searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

KUMONIKUMONさんのプロフィール

住所
北海道
出身
北海道

アラフィフ夫婦と大学生と高校生の息子の4人家族。 公文の話、アウトドアのこと、節約のことなどなどをブログに綴っていきます。

ブログタイトル
いろいろ日記
ブログURL
https://kumonikumon.hatenadiary.com/
ブログ紹介文
公文式って実際のところ、どうなの?性格が違う長男と次男を10年通わせた日々の記録といろいろをお届けします。
更新頻度(1年)

34回 / 34日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2020/09/20

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、KUMONIKUMONさんの読者になりませんか?

ハンドル名
KUMONIKUMONさん
ブログタイトル
いろいろ日記
更新頻度
34回 / 34日(平均7.0回/週)
読者になる
いろいろ日記

KUMONIKUMONさんの新着記事

1件〜30件

  • 公文式の通信教育で英語に取りくんだ結果

    公文で通信学習を始めてから、続けること1年半。 高校3年生になった長男は、定期試験だなんだで数日休むことはあっても 1日5枚の英語教材をコツコツ続け、その結果・・・ ・・・なんと!! 無事、英検準2級に合格しました!!!(ΦωΦ)ピカー! もちろん、公文の英語を始めたのは英検準2級の取得が目標だったわけではなく あくまで大学受験で困らないようにするためだったのですが 長男に英語の力がついたことの証明とも言える、準2級の取得はやっぱり嬉しかったわけです。 がんばって丸付けを続けて本当に良かった・・・(ノД`)・゜・。 もちろん、1日5枚のプリントにコツコツ取り組み続けた、長男の努力があってこその…

  • 公文の通信を始めて半年、英語の成績がUPしてきた!

    さて、長男が通信学習を始めて半年くらいたった頃のことです。 下がり続けていた模試の、英語の偏差値が突然ピョコンと上を向きました。 「・・・ん?」 よくよく見ると、底辺を這いつくばっていたはずのリスニングの点数が、このとき平均を上回っていました。 長男曰く、そのときはお友だちからも「今回の英語、どうした?」と不思議がられたそうです。 間違いない・・・公文の結果が出てきたんだ!! (母、心の叫び) 次男が公文の英語教材に取り組んで結果を出していた、その事実だけを頼りにして始めた長男の通信学習。 これが長男に英語の基礎力がついてきたことを実感できた、最初の出来事でした。 そうなると俄然、長男のモチベ…

  • 公文式通信教育を始めたときは、こんな感じ

    ついに始めることになった、公文式通信学習。 まずはメールで資料請求をすると、学力診断テストが郵送されてきました。 テストに取り組んで、返送します。 この学力診断テストで実力を測られて、どの教材からスタートするか?が決まります。 結果、長男は中学3年生相当の教材であるI1教材からスタートすることになりました。 公文の教材は実力よりも少し易しいところからスタートして、じっくり着実に力をつけていく方法です。 ですから、実際の学年よりも下の学年からのスタートになるだろうと頭で理解はしていました。 理解してはいたものの、もうすぐ高校2年生の長男。 センター試験まであと1年9か月の状況で、中3教材からのス…

  • 高校生になってから公文をはじめた理由

    長男が公文(正確には公文式通信教育ですが)を始めたのは、高校2年生に進級する直前の春休みのことでした。 以前にも長男の英語については、いろいろお話しましたが・・・ (まだ読まれていない方はコチラへどうぞ ⇩) かつて長男は、小学5年生から1年間はQQEnglish、小学校卒業までは自宅学習でも英語を勉強していました。 イメージとしては小学校のあいだに、中学校で学ぶ英語3年分の貯金を作っておいた感じです。 中学校では進学塾に通ってはいたものの、貯金を少しずつ消費していたのでしょう。 振り返って考えてみると、中学校卒業の時点で長男の英語の貯金は、ほぼ使い果たした状況だったと思われます。 ・・・で、…

