searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

anko-no-nikkiさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
anko-no-nikki
ブログURL
https://anko-no-nikki.com/
ブログ紹介文
元小学校教員が、小学生の娘を育てたら、、、。たまに、15年勤めた教員生活思い出す。
ブログ村参加
2020/08/22
本日のランキング(IN)
フォロー

anko-no-nikkiさんの新着記事

1件〜100件

  • 箱根駅伝で感動した話☆

    母校が 箱根駅伝に出る! ということだけで、 こんなに 興奮するものだろうか と、 自分でも驚くほど お正月は 箱根駅伝の 中継に 夢中になった。 結果は、 シード権獲得で、 大満足!! だって、 来年も 確実に 応援できるから。 どの学校の 選手も 選手のサポートも 応援も さわやかで 真剣で なんだか 美しい。 今回、 そんなキラキラな 1人の選手と ご縁があったことが わかり 感動した。 新人歌手が 売れっ子になると 親戚が増える、 というやつに 似ているから、 友達に自慢できないけど、 代わりに ここで 自慢させてもらおう っと。 9区を走った 選手、 私が勤務していた 小学校出身だっ…

  • つながっていたいね♪

    朝の会話。 おもちちゃん(小3娘)からの クイズ。 「今日、 私は、少し緊張しています。 なぜでしょうか?」 「今日は、 書き初め大会があるから!」 即答する私。 偶然、行事予定表を 見ていたから、 答えられた。 おもちちゃんの父、 あまりに即答で しかも正解だったから、 「すごーい!」 と素直に驚く。 おもちちゃん、 なぜか どや顔で、 「そりゃそうだよ!」 って。 「だって、 私と母は、 へその緒でつながっていたんだから!!!」 って。 いやいやいや、 そんな深い理由があるかしら? この質問に。。。 突然、 深すぎること言い出す、 おもちちゃんに、 驚く 私たち。 笑顔で、 私を見る おも…

  • クリスマスプレゼントのレゴで最初に作ったものは、、、

    サンタクロースさんは、 今年で来るのは最後。 手紙に書かれた 英語の文章を 訳してもらった おもちちゃん(小3娘)。 凹む。 途中までは よかったのに、 「最後」 とは、 どういうことなんだ って、 怒る。 「あなたが成長してきたから、、、」 「私を信じてくれてありがとう」 「来年からは、お父さん、お母さんと プレゼントを選んで、、、」 どの言葉も ささらなかったらしい。 とはいえ、 マリオのレゴも 自由に遊べるレゴも 今は夢中になって 遊んでる。 マリオのレゴは ネットにつないで 説明画像が 流れ、 マリオが 何かに反応して 顔の表情を変えたり、 メダル?を獲得したりする。 現代のおもちゃに…

  • 北海道が大好き☆〜冬の富良野もいいのよ編

    オミクロン株が来る前に、 すべりこむように、 行けた、北海道!!! 札幌の従姉妹家族にも 2年半ぶりに会えて、 幸せなクリスマスを 過ごすことができた。 今までで一番の クリスマスだった! ずっと雪遊びをしたかった おもちちゃんも それは、それは 満足そうで、 何時間も 宿の外で 雪だるまや かまくらを 作ったり、 雪合戦したり、 おもいっきり倒れてみたり、、、 笑顔いっぱいだった。 富良野の雪は、 本当に、 「粉」雪。 さらさらすぎて、 雪だるまやかまくらは とても作りにくい。 雪合戦も 雪玉は作れないから、 粉のまま 投げる。 スキーをすると、 片栗粉を踏んでいるみたいな キュッキュと 音…

  • 冬の読書☆〜話題の本を読んで。

    話題の本を、 借りることができたので、 一気に読んだ。 「人は話し方が9割」 永松茂久 この本、 とても読みやすかったぁ。 読みながら、 自分の失敗も、 思い出した。 毎日ヘトヘトの状況で 週の半ばに行われる、 職員会議。 とにかく、 早く終わってほしいと、 会議にのぞむ。 そんな中で、 教員歴まだ10年未満の私が、 ベテランの先生の案件に 対して、 物を申した。 ただただ、 会議が早く終わってほしいから、 発言した。 自分が意見したことで、 たぶん、 その案件はまとまった。 だが、 会議が終わってから、 校長からの 呼び出し、、、。 「先ほどの会議での あなたの意見は、 正しかった。 それで…

  • 育児日記☆「そうきたかぁ〜」と思ったこと。

    車にDVDで映画を見れることなんて、 知らなかったから、 遠出して、 暇になったら、 だいたい 「しりとり」をする。 最近は、 テーマとか、 字数とかを決めたりして、 レベルアップ。 おもちちゃん(娘:小3)は、 お風呂でも、 たまに、 しりとりを しかけてくる。 3文字しりとりがお気に入りの おもちちゃん。 がんも→ もんぺ→ →ぺ、ぺ、ぺ、 少し悩んだおもちちゃん、 「ぺ〜んだぁ〜」 (流暢な英語風。) そうきたか!!! でも、 やっぱり、 ペンダじゃだめよ、 パンダだもん。 珍しく、 機嫌がいい朝、 歯磨きしながら、 裏声なんて使って、 歌ってる、おもちちゃん。 ん? 洋楽? それって、…

  • サンタクロース問題。

    私が小さい頃は、 サンタクロースが 来なかった。 信じる、 信じないの会話には、 そもそも、 入れなかった。 せめて、 我が娘には、 夢をもってもらいたいから、 サンタクロースさんが 来て欲しいと 思って、、、。 毎年、 サンタさんからの プレゼントを 喜んでもらっていた おもちちゃん(娘)。 12月初めに、 サンタさんに手紙を書いて、 父に渡して、 父は、サンタさん用の ポストに入れる という、 うちのルール。 今年は、 秋ごろから、 サンタクロース問題で、 話し合いが 盛んになって。 おもちちゃん、 小学3年生。 ニュースも毎晩 一緒に見て、 世の中のこと、 少しずつ知って。 友達とも、 …

  • おもちちゃんの宴会芸♪

    久しぶりの旅行、 久しぶりに大家族で 旅館に宿泊。 貸切ではないけど、 個室で夕食を いただけるとのことだったが、 もう1組のお客様方とは 夕飯の時間がずれたために、 舞台がついている 大きな部屋で お食事することになった。 旅館のお食事、 バイキングではないやつ、 久しぶりで、 それだけでテンションがあがる。 お酒もすすむ、、、。 そして、 暇をもてあます、 おもちちゃん(小3娘)。 姪っ子(小6)は、 おもちちゃんと仲良くしてくれるけど、 最近は、 すっかり大人っぽくなって、 おもちちゃんのおふざけには あまり付き合わない。 そこで、 おもちちゃんは、 甥っ子(年長)を 弟子につかまえて、…

  • おもちちゃん(娘)のファン♪〜かわいいお隣さん編

    おもちちゃん(小3)は、 夏に行った、 岐阜県にあるストーンミュージアムで さらに石にハマった。 うちの庭にある石、 近所の公園の石、 河原で拾ってきた石たちを、 かなづちで、 たたき割って、 中身をチェックするという マニアックな 遊びを1人で していた おもちちゃんに、 優しいお隣さん(2児のお母さん)は 声をかけてくれて、 割った石のコレクションに 感動してくださった。 次の日曜日は、 石をたたきわる遊びは やめて、 公園のブランコで 遊んでいたらしく、 (私は仕事で不在。) お隣さんの親子と 楽しく遊んだと。 ちょっと個性的な 遊びをしている おもちちゃんに 臆することなく、 お隣さん…

  • 赤ちゃんセラピー♪〜甥っ子に癒される。

    小学校の教員になってから、 「こどもが好きなんだよね?」 という決めつけるような 質問をよくされた。 いや、 好きとか嫌いとかの 次元で仕事してないわ〜 どちらかといえば、 休日は静かな方がいいし、 マナーの悪い子どもたちが レストランにいたら、 ちょっと 腹がたつくらい。 「こども好きだから、 赤ちゃんも好きでしょ?」 的な質問も、 妊婦になってよく言われた。 いやいや、 子ども相手の仕事とはいえ、 赤ちゃんとは違いますし、、、 なんなら、 赤ちゃんが来店している レストランでは、 お母さんがせわしなく ご飯食べていて、 それを見ると こっちも そわそわして、 かわいいとか、かわいくないとか…

  • 遠足が楽しみすぎた娘の話。

    コロナになって、 学校行事が この2年、 いくつ中止されてしまったか。 いくつ縮小になったか。 こんなことが 起きるまで、 現職で小学校にいるときには ここまで 行事が 子どもたちの心を 左右するなんて、 保護者の心を 揺らがせるなんて、 正直 想像もできなかった。 感染防止に 最善を尽くしながら、 様々な行事を 中止でなく 実行できるよう 努力してくださっている 先生方に 心から 感謝です。 去年は おもちちゃん(小3:娘)が 楽しみにしていた 遠足は なし。 今年、 秋に、 ふってわいたように 遠足日程が 決定。 行き先は、 従姉妹とよくいく 大きな公園。 行ったことある場所なのに、 びっ…

  • マツコ会議のファン♪

    何がきっかけだったか 忘れたけど、 日本テレビの 「マツコ会議」が 大好き。 マツコさんのコメントは とても気持ちがいい。 マツコさんの反応は とても自然体。 マツコさんの 優しさ、 心の大きさが 出ている気がする。 一般人が相手でも、 一流芸能人が相手でも、 基本的な「聴く」姿勢に ちょっとも ブレがない。 楽しく会話をしながら、 きちんと核心に迫る。 いろいろな世界が あるんだと 学べる上に、 成功する人の 何がポイントだったかを ちゃんと 引き出してくれる マツコさん。 とっても賢い人。 とっても優しい人。 私も、 何かでブレイクして、 「マツコ会議」に 出演して、 マツコさんと おしゃ…

