searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

通りすがりさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
米国株レバレッジ投信 実験ブログ
ブログURL
https://beikabuleva.hatenablog.com/
ブログ紹介文
アメリカ株を対象とするレバレッジ投信を実際に購入し、その成績を検証してみるブログです。
ブログ村参加
2020/08/25
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、通りすがりさんをフォローしませんか?

ハンドル名
通りすがりさん
ブログタイトル
米国株レバレッジ投信 実験ブログ
フォロー
米国株レバレッジ投信 実験ブログ

通りすがりさんの新着記事

1件〜30件

  • 恒大問題も中国・仮想通貨取引禁止も押し目買いのチャンス?

    今週は、株式市場が大きく揺れた一週間でした。 週初めには、中国の不動産グループ恒大(英語ではEvergrandeというらしい)の経営危機で、世界的に株価が大きく下がりました。しかし問題が中国以外には波及しないようだとの観測が広がるとともに、市場は平静を取り戻しつつあります。 また週半ばには米FOMCが開かれ、十一月にテーパリングの開始時期が決定されること。政策金利の引き上げが早まって、2022年に前倒しされそうなことが確認されました。 これらはいずれも予測されていた内容だったため、市場には安心感が広まり、週後半の株価の回復につながりました。 これで年内のテーパリング開始は、すっかり織り込まれた…

  • 九月は下落のアノマリー

    https://media.monex.co.jp/articles/-/17610 毎日100円ずつ、米国株レバレッジ投信を積立購入し、レバレッジのかからない同じインデックスの投信と比較していく「アメリカ株レバレッジ投信実験」は、今週で54週目を迎えました。 ここまでの積立結果は次のとおりです。 2021/9/15時点(積立第54週 累計積立額 各25600円/新規2投信は16500円) 評価額・収益・通算騰落率(前回比) FANG+ 2倍レバレッジ 32571円・+6971円・+27.2%(+4%) FANG+ インデックス 30289円・+4689円・+18.3%(+1.9%) NASD…

  • 織り込まれはじめたテーパリング

    毎日100円ずつ、米国株レバレッジ投信を積立購入し、レバレッジのかからない同じインデックスの投信と比較していく「アメリカ株レバレッジ投信実験」は、今週で52週目を迎えました。 ここまでの積立結果は次のとおりです。 2021/8/29時点(積立第52週 累計積立額 各24400円/新規2投信は15300円) 評価額・収益・通算騰落率(前回比) FANG+ 2倍レバレッジ 30060円・+5660円・+23.2%(-0.8%) FANG+ インデックス 28411円・+4011円・+16.4%(-0.8%) NASDAQ 2倍レバレッジ 33104円・+8704円・+35.7%(+2.9%) NA…

  • がんばれ! コロナ給湯器

    今回は、投資とはまったく関係のない話です。 近所に給湯器メーカーの「コロナ」という会社に勤めている人がいて、その人の家の前を通ると、よく「CORONA」と書かれた営業車が停まっています。 それを見るたびに、「この時代に、よく社名を変えずに頑張ってるなあ」と思ってしまいます。 その会社に電話をかけると、応対の人が「はい、コロナでございます」とか「「いつもお世話になっております、コロナ営業部でございます」とか、答えてくれるのでしょうか。 そこから私の妄想はふくらんで、さらにこんな光景さえ思い浮かべてしまいます。 副社長「社長、やはりここは思い切って、社名を変更しましょう」 社長「いや。コロナは創業…

  • 現在のポートフォリオ(円建て資産編)

    前回までの記事では、保有資産のうちドル建ての部分(コア銘柄・サテライト銘柄)について振り返ってみました。 そこで今回は、円建ての資産について書いてみたいと思います。上のグラフでは、左下に当たる部分ですね。 二番目のリストは、円建ての保有資産の内訳と、その利益率を表にしたものです。 日本株は以前はもっと持っていたのですが、現在保有しているのは一番上の3銘柄だけになってしまいました。 真ん中の「すかいらーく」は株主優待用に買ったものの、コロナの影響をもろに受けて、苦しい状況が当分続きそうです。 次のグループは、アメリカの株式指数に連動する投信群です。 これらは現在も折りをみて買い足しているので、利…

  • ポートフォリオ振り返り(続き)

