searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

眠い悪魔さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
港町、坂の上
ブログURL
https://nemui-akuma.hatenablog.com
ブログ紹介文
昭和40年代生まれ。ボーッと生きてます。
更新頻度(1年)

29回 / 56日(平均3.6回/週)

ブログ村参加:2020/08/26

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、眠い悪魔さんの読者になりませんか?

ハンドル名
眠い悪魔さん
ブログタイトル
港町、坂の上
更新頻度
29回 / 56日(平均3.6回/週)
読者になる
港町、坂の上

眠い悪魔さんの新着記事

1件〜30件

  • 公衆トイレにて思う

    オフィスビルやレストランなど、外出先でトイレに入るたびに気になるのが、洗った後に手を温風で乾かす装置が、ことごとく使用できなくなっていること。 こいつの名称がエアータオルなのか、ジェットタオルなのか、ハンドドライヤーなのか謎ではあるが、とにかくここ半年使ったことがない。たとえコロナの感染が落ち着いたとしても、改めてこいつの電源を入れて使用に供するという判断は難しい気がする。もし専業メーカーがあるなら確実に倒産だろう。 メーカーの方も大変だとは思うが、設置している方にしても、場所は取るし撤去するには手間もコストもかかるしで、なかなか厄介な代物になっているのではないだろうか。 そんな中、とある駐車…

  • Facebookに思うこと

    Facebookに何も投稿しなくなって久しい。他人の投稿を見に行くことも、週に一度あるかないか。もはやただのオンライン住所録という感じで、昔の知人や友人と連絡を取る必要が出てきた時に、メールほど堅苦しくなく連絡できる手段、というだけの位置付けだ。 そうなってしまった原因は色々あるが、大きな要因の一つが、リアルで知っている知人の政治的な発言に触れるのが嫌だから、というのがある。普段はせいぜい、仕事の話や最近行った旅行の話や芸能人の噂話をする程度の間柄なのに、いきなり政治や思想信条の話に踏み込まれてくる感じがしてしまい、その政治的な立場が自分に近い遠いと関係なく、戸惑ってしまうのだ。 元々近しい関…

  • ジャングルでの格闘

    完全にジャングルと化した我が家の庭。 葛の蔓が庭中を這い回り、木蓮や紅葉の気に固く巻きついて引っ張ったくらいではびくともしない。巻き付かれている方の木々たちもひと夏の間に枝を伸ばし葉を茂らせ、庭は鬱蒼とした緑のトンネル状態。。。 やっと涼しくなってきて、ヤブ蚊もあまりいないかと期待して、重い腰を上げて草刈機のスイッチをON。 2時間の奮闘の結果、とりあえず見られて、歩ける状態まで回復した。 木の上の方までは手が届かないし、疲れ果てたので高枝切りバサミを使うのは止め、後は冬になったら植木屋に任せることにする。 問題は切った葉や枝の始末。袋に詰めてゴミに出すべきだが、あまりに大量で面倒臭いので、庭…

  • マーラーなつまみ

    先日、「クレイジーソルト塩バタピー」がいかに危険な食べ物か注意を喚起したが、 久しぶりに立ち寄ったあるスーパーで、さらに危険なピーナツを発見してしまった。その名は、 「麻辣(マーラー)ピーナッツ」 最初のうちは唐辛子を避け、ピーナツばかりを恐る恐る摘んで食べてみる。 思ったほど辛くない。余裕でいける。 もうちょっと赤くなったピーナツを選んで口に運ぶ。 お、ちょうどいい。単なる塩味に飽きてきたところに、新たなピーナツの地平を開く味だ。 徐々により強い刺激が欲しくなり、少しずつ赤い物体をパリパリかじり始めてしまう。 そして舌の上がヒリヒリしてくると、それを洗い流したくなってワインをガブガブ、、、 …

