searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

HIRO@メンタルケアさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
適応障害で壊れるまで
ブログURL
https://hirowata.com
ブログ紹介文
元外資系会社員。30代後半に適応障害と診断され休職し退職した経験談やメンタルヘルスケアに役立つことをお届けします。
ブログ村参加
2020/10/06
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、HIRO@メンタルケアさんをフォローしませんか?

ハンドル名
HIRO@メンタルケアさん
ブログタイトル
適応障害で壊れるまで
フォロー
適応障害で壊れるまで

HIRO@メンタルケアさんの新着記事

1件〜30件

  • トラウマ、PTSDの原因?記憶のメカニズムについて。

    大きな事故や事件でPTSDになったり、そうでなくともトラウマを抱えたり、過去の記憶がフラッシュバックして動悸がしたり嫌な汗をかいたりと日常生活に支障をきたすことはある。そんな我々の「記憶」についてどういった学習・心理学的に研究がなされ、述べ

  • ファイザー新型コロナのワクチン2回目を打ったら副作用が半端なく地獄だった。事前準備しててよかったもの

    先日2回目のコロナワクチン(ファイザーのコミナティ)を打ってきた。1回目の時は筋肉注射をした左肩が4日間くらい「すんごい筋肉痛」になって腕が全く上がらなかったくらいの副作用だったのだが。2回目はレベルが違った。38.6度まで発熱した。コロナ

  • マスコミ偏向報道。もはやコロナワクチン感染者数を気にする意義はあるのだろうか?

    コロナワクチン2回目接種を終え15分安静にしていた待合室のTVの速報で「菅首相自民党総裁選に立候補しないのかー」と言うことを知った。首相はリーダーシップがないと文句を言い、任期満了で辞意を表明すれば「なんでやめるんだー!無責任だ」と文句を言

  • アロマ入門道具一式紹介。メンタルヘルスケアでアロマテラピーにハマった。

    業務多忙でメンタルを壊して適応障害を患って休職経て一番の変わった生活習慣といえばアロマテラピーを日常に取り入れたことだ。癒しグッツの中でもアロマは強力!癒しは重要で様々な癒しグッツは世の中に溢れているが、アロマの香りによる癒しは強力だ。単に

  • 元適応障害の人への最悪な接し方:ずっと病人扱い

    適応障害をはじめメンタル不調で回復して普通の生活をしている人に対して、ずっと病人扱いをする態度は失礼極まりない。理由:医師の「病人じゃない」の診断がないと社会復帰できない適応障害は原因となるストレスがはっきりしており、ストレスが解消されると

  • 適応障害患者の周囲の方の接し方。言葉・態度・姿勢

    自分の周りに適応障害の人がいたらどんな言葉をかければいいものか、どんな態度で接すればいいのか少なからず迷うと思う。私自身もメンタル不調は自分とは全く別の世界の話とさえ思っていたのだが、まさか自分が適応障害を患うとは思わなかった。実際にメンタ

  • 適応障害について理解度チェックリスト

    適応障害にについて疑問に思うであろう項目を挙げてみました。見出しが問いになっています。現在自信が適応障害ついてどのくらい理解しているかチェックをしてみてください。適応障害は病気である。答えはYes。適応障害は米国の精神医学会で定義されている

  • HSP(繊細さん)セルフチェックリスト

    HSP・繊細さんといえばこの本HSP(繊細さん)とはハイリー・センシティブ・パーソン(Highly Sensitive Person)の頭文字を取った言葉で「視覚や聴覚などの感覚が敏感で、非常に感受性が豊かといった特徴を生得的に持っている人

  • ハローワークの手続き。適応障害で休職し退職した場合、離職理由33番を取得すると良い理由

    会社員を退職すると色々な手続きが待っている。会社員だと天引きされて気づかないが、ざっくり分けると「年金」「住民税」「保険料」を払っていて、退職するとこれらを自分で収める必要が出てくる。病気が原因で休職、退職したわけだが、体調はよくなっていた

  • 適応障害で東京から田舎へ引っ越ししたらちょっと体調が崩れた

    休職2ヶ月からの退職を選択したのだが、退職後に気になるのはどうやって次の仕事を見つけるかだ。実は年明けに実家のある田舎に引っ越しをした。「こっち(田舎)に戻ってきてもいいんだぞ」親父の言葉社会人生活はずっと東京だったので都会に慣れている。数

  • 燃え尽き性格:ノルアドレナリン

    寝起きどんより浮き沈み朝起きるときに気持ちがどんよりしていた清々しい寝起きではなかった立ち上がるとすっと良くなったずっと継続するものではない。今日は天気もいいのですかさず外に出て日光を浴びた。日によってまだ気持ちに浮き沈みがあるようだ昨日か

  • All or Nothingという考え方

    白か黒か、All or Nothingという考え方なのか休職中なので会社から定期的な電話があったあれから2週間経ったのか...長かった様で、あっという間の2週間電話の日時はあらかじめ決まっているとは言え緊張する電話が鳴るとドキッとする約束の

  • 適応障害で休職の過ごし方:部屋の掃除と断捨離で心スッキリ

    書籍や映画、動画などで精神疾患で休職した経験のある方の情報は鬱のものが多い。鬱の方のエピソードを見聞きすると、相当重症だ。適応障害の比ではない。おそらく私がもっともピークに感じたちょうど1ヶ月前の状態がずっと続くか、完全に寝られなくなれば、

