searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
muck
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2020/09/16

1件〜100件

  • 人生初の骨折

      こんにちは。 最近このブログをサボりきっていたので、本当に久々の更新です。コロナウイルスが予想以上に長引いて、ほとんどの方はとってもお疲れだと思います。今日はテレビで「菅さん退陣」の報道がありましたが、政治家の人も大変ですね。菅さんは話が下手と言われ

  • フライトジャケット「素敵なウォーアート」

      軍用機のノーズアートや軍服のペイント。規律を重んじる軍隊に於いて、これらの装飾は戦意高揚に用いられたとされます。しかし米国ほど顕著なウォーアートは稀であり、現在も目を引くような斬新な作品もあります。飛行機や軍服の装飾は、主にローカルメイドだと言われて

  • 洋服雑談「私がモテない理由は服装か?」

     世の中にはモテモテの人が居るようですが、私はぜんっぜんモテません。外見が良くないのもあるかと思いますが、だからと言ってここまでモテないのはおかしい。よく若者のファッション誌で、「今月のモテコーデ~気になるあの子に告白のチャンス!~」みたいのを見ますが、

  • 親子はやっぱり似るらしい

      私の性格は親に似てないと言われますが、自分でもそう思います。例えば私の場合、糸がこんがらがればイライラして切ります。 対して父は真反対であり、時間をかけて解きつつ「こういう仕事が楽しいんだよな~」と仰る。また親は天体観測の趣味がありますが、私はどう

  • 洋服雑談「ラルフ・ローレン」 

      アイビーやメンズトラッドを扱うメーカーの中で、独特の個性が冴えているラルフ・ローレン。オーソドックスな製品を販売していますが、どこかで遊び心を入れてくるラルフ・ローレンにはファンも多いと思います。ラルフ・ローレンは馬の刺繍がトレードマークですが、そ

  • 幼稚園で騙された話

     私は幼少期に幼稚園での集団生活に馴染めず、朝が来ると幼稚園に行きたくないので泣きながら大騒ぎしていました。思い出の中で一番最悪なのは「お泊り会」であり、慣れないところで寝る上に母親にも会えない。 慣れてないだけならマシですが、私の幼稚園は近所のお寺が運

  • ネクタイでお洒落を

     先日の9日は母の日でしたね。 我が家ではこれと言ったイベントも無く、無難にカーネーションを渡しておわりでした。プレゼントでお花を贈るのは万国共通の様ですが、私が貰う立場ならウニやいくら、マツタケや和牛も嬉しいと感じます。皆さんはお忘れかも知れませんが、

  • コロナ太りで大変

     よくコロナ太りが話題になっていますが、私もその中の一人です。スラッとした女性が痩せているのに太った、太ったと言いますが、男が言う時は言わなくても分かるレベルなので深刻なこともしばしば。こういう時に注意したいのが、グルメ漫画やネットにテレビ。「一流シェフ

  • 人気ドラマの思い出

      私の祖母は田村正和が大好きで、古畑任三郎に夢中の時期がありました。きのう友人とスカイプをした時に言われたのですが、刑事ドラマの中には最初に殺されるシーンが映る作品もあり、そっちの方が安心して見られるという事。私も同感でして、任三郎やコロンボと一緒に犯

  • コロナで疲れ、テレビで疲れる

      昨今は「テレビ離れ」と言われますが、私は車に乗っている時にラジオ代わりとして音だけ聞くことが多々あります。しかし、最近の報道番組は見た後にぐったり疲れる内容で、各々の不満を言い合っている様な内容も。今回のようなウイルス蔓延という事態は、全員が初めての

  • あやしいネットの情報

      スマートフォンにお勧め記事が届きますが、最近はインスタに関する事柄もちらほら。暇な時間に眺めていたら、なんだか気になる話題がありました。どうやらSNSを使用する際は、簡単に「いいね!」をしていけない。 という事もあるそうです。インスタの素敵な投稿に「

  • 近所で痴漢事件→犯人の特徴が私に酷似

     先日ニュースを見ていると、同じ町内で痴漢が出たという報道がありました。 下半身を見せてくるという典型的な痴漢ですが、小学校や中学校の近くが現場というのが心配なところ。ただ、不安なのは女性だけでなく、私もやや不安に思っています。その原因が痴漢の特徴で、身

  • 父と芝生の戦い

    View this post on Instagram A post shared by trad style (@traditional_style_blog) 私はインスタに投稿する画像を家の庭で撮っているのですが、以前この庭は芝生の庭でした。家族全員が手入れをしないので芝生は程なく枯れたのですが、昨年から定

