searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

偽のカート・キャノンさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

♂です。ただし、一応です(笑)

ブログタイトル
写本学で学士(芸術学:美術)を目指すぞ
ブログURL
http://dummdumm.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
 土佐日記の写本を論題にして、大学改革支援・学位授与機構で学士(芸術学:専攻の区分は美術)を取得しようとしています。ものとしての写本は、美術品としての面も持っています。
更新頻度(1年)

25回 / 58日(平均3.0回/週)

ブログ村参加:2020/09/30

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、偽のカート・キャノンさんの読者になりませんか?

ハンドル名
偽のカート・キャノンさん
ブログタイトル
写本学で学士(芸術学:美術)を目指すぞ
更新頻度
25回 / 58日(平均3.0回/週)
読者になる
写本学で学士(芸術学:美術)を目指すぞ

偽のカート・キャノンさんの新着記事

1件〜30件

  • 土佐日記の位置づけ

     町の図書館で見つけた品田悦一・斉藤希史『「国書」の起源 近代日本の古典編成』新曜社2019年の17頁に、1882年6月に出された東京大学古典講習科の生徒募集広告のことが出ている。 それによると、設置目的は「本朝歴世ノ事実制度ノ沿革及ヒ古今言詞ノ変遷等考究ノ為」であり、募集人員は官費生のみ二十二名、修業年限は満三年、入学試業課目として『古語拾遺』『土佐日記』『唐宋八家文』が指定された。 入学試業課目に『唐宋八...

  • 「ブログの説明」の文字サイズ

     ブログ・タイトルの上に出てくる「ブログの説明」の文字サイズが小さすぎたので弄った。 備忘録として、弄った箇所を置いておく。 ...

  • 2021年の干支は豚?

     来年の干支飾りの写真をもらった。 ん?来年は豚だったのか(笑) ...

  • 「Olive 少女」

     産能の「ストリートファッション論」のリポートが返ってきた。 リポートと言うよりも、知識確認問題みたいなものである。 1980年代の「Olive少女」と呼ばれる族について語群から選択する問題で、「ロマンティックでミスマッチなスタイル」とやったのは良かったが、それに対応する雑誌を『Hanako』としたのは大間違い。 正解は勿論『Olive』である。 この時代に生きていた私だが、こんな族がいるとは露も知らなかった。 しか...

  • 2021年1学期の放送授業の試験日程(一瞬だけ公開)

     今し方、つまり昼前に放送大学のシラバス検索に入ったら2021年1学期の開講科目と試験日程が公開されていた。 ところが、直ぐに消えてしまった(笑) 恐らく11/26の出願開始時期まで眠らせるのだろうが、一瞬だけ見られるようにして消してしまうなんてケチなことをする。 しかし、一瞬でも見られたのは信じがたい幸運だ。科目名と試験月日(丸数字は試験の時限)。 【美術制作に関する科目】 CGと画像合成の基礎('16) 2...

  • 原田種成『漢文のすゝめ』

     町の図書館で偶然、本当に偶然、素晴らしい本を引き当てた。 原田種成『漢文のすゝめ』『漢文のすゝめ』新潮選書1992年である。 この本は表紙や背表紙や奥付の書名は『漢文のすゝめ』であるが、中表紙には「諸橋『大漢和』編纂秘話」という副題が添えられている。 国会図書館の蔵書目録はこの副題を拾っているが、肝心のこの本を借りた町の図書館の目録には副題がない。そのため「諸橋 大漢和」のキーワードで検索しても、こ...

  • 漱石の断片

     今朝、予約の本を取りに町の図書館に行ったら、入り口に「リサイクル市」と紙を貼った移動式の書架があった。 珍しいことではなく、多いときにはちょっとした露店のようになっているのだが、今日は十冊程度。と言うか、既に持ち去られた後かも知れない。 と言うのも、残っていたのは古い児童書が数冊と、そして岩波の漱石全集の何冊かだったからだ。 漱石全集は滅茶苦茶きれいで、恐らく遺品整理かなんかで図書館に寄付された...