  • 副反応が怖かった、ワクチン2回目。結果的には、、、

    注射が怖い、私。 コロナワクチン2回目接種、 無事に終えましたのご報告。 当日。 会場は1回目と 同じだけど、 打つ医者が違って、 今回の方が痛くなかった。 よかったぁ〜。 夕方あたり。 1回目の接種後と 同じように左腕が 重くなる。 一応、ロキソニンを飲む。 夜中。 腕が痛くて寝がえりうてず、、、 薬がきれたのね。 2日目の朝。 左腕は痛くて、 使えないから、 トイレで、 パンツをおろすのに 時間がかかる。 おばぁちゃんになると こんな感じなのかな。 朝ごはんの後、 速攻でロキソニンを 飲む。 平熱。 夕方も平熱。 熱が出るだろうと、 予定をあけていたため、 おもちちゃん(娘:小3)が 好き…

  • 忘れられない運動会☆〜娘、大粒の涙。

    昨日、 おもちちゃん(娘:小3)の運動会が 終わった。 今年も、保護者の参加はなしで、 残念だったけど、 今年は、生中継で見られるように 学校がしてくれて、 涼しい家で、 応援できて、 ありがたかったぁ〜 顔もよく見えて、 もはや、テレビ観戦!! 思った以上に迫力あって、 興奮したのでした。 徒競走、 中玉運び、 リレー、 全ての競技に ちゃんと参加できて ホッとした。 なんせ、 つい2、3ヶ月前まで、 運動どころではない 状況だったからね。 anko-no-nikki.com 今年の運動会、 数日前、 リレー選手になった おもちちゃんは、 1年生のときのリレーで、 第1走者に選ばれたのに、 …

  • 娘の大好きな「嵐」のメンバーが結婚して〜反応が意外。

    びっくり!!! みんな、きっと、 びっくり!!! おもちちゃん(娘:小3)が、 小学生になってから、 急に「嵐」が好きになって、 「嵐」が出演する番組を 見ては、 今日は、○○くんのここが よかったと、 嬉しそうに話す。 おもちちゃんの 母も父も 「芸能」という分野に うといが、 大晦日の嵐のライブは 申し込んであげて、 家族で楽しんだ。 ↑ 古いか? 解散した後も、 「嵐」のメンバーへの 愛は変わらない おもちちゃん。 あ〜 おもちちゃんに 伝えるべきか、、、 よりによって 2人も 結婚かぁ。。。 私としは、 このニュースは 嬉しいし、 祝福できること。 今まで、 プライベートな時間なんて …

  • 備えあれば憂いなし?!〜サザエさん編

    9月1日 防災の日 とは、 あまり関係のないような 話。 仕事がお休みだから、 郵便局で友達にプレゼントを 送って、 そのまま、お昼ご飯に 美味しい定食屋さんの おそうざいを買って、 隣の八百屋で お野菜買って、 帰宅!! の予定だった。 郵便局に入って、 レターパックをお願いして、 「520円です。」 と告げられ、 異変に気付く。 ん? ん?? いつものカバン、 いつもどおり 重いけど、 あれが 見つからない、、、。 ぎゃーーー!!! 本当にないの。 こんなことあるの? 「財布を忘れた、サザエさん。」 信じられないわぁ。 どうする、私。 ふと、 一度真っ白になった頭に よぎる記憶。 カードケ…

  • まだまだ、かわいい「言い間違え」

    机が「くつえ」、 テレビが「テビレ」、 クロネコヤマトが「ヤマネコクロコ」、 思い出しきれないけど、 小さいころは ほんとにたくさんの 言い間違えをしていた おもちちゃん(小3:娘) 小学生になったら、 人間ぽくなって、 「怪獣」とは もう呼べないくらい 落ち着いて。 気づいたら、 正しい言葉を 話せるように なっちゃった。 それでも、 最近、 あったんだ。 間違え。 仕事で疲れた日の夜、 いろいろな経緯で、 おもちちゃんが 私に 読み聞かせ。 大好き「100かいだてのいえ」 シリーズの、 「空」バージョン。 「そこは、一面、 雪しげき」 「雪しげき?」 眠くてもわかった、 違和感。 派手な作…

  • この夏「メルカリ」に挑戦!!

    このブログを始めたのは、 1年半前、 それまで、 「ブログ」というものを 読んだこともなかった。 今年になって、 「インスタ」も始めた。 それまで、 見たこともなかった。 そして、 この夏、 「メルカリ」アプリを 携帯に入れて、 たった8件だけど、 物を手放すことができた。 結婚したときに実家を 出たのだが、 仕事がハードすぎて、 全然片付けられず、 10年を超えて、、、 やっと、 片付けにいくことができた。 なんやかんやで、 ゴミの重量350キロ!!! いやいやいや、 私のものだけではない。 だが、半端ない量。 本が重かったかな。。。 その中で 数冊だけ、 なんとなく 捨てるのがもったいない…

  • 奇跡の夏〜甥っ子誕生☆

    おもちちゃん(小3の娘) ずっと、 妹か弟、 ほしかったんだよね。 だけど、 母の体の事情で おもちちゃんは、 一人っ子。 母のあんこを気遣って、 おもちちゃんは、 表に出して、 「赤ちゃんがほしい」って、 言ってこなかった。 はっきり 「一人っ子」 が決定した日、 おもちちゃんには きちんと説明をした。 それから、 2年後、 晩婚で高齢出産となった 私の妹が、 8月、 かわいい、かわいい 男の子を出産!!! 妹も、 私に似て、 なかなか体が弱く、 出産まで、 本当に緊張していた、 私が。 その心配をとっぱらうように、 最速、 病院に着いて 4分で 生まれた! と。 もう、 泣けたーーーーー😭…

  • この夏に触れた優しい風〜♪

    半そで、短パン、ビーサン、キャップを かぶった若い男の子、 背中が90度に曲がった おばぁちゃんを連れて、 駅前のバス停にやってきた。 ほぉ〜 おばぁちゃんとお出かけしたのかなぁ〜 バスが来て、何人かが、 おばぁちゃんを先に乗せようと、 順番をゆずってくれて、 若者が代わりにお礼を言って、、、 そして、 若者は、おばぁちゃんに一礼して、 駅の方へ、 足早に戻って行った。 え? なんと、なんと、 彼は、 おばぁちゃんとは 何も関係のない方で、 コロコロ転がす荷物を 持ったおばぁちゃんを 駅からバス停まで 送ってきてくれたのだ。 とても とても さわやかに。 ふと、 気づく、、、 あれ? 降りると…

  • 積極的にテレビを楽しむ親子☆大好きなIPPON!

    お盆休み〜 家にいても、 洗濯物は毎日あるし、 食事は作らなきゃだし、 休みではないけど、、、 それでも、 やっと、 録画していた テレビが観れた! anko-no-nikki.com 去年も観て、 このブログに感想を書いていた。 今年も、 おもちちゃん(小3娘) と観た。 「これはIPPONだよね!」 とか、 「これは、納得いかないな〜。」 なんて言っていたら、 そそくさと、 何かを作り始める おもちちゃん。 もしかして。。。 作っていたのは、 私と おもちちゃん 専用の、 「IPPON」 の札。 即座に判定して この札をあげる。 面白いのは、 折り紙で作っていて、 持つ場所にこだわって な…

  • 夏の思い出☆娘からの愛おしい電話♪

    おもちちゃん(娘:小3)は、 夏休みに入ったけど、 父も母も仕事だから、 祖母の家にお泊まりへ。 従姉妹も一緒だから、 何週間も前から 楽しみにしていた。 小学1年生のときは、 新しいことだらけで、 必死にそのことに 慣れようと頑張る おもちちゃんが ただただ かわいかった。 2年生になったら、 コロナの影響もあってか、 家にいることが多くて、 私も仕事が休みになったりして 長く一緒にいるから ぶつかることが増えて もう「反抗期」?? なのかなって 思った。 3年生になったら、 なんとなく 体も女子っぽくなって 「早く子離れする気持ちの準備しなきゃ!」 なんて思うようになった。 仕事の時間も増…

  • オリンピック開会式ステキでした〜♪〜関係者の皆様、お疲れ様でした!!

    数日前まで、 辞任騒ぎで、 本当に 開会式が 無事に行えるのか たくさんの人が 心配だっただろうな。 予想外のことが 起こりまくった、 異例中の異例の オリンピック。 それでも あきらめずに 開催に向けて 努力し続けた スタッフの 皆様に 感謝!! 開会式は、 妄想で楽しんでいたのとは 違ったけど、 MISIAは好きだし、 素晴らしい歌唱で 感動。 3・11から ちょうど10年の 今年に オリンピックイヤーとなって、 その10年前には 考えられない 世界になってしまっていて、 でも、 「あきらめない」 で前に進む姿を 日本が代表して 示せたことに 意義があると 思う。 日本の国旗を 持って入場…

  • 妄想で楽しむ☆〜オリンピック開会式編

    妄想?想像? で楽しむことが 子供の頃から 得意だった。 ちょっと 貧乏だったから、 何にでも 手に入るわけでは なかったからかな。 単純に 性格かな。 今でもよく覚えているのは、 二段ベットの上で 寝ているとき、 手を伸ばしたら 届いちゃいそうな 天井が スススーって 開いて、 ものすごく 綺麗な青い空と 綿菓子みたいな 白い雲が 流れていて、 まるで草っ原で 寝ている気分に なっている、 っていう 妄想。 古い団地の 最上階。 空に近い気がしてたな。 直近の妄想は、 オリンピックの開会式。 東京でオリンピックが ある! というニュースが 流れた日から、 開会式で、 誰がどんなことを するの…

  • 無事にギプスから解放された娘。

    2ヶ月にわたって、 左手首の骨が元の位置に戻るよう、 ギプスで固定。 その固定も、 ついに、 昨日、 解放された! おもちちゃん(小3の娘)は、 利き手が右だったため、 不自由な中でも、 片手で、 いろいろなことを 器用にこなしていた。 「人にお願いするって、 結構大変だから、 できるだけ 自分でやるようにしてる。」 と言いながら、 ペットボトルを足にはさんで、 フタを外す。 折り紙は、 左ひじで紙をおさえて 右手で折る。 トイレは 慣れたもので、 トイレットペーパーを 右手だけで 巻いて、ちぎって、ふく。 2ヶ月で、 かなりたくましく なったように思う。 そんな経験をしたからか、 「両手が使…