  • 厳し~い洋服の指南書(泣)

    昔、本は本屋さんで買うのが当たり前でしたが、現在ではAmazonで注文したり、置き場所に困らない電子書籍が多くなりました。 そんな中で、私はアイビールックの指南書をアマゾンで購入。古本屋さんでは注文するのも一苦労ですが、こういう時には便利だなぁとルンルン気分で

  • 自分なりのお洒落を楽しみたい

     私服は自分の好きな洋服を着たいところ。しかし、まわりの意見を聞いたり、「似合ってるかな?」 と考えると無難な格好に落ち着いてしまいますね。私は人の目を気にしない変わり者なので、プライベートでは本当に好きな洋服しか着ません。その結果、ダボダボのスーツを着

  • インスタグラム体験談

    View this post on Instagram A post shared by trad style (@traditional_style_blog) ある方の勧めで始めたインスタグラムですが、やってみると色々勉強になりました。好意的にメッセージを下さる方がほとんどですが、びっくりするのが海外からの長

  • 私のひいひい爺さん彦太郎→ピコ太郎 とからかわれる。

     我が家では沢山のペットを飼いましたが、ペットを迎えて大きなイベントが命名です。どういう名前にしようか? と和やかに始める家族会議ですが、譲れない名前が考え付くと激しい議論になることもしばしば。しかし、考えてもミケとかシマなど無難な名前になる事が多く、ビ

  • お蕎麦屋さんの失言

     私の住む街にデパートの高島屋があるのですが、時々行われる催しが「似顔絵展」です。生まれた赤ちゃんなど人間を描いてくれる画家さんですが、出来栄えはさすがプロ。これを知った家の親が、頼み込みんでペットの犬を描いてもらうことになりました。 完成した絵はそっく

  • 洋服雑談「服はどれだけあれば気が済むのか?」

     洋服好きな人は洋服がどれだけあれば気が済むのか? という疑問。私の結論ですが、 「どれだけあっても それはそれで欲しいものが出て来る。」 と感じています。かれこれ20年以上洋服を集めていますが、「これで揃った!」と思ってもすぐ撤回します。もはや洋服は切

  • 私はキャラが濃過ぎるらしい

     世の中にはキャラが濃いと言われる人が居ますが、私もその一人だと感じています。一番の理由は洋服だと思いますが、「話をしたら中身もキャラが濃かった」と言う方もしばしば。私の家は自営業をしているのですが、ご近所の方から「息子さん、アルカポネみたいな服装ですね

  • お爺さんより冷蔵庫が大切

     自宅の冷蔵庫が年末に故障しました。以前のブログ記事にも書きましたが、この冷蔵庫は25年も動いた優秀な冷蔵庫。壊れた時は名残惜しいと言うか、童謡「大きな古時計」のように、共に歩んだ記憶が思い起こされます。よく考えてみれば、古時計は爺さんが亡くなっても時計

  • 洋服雑談「ズボンをパンツと言いにくい」

      洋服屋さんではお客の服装を褒めている店員さんを見かけます。私も褒められるとお世辞でも嬉しいですが、いい気になって散財しないよう気を付けるのが大切ですね。困るのは、ラルフローレンで3回ほど店員から店員だと間違えられ、「本社の方ですか?」と謎の言葉をかけ

  • バレンタインの謎

     私には長らく謎だった事があり、それは小学校3年のバレンタインチョコです。まったく仲良しでないNさんからチョコレートを貰い、自分でも何故そうなったのか分かりませんでした。しかし、人間は都合よく解釈するもの。「あの子なりに淡い恋心を抱いてたんだなぁ。惚れてる

  • 私のひいお爺ちゃん

     私のひいお爺ちゃんは、家族から色々な話題を伝え聞いています。一番インパクトがあったのはお婆ちゃんの風呂を覗くこと。 「お風呂に入ったな!」と察知すると偶然を装ってお風呂の戸を開けていたそうです。また、朝早く起きては階段をわざと「ドン!ドン!ドン!」と歩

  • フライトジャケットとアメ横の思い出

      私が初めてフライトジャケットを買ったのは、高校生の時でした。高校生だとお洒落をしたくても自由になるお金が少ない。貯金は洋服よりも安いファッション雑誌に使ってしまいました。当時、近所の本屋さんにあった雑誌が「Free&Easy」であり、革ジャンの特集が度々掲載