  • 公文式には通信学習もあるんです

    公文式に通信学習があるのをご存じですか? 一般的に"通信学習"と聞くと、実際に通うよりもリーズナブルでしょう?と考える方が多いと思います。 しかし、公文式の通信学習の場合は、教室に通うよりも通信学習のほうが会費が高いというカオスな仕組みでして・・・。 ちなみに金額はコチラ⇩ 幼児・小学生が1教科を学ぶ場合 2020年10月現在 ・都内や神奈川県の教室は 7,700円 ・上記以外の地域の教室は 7,150円 ・公文式通信学習の場合は 8,250円 うーん、ダントツの高さです・・・(;・∀・) 教室に通う場合の地域による価格の違いは、"教室を借りる場合の家賃"が関係するからだろう(東京近辺は家賃も…

  • 公文入会の特典として、もらえたもの

    公文に入会すると特典がもらえます。 特典の内容を調べてみたところ、長男や次男が通っていた当時と今も変わりありませんでした。 特典内容 1、KUMONバッグ 2、デイトブック 3、ケイパブル 1、KUMONバッグ 幼児用が1種類、小学生以上用は2種類あり、どちらかを選ぶことができます。 縦型のシンプルなデザインのバッグと、横型のカラフルなデザインのバッグ。 わたしは縦型がいいなぁ~と思ったのですが、当時は長男も次男も迷わず横型を選択。 いや、横型もいいけど・・・いいけど・・・でも・・・。 口にしたいのをグッと堪えて、2人の意見を尊重しましたよ、はい ( ;∀;) 横型のバッグはショルダーバッグで…

  • 公文に車で送迎、甘やかしすぎ?

    公文では、幼児はお迎えが必要ですが、小学生は自分で行って帰ってくることができます。 なので基本的にはわが家のこどもたちは自分で行って、自分で帰ってくるスタイル。 たいていは朝ランドセルに公文の教材を入れて学校に登校 → 学校の帰りに公文に寄って帰るパターンでした。 でも、学校でお友達と盛り上がっちゃって 公文に寄らず そのままお友達と一緒に帰ってきてしまうことも、しばしば・・・💧 そんなときは、帰宅するとリラックスしてしまい 「公文に行くの面倒になった〜!」 ・・・と文句 ( ;∀;) オヤツを食べさせて 「ほら、頑張って行っといで!」と励まして なんとか行かせたことも数知れず・・・。 そのと…

  • 家族旅行はキャンプが一番!(自家製ベーコンレシピ付)

    最近は部活や受験勉強が続いてキャンプに行くことも少なくなってしまいましたが、こどもたちが幼いころには年に数回キャンプへ出かけていました。 もちろん、そんなときは公文の宿題はおやすみです。 北海道内には数多くのキャンプ場がありますが、有名どころはほぼ制覇!٩( ''ω'' )و 基本的には連泊して、キャンプ場を楽しんだ翌日には近隣の博物館や美術館などをめぐるのがわが家の定番コース。 砂金やアンモナイトの採掘体験、牛乳の工場見学など、なるべく普段の暮らしではできないことが体験できるプランを組むようにしていました。 キャンプ以外にも、TDLやUSJ、レゴランドなどの有名テーマパークにも連れては行った…

  • 公文の進度、早いほうがいい?

    公文に入会すると、まずは先生と進度について話し合います。 どのくらいの教材までを目標にするか、どの程度の速さで進めていくか、などなど。 教材の進め方としては、基本的にはどの教科も最初、教室で新しい教材に取り組むことが多かったです。 それから宿題として、家で同じ教材にもう一度取り組む。もしくは似たような問題を扱った教材に取り組む。 そうして定着させていくパターンが多かったように思います。 次男は小学5年生から公文の英語を始めましたが、先生には 「しっかり理解できていれば、どんどん先の教材へ進めてほしい」とお願いをしていました。 結果、次男は中学3年生でほぼ高校教材を終えることができました。 ただ…

  • 公文と進学塾はまったくベツモノです!

