searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

官能小説書評さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
官能小説書評
ブログURL
https://kannou-shohyou.fc2.xxx
ブログ紹介文
官能小説書評やオリジナルの官能小説・体験談を書いていきたい思います。
ブログ村参加
2020/10/10
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、官能小説書評さんをフォローしませんか?

ハンドル名
官能小説書評さん
ブログタイトル
官能小説書評
フォロー
官能小説書評

官能小説書評さんの新着記事

1件〜30件

  • 『性欲覚醒日記』第55話(第5章:人妻、初めての他人棒)

    『性欲覚醒日記』第55話(第5章:人妻、初めての他人棒)【第1話はコチラ】「もうぉぉぅっ、おねがいぅぅっっ、ああぁっもうっ、メチャクチャにしてぇ~」  迸る快感が体中を駆け巡っているのにスローストロークの為、ギリギリのところで絶頂に届かないもどかしさが、光の正気を奪いつつあった。 「さあ、しっかりつかまって」  そう言うと光の手を片方ずつ首の後ろに回わした。自らの両手は光の膝の裏にから腰に回すと、そ...

  • 『性欲覚醒日記』第54話(第5章:人妻、初めての他人棒)

    『性欲覚醒日記』第54話(第5章:人妻、初めての他人棒)【第1話はコチラ】「動かないでね」  そう言うと、黄色いパンティーのクロッチ部を横に切った。 「きゃぁっ!」 切り裂かれたクロッチ部は上下に大きく開き、オ〇ンコ全体が丸出しになった。 「イヤ、こんなの恥ずかしすぎる」  思わず両手で顔を隠すと、鏡に映し出された自分の姿を確認するために、指の間をちょっと開いて覗き見た。 「ううううっ」  恥ずかしさ...

  • 『性欲覚醒日記』第53話(第5章:人妻、初めての他人棒)

    『性欲覚醒日記』第53話(第5章:人妻、初めての他人棒)【第1話はコチラ】登志雄は背後から開かれた内腿を撫でると、姿見に映るセーラー服の女子高生をセクハラ教師のように眺めた。光はその視線に口を真一文字に結んで耐えていた。(こんな姿を映し出されるくらいだったら、全部脱がされた方がまだまし…)そう思うくらい、ひどくいやらしい光景だった。  光が恥ずかしさに身を捩ると、登志雄の手がパンティーの横からそっと侵...

  • 『性欲覚醒日記』第52話(第5章:人妻、初めての他人棒)

    『性欲覚醒日記』第52話(第5章:人妻、初めての他人棒)【第1話はコチラ】「ああああああああぁっっ!もう本当にダメ!これ以上ああぁっは、ああん!おかしくなっちゃうーーーっ!」「光さん、乳首だけでイキそうなんだね」 「いやぁん、そんなイヤラシイ女みたいに言わないで!」  そう言いながら胸を登志雄に向かって突き出した。(やっぱりこの娘は乳首でイケる)そう確信を持つと、中指を超高速で動かし、ヌルヌルの乳首を...

  • 『性欲覚醒日記』第51話(第5章:人妻、初めての他人棒)

    『性欲覚醒日記』第51話(第5章:人妻、初めての他人棒)【第1話はコチラ】「ここに光さんの唾液も頂戴」  要求されると光は、愛液で透けて見える乳首に、片方づつたっぷりと自らの唾液を垂らした。 「ああん!乳首が透けて見えちゃってる。なんかすごいイヤらしくて恥ずかしい!」 「凄いイヤらしい格好だよ。僕もこんなイヤらしい格好してる女性を見たことがない」  言いながら両の乳首を両の親指と中指で強く摘んだ。 「...

  • 『性欲覚醒日記』第50話(第5章:人妻、初めての他人棒)

    『性欲覚醒日記』第50話(第5章:人妻、初めての他人棒)【第1話はコチラ】「お尻が今日はまだ遊んでもらっってないよってスネてるよ」 そう言うと、むき出しの尻を軽く(パシッ)と叩いた。 「あぁん!」 声を上げながら体をのけぞらせると、切ない目で登志雄を見つめた。 叩いた方のお尻の膨らみを、爪をたててゆっくりと超ソフトに引っ搔くと、(パシッ) と反対側の尻を叩いた。 「あぁん、もう!」 登志雄に向かって尻...

  • 『性欲覚醒日記』第49話(第5章:人妻、初めての他人棒)

    『性欲覚醒日記』第49話(第5章:人妻、初めての他人棒)【第1話はコチラ】「はぁぁん…もぉ~そういうのズルイよ!」 「あんなの見せつけられたら、誰だって我慢できなくなる。君は最高にいい女だ」 登志雄は小ぶりだが形のいい乳房を優しく揉んだ。その形、その弾力を楽しむように何度も何度も揉んだ。そのうちに(なんて自分の手にぴったりのサイズなんだ)と思うようになった。そして右手から片方づつセーラー服の中に入れ、...