  • 志村けんのいない世界

    もう9月も終わる。今年も残りほぼ3ヶ月。年度で言えば半分が過ぎることになる。 今年はなんだか、何もしない間に時が過ぎていってる感じがする。もちろん、やる気がないとは言え仕事はしているし、在宅勤務と言いつつ家事もこなして、旅行も行ったりしたけれど、メリハリがないというか、何となく締まりが無い。 とにかく、今年はあらゆることがコロナウイルスに覆い尽くされてしまった。 日本人にとって(という大きな主語は好きではないが)、コロナウイルスが一気に身近で大変なことだと認識されたのは、志村けんの死だろう。亡くなったのが3月29日。海外の悲惨な状況が連日報道され、日本は大丈夫なのかと不安が膨らんできていたタイ…

  • ビザンツ帝国 千年の興亡と皇帝たち

    一昨日の↓ 続き。 オスマン帝国から遡って、次に読んだのが「ビザンツ帝国 千年の興亡と皇帝たち」。 ビザンツ帝国-千年の興亡と皇帝たち (中公新書) 兄弟殺し?のオスマン帝国が止めを刺したビザンツ帝国である。 ローマ帝国の東西分裂後、東地中海で細々と生き延びた国、栄光のローマ帝国とは似て非なる国、という程度のイメージがガラッと変わった。 特に面白かったのが、キリスト教や教会との関係。たびたび公会議(教会会議)を開催して、なんとか派は異端だとか、どこの都市の教会が偉いとか、喧々諤々やっている。世界史を授業で教わっていた頃は、なんでそんなに何とか公会議が重要で、覚えなきゃいけないのかと思っていたが…

  • オスマン帝国500年の平和

    ここ数年、老眼が進んで小さい字が読みにくくて仕方がない。 近眼なので普段からメガネをかけているが、本を読む時にはメガネを外し、そうすると本が近くなり過ぎて疲れるのでまたかけてみて、どうも本との距離がしっくりしないので、メガネの上からハズキルーペもどきをかけてみたり、そうするとメガネが邪魔でうざったいので外してみたり、と落ち着いて読み進めることができず、読書量はずいぶん減ったと思う。 そんな中で、ひと夏かけてやっと3冊を読み切ったが、結果として、イスタンブールの1500年、という感じになった。興亡の世界史 オスマン帝国500年の平和 (講談社学術文庫) ビザンツ帝国-千年の興亡と皇帝たち (中公…

  • ワル

    今年はクルマを運転する機会が飛躍的に増え、運転するのが好きな自分としては楽しんでいるけれど、いつも同じ道ばかり通っているので、さすがに段々と飽きてくる。 そんな中で、ささやかな楽しみが周囲のクルマチェック。渋滞気味の道が多いので良い暇潰しになる。 今朝のチェック中に見かけた、何の変哲もないトラックのリア。 ジャルか。 なんか日本航空の荷物でも運んでるのかなぁ。。。 ん? WAL。。。ああ、ワル、ね。 悪いやっちゃ。 どうでもいいが、持ってるだけで資産価値が安定してて、配当金もらえる優良株ってそんなにないよという話を昨夜カミさんとしていて、JALだって一回破綻したしね、と言ったら、心底びっくりし…

  • 新しい生活様式 in ライオン

    久しぶりにランチで「銀座ライオン」に行ったところ、珍しく結構な待ち時間。混んでるのかなと思いきや、入店してみるとテーブルはスカスカ。これなら待ってる人数は余裕で入れられるだろうに。コロナで人減らしをした結果、厨房の人手が足りなくなったのかも、などと想像を巡らせつつ席に案内され、ウエイターからメニューを渡されて驚いた。 「え? こんなのだっけ??」 ランチメニューが10品ほど書かれた一枚のパウチされたシートと、ドリンクメニューだけ。以前は何ページもあるグランドメニューがちゃんとあったと思うんだが。まあオーダーに困ることはなかったから、主だったメニューは載っていたのだと思うが、何となく寂しい気持ち…