  • テーパードパンツとは

     服屋さんなどで「テーパード、テーパード」と言われますが、大昔の私はテーパードというメーカーが出来たのかと思っていました。 テーパードパンツは裾に行くほど幅が狭くなっているパンツを指しますが、スキニーパンツと比較すると全体的(とくに太腿部分)がゆったりし

  • 毎日失敗をして困っています

    View this post on Instagram A post shared by trad style (@traditional_style_blog) 最近始めたインスタにも書いたのですが、毎日、毎日失敗ばかりして困っています。だいたい人に相談すると、「人間だから失敗もあるよ。」と励ましてくれます。し

  • お気に入りでも着られない洋服

     服が好きだと自分の趣味で色々なアイテムにチャレンジしていまいます。しかし、中には派手な洋服やインパクトが強すぎるものもあり、好きだけど着られないと悩んでしまう場合も。私の場合、イタリアのお洒落さんをマネした緑色の背広がそれです。これを着て休日の会社へ行

  • モテない人に辛い悪徳商法

     時々送られてくる迷惑メール。詐欺だと報告しても受信拒否をしても、しつこく送られてくる厄介な相手です。一目見て詐欺だと分かれば良いのですが、アマゾンや銀行を名乗り、それらしく近づいてくる類は注意が必要ですね。ところで、詐欺というより失礼な迷惑メールが来て

  • 洋服雑談「コーデュロイの思い出」

     人気のあるコーデュロイのアイテム。何年か前にノーフォークジャケットやハンティングジャケットが流行しましたが、コーデュロイで作られた製品を雑誌やお店で盛んに宣伝していました。私はFree&Easyという雑誌を欠かさず読んでいましたが、特集で強調されたのはコーデュ

  • 洋服雑談「お気に入りばかり着てしまう」

     洋服は多少持っているが、自分の好きな服ばかり着てしまうという事はないでしょうか。友人や家族の話でも、お気に入りの服ばかり着てしまうという体験談はよく聞き、結構みんなやっている行動のようです。私は茶色やヘリンボーンの洋服が大好きで、同じような服を着てしま

  • 洋服の雑談 「ジャケットか ブルゾンか」

     お出かけで迷うのは、羽織りものをジャケットとブルゾンどちらにしよう。という選択です。センスの良い方から見ればめちゃくちゃなスタイルでお出かけする私ですが、それでも洋服が好きなのでとっても悩みます。ブルゾンは着丈の短いブラウスという意味のフランス語ですが

  • 猫の贈り物が凄い

     先日、アメリカン・ショートヘアという猫を見たのですが、確かに欧米の雰囲気漂う立派な猫でした。私もむかし猫を飼っていましたが、母猫を亡くした子猫5匹を撫でまわしているうちにネコアレルギーが判明。もともと家には犬が居たのですが、誰かが我が家にもう1匹子猫を

  • 私の年始「冷蔵庫が壊れ、お婆さんがボケる」

     あけましておめでとうございます。旧年中はありがとうございました、本年も宜しくお願い致します。今年は良い年にしたいですね。と思っていた途端、「緊急事態宣言発出の要請」というニュースに驚きました。現在、我が家でも長年使用した冷蔵庫が年の瀬に故障して緊急事態

  • 私の年末 「ターシャ・テューダーさんにハラハラ」

     昨年はコロナ騒動で散々な一年。テレビやネットを見れば恐ろしくなるニュースばかりでした。そこで、クリスマスには暖かい気持ちになろうとNHKの番組、「ターシャの森から」を鑑賞することにしました。ご存知の方も多いターシャ・テューダーさんは、大変広いお庭を持ってい

  • ユニクロがとっても重宝

     最近は洋服のセールをよく見かけますが、やっぱり高級なお店ではそれなりのお値段。私はずいぶん前から洋服セールが頻発したことで、「この時買えば安い。」というお店よりも値段を変えず品質が良いお店を選ぶようになりました。昔のユニクロは安さを前面に売り出していま

  • アメカジをインスタにアップしてみた

     お世話になっている方から「インスタをやった方がいい。」と教えられて始めたものの、インスタは皆さん素敵な画像をアップしていました。早くも戦意喪失、意気消沈。そもそも始めるのが遅すぎた私ですが、超機械音痴なので勧められなければ一生やらなかったと思います。機

  • インスタグラムをやってみた

     遅ればせながらインスタグラムをやってみようと挑戦してみました。色々なルールもある様でビクビク投稿する始末ですが、なるべく頑張ってみたいと思います。そういえば、コロナのため自分で散髪したところ見事な失敗で細川たかしさんそっくりに。会社で「インスタに投稿さ