  • 『性欲覚醒日記』第48話(第5章:人妻、初めての他人棒)

    『性欲覚醒日記』第48話(第5章:人妻、初めての他人棒)【第1話はコチラ】 第5章(人妻、初めての他人棒)         ※ 「さあ前戯はここまで! これからが本番だよ」 カメラの向こう側で光のリモートセックスを鑑賞していた登志雄が全裸で現れた。 「そんなの見せつけるから……手、入れちゃった。もう死ぬかと思った」  登志雄のペニスは、光がリモートセックスしている最中、ずっと膨張MAX状態で見せつけるよ...

  • 『性欲覚醒日記』第47話(第4章:リモートセックス)

    『性欲覚醒日記』第47話(第4章:リモートセックス)【第1話はコチラ】画面の中の学は口を開け目を見開いた。そして右手は乱暴にペニスをシゴいている。  光のか細い右手はゆっくりと牝巣へ巣込まれていく。なぜこんなことをしているのか自分でもわからなかった。気が付くと光の右手は手首まで牝巣の中へ沈んだ。 「はぁはぁはぁはぁ、入っちゃった」 「ひかり、気持ちいいのかい?」 「あああぁっ! 凄く満たされているの...

  • 『性欲覚醒日記』第46話(第4章:リモートセックス)

    『性欲覚醒日記』第46話(第4章:リモートセックス)【第1話はコチラ】光は露出された割れ目をゆっくりとなぞると、右手の中指をためらいなく牝巣の中へ挿入していった。 牝巣の肉壁は愛液で溢れ、か細い光の中指は、何の抵抗もなく根元まで吸い込まれていった。 「ひかり、一番気持ち良くなるように、中指をうごかしてごらん」 「うん」 可愛く返事すると、奥の方から愛液をすくい出すようにクイッと指を曲げながら、Gス...

  • 『性欲覚醒日記』第45話(第4章:リモートセックス)

    『性欲覚醒日記』第45話(第4章:リモートセックス)【第1話はコチラ】「ひかり、一番感じるのはどこ?」 「う~ん、ココらへんかな?」  ちょっと迷ってるふりをしてから、右手中指でパンティーの上からクリトリスを触った。待ちかねた言葉だったが、意地で恥じらいを見せた。だが触った瞬間に、躰がビクッと反応した。  ライトに照らされカメラの前でパンティーを脱ぐのは恥ずかしかったので、フロントの中心部あたりを持...

  • 『性欲覚醒日記』第44話(第4章:リモートセックス)

    『性欲覚醒日記』第44話(第4章:リモートセックス)【第1話はコチラ】「どうして手で隠してるの?」 ちょっと俯くかんじで自分の手を見ると顔を上げて上目遣いで答えた。 「どうしても見たい?」 「見たいよ、どうしても見たいよ!」  固く閉じた太腿を少し開くと、ゆっくりと手を引き上げへその上に置いた。  真っ白なシルクのようにきれいな太腿の付け根には、黄色いパンティーが映えていた。そしてその中心部に大きな...

  • 『性欲覚醒日記』第43話(第4章:リモートセックス)

    『性欲覚醒日記』第43話(第4章:リモートセックス)【第1話はコチラ】実は学も光も「リモートセックス」を楽しみにしていたが、初めてのことでどうしたらいいか悩んでいた。学はエロ動画サイトを活用して色々と研究していたが、自分の奥さんに、あんなことは要求できないと、回線がつながるまで「どうしたらいいんだろう?」と答えが見つからなかった。 光は、細田登志雄に相談していた。元々登志雄のアイデアだったリーモート...

  • 『性欲覚醒日記』第42話(第4章:リモートセックス)

    『性欲覚醒日記』第42話(第4章:リモートセックス)【第1話はコチラ】「あぁん、私も学さんにおっぱい触ってほしいの。だってね、おっぱい触られるとすんごくエッチな気分になるの…」光は再びセーラー服を後ろから引っ張り、その膨らみを浮き上がらせると、勃起した乳首を強調した。 「ひかり、乳首を触ってごらん」 「イヤ、だって本当に…これ以上エッチな気分になったら…止めらんなくなっちゃうよぉ~」  回線によるタイム...

  • 『性欲覚醒日記』第41話(第4章:リモートセックス)

    『性欲覚醒日記』第41話(第4章:リモートセックス)【第1話はコチラ】「下着は上下お揃いなの?」 何気ない質問のふりして、ブラジャーも見たいといっているようなものだ。 「どうだったかな?やっぱりお揃いの方が好き?」 「うん。その方が絶対に可愛いよね」 質問を質問で返した後、光は夏のセーラー服の左袖から起用にブラの肩ひもを引っ張り腕から抜くと、反対側の右もブラの肩ひもを抜いた。そして両手で背中のホックを...