  • 社会の変化が急すぎる

    改めてこの半年ばかりを振り返ってみると、これほど短期間に、これほど様々な物事が一気に変化したというのは、ちょっと記憶にない。記憶にないどころか、歴史上初めてではないだろうか。 通常、社会の変化というものは、どんなに大きな変化であっても、ゆっくりじわじわ進行していって、気が付いたら変わっていた、というものだろう。例えば、誰もが小型コンピュータを持ち歩いていて、常に誰かと繋がっていて、お札もコインも使わず支払いを済ませ、いつでもどこでも好きな映像が見られる、なんていう世界は、初代iPhoneが登場した13年前にはまだまだSFの世界だったけれど、いつの間にかそれが当たり前になっていた。。。それくらい…

  • スリッパを消毒

    ある建物の中に入るため、靴を脱いでスリッパに履き替えようとしたところ、、、 「スリッパはご使用後に消毒をお願いします」 と貼り紙がしてあって、消毒液のディスペンサーが置いてあった。 いやぁ、要るかなぁ〜、スリッパの消毒。そりゃ足は野原ひろし並みに臭いかも知れませんけど、足の裏にコロナウイルス、付着してますかね。消毒液をスリッパに塗り込めばいいんですかね。 エコバッグに続いて、携帯用のスリッパもカバンに入れておかないといけない時代ですよ。 [umbar net] 折りたたみ 携帯スリッパ 極上の履き心地 旅行 受験用 メンズ&レディース 28cmまで対応 (ブラック) メディア: ウェア&シュー…

  • Go To 還付金までの長い道のり

    8月の盆休みに、里帰りを兼ねて旅行に行った。元々ゴールデンウィークに行くつもりで2月に宿を予約していたが、さすがに自粛の最中ということでキャンセルし、それでも夏は大丈夫だろうと5月中に改めて予約しておいた。 そこへ降って湧いたように「Go Toトラベル」である。 補助があろうがなかろうが、行きたい時に行きたいところに行くぞ、などと強がっていたものの、いただけるものはいただいておかないと、ということで、予約した「じゃらん」のサイトから手続きをすることにした。 が、これが非常に分かりにくい。 「Go Toトラベル キャンペーン実施中!」というバナーは何枚も貼ってあるくせに、事後還付手続きについては…

  • 街道沿いの床屋

    在宅勤務で変わったことの一つに、勤務開始前の朝の時間の使い方がある。以前は通勤に費やしていた時間で、子供を車で学校に送ることが多くなった。 その帰り道、必ず渋滞に巻き込まれるのだが、ボーッと外を眺めていると、ちょっと面白い店構えが目についたので、写真を撮ってみた。 床屋とバイク屋が並んでいるが、庇にミニのボンネットを飾っているのは、バイク屋ではなく床屋の方。 赤、青、白に塗り分けているのは、床屋のサインポールの色と合わせたのだろうか。 いや、ちょっと待てよ。 なんか店の中にいるような・・・ 怖いんですけど! ひざぱんだ ぬいぐるみ S P-6032 発売日: 2019/06/30 メディア: …

  • サボテンその後

    なんとか命脈を保ってきた、IKEA出身の我が家のミニサボテン2鉢。 しかしついに、1つが御臨終という事態に至ってしまった。 触るとグラグラするようになってきたので、根がしっかり張っていないのだろうと思い、もう一度植え替えようかと考えていたところ、ついにバッタリと倒れてしまい、 「これはもうダメかも分からんね」ということで掘り出して見たところ、根の付け根のところがグズグズな状態で、最早手遅れという次第。 植え替えも水やりの頻度も、ネット情報を頼りに頑張ってみたのだが、可哀想なことをした。 生き残っているもう1つの方も、以前と比べると明らかに縮んできていて、やはり表面が粉を吹いたように白っぽくなっ…

