searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

まぁこさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
はなび
ブログURL
https://malako25fireworks.fc2.net/
ブログ紹介文
花より男子の二次小説です。 カップリングはつかつくです。よろしくお願い致します。
更新頻度(1年)

33回 / 36日(平均6.4回/週)

ブログ村参加:2020/09/24

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、まぁこさんの読者になりませんか?

ハンドル名
まぁこさん
ブログタイトル
はなび
更新頻度
33回 / 36日(平均6.4回/週)
読者になる
はなび

まぁこさんの新着記事

1件〜30件

  • まやかし婚33

    「もう!あんたが変なことばかり言ってるから、西田さんがどんどん話を進めてしまうじゃないのっ。」牧野さんが司様を叱っておられます。そうなんです。司様は本当に変な事ばかり言われるんです。バカでは無いのですが(と、思いたいのですが。)日本語がかなり弱いんです。大阪へ出張した際、某ホテル『浪花(なにわ)の間』と事前に伝えていたのに「俺は『なにわの間 』って聞いてたぞ!フロアマップ見ても『ナミハナの間』しか...

  • まやかし婚32

    「では、プレナップの作成へ入らせてもらおうと思います!」西田が、俺たちに笑いかけながら話し出した。おい、なんだよ?そのナップは??しかも、お前の笑顔はキツイぞ。西田の声に女が「待ってください!」と叫んだ。俺も「栗なっぷってなんだ?」と聞いた。「何が栗なっぷよっ!違うでしょ!それは、水回りの会社でしょ。」俺の疑問にソッコーで、突っ込んでくるこいつ。あ?違うのか?「違う違う!西田さん、プレナップなんて...

  • まやかし婚31

    謝ろうとしていたのに、なんでこんなに俺は文句を言われているんだ?しかも、三つ子ってなんだよ?俺は姉ちゃんしかいねーよっ。それに、なんでこいつが俺たちが英徳でしていた赤札の事を知っているんだ?赤札を知っているっつー事は、こいつは英徳に通っていたって事か?通っていたとしても、口害(口外)するような根性のいる奴はいねー。俺たち4人を敵に回すって事は、社会的に生きていけねーって事を意味する。俺はこいつのこ...

  • まやかし婚30

    西田がこの契約結婚の話をしだした時。俺は単純に、金で困っている女だと思った。それは違っていて自分が作ったんじゃねー、父親の作った借金をこいつが返していた。こいつの親も終わってるな。クソだ。そして、認めたくはねーけど少し可愛いんじゃね?って思った。そんな女がバージンで、俺はラッキーなんじゃねーかって思った。そんなことを思いながら、どこかで金で精算出来る方が楽だとも思った。正直、一年後に綺麗さっぱり離...

  • まやかし婚29

    「初めての女性が良いんです。司様は♡」私の言葉に、かなりビックリされて、顔を真っ赤にして恥ずかしそうな牧野さん。いやー。いいですね~。この初々しさ。バージンの女性にしかない、この恥じらい!顔や耳、首まで真っ赤にさせて。牧野さんは色白でいらっしゃるので、赤く染まった肌がこれまたいいじゃないですか~。世のおっさん達(私はまだそこに入るとは思っていません)が、若い女性が好きなのもわかる気が致します...

  • まやかし婚28

    「先程も申しましたように、お二人には結婚をして頂きます。」西田さんは、こいつと私の方を向いてこう言った。そして、「結婚期間は1年。条件付きの結婚です。」って言ってきたの。こいつと私が再び拒否しても「これしか方法はありません。それはお二人自身が十分にわかっていることです。」こう言った後で、西田さんが私達2人に説明してきたこと―――――――。道明寺司って名前のこいつ。不本意だけど、私の会社の総部長についてい...

  • まやかし婚27

    なに、西田を見て目をウルウルさせてんだ?こいつはオッサンだぞ!30歳を過ぎていたはずだ。もう直ぐ、結婚する女がいるんだぞ!!こんな銀縁メガネのくせにずっと同じ女と付き合っているんだぞ!俺は、西田が騙されているんじゃねーのかって何度も思ったことがあるんだぞ!なんで、俺を一切見てこねーんだよ?こんなことを、何故か思った時だった――――。この女から発せられた言葉が「やっぱりクビですか?」目をウルウルさせて言う...

  • まやかし婚26

    西田さんが重厚そうな扉を開いた先には――――。私が初めて見る重厚で質のいいもので溢れているオフィスだった。絨毯もすごくフカフカしている。牧野家の絨毯の断面は3㎜以下、この部屋の絨毯の断面は50㎜じゃないのかな。机もソファーセットもオシャレだ。そのもの自体の存在と部屋の空間がすごく合っている。壁紙と家具のコントラストがすごく落ち着いている。スゴクすごくスゴークお洒落な部屋なのに残念なことに、この変な奴がい...

