searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

anko-no-nikkiさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
anko-no-nikki
ブログURL
https://anko-no-nikki.com/
ブログ紹介文
元小学校教員が、小学生の娘を育てたら、、、。たまに、15年勤めた教員生活思い出す。
更新頻度(1年)

9回 / 30日(平均2.1回/週)

ブログ村参加:2020/08/22

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、anko-no-nikkiさんの読者になりませんか?

ハンドル名
anko-no-nikkiさん
ブログタイトル
anko-no-nikki
更新頻度
9回 / 30日(平均2.1回/週)
読者になる
anko-no-nikki

anko-no-nikkiさんの新着記事

1件〜30件

  • ピアノを使った娘のクイズに苦戦する母。

    ピアノ 小学校2年生の娘、 おもちちゃんは、 5歳〜6歳(小学校上がるまで) 音楽教室のグループレッスンに通っていた。 母の強い希望で。 音楽大好きだけど、 楽器が何一つできず、 楽譜が読めない自分に 後悔があった。 おもちちゃんは、 明るいし、 きっと楽しんでくれるはず、 私のような後悔がないようにと、 勝手な想いも追加して、 2年間、半強制的に、 通わせていた。 さすがに、 小学生になるにあたり、 本人の意思を 尊重しなければと 思い、 音楽教室は辞めた。 不思議と、 辞めてから、 練習しなくてよくなってから、 おもちちちゃんは 楽しそうに ピアノに向かうようになった。 そういうもんなのか…

  • 人間ドック、年1で10年を超えるが、毎回緊張する。

    毎年、お出かけが増える夏は、 太る。 美味しいものをいっぱい食べるから。 今年は、 夏休みに入る前にやろう! と決めて、 5月に人間ドックの予約したのに、 延期。 結局、いつも通り、 9月。 毎年じわじわ太っているのが 数値であらわに。 自分の体重やら、体脂肪率やら、腹囲を 目の当たりにする瞬間も緊張するが、 やっぱり、 血液を取られるのが 1番の緊張。 うちの師匠に相談した。 おもちちちゃん、 娘、小学校2年生、女子。 「母、注射が嫌いだから、 血をとるのは、 怖いよね〜」 と、まずは共感。 「私も、血を取られるの怖かったなぁ。」 と、2月に行ったアレルギー検査を、 昔のことを思い出すように…

  • 小学2年生女子の絵本作り。 

    絵本作り第4段が面白い。 今年に入って、 おもちちゃん(娘)は、 ミニミニ絵本を4冊作った。 1冊目は、学校の図工の授業で 余った時間で取り組んだそうだ。 2冊目、3冊目は、 その続き。 手のひらに乗るミニサイズの絵本。 久しぶりに、 昨日、 「絵本を作ったから、 読んで〜」 と、おもちちゃん。 自信作か?! 見せてくれたのは、これ。 ↓ 題名 「おもちのひみつの日記」 表紙の絵 ・・・こんな感じ。 本文 こどものおもちには、 おとなにも だれにも はなせなかったこと・・・ おもちは、 ヒミツのにっきをかくことを きめたのさ! いやなこと、 うれしいことを かきまくって どこかにかくして、 い…

  • 防災・防犯 〜日常からの意識

    小学2年生の娘。 いつかは、 いや、 もう少しずつ、 母の手を離れていく。 赤ちゃんのときは 当たり前だが 娘の全てを守ってきた。 もう、 おもちちゃん(娘)を 直接守ってあげられることが できなくなるんだな。 1人でできることが増えて、 行動範囲も広くなって、 1人で過ごせる時間も きっと長くなっていく。 だから、 今こそ、 自分の身は自分で守る術を 教えていかなきゃいけない。 何から一体教えたらいいか 難しいところだが、 チャンスと思った時に あんこ家は、 教えていくことにしている。 学校から帰ってきたとき、 家に母がいなかったら。 ①ランドセルにある鍵で家に入る。 ②鍵がなかったら、携帯…

