searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

ヒヅルさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
トウトウヤナギ
ブログURL
https://ameblo.jp/lovelydeerlet
ブログ紹介文
東方神起ホミンBL妄想小説ブログです。
更新頻度(1年)

40回 / 47日(平均6.0回/週)

ブログ村参加:2020/09/06

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ヒヅルさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ヒヅルさん
ブログタイトル
トウトウヤナギ
更新頻度
40回 / 47日(平均6.0回/週)
読者になる
トウトウヤナギ

ヒヅルさんの新着記事

1件〜30件

  • 天使に届け!僕らの愛 17

     「ベッキョン、今日は思ったよりも、色々言ってこないんだね」ユノがジュースを買いに行っている間に、僕はベッキョンに話しかけた。もう相当遊園地を回り、様々な乗り…

  • 天使に届け!僕らの愛 16

     ――― 10月7日(日曜日)残り24時間 ―――「うん! チャンミンさん、お洋服も髪型もバッチリです!」鏡に写ったベッキョンを見ると、僕の背中から満足そうな…

  • 天使に届け!僕らの愛 15

     ――― 10月6日(土曜日)残り2日 ――― 「チャンミンさん見て見て! あっちに可愛いカーディガンがあります!」「ちょ、ちょっと、ベッキョン待ってってば!…

  • 天使に届け!僕らの愛 14

     部屋に戻ると、ベッキョンはやたら上機嫌でニコニコしていた。「ベッキョンどうしたの? なんかやたら機嫌良さそうだね。何かいいことあったの?」「は? 何すっとぼ…

  • 天使に届け!僕らの愛 13

     ――― 10月5日(金曜日)残り3日 ―――翌日、僕たちは昨日作ったクッキーを持って再びダンススクールへと向かった。「今日もカイくん来てますかね?」ベッキョ…

  • 天使に届け!僕らの愛 12

     ――― 10月4日(木曜日)残り4日 ―――「お、重い……こんなことなら、カート引いてくれば良かった……」僕とベッキョンはスーパーに来ていた。手に持ったカゴ…

  • 天使に届け!僕らの愛 11

     変なシーンがありませんように! という僕の祈りが神様に通じたのか、映画の前半までの内容は思ったよりはまともだった。クラスで目立たない高校生女子が、クラスで人…

  • 天使に届け!僕らの愛 10

     ――― 10月3日(水曜日)残り5日 ―――朝、マンションの入口に行くと、今日はユノの方が先に待っていた。「ユノおはよう」と、僕は声をかけた。「お、チャンミ…

  • 天使に届け!僕らの愛 09

    「え? ダンス見学に行ってもいいかって?」チャンミンが電話でそう聞いてきた時、俺はかなり面食らった。そんなことを言われるのは数年ぶりだったからだ。(まるで昔に…

  • 天使に届け!僕らの愛 08

     ――― 10月2日(火曜日)残り6日 ―――僕とベッキョンは<SNダンススクール>と書かれた看板のある建物の前に立っていた。あ、ここだ。……懐かしいなあ。だ…

  • 天使に届け!僕らの愛 07

     学校が終わり、校門を出て僕は家に向かった。結局あの後ベッキョンが戻って来ることはなかった。学校内で少しベッキョンを探してみたけれど、見つからないので諦めて家…

  • 天使に届け!僕らの愛 06

     ――― 10月1日(月曜日)残り7日 ―――スマホのアラームがけたたましく鳴り響き、僕は目を覚ました。そこには普段と変わらない僕の部屋、いつもと同じ景色が広…

  • 天使に届け!僕らの愛 05

     「チャンミンさん、チャンミンさん?! 聞いてますか?」ベッキョンの言葉で僕は我に返った。「……あ、あのさ、ベッキョン。それって僕以外のじゃダメなの? 例えば…

  • 天使に届け!僕らの愛 04

     「はい! 僕も協力しますから、二人で頑張りましょう!」途端、泣き顔だったベッキョンの顔が、パッと明るくなった。文字通り、天使のような微笑みだ。「ありがとう。…

  • 天使に届け!僕らの愛 03

     ――― 10月8日(月曜日) ―――<午前0時00分 シム・チャンミン 交通事故により死亡。享年15歳>「チャンミン、チャンミン! ……どうして? どうして…

  • 天使に届け!僕らの愛 02

     ※ファンタジーです。安心してお読みください。チャンミンは最後には幸せになります。※↓は小説内の設定の日付ですので、曜日は実際とは違います。 ――― 10月7…

  • どなたも見てらっしゃらないと思いますが

    次にアップする予定の小説をやっと全部書き終わって20話分ぐらい全部アップさせたらアップ作業がなかなか大変で最後の方、疲れて焦ってヘロヘロになってたらよりにもよ…

  • 天使に届け!僕らの愛 01

     ※2話以降は来月の10月7日から更新しますので、この1話をお読みになる場合は、お気をつけくださいm(__)m10月7日以降は、毎日1話ずつ完結まで更新します…

  • 天使に届け!僕らの愛 ~前書き~

     パラレルホミン高校生BL小説です。(エロはありません)ファンタジーですが、舞台設定は現代(韓国)です。22話前後の完結を予定しております。コメディ3割、切な…

  • ベッキョンが可愛い!

    小説の連載が始まってしまうと、その合間にあまり雑談ブログをはさみたくないので><いまのうちに色々と雑記を更新していきます。 今日は私がベッキョンにハマった動画…

  • First Love 後書き

    ここまで読んで下さった皆様、本当にありがとうございましたm(__)mイイネやコメントも本当にありがとうございます。とても励まされます(TT)今回の話は、ジェジ…

  • First Love 15

     部活放棄宣言をしたキュヒョンだったが、『部室内では絶対いちゃつかないこと!』を条件に掲げ、なんだかんだで部活に来てくれた。だけど、ボーカルのいないバンドは味…

  • First Love 14

     それから数日間は何事もなく日々が過ぎていった。ジェイは部活にも普通に来ていたし、僕ともユノとも普通に接していた。ただ前のように、ユノとじゃれあうように会話を…

  • First Love 13

     「そうじゃなくて! 俺がキュヒョンに嫉妬したって話だよ!」「ああ、そっか、そっちね! なんだ、うん、なら良かった、僕は関係ないんだね。うん、そりゃそうだ!」…

  • First Love 12

     ユノに怒られて部室を飛び出し、そのまま一心不乱に走り続けると、いつの間にかそこは駅の改札口の前だった。だけど、まだ涙は晴れてはいなかった。こんな泣き顔のまま…

  • First Love 11

     『ジェイくんは特別だからね』それは呪文のように、僕を束縛する言葉。幼い頃はそんなふうに言われて、嬉しかったと思う。「ジェイくんは可愛いからね」「ジェイくんは…

  • First Love 10

     ……俺は一体何をやってるんだろう。(チャンミンを怒鳴りつけるなんて……どうかしてる)俺は、自分自身の行動に呆然とし、その場に立ち尽くした。なんでこんなことを…

  • First Love 09

     部室に戻ってスマホを探したが、なかなか見つからなかった。散々探し回った後、ドラムの下に落ちていたのを発見してホッとする。しかしだいぶ時間がたってしまっていた…

  • First Love 08

     チャンミンへのそんな想いを抱えて悶々としながら学校生活を送っている時、たまにジェイの視線に違和感を覚えることがあった。距離が少し近すぎると感じる時もあった。…

  • First Love 07

     「美味しかった! ごちそうさま!」チャンミンからもらったイチゴのアイスクリームを食べ終わった後、俺はアコースティックギターを膝の上に置いた。「さて、始めよう…

カテゴリー一覧
商用