searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

菜々さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

娘と犬と猫をこよなく愛するシングルマザー。DV離婚のADHD躁鬱持ち。でも元気。

ブログタイトル
DVされて離婚したら、生まれたばかりの娘を児童相談所に連れて行かれた話
ブログURL
https://maxpowergirl.hatenablog.com/
ブログ紹介文
DV旦那との結婚~娘と一緒に暮らせるまでの記録。ヘビーな話をライトに書いていきます。一番最初の記事を読むと諸々わかりやすいです。
更新頻度(1年)

9回 / 59日(平均1.1回/週)

ブログ村参加:2020/08/23

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、菜々さんの読者になりませんか?

ハンドル名
菜々さん
ブログタイトル
DVされて離婚したら、生まれたばかりの娘を児童相談所に連れて行かれた話
更新頻度
9回 / 59日(平均1.1回/週)
読者になる
DVされて離婚したら、生まれたばかりの娘を児童相談所に連れて行かれた話

菜々さんの新着記事

1件〜30件

  • お知らせ

    こんにちは。 菜々です。 最近更新ができてなくてすみません。 ここについて、近頃持病のほうが悪化してしまいましたので、少しだけブログお休みをいただくことにしました。 落ち着きましたら再開したいと思いますので、しばし待っていただけますと幸いです。 母子、犬猫みんな体は元気ですのでご心配なく!

  • 記憶のない半年間

    こんにちは。 菜々です。 前回、かわいがっていた猫を子どものためにすべて手放したことを書きました。 今回は実家から戻り、すぐに引っ越しをしたので、そのことを書いていきます。 引っ越しの理由ですが、大きく分けて二点です。 一つめは、生活保護によるもの。 二つ目は、児童相談所によるもの。 どっちも根本的な意味は一緒なのですが、一応分けました。 まず生活保護によるもの。 これは何かというと、以前書いたように、生活保護の時は家賃上限というものが決まっています。 この上限は、世帯員(一緒に住んでいる人の人数)によって変わります。 詳しくは下記記事で言及しています。 maxpowergirl.hatena…

  • ペットと我が子、どっちが大事?

    こんにちは。 菜々です。 まだ夏風邪が治りません。 熱とかはないのでコロナではないんですが、ずっと喉が枯れてる。 体、弱ー。 てなわけで、前回は退院の日のことを書きました。 今回は退院後、どんなことが起こったかを書いていきます。 退院してまず私は実家へ戻りました。 実家で暮らしていく気はありませんでしたが、産前戻っていて荷物もあったし、産後すぐの体で一人暮らしに戻ることに不安があったからです。 ただ引き取るためにはあまり実家でゆっくりもしていられなくて、私はすぐに動き始めました。 まず私がしたことは、飼っていた猫たちの里親探しです。 突然のことに驚かれた方もいるかと思います。 ただ、本当にこれ…

  • 私のために嘘をついた母

    こんにちは。 菜々です。 二日お休みしちゃっててすいません。 実家帰っていたのと、夏風邪、ひきました。 エアコンに弱くて結構すぐ喉やられちゃうんですよね。 というわけで、前回は児童相談所に退院の日、娘を引き取られることを書きました。 今回はではその退院の日のことを書きたいと思います。 その前に少しだけ記録がてら書いておくと、入院中、娘に一度黄疸が出ました。 「なにが原因というわけではないからお母さん気にしないでねー」と言われましたが、妊娠中私がストレス与えちゃったからかなとか考えざるを得ませんでした。 まあ結果から言うとたいしたことはなくて、今やその痕跡もありません。 ただ、この黄疸が出たこと…

