searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

れおちゃまさんのプロフィール

住所
東京都
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
東大OBのお金学
ブログURL
https://todai-economy.online/
ブログ紹介文
東大(理系)を卒業した20代後半社会人♂。総資産2400万円。セミリタイア目指して投資しています。投資に役立つ情報を中心にお伝えします!
更新頻度(1年)

34回 / 37日(平均6.4回/週)

ブログ村参加:2020/08/16

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、れおちゃまさんの読者になりませんか?

ハンドル名
れおちゃまさん
ブログタイトル
東大OBのお金学
更新頻度
34回 / 37日(平均6.4回/週)
読者になる
東大OBのお金学

れおちゃまさんの新着記事

1件〜30件

  • 【フィンセン文書】マネロン疑惑まとめ

    HSBCやJPモルガンなど世界の大手銀行が、多額のマネーロンダリングを黙認していたことが明らかになりました。金融業界の大スキャンダルで、名前の上がった、HSBCやJPモルガンなどの株価が暴落しました。この記事では、フィンセン文書とは何か、問題点、不正疑惑のあった銀行などについて解説します。

  • 「DeFi」とは?仮想通貨のトレンドワード!

    最近、仮想通貨(暗号資産)界隈では、「DeFi」がトレンドワードになっています。DeFiは、ブロックチェーンを活用することで、既存の金融分野のサービスを自律分散化したものです。この記事では、DeFiとは何か、DeFiを活用したサービス、などについて解説します。

  • 「DeFi」とは?仮想通貨のトレンドワード!

    最近、仮想通貨(暗号資産)界隈では、「DeFi」がトレンドワードになっています。DeFiは、ブロックチェーンを活用することで、既存の金融分野のサービスを自律分散化したものです。この記事では、DeFiとは何か、DeFiを活用したサービス、などについて解説します。

  • 「ラクス(3923)」の企業分析・銘柄分析

    ラクスはクラウド事業とIT人材事業を営む企業です。SaaS企業として様々なサービスを提供しており、成長性も高いため、市場からの注目度も高く、テンバガーをすでに達成した銘柄でもあります。この記事では、ラクスの将来性、事業内容、売上、利益、社員数、年収などの銘柄情報をまとめます。

  • 「自律制御システム研究所(6232)」企業分析・銘柄分析

    株式会社自律制御システム研究所(6232)は、産業用ドローンの研究開発を行い、社会に実装している企業で、マザーズに上場している銘柄です。この記事では、自律制御システム研究所の将来性、事業内容、売上、利益、社員数、年収などの銘柄情報をまとめます。

  • 携帯株は長期的に下落すると思う

    菅政権が誕生してから、携帯事業を営む通信キャリア3社の株価下落が止まりません。一方で、高配当株で安定した収益が得られることから、逆張りで携帯株に投資する個人投資家が増えているようですが、個人的には携帯株は長期的に下落する危険性が高いと感じています。その理由について解説します。

  • 「PO」とは?IPOとの違いは?

    株式のPOは個人投資家でも応募することができます。割引された価格で上場株を購入することができるので、比較的儲かりやすい投資法だと言われています。この記事では、POの概要、IPOとの違い、POのメリット・デメリット、について解説します。

  • 【株用語】YH・YLとは?株のスラング

    インターネット上で株の話をしている中で、YH・YLという用語を見かけます。これらの言葉はスラングで、Twitterなどで良く使われます。この記事では、YH・YLの意味を紹介します。

  • 「購買力平価説」とは?絶対的と相対的の違い

    購買力平価説(PPP)は長期の為替レートを予測する上で参考になる概念です。かなり著名な指標で、GDPの比較などでも購買力平価を基準に比較されることもあります。この記事では、購買力平価説とは何か、絶対的購買力平価と相対的購買力平価の違い、について解説します。

  • 【GPIF】ポートフォリオとその変遷

    GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の運用成績は、日本国民の将来の年金額にも影響してくるため、注目度が高く、ニュースにもよくなっていますよね?この記事では、GPIFのポートフォリオとその変遷についてまとめます。

  • 【すかいらーく】株主優待内容が改悪!

    9月10日、すかいらーくが株主優待の改悪を発表しました。優待利回りが高い銘柄として、すかいらーくに投資する投資家が多かっただけに残念な結果となってしまいました。この記事では、優待の改悪内容について紹介します。

  • ESG投資とは?なぜ重要なのか?

    近年、ESG投資の重要性が注目されるようになっています。MSCIやFTSEが各企業のESGレーティングを行っていますが、これらのレーティングが株価へ影響を及ぼすことも増えてきました。この記事では、ESG投資とは何か、なぜ重要なのか、について解説します。

  • ESG投資とは?なぜ重要なのか?

    近年、ESG投資の重要性が注目されるようになっています。MSCIやFTSEが各企業のESGレーティングを行っていますが、これらのレーティングが株価へ影響を及ぼすことも増えてきました。この記事では、ESG投資とは何か、なぜ重要なのか、について解説します。

  • テスラ(TSLA)株はなぜここまで暴騰したのか?

    テスラ株は一時、世界の時価総額トップ10入りを果たすなど、破竹の勢いで暴騰してきました。しかし、直近は息切れしてきたのか、株価は調整傾向になっています。ただ、なぜここまで株価が上昇したのか、疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。ここでは、テスラの株価が暴騰した要因についてまとめます。

  • 「半値八掛け二割引き」とは?

