searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

papuoさんのプロフィール

住所
広島市
出身
大阪市

自由文未設定

ブログタイトル
一度に学ぶメコン諸語
ブログURL
https://4efg.com/ml/
ブログ紹介文
🇹🇭🇱🇦🇰🇭🇻🇳🇲🇲旅に役立つ即戦力フレーズ/単語集。
更新頻度(1年)

4回 / 27日(平均1.0回/週)

ブログ村参加:2020/08/30

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、papuoさんの読者になりませんか?

ハンドル名
papuoさん
ブログタイトル
一度に学ぶメコン諸語
更新頻度
4回 / 27日(平均1.0回/週)
読者になる
一度に学ぶメコン諸語

papuoさんの新着記事

1件〜30件

  • タイ/カンボジアほぼ共通語辞典

     ※今回はタイ、ラオス、カンボジアの情報です。ベトナム、ミャンマーの情報はありません。 ここではタイ語とカンボジア語の類音語を集めます。参考として「ラオス語がどうなっているのか」も。永久保存版となるよう、随時アップデートして参ります。 ほぼ同音同義 🇯🇵フォーク🇹🇭🇰🇭🇱🇦ソー(ム)🇯🇵疑念🇹🇭🇰🇭🇱🇦ソンサイ🇯🇵機嫌🇹🇭🇰🇭🇱🇦アーロ(ム)🇯🇵慈悲🇹🇭🇰🇭🇱🇦メッター🇯🇵ここ🇹🇭🇱🇦ティー・ニー

  • 今より通じるカタカナ−その1

     ※今回はタイ、ラオス、カンボジアの情報です。ベトナム、ミャンマーの情報はありません。 世の中は「全く通じないカタコト」で溢れています。夏目漱石や森鴎外の時代ならともかく、(金銭的な問題では)誰もが海外旅行に行けるようになった昨今、「小説で取り上げた時の読みやすさ」よりも、「現地人と会話した時の通じやすさ」を念頭として外国語に仮名を振ったほうが有益なのは間違いありません。 「もっと多くの人に旅行に

  • ホテルへ行きたい。

     ある程度学習するまでは、挨拶や料理名ぐらいしか現地語を喋る機会はないかも知れません。現地語で用件を言ったり質問したりして、現地語で返されても珍紛漢紛では困ります。 ただし、いつまでも英語やジェスチャーを頼っていると何も分からないままです。「今日は現地語で用件を言ってみよう。」という目標を定めたら、まずは「どこどこへ行きたい。」という用件から始めてみるのも良いかも知れません。最初の壁を超えるきっか

  • 海南鶏飯

     前回は「もうご飯食べた?」という言葉を学びました。せっかくなので、この際5か国全ての「ご飯」をしっかり覚えておきたいものです。そこで「海南鶏飯」を取り上げます。日本ではシンガポールチキンライス、またはカオマンガイという呼称がむしろ一般的でしょうか。 ラオスではあまり見かけない(あくまで外国料理の位置付け?)かも知れませんが、呼び名はタイ語とほぼ一緒です。ベトナムにはよく似た料理があり、日本のベト

  • もうご飯食べた?

     「どこに行ってきたの?」と並んで、東南アジアで挨拶代わりに使われる声掛け文句が「ご飯食べた?」です。 タイ語は英語の"or"を意味する「ルェー」を省くこともしばしばです。「ヤン」が末尾に付けばそれだけで「まだ?」という質問文になります。 カンボジア人は「ルェ・ナウ」="or not-yet"の代わりに「オッ」="not"を付けたり、また

  • こんにちは。

     「こんにちは。」という言葉は近所の人や、これから数日お世話になる(ガイドさんであったり)誰かと打ち解けるために必要な言葉です。 タイ語はサワッディーの後に<女性「カー」/男性「カラッ(プ)」>、ラオス語もサバーイディーの後に<女性「カー」/男性「カッ(プ)」>を付けるとより丁寧です。特に外国人は周囲に横柄な印象を与えると定着し易いので、現地の人よりも慎重に、(相手が年少者や子どもであっても)徐々

カテゴリー一覧
商用