    今回も、前回の「ポートフォリオ振り返り」の続きです。 上の画像は前の記事で紹介した、私の「コア・ポートフォリオ」の年間騰落率(赤)を「S&P500指数」(青)と比較したものです。 このところ、かなり頑張ってきてはいますが、残念ながら「S&P500」に負け続けていますね。 二枚目のグラフは、同じく「サテライト・ポートフォリオ」の年間騰落率を「S&P500指数」と比較したものです。 こちらは「S&P500」を上回っていますが、これを見ると、二月と五月のグロース株の下落がどれだけ大きかったのかがわかります。 これら二つのポートフォリオを足し合わせた総合成績は、結局「S&P500」と同じぐらいというこ…

  • 個人ポートフォリオの振り返り

    このブログも開設一周年を迎えたので、このあたりで私のアメリカ株ポートフォリオについて、再び振り返っておきたいと思います。 上の画像は、私の金融資産の「コア部分」を構成する銘柄のリストで、前回の紹介以降では、アマゾン、ビザ、マスターカードがかなり下落してしまいました。 その一方で上昇したのはAMDと仮想通貨2種で、ビットコインもようやくプラス圏への復帰が見えてきましたね。 これら、下がった分と上がった分をトータルすると、全体としては「プラスマイナス0」といった感じでしょうか。 二番目の画像はポートフォリオの「サテライト部分」です。 このリストの稼ぎ頭だった「ファイバー」と「ピンタレスト」が決算に…

  • 明暗分かれた決算結果

    毎日100円ずつ、米国株レバレッジ投信を積立購入し、レバレッジのかからない同じインデックスの投信と比較していく「アメリカ株レバレッジ投信実験」は、今週で50週目を迎えました。 ここまでの積立結果は次のとおりです。 2021/8/14時点(積立第50週 累計積立額 各23300円/新規2投信は14200円) 評価額・収益・通算騰落率(前回比) FANG+ 2倍レバレッジ 28887円・+5587円・+24%(-4.2%) FANG+ インデックス 27316円・+4016円・+17.2%(-0.8%) NASDAQ 2倍レバレッジ 30949円・+7649円・+32.8%(-1.6%) NASD…

  • 直撃! Amazonショック

    毎日100円ずつ、米国株レバレッジ投信を積立購入し、レバレッジのかからない同じインデックスの投信と比較していく「アメリカ株レバレッジ投信実験」は、今週で49週目を迎えました。 また今年から「S&P500」と「ダウジョーンズ」のレバレッジ投信の積立も新たに加えています。 ここまでの積立結果は次のとおりです。 2021/8/1時点(積立第49週 累計積立額 各22500円/新規2投信は13400円) 評価額・収益・通算騰落率(前回比) FANG+ 2倍レバレッジ 28840円・+6340円・+28.2%(-2%) FANG+ インデックス 26647円・+4147円・+18.4%(-1.6%) N…

  • ビットコインを買って、思ったこと

    私のポートフォリオのコア部分を構成する銘柄リストをここに載せたのは、一ヶ月ほど前のことでした。その後、どの銘柄も少しずつ値を伸ばして、アップルの株価はとうとう購入価格の2倍(上昇率100%)を越えてきました。 その一方で、相変わらず全体の足を引っ張っているのが仮想通貨(ビットコインとイーサリアム)です。ただし、どちらもようやく回復基調に入ってきたので、イーサリアムの方はまもなくプラス圏に戻ってくれるのではないかと思います。 一方のビットコインはといえば、まだまだマイナスが続きそうです。 そしてビットコインを買って思ったのは、いまさらながらですが、その価格を裏付けるものがほとんどない、ということ…

  • パッとしない一週間

    毎日100円ずつ、米国株レバレッジ投信を積立購入し、レバレッジのかからない同じインデックスの投信と比較していく「アメリカ株レバレッジ投信実験」は、今週で47週目を迎えました。 また今年から「S&P500」と「ダウジョーンズ」のレバレッジ投信の積立も新たに加えています。 ここまでの積立結果は次のとおりです。 2021/7/19時点(積立第47週 累計積立額 各21700円/新規2投信は12600円) 評価額・収益・通算騰落率(前回比) FANG+ 2倍レバレッジ 28253円・+6553円・+30.2%(-3.1%) FANG+ インデックス 26032円・+4332円・+20%(-3.1%) …