  • フライトジャケット B-15系

     MA-1の祖先であるB-15系のフライトジャケットは、飛行機がレシプロエンジンからジェットエンジンへの過渡期に採用されたフライトジャケットです。このためB-15系はB-15・Bー15A・B-15B・B-15Cとバリエーションが豊富であり、B-15C(M

  • 会社でジミー大西と言われた

     思ったことをすぐ口に出してしまったり、不適切な対応が治らない、、。もはや治すのはムリと諦めていますが、むかし会社の常務からはジミー大西と呼ばれた時期があります。失敗した時など、大声で「あぁぁぁ~!」とか「やぁっちゃったよぉ~!」と言っていた事がきっかけ

  • タンカースジャケット

     第二次大戦中、機甲部隊の冬用戦闘服として開発されたウインターコンバットジャケット。表地にコットンツイル、裏地にウールライニングを使用したコンバットジャケットは、物資不足のヨーロッパ戦線などでフライトジャケットとしても使用されました。米陸軍の戦車兵用に採

  • レジメンタルタイ

      アイビーには欠かせないレジメンタルタイ。鮮やかな品物やシックな印象のものまでバリエーションが豊富であり、若々しいイメージを演出してくれる嬉しいアイテムです。レジメンタルは「連隊」という意味ですが、昔からネクタイは着用する人の所属を示す役割がありました

  • 上品なグレンチェック

     落ち着いた雰囲気で癖のないグレンチェック。ブリディッシュトラディショナルの必須アイテムですが、年齢を問わず上品にまとまる優れもの。遠目からだと無地にも見えるグレンチェックには、プリンス・オブ・ウェールズという別名もあります。これは若き日のエドワード七世

  • お年寄りが不便なこと

     お婆ちゃんが使っているDVDプレーヤーが故障してしまいました。初期設定で音声が英語になってしまう不具合のため、毎回日本語に設定し直せば使うことができます。しかし、そこはお年寄りのため簡単な設定でも難しい様子。本人はできると言いますが近々買い替えるつもり

  • グレーのスーツにはこのネクタイ

     ポピュラーなグレーの背広ですが、案外と相性の良いネクタイの色は限られてしまいます。例えば凡庸性の高い濃紺のソリッドタイであっても、合わせてみればあまりパッとしない印象になります。背広に青色の柄でも入っていれば良かったのですが、濃紺・白・グレーという王道

  • コーデュロイパンツのコーディネート

      寒い時期のスタイルに欠かせないコーデュロイのアイテム。肌寒い日では秋口から着用機会があるコーデュロイですが、ジャケットやパンツをはじめ幅広い衣料品に使用され人気の高さが伺えます。コーデュロイという生地は着用するに連れくたびれてくるもの。肘や膝のあたり

  • チェスターコート

     チェスターコートは英国の外套であり、背広の上から着用できるゆとりがある防寒着です。正式にはチェスターフィールドコートと呼ばれますが、ロング丈が主流の中で着丈の短いものをセミチェスターコートと分類することもあります。チェスターコートの様な外に羽織る衣類で

  • お坊さん→他人に厳しすぎ

     我が家にお経を読みに来てくれるお坊さんは、毎回自作の冊子を持参して「よろしかったら。」と置いていきます。 何回か読みましたが、私もお坊さん自身も冊子の内容通り生きるのはたぶんムリ。犯罪をしないのは納得できますが、きまりを守って欲望を制御し、人を救う人間

  • コロナ疲れの方が続出

     長続きするコロナウイルスに、疲労が限界という方も。私の身の回りでも明らかに疲れた方を見るようになり、飲食店では「アルコール消毒お願いします。」と言われたお年寄りが「わたしは飲めません。」と答える光景も。 同級生はドライブスルーに行って「持ち帰りでお願い

  • フライトジャケット ウォーアート④

     この青年たちがジャケットのバックペイントで大好きな題材は何と言っても女性。おしとやかな女性よりセクシーなお姉さんが大好きな様で、ペイントから趣味がはっきり見て取れます。この作品は画家のジル・エルブグレンさんが描いたものですが、実際の戦場では兵士たちが自

  • ハリスツイード 生地の種類

     冬の定番であるハリスツイードは、暖かさや風合いと共に生地のバリエーションが魅力です。伝統的なヘリンボーンやウィンドウペンなど、お気に入りの生地を選ぶ時は真剣な面持ちになってしまうもの。代表的なヘリンボーンツイード。「ヘリン」は魚のニシンを意味しており

