searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

harumiさんのプロフィール

住所
福岡県
出身
未設定

ブログを通じて縁がある方と繋がれたら嬉しいです。 ぜひコメントくださいませ。

ブログタイトル
まんなかで・・・
ブログURL
https://mannakade.jp/
ブログ紹介文
儒教でいうところの中庸、右にも左にも偏らない生き方がしたい。 日々の生活の中でも、バランスのとれた考え方が出来ればと思っています。 スプリチュアル的な内容も多いですが、のめり込んでいるわけでなく 俯瞰した見方を心がけたいです。
更新頻度(1年)

83回 / 110日(平均5.3回/週)

ブログ村参加:2020/10/03

本日のランキング(PV)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、harumiさんの読者になりませんか?

ハンドル名
harumiさん
ブログタイトル
まんなかで・・・
更新頻度
83回 / 110日(平均5.3回/週)
読者になる
まんなかで・・・

harumiさんの新着記事

1件〜30件

  • 私が「スピリチュアル」から得たもの

    久しぶりに、スピリチュアルについて書いてみようかと思います。 そもそもスピリチュアルって何ですか?ってことですが 誰もがよく使う言葉でありながら、実はその定義は曖昧なままです。 Wikipediaによると「霊的」、またほかでは「見えない世界」のことなど 人によって解釈も捉え方もさまざまでしょう。 今日書くのは、私なりにスピリチュアルについて思っていることなので 押し付ける気持ちなど毛頭ないことを先に言っておきますね。 本当はスピリチュアルという言葉ではなく 何かそれに準ずる表現がないかなあ、とも思うのですが 今は思いつかないので、そのまま使うことにします。 スピリチュアルという言葉に抵抗を覚え…

  • 太宰府といえば・・・「梅が枝餅」そしてパワースポットもあります

    「太宰府天満宮」は全国の天神様をお祀りする神社の総本宮です。 ちょうど受験シーズンの今頃は観光客で大賑わいなのでしょうが 今年はどんな様子なのでしょうか。 太宰府天満宮の飛梅 『梅は食うとも核(さね)食うな 中に天神寝てござる』 ということわざがあります。 核とは種のことで、梅の種を割ってみると 中に茶色い皮に包まれた「仁」という実(白っぽい粒)が入っています。 それが「天神様」と呼ばれているものですが 食べられたことはありますか? まだ熟していない青い梅の種の中には、多少の毒素が含まれていて (塩漬けすることにより、その成分は消失するので 梅干しの種を食べても人体に影響はないそうです) 昔は…

  • 後ろ髪を引かれる、を身体で体験したこと

    今日は「諺(ことわざ)」「格言」「四字熟語」などについて 書くつもりでしたが、その故事に関係するような ある出来事を思い出したので、それを書いてみようと思います。 かなり古い話になりますが、お付き合いいただけたら嬉しいです。 以前の記事でも少し触れましたが 私は中学・高校と吹奏楽部に在籍していました。 パートは「パーカッション」はい、打楽器ですね。 小さいものはトライアングルから大きなものはティンパニーや マリンバ(木琴を大きくしたような楽器)、ドラムセットまで たくさんの種類の打楽器をこなさなければなりませんでした。 一応、夏に行われる県のコンクールでは「金賞」をもらい 毎年九州大会にも出場…

  • 私にとっては究極の断捨離だったこと

    『断捨離』に興味を持つ人も多いと思います。 そもそも『断捨離』の意味は モノへの執着を捨てる、というヨガの思想に基づき作られた言葉ということで 「断行」「捨行」「離行」という教えの接頭字だとか。 「断行」とは、入ってくる不要なモノを断つ。 「捨行」とは、すでにある要らないモノを捨てる。 「離行」とは、モノへの執着から離れる。 という意味になるそうです。 私が「断捨離」に興味を覚えるきっかけになったのは 『ガラクタ捨てれば自分が見える』という本を読んだからです。 アマゾンの履歴によると購入したのが2004年なので 随分前になりますが、この本も誰かに貸して返って来ず 今は手元にありません。 副題が…