  • NHK「ひきこもり先生」3話、「いじめの法則」を見て、とことん泣く。

    主人公を演じるのが 佐藤二朗。 11年間のひきこもりを経験し、 ひょうんなことから 公立中学校の非常勤講師となる。 不登校の生徒が 学校に行けるよう、 特別クラスが設けられていて、 そのクラスを 主人公は 担当している。 妹に おすすめしてもらった、 ドラマ。 1話、2話、 見逃したけど、 3話が観れた! 全5話。 元小学校教員の私は、 学園ドラマは あまり好きではない。 真剣に観ていたのは、 「みにくいアヒルの子」 1996年のドラマ。 岸谷五朗が演じる 小学校の先生が 素敵すぎた。 25年も前のドラマなのに、 忘れられない。 このドラマのガースケを 思い出させる、 ちょっと不器用で 純粋な…

  • 朝ドラ「おかえりモネ」を見ているのに、ちよちゃんが忘れられない。〜ビー玉

    朝ドラ、 週末の楽しみにしている。 一週間分を 家族で 一気に見る。 珍しく、 現代の話、 モネちゃん。 いつも爽やかで、 海や山の においが伝わるような 綺麗な映像。 青い空も 流れる雲も 本当にいつもキレイ。 モネちゃん、 応援しながら 見てる。 でも、 ふと、 ちよちゃんを 思い出す。 数え切れないほどの 苦労、 裏切り、 不幸、 厳しい人生を 持ち前の 明るさ、 笑顔で乗り越えていく ちよちゃん。 情が入りすぎたのか、 朝ドラが終わっても 思い出す、 映像、 セリフ、 場面。 その影響? ではないと思うが、 おもちちゃん(小3娘)は ビー玉が好き。 ラムネを 行きつけの串焼きやさんに …

  • 梅雨の読書日記②☆〜「しょぼい起業で生きていく 持続発展編」

    おもちちゃん(小3娘)は 5月生まれ。 福岡のばぁばが、 読書好きの おもちちゃんのために、 図書カードを 1万円分も 贈ってくれた。 その図書カード、 全部使って、 本を買いに行こう! 勇んで出かけた。 1万円分だもの、 本屋で 1時間くらいは 悩むよね。 いや、2時間くらいかかる? 気合いを入れて、 近所で一番大きそうな 本屋さんへ。 さぁ、 かごを持って、 いざ、 買い物!! 私も 久しぶりに 本、 買おうかな。 本屋さん、 楽しい。 においも 好きかも。 普段は あまり立ち止まらない 「経済」とか 書いてある棚へ。 雇用される側でない お金の稼ぎ方 ちょっと 学びたかったし。 わくわく…

  • 梅雨の読書日記☆〜「宇宙飛行士選抜試験、ファイナリストの消えない記録」を読んで。

    『宇宙飛行士選抜試験 ファイナリストの消えない記憶』 内山 崇 理科が嫌い。 宇宙のことを考えるのが嫌い。 「何億光年」という言葉が嫌い。 自分の人生がはかなすぎることに 気づかされるから。 そんな私が、 この本を読むなんてね。 全く興味がない職業だし。 かっこいいとは思うけど、 世界が違いすぎる。 だけど、 この本を読んだ。 どこで、知ったんだろ。 「読まなきゃ!」 って思う、何かがあった。 それなのに、 そのきっかけが 思い出せない。 怖い。 でも、この本は、 面白い。 とっても 面白かった。 全く自分に関係ないようで、 自分が経験した、 「小学校教員採用試験」を 思い出した。 今年は、 …

  • ついに、ペットを飼う。〜ハムスターを迎える。

    家の中に入れなくてもいいのに、、、 うちで飼うことを なくなく許し、 ダンゴムシの世話を おもちちゃん(娘、小3)は、 せっせとしていた。 鉄棒から落下する事故から 1ヶ月、 ギプス生活も慣れてきた おもちちゃんと、 その家族である 私たち。 でも、 大好きな外遊び、 大好きな体操教室、 大好きな体育、 が、 できなくて、 なんだかやっぱり、 かわいそう。 そんなとき、 おもちちゃんが見ていた 動画に、 ハムスターが出ていて、 健気に 飼い主の作った マリオの世界を 動き回るのを見た。 苦手な小動物だけど、 なんとなく、 なんとなく、 その健気さが、 不思議と かわいく見えて、、、 あれ、 こ…

  • テレビに出ていた大家族のお父さんの姿を見て、感じたこと。

    おもちちゃん、 勉強した時間だけ、 録画したテレビ番組が 見られる。 最近は、 怪我をしたため、 外に行って遊ぶことができず、 たっぷり勉強して、 たっぷりテレビを見ている。 勉強かどうか あやしい時間もあるが、、、。 ビデオを見るときは、 イヤフォンをつけて 見ることが多い。 同じ部屋で、 私が読書やら、 仕事やら、 集中したいことをしているから。 この日も イヤフォンを付けて、 テレビを見ていた。 それなのに、 なぜか、 映像が気になった私。 噂の大家族を探す番組。 まだ30代半ばで、 6人もお子さんがいて、 7人目を妊娠中という、 家族。 若いのに、 えらい。 今までの 大家族のお父さん…

  • ついに、家の中で、ダンゴムシを飼い始めた娘。

    左手のギプスも だいぶ慣れてきた おもちちゃん。(小3の娘) 利き手の右手を 器用に使って、 家での遊びを 楽しんでいる。 久しぶりに、 私がよく行く テニスコートに 気分転換にと おもちちゃんを 連れ出した。 前日は雨だったから、 おもちちゃんが 大好きな 「ダンゴムシ」 が、 たくさん見つかった。 ちゃっかり、 虫かご 持って来てる おもちちゃん。 ぞくぞくと 団子虫さんが カゴの中に。 落ち葉や 砂も 見た目に綺麗な お花も入れて、 虫かごは にぎやかに。 嬉しそうに おもちちゃんは 「今日は、 ダンゴちゃん、 連れて帰るね!」 って。 う、うん。 うちの駐車場とか、 お庭とか、 最悪ド…

  • 娘が怪我をして3日で気づいたこと。

    左手が使えなくなって、 いろいろ不便な娘、 おもちちゃん。 痛みが落ち着き、 怪我をして 3日。 おもちちゃんのズボンを はかせていると、 ふと、私に一言。 「私のような 大きな怪我をすると、 その家族が、 とても大変な想いを するんだね、、、」 と。 利き手が使えるとはいえ、 なんだかんだ、 生活の中で、 両手を使わないと できないことも多い。 だから、 私は、 おもちちゃんには、 助けが必要なときは、 我慢をしないで、 待っていないで、 声に出して、 〇〇してほしい! と言うようにと 伝えている。 お姫様のように、 言わずとも 誰かが気を遣って 助けてくれるようになったら、 おもちちゃんの…

  • 5月のびっくり事件簿。〜恐怖の電話

    活発な娘。 外遊びが大好き。 外に出ないと、 そわそわするくらい。 学校の休み時間も もれなく 外。 鬼ごっこで、 転んで 足にすり傷。 かくれんぼで、 木々に隠れて、 顔にも すり傷。 怪我ばかり。 うんていや鉄棒を やりすぎて 手の豆は 硬い。 そんな おもちちゃん(娘)の学校から 携帯の着信が鳴る。 11:00、 保健室の先生の声、 これは、、、 「おもちちゃんが 鉄棒から落ちてしまって、、、」 え? 「今も、保健室で泣いていて、 左手を痛めたようで、、、」 あ、 ちゃんと生きているんだ。 救急車で搬送されることとか 瞬時に予測して 勝手に血の気がひいていたから、 なんだか ホッとした。…

  • 勇気と少しの優しさとおせっかい②

    今日は、 昨日の天気が嘘みたいに、 きれいな青空で、 暑い。 おもちちゃん(娘)が 外遊び好きで、 よく すり傷をおって 帰宅するので、 絆創膏やら ガーゼやらが 常備していたものでは 足りなくなり、 お昼前に、 ささっと 買い物。 ささっと だが、 どっさり 買っていたため、 車に荷物を 搬入作業、、、。 すると、 隣から 赤ちゃんの 泣き声。 え??? ふと顔をあげると、 お隣に 停まっている 車の後部座席から 赤ちゃんの声が している。 わーーーーー 今日、 暑いのよ、、、。 窓は少し 空いてるけど、 エンジンは 停止していて クーラーがついている 可能性なし。 わーーーーー 帰るのよ、…

  • くじ運の悪さ、ここまでくると、なんかすごい②

    くじ運が悪すぎて、 市の農業体験講座に 落選して、 がっかりして、 そして、 思い出した事件。 それは、 かれこれ 30年前くらい。 中学生のとき。 クラス40人で くじ引きをした。 2つしかない 当たりをひいた、 私の中で、 最強に くじ運がいい日。 そのくじ引きは、 学校で竹刀をもって 歩く、 超超超怖いことで 有名な先生が担当する 「社会科」の 「係」 を決めるくじだった。 とても仲のよかった お友達に くじ引きをする前に、 「もし、○○ちゃんが 当たっちゃったら、 私も一緒に社会科係するから!」 なんて、 まるで、 くじ引きを しないのかと思わす 余裕発言をする、 私。 最強にくじ運が…

  • くじ運の悪さ、ここまでくると、なんかすごい。

    こんな状況で、 どこにも お出かけできないから、 ってことで、 お友達に誘ってもらった、 市が主催の 「農業体験」。 応募期間に 公民館に電話して、 結果を待った。 募集人数15人。 それより多い場合は、 抽選。 こんな時期だし、 抽選にはならず、 決定するだろうと 予測。 結果が出る日、 電話来ず。 誘ってくれたお友達から、 どうだった? と聞いてくれて、 (友達の二人姉妹は当選連絡あり。) 気にしてくれたので、 翌日、 こちらから 電話。 「落選しました、、、。」 えーーーーーーーーーー なんで? ほんとに? ついつい 聞いてしまった、 「受付された人数は 何人だったのですか?」 と。 「…