  • 水玉のネクタイ

     意外と着用した方を見かけない水玉模様のネクタイですが、品物よっては使い勝手が良い優れもの。主に女性の服装でお馴染みの水玉ですが、男性でもネクタイに水玉を取り入れて楽しみたいところです。水玉はストライプやチェック柄とことなり、他のアイテムと柄が重複しにく

  • めちゃくちゃな小学校生活③

     子供の中でも悪知恵が働く子がいるもので、私の小学校は悪知恵のプロフェッショナルと呼べるH君がいました。彼は目が悪く小学校1年でメガネをしており、お母さんからテレビゲームを禁止されていたようです。ここで彼が考え付いた作戦は、「クラスメートの家のゲーム機で

  • ニットベストのコーディネート

     薄手のニットベストは色々なシーンで重宝する品物。一枚着れば意外と暖かく、暑くて脱いだとしてもかさばらないのが嬉しいところです。オーソドックスなワインレッドのベスト。シンプルなコーディネートが似合うこのベストですが、特に濃紺やチャコールといった深い色味と

  • コロナの影響で体調不良

     コロナウイルスが流行った為に、今年は本当に大変な一年。「自分はどうなってしまうのか」という答えがない不安が体調不良として表れました。喉が詰まる様な感覚が治らず、医者に行ったところ逆流性食道炎や食道癌と言われ真っ青。内視鏡で検査したところ結論はストレスと

  • スウェットシャツ

     肌寒くなると重宝するのがスウェットシャツ。スウェットシャツはセーターに属する洋服ですが、綿をジャージー織にして作られたスウェットの特徴には高い保温性や優れた吸湿性が挙げられます。このためスウェットシャツはスポーツウエアとして用いられる事も多く、また軍隊

  • ネクタイの種類

     色々なネクタイがある中で、その日の一本を決める時は楽しみながら選びたいものですね。ネクタイの種類はポピュラーな柄だけでも沢山あります。最もポピュラーなストライプ。しましまの幅や角度のほか、色の具合でダンディーにも可愛くもなる定番です。癖がなく無難なイメ

  • ハンサムな近所のおじさん

     むかし、近所のおじさんが子供達を海釣りに連れて行ってくれた事があります。このおじさんはとても器用な方で趣味も豊富。とくに釣りが上手であり、わたし達子供を自家用車に乗せては海へ連れていってくれます。ある時車内で初詣の話がはじまり、お賽銭は何円払えば良いか

  • ドリフ大爆笑を見てから歯医者→大失敗

     子供の頃は歯医者さんに怖いイメージだけでしたが、大人になると気になることも出てきます。私の通う歯医者さんは定期健診のお便りをくれるのですが、行ってもお掃除して終わり。その際にお姉さんから歯の磨き方を教わりますが、デレデレと機嫌よく指導してもらった後はお

  • フライトジャケット MA-1 

     フライトジャケットの中でも人気が高いMA-1。ファーストモデルは1957年に採用されましたが、Bー10系のフライトジャケットが基になっています。MA-1はG-1と同じインターミディエイトゾーンの防寒性ですが、中綿が詰まったMAー1は暖かく着心地も良いアイテム。様

  • 滑舌が悪く変態扱いされてしまう

     安倍晋三さんの話しを聞いていると、舌足らずなのか本人も話しづらそうな時があります。テレビを見ているとココ一番が危なっかしく、噛まないよう応援してしまう事もしばしば。私も滑舌が悪いようで、貨客船万景峰号など難しい言葉はほぼ噛みます。また女性に好かれようと

  • フライングタイガース Aー2フライトジャケット

     フライングタイガースのA-2は定番ですが、ここではアヴィレックスとモーガンのジャケットを比較し特徴を紹介します。 こちらはアヴィレックスの製品ですが、第一印象として変わり種の革質です。アヴィレックスはアンティークラムのA-2で人気を得たように、自社のフィ

  • 歌の趣味が古い

      大学などで行われるオリエンテーションは、淡々と教授の説明を聞くものや自己紹介で親睦を深めるなど様々。私の学校には自己紹介のたびJ-popを熱唱するM君がいて、あいうえお順に並ぶと私のすぐ後ろでした。この人が歌うと前後の学生も「何かやらなければならない」とい