  • 『性欲覚醒日記』第40話(第4章:リモートセックス)

    『性欲覚醒日記』第40話(第4章:リモートセックス)【第1話はコチラ】「ひかりー聞こえるかー。映ってる?」 「うん、見えてる。そっちは?」 「可愛いセーラー服のお嬢さんが映ってるよ」 「へへっ、似合ってる?」 そう言いながら1回転した。 「似合ってる。おおぉ!いいね!」 学のPC画面の中の光は、セーラー服のスカートがひらりと浮き上がらせ、細くきれいな太腿と見せていた。ついでにパンティーもチラッっと見え...

  • サンスポ『第23回性ノフィクション大賞』の審査結果が発表されました…

    ご訪問ありがとうございます。管理人も応募した、サンスポ『第23回性ノフィクション大賞』の結果が発表されました…昨年は初めて応募して頑張って頑張って『ちょいブス』という作品を佳作に選んでいただきました。賞金2万円と1週間にわたりサンスポの紙面に掲載していただきました。サンスポの人気コーナー故、とても嬉しくて今でも掲載分の新聞は全て取ってあります。今年も一次審査を通った作品から審査員が『金賞』『銀賞』『銅...

  • 『性欲覚醒日記』第39話(第4章:リモートセックス)

    『性欲覚醒日記』第39話(第4章:リモートセックス)【第1話はコチラ】光の夫、星乃学が1年ぶりに日本へ帰ってきた。玄関を開けるとカレーの香りが部屋中に充満していた。 滞在期間の2週間、毎晩のように抱き合った。夜の夫婦生活円満の秘訣を登志雄に教わった光は、ご丁寧にその全て実践した。おかげか、毎晩のセックスがとても楽しかった。夫の学も以前と違い、積極的に光を求めるようになり、光へのサービスも忘れることは...

  • 『性欲覚醒日記』第38話(第3章:美熟女社長)

    『性欲覚醒日記』第38話(第3章:美熟女社長)【第1話はコチラ】真奈美は黒髪を右に左に大きく振り乱し、一瞬にして絶頂の寸前まで押し寄せた快感を、必死にこらえた。 登志雄は真奈美がもうイキそうなのは十分わかっていた。「ダメ」と言いながらどんどん尻が持ち上がってくる。どうしようか?考えていたが、4年間、二人のセックスでこんなに積極的な真奈美を見たのは初めてだった。だから今日はトコトン絶頂を味わってもらお...

  • 『性欲覚醒日記』第37話(第3章:美熟女社長)

    『性欲覚醒日記』第37話(第3章:美熟女社長)【第1話はコチラ】「これも必要ね」 そう言うと真奈美は自分の牝巣から愛液をたっぷりとすくい取り亀頭に塗りたくった。「ううぅっ、あぁ気持ち良すぎます」 「あら、こういうのが好きなの?」 グチュグチュと粘り気のある音が指の隙間から漏れた。更に指の動きを激しくすると、登志雄のペニスは膨張の限界を超えて、かつてない大きさと硬さに到達した。 「ああぁ、凄い、こんな...

  • 『性欲覚醒日記』第36話(第3章:美熟女社長)

    『性欲覚醒日記』第36話(第3章:美熟女社長)【第1話はコチラ】「あら?細田君もうおしまい?」 真奈美の右足が白く濁る水面下で登志雄のペニスをグニグニとこねた。 「おや?真奈美さんはもう準備ができているみたいですね!」  お返しに右足が牝巣の入り口をソフトに動き、愛液が溢れているのを確認した。 「あらっ! 少しおっきくなってるんじゃない?」「真奈美さんが起たせたんですよ。もうしたくなっちゃいましたか...

  • 『性欲覚醒日記』第35話(第3章:美熟女社長)

    『性欲覚醒日記』第35話(第3章:美熟女社長)【第1話はコチラ】「これメチャクチャに美味いですね!」 「汗かいた後だからよ」 「鼻から抜ける香りが最高にいいですね」 「いい女を抱いた後だから、余計にそう感じるでしょ!」 「その通りです。今日は特別お綺麗で、僕もずっとこの時間を待ちわびてました」 「うれしいわ。でもあんなにドキドキしたのは、生まれて初めてよ」 「自分でもわからないけど、気付いたらチャッ...