  • 春の読書日記☆〜「蹴りたい背中」を読んで、読書欲増す。

    『蹴りたい背中』 綿矢りさ ちょっと古くなった この本が、 図書館の本棚で なんとなく 目立っていて、 借りてみた。 毎週のように おもちちゃん(娘:小3)は 図書館で本を借りる。 最近は、 おもちちゃんに付き合うのは、 おもちの父であり、 私は、 仕事だったり、 家のことだったりで、 行かなくなっていた。 久しぶりの図書館。 緊急事態宣言が 明日出るし、 GWは どこにも 行けないし、 本を借りるしかない。 仕事に関わる本や、 旅行の本などを借りて、 最後の一冊、 手に取ったのが、 この 「蹴りたい背中」だった。 あれ? 前にも読んだことあったかな? 全然思い出せない。 冒頭を読んでも、 わ…

  • 姿勢を正すことが、ダイエットにつながる!だけではなかった話♪

    猫背すぎて、 知り合いとすれ違っても ほとんど気付かなかった、 私の10代、20代。 偏頭痛や肩こりは、 姿勢の悪さにあると 信頼する鍼灸の先生に 言われてから、 姿勢を見直し始めた 30代。 ぽっこりお腹が目立ち、 お腹に力を入れて、 背筋を伸ばすことを 意識すると いいらしい、 と、 努力の日々の 40代。 数日前の 朝ご飯後、 おもちちゃん(娘)が、 ふと言った。 「母は、姿勢がいいね! きっと、 ばぁばのように シャキっとした かっこいい ばぁばになれそうだね!! 私も、がんばろっと。」 だって。 ほめられた、私! 嬉しい。 しかも、 私の母である、ばぁばも、 褒められた。 とっても …

  • お金のかからない「あそび」にハマってくれる娘。〜ロックバランシング編

    テレビで見た 「石花」 「ロックバランシング」 に感動?した おもちちゃん。(娘:小3) さっそくお庭へ。 川が近くにあるわけではないが、 公園は目の前にある。 そこで拾ってきた石を 使ったようで、 3個セットの「石花」が ずらりと、 庭の平なところに ざっと 10セット並ぶ。 約1時間くらい。 ずっと集中して 「石花」を 咲かせていたようだ。 「すごいのできたから、 外に来て!」 と私を呼び、 見たのが、 おもちちゃん渾身の 作品たち。 ただただ 驚く。 その行動力、 その集中力。 いやいやいや、、、 テレビの影響力、 すごい。。。 ちょっと前まで、 キックボード買って! (サンタに頼む。)…

  • 勇気と少しの優しさとおせっかい。

    カクッ、カクッ。 ズズズン、ズズズンン。 ドーーーン。 今朝の電車でのこと。 隣に立っていた男の方。 膝がカクカクとなって、 もしかして、眠いのかな? 足が滑ってズズズンとなって、 かなり、眠いのかな? 視界に端にいた男の方、 ついに、消えて、 ドーーーン!!! えーーーっっっ!!! お馬さんのように、 両膝と両手をついてしまって、 そして、 すくっと立って、 恥ずかしそうに、 また、 元の位置で立ってた。 あ〜 完全に睡魔の仕業っ!!! 体調不良なら、 あんなに秒で 立つことはできないもんね。 思い出す、20年くらい前。 大学まで片道、2時間半かけて行き、 授業が終わると、塾講師のバイトへ…

  • あれから1年、、、人生の節目の年になりました。

    ブログを書き始めてから、 1年が経ちました☆ と言っても、 書きたいとき、 書けるときに 書くわけですが、、、。 緊急事態宣言という、 聞いたことのない 宣言が出されて、 なんだか、 世界が大変だと 気づいた 1年前の春。 そこから 手探りで、 自分たちの 生活リズムを 作っていった。 このブログという、 縁遠い世界にも 飛び込み、 娘と向き合い、 泣いて、 笑って、 悩んで、 困って、 乗り越えて、 また悩んで。 人生では、 なかなか 忘れることができない 1年になった。 私のブログを 読んでくれた 親戚が、 「こういう形で思い出を残せることも すてきだね。」 と言ってくれた。 去年の秋から…

  • 朝ドラ「おちょやん」ちよちゃんのお父さん、トータス松本がすごい!!

    朝ドラを見るようになって、 「スカーレット」 「エール」 今回が3作目、 「おちょやん」!! 最近は、 先が気になりすぎるから、 一週間、わざと我慢して 週末にまとめて 家族で見ている。 先週分のは、 家族で大号泣、、、。 ちよちゃんのお父さん「てるを」は 本当にしょうもない人すぎて、 早くどこかに消えてくれ〜! と、願っていた。 なんなら、「トータス松本」が 嫌いになりそうなくらいだった。 考えて見たら、 俳優さんではないのに、 そこまで思わせるほどの 役作り、演技、 すごすぎる。 表現者として、 音楽も演技も 素晴らしい方なのね。 「てるを」が ちよちゃんに 最後の気持ちを伝えるシーンで、…

  • 3・11の今日、「ありがとう!」を伝えよう☆

    anko-no-nikki.com 災害は、 いつ どこで どのように 起きるか、 予想がつかない。 この命も、 いつ どんなふうに 終わるか、 誰も わからない。 でも、 必ず 終わりがくる。 3・11から 10年。 震災で辛い経験を された方の話を 聞く機会がある中で 感じたこと。 防災意識をもとう! ご近所さんを大切にしよう! 一番は、 いまこそ、 自分の気持ちを 大切な人に伝えよう!! 「ありがとう!!」 言えなくなる前に。 「大好きだよ!!」 聞いてもらえなくなる前に。

  • 春の読書日記☆〜「スマホ脳」を読んで、変えたい習慣。

    アンデシュ・ハンセン(精神科医) 『スマホ脳』 職場の人が、 「いま話題の本だよ!」 と、 貸してくれて 読むことになった。 なんとなく 想像がつく内容だったが、 研究結果が示すことに 説得力があって、 「スマホにおかされない脳」 でいたいと 強く感じた。 スマホを買った人 全員に、 この本が 配られたら いいのにと 思った。 が、 そうはいかないから、 自分のためにも ここに まとめてみる。 ①毎日1〜2時間、スマホをオフにする。 すでに、「スマホ脳」になっている私たちは、 これができない。 作者は、研究で、机上にスマホがあるだけでも 脳に影響を及ぼし、 集中しなくてはいけない学習などに 集…

  • 我が子を褒められたときに、伝えること。

    おもちちゃん(娘:小2)は、 あいさつがきちんと できる。 おもちちゃんは、 お年寄りや 小さい子に 優しく 声をかけることが できる。 ちょっと お世話好きで、 ちょっと おせっかいな タイプだが、 おかげさまで、 家族以外の方に 褒めていただくことがある。 そのときに、 私は、 否定せず、 たいてい、 「ありがとうございます。」 と言う。 まだ、 話が続き、 どうやって、 おもちちちゃんを 育てたか? なんて 聞いてくださるときには、 たいてい、 「素敵な保育園の先生方に 育てていただきました!」 と答える。 おもちちゃんは、 1歳11ヶ月から 小学生になるまで、 二つの保育園に お世話に…

  • 父、雛人形を飾る。が、、、〜春のミニミニ事件簿

    うちは、 ディズニーのミニ雛人形を、 娘が生まれてから 購入した。 カラーボックスに乗る大きさ。 シンプルでかわいい。 日本人形が怖い私には、 これがベスト!! 今年も、 雛人形「ミッキー&ミニー」を 飾ってもらった。 (父の仕事。) 毎年、 何かが違う。 今年は、 雛人形の台、 前と後ろが逆。 いいんです、 いいんです。 それくらい、 私が直しますから。 おもちちゃん(娘)に ブツブツ言った後、 ちゃちゃっと 直そうとしたら、 屏風が カラーボックスの 後ろへ、、、 ドーン 、、、 簡単に手が届く場所だから、 大丈夫! と思って 取って見たら、 屏風の上、 ど真ん中が かーけーてーるーーー!…

  • 人生後半の夢、娘に語ってみると、、、

    夢の国、 ディズニーランドで 働きたい!!! 小学生低学年のときに、 叔父に連れて行ってもらった。 初、ディズニー。 スタッフの方々の 優しいお声かけ、 ダンサーの笑顔、 キャラクターたちの 存在、 キラキラのパレード、 30年以上経っても、 夢の国での 感動を覚えている。 おばさんになった今でも、 パートで働けたらいいのに、 って、 本気で思う。 引っ越さないと 無理なんだけど。 住む場所を変えることは 難しいけど、 決意とお金があれば、 なんとかなる! ということで、 私は、 大好きな土地で、 晩年を過ごしたいと 思っている。 若い時は、 「ハワイに移住する!」 なんて、 みんなに言ってい…

  • 小学生低学年に本気で負けてしまうこと。〜遊び編

    おもちちゃんは、 小学2年生の娘。 一人っ子。 外遊び大好き、 声大きめ。 絵を描くことに、 抵抗はなく、 工作も大好き。 想像力が豊かで、 踊りも歌も好き。 読書にハマる。 料理好き。 好奇心が、すごい! そんなわけで、 エネルギッシュなおもちちゃんに、 私はいろいろと、負けそうだ。 と 思っていたら、 本気でやっても 負けてしまうことが 出てきてしまった! ①オセロ 四つの角に、 黒2つ、白2つ 先に置くというルールでやるオセロは、 負けることが増えてきた。 最初の頃は、 他のことやりながら 相手をするくらいの余裕があったのに、 いまは、真剣に立ち向かっている。 けど、 負ける。 ②スピー…

  • ラジオ体操をする私と、指揮をとる娘。

    とにかく、 運動不足。 運動が足りていないと、 たいてい頭痛がしたり、 肩が凝ったり、 体に不調が出てくる。 コロナで、 ホットヨガは辞めちゃったし、 日常は車の移動ばかり。 これでは、 いかん!と思って、 まずは、 ラジオ体操をやることにした。 肩こりの気持ち悪さも なくなるし、 気持ちがスッキリする!! この体操、 朝にやればいいのだろうけど、 朝に弱すぎる私は無理。 ということで、 夕方にやっている。 すると、 おもちちゃん(娘)は 学校から帰宅していて、 私の体操する姿を目にすることが多い。 一緒にやってくれるかなぁ、 なんて、 期待していたが、 全く興味なし。 全く興味なしだと 思っ…