  • 9月1日防災の日 〜避難訓練を意味のあるものに。

    避難訓練をしてよかったこと。 小学校教員時代、 心から避難訓練をしていてよかったと思ったことがある。 1年生は、初めてのことばかりなので、 避難訓練も、 ちょっと不安が強い子は、 サイレンの音を聞いて、 たまに泣いてしまう子がいる。 防災ずきんのかぶり方も 1から教えないといけない。 いつだか、 訓練中に 笑ってしまいそうになったことがある。 防災ずきんと言えば、 頭にかぶるものだが、 Aくんは、 頭がむきだしになっていた。 縦と横を完全にまちがっていたのだ。 でも、本人としては、 ゴムが首にきているし、 かぶっている感覚だったのだろう。 校庭に並ばせてから気づいた。 本番でなくて よかった。…

  • おもちちゃん、保健室に行く。

    保健室 保健室、癒しの場。 小学校教員時代、 子どもたちだけでなく、 私自身もお世話になってしまった。 まだ、若いときで、 生理痛がひどくて、 痛み止めも自分で常備していないとき。 教室から、這うようにして保健室へ向かった。 優しい、男子数名が支えてくれて。 1時間ほど休ませてもらって、 市販の痛み止めを飲んで その日を乗り切った。 すっかりベテランの域に入ってしまったとき、 身に覚えのない、 歯の痛み? 歯肉の痛み? 怖くなって、保健室へ。 親知らずが生え始めていると 教えてもらい、 後日病院へ。 他にも、 蕁麻疹が出たり、 指をはさんだり、 ヒルにやられたり、、、 何人もの保健室の先生に、…

  • おもちちゃんの夏休み③ 〜遊びの天才

    おもちちゃんの動きはいつも読めない。 赤ちゃんのときから、 あんまり寝ない。 (周りにいる赤ちゃんや育児書と比べて) よく笑うけど、 よく泣く。 きっと赤ちゃんのときから、 彼女には意思が強く強く あったのかもしれないな。 どうしたらよいかわからなくて、 おしゃべりできるまでの育児は、 苦。 今は、 意思の疎通ができ、 それを超えて、、、 「わかってるから!」 とか、 「はいはい。」 とか、 おもちちゃんに言われて、 凹む。 ま、でも、、、 よく泣いてくれたからこそ、 たくさん向き合って よく遊んであげられたんだな。 おかげさまで、 おもちちゃんは、 いつも、 いきいきと 遊ぶ子どもになった!…

  • おもちちゃんの夏休み② 〜桃狩り

    桃大好き!! 2年前の夏、 おもちちゃんは人生初の桃狩りを経験した。 ばぁばとバスツアーに参加。 未就学児にも関わらず、 大人と同じ料金を支払わされた。 しかし、おもちちゃんは、 私の損した気分を吹っ飛ばしてくれるほど バスツアーを楽しみ、 桃は自分でむしゃむしゃ大量に食べた。 そんなわけで、 今年の桃狩りも楽しみにしていた。 今回は、自分たちの車で桃狩りへ。 思ったより広い敷地内を自由に桃狩りできるところ。 入り口には、すでに冷やした桃と、プラムもあった。 それなりに厳選して桃を選び、食べてみたが、 どれもとてもかたい桃。 でも、従姉妹親子と珍しくじぃじとばぁばとのお出かけを 楽しんだ。 次…

  • おもちちゃん(娘)の夏休み① 〜すいか割り

    実家でスイカ割り 娘、今日から2学期スタート。 去年より短いけど、 母としては、ちょうどよい。 ただ、先生方のことを考えると、 辛い。 年休(有給)なんて、ほとんど使えずに終わる教員にとって、 夏休みの研修以外の日にやっとこさ数日取れるかどうかなのに、 今年は、消毒作業やら、行事の見直しやら、さらに忙しかっただろうなぁ。 本当に、お疲れ様です。 さて、 おもちちゃんといえば、 この恐ろしい暑さの夏休みも、 いたって元気でおりました。 精神的に弱い母は、 少しでも体が熱いと、やばい熱中症かと疑い、 少し咳しただけで、やばいコロナかと疑い、 日々、健康に安全に過ごすことが こんなにも大変だったかし…