    実際に保護者として、こどもを公文にも進学塾にも通わせてみて感じたのは こどもの学びに対して、公文と進学塾ではまったく異なるところからアプローチするんだなぁ・・・ということでした。 一言でいうと 公文は教材を自ら学び、自ら進んでいく、その力を育みサポートしてくれるところ。 進学塾はレールを敷き、指導し、引っ張って、背中を押してくれるところ。 ここからは進学塾についてのお話ですが たとえば歴史の年号を覚えるときに、語呂合わせで覚えるとラクですよね。 進学塾では語呂合わせの単語帳が配られます。 そういったテクニックや裏技があれば、学習の時間を短縮することができる。 簡単に言うと、進学塾では高い授業料…

  • 公文に通っていた子供たちのセブンルール

    こどもたちが公文に通っていた当時、小学生だったころの「わが家のセブンルール」をご紹介します☺️ ①誰かが勉強しているときは、テレビは我慢 子供部屋に学習机もありましたが、わが家の子どもたちは何故かいつもリビングやダイニングで勉強していました。 なので、①は自然と、いつの間にか出来ていたルール。 誰かが勉強を始めると、わたしが「消すよー」と言って、リビングにあるテレビを消します。見ていた人が、慌てて「録画する!」と言い出すパターンも。 テレビっ子の夫が一番我慢していたと思います・・・💦 ②ゲームは1日1時間まで こどもたちが小学生だった当時は平日は1時間、週末は2時間まで、と決まっていました。 …

  • 公文教室のなかは、こんな感じ

    ※画像はイメージです 公文は基本的にはフランチャイズです。 教室の中の様子はその教室ごとにまったく異なります。 ここでお話するのは、いくもんのこどもたちが通っていた教室の中の様子です。 こどもたちが通っていた教室は少し古く、ベテランの先生が長年指導されていた教室で、場所は小学校の目の前にありました。 当初は、学校帰りにまっすぐ教室に向かわせるつもりで入会を検討していましたから 冬の猛吹雪のなかでも通える距離にあるかどうか?ということは、豪雪地帯で暮らすわたしたちにとっては大事な判断基準のひとつでした。 教室には3人掛けの長机がたくさんあって、そこに3脚ずつ椅子が配置されていました。 たいていは…

  • 公文を退会するタイミング(長男の場合)

    友だちの誘いもあって、小学校6年生から進学塾に通い始めた長男。 塾に通い始めるにあたり、勉強時間の確保が難しいということで 入塾の直前に公文の数学をやめました。 その後、なんとか塾と平行して続けていた公文の国語も、卒業間際にやめることに。 結局、長男は公文では 数学は小学5年生の終わりころ、中学1年生相当のG教材の途中 国語は小学校卒業と同時に、中学2年生相当のH教材の途中 ・・・で、終了となりました。 (高校で公文通信の英語を始めますが、それはまた別の機会に・・・。) 他の方のブログを読んだり調べたりしてみると やはり小学4~5年生で公文を退会し、学習塾に切り替える方が多いように思います。 …

  • QQEnglishを補うもの

    QQEnglishで、英語に対する苦手意識は無事になくなった長男でしたが これだけで中学校の英語の授業についていけるはずもありません。 とにかく読む、書くができないことには、どんどん授業が分からなくなってしまいます。 そこで、わたしが考えたのは家庭学習ノートの活用でした。 長男が小学校5年生だった当時、通っていた小学校では家庭学習ノートの提出が毎日の課題とされていました。 ノートに勉強するのは、どんな教科でもOKでページ数も自由とのこと。 これを活用しない手はありません。 家庭学習の内容として、国語の漢字や算数のワークに取り組む子が多いなか 長男には英語のスペルや単語を書いてもらうことにしまし…

  • QQEnglishを始めた!