  • 無駄になってしまった我が子のための服

    こんにちは。 菜々です。 前回、私が娘を育てたいと言ったあとの元旦那の反応について書きました。 今回は、ブログ後半のメインともなる、児童相談所とのやりとりについて書いていきます。 まず、出産後、入院中にいろんな人に育てるか育てまいか相談していた私。 同じ病院内の精神科の先生や、LINEで友人、また訪問に来てくれた保健師さんにも散々悩んでいることを話していました。 そこからようやく「育てたい」となったところまで以前の記事で書きまして、そこから先、それを児童相談所に伝えたらどうなったかを書いていきます。 まず、結果から言うと、「どちらにせよ一緒には帰れない」と言われました。 その理由は以下記事でも…

  • 元旦那が娘に唯一したこと

    こんにちは。 菜々です。 昨日の記事にて、多くの方からお祝いをいただきました。 ありがとうございます。 ブログはむしろ佳境に入り、ここからまた続いていきますので、ぜひよろしくお願いします。 さて、前回は元旦那から慰謝料と養育費をもらえなくなったところまでお話しました。 今回はそれに対しての元旦那の反応を書いていこうと思います。 まず、協議離婚の条項にあった「養子に出す」を破ってしまうため、代わりにもらう予定だった50万円の慰謝料はいらないと言いました。 養育費に関しても、もらわないと約束していた上、そもそもそういうものを律儀に払ってくれるような人でもなかったので、もらわないこととしました。 こ…

  • 【ご報告】

    こんにちは。 菜々です。 本日ご報告のため、本編とは時系列など関係ないです。 あと短いです。 ご報告というのは、本日無事、半年の保護を経て娘が我が家に帰ってきました。 まだ一応正式な引き取りではなく措置停止なんですが。 このまま問題がなければ、10月に正式な引き取りです。 とはいえ、短期の外泊でもなく、これから毎日当たり前に娘と過ごせるということ。 本当に嬉しい。 このまま再度の保護などないよう、頑張って暮らしていこうと思います。 いやそもそも私が悪いことしたわけじゃないんですけどね、最初から……。 というわけで、本日はご報告までに。 引き取りでかなりバタバタしてしまって疲れきっているので、本…

  • 私が元旦那から一銭ももらわず離婚したわけ

    こんにちは。 菜々です。 冷房で最近喉が枯れがちです。 ゲームしてて「ギャー!!!!!」とか言いまくってるせいもあるかも。 てなわけで、前回、子どもを育てる決意ができたところまで書きました。 今日はそこから、周りがそれに対してどう反応したかを書いていきます。 なお、ここから先はかなりヘビーな話が続きます。 いやこれまでもヘビーだったろと言われればそれまでですけども。 なんというか、にっちもさっちもいかない事情が続いていきます。 ここまで読んでくださった方で「大変だったね」と何人かからお声をいただきまして、それは大変ありがたいのですが、一番つらかったのはむしろここからでした。 このブログタイトル…

  • 私なんかが子どもを育てたいのはエゴイズム?

    こんにちは。 菜々です。 前回、だいぶヘビーな私の心中の話をしました。 今日はその続きです。 続きなんですが、おさらいというか改めての話ですが。 産前産後、私は自分が子どもを育てたいと思うのは自分のエゴイズムだと思っていました。 お金の面でもそうだし、つらいからといって妊婦健診に行けなかったりと子どもを常に100%で思えなかった私に、育てる権利なんかない。 特に、妊婦健診に行かなかった頃、母や看護師さんから言われた「あなただってつらいかもしれないけど、赤ちゃんのことは心配じゃないの?」っていう言葉。 もちろんそのとおりです。 私にどんな事情があれ、子どもをむげに扱ってはいけない。 重々承知だし…

  • 我が子を捨てて、人生をやり直すかどうか

    こんにちは。 菜々です。 二日連続お休みしちゃってすいません。 いろいろバタバタしてて更新の隙がなかったです……。 さて、前回ついに出産を終えました。 そこから私がどう思い、何をしたかを今回書いていこうかと思います。 早速ですが、正直に言うと、産んだあとの我が子の面倒を見る気は当初ありませんでした。 これに関しては、面倒を見たくないというわけではなく、前回書いたとおりそれにより愛着が湧くのがつらかったからです。 養子に出す、というより、子どもの幸せだけを考えるなら「養子に出さなければいけない」になっていたんですよね。当時の私の頭では。 胎動を感じたり、検診で元気に育っていると聞かされると、もち…

