女レーザーがピーコピーコと鳴っているのが分かった🚨 初めましてから何通かメールでやり取りした中、「ラインを交換しませんか?」…

  • M氏とのこと①

    早速ではあるが、順番を無視して半年前にお別れした同い年の M氏とのことをここに書きたいと思いますっ 私の記憶に鮮明であり、思い出すとちょっぴり複雑で、切なく、笑えてしまうからである。 大阪出身の転勤族、製薬会社の営業マン、身長174㎝。 筋トレにより鍛えられた腕の筋肉と足の筋肉は素敵だった。 2か月半という実に短い期間での付き合いだったが、 僅か2か月半でも最初から最後まで私は彼を好きだったし、いつも通り全力で恋愛し、 全力を出し過ぎて気高い壁にぶつかり、骨折した。 (※実際にはしていません) 私と同い年の彼だが、バツ2、最初の奥さんとの間に2人の子供がいた。 なぜ好きになったのか。。。 それ…

  • 予定は未定👣

    今日の自分も顔のシワやシミ、地球の重力と戦いながら、 そして唯一好きで続けてきたヨガを練習しながら日々ごしている。 (しかし、何を隠そう私はヘルニア持ちですっ!) 先に述べたが、仕事は営業職。 37歳手前で地元に戻り、転職の成功は半ば諦めていたが、東京で営業をしてきた根性を買われ、運よく大手企業に正社員で入ることができた 営業しか経験のない私にとって、人間臭い根性論や、追い込まれる環境に自分を置くことは大切であり、ただただダメ人間になる瀬戸際の自分に鞭を打って、営業という仕事は嫌いではないと思い込むようにしている。 嫌、正直に言えば35歳までには結婚していて、きっと最愛の旦那様と可愛い子供と、…

  • アラフォーオナゴのブログ開始🌞

    かれこれ婚活を始めて、気づけば約8年になる。 もうここまできたら、趣味はなんですか?と聞かれたら、 迷わずに「婚活・恋愛です!」と言っても過言ではない。 独身・アラフォー・趣味はヨガと愛犬・たまに好き勝手に絵を描くこと。 仕事は35歳できっと寿退社すると見えない自信をもっていたが、 結局今もなお営業職を続けている そんな私の名前は「ももちゃん」です! ※可愛い名前ですみません。。。 ブログを通じてリアルな恋愛経験・婚活日記、そして日々の何気ない出来事や心の声を楽しく書いていきたいと思っております。私の過去の恋愛で笑ってくれる方がいたり、共感してくれる方がいたり、 ほんの少しでも誰かを勇気づける…

カテゴリー一覧
商用