    前回からの続きです。 ( ⇩ 前回を読まれていない方はコチラ ) kumonikumon.hatenadiary.com ようやく方針が決まったところで、わたしは夜な夜なネットを調べまくりました。 そして、当時まだ数社だったオンライン英会話のなかで評判もよく、金額もリーズナブルだった「QQEnglish」を始めてみることにしたのです。 ちなみに今でも人気のQQEnglish、最近ではスタディサプリと提携もしているようで、ますます成長している様子。 やっぱりあのときQQEnglishにして正解だったなぁ〜と思っています!(^ω^) さてさて、そうして始まったQQEnglish。 週に1度、おおよ…

  • まずはオンライン英会話!

    公文で小学5年生から英語を始めた次男に比べると 長男が公文で英語を学ぶ(しかも高校1年から通信で!)までは、かなりの紆余曲折がありました。 まず、小学1年生の終わりから公文で国語と算数をスタートさせていた長男。 毎日の宿題は10枚ですから、ここに英語が加わるとすると毎日の宿題15枚。 お世辞にも器用とは言えない長男に15枚。 水泳教室も、サッカースクールもあります。 どう考えても、公文の英語は無理だ・・・。 by 母 そこで、わたしが考えたのは 「とにかく英語に慣れさせよう!」作戦 実は、いくもんの夫はめちゃめちゃ英語が苦手です。 苦手というか、嫌いというか、拒否反応を示すというか・・・。 当…

  • KUMON未来フォーラムに参加したときのこと

    ※写真はイメージ画像です 幼児から中学校卒業までのあいだに、実際の学年よりも先の学年の教材を勉強するようになると「KUMON未来フォーラム」というイベントに参加できます。 かつては「全国公文進度上位者のつどい」という名称でしたが、参加できる基準(特に英語)が厳しくなり、名称も変わりました。 次男が初めて参加した年は「全国公文進度上位者のつどい」でしたが、翌年からちょうど名称が変わり、イベント内容も刷新されると聞いて、2回目からはドキドキの参加でした。 実際に「KUMON未来フォーラム」に参加してみると、「全国公文進度上位者のつどい」に比べて大幅に参加者が減少。グループディスカッションが追加され…

  • 自家製ヨーグルト♬

    今現在、公文教室や公文通信は終わりましたが、近いうちに大学生を2人抱えることになりそうですから油断はできません。 「教育費がかかる」=「家計節約」 公文に通わなくなったぶんを「通っていたつもり貯金」しつつ、今日も節約にいそしんでいる いくもんです (*'ω'*) さてさて、わが家で食費の節約に一番役立っているなぁと思っているのが ⇩コレ 【送料無料】和平フレイズ ソレアード ヨーグルトメーカー SO-161価格: 3656 円楽天で詳細を見る そう、ヨーグルトメーカーです。 わが家の朝食メニューはいつも定番でして・・・ ・サラダとゆで卵 ・レーズンパン(HBで自家製) ・ジャムを入れたプレーン…

  • 英検とTOEFL、どっち?

    公文の面談について、続きです。 ( ⇩ 前回を読まれていない方はコチラ ) kumonikumon.hatenadiary.com 「公文の面談は行くべき?」でもお話しましたが、小学生のころの面談では必ず毎回 「英検やTOEFL を受けませんか?」 と先生から勧められていました。 (たぶん面談では必ず尋ねるルールなのでは?と思います) ・・・で、わたしはどのような返事をしていたのか?と言いますと 「考えておきます」と言って、毎回断っていました。 というのも、わが家のこどもたち自身が"英検やTOEFLで実力を測る"ことにまったく興味を示さなかったからです。 試験を受けて実力を知ることは、下がって…

  • 公文の面談は行くべき?

    公文の面談は、必ず年に一度は行われます。 もちろん保護者の方が望めば、いつでも先生は相談に乗ってくださいます。 ただ、年に一度の面談では、じっくり話し合う時間を用意してくださるので 普段なら聞けないことも聞きやすいという印象があります。 内容は主に ①これまでの進み具合(進度)の報告 ②これからどう進めていくか? ・・・の、2点です。 ただ、お仕事をされている保護者の方にとっては こういった時間を作るのは正直言って、なかなか難しいのでは・・・と思います。 こどもにご飯を作って食べさせて、洗濯をして、お風呂に入れて・・・ 「面談の時間があるくらいなら クイックルワイパーしたいよーーー!!」 ・・…

  • 公文の宿題をサボった!?