  • 小学2年生女の子のささやかな願い☆

    娘の願望。 甘えたい。 これが一番だとわかった。 突然、 お風呂上がりに、 「1つお願いが聞いてもらえるならさ、、、」 ん? 「1ヶ月に1回、 母に1日中甘えていい日があればいいのにって 思うんだ。」 え? いつも、 一人っ子ちゃんらしく、 わがままで、 自由奔放で、 おもちちゃん(娘)は 甘えん坊ですよね? 私「その日は、どんな日になるのかな?」 おもち「1日中、母がニコニコしてる日なの。 朝から夜まで、ずーーーっと。」 ほぅ。 すっかり、 私としては、 かなり、 甘えさせていると思っていたのに。 そういうことか。 ぶつぶつ言わずに、 眉間にしわをよせずに、 1日笑顔で過ごすことなんて、 確…

  • 親子で楽しむ深イイ絵本☆ ⑤

    生きること。 劇団四季の「キャッツ」を まだ結婚もしていない 若いときに観に行ったことがある。 すごい楽しみにしていたのに、 教員生活があまりにきつく、 疲れきっていたのか、 素晴らしい音楽の中で、 心地よく眠ってしまった。 後半、なんとか集中してみて 感じたことは、 「100万回生きたねこ」 に通じるなということ。 どうしてそう思ったのかとか、 「キャッツ」のストーリーとか、 音楽とか、 忘れちゃったけど。 佐野洋子作 「100万回生きたねこ」 久しぶりに読んで、 やっぱり深い話だと思った。 100万回生きていた猫は、ほぼ愛されていた猫。 最後の1回は、 心の底から「愛する存在」に出会って、…

  • あさイチに「ヨシタケシンスケ 」さんが出演!! 〜もっとファンになっちゃった☆

    やった!! 「ヨシタケシンスケ 」がテレビに出るなんて!! これまで、ブログで、 何冊かヨシタケシンスケ の絵本を登場させていた。 anko-no-nikki.com anko-no-nikki.com anko-no-nikki.com anko-no-nikki.com ここまでブログに登場させているということは、 自分が思っている以上に 、 「ヨシタケシンスケ 」に 結構ハマっていたことがわかる。 朝ドラ「エール」再放送も やっぱり楽しくて、 今週はちゃんと見ていて、 その延長で、 あさイチのスタートも見ていた。 そのおかげで、 「ヨシタケシンスケ 」出演に気づけた! 即、録画。 今日、…

  • アトピー性皮膚炎の私、うっかり薬をきらしてしまった。

    もう歯磨きと一緒だ。 最近、病院はどこも混んでいる。 今月、 ねんざをして整形外科に行っても、 銀歯が取れて歯医者に行っても、 婦人科で薬をもらいに行っても、 どこも混み合っていた。 だから、 ついつい、面倒になってしまうのが、 皮膚科。 すでに、飲み薬は飲みきっていたけど、 少し強い塗り薬がなくなっていることに気づいていたけど、 保湿剤は少しあったから、 皮膚科へ行くのを先延ばしにした。 結果、 症状はどんどん悪化。 かゆくて夜中に目が覚めた。 かきすぎて指がぱっくり傷ができた。 昼間、かゆくて集中できない。 あぁ〜 なんだか、 この状況に慣れている自分がいる。 やばい! と思えなくなってい…

  • ケンカしたまま娘を学校へ行かせてしまった日②

    おもちちゃん(娘)、人の優しさに触れる。 ケンカしたまま登校させたおもちちゃんが 無事に帰ってきた。 「今日はごめんね。」 先にあやまった私。 「嫌な思いさせちゃったよね。」 と。 おもちちゃんは、 「私こそ、ごめんなさい。」 って、 素直に謝った。 そして、 「遠くから聞こえたんだけど、 がんばってー!って、 叫んだ?」 と。 う、うん。 「近くの人に見られて、 恥ずかしかったんだけど〜」 す、す、すまん。 「あのさ、 学校に行く途中、 冷たい!と思ったら、 自分の涙だったんだ〜」 と、笑いながら言い、 いつも正門前の横断歩道で立っていてくれる 学校の警備員さんが、 おもちちゃんに向かって、…

