searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

とりあえずびくとりさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
びくとりさん、狩猟をする
ブログURL
https://victory-o.hateblo.jp/
ブログ紹介文
主に一人、または数人で狩猟をしています。 猟法は銃猟で、エアライフルでの鳥撃ちと散弾銃でのシカ撃ちをしています。
更新頻度(1年)

3回 / 11日(平均1.9回/週)

ブログ村参加:2020/09/20

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、とりあえずびくとりさんの読者になりませんか?

ハンドル名
とりあえずびくとりさん
ブログタイトル
びくとりさん、狩猟をする
更新頻度
3回 / 11日(平均1.9回/週)
読者になる
びくとりさん、狩猟をする

とりあえずびくとりさんの新着記事

1件〜30件

  • スポーティング大会で大会デビューをしました

    友部射撃場では、色々な大会を企画しており、普通にトラップやスキートでの100枚撃ちの大会やトリプルトラップ大会などがあります。 そんな魅力的な大会の中に「スポーティング大会」なるものがあったのですが、同じ猟友会支部の方にお誘いいただいたので、二つ返事で参加してきました。 家内や射撃仲間も一緒に参加することになり、一つの射団にまとまれるように受付タイミングを図ります。 無事に同じ射団になれました。 こういう「大会」は初めてで、下手くそだとどやされたり小言言われたりしないか(被害妄想)心配でしたが、ガチ勢による公式戦でもないのでギスギスした空気もなく、とても過ごしやすい雰囲気。 安全に対する指導は…

  • ロードキルイタチを拾って、毛皮を鞣してみた(後編)

    1日おきに表裏を返すように動かしながら2週間弱が経ちました。 この頃になると、ミョウバン液に浸けている毛皮をつかむと「クシャっ」としたような感じになってきます。 これを軽く水洗いしてからベニヤ板に伸ばしながらタッカーを使って張り付けにします。 タッカーを刺した穴から破れたりしないか心配でしたが、そこは「革」。グイグイ引っ張っても切れる気配は無し。 張り付けにしたら1週間程屋外で干しました。 この状態だと、スルメのようにガッチガチ!! 柱に巻き付けるようにしてグリグリゴシゴシしたり、棒でグリグリしたりほぐしていくと、大分柔らかくなります。 これで毛皮製品を作るなら丁寧にほぐした方が良いんでしょう…

  • ロードキルイタチを拾って、毛皮を鞣してみた(前編)

    田園地帯を走っていたある日のこと。 道路に、茶色くて細長い物が落ちていました。 特に珍しい物ではありませんが、車に轢かれたイタチですね。 それなりのサイズであること、鼻面が黒いことから雄イタチでしょう。 いつものことなのでスルーしたのですが、血溜まりもないし、カラスも来ていない。 「ボロボロじゃなさそうだし、拾って皮鞣してみる?」なんて何の気なしに家内に言ってみると 「いいね。やってみたら。」(家内も狩猟やってる) 早速引き返して、ブルーシートにくるんで回収してきました。 個体を見てみると、体には外傷はほとんど無く、頭をゴツンと一発やられたみたい。 腐敗臭もしないし、暖かさも感じるので轢かれた…

  • トレイルカメラで猟場の下見をするのは楽しい

    先日仕掛けたトレイルカメラを回収してきました。 ワクワクしながら回収のために山に登り、カメラに記録されたファイル数を小さな液晶モニタで確認すると・・・。 「15/15」 設定では、静止画を2枚撮影し、その後は動画を1分間撮影するモードにしています。 そして、設置時のテスト撮影と、回収時に映り込んでしまうそれぞれの1セットずつである6枚を除くと、3回撮影できていることになります。 どんなものが映っているのか静止画を確認すると、1回目、2回目は何も映っていない模様。3回目は明るい茶色の姿が見えたので、シカは撮影できているみたいですね。 僕の狩猟のメインターゲットはシカのなので、これでも十分満足な結…

  • 猟期に向けての下見開始

    去年、一昨年と通っている猟場ですが、新ルートのけもの道がどのくらい使われているのかを知りたくて、トレイルカメラを仕掛けてきました。 狩猟に少し興味を持ち始めたという会社の後輩を連れて、いつもの猟場に。 途中「熊に注意」という新しい看板があったので、今年目撃情報があったのかも。 丸腰の状態で出会うのはまっぴらごめんなので、あえて話をしながら尾根に向けて入林開始。歩き方も忍び足はせずにさっさと歩きます。 尾根まで70mぐらいのところで警戒音一発!! 3頭のメス鹿が小走りに逃げていきました。 この後輩なかなか持ってますね~。僕がトレイルカメラ仕掛けているときも別の鹿を見つけたようでそっちを確認しに行…

  • なぜ、今スプリング銃なのか

    僕は人とはちょっと感性がずれているというか、違った思考をしているという自覚はあります。 最初の1挺として所持したのはシャープ製のビクトリーというマルチポンプ式の空気銃で口径は4.5mm。 そして、これと入れ替えに所持する予定の銃は、スプリング式でWeihranch HK77W 4.5mm。 プリチャージ式が全盛期の今、なぜスプリング式なのか?というと、最大の理由はコストパフォーマンスではあります。ただ、「安いから」というそれだけの理由ではありません。コストと性能を考慮した結果です。 (もっとも、現段階では所持していないので、見聞きした内容だけでの判断ですが。) 予算が潤沢にあるのならば、最新式…

  • 錫弾のフォスター弾頭でハンドロードをしてみる

    Leeのプレスとメルター、Lymanのフォスターのモールドを入手することができたので、ハンドロードを始めました。Lymanのモールドは、鉛で鋳込むと490gr前後、錫だと320gr前後。 なぜ錫を試しているかというと、鉛規制の流れ・・・ではなく、リコイルが強くて強くて。 軟弱者ではありますが、既成の錫弾も手に入らないので、せっかく道具があるなら試してみたい。錫は鉛よりも融点が低いのでメルターは同じものでも大丈夫だけど、鉛と混ざる可能性があることを気にして小さめのを新規購入。 冷えて固まるまでが鉛よりも時間がかかるだけで特にやりにくさはなし。ハンドロードは、火薬はホジドンのロングショット。 雷管…

カテゴリー一覧
商用