  • 我が子を産んだ日

    こんにちは。 菜々です。 さて、前回ついに離婚届を出したところまで書きました。 ついに出産編です。 出産についてですが、その前にまず私は懺悔をしなければいけません。 前回、養子に出すことを決めたと書きましたが、それを決めて以来、私はまともに妊婦健診に行かなくなっていました。 これに関しては言い訳のしようもないです。子どもに対して、本当に申し訳ない。 なぜかというと、養子に出すと決めた瞬間、我が子が育っていくのを見るのがつらくなってしまったんです。 健康に産んであげたいと思う反面、どれだけ気を遣って慈しんでももうこの子は私の子ではなくなってしまうんだ、と思うと、検診で育っていく経過を聞かされるの…

  • 児童相談所に、養子に出したいと話した日

    こんにちは。 菜々です。 前回、別居中ついに離婚を決意したことを書きました。 今回は、そこから実際に離婚するまでを書いていきたいと思います。 まず、離婚を決めた私は、自らで弁護士さんを雇おうとしました。 ですがここで一悶着あり、実際には私は弁護士さんにお願いせず離婚する運びとなりました。 ここの一悶着について説明したいところではありますが、私の生い立ちとかに関わってきてかなり主旨からずれちゃうので、ここでは省かせてもらいます……。 すごく簡単に言うと、もうとっくに離婚していてなんなら破産している私の父が出しゃばってきたためです。 実の父が離婚の邪魔をしてくるという謎状況ですが、私の人生そういう…

  • 私がついに離婚を決めた、元旦那の衝撃の一言

    こんにちは。 菜々です。 最近ちょこちょこお休みしちゃっててすいません。 いろいろバタバタしてるのと暑さとかで死んでます。 というわけで、前回ついに別居を始めたことを書きました。 とはいっても、正直、喧嘩をしたあと毎回元旦那は実家に帰っていたので、一ヶ月くらい戻ってこなかったりとかはあったんですけどね。 別居というより、まあ、「とりあえず数日はお互い離れて頭を冷やして」ってことで警察により私たちは別々の家に帰りました。 そこで家の惨状を見てほとほと腹立つわけですが……。(前回記事参照) それから数日、LINEとかで元旦那と連絡を取ったりはしていましたが、このまま結婚を続けていくという雰囲気は正…

  • 妊娠八ヶ月、別居に至った喧嘩

    こんにちは。 菜々です。 前回、妊娠中どんどんモラハラの加速していった元旦那について書きました。 今回はそこから別居に至るまでを書いていこうと思います。 妊娠後期に入ってくるにつれ、体の不調はもちろん増えていきました。 ですがそれと反比例するかのように、夫婦仲は再び悪化していきます。 妊婦が猫のトイレの世話をするのはなるべく避けるよう言われています。 それを元旦那にも伝えていました。 でも代わりにやってくれたのは、たったの数回のことです。 煙草もまったくやめられていないし、それどころか喧嘩のたび「お前のためにわざわざ外で煙草吸ってやってる」というようなことさえ言われました。 (私のためではなく…

  • 帰ってきても、私の顔を見てくれない元旦那

    こんにちは。 菜々です。 ようやく夏風邪が治ってきたと思ったら、軽い熱中症になりました。 次から次へと虚弱。 というわけで、前回は郊外での二度目の引っ越しについて書きました。 今回は、妊娠中のことをまとめて書いていこうと思います。 生活保護の事情により、同じ市内の中、引っ越した私たち。(詳しくは前回記事をごらんください) 前回にも書いたとおり、元旦那はこの頃出張が多くて、あまり家にいない日が続きました。 それでも私は妊娠したことが嬉しかったし、毎回の検診が楽しみでしょうがなかった。 少しずつ育っていく赤ちゃんのエコーを見るのが、つらいつわりや不調の出てくる体調の中、毎日の楽しみでした。 ただこ…