  • 机上を片づける

     産能の「ストリートファッション論」のリポートは手書きなので、机上を片づけた。 色んな物がぶっ積んであって物を書く場所として機能していなかったのが、何とか機能するようにした。 すぐに元に戻るだろうから、こんな時もあったという記録として置いておく(笑)...

  • 衣服内気候

     産能の「ストリートファッション論」のテキストを読み始める。 衣服内気候、という概念を初めて知る。 肌と衣服のすき間を「衣服内気候」と言い、温度は摂氏31~33度、湿度は40~60%、気流は1秒間に10~40cm程度が快適だとされる。 現実の服装はネクタイその他、この快適な条件から外れていて、衣服を機能性だけでは説明できないと。 なるほどなあ、と感心。 人間がなぜ裸を捨てて衣服を着るようになったかについて、次の...

  • 渡邊佐和子って何者だ? ちゃんと藤本孝一の名前を出せ!

     昨日、風呂から出て寝る前に何の気なしにNHKテレビを点けたら、あっと驚いた。 写本学の藤本孝一が、画面の中でしゃべっているではないか! 歴史秘話ヒストリア「新発見!まぼろしの源氏物語 藤原定家の挑戦」と題した番組だった。 藤本孝一の出番がどれくらいあったのか知らないが、終わり間際から見た私は僅かな部分しか見ることができなかった。 ああ、藤本先生も老けたなというのが偽らざる感想。 初めて講義を聴いた...

  • 見られない

     仁井田陞(1904-1966)の『東洋とは何か』東京大学出版会2013年新装版をぼんやりと読んでいたら、彼が1935年頃に内閣文庫に『水滸伝』『金瓶梅』『紅楼夢』などの小説類の閲覧請求をして断られたという話が出てきた(250頁)。 仁井田は「多分、私のような法律書生には、いわゆる『煙粉』もの、ことにそのうちのあるものを見るのは不似合いというわけであったのだろう」と理由を推測している。 しかし、1934年には『唐令拾遺』...

  • 芸術と「骨董いじり」

     学問とは真理の探究である。そして、真理はひとつしかないとは良く言われることである。 簡単な例を挙げると、法律の解釈論とか立法政策などというものは十人いたら十通りの仕様が可能であるのに対して、学問としての法学の真理はひとつしかない。法哲学や法社会学を事とする人びとの、矜持ともとれる表現である。 芸術学というものが存在するのなら、やはり真理はひとつと言うことになろう。 ここが「骨董いじり」と芸術が袂...

  • 学士取得の値段

     私は十代の頃に大学に行ける環境になく、その後、まあまあの年齢になってから通信制の大学を出た。 通信制であっても表向きは大学出の扱いだから、例えば法科大学院が作られる以前の司法試験では一次試験が免除された。 大学改革支援・学位授与機構の設立趣旨が何処にあるのかは知らない。はっきりしているのは、独学で学士になろうとする人を支援するいうのとは違うと言うことだ。 学士を申請する基礎資格が定められていて、...

  • 藤本孝一『古写本の姿』

     プロフィールにも記したとおり、至文道の「美術シリーズ9」として藤本孝一『古写本の姿』2002年が出ている。 同じく藤本の『文書・古写本の作り方』2008年とともに、これは画期的な著作だと思う。 何故か? ちょうど後藤和民の『縄文土器を作る』中公新書1980年と等しく、単なる骨董好きの世界ではない学問としての「もの」を捉える視点だからである。 藤本は、自らを写本学の徒と規定する。藤本との出会いは、最低の社会人...