  • ショック! S&P500に完敗

    昨日のブログに、自分のポートフォリオの総額が史上最高額を更新しつつある、と書きました。 しかし今年になってからの「S&P500」指数の上昇率を調べてみたところ、なんと「+25%」!! 私の個人資産の上昇率をはるかに上まわっていました。(そもそも私の計算方法が間違っている?) なんとかインデックス投資に勝とうと日々、個別株投資を続けているのに、「S&P500」は軽々とその上空を飛んでいたわけです。 一番上の画像は、私の主力株のAmazon(青)とS&P500指数(赤)を比較したものですが、まったく勝てていません。 Amazonにかぎらず、そもそも半年で25%も上昇する個別株を探すこと自体が、かな…

  • 米株は好調維持

    毎日100円ずつ、米国株レバレッジ投信を積立購入し、レバレッジのかからない同じインデックスの投信と比較していく「アメリカ株レバレッジ投信実験」は、今週で45週目を迎えました。 また今年から「S&P500」と「ダウジョーンズ」のレバレッジ投信の積立も新たに加えています。 ここまでの積立結果は次のとおりです。 2021/7/2時点(積立第45週 累計積立額 各20700円/新規2投信は11600円) 評価額・収益・通算騰落率(前回比) FANG+ 2倍レバレッジ 27603円・+6903円・+33.3%(+13.4%) FANG+ インデックス 25588円・+4888円・+23.1%(+7.2%…

  • 現在のポートフォリオ(②サテライト編)

    前の記事に続いて、今回は私のポートフォリオの中で、サテライトにあたる部分を占める新人選手たちを紹介したいと思います。 これらは主にコロナショック後に、買ったり、株数を増やしたりした銘柄です。 中、小型のハイテク・グロース株が多く、値動きも大きめなのが特徴です。 買った後に調子が出ないものは、なるべく処分するように心がけているのですが、しばらく上がった後にドンと下がると、ついつい売り時を逃してしまいます。 一番下の二つはその例で、「保有株数も少ないから」と油断している間にズルズルと下がり続け、結局「塩漬け株」になってしまいました。 格好悪いですが、正直に載せておきます。 下から三番目のオクタは、…

  • 現在のポートフォリオ(①コア編)

    たまには自分の保有株のことを書いてもよいかと思い、今回は私のポートフォリオの中心選手たちを載せてみました。 いずれもコロナショック前から持っている会社で、GAFAMをはじめとする「大型ハイテク株」が中心となっています。 これらの株は急激に上がることは少ないかわりに、急落することも滅多になく、どんな状況でも持っていられる、私の「一軍メンバー」です。(スクウェアのみ、かなり値動きが激しいですが) ネットフリックスやショッピファイなど、この一軍に入れようと育てていたものの、たまたま不振な時期が続いて、売り払われてしまった株も少なくありません。あのまま持っていたら、今頃はクリンナップを任せてもよいくら…

  • 見えはじめた、緩和政策の縮小

    yahooファイナンスより 毎日100円ずつ、米国株レバレッジ投信を積立購入し、レバレッジのかからない同じインデックスの投信と比較していく「アメリカ株レバレッジ投信実験」は、今週で43週目を迎えました。 また今年から「S&P500」と「ダウジョーンズ」のレバレッジ投信の積立も新たに加えています。 ここまでの積立結果は次のとおりです。 2021/6/22時点(積立第43週 累計積立額 各19800円/新規2投信は10700円) 評価額・収益・通算騰落率(前回比) FANG+ 2倍レバレッジ 23750円・+3950円・+19.9%(+5.4%) FANG+ インデックス 22941円・+3141…

  • 好調維持のアメリカ株市場

    毎日100円ずつ、米国株レバレッジ投信を積立購入し、レバレッジのかからない同じインデックスの投信と比較していく「アメリカ株レバレッジ投信実験」は、今週で41週目を迎えました。 また今年から「S&P500」と「ダウジョーンズ」のレバレッジ投信の積立も新たに加えています。 ここまでの積立結果は次のとおりです。 2021/6/10時点 (積立第41週 累計積立額 各19100円/新規2投信は10000円) 評価額・収益・通算騰落率(前回比) FANG+ 2倍レバレッジ 21877円・+2777円・+14.5%(+8%) FANG+ インデックス 21548円・+2448円・+12.8%(+4.4%)…