  • 診察を待つ間にする時間つぶしが「昭和」だった。

    矯正を始めた娘。 やっと半年くらい。 上あごを広げるための矯正は 2年以上つけっぱなしにするそう。 同時進行で、 前歯のすきっ歯を埋める矯正も 3ヶ月前からスタート。 ちゃんと前歯が くっついてきている!! 矯正って、 すごい。 (私の性格も 矯正してほしい。。。) 外遊びが大好きな、 おもちちゃん(娘:小2) 激しく遊んだのか、 まさかの前歯矯正の針金が はがれて、 おそろしい方向に 曲がってしまった。 応急処置をするも、 針金は 無情にも 「ピーン!!」 と跳ねて 飛んでいった。 急きょ、 仕方なく、 矯正歯医へ。 激混みなのに、 予約なしなので、 おもちちゃんは、 自分で 暇つぶしグッズ…

  • すごいタイミングで怪我をする娘からの驚きの一言。

    おもちちゃん(娘)は、 週に1回、 習い事があって、 それを楽しみにしている。 去年までは、 水泳教室に通っていたが、 一緒に下校する友達や、 お母さんに、 「行きたくないんだよなぁ〜」 と、 ぼやいてしまうほど、 嫌がっていた。 そもそも、 自分で 「プールに通いたい!」 と言ったのに。 とりあえず、 せっかく通い始めたから とかいう、 なんとも曖昧な理由で、 1年間は がんばってもらった。 今年からは、 おもちちゃんが ずっと気になっていた スーパーの横にあった 体操教室に通い、 毎週、 とても楽しみにしている♪ こんなにテンション 変わるものかしら? 今日もテンション高めに 準備していて…

  • 通信講座に、人生初チャレンジ☆

    コロナ禍で、 お仕事が全くなかった去年、、、 なんとなく、脳みそがお暇。 ブログを始めることができて いい刺激を受けるようになったけど、 何か、ほかに チャレンジできることはないかな、、、 と思っていたら、 通信講座のCMを見る。 私の性格上、 家で勉強することに 向いていない。 でも、 これだけ、 家にいることを 強いられているなら、 やるしかない! と、決める。 娘も家で勉強しているわけだし、 私も家で勉強するぞ!! ということで、 役に立つかどうかは、 置いておいて、 興味のあるもので 資格を選んでみる。 たくさんあって、 どれも面白そう!! だけど、 なかなかの値段。。。 となると、 …

  • 「ざんねんないきもの事典」が好きな娘からの質問!

    「ざんねんないきもの事典」は、 シリーズで5冊くらい 出ていて、 娘はこの本にはまり、 3冊持っている。 NHK教育でやっている 「ざんねんねいきもの」も、 たった数分の番組だが、 私が見ても面白い。 昨日は、お風呂で、 久々に、 おもちちゃんから ユニークな質問が飛び出した! 「ざんねんないきもの事典に 載っている動物の特徴を 4個言うから、 自分がどの動物と似ているか、 教えてね!」 はーい。 「ちゃんと、その理由も言ってね!!」 はぁ〜い。 「①カバの肌は、意外にとても弱い。 ②カカポ(鳥)は太りすぎて飛べない。 ③ザリガニは、食べる物の色で、体の色が変わる。 ④オオカミは、1匹でいると…

  • ピンチはチャンス!〜娘の成長を垣間見る。

    ちょっとお仕事がバタバタして ストレスからか、 偏頭痛が勃発。 持病?みたいなもので 頭痛はよくあるから、 いつものように ロキソニンに頼る。 ただ、 今回は、仕事帰りということもあって、 薬を飲むタイミングが 遅れてしまった。 まずい。 ひどい。 頭が割れてしまうかと 本気で思う。 急いで、 手洗い、うがい、 着替えを済ませて、 横になろうとした、 そんなときに、 娘が帰宅。 娘もなんだか 元気がない。 何かあったんだと すぐわかる、 母の勘。 でも、 頭痛は 耐えられないほど、、、。 話を聞いてあげたい、 励ましてあげたい、 けど、 体が無理だった。 ごめん、 そう思いながら 横になった。…

  • 成人式に招待されて。〜13年ぶりの再会♪

    1年前の小さな田舎町での成人式。 どんな顔して この会場に入ればいいものか。 緊張がはしる。 「あんこ先生〜!!!」 私を最初に呼んでくれたのは、 保護者のお母さん。 懐かしい、 このあたたかさ。 そう、小さい町だからこそ、 町ぐるみで、 子どもを育てている。 教員に正規で採用されて 初めて赴任した学校が、 田舎町の小学校。 校庭には、 サルが家族で 横切るし、 休み時間は、 校庭の先にある、 山で遊ぶし、 クマが出たと 町の放送が 流れたりする。 まさに、 田舎。 この学校以外に、 4校ほど 勤務しているが、 この小学校ほど、 地域の方々と つながれた場所は なかった。 だからか、 家族ぐる…

  • 久しぶりに「ねほりんぱほりん」を見て思ったこと。

    お正月、 特番で 久しぶりに 大好きな番組を見た。 もぐらの人形の 山里さん、Youが めったに聞けない話を ねほりはほり 聞いてくれる。 もぐら、ぶた、かえる、うしの 人形のかわいさ、 動きのリアルさ、 サイコーーー!!! 「LGBTカップルのこども」 という回を見て、 思ったのだが、 やっぱり、 もぐらの二人が ぶたさんたちに 寄り添って 話をきく姿勢の 素敵さ。 あの もぐらさんだから、 あの 2人だから、 ねほりはほり 話を引き出すことができるんだ。 この回に出演した、 ぶたさん3姉妹、 お母さん想いの 優しい子どもたちだった。 3姉妹の 素直な気持ちを 引き出して、 受け止めて、 認…

  • 娘に「かわいい」と言われた母42歳、喜ぶ。

    運動不足の 年末。 娘とバトミントンで 遊ぶ。 本気で 遊ぶ。 小学2年生と言えど、 なかなか 打ち返しが 強い。 まずは、 どれだけ続くかを 二人で 数を数えながら 打っていく。 7回が限界かと 思ったら、 30分くらい続けたころ 20回の記録を うちだした! その記録が 出る前に、 「おしい!」 と思ったときに とった私のリアクションが おもちちゃんにとっては おもしろかったようで、 「やだぁ、 母、かわいい〜」 と、 2、3回くらい 言われてしまった。 この年で、 真正面から 「かわいい」なんて 言われるわけがなく、 なんなら、 小さい頃から 褒められ慣れてない私、 正直、 恥ずかしかっ…

  • 金曜ロードショー「風の谷のナウシカ」を観た、娘の感想。

    ジブリが好き!と思っていたけど、 実は、この作品をしっかり観たことがなかった。 金曜ロードショーで 「風の谷のナウシカ」 やると知って 録画。 年末、 家族で鑑賞。 娘、小学2年生で、 この映画を見きれるか、、、 話題の「鬼滅の刃」でさえ、 鬼の様相が怖すぎて 見ることができない、 私たち親子。 オウムがたくさん出てくるわけで、 戦いのシーンもある。 だけど、 父が ストーリーの展開、 状況を説明してくれて、 無事に最後まで 作品を楽しむことができた。 なんども 涙して。。。 すっかり 姫様、ナウシカのファンに なったのでした。 心優しく、 芯強く、 とにかく 全てが美しい、 ナウシカ。 そし…

  • 小学2年生の娘と、クリスマスイブの会話。

    サンタさんは、 今日来るんだよね??? クリスマスイブが24日だということを なかなか覚えられない おもちちゃん(娘)。 私「今日の夜に来るかもしれないね!」 おもち「どこから来るかな?」 私「母も、本物のサンタを見たことないから、 わからないなぁ〜。」 そういえば、 WHOのえらい人が、 サンタさんは、 コロナの免疫があるから 元気にプレゼントを 届けられるって ニュースで言ってた! なんてことを おもちちゃんに 話す。 とりあえず、 こんな汚い玄関では 失礼よね? 二人で、せっせと掃除。 クリスマスツリーの 周りもゴチャゴチャしてたから お片づけ。 それにしても、 日本のニュースって 不安…

  • 舌下治療を始めた娘。〜初めて出会う先生との会話にほっこり。

    私は、かなり強めのアレルギー体質。 小さい頃は、 アトピー性皮膚炎の症状がひどく、 年頃になってから、 鼻炎がひどいことに気づく。 様々な季節の花粉症、 ハウスダスト、ダニ、 犬、猫、 オンパレード。 そこで、 注射で免疫をつける治療を 数年間やって、 ハウスダストの症状は 軽くなった。 その経験から、 娘が アレルギー体質だと 検査でわかってから、 免疫治療をさせてあげたくて ネットで調べると、 最近では 注射の代わりに 舌下に薬を 入れる方法で 治療ができると。 ということで、 小児科でアレルギー対応できる 病院へ。 初診といこと、 小児科であるということ、 先生が丁寧に接してくれる人であ…

  • イワシの蒲焼きを食べたら、喉に骨がささった私と、涙する娘の話。

    うなぎは、 食べたいけど、 なかなか高価。 味だけは似ている いわしの蒲焼き丼を 久しぶりに 食べることにした。 小骨が多くて、 嫌な予感がしたため、 おもちちゃん(娘)に、 すぐに飲み込まないように、 よく噛んで、 骨がないことが確認できたら 飲み込むんだよ! と注意喚起する私。 だいたい、 人に注意するときは、 自分も危ない。 甘いたれごはんが 美味しくて、 まんまと すぐ飲み込んだ私。 痛っ!!! はい、 やっぱり、 やらかした。 確実に、 骨が ささったとわかる。 携帯であかりをつけて、 目がいい おもちちゃんに見てもらう。 「あるある、刺さってるよ、のどに!」 骨、確認される。 「見…

  • 今年ブレイクの瑛人がNHK「SONGS」に!〜歌の先にあるもの。

    テレビを見ての感想。 司会の大泉洋、 やっぱり、 面白い。 瑛人の声、 いい!! 瑛人の友だちの ギターのじゅんくん、 いい!! 「瑛人」は、 今年ブレイクして 話題になって、 SNSのおかげで、 ヒットした人!! というイメージだったけど、 瑛人くんは、 小さい頃から、 本当に歌が好きで、 歌は自分を表現するものとして 日常で使っていたということがわかる。 そして、 「お母さん」を とても大切にしている人。 お母さんを見る顔が、 とてもあたたかい いい表情だったなぁ。 両親が離婚した後、 お父さんに彼女ができたことを、 お母さんに、 傷つかないように、 歌にして、 お風呂で歌ったという エピ…

  • 朝ドラ「エール」が最終回を迎えて。〜たくさんの「エール」をありがとう!!