  • DVモラハラを受けてしまう人が高い能力

    こんにちは。 菜々です。 今回から、妊娠期の話に入っていきます。 引っ越してすぐ妊娠がわかり、職につけなくなってしまった私。 ちょうどつわりの時期が真夏にぶつかったこともあり、この頃の体調は最悪でした。 それでも元旦那は出張に出てしまうことが多く、私は家で一人、犬と猫と世話をしなければいけない状態。 妊娠がわかった最初こそ優しかった元旦那ですが、この頃から再びほころびは生じていきます。 と、その前に生活環境の変化を先にお話しておくと、郊外へ引っ越してすぐの私たちですが、この時また引っ越さなくてはいけませんでした。 その理由は、生活保護に入ったことによります。 以前の記事で書いたのですが、(詳し…

  • 引っ越し直後の妊娠発覚

    こんにちは。 菜々です。 最近なんかまたどんどん体が弱くなってる気がします。 アレルギーもひどく出てるし、お酒も最近すぐ二日酔いとかにくるし。 まだ二十代前半なのに……。悲しい。 というわけで、前回、郊外に引っ越し生活保護に入ったということを書きました。 生活保護については前回死ぬほど書いたので、気になる方はそちらを見てみてくださいね。 で、家業を手伝っていたので、実家を飛び出してきたと同時に自動的に職もなくした元旦那の再就職の話です。 郊外へ引っ越して一ヶ月くらいした頃ですかね、家の何個か隣の駅で仕事を見つけました。 見つけたというか、私が探して電話させたんですけど。 ほんとに甘ちゃんな上人…

  • 生活保護を抜け出せない本当の理由

    こんにちは。 菜々です。 最近の不調、夏風邪というか、アレルギー体質の悪化な気がしてきました。 家の外に出たら鼻水とかくしゃみ、そうでもなかった。 というわけで、前回、家出してきた元旦那と郊外に移り住んだ話を書きました。 今回はその郊外で、どのように生活をリスタートしていったかを書いていこうと思います。 ただ、今回は友人にもよく訊かれる、生活保護についてをメインに書かせてください。 ちなみに郊外とぼかしているのは身バレ防止のためです。 なんとなく、都内近郊とでも思っておいてください。 まず、都内から郊外へ引っ越した私たちは、生活保護の申請をしました。 というのも、この頃あまりにお金がどうにもな…

  • 家出してきた元旦那 ※成人男性

    こんにちは。 菜々です。 夏風邪というか、なんか花粉症みたいな症状が出てきました。 くしゃみとか鼻水とか。 熱とか倦怠感とか咳はないので、新型ウイルスではないと思いますが。 というわけで、前回はNくん事件について書きました。 今日はそんなことがありつつ、前科も元旦那につきつつ、そこからどう生活が持ち直し妊娠出産に至ったのかを書いていきます。 前回、出所してきた元旦那と話し合いの場を持つため、家庭裁判所に円満調停を申し立てたことをお話しました。 申し立てられたことを通知する書類が元旦那の実家にも届き、私が調停を申し立てたことが向こうの知るところとなります。 そこからどう動いたのか、ですが。 ここ…

  • お題記事「夏うた」

    今週のお題「夏うた」 こんにちは。 菜々です。 今日の記事はもう上げたんですが、お題機能使ったことなかったなぁと思ったのでこの機会に少し。 夏うたというか、歌についてなんですが、歌ってすごい当時の思い出とか付随して覚えちゃいません? だからなんというか、その歌自体に罪はないのに、別れた人のことを思い出すからもう聴けない曲とかあったりする。 私も、元旦那とはわりと聴く曲の方向性が似ていたので、離婚したてはまあまあ聴けない曲が多かったです。あーこれ一緒にカラオケで歌ったなぁみたいな。 今はもうまったく全然これっぽっちも大丈夫なんですけど。 夏うたというか私がずっと好きなアーティストで、元旦那ともま…

  • 一度きりの不貞で、離婚できる?

