searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
パプ夫のキキピン観察日記
ブログURL
https://4efg.com/pp/
ブログ紹介文
🇯🇵父と🇰🇭ハーフっ娘の二人暮らし。大阪ときどきシエムリアップ。バンコク、パタヤ、サイゴン、KL、いずれはvangviengも。
更新頻度(1年)

17回 / 26日(平均4.6回/週)

ブログ村参加:2020/08/16

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、kikipinjpさんの読者になりませんか?

ハンドル名
kikipinjpさん
ブログタイトル
パプ夫のキキピン観察日記
更新頻度
17回 / 26日(平均4.6回/週)
読者になる
パプ夫のキキピン観察日記

kikipinjpさんの新着記事

1件〜30件

  • キキピン、扇風機を拭く。

     ここまでで父娘二人暮らしの概要はある程度書けたので、これからは日々の行動だったり細かい習性だったりも埋めていこうと思います。 昨日はミニ扇風機の囲いに付いた埃を綺麗に拭いていました。普段は綺麗好きとは対極にあり、その辺りは同い歳の男の子をも超越した無頓着ぶりを発揮していますが、たまに思いつきで変なことをします。 昨日もそうですが、きっかけとしてはパプ夫が何かを叱ったついでに素っ気ない態度をずっと

  • 令和2年9月の好きな歌

    【父の影響でアニソンとメイドカフェが趣味】 パプ夫が引き取った当初はパプリカ一択だったキキピンも、今では様々な曲を口ずさむようになりました。カラオケに行くとガイドボーカル無しでは歌えませんが、歌詞の覚えは異常に良く、ひらがなもろくに読めない頃から4、5曲を丸々暗唱しております。 1.裸の心(あいみょん)2.紅蓮華(LiSA)3.みちしるべ(茅原実里)4.PAiNT it BLACK(BiSH) 5

  • 締めにフランス人ばりの嫌味を一つ

     昨日まで「学校で一人だけ私服の巻」の後日談を二本立てでお届けしましたが、地球人に悪態をついたついでに、もう少しぐらい憎たらしいことを書いておこうと思います。 制服だ奨励服だ何だという話に付け加えて、同調圧力連合軍はメロン星パプ夫一個隊に攻め入るネタとして「キキピンに通学帽を被らせていない。」という点を突いて来ました。 急先鋒に駆り出された担任の先生(捕虜なのか志願兵なのかはともかく、ああ可哀想。

  • 学校で一人だけ私服の巻き−エピソード2

     さて、「小学生が学校で一人だけ私服」という、社会に何の害ももたらさない事象が「余計なお世話」によって大袈裟に取り扱われてその都度対応させられているパプ夫ですが、これ以上(見えない何かに)喧嘩を売られるなら.. 「そんなに子どもの意思が大事なら、学校の生徒全員にこのまま奨励服が良いか私服を着たいか聞いて、私服が良いと答えた子全員の親に私服を着せるよう勧めたらどうですか。それとも私が娘の友達に聞いて

  • 続・学校で一人だけ私服の巻き−その1

     キキピンが学校で一人だけ私服であることは以前にお伝えしましたが、いくつかの用件で担任の先生から電話があった際、最後にそのことでも話がありました。 なんでも、「お宅の娘っこ本人に聞いたら制服着たいと言っていて、、」「友達のお母さんが聞いたら、そう答えたというのをその友達が言ってきたので、改めて聞いてみたんですけど、、」だそうです。 本当に面倒臭いです。まず、なぜ友達のお母さんが聞く必要があるのかと

  • プリンタルトからの

     一昨日はくら寿司に行きました。キキピンは寿司屋に行くとほぼサーモン一択です。あとはシーチキンが好きなのと、パプ夫が注文して分け与えれば、気分次第でブリ、ハマチは食べるかなというところです。(そういえば「好きな食べ物」にサーモンを入れるのを忘れていた。。) イワシなどの光物やマグロも別に嫌いな訳ではなさそうです。「サーモンが選べるならサーモンが良い。他のものを選ぶと食べるサーモンが少なくなる。」と

  • ロン・ノル派の家系

     カンボジア人の奥様や旦那様がいらっしゃる方は、戦時中、または戦後に義父母がどの一派に属していたのかをご存知だったりするのでしょうか。 キキピンの祖母とその兄弟はどうやらロン・ノル派の一家だったようです。リトルミィ(キキピン母)は普段から眼鏡のおっさんの悪口ばかり言っていましたし(今もきっとそうでしょう)、ポル・ポトはもちろん、時に王室に対しても辛辣だったので、パプ夫も浅い知識で「元はロン・ノル派

  • パプ夫、ナーナーを語る

     バンコクのナーナー駅と言えば、ゴーゴーバー専用ビル「ナーナープラザ」で有名です。兼ね18〜12年ぐらい前が全盛と言われ(その前はシーロムのパッポン・ストリート)、その後はパタヤやアソーク駅前のソイ・カウボーイに比べて存在感が薄くなりました。今はどうだか全く分かりません。 スカイトレインに乗っていると、到着前に車内アナウンスで繰り返される、気の抜けた「ナーナー」がとても印象的です。 タイ語は声調が