  • 人は言葉によって創られている

    『始めに言葉ありき』 皆さまご存知の通り、新約聖書の「ヨハネによる福音書」の 冒頭の記述を日本語に訳した表現となっています。 その解釈は幾つかの説があるようなので 受け取り方は違っていいと思いますが いかに『言葉』が大切か、ということだけは言えると思います。 ブログや他のSNSでの発信も言葉がメインですし もちろん言葉以外の画像、音楽、動画ほか表現の方法はあるにしても 言葉抜きでは成り立ちません。 発信だけでなく逆に受信する場合も、目にしたり耳にしたりする言葉に 私たちは多大な影響を受けています。 特に今は情報過多の時代、膨大な言葉に 振り回されている感がありますが その真実を問う前に、盲信し…

  • ブログに寄せる思いをつらつらと書いてみました

    過去の記事でチラッと書いたと思いますが ブログを書くのはこの「はてなブログ」で4回目となります。 以前のブログは、はてなさん以外でやっていました。 初めてのブログはたぶん2005年ぐらいだったでしょうか。 今と変わらず日々の雑記ブログでしたが 毎日のようにコメントしていただく常連の方と仲良くなり 実際に会うことになった人もいます。 お一人(もちろん女性)は長崎在住で私が会いに行きました。 ちょうど「長崎くんち」の頃でしたので それに関するところを案内してもらったり ご当地グルメの「トルコライス」発祥の店や 中華街で美味しいお店に連れて行ってもらい 長崎グルメを堪能することも出来ました。 同じ九…

  • 生きることを楽しめる『達人』を目指すことにする

    ほんの数日前のことなのに、2020年は すでに去年になってしまいましたね。 大晦日は恒例の紅白歌合戦は録画しておき 興味がないアーティストのときは早送り、じっくり観たいときは 再生ボタンを押しての繰り返しで楽しみました。 例年に比べて今回は無観客での開催でしたが 後半はけっこう胸が熱くなる場面もありました。 朝ドラの『エール』を観ていたのもあって余計にかもしれません。 歌に感動したのもありますが 「Mr.Children」が歌う前に話された言葉にグッと来ました。 こんばんは、Mr.Childrenです。 今年はいつもと違う異常な年だったと思います。 でも何の変化もない、いつも通りのことなんかこ…

  • 何気ない「普通」の暮らしをすること

    私たちがよく使う言葉の一つに「普通」というのがあります。 何気に使っているので、特に意味も考えずに口から出ていると思います。 「普通」とはありふれていて、ごく一般的という意味になるようですが この「普通」って、人によっては少し違うものとして捉えていたりもします。 私の「普通」と私以外の人の「普通」にはズレがあるということで 誰が正しいとかそういう問題ではありません。 たぶん私も含めて普通の範疇に入っていることを 安心で安定の中にいるような気になっていると思います。 そのくせ心のどこかでは、普通を抜け出して 特別だと思いたがる部分も多少なりともあるような気もします。 普段は気にしていなくても、一…

  • またまた、ところ変わればの違いを少し

    以前の記事で福岡の「あるある話」を少しばかりしました。 福岡のあるある、といっても私は福岡市とその近郊しか知りませんので それ以外のところとは若干の違いがあるかもしれません。 そこはご了解の上でお読みください。 mannakade.jp 福岡に住んで何十年も経ち、きっとここが終の棲家となるでしょうが それ以前は伊豆に5年ぐらい住んでいたので 福岡が地元とは言えず中途半端な立ち位置の私です。 引っ越してきて、まず一番に近所の人に聞いたのは ゴミ出しに関してのことでした。 (その土地土地でルールが違いますから) 何とゴミ出しの時間が夕方以降、夜になってからと言われ 本当に驚きました。 ゴミの収集に…