    こんにちは。 菜々です。 昨日更新できてなくてすいません。 気温差に弱いので、今年もがっつり夏風邪ひきました。 鼻水がすごい。 というわけで、前回は元旦那に前科がついた話を書きました。 今回は、そこからどのように結婚生活が続いたのかを書いていきます。 ただ、その前に私のとある疑惑についてを書かなければいけません。 それは何かというと、不貞疑惑事件です。 徐々に話を進めましょう。 とりあえず、元旦那は20日くらい留置場で過ごし、30万円の罰金を払ってようやく出てきました。 もちろん留置場にぶち込んだ本人とぶち込まれた本人ですから、出てきてすぐ生活を共にしたわけではなく、元旦那は実家に戻ってました…

  • 前科のついた元旦那

    こんにちは。 菜々です。 すっかり暑くなりましたね。 でも今年は海開きも花火もないので、特にいいとこなしの夏です。悲しい。 というわけで、前回は、元旦事件のその後について書きました。 今回はそこから飛んで、二度目の被害届を出した時の話をします。 結論から言いますと、この二度目の被害届により、元旦那は傷害罪として前科がつきました。 元旦事件から三、四か月経った春先のことです。 この日も、喧嘩の原因はもう覚えてません。 でも確か、この直前に起きた喧嘩か何かで私が病院に行くのでついてこいみたいなことだった気もします。 自分のしたこととして責任を取らせたかったので、病院までちゃんとついてくるよう言った…

  • 義母に私の母を罵られた話

    こんにちは。 菜々です。 今日、めっちゃ暑いですね。 急に梅雨明けてびっくりした。 というわけで、前回は初めて被害届を出した時のことを書きました。 年明け早々なかなかでしょう。ふふふ。 で、二回目被害届を出した時の話をすると書いたんですけど、その前に大事なことを書くのを忘れていました。すいません。 この元旦を境に、私の母と義母が決定的に決裂したという話。 また義母の話かよと思われた方はすいません。 でも世の中、毒義母に悩んでる方も多いと思うので……たぶん……。 まず、少し前に義両親について書いたんですが、その時少し触れた「初めてのDVのあとに初めて両家族揃って話をした」ということ。 こんな嫌な…

  • 一度目の被害届を出した、元旦

    こんにちは。 菜々です。 前回、初めてDVを受けた時のことを書きました。 ぶっちゃけ書いてても見ててもあんまりいい気分にはならない話だと思うので、ここからは少しスピーディに進めたいと思います。 そんなこんなで、喧嘩とDVが繰り返され始めた結婚生活。 それでも私は彼のことが好きだったし、実家に帰っては戻ってくる元旦那を毎回受け入れていました。 ただ、衝撃的だったのが、1月1日にぶん殴られた時のこと。 前日の大晦日まで普通に仲良くしてて、一緒にテレビ見ながらお雑煮とかも食べてて、このまま穏やかに年が越せるなぁと思っていた矢先です。 しかも結婚生活中、一番ひどい暴力でした。 この喧嘩の原因なんですが…

  • 最初のDV

    こんにちは。 菜々です。 昨日すごいばたばたしてて更新できなかったです。 すいません。 さて、前回と前々回で、旦那の性格と義両親への愚痴を書いていきました。 今日は時間軸を戻して、妊娠前までの生活を書いていきます。 以前書いたとおり、結婚してすぐ元旦那が働かなくなりました。 そして当然、それを原因に喧嘩が起き始めます。 でもすぐにDVが起きたわけではなくて、最初は口喧嘩でした。 それでもかなり強い言葉は言われていた気がしますが。 元旦那って、そもそもがゲーマーで、怒ると口が悪いんですよね。 すぐ「うわ死ね」とか「カスじゃん」とか言う。オンラインゲーマーに多いです、こういう言葉遣い。 (ゲームの…

