searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

影 日向さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

ブログ村には出たり入ったりしています。今回はこれまでになく、不安のようなものが強くあります。わたしは人との意思の疎通が困難な人間です。それは若い頃から変わりませんが、最近になってそれを一段と実感として意識するようになりました。またすぐ辞めるかもしれません。

ブログタイトル
人間 廃業 宣言
ブログURL
https://sousyun-fu.blogspot.com/
ブログ紹介文
その時々に感じたことを書いています。 ここでいろいろなブログを読んでいますが、主にメンタルヘルスのブログで、わたしと似た考えをほとんど見かけたことがありません。ですからわたしの投稿を読んで不快に思われる方もおられると思います。
更新頻度(1年)

25回 / 162日(平均1.1回/週)

ブログ村参加:2020/08/11

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、影 日向さんの読者になりませんか?

ハンドル名
影 日向さん
ブログタイトル
人間 廃業 宣言
更新頻度
25回 / 162日(平均1.1回/週)
読者になる
人間 廃業 宣言

影 日向さんの新着記事

1件〜30件

  • 「社会人」との敵対(補足投稿)

    (某サイトでの掲示板に於ける出来事について) 不規則な形ですが、私に対する不当な扱いに対し、一言反論を述べた上、速やかに退会します。ご了解ください。 ◇ わたしは精神障害者です。それはつまり「 健常者とは異なった世界に住む者 」であるということを意味します。雑駁に言うなら、「健常...

  • 「社会人」との敵対

      所謂「健常者」の間では、社会人・企業人失格イコール人間として失格のように見做されている。 しかしわたしは人間としての在り方の手本となるべきは立派な企業人でも真っ当な社会人でもないと思っている。 社会人というものは人間の在り方のひとつに過ぎない。社会人としての在り方、社会人とし...

  • 理論武装

    昔、図書館で、ホームレスらしい人が熱心に六法全書を繰っていた。 わたしのようなマイノリティの中の更なる異端は、避けようもなく「理論武装」が必要になる。 生き残るためにではない。生き延びるためにではない。 今現在、存在している我の権利と尊厳のためだ。 「理論武装」・・・古めかしく厳...

  • 「知」についての疑問(断想)

      「ものを知らない人間」とは、いったいどのような存在なのだろう? 「知っている」ということは絶対的に「無智」よりもいいことなのだろうか? 「検索」して「知った」ことを「私の知識」といえるのだろうか? 10知っている人に比べて、1000知っている人は、どこがどう優れ、勝っている...

  •   生きるということに相当無理をしている自分を感じる。 生存していることに疲弊しつくしている自分を感じる。 「生きていればやりたいことはあります」といった二階堂奥歯は25歳で自ら命を絶った。 「やりたいことも、希望もなく、元気になることの意味さえわからない」わたしは未だに廃人のよ...

  • 逃げよ

      もし「病気」乃至「症状」との共存というようなことをいうような人がいれば、わたしにはまったくナンセンスとしか受け取ることができない。 それは、いじめられている子供に「それでも学校に行き続けること」を強いることに通じていると考えるからだ。 必要なのは「症状」を生む環境から逃げるこ...

  • (火)薬

       現在のわたしは、おそらくは「入院・治療」或いは「入院・静養」が必要な状態なのだろう。けれどもわたにとって「入院」と「静養」という二つは互いに相反するものだ。 わたしが何よりも避けたいのは「他者の気配」であり、「物音」であり、一方でわたしの求めているのは、好きな時に寝られるこ...

  • 何処へ行くのか

    今年の夏を振り返ってみると、わたしと弟のふたりの五十代の障害者と、母一人がすべてをこなすという形での生活はもう成り立たない。ここ数年・・・最近は月を追う毎に、できることが少なくなっている。いうまでもなくその分が母の新たな負担となる。 来年の夏、今の場所で、いまの形態で生活...

  • なぜわたしはこうなのか? 何故それがあたりまえなのか?

    どんなに不便でもスマートフォンを持ちたくないという感受性はどこから来るのか? 無論それは「皆と同じでありたくない」という気持ちから来ている。 そしてそれは旧式の携帯電話を「ガラケー」と呼びたくないという気持ちと通じている。 以前書いたことに照らし合わせると、皆にとっ...

  • わたしはどうしたいのか?

    おそらくほとんどの患者は、「医師からどうなりたいのか?」と訊かれれば、 この苦しい症状を取り除いてほしい!と言うでしょう。 けれどもわたしを苦しめている症状とは、この世界に対する違和感であり、もっと率直に言えば外界への不快感です。

  • 「自明性」とは?

    みなさんはクリニックに行く前に、今日はこんなことを話そうと予め考えて行かれるのでしょうか? わたしは今度の金曜日に、記憶にある限り、今年初めて主治医のところに行く予定です。今月に入り、ほんとうに「目に見えて」体調が悪くなっています。 或る人のブログに頻出する「苦しい」という...