  • 年の瀬を迎えて思うこと

    年の瀬も近づいてまいりました。 けっこう長い間サービス業の仕事に従事していたので 休みはカレンダー通りというわけにはいかず よく年末年始にも出勤することがありました。 今は仕事もしていないので やっと念願の落ち着いた年末年始を迎えられそうですが 我が家は喪中ということもあり(今年の2月に夫が亡くなったので) 静かなお正月を迎えることになります。 その件に関しては過去の記事で書いています。 mannakade.jp あんなにカレンダー通りの休みが欲しいと思っていたのに 実際にそれが手に入ると、嬉しい!とか良かった!なんて感情はなく ただ当たりまえのことになってしまうようです。 もちろん有り難いな…

  • 久しぶりに出かけたら・・・

    寒い中、昨日は所用があって出かけてきました。 寒いといっても、一週間前ほどの寒風吹きすさぶ感じではなく 動くとちゃんと身体が温まるぐらいだったのは助かりました。 バスと電車と地下鉄を乗り継いで行った先は『護国神社』です。 福岡縣護国神社 長く福岡に住んでいるのに足を運んだのは初めてのこと。 実は今年の夏前に初めて知ったのが “夏越の大祓”(なごしのおおはらえ)というご神事です。 定期的に氏神さまにはお参りし、神棚も設置していますが こういうご神事があることは知らないままで生きて来ました。 知ったからにはお願いしたいと思い、いろいろ調べたところ 我が家の氏神さまではしていない、とのことで (普段…

  • 素直に自分を認め諦めることにしたという話

    長年かかって、やっと諦めることが出来たこと・・・ それは何てことはない「髪型」です。 生まれつきの癖毛ということは 何十年も前からわかっていたことなのに 自分の中では、それぞれの時代に応じて理想の髪型というのがあったので 果敢にも挑戦する日々を続けたこともありました。 癖毛といっても、特に目立つわけでもなく 軽くウエーブするくらいで、気付く人は誰もいないのですが やはり一度はサラサラのストレートヘアになってみたい そうCMで流れるようなあの髪に、と思うものです。 そして何度かストレートパーマにも挑戦しました。 なのに私の癖毛は見事にそれに打ち勝ち、わずか数日で元通り! ある意味立派だとも言えま…

  • わたしはわたしの道を創っていこう

    私は福岡在住ですが出身は九州の他県です。 同郷の中学時代の同窓生が何人か福岡に住んでいるので 以前は時々会ったりしていましたが さすがに最近は思うように会えません。 その中の二人の友人のことをずっと羨ましいなあ、と思っていました。 一人は、最近体調不良のために退職しましたが、長年高校教師をやっていました。 もう一人は看護師で、研修のためにしばらく海外に行ったりするほど その分野では活躍していた様子です。 希望の仕事に就くためにきっと二人とも努力したでしょうし 仕事に就いたあとも、かなり頑張らなければならないことも 多かったことでしょう。 今のように産休や育休が取れる時代ではありませんでしたから…

  • なぜか声をかけられるという、どうでもいい話ですが

    声をかけられる、なんて書くと少々紛らわしいですが 実際、いろんなところでよく声をかけられます。 「今何時ですか?」はもちろんのこと 「◯◯へ行く道を教えてください」 「◯◯へ行くには、どのバスに乗ればいいですか?」 で、殆どの場合特に先を急いではいないので 「じゃあご案内しましょう」と、ある程度分かりやすい場所まで 付いて行ったりすることもあります。 声をかけられるといえば、そんなに多くはないのですが お店で買い物しているときに 店員さんに間違えられることもあります。 制服らしきものを着ているわけでもなく どこからどう見ても、ただのお客さんの一人にしか 見えないはずなんですけどね。 自分がどう…

