searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

はえともみさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
とも@ピクニック
ブログURL
http://picnik.blog91.fc2.com/
ブログ紹介文
背伸びせず、ゆるゆると日常生活などをつづります
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2020/08/23

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、はえともみさんの読者になりませんか?

ハンドル名
はえともみさん
ブログタイトル
とも@ピクニック
更新頻度
集計中
読者になる
とも@ピクニック

はえともみさんの新着記事

1件〜30件

  • ふらふらと

    こんな形で(どんな形?)日記を休みがちになってしまうのは初めてのこと。日記を書くことが、ある意味、「0地点」に戻る行為だとしたら、このごろのわたくしは居るべき地点に戻ることなく、ふらふらと魂さまよい続けている、そーゆー感じ?もはや、「日記を書いて元気になりなさい」との日記の神様の声すらも聞こえてこないよ。*しかし、ふらふらさまよい続けたあげくどこかの岸にたどり着けるとも思えず結局は、日記を書くこと...

  • 脱・感情移入の時代

    私の障害と痛み、治らないのです。カルマでそうなのです。私のように病気が治ってはいけない人がいます。今、ヒーリングとは問題、病気のある人に平等にエネルギーをシェアし、その人がその病気に対処するエネルギーを与える時代なのです。バランスに必要な経験に対処する力、祈りを与えるだけなのです— ウィリアム・レーネン (@williamrainen) July 12, 2020 ヒーリングは人間が望むように何かを修正することではありません...

  • 安田さんの言葉

    コロナ以降、街で「お金をもらえませんか」という人に数人会って、そのたびに言われた以上のお金を渡すようにしている、と言ったら、言われたことがないと…。僕は言われやすいのかな。山手線でも隣に座ったおじさんに話しかけられ、そのままずっと話すってこともよくあるし。— 安田登 (@eutonie) July 28, 2020 うちも貧乏だったけれども玄関には小銭が置いてあり、乞食の人が来たら、それを渡していた。親がいない時には子...

  • 「助けて」という言葉

    我ながら、よくまあ「単純な話をここまでひっぱるな!」呆れそうになる冗長日記であるよ。ふうむ。と気になった、ひと様のツイートを載せて(無断でいいのだろうか、と、今更ながら思うけど…)7月下旬の日記を締めくくろう。「助けて」と言うのは相手に対する「祝福」の言葉なんです。だって「私はあなたがずっと存在し続けること、いつも他者を支援できるほどに強く豊かであることを心から願っています」というメッセージも同時...

  • 冠婚葬祭のループをほどいてゆく

    ・・・その他編(ほとんどグチです。長~い、ひたすらのグチ)ある日、「そういえばMさんのおばあさんが亡くなったって聞いたんだけど~」と母が言い、「それはいつのこと?誰に聞いたの?」と尋ねても、答えなし。事実確認をするために近所のヒトに聞きに行ったら、「今年初めにたしかに亡くなっている」と。香典帳を確認し、同額を包む。香典帳をめくっていたら、母が「うちのときは貰ってないからっ!(だから香典を出さなくて...

  • うつ、そして老親を泥道へ

    ・・・体調編フタしていたものが外れたかのように眠い眠い。(朝活のため起きるのがつらいし、昼の本格起床もつらい。元々どちらもつらかったのだが幾重にも輪をかけてつらい)そしてついに7月末、二、三日、寝込んでしまう。(それでもかろうじて母ちゃんの最低限の世話だけはする)ある日、本格起床が15時半になり、その晩は眠れんだろうと思ったのに普通に眠れて、なんと、翌日の21時まで眠り続けるという。(数回、トイレ...

  • もって生まれた力

    ・・・庭や畠編◎のべ何日かかったろう。晴の日も、小雨の日もがんばりました。椎の木の剪定、仕上がり間近。(あともうちょっと)この十年余、手をつけてもさいごまで自力で仕上げることができなかったのよね。大人になって手習い始めた楽器を初めて弾けたとかマラソン完走したとかヨガの難しいポーズできたとかえとせとら、想像するに、それに類する喜びかしら? 「じぇーーーーーーったい、自分で全部はムリ」と思っていた作業...