  • アマノジャクな株式相場

    更新が久しぶりになってしまいましたが、毎日100円ずつ、米国株レバレッジ投信を積立購入し、レバレッジのかからない同じインデックスの投信と比較していく「アメリカ株レバレッジ投信実験」は、今週で39週目を迎えました。 また今年から「S&P500」と「ダウジョーンズ」のレバレッジ投信の積立も新たに加えています。 ここまでの積立結果は次のとおりです。 2021/5/25時点 (積立第39週 累計積立額 各17800円/新規投信は8700円) 評価額・収益・通算騰落率(前回比) FANG+ 2倍レバレッジ 18959円・+1159円・+6.5%(-18.5%) FANG+ インデックス 19300円・+…

  • バイデン富裕税の行方

    毎日100円ずつ、レバレッジのかかった米国株投資信託を積立購入し、レバレッジのかからない同じインデックスの投信と損益を比較していく「アメリカ株レバレッジ投信実験」は、今週で35週目を迎えました。 また今年から「S&P500」と「ダウジョーンズ」のレバレッジ投信の積立実験も新たに加えています。 ここまでの積立結果は次のとおりです。 2021/4/26時点 (積立第35週 累計積立額 各16200円/新規投信は7100円) 評価額・収益・通算騰落率(前回比) FANG+ 2倍 レバレッジ 20255円・+4055円・+25%(-7.5%) FANG+ インデックス 18850円・+2650円・+1…

  • 比較的穏やかな一週間

    S&P 500 Map 毎日100円ずつ、レバレッジのかかった米国株投資信託を積立購入し、レバレッジのかからない同じインデックスの投信と損益を比較していく「アメリカ株レバレッジ投信実験」は、今週で34週目を迎えました。 また今年から「S&P500」と「ダウジョーンズ」のレバレッジ投信の積立実験も新たに加えています。 ここまでの積立結果は次のとおりです。 2021/4/18時点 (積立第34週 累計積立額 各15600円/新規投信は6500円) 評価額・収益・通算騰落率(前回比) FANG+ 2倍 レバレッジ 20671円・+5071円・+32.5%(+5.5%) FANG+ インデックス 18…

  • ビットコインはどこまで上がるのか?

    https://twitter.com/100trillionUSD/status/1380456734725173248 PlanB @100trillionUSD このところ、少し落ち着いて米株価を見られるような状況になってきたので、かわりに調べているのが「ビットコイン」の価格推移です。 以前のビットコインには「値動きが激しく、短期トレードの対象」というイメージを持っていたのですが、昨年末ぐらいからまったく印象が変わって、長期投資の対象として考えてもよいのではないかと思うようになってきました。 仮想通貨に詳しい人にとっては「何をいまさら」といった感じだと思いますが、そう考えるに至った理由を…

  • リスクオンで、ハイテク株復活!

    毎日100円ずつ、レバレッジのかかった米国株投資信託を積立購入し、レバレッジのかからない同じインデックスの投信と損益を比較していく「アメリカ株レバレッジ投信実験」は、今週で33週目を迎えました。 また今年から「S&P500」と「ダウジョーンズ」のレバレッジ投信の積立実験も新たに加えています。 ここまでの積立結果は次のとおりです。 2021/4/9時点 (積立第33週 累計積立額 各15100円/新規投信は6000円) 評価額・収益・通算騰落率(前回比) FANG+ 2倍 レバレッジ 19182円・+4082円・+27%(+20.29%) FANG+ インデックス 17982円・+2882円・+…

  • ヒンデンブルグ・オーメン?!

    (SBI証券HPより) SBI証券のサイトを見ていたら「ヒンデンブルグ・オーメン」という、相場の下落前に現れるサインが、三月になってから二度、点灯したと書かれていました。 昨年のコロナショック前の一月にも点灯していたということですが、結局何も起こらないこともあるようです。 「当たるも八卦、当たらぬも・・・」といった感じですが、しばらくは注意が必要そうですね。

  • 金融緩和縮小(テーパリング)を示唆

    毎日100円ずつ、レバレッジのかかった米国株投資信託を積立購入し、レバレッジのかからない同じインデックスの投信と損益を比較していく「アメリカ株レバレッジ投信実験」は、今週で31週目を迎えました。 また今年から「S&P500」と「ダウジョーンズ」のレバレッジ投信の積立実験も新たに加えています。 ここまでの積立結果は次のとおりです。 なお今回は、グロース株の調整が始まる前の2/17との騰落率比較も行なってみました。 2021/3/28時点 (積立第31週 累計積立額 各14100円/新規投信は5000円) 評価額・収益・通算騰落率(前回比)(2/17比較) FANG+ 2倍レバレッジ 15047円…

  • 低金利政策は2023年まで?