  • ケンカしたまま娘を学校へ行かせてしまった日。

    おもちちゃん(娘)、涙の登校日。 ご飯のルール。 ご飯は食べられる分だけ自分でよそる。 残さないために。 朝、少し遅くなり、 大好きな父と学校へ行けない時間になってしまい、 余計にグズグズになった。 お茶碗のご飯も減らない。 イラっとした私は、 小言をブツブツ。 おもちちゃん(小2)、 一人で学校へ行かなくてはいけないこと、 準備が遅くなってしまったことで、 ご飯を食べる気分がさらになくなる。 母の意地を こんなときに出してしまった。 「ご飯を食べられないで 腹ペコで学校に行かなくてはいけない子もいるのに、 食べられる子がなぜ食べないでメソメソするのよ。 最後まで食べてから行きなさい!」 しょ…

  • 山口百恵「プレイバック Part2」の曲が耳から離れない娘。

    NHK教育 「ムジカ・ピッコリーノ」の影響 この「ムジカ・ピッコリーノ」という番組は、 音楽のを基本を学べるように子どもがわかりやすいような 物語になっている。 この前は、 山口百恵が題材になっていて、 「かわいい」じゃない、 「かっこいい」アイドルがいたということを 知るというエピソードだった。 ♪「バカにしないでよ、そっちのせいよ」 の部分をかわいらしく歌っても、 モンストロ(物語に出てくるモンスター?)は反応せず、 かっこよく歌ったことで モンストロが反応するという流れ。 最後に、一曲演奏された。 それを見ていたおもちちゃん(娘)は、 その夜、 ♪「馬鹿にしないでよ〜、そっちのせいよぉ〜…

  • 今いる世界が全てではないということを知る。 〜「死ぬんじゃねーぞ!!」

    中川翔子「死ぬんじゃねーぞ!!」を読んで。 外出自粛制限が出たことをきっかけに、 ブログを始めることになった。 SNSを利用して生活をすることが当たり前になった時代の中で、 私は、唯一「LINE」というツールが便利だなぁと実感していたくらいで、 他は、ほとんど触れたことはなかった。 (YouTubeさえ、ほとんど見たことなかった。) ブログを始めてみて、他人のブログを読むようになった。 いろいろな世界があるなぁ、 いろいろな楽しみ方があるなぁ、 素敵な考え方だなぁ、 と感心することも多い。 今回、中川翔子「死ぬんじゃねーぞ!!」を読む きっかけになったのは、 図書館で目に入ったから。 以前、ラ…

  • NHK「サンドのお風呂いただきます」 〜感謝の言葉を引き出す天才。

    芸人さんの仕事力 魅力ある芸人さん、 何人かいるけど、 サンドウィッチマンの魅力は、 このNHK「サンドのお風呂いただきます」で かなり輝きを見せている。 お風呂を通して、 人の心をあたたかく ほぐしてくれて、 なんのプレッシャーも与えずに、 自然な形で、 支え合ってきた家族への感謝の気持ちを 引き出す。 「純烈」スペシャルの話も、 長い長い下積み時代から 苦労して、悩んで、 仲間と乗り越えてきた話と共に、 家族への感謝の気持ちを 引き出されていた。 感謝なくして 成功なし! 本当に、お風呂のように あたたかい番組になっているのも、 サンドウィッチマンの魅力が 柱になっているからだと感じた。 …

  • 親子で楽しむ深イイ絵本☆ ④ 〜娘から教わる。

    他人との違いを認め、 他者と自分を受け入れられるようになる本。 最近、近くの図書館に 2週間に1度くらいは行っている。 家族で読書にはまっている。 絵本コーナーでうろつく私に、 おもちちゃんが、すすめてくれた本が、これ。 「みえるとか みえないとか」 作 ヨシタケシンスケ 相談 伊藤亜紗 「みんな同じ」 は、ありえないと教えてくれて、 人と違うからこそおもしろいということも 教えてくれて、 でも、 最後に、 どんなに違っていても、 「自分と同じところがあるとおもう。」 と。 他人と共感する部分を 探せば必ず見つけられるはずだ! というメッセージがあって、 その一つの例が、 「お母さん」への想い…

  • 音楽の日② 〜音楽の力はすごい!