    「半値八掛け二割引き」は投資でよく聞く、ことわざです。一言で言うと、株価が天井をつけた後は、ズルズル下げて、なかなか下げ止まらない、ということを意味しています。この記事では、「半値八掛け二割引き」とは何かについてまとめます。

  • テスラ、S&P500に不採用

    テスラはS&P500への採用期待や株式分割などもあり、個人投資家が群がって株価が上昇してきました。しかし、先週頃からは割高感から利益確定の売りもあり、株価が下落していました。また、S&P500への最速での採用には至らなかったため、さらなる下落が生じる見込みです。

  • ナスダック暴落の原因?ソフトバンクG、米株オプション購入

    新型コロナショック以降、NASDAQ(ナスダック)が高騰していましたが、直近2日間でNASDAQは6%の暴落を記録しました。この背景にはソフトバンクグループのオプション取引があったのではないか、と言われています。どういうことか解説します。

  • 【バフェット】総合商社へのイナゴ投資は辞めた方がいいのでは?

    8月31日、あのウォーレン・バフェットが総合商社株を購入した、と話題になりました。そのニュースにイナゴ投資家が群がって、総合商社の一部の株は10%程度高騰しました。ただ、このニュースで総合商社株を買うのは個人的に辞めた方がいいのでは、と思っています。

  • 【バフェット】5大総合商社の株を購入!

    日本市場で衝撃的なニュースが飛び込んできました。あのウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイが総合商社株を購入したようです。この記事では、なぜバフェットが総合商社の株を購入したのかについて考察します。

  • 【2020年9月】全資産額公開!

    れおちゃまです。2020年9月1日現在の保有資産総額とポートフォリオを公開します。今月は株高もあり、ついに資産総額が2500万円を超えました!

  • 【VT】ETFの経費率を節約する裏技!

    VT(バンガード・トータル・ワールド・ストックETF)は世界中の投資可能なほぼ全ての株に分散投資するETFです。しかし、実はVTは他のETFを組み合わせることで、より低い経費率で投資することが可能です。この記事では、VTよりも低経費率で世界に分散投資する方法についてまとめます。

  • 【VT】世界に投資するETF!構成国・セクターまとめ!

    VT(バンガード・トータル・ワールド・ストックETF)はバンガード社が提供する、世界の株式に連動するETFです。低経費率で全世界の投資可能な市場の時価総額の9割以上をカバーできているため、長期投資におススメです。この記事では、VTの概要・構成国・構成銘柄・構成セクター・利回りについてまとめます。

  • 【VEA】アメリカ以外の先進国に投資するETF

    VEAはアメリカを除く先進国の小型~大型株に分散投資できるETFです。近年はアメリカ株への投資が流行していますが、将来的にアメリカがずっと成功するとは限らないため、リスクヘッジとしておススメです。この記事では、VEAとは何か、構成国、構成銘柄、構成セクター、経費率などについて紹介します。 VEAとは? VEAとは、アメリカを除く先進国の小・中・大型株に分散投資できるETFです。正式名称は「バンガー

  • 【XEM】XYM(トークン)を配布

    仮想通貨のネム(XEM)の保有者を対象に、新たなブロックチェーン「Symbol」で使えるトークン「XYM」が配布されることが発表されました。この記事では、配布情報の概要、Symbolとは、などについて紹介します。

  • 【EFA】注目の海外ETFを徹底分析

    EFAは日本やヨーロッパを中心とする、アメリカ・カナダ以外の先進国の中・大型株に分散投資できるETFです。正式名称はiシェアーズMSCI・EAFE・ETFです。この記事では、EFAとは何か、構成国、構成銘柄、構成セクター、経費率などについて紹介します。

  • 【AGG】米国債券の投資信託!配当利回りは?

    AGG(iシェアーズ・コア・米国総合債券市場ETF)はアメリカの債券に分散投資できるETFです。安定した値動きと利回りが魅力で、リーマンショックや新型コロナショックでもほとんど資産価値を落とさず乗り越えてきました。この記事では、AGGの概要・配当利回り(分配金)・構成銘柄・資産構成について紹介します。

  • 【AGG】米国債券の投資信託!配当利回りは?

    AGG(iシェアーズ・コア・米国総合債券市場ETF)はアメリカの債券に分散投資できるETFです。安定した値動きと利回りが魅力で、リーマンショックや新型コロナショックでもほとんど資産価値を落とさず乗り越えてきました。この記事では、AGGの概要・配当利回り(分配金)・構成銘柄・資産構成について紹介します。

  • 【1615】東証銀行業株価指数連動型上場投資信託とは?

    東証に上場する銀行株にまとめて投資したい場合、東証銀行業株価指数連動型上場投資信託(1615)がおススメです。インカムゲイン目的の長期投資家にもおススメです。この記事では、東証銀行業株価指数連動型上場投資信託(1615)の概要・構成銘柄・信託報酬・分配利回りについてまとめます。

  • 【XRP】Sparkトークンが付与!

    リップル(ripple, XRP)を保有している方に朗報です!リップル保有者に対して、Sparkトークンが付与される見込みです。この記事では、Sparkトークンの概要や受け取り方法についてまとめます。

  • 【VOO・IVV・SPY】S&P500ETFを比較!

    S&P500へ投資する方法として、最も一般的な方法はS&P500連動型のETFを購入することです。しかし、S&P500連動型のETFはVOO・IVV・SPYなど色々あります。この記事では、VOO・IVV・SPYの信託報酬・分配金などの違いを述べ、おススメのETFを紹介します。

カテゴリー一覧
商用