    毎日100円ずつ、レバレッジのかかった米国株投資信託を積立購入し、レバレッジのかからない同じインデックスの投信と損益を比較していく「アメリカ株レバレッジ投信実験」は、今週で30週目を迎えました。 また今年から「S&P500」と「ダウジョーンズ」のレバレッジ投信の積立実験も新たに加えています。 ここまでの積立結果は次のとおりです。 2021/3/21時点 (積立第30週 累計積立額 各13600円/新規投信は4500円) 評価額・収益・通算騰落率(前回比) FANG+ 2倍レバレッジ 15894円・+2294円・+16.86%(-7.17%) FANG+ インデックス 15522円・+1922円…

  • 織り込まれはじめた金利上昇

    毎日100円ずつ、レバレッジのかかった米国株投資信託を積立購入し、レバレッジのかからない同じインデックスの投信と損益を比較していく「アメリカ株レバレッジ投信実験」は、今週で29週目を迎えました。 また今年から「S&P500」と「ダウジョーンズ」のレバレッジ投信の積立実験も新たに加えています。 ここまでの積立結果は次のとおりです。 2021/3/14時点 (積立第29週 累計積立額 各13100円/新規投信は4000円) 評価額・収益・通算騰落率(前回比) FANG+ 2倍レバレッジ 16249円・+3149円・+24.03%(+10.4%) FANG+ インデックス 15359円・+2259円…

  • そろそろ下げ止まり?

    毎日100円ずつ、レバレッジのかかった米国株投資信託を積立購入し、レバレッジのかからない同じインデックスの投信と損益を比較していく「アメリカ株レバレッジ投信実験」は、今週で28週目を迎えました。 また今年から「S&P500」と「ダウジョーンズ」のレバレッジ投信の積立実験も新たに加えています。 ここまでの積立結果は次のとおりです。 2021/3/7時点 (積立第27週 累計積立額 各12600円/新規投信は3500円) 評価額・収益・通算騰落率(前回比) FANG+ 2倍レバレッジ 14318円・+1718円・+13.63%(-16.08%) FANG+ インデックス 14092円・+1492円…

  • 株価調整も、金融相場はまだ続く

    『逃げて勝つ 投資の鉄則』より 前の記事で「長期金利の上昇による今回の株価調整は、それほど心配しなくてよい」と書きました。 その理由となる「景気サイクルの循環」については、『逃げて勝つ 投資の鉄則』(田中泰輔著 日経BP)という本に、とてもわかりやすくまとめられています。 現在のアメリカ(および日本)は、中央銀行による金融緩和政策が主導する「金融相場」のただなかにあります。 景気の本格的な回復はまだ始まろうとしているところですが、株価は実体経済に先行するので、すでにかなりの上昇を見せています。この「金融相場」の過程では必ず長期金利が上昇し、それにともなって何度も調整が起こります。しかしそれは一…

  • 長期金利上昇は既定路線!?

    毎日100円ずつ、レバレッジのかかった米国株投資信託を積立購入し、レバレッジのかからない同じインデックスの投信と損益を比較していく「アメリカ株レバレッジ投信実験」は、今週で27週目を迎えました。 また今年から「S&P500」と「ダウジョーンズ」のレバレッジ投信の積立実験も新たに加えています。 ここまでの積立結果は次のとおりです。 2021/2/28時点 (積立第27週 累計積立額 各12100円/新規投信は3000円) 評価額・収益・通算騰落率(前回比) FANG+ 2倍レバレッジ 15695円・+3595円・+29.71%(-19.74%) FANG+ インデックス 14174円・+2074…

  • 今回の下落は押し目買いのチャンス?!

    毎日100円ずつ、レバレッジのかかった米国株投資信託を積立購入し、レバレッジのかからない同じインデックスの投信と損益を比較していく「アメリカ株レバレッジ投信実験」は、今週で26週目を迎えました。 また今年から「S&P500」と「ダウジョーンズ」のレバレッジ投信の積立実験も新たに加えています。 ここまでの積立結果は次のとおりです。 2021/2/22時点 (積立第26週 累計積立額 各11800円/新規投信は2700円) 評価額・収益・通算騰落率(前回比) FANG+ 2倍レバレッジ 17636円・+5836円・+49.45%(-3.33%) FANG+ インデックス 14723円・+2923円…

カテゴリー一覧
商用