  • お洒落なボタンを楽しみたい

     ジャケットのボタンがお洒落だと、装いの雰囲気が大きく変わります。ボタンにはマナーもある様ですが、プライベートな場面は自分好みのボタンを楽しみたいもの。ポピュラーなボタンには水牛ボタンやナットボタンが多い印象ですが、本水牛と思っていたら練りボタンだったと

  • コートの季節

     朝夕が肌寒くなり今年もコートの季節になりました。しかし近年は温暖化がはっきりしています。コートを着て出かけても暑く感じたり、電車では汗ばむ場面もしばしば。特にダウンコートの登場が少なくなった肌感覚があります。反対に活躍するのがステンカラーコートやトレン

  • めちゃくちゃな小学校生活②

     小学校に付き物なのがガキ大将。私の場合、自宅から目と鼻の先に住んでいたNちゃんがこのガキ大将でした。女の子でしたが恰幅が良く、とにかく元気がいい。私とはたいして仲良しではないのですが、親同士の仲が良いため遊びに来てしまいます。このガキ大将を含めた子供6、

  • プルオーバーシャツ

     時々耳にするプルオーバーという言葉。このプルオーバーはフロントが開かない服の総称で、着る時は頭から被る洋服を指します。よってセーターやスウェットシャツなども、被って着るものはプルオーバーの分類。言葉は浸透していない様ですがプルオーバーは身近な存在です。

  • ヘリンボーン 「扱い易く上品」

     秋冬のアイテムに多い「ヘリンボーン」。ヘリンボーンを直訳するとニシンの骨となり、画像を見るとV字の模様が見られます。ツィードジャケット等には定番的に用いられる柄ですが、持っていると使いやすさが抜群であり上品なコーディネートに欠かせません。因みにツィード

  • めちゃくちゃな小学校生活

     小学生の時、男子というのは子供じみた子が多く、それを見た女子が見苦しくなって先生に言いつけるのが日課のようになっていました。 先生も沢山の生徒をまとめるのに苦労している様子で、思い出すと思考を凝らして頑張ってくれていたのだと感じます。こんな先生を苦しめ

  • ネクタイのコーディーネートは同色を用いる

     コーディネートには「良いと感じる法則」があるようで、またその逆もあります。ネクタイとシャツを合わせる場合、両者に同色を用いる事が良いと感じる法則のようです。白いシャツを着る時は、ネクタイにも白色が入る事で安定した印象になります。黄色など少し難しい色のシ

  • フライトジャケット ウォーアート③

     2007年にバズシクソンスが販売したA-2のバックペイントです。夜間戦闘飛行隊として活動した第422飛行隊の部隊章が描かれており、緑色のコウモリがコミカルな印象。またこのシーズンもピンナップガールのA-2が販売され、女性と爆弾マークという王道スタイルでし

  • 凄いあだ名をつける人

     子供の時に、友達どうしがあだ名で呼び合ったのは良い思い出です。的を得て楽しいあだ名もあれば、ただの悪口と思われるものもあり、名付ける人の良識が大切なのは間違いありません。国家があだ名をつけてくる北朝鮮という国がありますが、自分が言われたらミサイルを打ち

  • ヤンキーにお世話になった話

     町でヤンキーの方を見ると怖いもの。しかし親戚のお姉ちゃんもヤンキーですが、意外と面倒見がよくお世話になることも事実です。そもそもヤンキーの方でも付き合えば悪い人は少なく、真面目な人の方が付き合いづらいこともあります。このためかヤンチャな人は結婚率が非常

  • アイビールックの雑談

     洋服には様々なジャンルがあります。近年サッカー選手がイタリアンファッションに凝ったりしていましたが、自分のスタイルを一つのジャンルで統一する方も多いと感じます。近年「森ガール」というファッションがありましたが、友達の女子がこのスタイルでした。凝ったデザ

  • 「アイビールック④」コットンスーツ

     現在はウールのスーツが主流と言えますが、忘れてならないのがコットンでつくられたスーツです。夏のリゾートウエアを源流とするコットンスーツですが、夏場だけでなく幅広いシーズンに対応できる優れたアイテムです。コットンスーツの醍醐味として挙げられるのが経年変化

  • オックスフォードシャツ

     カジュアルシーンで身近な衣類であるオックスフォードシャツ。オックスフォードシャツはその名の通り、オックスフォードクロス(オックスフォード織)と呼ばれる生地でつくられたシャツです。主流は厚手の生地にボタンダウンという製品が多いのですが、ピンポイントクロス