    音楽は希望☆ 素晴らしい番組だった。 いきものがかりが「YELL」を、 高校生の合唱団と一緒に 披露したのを見たとき、 高校生、一人一人が 希望の光に見えた。 3人で再出発となったNEWSが 「生きろ」を全力で歌うのを見て、 人間の強さを感じた。 ISSAと城田優が「リメンバーミー」を歌う姿を見て、 人が人に寄り添う、あたたかい優しさが見えた。 大トリで、 嵐が「カイト」を歌っているのを見て、 理由なんかわからなくても 音楽は人の心を動かしてくれるものだと思った。 そうそう、 大好きな平原綾香が、 気持ちよさそうに歌っているのを見て、 「平原綾香になりたいなぁ。」 とつぶやいたら、 おもちちゃ…

  • 森山直太朗「生きることが辛いなら」を聴いて。 〜音楽の日。

    深い。 今日、録画していた「音楽の日」を観た。 朝ドラ「エール」のファンだから、 藤堂先生(森山直太朗)が出て嬉しかった! おもちちゃん(娘)は、 「藤堂先生、歌うまっ!!」 って驚いていた。 夕飯準備しながら見ていたから、 巻き戻してもらって、 集中して聴き直した。 心に響く。 心にしみる。 心が震える。 そんな演奏だった。 作詞は、 「御徒町凧(おかまちかいと)」という方のようだ。 辛くて辛くて仕方ない人に、 寄り添った詩だと感じた。 「生きることが辛い」って、 一度でも感じたことがあって、 いま、生きている人は、 強くて優しい人が多いと思う。 辛くて仕方ないときは、 先のことなんて 考え…

  • 汗をかくのが下手だという事実。〜熱中症注意!

    熱中症になりやすい体質。 1年前、 引っ越して1ヶ月後の9月に、 熱中症で救急車に搬送された。 おもちちゃん(娘)は、小学1年生にして、 救急車に、引率者として乗ることに。 本当に、怖い想いをさせてしまった。 私は、 1ヶ月、家の片付けで、 ほとんど外に出ることなく、 運動もせずにいた。 家が落ち着いて、運動しないと! と思って、 ホットヨガの体験に。 1リットルの水をもらい、 体験。 尋常じゃない汗をかいて、 体も心もスッキリ! 調子にのって、 そのまま買い物をすること4時間。 水しか体に入れてなかった。 お腹ペコペコと思ったときには、 もう気持ち悪くなり始め、 やっとの思いで家に帰ったら、…

  • 担任の先生からの電話にとまどう母。

    学校からの電話 ちょうど1年前、 おもちちゃん(娘)が1年生で、 学校からの初電話。 おもらしでもしたかなぁ、 女の子と喧嘩したかなぁ、 なんて思ったら、 おもちちゃんが、 男子に蹴りを入れたと。。。 ん? 主語は、 「おもちちゃんが」 ですか? わぉ。 まさかの加害者〜。 初電話で。 事情を聞いて、 いろいろ納得。 家族会議も開いて、 いろいろ考えた。 それからは、 特に問題なく? 2年生になれた。 学校からの電話、 忘れたころに やってくる。 ドキドキ。 びくびく。 今年は、一体、、、。 「おもちちゃん、 いつもみんなの見本になってくれていて、 ぼくがみんなの前でほめすぎてしまったから、 …

  • 育児でイライラしたら聴く曲 〜おすすめ③

    ふるさとのかおり☆ 嵐「カイト」 とてもイイ曲♪ 嵐の曲は、嵐の人柄が出ている!! 特にこの曲は、 サビのところで、 グッと胸をわしづかみされる。 娘が、小学生にあがってから 急に嵐が好きになった。 私は、特にジャニーズにはまったことはない。 おもちちゃんも、嵐の人柄にほれているよう。 なんだかわかる。 この「カイト」、 歌詞の中に、 「君の夢よ 叶えと願う」 とあるが、 我が子の夢よ、叶えと願う気持ちと、 自分自身の夢を叶えていこうよ!という 気持ちも伝わってきて、 じ〜んとする。 子育てに没頭して、 疲れきってカスカスの心に しみてくる。 米津さんは、 励まし上手だなぁ。 お母さんのイライ…

  • ねんざした母を励ます娘の言葉。 〜ことわざで。

    全力の励まし テニスでねんざ。 まだ始めたばかり。 これから楽しくなるところで、 グキッ。 夜は、湿布を貼って、 あまり動かないようにして、 凹んでいた。 夕飯後、 おもちちゃん(娘)から 全力で励ましを送ってきた。 「千里の道も一歩からでしょ!」 って。 まさかのことわざ。 「今はさ、痛いかもしれないし、 辛いかもしれないけどさ、 よくなったら、 また動画みて、 練習して、練習して、 うまくなるんだから、 大丈夫だよ!」 って。 特に、テニスは運動不足のために始めて、 選手になるとかそういうんじゃないけど、 おもちちゃんからの励ましは全力でした。 ありがたい。 申し訳ない。 早く足がよくなっ…