  • 町会長のフルコース

    千代田区の区長が、公費を使って町会長とその妻を懇談会に招待して、年に一度、1万5000円程度のコース料理をふるまっていたというのがニュースになっている。 記事を読んでいくと、東京都の他の区や、他の都市でも似たようなことはあるようで、要は千代田区の金額が突出して高い(かつ妻も招待している)ことが問題視されているらしい。 でもね、自分は年に一回、フルコースのフランス料理をご馳走するから町会長をやってくれと言われても、絶対にやりたくない。 今年、自分が住んでいる町の町会長は80歳になり、後継者を探しているけれどなかなか成り手が見つからなくて大変なことになっている。自分にも、とりあえず役員をやらないか…

  • カレー坦々麺

    急いでいたので、並んでいなくてすぐに入れて、料理が待たずに出てきて、さっと食べられるもの。 と思っていた時、目についたカレー坦々麺という看板。 入店して注文してから、今夜はカレーを作ることになっていたことを思い出した。 しかし最早、別の店を探している余裕はないし、子供に約束した手前、夕飯のメニューを変更することもできない。 食べ始めてから慌てて写真に撮ってみる。 要するに、カレーうどんのうどんが中華麺になったものだった。 カレーうどん 5食x2パック メディア:

  • マスクとエコバッグ

    在宅勤務がデフォルト、という状態になって変わったことの一つに、車に乗る機会が圧倒的に増えた、ということがある。 都心のオフィスに電車で通っていれば、ほとんど週末くらいしか乗らなかったわけだが、今は平日の昼間でもしょっちゅう乗っている。 特に子供の学校や塾への送り迎えに使うことが多いのだが、送りの時には入口の前で子供を降ろしてそのまま帰って来るし、迎えの時にも近くの路上に止めたまま車内で待っているので、車外に出ることはほとんどない。 なので、Tシャツ短パン姿で、財布とスマホだけポケットに入れてパッと出掛けるのだが、たまにコンビニなんかで買い物をしようとすると、はたと困ることがある。 一つはマスク…

  • 健康診断

    健康診断を受けに病院の健康診断センターに行ったのだけれど、昨年までとは様変わりしていた。 30分単位で予約制なのは同じだが、人数を絞り込んでいるようで、受診者が少ない。体感で半分くらいだろうか。ということは、健康診断を受ける人数は昨年とほぼ変わらないのだから、期間は伸びるという理屈になる。 受付して中に入ると、レントゲンの撮影機や視力や血圧を測定する機械など、受診者が触れるありとあらゆる部分について、一回一回、検査が終わるごとに看護師さんが消毒して回っている。 作業量は倍で、それが長く続く、という感じだろうか。 これが「ニューノーマル」とか「アフターコロナ」とか言って延々と続くのであれば、正直…

  • 名札を付け忘れました

    車を運転しているほとんどの時間は、前の車のリアを眺めている、と言っても過言ではない。多分、誰しもがそうだと思う。 企業の社用車でよく見かけるのは、「●●●が運転しています」とドライバーの名前を書いたステッカーが貼られているヤツ。あれはドライバーに緊張感や責任感を持たせるためにやっているんだとは思うが、個人情報保護的にどうなんだろう。 で、先日街を走行中、前の車のリアに貼ってあったのがこちら。 いや、謝られてもなぁ。。。 あの名前の書いてあるステッカーは、磁石になってて、乗車する時にこの上に貼るのだろう。初めて見たけれど、これは一般的なのだろうか? もう一つ、今朝見たばかりのステッカー。 男樹・…