  • 並行世界など

    まとめて7月下旬日記。・・・社会編◎世間さまでは四連休とな。(GoToキャンペーン実行されるの、信じられん。わざわざ感染を広げるようなものじゃないの?市内では「流しそうめん」イベントがあったそうで「じか箸にて、同じ流れのそうめんを、皆ですくう」笑顔の写真を見てしまう。もしかしてコロナじゃない並行世界があるのかも)◎台湾の李登輝さんが亡くなられた。97歳ですって。偉大な政治家であるとともに教養人であり...

  • おちょこに薬

    7月21日(火)「主治医意見書のために受診せよ」の連絡を前からもっていたのと、(5月に受診しているからまだ書類上大丈夫じゃろと思っていたのだが、どうやら「継続して処方箋をもらっている状態」で、「最低でも三ヶ月に一度の受診が必要」らしい。介護保険上)最近、リハビリの所から「血圧高い」指摘を受けていることもあり、あー、仕方ない、と母と病院へ。(先月受診するつもりだった日に、付き添いであるおいらの体調が...

  • 味噌汁空中に舞う

    7月20日(月)最近、頭の指令が十分に手足まで届かない、といったら大げさなんだけど何かとモノを落としたり、ぶつけたりする。今夜も、お椀をもったところで手の力が抜けたのだったかまだ一口も口をつけていない味噌汁を勢いよくこぼしてしまい太もものみならずカーペットを広範囲に汚してしまった。(熱々でなかったのが幸い)。まあ、夏用のカーペットに交換するためのちょうどいいタイミングだったと思いましょう。(歩行器...

  • 草と蟹

    7月19日(日)午後、ひたすら畠の草むしり。(夢中になるというのとは違い、「ああいい加減にしておかないとカラダがもたん」とか「水分を取らなくちゃ」という考えはときどきちらつくのである。が、「せっかく動けるのだから今のうち少しでも活動しておきたい」の気持ちが勝るのだな。そして本日も気づけば、三時間もくもくと草を抜くヒトに)  蟹と遭遇。(文字通りの“蟹歩き”が可愛いかった。居場所を奪わないよう、あえて...

  • 三浦さん

    7月18日(土)昨夜は18時半には就寝。そして本日は昼まで寝ている。(朝活のほか、途中覚醒なんどかしているが) こんなによく寝たのはいつぶりだろう。今年初かもしれん。午後ラジオを聴いていたら三浦春馬さんの訃報が・・・。(数年前のドラマ『わたしを離さないで』で、彼の魅力に気づいたよ。最近は『世界はほしいモノにあふれてる』で俳優の枠を超えた顔も知りなんてチャーミングな才能あるヒトなんだろうと好感もって...

  • そして疲れた

    7月17日(金)その二帰りは予定していた帰りの汽車に乗りそびれ(次まで二時間近くある)、バスもこの時間帯はなくえええ~い、歩く。この歯医者は昔通った高校の近くのはずなのだけど高校時代でさえ、この距離を歩いたことなかったぞ。途中、スーパーに寄り、ちょうど持っていた袋一枚に収まるほどの買い物をして、地元まで戻ってきたところで知人にナスをもらい、なんとか、家にたどりつく。ああ、意識もうろう。*まさか、こ...

  • 先生がっかり(歯医者の日)

    7月17日(金)その一歯医者の日だよ。今日は雨が降らないようなので自転車で行ってもいいのだけれど、体力も気力も枯れ気味で、ペダルを漕ぐ元気なし。12時の予約に丁度いい汽車で行く。*前回約一時間かけて調整してもらったナイトガード、「一晩に頻繁に目が覚めるのですが、この数週間外れてないことがごくごく稀に数回あった(程度であり、せっかく手を入れてもらったのにやっぱり外れます)」と正直に申し上げたら先生は...

  • ものもらい(悪化?)

    7月16日(木)ものもらい、割と軽症で済んだな。。。このまま治っていくだろうと思っていたのに今朝起きると、症状悪化。痛~い。鏡を見ると、ギョッとするほど腫れている。(朝のゴミ出しで会った知人に「病院行ったほうがいい」と言われるほど。あああ)もう、体のあっち、こっち、そっちに不具合生じておりまする。(これを書いている7月26日現在、ものもらいはほぼ治ってきたが毎日夜になると、目に違和感が生じ、視界が...