  • やなせたかしさんの世界が一服の清涼剤だったこと

    やなせたかしさんといえば、誰もがすぐに「アンパンパン」を 思い浮かべることでしょう。 アンパンパンは有名ですが、やなせたかしさんが創刊から30年間 すべての表紙画を描き、編集もされた『詩とメルヘン』という雑誌を ご存知の方はいらっしゃるでしょうか? メルヘンという言葉に可愛くて子どもっぽいイメージを 抱かれるかもしれませんが、この本は叙情的な散文という感じでした。 1973年の創刊から2003年の休刊にいたるまで 30年間で通算385号まで出版された本です。 学生の頃から大好きだった「詩」とそれに合う絶妙のイラストがつけられた その冊子は私にとっては、まさしく一服の清涼剤ともいえる本でした。 …

  • 人の数だけの違いを受け入れることは、難しいかもしれないけれど

    以前、“みんなちがってみんないい”という 金子みすゞさんの詩を引用して記事を書いたことがあります。 口で言うのは簡単ですが、実際にその意味を噛み砕いて 自分のものにするのは本当に難しいことです。 私が嗜むものはいろいろありますが、コーヒーや紅茶などは 体質的にカフェインに弱いため、午後遅い時間に飲むと 夜寝付けなくなってしまうので、遅くてもランチ後に飲むぐらいです。 もちろん、コーヒーや紅茶以外にも カフェインが多く含まれている食品は多いので 例えば、栄養ドリンクといわれる飲み物も 自分で買うことはないのですが、いただいたりしても 時間を考えて飲まないと後悔先に立たず、ということになってしまい…

  • デジタル地球儀から学ぶこと

    どこで聞いた話なのか忘れましたが 上に立つ人、つまり経営者としての資質に必要なのは マクロ的な視点とミクロ的な視点を兼ね備えていること、だそうです。 私は経営者でもないただの一般人ですが 自分で自分の思考のバランスをとるためにも その二つの視点というのは必要なことかも、と思っています。 マクロ的な視点とは、物事全体を大きく俯瞰的に見る ミクロ的な視点とは、小さく些細なことまで気を配るように見る ということでしょうか。 普段私たちは、どちらかというとミクロ的な視点で 物事を捉えて生活していることが多いのかもしれません。 長い目で見たらどうでもいいことで一喜一憂しているからです。 ただ、それが人間…

  • 深層心理はとうてい計り知れない

    時々車を運転していると 前を走っている車の運転席から、タバコの吸い殻がポイッと 道路に投げ捨てられるときがあります。 それは別に車だけのことではなく、歩いている人も 同じような行為をしている場面を目にすることがあります。 その傍らで、道路の片隅に落ちている吸い殻を掃除している人も ときどき見かける光景です。 私も以前働いていた会社で外回りの掃除をする際は 駐車場に落ちているタバコの吸い殻を拾っていました。 毎日毎日、吸い殻が落ちていない日はありませんでした。 きっと今も日本全国で、多くの人が吸い殻などのゴミをポイ捨てし 別の多くの人が、その落ちているゴミを拾うという行為を 繰り返しているのでし…

  • どんなに時代が変わっても、変わらないもの

    以前『接客の仕事で人の側面を知ることもある』 という記事を書きました。 接客という仕事を通して人間観察をしていたことになりますが それは逆にお客さま側からも、観察されていたということです。 私たちは毎日と言っていいほど「モノ」を買っていますが 「モノ」を手に入れるためには必ず人を介することになります。 たとえネットショップであっても、その先には 見えない誰かが動くことによって、「モノ」が手元に 届くことになるわけです。 毎日の必需品となる、食料品や消耗品を買うお店というのは きっと誰もが、ある程度決めているのではないでしょうか。 その決め手になるのは、品揃えや鮮度、価格などもあるでしょうけど …

  • 警察の取り調べのあと思わぬ展開が!