  • 『性欲覚醒日記』第34話(第3章:美熟女社長)

    『性欲覚醒日記』第34話(第3章:美熟女社長)【第1話はコチラ】「ずいぶん出たのね」 コンドームの先端に溜まった白濁を見て呟いた。 「真奈美さんが素敵だからたくさん出るんですよ」  ペニスからコンドームを抜き取ると、キュッと縛ってからティッシュにくるんで、ゴミ箱に捨てた。  昼間に一回射精した割には、思いのほか大量放出だった。それだけ登志雄も興奮していたということである。 「ソファーで少しゆっくりし...

  • 『性欲覚醒日記』第33話(第3章:美熟女社長)

    『性欲覚醒日記』第33話(第3章:美熟女社長)【第1話はコチラ】「ああああっ!ああああっ!あぁっ!あぁっ!あぁっ!あぁっ!もっとして!もっとして!」やがてその動きが最高潮に達すると、 ―パン!パン!パン!パン!―登志雄の骨盤が真奈美の豊満な尻肉を激しく打ち付ける音が、リズムよく響き渡る。 「あぁ!いっ!あっあっ!もっと突いて!」 亀頭の先端が子宮を打つたびに、尻の肉が波を打ち激しい喘ぎ声が響いた。 「...

  • 『性欲覚醒日記』第32話(第3章:美熟女社長)

    『性欲覚醒日記』第32話(第3章:美熟女社長)【第1話はコチラ】「はあぁぁぁ…いいわ、きて!」 床に崩れている真奈美の手を取ると、 「さあ立って。お尻はこっち」 そこまで言うと、黙って体をくの字に折り、玄関ドアに手を着いた。そしてお尻を軽く(ペシッ!)と叩くと、登志雄に向けてグッっと持ち上げたペニスの根元を持ちながら、先端で牝巣の周辺をコネると、挿入を待ちきれないと尻を振った。さらにペニスでお〇んこ全...

  • 『性欲覚醒日記』第31話(第3章:美熟女社長)

    『性欲覚醒日記』第31話(第3章:美熟女社長)【第1話はコチラ】乳首の快感に悶える真奈美の口の端からは無意識に垂れ流された涎が滴り、左の乳首を潤した。登志雄は左手の中指を再び牝巣に挿入すると、大量の愛液をすくい取り更に乳首への愛撫を強めた。 「あああああああぁっ!そんなに、ああああしちゃああぁっ、乳首ばっかりダメーーーッ!」  親指と中指で乳首を摘むと、「もっと強く摘んで」と言わんばかりに胸を突き出...

  • 『性欲覚醒日記』第30話(第3章:美熟女社長)

    『性欲覚醒日記』第30話(第3章:美熟女社長)【第1話はコチラ】「もういい匂いがしていますよ」 「イヤぁん!」 登志雄は先ほどのエレベーター同様、パンストの上からクリトリスをピンポイントで突いてみせた。パンストを降ろすと、肩に手を置かせ、足から抜きとった。 「VIOの処理がされているから、よく食い込む。直に見るよりこの方がはるかにイヤラシイ感じがしますよ」 「あああああああぁっ!」 前からお尻の方へ...

  • 『性欲覚醒日記』第29話(第3章:美熟女社長)

    『性欲覚醒日記』第29話(第3章:美熟女社長)【第1話はコチラ】「細田君、今日はいつもとちょっと違う雰囲気ね。何かあった?」 「真奈美さんがグッとイメチェンして、なんか心が躍ってるだけです。男なんてこんなもんですよ」 「ありがとう」 「パンツスーツもお似合いです。年齢からは想像できないほど綺麗なヒップラインをお持ちなので、スカートよりはるかにイヤらしくみえますよ」 「ほんと?嬉しいわ」 「だからこう...

  • 『性欲覚醒日記』第28話(第3章:美熟女社長)

    『性欲覚醒日記』第28話(第3章:美熟女社長)【第1話はコチラ】唇の動きを確認すると、中指を手早くジッパーの内側へ潜り込ませた。何度も弄ったので、大体の位置はわかっていた。そして一瞬にしてクリトリスをピンポイントで探し当てた。バレないよう、必死で堪えながらも、太腿にキュッと力が入った。「当たりだ!」心の中で呟くと「フッ」と鼻で笑った。真奈美は更に困惑の表情を浮かべ、目で訴えてきた。(19階まではまだ...

  • 『性欲覚醒日記』第27話(第3章:美熟女社長)

    『性欲覚醒日記』第27話(第3章:美熟女社長)【第1話はコチラ】豊房コーポレーションでの会議が終わると、二人はビーフシチューが評判の洋食店へ向かった。真奈美が他社の人と会食することは珍しくなかった。接待というよりは勉強の意味合いが強く、社員も理解していた。ただ、食後のお楽しみがあるのは、もちろん登志雄だけだった。この日も会食を終えると、お決まりのホテルへ向かった。登志雄は豊房コーポレーションのプレゼ...

カテゴリー一覧
商用