  • 卒業論文のテーマ

     産能大の「ストリートファッション論」のテキストが届いた。 渡辺明日香『ストリートファッション論 日本のファッションの明日を考える』 産業能率大学出版部2011年 239p ; 21cm 筆者の卒論のテーマが、そのまま終生の研究テーマになってという感じである。 プロローグ「人はなぜ衣服を着るのか?」から始まる、社会学的な論考に入るのだろうか。 「ファッションと社会の相即不離の関係に着目して欲しい」「現代のファッ...

  • 芸術と権威

     松井圭一郎ほか『文化人類学の思考法』世界思想社2019年の72頁の記事である。 「2016年5月、サンフランシスコ現代美術館に突如として現れた作品が世間を騒がせた。その作品はメガネの形状をとり、床の上に無造作に配置されていた。メガネは普通の大きさで、奇抜なデザインや色をしているわけではない。一見すると何の変哲もないメガネなのだ。人びとはなんとか作品の意味を理解しようとして説明書きに目を凝らしたり、美しさを...

  • 取りあえずテンプレート変更

     シンプルな物を探して、これにした。 作った方に感謝!...

  • なんでやねん!

     このBlogのテンプレートで「なんでやねん!」と手を振っていた猫が居なくなってしまった。 えーっ!と叫びたいくらいである。 要は、テンプレートと言うかスタイルシートにあった猫のgif画像は、作者が電脳空間に置いていた画像へのリンクの形になっていた。 理由はわからないが、作者がその電脳空間の画像を削除した(つまりリンク先のURLが存在しなくなった)ことが原因である。 まさに、なんでやねん!である。 ...

  • 博物館ばっかりじゃ面白くない

     学士(芸術学)の積み上げ単位を放大中心に考えたが、博物館ばっかりじゃ全然面白くない。 それに放大は試験が何曜日になるのか、あなた任せで予定が立ちにくい。そこで、大阪芸大なんかも候補に入れようかなと思った。 【美術理論・美術史に関する科目】 映画史 4単位 写真史 4単位 日本美術史 4単位 こんなところが候補かな。 この大学は、科目等履修生は登録料10000円で1単位5000円である。割と安いのだが、教...

  • 学位授与機構というロクデナシ(笑)

     改めて定家筆土佐日記のことで学士(芸術学)を目指すことになり、このブログで過去に書いたことを見直している。 へえ、結構きちんと色々なことをしているんだと我ながら感心。 と同時に、学位授与機構というロクデナシに改めて立腹。 システムの不具合を作り出しておきながら、知らんぷりどころか居直るというDQNである。http://dummdumm.blog.fc2.com/blog-entry-104.html 学位授与制度は素晴らしいが、もう少し普通の人...

  • こんな感じでの単位の積み上げを計画

     こんな感じで美術の専門科目40単位を目指す。※印は産能大通信、それ以外は全て放大である。 やってる内に閉講されてしまう科目もあるから思惑どおりは行かないだろうが、その場合は面接授業でも取るか。 どっちにしても、不足しているのは27単位だから後は放大の面接授業が頼りである。 しかし、博物館ばっかりで面白くないねえ(笑)  【美術制作に関する科目】 CGと画像合成の基礎('16) 2単位 映像コンテンツの...

  • 放送大学だけで単位は揃うか?

    【旧題】「図書館学で学士(教育学)を取ろうとしている人の日記」

  • 放送大学の利用

    【旧題】「大学評価・学位授与機構で教育学の学士を目指すぞ」

  • 取りあえず一科目を

    【旧題】「大学評価・学位授与機構で教育学の学士を目指すぞ」

  • 手持ちの単位はわずか13単位

    【旧題】「大学評価・学位授与機構で教育学の学士を目指すぞ」

  • 今年度から学修成果はPDFファイルで提出

    【旧題】「大学評価・学位授与機構で教育学の学士を目指すぞ」

  • 2020年度 産業能率大学の教育学関連科目

    【旧題】「大学評価・学位授与機構で教育学の学士を目指すぞ」

カテゴリー一覧
商用