    一昨日の記事で、職場に泥棒が入ったため 警察の取り調べを受けた話を書きましたが 実はそれから随分月日は流れたものの また別件で警察と関わることになり、さらに その後思わぬことが明らかになったという話を書いてみます。 過去記事で、何度か営業事務の仕事をしていた話はしましたが ちょうど事務所の入口付近に私の座る席があったため 来社された方の対応をすることも私の仕事の一つでした。 ある日のことです。 一人の男性が入って来られ、いつものように私が要件を伺いました。 なんだただの事務員さんか、そんな視線を感じはしましたが その人が上司を呼ぶようにと言われたので 言いつけどおり、私は上司を呼ぶために事務所…

  • 私が想う大切にしたいもの

    年末が近づくにつれ『師走』という言葉を頻繁に耳にするようになりました。 12月が「師走」年が明けて 1月は「睦月(むつき)」2月は「如月(きさらぎ)」と それぞれの月の呼び名が日本にはあります。 とても美しい言葉だなあ、と思うのですが普段は特に意識していないので よくクイズ番組で「◯月は何というでしょうか?」という問題に はて、と考え込む自分が少々情けないと思うことがあります。 せめて12ヶ月の異名ぐらいは 簡単に答えられるぐらいになりたいものですが やはり普段から使わないと記憶には残りにくいのかもしれません。 ほかにも、最近のクイズ番組では四字熟語や諺なども よく出題されますが、特に若い世代…

  • 人生で一番の最高の夢が打ち破られた話

    遥か遥か遠い昔の独身の頃 私は伊豆にある大きなリゾートホテルで働いていました。 部署は「会計課」ということもあり 毎日たくさんのお札を数えていました。 当時はまだクレジットを使用する習慣は少なく 殆どが現金のお支払いだったからです。 何十年も前のこととはいえ、ホテルの宿泊費は 今と大して変わりはありませんでした。 よくこんな大金を払えるなあ、と感心しながら 大量の現金を数え領収証を出す、という日々でしたが お札を見てもそれはただの事務作業のアイテムの一つとなり お給料日にいただくお金とは違うものとしてしか 認識出来ないものでした。 時折、横領などの事件が発覚し世間を騒がせたりしますが お金が欲…

  • アンチエイジングとアマゾンの話

    私が敏感に反応する言葉はたくさんあります。 「天然素材」「無農薬」「無添加」「オーガニック」「有機栽培」 「自然体」「パワースポット」「限定品」などなど。 書き出したらキリがありませんが やはり一番は『アンチエイジング』 若いときには、自分が若いという自覚がなく 年齢を経てみて、やっとその事実に気付くことになります。 それでもまだ鏡を見ない限りは若いつもりなのですが 実年齢の意識にはなかなか近づけず 時折、書類などに自分の年齢を書く際に その数字が増えてしまったことに愕然となったりします。 というわけで『アンチエイジング』という言葉には 敏感に反応してしまうことになります(笑) アロマオイルの…

  • 仏滅なんて怖くない『何事も経験に勝るものなし』

    実家が本家だったこともあり、幼い頃からよくお寺に行ったり ご住職のお話を聞く機会が多くありました。 仏教のことはよく分かっていないとはいえ、そのお話がたいそう 面白く感じられ、私にとっては楽しみな時間でもありました。 さて以前、知人のお通夜に参列したときに耳にした ご住職の発言がとても意外で、私にとっては拍手を送りたい と感じたほどだったので、ご紹介したいと思います。 お寺さまといっても、宗派はかなりたくさんあるので 一概には言えないとは思うのですが・・・ (ご住職もそのことは念押ししておっしゃっていました) 大安吉日とか仏滅、今日は日がいい、日が悪いなどの言葉を 普通に使ったり、耳にする機会…

  • お腹ペコペコになる⇒腹八分で満足する、という健康法

    実は私、恥ずかしながらたぶん「健康オタク」です。 身体にいいということには、何でも興味があります。 過去記事でもそういうことを書いてきました。 以前誰かに言われたことがあります。 「健康な人に限って、健康オタクだ」みたいなことを。 かといって不健康な人が 健康法に興味がないわけでもないとは思いますが。 日々の暮らしを楽しむためには、心身の健康を抜きにしては語れません。 今はありとあらゆる健康法が巷には溢れていて どういう健康法をチョイスするのかは難しいですが (「合う」「合わない」があるはずなので) とりあえずはやってみるしかない、ということでしょうか。 一口に「健康法」と言っても、そこには …