    今回の朝ドラは、 好きなところがいっぱいだった。 「音楽」で「エール」を送るがテーマですてき。 少しコミカルで、 個性強いメンバー、 それぞれの役に情がわく。 よく笑って、泣けて、 「人生って素晴らしい!」かもって、 思わせてくれた 朝ドラ「エール」に感謝!! 自分には、特に飛び抜けた才能や特技はないけど、 たった1人でも、 たった1回でも、 エールを送れる存在でありたいと 思う。 そのために、 体も心も健康でいなきゃな。 駄菓子の食べ過ぎ、 やめなきゃな。 運動しなきゃな。 「エール」を送るまで 時間がかかりそうだな。 あきらめちゃいけないな。 音ちゃんのお母さん、 最高だったな。

  • 「映画クレヨンしんちゃん激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者」を観て感動した話。

    おもちちゃん(娘)は、 土曜日の「ドラえもん」と「クレヨンしんちゃん」、 日曜日の「ちびまるこちゃん」と「サザエさん」が好き。 今年に入って、 クレヨンしんちゃんの映画が 始まると知って、 ずっと楽しみにしていた おもちちゃん。 コロナで公開が延期され、 そのうちに、 学校や他の用事で 忙しくなって、 映画を観に行けてなかった。 そのうち、 「鬼滅の刃」が流行り、 映画館は、 どんどんこちらに力が入り、 近所の映画館を調べたら、 クレヨンしんちゃんが 終わっていた。 これは大変! と思って、 やっと 映画館と行く日が決まった。 私は、 大人料金を払って、 私がクレヨンしんちゃんの映画を 観るこ…

  • 子どもとニュースを見ていて話していたこと。

    1日のうち、 15分間は、 家族でニュースを見る。 だいたいは、 NHKの「ニュース845」 短くまとまっていて わかりやすい。 早起きできて、 心に余裕があると 日テレの「ZIP!」を 見る。 最近は、ほとんど 見れていない。 いつもの ニュース845で、 珍しく競馬の話題。 歴史的な勝利があったそう。 全くその素晴らしさやがんばりが わからなくて、 申し訳ないが、 馬が颯爽と走る姿の映像は とても気持ちがよかった。 私 「人生で一度くらいは、競馬やってみたいな。」 おもちちゃん(娘) 「あんなに早く走る馬に乗ったら、 振り落とされるよ。」 ?!! 「乗るほうではなくて。。。」 そうか、 お…

  • 記念日を作る娘。

    おもむろに、 B5の紙の真ん中に 大きく 「やさしい日」 と書いて、 目立つところに 貼る、おもちちゃん(娘)。 何枚も その紙の後ろに 足していく。 11/22 やさしい日 「きょうは、やさしい日!! この日はやさしくすごす日です。 だから、まえの日よりも、 やさしくがんばりましょう!」 ↑ と裏にはコメントがある。 12/3 なべの日 「おいしくたべて、 からだをあたためよう!」 1/1 はがきの日 「あけましておめでとう! はがきをかいて、 たのしくやろう!」 2/29 かんしゃの日 ↑ 3月9日でサンキューならわかるけど、 4年に一度の日が 感謝の日でいいのかなぁ。。。 3/12 おも…

  • 娘、秋の事件簿!!

    おもちちゃん(娘、小2) 1学期中止になった遠足の代わりに、 昨日、校外学習という名の遠足だった。 朝から、驚くほどの機嫌のよさで 起きてきて、 機敏に準備。 帰って来たおもちちゃんは、 想像どおり楽しかったらしく、 テンションは高いまま。 私は、仕事で変な汗もかいたので、 先にお風呂に入る。 私は、お風呂でさっぱりしてから、 もろもろ片付けようと、 荷物をその辺に置いていた。 おもちちゃん、 私のミニミニ水筒を見つける。 150mlくらいしか入らないやつ。 でも、中身はあった。 それを、 飲んでしまった。 中身は水。 まぁ、 親子だし、 よしとして。 問題は、 その後。 おもちちゃん、 何を…

  • 「読書の秋」〜育児に役立つ本を読んで。

    『女の子は8歳になったら育て方を変えなさい!』 松永暢史 ちょうど、うちのおもちちゃん(娘)が 8歳なので、 読んでみました。 具体的に、 こうしていくとよい、 これは避けたい、 という親の言葉、行動が 書かれていたので、 興味深く読みました。 元小学校教員として すでに実感していることは、 男の子にくれべて、 断然、 女の子の精神的な 成長は早い! ということ。 この成長に、 親として ついていけるかが 不安。 ということで、 この本から、 そうだ!そうだ!と 納得できること、 実践できそうなことを まとめます。 自分のために。 ①感受性を育てる。 これは、もっと小さい頃から意識するといいか…

  • 朝ドラ「エール」で学ぶ歴史。

    10/12の週は辛かった。 これはドラマだ。 そう思いたいけど、 この戦争は、75年前、 本当にあったんだ。 ちゃんと見なくては。 ちゃんと見せなくては。 この週の朝ドラ「エール」は、 おもちちゃん(娘)に録画を 見せるか、 さすがに 悩んだ。 私も怖くて震えたし、 泣いた。 ぬいぐるみを ギューギューしながらでなければ 見れなかった。 心から「生きたい!」と 思えた青年が、 死を覚悟しなければならないなんて。 未来の宝を育てる教師が 死んでいくなんて。 愛する妻、子を思いながら 無念の死を迎える人たち。 これが 戦争なんだ。 絶対、戦争に意味はない。 平和でなければ 幸せはない。 やっぱり、…

  • 「読書の秋」〜親子で楽しむ絵本♪

    「ともだち」って、なんだろう? 「ともだち」って、あったかい。 「ともだち」って、いいね。 そんなことを感じられる絵本。 『ともだちや』 作:内田麟太郎 絵:降矢なな この絵本はシリーズ化されていて、 全11巻。 うちの近所の図書館には、 ほとんどありました! 娘も、この絵本を読んで、 「この場面が好き〜」 とか言って、 気に入っているところを教えてくれます。 私は、このシリーズの中で、 好きなのは、 『ありがとう ともだち』 おおかみがキツネを海釣りに連れて行く話。 キツネの心のきれいさ、 おおかみの人間味ある(おおかみだけど)心の動き、 ぜひ、親子で楽しんでもらいたい本です♪

  • ぐっすり寝た娘が見た幸せな夢♪

    週末、 曇りや雨が続いて、 気分もなんだか 落ちぎみ。 そんな私をよそに、 おもちちゃん(娘)は、 気持ち良さそうに、 クークー 寝ている。 普段は、土日でも、 学校の日と変わらない時間に起きるけど、 天気が悪いと、 ゆっくり寝ている。 「今日は、よく寝たねぇ〜」 と私。 「とても幸せだったよ。」 とおもちちゃん。 「今日は、いい夢だったの! なんと、 大好きな生ハムの家に住んでる夢を 見たの!!」 え? お菓子の家でなく? 生ハム?? 「ピンクいろの家で、かわいいかもね。」 と、ひとまず言ってみる。 「父の家は、マシュマロでできていて、 母の家は、チョコレートの家だよ!」 お! そこはお菓子…

  • 気づいたらちゃんと習慣化!②

    リラックスできるヨガ 3蜜を避けなくてはいけない ということで、 今まで通っていたヨガ教室を 辞めた。 代わりに、体を動かす機会を作らなきゃと 考えた。 いろいろ試して、 3ヶ月、ほぼ毎日 続いていること、 「寝る前ヨガ」 正味15分程度の 優しいヨガ。 youtubeで検索して 時間や内容が ちょうどいいのを 見つけた。 バックミュージックも 癒し。 おもちちゃんは、 小学2年だけど、 寝付くまで、 私に近くにいてほしい。 だから、 彼女の横で、 「寝る前ヨガ」をやっている。 だいたい 開始5分から10分で 熟睡。 「読み聞かせ」でなく、 「ヨガ聞かせ」だ。 数日前、 おもちちゃんの父が 寝…

  • 運動会で再会!! 〜教員時代の思い出♪

    私を救ってくれた人。 大学生のとき、 鼻中隔わん曲症の手術をした。 病室が足りなかったからか、 何かの理由で、 白内障の手術をする方たちとの相部屋。 私以外の3人は、 おばぁちゃん。 みんな、優しく声をかけてくれた。 隣のおばぁちゃんは、 小さくて、かわいくて、 自分の祖母に似ていた。 お互い、一週間程度の入院。 隣のおばぁちゃんより 私が先に、手術だった。 麻酔の先生から、 説明を受けた時に、 40代の男性が 同じ手術で、 昨日号泣していたと。 余計な情報では、、、 まぁ、覚悟はできた。 術後、 あまりの痛みに、 発熱。 やはり号泣。 隣のおばぁちゃん、 驚いて、 私のナースコールを 押しに…

  • 気づいたらちゃんと習慣化!