    わが家のこどもたち、宿題をサボったこと何度もあります。 基本的には、わたしが朝食の支度をしながら遠くで見守っていますから 「全くやらない」ということはありませんでした。 ただ、どうしてもやりたくない日があるのでしょうねぇ・・・。 5枚あるうちの1枚だけやってなかったり。 5枚あるうちの1枚の、さらに裏側の半分だけ、やっていなかったり。 そんな日の息子は、中途半端に取りくんだ5枚をこそっとフォルダへ戻して 「公文終わったー!」なんて、わざわざアピールして颯爽と学校へ向かいます。 わたしはそんな息子の後ろ姿を見送ったあと、毎回がっつりフォルダをチェックしていましたから、バレバレです。 ただ、わが家…

  • 公文の宿題の進め方(わが家の場合)

    公文に通う日は、お盆やお正月の時期を除いて週2回がほとんどです。 (曜日は教室によってマチマチですが) わが家の近くの教室は、毎週火曜日と木曜日でした。 教室のある日は、教室で5枚かそれ以上の枚数を学習して、宿題をもらって帰ります。 (週7日)-(教室に通う日が2日) = 宿題5日分 1日5枚の宿題が出された場合、5日ぶんで25枚。 表にすると、こんな感じです⇩ では、実際にはいつ宿題をやっていたのか?というと・・・ なんと、わが家のこどもたちは公文に行った次の日を、勝手にOFFにしていました!! またまた表にすると、こんな感じです⇩ 水曜と金曜が見事なまでに完全OFFです。 その代わり教室の…

  • 英語はいつから始める?

    いつから英語を学ばせようか、悩む保護者の方は多いと思います。 わが家の場合は、わたし自身の経験をもとに検討しました。 わたしの場合、小学5年生~小学校卒業までの2年間、塾で英語を習いました。 その後、短大の英文科に進学しましたが英語で困ることはなかったので、こどもたちも小学5年生からで十分では?と考えたのです。 実際に長男も次男も英語を学び始めたのは小学5年生でしたが、今のところ順調です。 (こどもたち、それぞれの英語の学習方法については長くなりそうなので、また別の機会に書きたいと思います) 幼児期から英語を学ぶことは、ネイティブの発音を学ぶうえでは、とても効果的で身に付きやすいと思います。 …

  • くもんタイムって?

    公文では基本的には必ず毎日、宿題が出されます。 枚数は5枚、裏表で10ページが基本です。 枚数に関しては先生と相談すると、進度なども考慮のうえで増減することが可能です。 その宿題に取り掛かる時間を、公文では「くもんタイム」と呼びます。 くもんタイムは人それぞれです。 学校から帰ってすぐに取り組む子もいれば、夕食前と決めている子もいます。 くもんタイムは、毎日決められた時間に勉強に取り組むことを「習慣化する」ことが目的ですから、時間は何時でもいいわけです。 わが家のこどもたちの場合は、起床後すぐに取り組んでいました。 公文を始めた当初は、夕食前に取り組んでいましたが お友達と夕食ギリギリの時間ま…

  • 公文に向いているタイプ

    公文に向いているタイプ・・・とタイトルには書きましたが、 公文に向いている保護者のタイプと書いたほうが正しいかもしれません。 なぜなら、わたし個人としてはどんなお子さんにも公文をおススメしたいからです。 学年よりバンバン先へ教材を進めることのできるお子さんはもちろん、学年と同じか少し先くらいを進めるお子さんにもおススメです。 (詳しくは過去記事⇩をご覧ください) kumonikumon.hatenadiary.com ・・・ですが、これはあくまで、こども本人の話です。 保護者は違います。 公文にすべてをお任せ! ・・・と考えていらっしゃる保護者の方は、公文への入会は少し考えたほうがいいかもしれ…

  • 幼児教育・早期教育はいいこと?