  • まやかし婚25

    エレベーターに乗って最上階を押す。そして、このモニターにICチップカードの私の社員証をかざす。あいつがいるだけの最上階。いや、秘書の西田さんって人もいるんだった。その為にこんなセキュリティなんていらないでしょ。月夜に提灯だよ。そう思っている間にも、エレベーターはグングン最上階へ向かっている。最上階は新入社員研修でもセキュリティーが厳しく入れなかった。それなのに、なんで今日は行けるの?西田さん。どんな...

  • まやかし婚24

    もうすぐ彼女がこのフロアにやってくる。道明寺ホールディングス東京支社 最上階。たかだか総部長職なのに最上階。ま、仕方ないですね。あんなのでも一応、わが道明寺ホールディングス東京支社代表取締役総部長なんですから。私は食堂で日替わりランチを食べた後、調べに調べました。牧野つくしさんのことを。通常業務はどうしたと?司様は大した仕事をしていません。いや、大した仕事はできません。無理なのです。なので、無法地...

  • まやかし婚23

    私がドキドキしながら部長席へ向かうと「おっ。牧野さん、お疲れ様。こんな時間に悪いんだけど、西田の所まで行ってくれる?」いつもの部長の口調で言われた。本当に悪いよ。今から相談しようと思っていたのにっ!今朝からの緊張を返せっ!しかも、誰よ、西田って?「えっと。西田さんってどちらの方ですか?」私の質問に「あー、知らなかった?珍しいね。」珍しいんじゃなくて、私は新入社員なんだから全社員の名前なんて覚えてい...

  • まやかし婚22

    もうすぐ終業時間。心臓がドキドキしてくる。明日香と美玖は終業と同時に帰社する段取りで仕事をセーブしだした。今日、合コンの日だったのかな?この2人は男の人への情熱?彼氏への情熱がすごくて、ある日突然「17時38分発の電車の3両目、目が覚めるようなイケメンがいる!」とか「ジャンク堂書店のバイトくん、超かわいい♡」とか言い出すんだよね。狙った獲物を研究してでも、マスク外したら残念だったとか。スーツ...

  • まやかし婚21

    私は見つけてしまったんです!!!偶然にもっ!!私は聞いてしまったんです!!!食堂で会話をする、庶務課の新入社員3人組の会話を。そして、見つける事なんて100%無理と思っていた司様の理想の女性を見つけたんです。適齢期の処女を――――。司様の理想の女性なんて、正直どうでも良かったですし、処女じゃないのなら演技でOKって思っていたのですが、見つけてしまったのなら仕方ありません。あー、この自分の仕事の出来る能力、い...

  • まやかし婚20

    冷たい目線をした2人は「「道明寺総部長様に決まってるでしょ!!」」また異口同音で言ってきたんだけど――――「えっー!イヤーっ!!」食堂に私のビックリした声が響いた。そして、「なっ、なっ、なんでっ?あんなのがっ!№1にエントリーなんかされちゃってるの?」私の素直な感想まで食堂に響いた。私の叫び声が食堂に響いた後、私たち3人の周りの席の人に頭を下げて、また話し出した。「つくし、No.1なんて一択なのが何でわから...

  • まやかし婚19

    「つくし、どうなってるの?白状しなさいっ!!」「そうよ。私たちに秘密は無しだよっ。」お昼休み、同期で同じ部署の明日香と美玖に詰め寄られている。私の目の前には、私の手作り弁当。明日香は食堂のランチ、美玖はコンビニで買ってきたお弁当。「白状も何も無いんだって。」この説明、何回目なのよっ!私はこれよりも大切な、牧野家のこれからを考えたいのにっ。「金さんがわざわざ!つくしを探してムンバの差し入れだよっ!」...

  • まやかし婚18

    仕事に集中しなくちゃって思うのに、心配が多すぎて仕事になんかならないっ!昨日の夜、パパが警察に捕まった。のみ行為に手を出すなんて犯罪じゃないのっ。はぁー。大きくため息が出る。その上、家を担保に入れて300万円の借金。我が家の借金は1300万円まで膨れ上がった。いや、違うっ!!トイチで10万。昨日、新たに10万借金したから計20万。って事は、借金の総合計は1320万円。はぁぁーー。また、大きくため息が出た。トイチは...

  • 四葛寮での日々39

    朝、起きると―――――道明寺の腕に思いっきりもたれて寝ていた。道明寺、今日はぐっすり眠れたのかな?ゴールデンウィークに入ってから、なんとなく道明寺は寝不足じゃないのかなって思っていた。私が起こしに行く前から、もしかしたら起きていたんじゃないのかなって思った日もあった。今日はぐっすり眠れたのかな?私、重たくなかったかな?私は道明寺の腕から、そーっと離れた。『ありがとう。お蔭でぐっすり眠れました。』道明寺...