  • 良くなるということの意味・・・

    木村敏の指摘するように、分裂病の大きな特徴のひとつに「自然な自明性の喪失」或いは 「自明性の欠如」というものが挙げられる。 簡単に言うと、1=1というものは疑う余地のない自明性=「当たり前のこと」とされているが、わたしには何故1=1であるのかがわからない。 分裂病患...

  • ブログ村の拒否

    元の、メインのブログで、書いたものをブログ村でシェアしようと思いましたが、 リニューアル以降、ブログ村はどうしてもわたしの使っている「ブロガー」を容易に受け容れてくれなくなりました。このブログの投稿が正常に新着の投稿に反映するまでにどれだけクレームのメールを書いたことか。メ...

  • 混乱

    デイケアを続けるか、このまま利用を中止するかを、来週の木曜までに決めなければならない。続ける意味は? わたしは今自分が何をしたいのかがまるでわからない。 それはいったい誰が教えてくれるのだろう。 自分が何を欲しているのかわからない。 何もする気が起きない。 何を...

  • 元のブログへ

    また再び メインのブログ で書くことにしました。 現在はなんとなくアート系のブログのようになっていますが、2008年に、もともとこのような形で始めたものでした。 心の問題もこれまで繰り返し繰り返し書いてきました。何ひとつ解決はしていませんが。 正直途方に暮れている...

  • 決断・・・

    新たにブログをはじめようと思う。このブログを読んでくださっている人は、おそらく別のブログから来たのだと思う。そしてまた「元のブログ」に戻ったり・・・ 2018年から初めて2年半、約千に近い投稿があるメインのブログには強い愛着がある。嘗ては頻繁に長文のコメントをやり取りする...

  • メインのブログの紹介です

    ブログ村に登録した時点では、ここを新たなメインのブログにするつもりで、アートのカテゴリーにも参加しました。 けれども、現在はこのブログは主にメンタルヘルスに関する投稿を共有するためのものになっています。 メインのブログでわたしが試みていることは、「絵画」「写真」「映画」「...

  • 加害者という存在

    もしわたしの魂が傷ついたり、殺されたりしているのなら、(わたしに関して言うのなら)その加害者は親でも家族でもなく、この社会に他ならない。

  • オンライン診療

    最近はオンライン診療というものをやっているクリニックも少なくないらしい。そもそもオンライン診療というものがどういうものかは知らないが、電話ではないのだろう。わたしはテレビ電話のようなものが大の苦手である。「醜貌恐怖」?もあるのかもしれない。わたしのパソコンに取り付けられていた...

  • どうしてもわからない

    わたしにはどうしてもわからない。 スマートフォンを持っていても、「病気」や「障害」の症状に苦しむことはあるだろう。 痛み苦しみは感じるだろう。 しかし、スマートフォンを持ちながら「不幸」な人間というものが存在するのだろうか。 どんなに痛みがあっても、どんなに症状が苦しくても、...

  • つまらない わからない・・・

    とにかくつまらない・・・ 「何もやる気がしない」というよりも、「何をしたらたのしいのか」がわからない。 わたしにとってあらゆる行動は、「 しなければならない 」から、或いは「 すべき ことだから」「 必要がある から」「する」ことだけで、「たのしいからやる」ということが何ひ...

  • 生き易くなるとはどういうことか?

    先の投稿「外に出られない」で、「わたしの目には、世界はとても醜く見える」と書いた。そして外に出られるようになるということは、その醜さに無感覚になることではないか、と。 言うまでもないことだが、わたしは決して自分の感受性や美意識を「優れている」と思っているわけではない。ただ...

  • 外に出られない

    わたしの目にはこの世界は醜く見える。あくまでもわたしの主観であり「わたしの」「感受性」による。 そして「良くなる」「外に出られるようになる」ということは、とりもなおさず、 この醜さが平気になること、言い換えれば「醜さを醜いと感じなくなること」に他ならない。 そこで問...

  • 引き続き・・・

    これまでの投稿を 元のブログ に移しました。 この暑さのせいか、或いは今年になって、精神状態はいよいよ悪化しているにもかかわらず、精神科にも行かなくなり、デイケアにも3月以降行っておらず、口をきいてくれる相手は、文字通り母親一人きりになりました。 精神状態の悪化というの...

  • デイケアを継続する意味・・・

    デイケアの担当者から手紙が届いた。事務用の茶封筒。手紙と言っても印刷されたもの。 人に多くを期待してはいけない。デイケアには3月の初旬に一度行ったきり、それきりになっている。半年間一度も参加がない場合には、「デイケア利用の中止」になるらしい。継続して利用するか、デイケアを辞め...

カテゴリー一覧
商用