  • 「まあ、いいか」実は癒やしの言葉

    私が今までやってきた仕事のなかで、一番長く続いたのが ある会社の営業事務の仕事です。 一応子育ても一段落していたので、 正社員として12~13年働いていました。 その会社で、私の後輩として入ってきた20代のMちゃん。 始めは年齢差があることもあり いかにも今どきの若い子という印象が拭えませんでした。 マイペースで、どちらかというと周りに気を使わないタイプ 仕事はそれなりに出来るようにはなったものの 時々ミスが発覚し、私がその尻拭いをするはめになることも! 始めは「もう~、何とかして」という気持ちでしたが あっけらかんとしているわりには さりげなく影で私の仕事を助けてくれるようになり いつの間に…

  • 『かんじんなことは、目に見えないんだよ』byサン=テグジュペリ

    『心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないってことさ。 かんじんなことは、目に見えないんだよ。』 「星の王子さま」の作者である、サン=テグジュペリの名言を ご存知の方も多いと思います。 私は過去の記事でも書きましたが 「目に見えない世界」があることは信じていますが 私自身には、そういう世界を見る力はありません。 一口に「目に見えない世界」というと抵抗を感じる方が 中にはいらっしゃることも理解しています。 でも古くから人間はそういう「目に見えない世界」があることを 知った上で社会生活を営んできたようにも思います。 「目に見えない世界」が何を指しているかは 人によって違うのでしょうけど 何も「オカル…

  • たくさん涙を流したら健康になる!?

    「歳を取ると涙もろくなる」と言いますが 私は若い頃からすでに涙もろかったので その説はどうなんだろう?と思っていたのですが あの『チコちゃんに叱られる!』(NHK) でも取り上げられたようで、本当の話のようです。 その理由もいくつかあり 歳を経ることで「共感力」が高まることが影響し 人生経験を積むことで共感できるポイントが増えて、涙もろくなること 自分の気持ちにブレーキをかける「前頭葉の働きが弱くなる」 ことが影響しているそうです。 私は若い頃流した涙と、歳を経てからの涙では どうも違いがある気がしてなりません。 それは若い頃の方が、より多くの涙を流していたということです。 いったい、いつにな…

  • 復刊ドットコムとおすすめの絵本

    世の中にはたくさんの本が出版されていますが 人の数だけ好みも分かれてくるのは当然のことです。 文学、歴史、実用書、ビジネス書、児童書・絵本、 雑誌やマンガなど数限りなくありますし 私の好みと皆さまの好みが違うのも当たりまえの話です。 私は文学が好きですが、全ての文学というわけでもなく 作者によっても、作品によっても好き嫌いというのがあります。 ベストセラーになっているからといって面白いかどうかは 分からないし、読んでいるときは面白く感じても 読後は何も残らないという作品もありますが。 若い頃、ほんの短期間(2~3ヶ月)本屋さんで働いたことがあります。 そのときに担当したのが児童書や絵本というこ…

  • バスに揺られて博多駅へ

    普段はもっぱら移動の手段は車なのですが 先日の記事にも書いた「鍼治療」に行く時だけはバスを利用します。 バス停もすぐ近くにありますし、博多駅へは1本で行けるので ただ揺られているだけで目的地に着くのは とても便利に感じられます。 まあ本音を言えば、私が混む街中での運転をしたくない ただそれだけの理由なんですけどね。 それでも気楽に移り変わる街の景色を、ただぼーっと眺めながら 思索にふけるのも又、趣があるというものです。 ふと目に入った花の名前を思い出そうとする作業も 無駄に脳を使っているわけではないし (そう自分に言い聞かせているだけの話ですが) 途中ですれ違った車のナンバーが 遠く離れた関東…

カテゴリー一覧
商用