    いろんな考え方の方がいらっしゃるので、何が正しいとは言えませんが・・・ わたし自身はこどもたちを公文に通わせて良かったと思っています。 ただ、未就学児のころから必要か?というと、それは親御さんがどこまでを望むのか?によるかもしれません。 東大や京大あたりを是が非でも現役合格!と願う親御さんであれば、未就学児からお試しください。 でも、そこまでではない、というご家庭であれば、未就学児のころは絵本の読み聞かせや、市販の教材に取り組むくらいのペースで十分だとわたしは思っています。 市販の教材も、勉強ばかりではなく迷路とかちょっとした遊びも取り入れつつ・・・。 くもんの日本地図パズル PN-32 発売…

  • 公文で得た一番の成果は?

    こどもたちが公文に10年以上通った結果として今、親が感じている一番の成果。 それは ①勉強の基礎力がしっかり身についた ②間違いをしっかり理解する習慣が身についた この2点につきます。 こどもが公文に通い始めると、親は学年より先の教材に進むことばかりに意識が向いてしまいがちです。 ペラペラ英語をしゃべる幼児。 数学の難問をすらすら解く小学生。 わたしも実際にこどもたちを通わせるまでは、そんなイメージが強くありました。 確かに、何学年も先の教材をどんどんこなしていく子もいます。 ですが、それ以上に、 やっと学年と同じ教材にたどり着いた子。 いつも学年より1年くらい先をこなし続ける子。 そういった…

  • もともとの国語スキル②

    もともと読書好きであれば、公文の国語に通わせる必要はないか? うーん・・・これは難しいところです。 実際に次男は、公文では数学と英語のみ学びましたが、国語の成績で困ったことはありません。 ただ、以前にもブログに書いたように、数学を始めていた次男に「国語もやってみる?」と確認はしました。 ですが答えは「NO」! 次男は水泳教室のほかにスポーツ系少年団にも所属していたので、本人に時間的な余裕がなかったことが一番の理由だと思います。 ただ、読書好きな次男に限らず、誰しもそうだと思いますが、読書好きな人は基本的に自分が興味のある本しか手に取りません。(そりゃそうだ、という声が聞こえてきそうですね) で…

  • もともとの国語スキル①

    以前にもお伝えしましたが・・・ 暗記が得意で、団体競技が好きで、友だちと体を使って遊ぶのが好きな長男。 計算が得意で、個人競技が好きで、友だちとゲーム通信するのが好きな次男。 そして、長男は読書がまったく好きではなく、次男は超がつくほどの読書好き。 これはおそらく、もともと本人たちが持ち合わせた個性です。 わたしも読書が好きなのでよく分かるのですが、読書が好きな人って、本を読むとそれが自然と頭のなかで映像に変わるんです。 この話をすると、次男も「わかるわかる!」と頷いてくれました。 たとえば「男の子が、雲ひとつ無い青空のしたで大きな凧をあげていた」なんていう文章があったとしたら? 読書が好きな…

  • 公文の国語

    もともと算数だけを習わせる予定だった公文。 ですが、どうにも読書が好きになれない長男を見ていて、これは算数だけでなく国語も習わせるべきでは?と思いはじめました。 算数(数学)は積み上げていく勉強です。最初の足し算で分からないままだと、その後の中学、高校の勉強もすべて分からなくなってしまいます。 じゃあ国語は?というと、結局のところ文章力がなければ算数の文章問題も解けませんから、国語もある程度の力は必要だったりするわけです。 というわけで結局、長男のときには算数と一緒に国語もスタート。 算数に比べるとあまり乗り気とは言えない長男でしたが先生のサポートもあり、少しずつ力をつけていきました。 公文の…

カテゴリー一覧
商用