  • ナゾの眠さ

    7月15日(水)久しぶりに雨のあがった日。きのう弔問できなかったため午前中、Aさん宅を訪問する。(同級生Mちゃんの実家でもある。Mちゃんはたまたまいなかったけど、お兄さんとお話する)なんともいえない気分。*どこぞのチャクラが開いたようなナゾの眠さ。眠い。眠い。(今まで経験したことのない感じの眠さ)現実逃避の眠さではなく脳を支配されているような・・・・一日中、もうれつ眠い。しいて言えば、薬物で「眠気...

  • Aさん家の明かり

    いつからかご近所の家の明かりが灯るのを安心している自分になっていたんだなーと思い知る。*うちの(畑をはさんだ)斜め向かい、一人暮らしのAさんの家の明かりが日が暮れてもつかなくて「あれっ?」と思ったのは月曜日。その後、窓の戸締りをしているときだったかAさん宅の電気が灯っているのを見てああ、お出かけしていたのか・・・と安心ししかし就寝準備のために二階に行ったときかなり遅い時間であったが、Aさん家がいつ...

  • 「受け入れられる」実感の大切さ

    受診から十日ほど過ぎてからこの日記を書いている。状況は変わらぬ日々なのに気持ちがラクになっているのはなぜ?(ラクになっているとは言いすぎか。好転している可能性を感じる、少なくともあの日以来「しんどくてかなわん」日がないと言うのが正確なところ)新たな処方薬を飲んでいる物理的作用もあるのだろうが医師に「受け入れられた」ことが一番大きいのじゃないかなと思っている。*「受け入れた」とは大げさかもしれない。...

  • 診断は「介護うつ」

    望んでいるとき扉は開かず無心のときに扉が開く のだなー。*これまでの経験から、「医者に頼っても仕方ない(どうにもならない)」の思いが強くあったのよね。あらたな病院を探さねばと思っていたなか睡眠の薬が尽き、「(通院を止めていた)S病院に行ってみようか」(S病院と映画館は近い)と前日あたりに思い立ちこのS病院で、(わたしの思い込みかもしれないが睡眠薬だけを貰いに来る患者ということで、あまりいい扱いを受...

  • 映画館。と涙腺崩壊。

    5月14日(火)映画『精神ゼロ』の上映が今週金曜までじゃ。あああ、今日行かねばな! というわけで久しぶりに映画館に足を運ぶ。(作品の感想は別途書こう)ちまちまと狭小化する一方のおいらの生活&内的世界であるが、たまに映画館で映画を観るって大事だなーと思った。無言でスクリーンと自分の世界に浸っていても自宅のブラウン管で鑑賞するのとは絶対的に違う何かがあるのだ。上映時間。公衆の席。圧倒的な音。誰かと作品...

  • 長雨続きです

    5月13日(月)なんにちお日様を拝んでいないのだろう。今日も雨。しかも、ざーざー降り。母がリハビリから帰宅して、ケアマネさんの定期訪問を受けたあとの早い夕方、隣のH子ちゃんからデンワがあって数件先のおじいさんが昨日亡くなったことを知らせてくれた。コロナ時代、家族葬を済ませてから新聞の訃報欄に載せることがこの地元では一般的になってきており(従来はだいたい亡くなった翌日朝刊に掲載する習わし)今回もその...

  • 行事とものもらいと朝顔と

    5月12日(日)朝6時からの、地域全世帯参加の草むしりに参加。(6時に到着したらすでに始まっていた)小雨でも決行なのであるよ。(前時代的な行事よね。と思うものの、そんな声は我の頭以外のどこからも聞こえてこない。それどころか他のみなさんは、婦人会とか敬老会などなどで別の週も朝5時台から草むしり参加されておりひゅるる~)雨は途中で止んだのだけど、ムシムシしてて汗をかいたよ。(毎度のことであるが、翌日行...