  • 空飛ぶクルマ

    スカイドライブ社が開発している「空飛ぶクルマ」がメディアを集めて試験飛行を行ったそうで、様々なところで報道されている。 2028年頃に機体の市販化も視野に入れているそうで、これは生きてるうちに1台所有できるかもなどと思い、かなりワクワクしながら同社のサイトからデモムービーを見てみた。 鎌倉の自宅から六本木のオフィスまで30分で到着、というストーリーなのだが、見ているうちにちょっと待てよ、と。 「シン・ゴジラ」で、鎌倉に上陸したゴジラが東京に向かう時、まさに我が家をかすめて突き進むゴジラを見ながら、おいおい勘弁してくれよと思ったことを思い出した。 こんなものが何百台、何千台と空を飛び交って、ウチ…

  • 料理の味付け

    アプリだろうが本だろうが、ほとんどのレシピは大体2人分になっている。我が家は4人いるので、レシピ通りでは足りない。 かと言って、具材も調味料も調理時間も全て2倍にしてしまうと、量が多すぎたり、味が濃すぎたり、煮込み過ぎたりしてしまう。 この辺りの加減はさすがのデリッシュキッチンでも触れられていない。調味料は1.5倍程度と聞いたことがあるが、それもケースバイケース。これこそが経験値というものだ。 ありがちな失敗は、味付けが濃くなりすぎること。塩小さじ1/3と書かれていて、具材を倍にしたから小さじ2/3だな、と思っても、鍋に塩を投入していると、何となく物足りない気がしてきて、もう少し濃いめの方が子…

  • 紙ストロー

    ファミレスからプラスチックのストローが一掃されて久しい。 当初は戸惑ったものだが、しばらくすると、グラスに直接口をつけてアイスコーヒーやコーラをグビグビ飲んでも何も問題はなく、どうせドリンクバーで飲み放題なんだから、ストローでチマチマ飲んでる場合ではなかった、という事に気が付いてしまった。 いったい今まで、なんでストローなんていうものを使ってきたのだろうか。ストロー製造業者の皆様には、同情を禁じ得ない。 などと思っている中、先日立ち寄ったカフェというか喫茶店で、紙でできたストローが供された。 見た目はもちろんストローだし、アイスコーヒーを吸い上げるという機能面でも申し分ない。飲んでいる途中でヘ…

  • トチオンガーセブン

    夏休みに新潟へ行った時、高速のサービスエリアで妙な看板を見かけた。 トチオンガーセブン??油揚げ、、、キツネ??街おこしのローカルゆるキャラみたいなヤツかな。ピープロってこんなのも作ってたのか。知らなかった。 自分にとってピープロ作品と言えば「スペクトルマン」や「快傑ライオン丸」「電人ザボーガー」で、「鉄人タイガーセブン」はほとんど記憶に残っていないのだが、それのもじりと言うかオマージュというか。許諾してるだけかな、ピープロは。 で、さっき思い出してネットで調べてみたところ、仰天した。 炎の天狐 トチオンガーセブン - Wikipedia 特撮ファンである栃尾在住の油揚げ製造業の社長が、「新し…

  • サボテン2鉢

    4月の緊急事態宣言下、IKEAに行ったついでに小さなサボテンを買った。カクタセアエというやつだったか。 一つのガラスのコップに二株生えていたので別々にしようと思い、物置から小さな鉢を探し出してきて、サボテン用の土を買って、植え替えてみた。 ちょっと鉢が大き過ぎてバランスが悪いが、とりあえずこんなものかと満足。 ちなみに元々植わっていた小さなガラスコップは、洗ってそのままグラスとして酒を少しだけ飲みたい時に使用している。 サボテンは春秋は二週間に一度、夏冬は月に一度だけ水をやるというネット情報に従い育ててきた結果、現在の姿がこちら。 丸っこくてかわいかったシルエットが、ニョキニョキと枝(というの…

  • Uber eats

    休日(と言っても毎日休日のようなもんだが)の昼ご飯、面倒なのでUber eatsでマックでも、と思ってアプリを立ち上げると、 サービスエリア拡大を記念して、 800 円以上のご注文に限り、対象エリア内への配送手数料が期間中最大 6 回 0 円になるプロモーションコードをご用意しております。 とのこと。 これはラッキーといそいそと注文を決め、プロモーションコードを入力しようとすると、あれ? 受け付けてくれない。 何度か試してみて、はたと気付く。 「対象エリア内への配送」 、、、そりゃそうか。 大人しく250円を支払った。 uber eats ウーバーイーツ リュック バックパック 保冷バッグ デ…