  • キキピンに垣間見るクマエの血筋-その1

     パプ夫は人の性質のルーツを探るのが好きです。例えば、「対抗意識が強くなくて、職場で接し易いのは三人兄弟だからかなあ。」とか、「三人兄弟は他人のウンチクも真面目に聞いてくれるなあ。」とか、「関西人って意外に事なかれ主義だよなあ。」とか。住む場所や家庭環境が違えばそれぞれ特有の傾向が「性格」「人間性」に現れ、場合によっては有意差が生まれ得るものだと思っていて、過去の経験と今感じた事実とを自分なりに馴

  • パプ夫、ブンミリアを語る

    出典:Wikipedia.org 字面通り、より忠実に書くと「バゥンミァリア」でしょうか。母音"i"二つに挟まれた"ə"は無視しても通じるので、くど過ぎないように一つ目の「ア」は省いて書くようにしています。日本では「ベンメリア」という日本語で知られている、かの有名なアレです。ボンミエリアでも、バンミレアでも通じるかも知れません。 「ベンメリア」と言うと(日本

  • 母子三代リモート会議

     今やCOVID-19の煽りで「リモート面接」「リモート会議」が世間にすっかり定着しているようですが、キキピンはそれより少し(一年弱)早くにリトルミィとの親子チャットをこなすようになりました。 月に2回ほどは母方の祖母も交え、母子三代でリモート会議に興じています。今現在で言えば、祖母シエムリアップ、母四国、娘大阪の三地点を結んでいます。母も娘も一度ずつ引っ越していますが、(パプ夫が引き取って以来)

  • 京都河原町にも行って参りました

     稲荷山を軽々と踏破したキキピンは、この日のメインイベント(パプ夫にとっては後始末)である京都の街へ。 食事に商店街にデパートと一通りは揃っているので、取り敢えず子ども向けのスポットでないことは誤魔化せそうな雰囲気。京阪祇園四条から地上へ出るなり、まずは鴨川でパシャパシャ。 電車の中で白々しく「子どもの服なんか有ったかなあ。。ああ一応JENNIだけ有るかな。」と、絶妙にハードルを下げておいたので、

  • 伏見稲荷に行って参りました−その2

     駄駄を捏ねることもなく、一ノ峯まで軽快に飛ばすキキピン。どうやら「ここでパシャパシャしたら京都で子ども服を見よう。」が効いていたようです。四ツ辻(往路)で強請ってきたソフトクリームも「一周した後でな。」の一言でエネルギーに転嫁。元々、浴衣を買う前に「写真を撮らないんだったら買ってもなぁ。」と布石を打っておいた甲斐もあり、とても上手く行きました。 オンコーワット<Angkor Wat>

  • 伏見稲荷に行って参りました−その1

     先日、京都の伏見稲荷大社と四条界隈に行って、写真を撮り溜めて参りました。 我々親子で共通していることと言えば、目と眉毛といった見た目や性格、音楽やアニメの趣味以外では、甘いものと辛いもの、狭い空間、お絵描きが好きなこと、赤が一番似合うこと(他人様にも言われます)、そしてアクティブなことでしょうか。 キキピンは自我が芽生えた1才半の頃から超がつくほど外が大好きで、しょっちゅう自転車の後ろに乗っけて

  • ワードプレスをやめたい

    【やがては脱出】 この日記はWordPressを使っています。元々レンタルサーバを借りているので、広告付きのブログサービスを使うメリットもなく(アメブロの露出効果は羨ましいですが)、一番手っ取り早いですし、色々任せられるので便利です。 それに、コードの直書きだけやっているよりも「WordPressやってます」という建前を作っておいたほうが何かと都合が良さそう、、という下心もあって、取り敢えず中身を

  • 令和2年8月の好きなアニメ

    【メイドカフェでオムライスを待つキキピン】 キキピンは独裁者がリトルミィからパプ夫に代わって、だいぶ趣味が変わりました。やはり片親であったり、両親同居でも片方が全権を握っている場合の親の影響力には恐ろしささえ感じます。 服装はゆるふわコーデからバチバチコーデに(普通、逆かな。。)、音楽は『パプリカ』や童謡からLiSAとBiSHに(雲行き。。)、そしてアニメはアナ雪とプリキュアから、クレしん、七つの

  • ラオス旅のリスク(後編)

    【グーグル先生のスクショが心強い】 さて、昨日は「国境の手前で徒歩を使おうとしたら無理だった。」ということを書きましたが、そんなリスクは地図を注意深く読めば回避できます。 カンボジア発のラオス陸路の旅(例としてシエムリアップ〜ルアンパバーン)で何が本当のリスクになるのか。初めに題目だけ挙げると、「通貨」「不当徴収」「街の広さ」「道の悪さ」「野糞」でしょうか。 まずは一つ目の「通貨」ですが、そんなに

カテゴリー一覧
商用