  • 深夜二時、PS4を持ってママと共に実家に帰る元旦那

    こんにちは。 菜々です。 前回、DV元旦那が重度の両親依存であったことを書きました。 今回は、義両親について、少しだけ掘り下げて書ければと思います。 延いては元旦那の特徴、離婚に至った理由にも繋がります。 いろいろと言いたいところではあるんですが、まず時系列でいきましょう。 私と義母が初めて会ったのは、結婚直後。 え?って思う方、いたと思います。 そうです、結婚前、私は義両親に会っていませんでした。 ていうか、義父に関しては、結婚が決まったあともしばらくするまで会ってません。 言い訳をします。 私が避けていたわけではないんです。 元旦那が、会わせなかった。 一応私も結婚前言ったんですよ。 挨拶…

  • DVから逃げられない方程式

    こんにちは。 菜々です。 今日も今日とて、ヘビーな話をライトに書いていきます。 前回結婚したてですぐに仕事に行かなくなった元旦那の話を書きました。 その理由が責任転嫁かつ甘ったれであることも。 今回はなんで彼がそうなったのか、私なりの考察を書いていこうと思います。 これから書くものに当てはまる男がいたら、それはうちの元旦那に似たDVモラハラとかの可能性があるので気をつけてください。 ていうかもう、特徴というか、ぶっちゃけDVよりモラハラより直接の離婚原因だったかもしれないやつ。 無自覚ドマザコンでした。 今判明してるだけでも、DVでモラハラでほぼ無職でマザコンっていう、改めて書いてるとロイヤル…

  • 結婚一ヶ月、仕事に行かなくなった元旦那

    こんにちは。 菜々です。 さて、前回、付き合って一ヶ月で結婚したってところまで書きました。 あ、ちなみに前回書き損ねていたんですが、一ヶ月でどう結婚したの?ってところ。 簡単です。 プロポーズ? されてません。 普通にただ、「結婚して!!!!」って喚いてたら「べつにいいよ」って言われたので、籍入れました。 以上です。 ただ、ですね。 前回の最後に書いたとおり、このときすでに問題は起きてました。 一ヶ月でポンと結婚するような私たちですから、計画性なんてものはもちろんなく、結婚資金がどうとかそんなこともなんも考えてなかったわけです。 ていうか、付き合ったその段階で、一人暮らしをしている私のマンショ…

  • 元旦那と結婚に至るまで

    こんにちは。 菜々です。 毎日更新とかいってすでにちょっと過ぎちゃいました。 ごめんなさい。 というわけで、前回DVモラハラについて結婚前とかは全然気づけなかったって話の続きです。 そんな隠れDVモラハラ夫とどう結婚に至ったのか。 まず、元旦那とは高校の同級生でした。 でも当時はそんなに仲良くなかったです。 というより、うちの高校ちょっと特殊で、一学年が30人くらいしかいなくて、クラス分けみたいなものがなかったんです。 学生時代って自然と仲いいグループができてくると思うんですけど、ここまで少人数だと、もう仲良しグループというよりは「派閥」になってくるんですよ。 で、どことどこが付き合って別れた…

  • DVに気づけない理由とその対策

    こんにちは。 菜々です。 なるべく毎日一記事更新でがんばっていきたいです。 というわけで、今日は、一番最初の、DV旦那となぜ結婚したかというところ。 これ、本当に友達とかにもよく訊かれるんですよね。 いろいろ愚痴みたいなものを言うと、かなりの確率で、「いやほんと、なんで結婚しちゃったの?」って。 すごい端的に結論から言うと。 DVとかモラハラって、結婚前までわからない可能性のが高い。 なぜかって言うと、DVとかモラハラするようなやつって見栄っ張りなことが多いから、他人とか友人にはすこぶる優しかったりする。(これはとんでもなく持論です) 多少無茶な仕事とか頼み事でも引き受けたり、自分にお金の余裕…

カテゴリー一覧
商用