  • クレイジーなつまみ

    寝酒にウイスキーなぞ飲んでいると、ついつい飲み過ぎて翌日頭痛がして仕方ないので、数年前、自宅では蒸留酒は飲まないとき決めた。 それ以来、家にはビール、赤ワイン、日本酒しか置かなくなった。 ところが今度は、ワインや日本酒は口当たりが良いのでやはり飲み過ぎてしまうため、昨年からビールの代わりにサントリーのオールフリーを飲むようにした。 これでかなり飲酒量を減らしたつもりだが、それでもまだ二日酔いに悩まされる日もある。 残るは手段としては、ワインの代わりにグレープジュース、日本酒の代わりに水を飲むしかないか。 飲む酒の種類は変わっても、つまみはブルーチーズかバターピーナツが好み。だがブルーチーズは高…

  • 車のディーラー

    10年ほど前に初めてディーラーから新車というものを買った。ホンダストリームという車で、その後ステップワゴンに乗り換えた。 担当してくれていた営業の人はベテランで人懐っこく、点検などでディーラーに行くと、よく世間話をしていた。車が好き、ホンダが好き、というのが伝わって来て、こちらも独身の頃は中古で20年落ちの海外のスポーツカーに乗っていた話などしたせいもあって、クルマ談義で盛り上がった。他メーカーの車を腐す時には真顔になったりして、微笑ましかった。 その人は残念ながら定年で辞めてしまい、今は別の営業担当が付いてくれている。 この人は人当たりはいいのだが、車のことでも仕事のことでも家族のことでも何…

  • たまに出社すると

    緊急事態宣言が明けて以降、だいたい出社するのは週に1、2回というところだ。夏休みを丸っと一週間取ったこともあり、久しぶりに会社まで行ってみると、どっと疲れてしまった。暑さのせいもあるとは思うが、オフィスに着いてもしばらくは何もやる気が起きない。 4月まではこれを毎日やっていたのだから信じられない。逆に言えば、どんなに辛いことでも、習慣にして毎日やるようにすれば続けられるようになるということか。習慣化してしまうことは大事だと再認識した。子供にも、計算練習は毎日やるようによく言っておこう。 今後、また毎日出社する生活に戻るとなると、そのストレスは半端ない。もし仮に給与が1割減になるが在宅勤務でも良…

  • マックの鳩

    マクドナルドでひと休みすることにしたところ、入口のドアに貼り紙が。 鳩が店舗内に侵入。 ちょっと見てみたいなどと思いつつマックシェイクを飲んでいると、足元をトトトと横切るものが。 店員さんがいつもの事という感じで近づいて行くと、鳩の方も慣れた様子でくるりと向きを変えて入口の方へ戻って行き、店員さんが開けたドアから素直にお帰りあそばされた。

  • ショーペンハウエル

    「文字世界で読む文明論 比較人類史七つの視点」という講談社現代新書の新刊を読んだ。ギリシア・ラテン文字やアラビア文字、梵字、漢字などの文字が、それぞれの文明にどういう影響を与えてきたのか、といった内容を期待していたのだが、要するに単なる比較文明論で、それぞれの文字との関連はほとんど語られていなかった。 というような書評を書きたい訳ではなく、実は一番感銘を受けたのは、本に挟まれていた栞である。 オモテには(と言ってもどっちが表か裏か分からないが)講談社現代新書の発行部数ランキングが載っているが、ウラには一行だけ、 「運命がカードを混ぜ、われわれが勝負する。」 アルトゥル・ショーペンハウエル 思わ…

カテゴリー一覧
商用