  • ペインターパンツ

     近年はテーパードシルエットが人気のようですが、ワイドストレートのパンツにもコンスタントな人気があります。ワイドシルエットの好きな方には、是非お勧めなのがペインターパンツです。もともとワークパンツにはワイドシルエットが多いのですが、特に太いものがペインタ

  • 女性は口喧嘩で団結する

     私が最初に働いた会社の話ですが、そこの女性陣はとにかく仲が悪い。そのため居心地が悪く気を遣う職場でした。平常は仲良しに見えるのですが、誰かが席を立つと悪口大会がはじまります。悪口が最後まで本人に聞かれなければ良いのですが、どうやら中にスパイがいるようで

  • 雪に注意しろと言った校長→本人が転倒し骨折

     誰しも忘れられない思い出がありますが、私の忘れられない思い出は小学校時代の大雪です。20年前でも天気予報は当たりましたから、テレビで「明日は大雪です!」という放送があれば大騒ぎ。私が住んでいる関東地方は雪が少ないため、お爺さんなどは「大雪らしいぞー」っ

  • アーガイル柄で家庭的な着こなしを

     秋頃から活躍する洋服に、アーガイル柄のアイテムがあります。英国の伝統的タータンチェックの一種であり、名前のアーガイルは地名に由来すると言われています。この柄の洋服で馴染み深いのがニット類ですが、多くの人が着用する理由には使い勝手の良さと上品さがあります

  • 親戚のお姉ちゃんがヤンキーに。 こわ~い思い出

     私が生まれた時から可愛がってくれた親戚のお姉ちゃん。活発だけど優しい性格であり、特にスポーツが得意で夏場は真っ黒に日焼けしていました。お正月にはお姉ちゃん家族全員が来てくれて、一緒に楽しく遊んでくれました。小学生までは。2年くらい連続で、お正月にお姉ち

  • ネクタイの選び方「良いネクタイとは」

     私は以前、良いネクタイとは何かと考えた時に「好きな柄で手ごろな品物」だと思っていました。しかし、基礎的な情報が無いため長く愛用できない事態になり、結果として残念な思いをしました。具体的には、「壊れるのが早すぎる」・「結びにくい」・「皺が戻らない」などで

  • プライベートにネクタイを

     古いアルバムでは、プライベートでもネクタイをしている人の写真が出てくることがあります。どうやら私の家だけでは無い様で、団体旅行の写真では多くの人がスーツやネクタイで旅行をしていました。現在でも多くのお爺さんは若年層に比べてフォーマルな装いでのお出かけで

  • セクシーな表紙の本を購入→ペイペイ不具合で店員さん集合!

    私は漫画が大好きで色々な作品を読んでいます。稀に女性から読書はするのか?と聞かれた際は、「遠藤周作や太宰治を少々」と答えることにしていて、これらは本当に読んだことがあります。 遠藤周作の「沈黙」は、なんだかんだあって村人が苦労する話です。また太宰に関して

  • MA-1 「アルファ」とはどうなのか

     フライトジャケットは度々流行アイテムとして取り上げられます。その中でもポピュラーな存在がMA-1で、アローズやユニクロといったよく見かけるお店でも独自の製品を販売しています。ライトオンの様にアメカジを基本としているお店では、アルファの製品をよく見かけま

  • ビッグシルエットが流行 お勧めはコート

     先日、ユニクロで販売されているスウェットシャツを購入しました。満足度の高いユニクロの製品ですが、今回特に良いと感じるポイントは着心地でした。最近の流行としてビッグシルエットやオーバーサイズがありますが、このスウェットについても過去の製品と比較して適度な

  • アメ横の蟹屋さん→サラリーマンにタジタジ

     私は文京区にある大学へ通学していたのですが、洋服好きで帰りにはアメ横の革ジャン屋を見てから帰宅することもありました。ご存じの方も多いと思いますが、アメ横はマツタケや蟹を売る店が多く繁盛しています。また大概かなり威勢が良く、いつも大声でいる為に声が枯れて

  • 黄色のシャツに合うネクタイ

     意外と着用機会が少ない黄色のシャツですが、同色系のベージュやブラウンと比較して使いづらいと感じることがあります。黄色のシャツはスーツと合わせる上で落ち着いた印象を作る事が難しく、胸元が華やかになり過ぎる傾向があるからです。ここで提案したいのがアメリカン

  • フライトジャケット フライングタイガース

     フライトジャケットで人気のデコレーションに、フライングタイガースがあります。多くに漢字が書かれた布や革が張られ、これはブラットチットと呼ばれています。背中にあると大変目立ちますが長年人気のあるディテールです。「アメリカ兵を助けるべきだ」という旨が書かれ