  • あなたは胸を張って、休んでいい人だ

    Amazonプライムで映画を観た「ツレがうつになりまして」だ。映画が好きなのでよく映画館にいく。当時映画本編前の作品予告でよく目にしていたが観てみようとも思っていなかった。2011年公開とのことだから2020年の今から9年前。月日の経過はあ

  • 価値観が変わった。地位・名誉・金銭より自分の時間

    うつ病を克服した人がよくいういう3つのセリフというものがあるらしい①こうなるとは思っていなかった(良い意味で)②昔みたいに働けなくなったよね③前と生き方が変わったよね私はうつとは診断されていないが適応障害の抑うつ傾向だ。地位・名誉・金銭につ

  • 話を聞いてくれる人がいるだけでスッキリ気が休まり救われる

    話を聞いてくれる人がいるだけでスッキリ気が休まり救われる友人と久しぶり会った。気晴らしに話を聞いてくれる人がいるだけで救われる話しているだけで心がすっとしていく。友人ともに気になっていた洋食レストランを試してみたかったので行ってみた。雨にも

  • 独身一人暮らしの休職の盲点ずばり孤独感

    先週のカウンセラーとの会話で気付いたのだが、休職中は仕事のことを考えないで過ごすということが難しいようだ。なぜなら「仕事のことは考えていませんか?」との問いに「はい全然考えていません。」と答えたら、たいそう驚かれたのと「いいですね!」と喜ば

  • 日本は良い国公的支援で治療に専念

    人の治癒力とは凄まじいもので休職1週間で体調はすこぶる良い診断書には適応障害の症状として抑うつ気分、易疲労感、不安、不眠の記載されていたが不眠以外はすっかり過去のことと思えるぐらい回復している。不眠に関していえば、寝つきは良いが、就寝2時間

  • 適応障害の症状:下痢・寝汗

    適応障害の症状といえども個人差はあると思う実際に私の身体に起こったことを紹介する耐えきれないほどのソワソワ感に見舞われた( 「なぁ、俺何かがおかしいんだよ」 )の翌週1週間腹痛が酷かった。ずっと下痢だその前からもずっとお腹は下していたが、特

  • 気晴らしに昔の職場を訪れてみた

    気晴らしに出かけてみた適応障害で休職の極意はとにかく休むこととであるまた、よく言われているのが自分を甘やかすことである。ただし昼夜逆転するような自堕落な生活リズムはいけない規則正しい生活を行うのが必要である。午前中は家計簿を確認していた。家

  • 経験:辿り着いて見える景色

    「賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ」と言うが経験しないとわからないものもある。飯田史彦の「生きがいの創造」だったか忘れたが、スピリチュアルな世界ではこの世に生を受けいずれ死んでいく、その間は魂の成長のためとされている。では何が魂を成長させ

  • 「良い休職ですね」:休職後初のカウンセリングにて

    ( 休職後初の心療内科医師診察 ) のつづきになる定期の心療内科通院日だが、カウンセリングが先と思っていたので、医師の診察が先だったのは不意打ちだった。カウンセリングの予約時間までまだ余裕がある。今回はクリニックの様子も見られるほど今回は心

  • 休職後初の心療内科医師診察

    休職を決断し、会社に相談診断書が必要とのことで、有給休暇を使ってクリニックにもらいに行ったりと、この1週間はバタバタした。だが、その甲斐もあって劇的に私の世界観も含めたコンディションが変化した。この数日で睡眠・食欲は断然改善している。睡眠に

  • 引っ越し手伝い(後編)

    引っ越し手伝い(前編) の続きだ。ちょうど11時ごろだろうか、兄弟は車に乗り込み新居へ出発した。道は混んでいないし、ナビを見ても、ただただ気持ちいいいほどまっすぐ向かえばいいだけなので道に迷う心配もない。車の中でも会話は続く、部屋探し中の不

  • 引っ越し手伝い(前編)

    唐突だが、自分はついているメンタルがどん底の土曜日( 「なぁ、俺何かがおかしいんだよ」)は4連休であったのが救いだった。翌日の日曜に、しかもなかなか予約が取れないと言われる心療内科の予約がすぐに取れたこともついているさらに翌日は弟の引っ越し

  • 気分スッキリお部屋の掃除

    部屋の乱れは心の乱れという言葉を聞いたことがある断捨離、ミニマリストが数年前話題になって私も極力ものは持たない様にしてきたつもりだ「つもりだ」というのは部屋を見渡せば、健康器具などもう1年以上使っていないものが転がっていたりする心も体も落ち

  • 適応障害で休職は甘えなのか?

    一旦休職し、ストレスの原因から離れ、日に日に不眠も解消され、食欲も戻り、体調は順調に回復していると感じていたのだが、予約していた用事の日にちを間違うなど、今までありもしなかったミスをし、流石にまだまだ普通ではないのだなと感じている。今回は適

  • 時間厳守のプレッシャー落ち着かない。原因は連日のWeb会議

    適応障害は日常生活に支障を起こす病気。この休職期間で睡眠に食欲とだいぶ自分でも体調が改善していると実感があるのだが、所々の場面でやはり今の自分はまだ普通ではないのだなと感じる場面がある。時間というか予約の日付を間違った。肩こりがひどくて先週

  • 日付を間違った

    睡眠、食欲とだいぶ自分でも改善していると実感があるがやはり今の自分は普通ではないのだなと感じた一面があった。適応障害は日常生活に支障を起こすがそれを感じた時間というか予約に日付を間違った。肩こりがひどくて先週近所に指圧に行った、まさに神の手

カテゴリー一覧
商用