    マスク おもちちゃん(娘)、 去年の秋から 水泳を習っている。 「今日、恥ずかしいことしちゃった。」 と、水泳の帰りにおもちちゃんが 話してくれた。 水着で順番を待っているときに、 ずれたマスクを戻す仕草を してしまったと。 手持ちぶさたに やってしまう動き。 マスクをしていないときにも やってしまった、おもちちゃん。 まさにマスクをつけることが習慣になり、 それに伴う仕草も癖になっていたんだね。 1年前には 予想もしなかった習慣と癖。 一瞬、 子どもなのに マスクでの生活って かわいそう、 なんて思った。 でも、 考えてみたら、 こんなに軽くて、 割と安価で、 簡単に手に入るもので、 感染予…

  • 初めてのおつかい?! 〜小学校低学年

    職業病だろうか。 不思議と小学生が近くにいると気になる。 いや、寄ってくる?! そして、 何かが起こる。 昨日、 苦手なバスと電車に乗って お仕事へ。 帰り、 地下鉄で 下校途中の小学生男子が1人、 かけこみ乗車して、 私の隣に座った。 水筒をガブガブ飲んで、 こぼした。 ありゃ。 持っているティッシュを 全部あげた。 走り出した電車のおかげで 水だかお茶だかが ツーーー と流れていく。 ありゃりゃ。 先に拭かなくてはいけない場所を 指示。 ふいたティッシュのゴミの 入れる場所を 指示。 もう降りる駅になってしまったので、 ランドセル、水筒、セカンドバック等々、 バラバラになっていると 何か忘…

  • サプライズプレゼント〜娘からの表彰状(感謝状)

    母の日でも誕生日でもないのに、表彰された話 おもちちゃん(娘、小2)には、 よく驚かされる。 宿題のプリントの名前の欄、 名前を書かずに、 同上の意味で使う「、、」を 書いていたり、 トイレットペーパーの芯で ハーモニカを作ったり、、、 なかなか やってくれる。 今回は、 おもちちゃん手作りの表彰状を プレゼントされた。 突然に。 がんばりしょう あんこのにっきさま あなたは、 そうじやせんたくを 1人でやっています。 そして、 そうじやせんたくを 1人でやっているので、 しょうします。 2020年9月14日 おもち 「わぁ、うれしい!!!」 と高い声で喜びたいところだったが、 つっこみどころ…

  • ピアノを使った娘のクイズに苦戦する母。

    ピアノ 小学校2年生の娘、 おもちちゃんは、 5歳〜6歳(小学校上がるまで) 音楽教室のグループレッスンに通っていた。 母の強い希望で。 音楽大好きだけど、 楽器が何一つできず、 楽譜が読めない自分に 後悔があった。 おもちちゃんは、 明るいし、 きっと楽しんでくれるはず、 私のような後悔がないようにと、 勝手な想いも追加して、 2年間、半強制的に、 通わせていた。 さすがに、 小学生になるにあたり、 本人の意思を 尊重しなければと 思い、 音楽教室は辞めた。 不思議と、 辞めてから、 練習しなくてよくなってから、 おもちちちゃんは 楽しそうに ピアノに向かうようになった。 そういうもんなのか…

  • 人間ドック、年1で10年を超えるが、毎回緊張する。

    毎年、お出かけが増える夏は、 太る。 美味しいものをいっぱい食べるから。 今年は、 夏休みに入る前にやろう! と決めて、 5月に人間ドックの予約したのに、 延期。 結局、いつも通り、 9月。 毎年じわじわ太っているのが 数値であらわに。 自分の体重やら、体脂肪率やら、腹囲を 目の当たりにする瞬間も緊張するが、 やっぱり、 血液を取られるのが 1番の緊張。 うちの師匠に相談した。 おもちちちゃん、 娘、小学校2年生、女子。 「母、注射が嫌いだから、 血をとるのは、 怖いよね〜」 と、まずは共感。 「私も、血を取られるの怖かったなぁ。」 と、2月に行ったアレルギー検査を、 昔のことを思い出すように…

  • 小学2年生女子の絵本作り。 

    絵本作り第4段が面白い。 今年に入って、 おもちちゃん(娘)は、 ミニミニ絵本を4冊作った。 1冊目は、学校の図工の授業で 余った時間で取り組んだそうだ。 2冊目、3冊目は、 その続き。 手のひらに乗るミニサイズの絵本。 久しぶりに、 昨日、 「絵本を作ったから、 読んで〜」 と、おもちちゃん。 自信作か?! 見せてくれたのは、これ。 ↓ 題名 「おもちのひみつの日記」 表紙の絵 ・・・こんな感じ。 本文 こどものおもちには、 おとなにも だれにも はなせなかったこと・・・ おもちは、 ヒミツのにっきをかくことを きめたのさ! いやなこと、 うれしいことを かきまくって どこかにかくして、 い…

  • 防災・防犯 〜日常からの意識

    小学2年生の娘。 いつかは、 いや、 もう少しずつ、 母の手を離れていく。 赤ちゃんのときは 当たり前だが 娘の全てを守ってきた。 もう、 おもちちゃん(娘)を 直接守ってあげられることが できなくなるんだな。 1人でできることが増えて、 行動範囲も広くなって、 1人で過ごせる時間も きっと長くなっていく。 だから、 今こそ、 自分の身は自分で守る術を 教えていかなきゃいけない。 何から一体教えたらいいか 難しいところだが、 チャンスと思った時に あんこ家は、 教えていくことにしている。 学校から帰ってきたとき、 家に母がいなかったら。 ①ランドセルにある鍵で家に入る。 ②鍵がなかったら、携帯…

  • 9月1日防災の日 〜避難訓練を意味のあるものに。

    避難訓練をしてよかったこと。 小学校教員時代、 心から避難訓練をしていてよかったと思ったことがある。 1年生は、初めてのことばかりなので、 避難訓練も、 ちょっと不安が強い子は、 サイレンの音を聞いて、 たまに泣いてしまう子がいる。 防災ずきんのかぶり方も 1から教えないといけない。 いつだか、 訓練中に 笑ってしまいそうになったことがある。 防災ずきんと言えば、 頭にかぶるものだが、 Aくんは、 頭がむきだしになっていた。 縦と横を完全にまちがっていたのだ。 でも、本人としては、 ゴムが首にきているし、 かぶっている感覚だったのだろう。 校庭に並ばせてから気づいた。 本番でなくて よかった。…

  • おもちちゃん、保健室に行く。

    保健室 保健室、癒しの場。 小学校教員時代、 子どもたちだけでなく、 私自身もお世話になってしまった。 まだ、若いときで、 生理痛がひどくて、 痛み止めも自分で常備していないとき。 教室から、這うようにして保健室へ向かった。 優しい、男子数名が支えてくれて。 1時間ほど休ませてもらって、 市販の痛み止めを飲んで その日を乗り切った。 すっかりベテランの域に入ってしまったとき、 身に覚えのない、 歯の痛み? 歯肉の痛み? 怖くなって、保健室へ。 親知らずが生え始めていると 教えてもらい、 後日病院へ。 他にも、 蕁麻疹が出たり、 指をはさんだり、 ヒルにやられたり、、、 何人もの保健室の先生に、…

  • おもちちゃんの夏休み③ 〜遊びの天才

    おもちちゃんの動きはいつも読めない。 赤ちゃんのときから、 あんまり寝ない。 (周りにいる赤ちゃんや育児書と比べて) よく笑うけど、 よく泣く。 きっと赤ちゃんのときから、 彼女には意思が強く強く あったのかもしれないな。 どうしたらよいかわからなくて、 おしゃべりできるまでの育児は、 苦。 今は、 意思の疎通ができ、 それを超えて、、、 「わかってるから!」 とか、 「はいはい。」 とか、 おもちちゃんに言われて、 凹む。 ま、でも、、、 よく泣いてくれたからこそ、 たくさん向き合って よく遊んであげられたんだな。 おかげさまで、 おもちちゃんは、 いつも、 いきいきと 遊ぶ子どもになった!…

  • おもちちゃんの夏休み② 〜桃狩り

    桃大好き!! 2年前の夏、 おもちちゃんは人生初の桃狩りを経験した。 ばぁばとバスツアーに参加。 未就学児にも関わらず、 大人と同じ料金を支払わされた。 しかし、おもちちゃんは、 私の損した気分を吹っ飛ばしてくれるほど バスツアーを楽しみ、 桃は自分でむしゃむしゃ大量に食べた。 そんなわけで、 今年の桃狩りも楽しみにしていた。 今回は、自分たちの車で桃狩りへ。 思ったより広い敷地内を自由に桃狩りできるところ。 入り口には、すでに冷やした桃と、プラムもあった。 それなりに厳選して桃を選び、食べてみたが、 どれもとてもかたい桃。 でも、従姉妹親子と珍しくじぃじとばぁばとのお出かけを 楽しんだ。 次…

  • おもちちゃん(娘)の夏休み① 〜すいか割り

    実家でスイカ割り 娘、今日から2学期スタート。 去年より短いけど、 母としては、ちょうどよい。 ただ、先生方のことを考えると、 辛い。 年休(有給)なんて、ほとんど使えずに終わる教員にとって、 夏休みの研修以外の日にやっとこさ数日取れるかどうかなのに、 今年は、消毒作業やら、行事の見直しやら、さらに忙しかっただろうなぁ。 本当に、お疲れ様です。 さて、 おもちちゃんといえば、 この恐ろしい暑さの夏休みも、 いたって元気でおりました。 精神的に弱い母は、 少しでも体が熱いと、やばい熱中症かと疑い、 少し咳しただけで、やばいコロナかと疑い、 日々、健康に安全に過ごすことが こんなにも大変だったかし…

  • 小学2年生女の子のささやかな願い☆

    娘の願望。 甘えたい。 これが一番だとわかった。 突然、 お風呂上がりに、 「1つお願いが聞いてもらえるならさ、、、」 ん? 「1ヶ月に1回、 母に1日中甘えていい日があればいいのにって 思うんだ。」 え? いつも、 一人っ子ちゃんらしく、 わがままで、 自由奔放で、 おもちちゃん(娘)は 甘えん坊ですよね? 私「その日は、どんな日になるのかな?」 おもち「1日中、母がニコニコしてる日なの。 朝から夜まで、ずーーーっと。」 ほぅ。 すっかり、 私としては、 かなり、 甘えさせていると思っていたのに。 そういうことか。 ぶつぶつ言わずに、 眉間にしわをよせずに、 1日笑顔で過ごすことなんて、 確…

  • 親子で楽しむ深イイ絵本☆ ⑤

    生きること。 劇団四季の「キャッツ」を まだ結婚もしていない 若いときに観に行ったことがある。 すごい楽しみにしていたのに、 教員生活があまりにきつく、 疲れきっていたのか、 素晴らしい音楽の中で、 心地よく眠ってしまった。 後半、なんとか集中してみて 感じたことは、 「100万回生きたねこ」 に通じるなということ。 どうしてそう思ったのかとか、 「キャッツ」のストーリーとか、 音楽とか、 忘れちゃったけど。 佐野洋子作 「100万回生きたねこ」 久しぶりに読んで、 やっぱり深い話だと思った。 100万回生きていた猫は、ほぼ愛されていた猫。 最後の1回は、 心の底から「愛する存在」に出会って、…

