searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

R grayさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
雨と雪と雨霰
ブログURL
https://ametoyuki0212.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
主にミンホサイトです
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2020/10/08

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、R grayさんをフォローしませんか?

ハンドル名
R grayさん
ブログタイトル
雨と雪と雨霰
更新頻度
集計中
フォロー
雨と雪と雨霰

R grayさんの新着記事

1件〜30件

  • 愛の方程式 4

    大好きな数学の時間今日やる内容は予習していてすんなりと頭に入ってきたんだけど・・・シム先生 今日は眼鏡かけてる・・・かっこいいな・・・ってついつい見蕩れてしまう先生の授業録画出来たらいいのになと思うノートを取る間 目を離さなきゃいけないのがもったいなくてもどかしいじーっと見つめていたらちょいちょいシム先生と目が合った今日はどんな質問にも答えられるのに指してはくれなくて少し寂しい「・・・今日はここまで 」「ユノ何...

  • Paramedic 16

    「うーん!いい匂い!」ユノがニコニコしながら目を輝かせている「ちょ まだ早いって ユノまだかき混ぜないで」「いやだ ユノはもうかき混ぜる!」「いやだじゃねーですって  もうちょっと待って」ユノがプデチゲを食べたいと言うので「作りましょうか?」って誘ってみたら凄く喜んでくれた「キムチチヂミも僕が作ったんですよ あとチーズと餅もまだありますから足りなかったら言って」「うん チャンミナマメだなー ユノ大し...

  • お知らせ

    自由すぎるサイトですが訪問していただき本当にありがとうございます懲りずに募集します4000拍手踏んで下さった方 リクエスト受け付けますお気軽にご連絡くださいこれ進めて!でもいいです好きだよー好きだよーと連日叫んでいるこうちゃより...

  • 片思い 17

    まるで薄い氷の上を歩いているみたいだと思ったいつ割れるかわからない緊張感の中 助けを求めれば2人とも冷たい水に飲み込まれてしまいそうで ここに来て何日経ったのかチャンミンにギターを弾いてもらい歌ってもらったり 一緒に歌ったり眠れない夜には抱き合ってキスをしていくら抱き合っても不安は消えてはいかなくて元になんか戻れない  離れようという気持ちとどうしようもなく愛してる思いが行ったり来たりしていて...

  • 愛の方程式 128√e980 3

    居合わせたのは偶然だった1人で雑務をする時に使っているかつての職員室誰もいないはずの部屋からガタガタと音がしていて誰かいるのかとドアを開けた目に飛び込んで来たのは机に誰かを押し倒している留学生の姿だった「マッツ?」声をかけると押し付けていた手を離し残念そうに肩をすくめて部屋を出ていった押し倒されていた子はしゃがみこんでしまっていて手を差し伸べた「大丈夫ですか?」「・・・せんせ」「チョン ユンホですね&nb...

  • Paramedic 15

    まさかシウォンが自分をそんな風に想ってくれているなんて考えた事もなかった「ユノさん 帰り送りますから」「大丈夫だよ お前6時間待ってるつもりか?」「あなたの為なら何時間でも 仮眠してますから起こしに来て下さい」「・・・うん」「心配しないでください  ガオーンとはいきませんから」「ガオーン?」「送り狼ですよ わはは」「・・・っ そんな事心配してないっ」休憩中  ミノがハイテンションでからかってくる「姫 今...

  • 愛の方程式 128√e980 2

    水曜日の放課後 4時30分になるのを待って今は使われていない旧職員室の扉を開いた夕日に照らされた室内で先生はいつもと同じように脚と腕を組み目を閉じていた「先生」絶対聞こえてるのに返事をしてくれないのもいつもの事だ「先生 お願い 教えてください」「嫌です」体制を変えず目を閉じたまま冷たくあしらわれる「ちょっとだけでいいから」「塾に通うなり友達に聞くなりあるでしょう」「塾には行ってるよ でも 今 聞きたいんだ...

  • お知らせ

    訪問して下さりありがとうございます!拍手3000キリ番踏んで下さった方  リクエスト受け付けます!どうぞお気軽にご連絡ください!拍手  バナー1つ1つに感謝しています!押して下さってありがとうございます!次は4000拍手踏んで頂いた方  リクエスト受け付けいたしますよろしくお願いします✨...

  • 片思い 16

    社長から預かった携帯に連絡が入った「シム  少し動きがあった  連絡が取れなくなったって騒ぎ始めている  精神的な不安と過労の為に極秘に入院していると発表した  インスタで騒いでいるが挑発に乗らないように そこにいなさい」ユノと一緒にティナのインスタを開いた『 連絡して お願い   』そんな思わせぶりなメッセージには相変わらずの自撮り  俺の服を着て俺の部屋のベッドで泣きそうな...

  • 愛の方程式 128√e980

    ⚠学パロ  年齢逆転  数学教師×生徒次は体育の授業だと思うとそればかり気になって気が散っていたのは確かだった「では  次の問題を チョン君 お願いします」急に当てられて立ち上がっても答える事が出来なくて正直に謝罪をした「すみません 聞いていませんでした」「随分余裕なんですね 次の試験 楽しみにしています」 先生の目がとても冷たくてズキンと胸が痛くなったチャイムがなり着替えをする為に準備を始...

  • Paramedic 14

    あれから カトクでやり取りはするもののユノとは会えないまま時が過ぎていたユノはシフト制で昼夜問わず仕事があるようだったのもあるし 僕も日々 開発と営業で多忙だったそれでも会いたくて具体的に予定を決めようとするとはぐらかされてしまうのだ『 ごめん  はっきりしたら連絡するな 』それきりカトクが途絶えて焦った僕が何でもないような内容を送るとそれには返してくれる僕と会いたくないのかもしれない普通に考えれば...