  • フライトジャケット Aー2  

     A-2は米国のフライトイャケットです。名作のフライトジャケットですが、採用したのは空軍ではなく陸軍航空隊でした。A-2以前にはA-1というジャケットが採用されており、フロントを釦で開け閉めしていました。これに対しA-2は新開発されたジッパーで開け閉めを

  • フライトジャケット G-1

     米国陸軍航空隊のA-2フライトジャケットと共に、革製フライトジャケットの代表的なアイテムが米国海軍のG-1です。G-1にはよく似たM-422や、それを改良したM-422Aが存在します。これらは一見して違いが分かりづらく、またA-2同様コントラクターと呼ばれる納入

  • 友達のお母さんにママて言っちゃった

     子供の時は失敗が勉強と言われますが、どう考えても失敗でしかない失敗があるのも事実です。我が家ではママという響きにお上品なイメージがあった為、家族の中で父母をパパ・ママと呼んでいました。しかし男子がお母さんを「ママ~!」と呼ぶのは子供でもダサいものであり

  • ユニクロ ネルシャツのコーディネート

     多くの愛用者がいるユニクロの商品で、特にお勧めしたいアイテムがネルシャツです。ネルシャツはGAPなど他のファストファッションでも展開されていますが、日本人が着用する際は体型的な無理があり着心地が悪くなりることがあります。また海外のメーカーは自分のサイズ

  • 進路相談→占い師や格闘家を勧められる

      幼稚園児の時に将来なりたいものを聞かれ、「消防車になりたい」と答えた友達がいました。正しくは消防士だと思いますから、どこかで活躍しているかも知れません。どうしても無理なのは流行ってたセーラームーンを希望する子供。こういう子供は大勢いて、ウルトラマンや

  • ネルシャツはダサくない

     ポピュラーアイテムの一つであるネルシャツ。使い勝手が良く安価であり、また洗濯も容易で耐久性の高い優れものです。多くの人が着用する人気アイテムである一方、度々耳にするのがネルシャツはダサいという意見。心苦しくはありますが言わんとする事は分かる気がします。

  • ヴィンテージスタイル

     古着の世界では馴染み深いヴィンテージといわれる衣料。年月が経つことで生まれる経年変化や大量生産で到達し得ない品質など、魅力的な要素は沢山あります。しかし昔の洋服という特性上、値段やコンディション等はシビアな選択が必要であり、気に入ったアイテムを入手でき

  • スマホに慰められたのが辛い

     生きていれば失敗はつきものと言われますが、要領が良い人はダメージを最小限にしている様に見えます。私はすぐ失敗する上に取り繕えず二次災害を起こしたり、失敗を心配して躓くタイプです。これは子供の頃からで、クラスに一人はいる薄着過ぎる同級生。真冬にトレーナー

  • 家族の団欒を破壊する「湯けむり殺人事件」

     テレビには様々な思ひ出がありますが、とくに印象的な事柄は今でもよく覚えています。 テレビの水戸黄門で皆さんが思っている疑問。「なぜ4、5人斬り殺してから正体をばらすのか」という事がありますが、それよりもおばさんがお風呂に入るシーンにて「なぜ悪役の女盗賊

  • アイビールックとは

     1960年頃から日本で流行したアイビールックですが、主にアメリカの名門大学に通う富裕層を意識し、英国調の伝統的な紳士服にスポーティーな要素を取り入れたスタイルといえます。現在「アイビールック」というスタイルは分類わけができる様に感じますが、一般的な服装

  • ガンクラブチェック

     ガンクラブチェックとは、名前の通り狩猟をする際の背広に用いられた英国由来の格子柄です。多くが黄色みがかった生地で、上品ながらも鮮やかな製品が多く感じます。この鮮やかさは狩猟という現場で着用された為に、万が一の事故を予防する意味合いがありました。この為に

ブログリーダー」を活用して、muckさんをフォローしませんか?

ハンドル名
muckさん
ブログタイトル
トラディショナル・スタイル
フォロー
トラディショナル・スタイル

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用

フォローできる上限に達しました。

新規登録/ログインすることで
フォロー上限を増やすことができます。

フォローしました

リーダーで読む

フォロー
clear この画面を閉じる

フォローしてブログ村リーダーで
このブログをチェック!

トラディショナル・スタイル

洋服と雑談のブログです。アイビーやアメカジを中心として、読んで楽しいブログになるよう頑張っています。

フォロー