  • まやかし婚17

    目の前の我が儘上司は「おう!それと、俺はフカマドの女に興味ねーから。」こんなことを言いだしました。また、始まりました。耳鼻科を鼻耳科と言った後はこれですよ。ヤレヤレ。日本人なのに、日本語が全く出来ない気の毒な男の話が。ふかまど?フカマド?何ですか?それは一体。嫌ですが、自分の不幸を呪いたくなりますが、司様がアメリカに渡った時から付いているんです。大体、何を仰りたいのか直ぐに理解出来るようにはなった...

  • まやかし婚16

    ご自分の指定された時間まで、ぐっすりお休みになられた司様(丁寧に言ってますが、これは嫌味です。)の言葉に私は発しました。「今、なんと仰られました?」私は自分の耳を疑いました。「お前、俺の話聞く気あるのか?」目の前の、ボンクラ上司が私にこう言いました。聞く気はあるのです。聞いているのです!!信じたくないというのか。今さっき耳にした言葉を聞かなかったことにしたいというのか。「お前、鼻耳(ビジ)科に行っ...

  • まやかし婚15

    パパはテーブルの上にあるように、私たちの知らない所で新たに300万も借金をしていた。その借金は、それも私たちが知らない間に遊びに使いそして、新たに借りたお金の返済にもあてていた。あのパソコンの転売は、ノミ屋に一緒に行った人に教えてもらったらしい。なんてバカなんだろ。パパは、その人たちが何もしないのにマージンが入ることに気がついてないんだ。でも、バカなりに300万を全て遊びに使わないで返済に充てたのは良か...

  • まやかし婚14

    けたたましく電話が鳴った。ママが急いで受話器を取る。ママも私も進もきっと同じことを思っていた。朝からずっと出掛けたパパに何かあったんだって。緊張してママの顔を見つめる私と進。「えっ?どういう・・・。はいっ。行きますっ。直ぐに、迎えに行きます。すみません。すみませんっ。」ママがいつもと違う焦ったような声になって、急に謝りだした。なんだ、お酒飲んで倒れたんだ。自分の許容範囲を知らない酔っぱらい、私と進は...

  • 四葛寮での日々38

    「おやすみなさい。」牧野はこの言葉を俺に伝えてソファーに深くもたれた。今までも俺たちが男子寮に戻るときに何度も言われた言葉。『おやすみなさい。』この言葉は特別だ。親しい奴でねーと絶対に言わない言葉だ。そう、今までのはあいつらと一緒にひっくるめて言われていた言葉だ。でも、今は違うだろ。今のは俺だけの為に言ってきた『おやすみなさい。』だ。今夜だけは同じ部屋で寝る。1つのソファーで、1枚のブランケットで...

  • 四葛寮での日々37

    俺と牧野への体の衝撃を考えるとソファーに倒れこみたかったが、間に合わなかった。俺は牧野の頭を右腕で守りながら倒れこんだ。とすん。小さな音をたて牧野が先に倒れた。牧野の真上に倒れるわけにはいかねー俺は、なんとか片腕で倒れる寸前、左腕で自分の体を支えた。ドンっ。俺の上半身を片手で支えた左腕は、ドンっつーデカい音を立てた。なぁ、これって―――――――。床ドンじゃね?「いたっー。くない。」今の状況を把握してない...

  • まやかし婚13

    10月 最終日曜日 18:30パパはまだ帰ってこない。友達に仕事を紹介してもらうって言ってたけど、きっとウソだ。でなきゃ、こんなに遅いわけがない。仮に、それが本当だったとしても友達から『無理だった。』と断られているんだよ。でないと、無職のパパがこんなに帰宅が遅くなるなんて絶対におかしい。「ママ、パパから連絡はまだ?」進がママに聞いてる声がする。私は晩ご飯までに、自分の保険証と印鑑を違う場所に隠すように...

  • まやかし婚12

    牧野家に激震が走った翌日。私は弟と一緒に買い物に来た。といっても別行動。フツーに姉弟で買い物を楽しめたらいいんだけど。今日から、節約の上に節約を重ねる生活。一円でも安い物を手に入れるために、進とお互いに違うスーパーに行って情報交換だ。【スーパー ヤスモノガイーノ宮前店は卵が128円だよ。そっちは?】 勿論、スマホの無料ツールで連絡をする。【激安店 ゼニウシナイー宮本店は卵が11時からタイムセールで88...

カテゴリー一覧
商用