  • 片思い 15

    「・・・チャンミン・・・お前自分が何言ってるのかわかってるのか?」話を聞くうちにユノの表情はどんどん険しくなって蒼白になっていった「わかってる 」「何でずっと黙ってた?自分が我慢すればいいとそう思ったのか?3年我慢してそうすれば元通りになるとでも?」ユノの唇が震えて身震いしたのを見て手を差し出すも叩き落とされた「ユノ 他にどうしようもなかったんだ」「・・・オレは男だよ チャンミン  話してくれれば耐えられた...

  • Paramedic 13

    「大丈夫だって言ったのに」ハンドルを握るシウォンに口を尖らせる飲んでるとカトクしたら仕事が終わるなりタクシーで駆け付けたシウォン「普段飲まないのにそんなに飲むなんて」「そんなにって酎ハイ2本だぞ」「真っ赤になってる 危ないですよ」「危ないってお前な!」大きなランチボックスとタッパーにチャンミンが料理を詰めてくれたシウォンの家でそれを開くと「WOW」と歓声をあげた彼がワインをグラスに注いできた「飲むなっ...

  • お知らせ

    拙い小さなお話に来て下さりありがとうございます!2000拍手やらかした反省を活かして告知します3000キリ番踏まれた方 リクエスト受け付け致しますまだ先ですが良かったらご連絡ください...

  • 片思い 14

    チャンミンが何か伝えようとしているのはわかっていたでも 何も言わずただ 側にいてくれている今はそれが何よりありがたかった悪夢は相変わらずオレの夢を蝕んで苦しめるも自然と不眠気味になっていたけれど夜が空け始めると眠る事が出来た昼過ぎに起き出すとギターの音が聞こえてチャンミンが作曲をしているんだとわかる「おはよう 」「おはようユノ  何か作ろうか?」「いい 自分でやるから」業務用の冷凍庫にはこれでもか...

  • Paramedic 12

    「ユノ 僕はガラス玉のように脆いソウル男なんですこんな苦しみには耐えられません」「んー チャンミナかっこいいし 優しそうだし 大丈夫だよ 自信持って」「もっと褒めて」「んー チャンミンはスタイルも完璧だよ」「あとは?」「膝まくらして」と頼むと「甘えんぼうだな」って笑いながらも「ほら」って膝を貸してくれた僕の告白を全く自分の事だってわかってないユノに苦しみを訴えるも何処吹く風って感じだあー 膝気持ちいいな...

  • 片思い 13

     ドア越しに聞こえる声に僅かな笑い声が聞こえていた慕っているサロンのヒョンだと言うことは簡単に想像できた  食事を持ったままドアを開く事が出来ないのは邪魔をしたくないから  なのに入ってすぐに電話を切ってしまいたいような衝動にも駆られてしまう冷めていく料理に目をやってノックをして部屋に入ると毛布を被ったユノがいて僅かな笑い声が聞こえていた部屋は静寂に支配されていた料理を勧めるも手を...

  • Paramedic 11

    「熱いからゆっくり食べて」優しく微笑む天使が目の前にいる綺麗だと見蕩れていたら天使が小首を傾げた「チャンミナ?」「ユノが綺麗で見蕩れてました」正直に伝えると天使が手を叩いて笑った「綺麗ってオレ 男だからな」プンプンって可愛すぎる「あー  美味しいです とても」優しい味のお粥が身体に染み渡るようであっという間に平らげるとユノが嬉しそうにおかわりをよそってくれた「ユノは?ユノも食べないと」「うん 実は...

  • 片思い 12

    眠るのが怖いここに来てから悪夢を見るようになった誰かがオレの服を切り裂いているのしかかられた身体の重さ肌にあたる刃物の冷たさ誰かの声が聞こえる「・・・・・・ちゃいなさいよ」苛立った声に応えるように誰かがオレの脚を開いてオレは覚えてなんかいない目が覚めた時にはもう・・・だから ただの悪夢でしかない眠りたくない眠るのが怖いチャンミンの声に耳を傾けず部屋に閉じこもった何も聞きたくない何も言いたくない閉じこもった部...

  • Paramedic 10

    教えてもらったパーキングに車を停めると コンコンと窓をノックする音が聞こえた横を見るとモデル張りのスタイルの男が立っていて目が合うと眉を下げて笑った「迎えに来てくれたのか?ありがとー」「もう着く頃だと思って  迷わなかった?」「これから迷う予定だったんだけど あはは」車を降りるとチャンミンが荷物を全部持ってくれた「チャンミナ重いだろ  オレ持つよ」「いえ 持たせて下さい 持ちたいんです」「持ちた...

  • 片思い 11

    疲れ果てて眠ってしまったユノの身体を濡らしたタオルで清めてから布団を掛けた泣き濡れた目元が赤く染まり贖罪の言葉を何度も胸の中で呟く「シムです  今 着きました」事務所の社長に一報を入れるとすぐに既読がついた契約解除 違約金を受ける覚悟で全てを社長ただ1人に打ち明けたティナと婚約した時に 俺は世間一般と両方のファンダムからバッシングを浴びていた駆け出しのアイドルに手を出した男ティナの華麗なる家系に触...

  • Paramedic 9

    「ふう・・・結構重いな」両手いっぱいになってしまった荷物を車に載せると固まった肩の筋肉を回して解したチャンミンにどこに行きたいかって聞かれて何度考えてみても病院しか浮かばなかった「病院行った方がいいんじゃないか」カカオを登録しながら最後にもう一度聞いてみるも満面の笑みで「大丈夫です」って返されて心配はあるけれどそれ以上は言えなかった「ユノとデート」って喜んでるチャンミンが可愛いくて出会ったばかりだと...

カテゴリー一覧
商用