  • 老母との現状(20年梅雨)メモ

    先日、デイサービスの見学を当日キャンセルしてしまった。(1.ひどい雨の日。タクシーで行くつもりだったがそれでも移動するにはそれなりの労があろうし、ムリして大雨のなか出かけては外出先の印象がマイナスになりかねん。2.わたし自身の体調不良。3.母の(予約したときは「いいよ」と快諾していたのに、当日になり)拒否)ここは一般的なデイサービスとは違い(詳細省くが)市内で一番よかろう、もし自分が介護サービスを...

  • 老母とグレープフルーツ

    7月第二週の日記⑤11日(土)起きたら、トイレの湿度90%だった。(母のいる部屋は85%。いずれも窓を開けたりしたらだいぶ下がったけど)生理でカラダがしんどいが(お腹が重くて痛い。起きていられないほど)まる三日、野菜の収穫してないのでカラス被害が心配。昼前畠。ひぃ~、(若いころの生理痛はそんなに大したことなかったのにな。これは子宮筋腫のせいではないか?普段からチクチク痛いし、手術して取ってしまいた...

  • 門徒問題とアイス天国

    7月第二週の日記④10日(金)月命日の坊さんお参りを長らくお休みいただいており「今月こそは」と思っていたのだが、今朝起きたらどうにもこうにもカラダがアウトを叫んでおり(支度するのもしんどいが、なにより坊さん夫婦がいらしたら一時間ほどご接待せにゃならん)朝の7時半、断りの電話を入れて、二度寝なり。(お供えのお菓子を忘れてた~と、きのう、慌てて駅で土産用の菓子を買ったけど、賞味期限長いから来月にまわそ...

  • 街の濃度

    7月第二週の日記③9日(木)あれこれ用事がたまっているため昼から列車を乗り継ぎ金沢へ。インバウンドに閑古鳥が鳴いておった。(今年になって数回しか街に出ておらずいまだコロナ時代のこの街の様子に慣れない)目抜き通りは近年、ホテルの新規オープンが相次いで一階はカフェになっていることが多いのだが、どこもがら~んとしているし、当然ながら観光客らしき人はまったく見当たらず・・・。(ふだんの生活では、コロナ云々...

  • 憧れ的なお店へ

    7月第二週の日記②7日(火)北陸Uターンして初めて「行ってみたい」「(店主に)会ってみたい」と思ったお店に行ってみる。汽車を降りて、少し迷子。(駅から近すぎて、通り過ぎてしまった…)わたくしの数秒遅れでやってきたヒトが入店と同時に店主とおしゃべり(一方的な語らい?)を始め、しかもそれがパーソナル全開な内容だったため盗見聞きしているような心持ちになり落ち着かずさらららんっとお店を見渡して薄い冊子を一つ...

  • 7月第二週の日記①(梅雨の出来事)

    今年は、実に梅雨らしい梅雨。洗濯ものがカラっと乾かず、また寝具を複数洗うと干し場に困り、おいらは生まれて初めて「乾燥機付き洗濯機が欲しい」と思ったよ。なんて、のんきなことを書いているが命にかかわるほどの雨が降っている地域もあるとか。。。 地球の自然な現象なのだろうけど、つい無慈悲なことが起きているように思えてしまう。仮に人為的な温暖化や環境破壊がこの豪雨をもたらしているとして、その被害を受けるのは...

  • たまには、わざわざボヤく

    生きるって、それだけで大変なことよね、っとわざわざボヤキたくなるときがありませんか?(わたしはあります)ときに食事もメンドウだったりするのに(炊事する者は、作り、盛り付け、片づけ残ったらしかるべき方法で保存して、ああー)生きてるだけでカラダは新陳代謝を行っているので入浴したり、洗濯したり、そうそう、排泄も必需だし水回りは使うと同時に汚れていくので、それなりの頻度で掃除をしなければならん。そもそも使...

  • 人にはそれぞれ事情がある。ということ。

    人は自分の都合でしかモノを見れないし、話せない。上記のことを身に染みて感じる機会が増えているのはおいらも大人の階段を上ってる証拠?*若いころは「話の筋が理解できる」(理性の部分で辻褄合う)だけでそれを「知っている」と勘違いしていたが必ずしも、深いところの体験的な納得とは限らなかったんだよなー。*人にはそれぞれ事情があるのだから「自分の当たり前」を押し付けんな!と、被る立場になって初めて身に染みる。...

カテゴリー一覧
商用