  • あさイチに「ヨシタケシンスケ 」さんが出演!! 〜もっとファンになっちゃった☆

    やった!! 「ヨシタケシンスケ 」がテレビに出るなんて!! これまで、ブログで、 何冊かヨシタケシンスケ の絵本を登場させていた。 anko-no-nikki.com anko-no-nikki.com anko-no-nikki.com anko-no-nikki.com ここまでブログに登場させているということは、 自分が思っている以上に 、 「ヨシタケシンスケ 」に 結構ハマっていたことがわかる。 朝ドラ「エール」再放送も やっぱり楽しくて、 今週はちゃんと見ていて、 その延長で、 あさイチのスタートも見ていた。 そのおかげで、 「ヨシタケシンスケ 」出演に気づけた! 即、録画。 今日、…

  • アトピー性皮膚炎の私、うっかり薬をきらしてしまった。

    もう歯磨きと一緒だ。 最近、病院はどこも混んでいる。 今月、 ねんざをして整形外科に行っても、 銀歯が取れて歯医者に行っても、 婦人科で薬をもらいに行っても、 どこも混み合っていた。 だから、 ついつい、面倒になってしまうのが、 皮膚科。 すでに、飲み薬は飲みきっていたけど、 少し強い塗り薬がなくなっていることに気づいていたけど、 保湿剤は少しあったから、 皮膚科へ行くのを先延ばしにした。 結果、 症状はどんどん悪化。 かゆくて夜中に目が覚めた。 かきすぎて指がぱっくり傷ができた。 昼間、かゆくて集中できない。 あぁ〜 なんだか、 この状況に慣れている自分がいる。 やばい! と思えなくなってい…

  • ケンカしたまま娘を学校へ行かせてしまった日②

    おもちちゃん(娘)、人の優しさに触れる。 ケンカしたまま登校させたおもちちゃんが 無事に帰ってきた。 「今日はごめんね。」 先にあやまった私。 「嫌な思いさせちゃったよね。」 と。 おもちちゃんは、 「私こそ、ごめんなさい。」 って、 素直に謝った。 そして、 「遠くから聞こえたんだけど、 がんばってー!って、 叫んだ?」 と。 う、うん。 「近くの人に見られて、 恥ずかしかったんだけど〜」 す、す、すまん。 「あのさ、 学校に行く途中、 冷たい!と思ったら、 自分の涙だったんだ〜」 と、笑いながら言い、 いつも正門前の横断歩道で立っていてくれる 学校の警備員さんが、 おもちちゃんに向かって、…

  • ケンカしたまま娘を学校へ行かせてしまった日。

    おもちちゃん(娘)、涙の登校日。 ご飯のルール。 ご飯は食べられる分だけ自分でよそる。 残さないために。 朝、少し遅くなり、 大好きな父と学校へ行けない時間になってしまい、 余計にグズグズになった。 お茶碗のご飯も減らない。 イラっとした私は、 小言をブツブツ。 おもちちゃん(小2)、 一人で学校へ行かなくてはいけないこと、 準備が遅くなってしまったことで、 ご飯を食べる気分がさらになくなる。 母の意地を こんなときに出してしまった。 「ご飯を食べられないで 腹ペコで学校に行かなくてはいけない子もいるのに、 食べられる子がなぜ食べないでメソメソするのよ。 最後まで食べてから行きなさい!」 しょ…

  • 山口百恵「プレイバック Part2」の曲が耳から離れない娘。

    NHK教育 「ムジカ・ピッコリーノ」の影響 この「ムジカ・ピッコリーノ」という番組は、 音楽のを基本を学べるように子どもがわかりやすいような 物語になっている。 この前は、 山口百恵が題材になっていて、 「かわいい」じゃない、 「かっこいい」アイドルがいたということを 知るというエピソードだった。 ♪「バカにしないでよ、そっちのせいよ」 の部分をかわいらしく歌っても、 モンストロ(物語に出てくるモンスター?)は反応せず、 かっこよく歌ったことで モンストロが反応するという流れ。 最後に、一曲演奏された。 それを見ていたおもちちゃん(娘)は、 その夜、 ♪「馬鹿にしないでよ〜、そっちのせいよぉ〜…

  • 今いる世界が全てではないということを知る。 〜「死ぬんじゃねーぞ!!」

    中川翔子「死ぬんじゃねーぞ!!」を読んで。 外出自粛制限が出たことをきっかけに、 ブログを始めることになった。 SNSを利用して生活をすることが当たり前になった時代の中で、 私は、唯一「LINE」というツールが便利だなぁと実感していたくらいで、 他は、ほとんど触れたことはなかった。 (YouTubeさえ、ほとんど見たことなかった。) ブログを始めてみて、他人のブログを読むようになった。 いろいろな世界があるなぁ、 いろいろな楽しみ方があるなぁ、 素敵な考え方だなぁ、 と感心することも多い。 今回、中川翔子「死ぬんじゃねーぞ!!」を読む きっかけになったのは、 図書館で目に入ったから。 以前、ラ…

  • NHK「サンドのお風呂いただきます」 〜感謝の言葉を引き出す天才。

    芸人さんの仕事力 魅力ある芸人さん、 何人かいるけど、 サンドウィッチマンの魅力は、 このNHK「サンドのお風呂いただきます」で かなり輝きを見せている。 お風呂を通して、 人の心をあたたかく ほぐしてくれて、 なんのプレッシャーも与えずに、 自然な形で、 支え合ってきた家族への感謝の気持ちを 引き出す。 「純烈」スペシャルの話も、 長い長い下積み時代から 苦労して、悩んで、 仲間と乗り越えてきた話と共に、 家族への感謝の気持ちを 引き出されていた。 感謝なくして 成功なし! 本当に、お風呂のように あたたかい番組になっているのも、 サンドウィッチマンの魅力が 柱になっているからだと感じた。 …

  • 親子で楽しむ深イイ絵本☆ ④ 〜娘から教わる。

    他人との違いを認め、 他者と自分を受け入れられるようになる本。 最近、近くの図書館に 2週間に1度くらいは行っている。 家族で読書にはまっている。 絵本コーナーでうろつく私に、 おもちちゃんが、すすめてくれた本が、これ。 「みえるとか みえないとか」 作 ヨシタケシンスケ 相談 伊藤亜紗 「みんな同じ」 は、ありえないと教えてくれて、 人と違うからこそおもしろいということも 教えてくれて、 でも、 最後に、 どんなに違っていても、 「自分と同じところがあるとおもう。」 と。 他人と共感する部分を 探せば必ず見つけられるはずだ! というメッセージがあって、 その一つの例が、 「お母さん」への想い…

  • 音楽の日② 〜音楽の力はすごい!

    音楽は希望☆ 素晴らしい番組だった。 いきものがかりが「YELL」を、 高校生の合唱団と一緒に 披露したのを見たとき、 高校生、一人一人が 希望の光に見えた。 3人で再出発となったNEWSが 「生きろ」を全力で歌うのを見て、 人間の強さを感じた。 ISSAと城田優が「リメンバーミー」を歌う姿を見て、 人が人に寄り添う、あたたかい優しさが見えた。 大トリで、 嵐が「カイト」を歌っているのを見て、 理由なんかわからなくても 音楽は人の心を動かしてくれるものだと思った。 そうそう、 大好きな平原綾香が、 気持ちよさそうに歌っているのを見て、 「平原綾香になりたいなぁ。」 とつぶやいたら、 おもちちゃ…

  • 森山直太朗「生きることが辛いなら」を聴いて。 〜音楽の日。

    深い。 今日、録画していた「音楽の日」を観た。 朝ドラ「エール」のファンだから、 藤堂先生(森山直太朗)が出て嬉しかった! おもちちゃん(娘)は、 「藤堂先生、歌うまっ!!」 って驚いていた。 夕飯準備しながら見ていたから、 巻き戻してもらって、 集中して聴き直した。 心に響く。 心にしみる。 心が震える。 そんな演奏だった。 作詞は、 「御徒町凧(おかまちかいと)」という方のようだ。 辛くて辛くて仕方ない人に、 寄り添った詩だと感じた。 「生きることが辛い」って、 一度でも感じたことがあって、 いま、生きている人は、 強くて優しい人が多いと思う。 辛くて仕方ないときは、 先のことなんて 考え…

  • 汗をかくのが下手だという事実。〜熱中症注意!

    熱中症になりやすい体質。 1年前、 引っ越して1ヶ月後の9月に、 熱中症で救急車に搬送された。 おもちちゃん(娘)は、小学1年生にして、 救急車に、引率者として乗ることに。 本当に、怖い想いをさせてしまった。 私は、 1ヶ月、家の片付けで、 ほとんど外に出ることなく、 運動もせずにいた。 家が落ち着いて、運動しないと! と思って、 ホットヨガの体験に。 1リットルの水をもらい、 体験。 尋常じゃない汗をかいて、 体も心もスッキリ! 調子にのって、 そのまま買い物をすること4時間。 水しか体に入れてなかった。 お腹ペコペコと思ったときには、 もう気持ち悪くなり始め、 やっとの思いで家に帰ったら、…

  • 担任の先生からの電話にとまどう母。

    学校からの電話 ちょうど1年前、 おもちちゃん(娘)が1年生で、 学校からの初電話。 おもらしでもしたかなぁ、 女の子と喧嘩したかなぁ、 なんて思ったら、 おもちちゃんが、 男子に蹴りを入れたと。。。 ん? 主語は、 「おもちちゃんが」 ですか? わぉ。 まさかの加害者〜。 初電話で。 事情を聞いて、 いろいろ納得。 家族会議も開いて、 いろいろ考えた。 それからは、 特に問題なく? 2年生になれた。 学校からの電話、 忘れたころに やってくる。 ドキドキ。 びくびく。 今年は、一体、、、。 「おもちちゃん、 いつもみんなの見本になってくれていて、 ぼくがみんなの前でほめすぎてしまったから、 …

ブログリーダー」を活用して、anko-no-nikkiさんをフォローしませんか?

ハンドル名
anko-no-nikkiさん
ブログタイトル
anko-no-nikki
フォロー
anko-no-nikki
カテゴリー一覧
商用