  • お寿司屋さんでお皿の柄をチェックする娘。

    めざとい いろいろあって、 平日だけど、 元気を出すためにも、 お寿司屋さんで夕飯を食べた。 久しぶりにお店でのお寿司。 やっぱり、 お持ち帰りより 美味しい! お寿司が大好きなおもちちゃん(娘)は、 嬉しそうだった。 私は、 トロ3種盛りだの、炙り3種盛りだの 頼んでいたこともあり、 おもちちゃんが食べているお皿の柄とは全然違った。 そこに気づいたおもちちゃん、 すかざず、 「あ、そのお皿650円のやつ! 高いやつだね!」 という指摘。 なぜ値段がわかったのか聞くと、 お皿が一覧表のように飾られ、 それを見たと。 めざとい。 ただ、 「美味しい、美味しい!」 と食べさせてやりたかった気がする…

  • 育児でイライラしたら聴く曲 〜おすすめ②

    これから先もずっと味方だよ☆ AI「ギフト」 とても素敵な曲♪ AIの曲は、元気が出る!! 自然と笑顔になれる!! もし、 おもちちゃん(娘)に彼氏ができたら、 私、 ひとり、 カラオケでこの曲を歌って、 寂しさを紛らわすつもりだ。 今日のおもちちゃんは、 おやつのあんぱんを、 9割ほど食べてから、 「あれ? これはつぶ? こしじゃなくてつぶ?」 と、 ぶつぶつ言って、 私に最後の 一口だけを 食べさせたりしている。。。

  • IPPPNグランプリで、笑って学ぶ!

    娘と楽しむお笑い番組 不定期に行われる大喜利「IPPONグランプリ」!! 今回は、おもちちゃん(娘)と大笑いしながら観た。 今までは、この番組をおもちゃんと見ることはなかった。 一緒に笑えるなんて、成長を感じる。 (たまに、わからない言葉もあるので、説明することも。。。) 出演者(回答者)の頭のよさ、 頭のやわらかさ、発想の豊かさに 驚かされながら、 たくさん、たくさん、 笑えた。 この番組で好きになった「博多大吉」がいなくて 残念だったが、 今回初出場のミルクボーイ駒場、 アインシュタイン稲田の回答がツボで、 好きになりそうだった。 今回、初めて、 その場の緊張感が伝わってきて、 バカリズム…

  • 育児でイライラしたら聴く曲 〜おすすめ①

    原点に戻る 平原綾香「おひさま〜大切なあなたへ」 この曲、癒される。 そして、 娘をやっと授かって、 やっと出会えた日のことを思い出す。 そうそう、 この気持ちを思い出せば、 目の前のイライラの原因は、 ニコニコの理由に変わるよね!! 1年前、 念願の平原綾香のコンサートに行った。 涙ながれて、 浄化されて 帰ってきた。 今は、コンサートに行くことが難しいけど、 数時間、 我が子と 離れているだけで、 会ったとき 少し優しくなれる。 お母さんたちの イライラよ、 飛んでいけ〜!!

  • 親子で楽しむ深イイ絵本☆ ③

    泣いて泣いて読めなくなる本 ある旅館に図書コーナーがあり、 自由に本を読めるスペースがあった。 そこで出会ったのが、 「いのちいただく 〜みいちゃんがお肉になる日」 原案 坂本義喜 作 内田美智子 この本を読む前と、後では、 「いただきます!」 を言うときの気持ちが大きく変わる。 「いただきます。 命をありがとう。 あなた方の分まで、 私がしっかり生きていきます。」 と言う、「誓い」にも似た気持ちが 自然とわくようになる。 (わいてほしい。) この本の素敵なところ、 「食育」だけではない。 「仕事」についても学ぶ。 子どもだけでなく、 大人になっても まだまだ知らない「仕事」が世の中にある。 …

カテゴリー一覧
商用